2017-10

Latest Entries

栗駒山紅葉ライド&プチ登山

IMG_9647_convert_20171021091804.jpg

雨の中を走った伊豆いちから中1日、10月17日、18日の2日間で県外遠征してきました。

1日目のメインは宮城、山形、秋田に跨る栗駒山の紅葉狩りと山頂への登山。

起点とした宮城県の道の駅までトランポ。伊豆からは片道600kmの運転。

道中は福島までは本降りの雨だったので余計に運転が疲れた。。

しかも最寄りICを降りた時点で空には厚い雲。。

伊豆いちの疲れも残っていたし、もう走るのはやめて温泉とグルメでも楽しもうかと少し思いました(^^;)

しかし道の駅の近くまで来ると青空が広がってきて一気にやる気もアップ。

道の駅に到着後、準備してすぐに出発。



平日の通勤時間帯ですが国道も県道も交通量がほとんど無く快適。

天気も良く綺麗な青空。先日の伊豆いちでも晴れてほしかったなぁ。。

IMG_9584_convert_20171020125702.jpg

栗駒山への案内標識に従って進んで行きます。

IMG_9585_convert_20171019075003.jpg

目指す栗駒山が見えてきました。上々の天気で稜線がクッキリ!

IMG_9587_convert_20171020125716.jpg

最初の立ち寄り場所、栗駒ダムに到着。

IMG_9591_convert_20171020125730.jpg

ダム湖周辺の紅葉はもう少し先ですね。

201710171_convert_20171020124920.jpg

栗駒ダムから栗駒山登山口のいわかがみ平までは残り約18km。

栗駒ダムやいわかがみ平までの道は以前、この辺りのダム巡りとセットで走った事があります。

その時は栗駒ダムの先から雲が広がってきて景色を楽しめなかった。

なので今回はリベンジを兼ね紅葉の時期に合わせて来てみました。

先に進んで行くと色付いた木々が増えてきました。真っ赤なモミジが綺麗。

IMG_9607_convert_20171020125744.jpg

真っ赤に染まった山を眺めながら栗駒高原を走り抜ける。

天気も最高で気持ち良い(^^)

IMG_9608_convert_20171020130331.jpg

そして、いわかがみ平までの県道42号線のハイライト区間へ。。

IMG_9612_convert_20171020130408.jpg

長めのスノーシェルターを抜けると絶景ゾーン。嶺方峠風のアングルで。

IMG_9615_convert_20171020152637.jpg

素晴らしい景色が広がっています!紅葉で山が赤く染まっている。

IMG_9616_convert_20171021092750.jpg

IMG_9620_convert_20171020130513.jpg

201710173.jpg

紅葉とススキで秋らしい光景。そして綺麗な青空。本当に気持ちの良い道だ。

IMG_9630_convert_20171020130542.jpg
IMG_9635_convert_20171020130600.jpg

最後の九十九折れ区間も最高です(^^)

IMG_9640_convert_20171020130615.jpg
IMG_9641_convert_20171020130629.jpg

ついつい脚を止めてしまい予定時間をオーバーしてしまうという嬉しい悲鳴(笑)

IMG_9646_convert_20171021092810.jpg

201710174.jpg

紅葉した山の景色を満喫しながらノンビリ登って登山口のいわかがみ平に到着。

IMG_9650_convert_20171020130700.jpg

いわかがみ平駐車場から見た下界方向の景色。

IMG_9651_convert_20171020130723.jpg

チャリを駐車場に置いて栗駒山の山頂まで登山開始。

やっぱり登山はチャリを担がない方が楽ですね(笑)

