2018-06

Latest Entries

オクシズ再び・寸又峡温泉プチ旅行

2018052023.jpg

5月20日~21日のサイクリング。

21日が休みになったので県外遠征を考えましたが急に決まった為に今回は自重。

近場の県内で1泊でのプチ旅行にしました。行き先はオクシズの寸又峡温泉。

2月27日の吊橋カード収集ライド、4月29日の林道東俣線に続いて今年3回目のオクシズ。

過去2回はトランポでのライドでしたが今回は自宅から自走です。

基本的なルートは2016年7月11日のライドとほぼ同じ。

2年前は真夏の猛暑日だったので厳しいライドでしたが気温・湿度共にその時よりも低い今回は余裕を持って走れるかと思います。

川根や井川、天竜など静岡の山間部は県内でも最高気温を記録する場所なので真夏は暑いです。。


日の出時刻の1時間前に自宅を出発。

森の中の獣の気配を感じながら暗闇の遠笠山道路を登り鹿路庭峠に到着。

まだ暗いので獣の飛び出しなどに注意しながら慎重に下ります。

201805201.jpg

下り切るとしばらくは平坦基調。狩野川CRを経由して沼津の千本浜に到着。

曇りのち晴れ予報の通り、午前中は雲が多かったです。

まぁしばらくは単調な平坦路なので曇りの方が走るには丁度良い。

201805202.jpg

トイレと自販機がある田子の