IMG_9655_convert_20171020130743.jpg

貴重品やドリンク、補給食などはサコッシュに。

IMG_9661_convert_20171020130814.jpg

靴はいつも通りそのままSPDシューズで登ります。

今日は山サイの時に使用している方のSPDシューズを履いています。

栗駒山山頂までの登山ルートは10個以上ありますが今回登るいわかがみ平からのコースは初心者向けのコース。

登山道は整備されていて危険な箇所も皆無。山頂までは1時間ほどです。

序盤はクマザサなどに覆われて眺望は無い。下の方は紅葉しているけど上の方まで来ると既に落葉していました。

まぁこれは事前調べで分かっていた。山頂部の紅葉の見頃は乗鞍などと同じく9月下旬らしい。

IMG_9658_convert_20171020130759.jpg

今回は下の方で紅葉を満喫したけど次回は山頂部の紅葉に合わせて来ようかな。

淡々と直登の様な感じで登って行くと次第に高い木が少なくなり景色が開けます。

振り返ると結構登って来た事に気が付く。

IMG_9664_convert_20171020130830.jpg

正面に見える山頂が近くなってきました。この辺りは常に風が強く高い樹木が育たない場所。

IMG_9667_convert_20171020130850.jpg

ここからの景色は素晴らしかった。西側の景色、左端の山が虚空蔵山。

201710175.jpg

東側には東栗駒山。いわかがみ平から東栗駒山を経由する登山ルートもあります。

IMG_9678_convert_20171020130922.jpg

栗駒山をバックに呑気な自撮りをしてますが風が強くてクソ寒い(笑)

クマザサに覆われた区間では脱いでいたウインドブレーカーをすぐに着ました(^^;)

IMG_9670_convert_20171020130906.jpg

山頂を目指してラストスパート。

IMG_9682_convert_20171020130939.jpg

天気も良く秋らしい澄んだ空気で遠くまで見渡せます。

IMG_9684_convert_20171020130956.jpg
IMG_9689_convert_20171020131011.jpg

ラストは階段での急登。

IMG_9691_convert_20171020131024.jpg

山頂に到着。平日ですが天気が良いので中高年を中心にここで昼食休憩している方が沢山いました。

ヘルメットにサイクルジャージ、ビンディングシューズ、そしてサコッシュの完全に場違いなスタイル(笑)

IMG_9701_convert_20171020131111.jpg

栗駒山は一等三角点のある百名山のひとつ。

IMG_9696_convert_20171020131040.jpg

栗駒山は宮城、山形、秋田に跨る山。山頂は宮城と山形の県境になってます。

山形側の景色。少し増えてきた雲が山の斜面に影を落としている。

IMG_9699_convert_20171020131057.jpg

栗駒山は雲がかかる事が多いのですが今日は上々の天気でラッキーでした。

いわかがみ平で工事をしていた方の話でも山頂部が晴れたのは久しぶりだと言ってました。

次回来る時は山頂部の紅葉を見たいけどその時も晴れると良いなぁ。

写真撮影などの時間も入れると山頂までの往復で2時間半から3時間。

紅葉の時期だと日も短いのでライドの距離は欲張れませんね。

登山口まで戻り再びチャリに跨って下山します。

下山時は紅葉した山の斜面に向かって順光なのでより鮮やかに見えました。

IMG_9714_convert_20171020131126.jpg
IMG_9716_convert_20171021090822.jpg

ロックフィルダムの荒砥沢ダムに立ち寄り。

IMG_9734_collage_convert_20171020131155.jpg

ダムから振り返るとススキの向こうに先ほどまで居た栗駒山の姿。

IMG_9731_convert_20171020131142.jpg

本日の〆は花山ダムに立ち寄ってダムカードを頂く。

花山ダム管理所で花山ダム・栗駒ダム・荒砥沢ダム・小田ダムの4枚を貰えます。

IMG_9738_convert_20171020131210.jpg

公式のダムカードでは無くみやぎ湖沼めぐりカードという物。

まぁ一応ダムカードの一種ですね。通算153枚目のダムカード。

道の駅に戻り本日は終了。距離93.3km、獲得標高2297m(登山含む)


久しぶりの栗駒山、天気に恵まれ最高でした(^^)

伊豆から遠く運転でかなり疲れましたが。。(7時間半かかった・・)


ライド後は日帰り温泉施設で汗を流し夕食も済ませました。

翌日も別の場所で紅葉ライドを楽しむ予定なので今夜は車中泊。

伊豆いちから中1日での遠征。寝不足状態で片道7時間半の運転。

そしてライド中には登山の行程もあったのでかなりの疲労感。

明日のライドが不安だけど車内で横になったらすぐに寝てしまった。。

スポンサーサイト

雨の伊豆半島一周サイクリング・サポートライダーで参加

IMG_9510_convert_20171019074550.jpg

10月14日、15日の2日間で開催された伊豆半島一周サイクリング「伊豆いち」に今年はサポートライダーとして走りました。

今年は昨年までとは逆の反時計回り。スタート・ゴールは昨年と同じサイクルスポーツセンター(CSC)です。

私が普段走る時は海を左に見る時計回りなので反時計回りで走るのは実は初めて。

いつもとは違う景色の見え方も楽しみのひとつにしていましたが当日の天気は雨。。

数日前までは晴れ続きで夏に逆戻りした様な気温でしたが伊豆いちの前日辺りから一気に寒くなりました。

当日は雨で濡れるので身体が冷えてかなり寒そうだ。。

しかし風邪をひかない体質なので体調を崩さない自信はある(笑)

とにかく雨天走行は確実なので普段以上に安全第一で走ろう。


1日目はCSCをスタートして西伊豆の海岸沿いを走り下田がゴール。

距離123.4km、獲得標高2152mのコースです。

下田で1泊するので着替えなどの荷物はトラックで運んでもらえます。

開会式の後、サポートライダーを先頭に15名ほどのグループでスタート。

IMG_9511_convert_20171019074603.jpg

CSCから第一エイドまでは下り基調なので速度を控えめに走ります。

狩野川堤防に出ると第一エイド到着。スタートから下り基調なのであっという間です。

IMG_9514_collage_convert_20171019074616.jpg

CSCからの下りでは本降りの雨でしたが海沿いに出ると小雨に。

結局、1日目は降らない時間の方が多かったので良かった!

燃費が悪くすぐにお腹が空く私ですが今回はエイドでの補給だけで十分足りました。

IMG_9518_collage_convert_20171019074630.jpg

大瀬崎を過ぎると南伊豆までアップダウンの繰り返し。

登りの途中で脚を止め休んでいる参加者の方の姿も見え始めます。

疲れて休んでいるだけなら無問題ですが寒さによる低体温症などは危険なのでその都度声をかけながら進みました。

今回は景色の写真はほとんどありません。エイドでの食べ物ばかり・・(^^;)

IMG_9531_collage_convert_20171019074644.jpg

松崎町で昼食。お弁当と塩カツオうどん。

弁当は結構ボリュームがあり、すぐ近くの堂ヶ島でも補給食を食べたばかりなのでお腹いっぱい。

IMG_9537_convert_20171019074658.jpg
IMG_9539_convert_20171019074713.jpg

富士見彫刻ラインに入って初めて風景写真(笑)

IMG_9540_convert_20171019074725.jpg

寒いので彫刻ラインやマーガレットラインの登りでも汗が全く出ない。

その代わり下りは寒かった!下りが辛い。。

松崎以降のエイドは雲見温泉と道の駅・下賀茂温泉湯の花。

雲見のエイドでは足湯もあり浸かっていた参加者の方もいらっしゃいました。

IMG_9541_collage_convert_20171019074739.jpg
IMG_9543_convert_20171019074751.jpg

道の駅・開国下田みなとが1日目のゴール。

冷えた身体に夏みかんシャーベットのおもてなし(^^;)

1週間前でしたら夏日の気温だったのでより美味しく感じたでしょうが。。

IMG_9548_convert_20171019074806.jpg

宿にチェックインして温泉に入って生き返りました。

夕食後はサポートライダーの皆さんと部屋で反省会と称した宴。(自分は下戸ですが・・)

賑やかで笑いの絶えない反省会で夜はふけていく。。

この人達、明日の朝5時過ぎに起きられるのか心配になった(笑)


翌日、目を覚ますと窓の外から既に雨音。。

天気予報通り前日より悪化傾向。今日は1日中レインライドが確実だ。。

2日目は下田をスタートしてCSCまで。距離80.8km、獲得標高1562mのコース。

IMG_9562_convert_20171019074850.jpg

今回の伊豆いちはNHKBSで放送中のチャリダーの撮影が入っていて出演者の方々も一緒に走りました。

IMG_9555_convert_20171019074835.jpg

2日目は前日より寒く雨も強い。スタート直後からの登りは良かったけど河津までの下りが寒かった!

河津のエイドではふるさと饅頭。東伊豆町では金目鯛の味噌汁。

凍えた身体に温かい物は有難い。

IMG_9563_collage_convert_20171019074905.jpg

寒過ぎてさくらの里までの急坂の登りが逆にホッとする(笑)

さくらの里で昼食。ここで食べている間は寒くて身体の芯まで冷えました。

参加者の方々には晴天のさくらの里で昼食を食べて頂きたかったなぁ。。

IMG_9565_collage_convert_20171019074919.jpg

身体が冷えたけど幸いこの後は鹿路庭峠まで登りなので多少は暖まる。

寒いのでもうこのままゴールまでずっと登りでも良いと思うほどですが残念ながら峠からは長い下り。。

伊豆に来て4年ですが鹿路庭峠は100回以上走っている慣れた道。

しかし参加者の大半は初めての道。路面が悪い所があるので注意喚起しながら走りました。

中伊豆までの長い下りはやっぱり苦行だった。下りの途中で休憩している方もいらっしゃいました。

長い下りが終わるとゴールのCSCに向けほぼ登り。良かった!

ゴール後のイズシシ汁がウマウマでお代わりしちゃいました(^^)

IMG_9569_convert_20171019074934.jpg

五輪が開催されるベロドローム内で丹那牛乳・飲むヨーグルトなどを受け取り更衣室で着替えも済ませました。

IMG_3272_collage_convert_20171019074538.jpg

参加者の皆さん、雨と寒い中お疲れ様でした!

初めて伊豆を走られた方もいらっしゃると思いますが晴れていると素晴らしい海岸美を堪能できるので是非また走りにお越し下さい(^^)/


私自身、初参加の伊豆いち。2日間共に雨でのライドでしたが楽しく走れました。

伊豆いち開催に関わった皆さん、本当にお疲れ様でした!

そしてサポートライダーの皆さん、ありがとうございました。楽しかったです(^^)


雨天ライドは走っている時より帰宅後が色々と大変。。

入浴や夕食の前にチャリのメンテ。錆びやすいクロモリなのでパイプ内部に防塵スプレーもしておきました。

IMG_9580_collage_convert_20171019074948.jpg

疲れていたけど夕食後に組み付けやブレーキシューの交換も済ませてすぐにでも走れる状態にしました。

それには理由が・・。翌日は仕事でしたがその後の2日間が休みだったので県外遠征する事を決断。

雨に打たれながら走った伊豆いちから中1日。泊まりで2日間の県外遠征。

伊豆いちの疲労が少し残っていたけどトランポで片道600kmの運転。

疲労を考慮して走るコースは距離を少なめに設定したけど登山の行程があったりして非常に疲れた!

まぁそのおかげで素晴らしい景色を満喫する事が出来ましたが。。

IMG_9585_convert_20171019075003.jpg

伊豆いちもこの位の青空なら良かったのですが。。

天城縦走 三筋山から八丁池を経由して秘境・皮子平へ

IMG_9427_convert_20171011135357.jpg

10月9日のサイクリング。

今回は今年3回目となる三筋山から八丁池までの縦走。

今年も1月17日のライド3月28日のライドの様に両方向から縦走してますが今回は1月17日と同様に細野高原・三筋山側からのアプローチ。

そして秘境・皮子平も3月5日のライド6月17日のライドに続いて今年3回目。

しかし三筋山、八丁池、皮子平をセットにする縦走は未だに経験が無かった。

なので今回は三筋山から八丁池を経由して皮子平に抜け中伊豆の筏場に下山するルートに挑戦です。



5時前に出発して稲取へ。天気の良い連休ですが流石に早朝はR135も車は少ない。

稲取から山側に進路を変え激坂、急坂を登る。稲取高校とアニマルキングダムの坂がキツい。

前日のライドの疲労が残っているのと舗装路タイヤに比べると抵抗の大きいグラベルタイヤなのでいつもよりキツい!

細野高原はすすきイベントの開催中。10時から16時の間は入山料金を徴収されます。

IMG_9381_convert_20171011135054.jpg

早朝の朝日を浴びた細野高原に到着。良い天気で綺麗な青空。

IMG_9382_convert_20171011135109.jpg
IMG_9383_convert_20171011135124.jpg

細野高原のすすき野原は有名な箱根・仙石原の7倍の面積。

すすきを眺めながら激坂を登って三筋山へ。

最盛期には少し早かったかな。まぁここは私の庭の様な所。また来よう。

IMG_9384_convert_20171011135138.jpg
IMG_9394_convert_20171011135156.jpg
IMG_9397_convert_20171011135213.jpg

三筋山山頂下の駐車場に到着。快晴で天城連山の稜線がクッキリ!

すすきイベント期間中はここを含め所々にベンチが増設されています。

IMG_9398_convert_20171011135230.jpg

前日の疲労が残っている状態で朝からの激坂はキツい。。

この時点で既に疲れていたのでもう素直に下山して帰ろうかと一瞬考えました(^^;)

しかし絶景を拝みたい気持ちが勝ってるので予定通り先に進みます。

細野高原・大蛇の道を見下ろしながら山頂までチャリを担いでのプチ登山。

IMG_9399_collage_convert_20171011135243.jpg

山頂手前にあるビュースポット。海側は薄雲があり伊豆諸島は見えなかった。。

IMG_9404_convert_20171011135256.jpg

三筋山の山頂に到着。山頂までの担ぎ上げで大汗かきました。。

IMG_9407_convert_20171011135311.jpg

山頂から見た天城連山と斜面のすすき。

201710091_convert_20171011134743.jpg

今日はこの三筋山山頂までが第1ステージ。

小休止の後はここから八丁池までの第2ステージに突入です。

尾根沿いに建ち並ぶ巨大風車に沿って縦走。赤いラインは登山道と管理道路との供用区間。

IMG_9415_collage_convert_20171011135324.jpg

相変わらず素晴らしい景色。ベンチとテーブルがあったりして弁当でも食べながらマッタリしたくなる良い所。

天気が良い連休中の伊豆とは思えない静かさで人の気配が全く無い。

居るのは鹿だけ。実際、鹿のフンが散乱しています(笑)

IMG_9426_convert_20171011135340.jpg

八丁池までの標識が所々に設置されています。舗装路ならあっという間の距離ですが。。

IMG_9432_convert_20171011135428.jpg

風車沿いの道と天城連山。快晴で絶景ですが正面に見える天城連山の向こうまで越えなければならない。。

IMG_9427_convert_20171011135357.jpg
201710092_convert_20171011134756.jpg

近くで見ると巨大な風車。

IMG_9431_convert_20171011135413.jpg

管理道路との供用区間も天城連山が目の前で絶景です。

IMG_9434_convert_20171011135443.jpg

ダートの上佐ヶ野林道との合流地点から登山道は森の中へ。

登りのピークまで1.5kmで標高差240mを担ぎ上げます。

IMG_9444_collage_convert_20171011135520.jpg

途中のビュースポット。眼下にすすき野原、その向こうには南伊豆の山々。

IMG_9443_convert_20171011135502.jpg

標高1127mの登りのピークに到着。

IMG_9445_convert_20171011135538.jpg

ここの名物標識。毎回思うけど「らしい」って何なんだ・・(笑)見ると力が抜ける(^^;)

IMG_9446_convert_20171011135558.jpg

ピークからは多少の登り返しがあるけど下り基調。

次の目的地、八丁池と同等の標高なので稼いだ標高を吐き出すのは複雑な気分。

こちらは自然の庭園という場所。

IMG_9449_convert_20171011135617.jpg

自然の庭園を過ぎ荒れた簡易舗装の道を下ってダートの寒天林道に合流。

寒天林道の終点までダートを2.5kmほど登ります。

IMG_9450_convert_20171011135637.jpg

林道終点に到着。ここから100m歩いて八丁池の展望台へ。

IMG_9451_collage_convert_20171011135656.jpg

展望台からは眼下に「天城の瞳」八丁池。

時間の経過と共に天城連山周辺に雲が集まってきたので富士山は雲隠れ。。

まぁそれでも山奥の神秘的な池で良い景色です。

201710093.gif

担いで下って池の畔へ。相変わらず静かでこの日も貸し切りでした。

八丁池は紅葉の名所なので最盛期に合わせてまた来ようかな。

IMG_9459_convert_20171011135751.jpg
IMG_9469_convert_20171011135809.jpg

静かで雰囲気の良い池の畔でランチ。コンビニおにぎりと魚肉ソーセージですが(^^;)

休憩後は進路を東に変え天城の山を縦走。第2ステージが終了して最後の第3ステージに突入。

八丁池から戸塚峠までは高低差が小さいので楽です。

IMG_9470_convert_20171011135828.jpg

岩場を抜けると快適なシングルトラック。そしてブナやヒメシャラが群生する天城の森らしい景色に。

この天城の森の風景が好きなので度々脚を止めて見とれてしまう。

IMG_9476_convert_20171011135908.jpg
IMG_9479_convert_20171011135927.jpg

道中で見かけた毒キノコの一種、ツキヨタケ。主にブナの枯れ木に群生するらしい。

白いヒダは発光性があるので暗闇では光ります。

IMG_9473_collage_convert_20171011135845.jpg

白田峠を過ぎると南斜面をトラバース。起伏は緩やかだけど1.6km程、ほぼ担ぎ。

IMG_9482_convert_20171011135946.jpg

戸塚峠に到着。ここから北側の中伊豆・筏場に下山します。

IMG_9484_collage_convert_20171011140002.jpg

急斜面を担いで下ると噴火口跡の皮子平に到着。

ブナの巨木や細い無数のヒメシャラが群生する天城の秘境。

神秘的な場所で天城の森の中でも最も好きなスポットです(^^)

IMG_9492_convert_20171011140021.jpg

写真より実際にこの場所に行くと感動します。

美しいブナとヒメシャラの原生林。周囲の苔と相まってより美しい。

IMG_9495_convert_20171011140041.jpg
IMG_9496_convert_20171011140104.jpg

皮子平の先は少し登り返し。薮漕ぎ地点を過ぎると下りになります。

IMG_9502_convert_20171011140122.jpg

急坂を下ってダート林道に合流しました。

IMG_9505_convert_20171011140140.jpg

ここから筏場まで8kmほどダート林道のダウンヒル。

上の方は富士山が見えるスポットもあるのですが残念ながら雲隠れ。。

下の写真は3月5日のライド。

IMG_9506_collage_convert_20171011140156.jpg

フルリジッドなのでダートの下りで手が痛くなる。

握力の限界で何度か休憩を入れながらのダウンヒル。

ダートから簡易舗装に変わり激坂を下ると山葵田の広がる筏場に出ます。

そして数時間ぶりに人間に会いました(笑)

IMG_9508.gif

県道に合流してアスファルト舗装が復活すると後は自宅までダートも担ぎも無い普通のサイクリング。

いつもの冷川峠越えルートで帰宅しました。

距離80.3km、獲得標高2256m。

ダートやトレイル、担ぎがあるので数字以上に疲れた。。


8日、9日と2日間、天気の良い中でサイクリングを満喫しました。

しかし30代の頃と比べると疲労の回復が明らかに遅くなりました。

今回も前日の疲労が少し残っていたので午前中は特に身体が重かった。。

なるべく体力を維持したいですね。

西伊豆スカイライン&西海岸と雄飛滝

IMG_9350_convert_20171010173019.jpg

天気の良かった三連休。混雑が予想されるので県外遠征は避け伊豆半島内でのライド。

7日は用事があったので8日、9日の2日間走ります。

8日は久しぶりに西伊豆スカイラインへ。



いつも通り、日の出前に出発して修善寺から登り達磨山レストハウスに到着。

早朝なので人が少ない。到着時は何とか富士山が見えていました。

IMG_9326_convert_20171010172818.jpg
IMG_9327_convert_20171010172832.jpg

交通量極少の西伊豆スカイライン。道路脇のススキが秋を感じさせる。

IMG_9330_convert_20171010172845.jpg

達磨山レストハウスでは見えていた富士山ですが絶景区間まで来たら雲に隠れてしまった。。

IMG_9333_convert_20171010172858.jpg

富士山が隠れてしまったので淡々と走って最高地点に到着。

IMG_9335_convert_20171010172912.jpg

今日は西天城高原線には行かずに土肥へ下ります。

西伊豆スカイラインからの下りではウインドブレーカーを着ましたが海沿いまで来ると暑かった。

IMG_9340_convert_20171010172925.jpg

夏に逆戻りした様な暑さで登りに入ると汗びっしょり!

秋らしい涼しい気候が続いていたので気温以上に暑く感じました。

碧の丘を過ぎると戸田まで下り。

IMG_9341_convert_20171010172939.jpg

戸田の御浜岬。富士山が見えていないのが残念ですが。。

IMG_9342_convert_20171010172951.jpg
IMG_9347_convert_20171010173006.jpg

戸田港から急坂を登って出逢い岬から見下ろした御浜岬。

IMG_9350_convert_20171010173019.jpg

井田の煌めきの丘から。富士山が見えないと物足りないですね。。

IMG_9351_convert_20171010173059.jpg

登りのピーク、井田トンネルを過ぎると下りに入り大瀬崎が見えてきます。

IMG_9352_convert_20171010173114.jpg

大瀬崎は海が綺麗。まだ時間が早いけど多くのダイバーが居ました。

IMG_9354_convert_20171010173144.jpg
IMG_9353_convert_20171010173128.jpg

綺麗な海を眺めながら西海岸を北上。

IMG_9355_convert_20171010173159.jpg
IMG_9356_convert_20171010173215.jpg

西伊豆スカイラインでは会わなかったけど海沿いでは多くのサイクリストとすれ違いました。

気温が上がってきて暑い!この日は久しぶりに日焼けしました。

内浦から伊豆市熊坂へ抜ける道でショートカット。

交通量皆無で自転車向きの道・・と言いたい所ですが道は荒れ模様。

ガタガタの路面の急坂。枯れ枝や葉っぱが散乱しています。

IMG_9358_convert_20171010173230.jpg

登りのピークまで急坂なのは別に良いのだけど路面の苔が厄介。。

急勾配の区間では何度か後輪が空転しました。

ここを下るのは絶対に嫌だ。。フロントが滑ったら一発だ。。

冗談では無く苔でコケるという事態になりますね(^^;

そんな道だけどあえて走ったのは雄飛滝に立ち寄る為。

IMG_9359_convert_20171010173246.jpg

伊豆市のマイナーな滝、雄飛滝。道路から少し下るとあります。

上段、下段と二段になっていて柱状節理の岩盤を流れ落ちます。

IMG_9361_convert_20171010173300.jpg

上段、下段共に近くから美しい柱状節理を眺める事が出来ます。

IMG_9364_collage_convert_20171010173313.jpg

滝見学を終え熊坂まで下り。熊坂側も急坂はあるけど内浦側より道は綺麗。

熊坂に抜け狩野川記念公園から狩野川CRへ入りました。

IMG_9372_convert_20171010173328.jpg

暑いし明日のライドもあるので距離も登りも増やさずに自宅方面へ。

幹線道路を避け稲刈りの終わった田んぼを眺めながらノンビリとペダルを回す。

IMG_9374_convert_20171010173343.jpg

ランチを食べてから帰ろうと中伊豆のSweet cafeさんに立ち寄ると見慣れたバイクが・・。

行きつけの大室高原Kissa teramo'sのママさんでした。

IMG_9377_collage_convert_20171010173356.jpg

teramo'sママは旦那様と午前中に下田や西伊豆など海岸線をツーリングしてきたとの事。

美味しい物を食べ楽しくお話していたら3時間も長居してしまいました(笑)

すっかり気が抜けてしまったので自宅までの帰りが脚が回らなくきつく感じた。。

本日は距離133.7km、獲得標高2624mでした。

体力を温存しながら走ったつもりですが久しぶりの暑さの為か結構疲れました。

翌日のライドメニューをこなせるのか少々不安だ・・(^^;)


帰路で冷川峠を越えた後に奥野ダムで最後の休憩をしたのですがその時にリヤタイヤのトレッド面が剥離しているのを発見。

Sweet cafeさんを出る時は異常無かったので店から奥野ダムの間で剥離したと思われる。

冷川峠では止まらずに通過したので分からなかった。バーストしないで良かった!

IMG_9380_convert_20171010173411.jpg

フロントタイヤも寿命が近かったので新品タイヤを2本注文しました。

とりあえずタイヤが届く前にリムテープを新品に交換しました。

IMG_3160_convert_20171010173642.jpg

翌日のライドはこの自転車ではないのが幸いでした。

入浴、洗濯して夕食を食べたら翌日に備え早めに就寝。

久しぶりの暑さで疲れたので疲労が残りそう。。

こんな状態で明日はダートや担いでの登山があるルートなんだけど大丈夫かな??

伊東八景巡りライド

IMG_9254_convert_20171006194659.jpg

10月1日(日)のサイクリング。

前日のライドの疲れが少し残っていたので近場でのライド。

本日は伊東市の景勝地、伊東八景を全て巡るルート。

2月12日のライドではいずのすけさんをご案内しながら八景の内、6つを巡りました。

よく考えたら伊東八景は行った事はあるけど1日で全て巡った事は無かった。

なので今回は1日で全て巡ってみます。



日の出前に出発してまずは最初の伊東八景、小室山へ。

日の出時刻数分前に山頂に到着。水平線上に雲があり日の出は予定時刻より数分遅れ。

IMG_9223_convert_20171006123529.jpg
IMG_9215_convert_20171006123504.jpg

水平線上には雲がありましたが太陽の周りに雲が無く綺麗な日の出です。

IMG_9216_collage_convert_20171006123516.jpg

山頂から日の出を拝んだので次の目的地を目指して下山。激坂を下ります。

IMG_9230_convert_20171006123541.jpg

海沿いを走り宇佐美方面へ。伊東八景の最難関スポット、巣雲山の攻略に向かいます。

IMG_9233_convert_20171006123554.jpg

海抜0mに近い宇佐美の市街地から巣雲山に向け急坂で一気に標高を上げます。

道はアスファルトから簡易舗装、そしてダートへ。

標高が上がるにしたがって勾配が急になりダート区間は15%前後の激坂。

IMG_9236_convert_20171006123607.jpg

今年4回目の巣雲山ですが3月8日のライドで登って以来なのできつく感じる。。

激坂を登りきるとベンチのあるどっこい処。宇佐美の街から一気に標高が上がりました。

IMG_9241_convert_20171006123620.jpg
IMG_9243_convert_20171006123633.jpg

どっこい処の先は景色が開けます。勾配は緩まるけど土の路面のダートに。

IMG_9249_convert_20171006123646.jpg

この辺りまで来るとススキが目立ち始めます。

IMG_9250_convert_20171006123659.jpg

そして森の中へ。押したり担いだりしながら登ります。

IMG_9254_convert_20171006194659.jpg

伊豆スカイラインの脇に出ると阿原田峠。もちろん伊豆スカへの進入は不可。

阿原田峠からはシングルトラック。所々で担ぎ有り。

IMG_9258_convert_20171006123725.jpg

開けた山頂部が見えてきました。山頂には展望台があります。

IMG_9261_convert_20171006123810.jpg

山頂部は遮る物が無いので風が強く見頃のススキが風で揺れていました。

IMG_9282_convert_20171006123905.jpg
IMG_9281_convert_20171006123850.jpg

巣雲山山頂に到着。2つ目の伊東八景制覇です。

山頂手前に市境があり山頂はお隣の伊豆市になるのですが・・(^^;)

IMG_9262_convert_20171006123823.jpg

展望台からの眺め。雲があるけど到着時は何とか富士山の姿を拝めました。

20171012_convert_20171006123439.jpg
IMG_9266_convert_20171007134939.jpg

山頂は360度のパノラマなので駿河湾と相模灘の両方が見える場所。

今日も十分素晴らしい景色ですがやっぱり真冬の方がより素晴らしいですね。

空気の澄んだ真冬は冠雪した富士山はもちろん、駿河湾の向こうに三保の海岸。その向こうには南アルプス。そして東側は房総半島まで見渡せます。

真冬はこんな感じで絶景です。その代償で風が強くてクソ寒い(笑)

IMG_1248_convert_20171006123451.jpg

巣雲山は山頂の景色も素晴らしいけど宇佐美側の景色も素晴らしい。

宇佐美の街を見下ろすお気に入りのスポット。海まで見渡せるので標高以上の高度感。

IMG_9287_convert_20171007135008.jpg
20171011_convert_20171006123403.jpg

北側は亀石峠に至る県道19号線の道筋。

亀石峠への登りも急坂ですが巣雲山のダート激坂に比べたら数段マシです(^^;)

IMG_9289_convert_20171006123937.jpg

この辺りの斜面は一面のススキ。

IMG_9297_convert_20171006123950.jpg

急坂であっという間に標高を下げ海沿いまで下ってきました。

巣雲山を攻略してしまえば八景巡りはほとんど終わったも同然。

残りの伊東八景は芋づる式に巡って行くだけ(笑)

伊東八景の3つ目、オレンジビーチ。

IMG_9299_convert_20171006124004.jpg

伊東八景の4つ目、松川。対岸には市の指定文化財、東海館。

IMG_9301_convert_20171006124018.jpg

伊東八景の5つ目、汐吹海岸。最近、伊東市もラック設置場所が増えました。

伊豆半島ジオパークのロゴ入りのラックはジオサイトに設置されています。

IMG_9308_collage_convert_20171006124032.jpg

ランチは前日のライドと同様に門脇吊橋駐車場向かいのライダーズカフェGSさん。

コロッケカレーの大盛を食す。ウマウマで腹いっぱい!

IMG_9309_convert_20171006124045.jpg

ランチ後は向かいの門脇吊橋へ。伊東八景の6つ目、城ヶ崎海岸。

IMG_9311_convert_20171006124059.jpg

伊豆高原の急坂を登って伊東八景の7つ目、大室山。

残念ながら山頂への登山は禁止で自力で山頂まで行く事は出来ません。

お金を払ってリフトに乗らないといけないのである意味では難関スポットだ(笑)

IMG_9313_convert_20171006124127.jpg

緑だった大室山の斜面もススキが目立ち始めてきました。

IMG_9312_convert_20171006124113.jpg

最後の伊東八景は一碧湖。全ての八景を制覇して本日のミッション完了です。

IMG_9317_convert_20171006124141.jpg
IMG_9318_convert_20171006124154.jpg

本日は距離68.6km、獲得標高1604mでした。


伊東八景巡りで市内の山・海・川・湖の景色を楽しんだ1日でした。

個人的に伊東で1番の絶景スポットだと思っている巣雲山はやっぱり真冬の方が良いですね。

しかしススキが風で揺れていたり秋らしい景色を楽しめました。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果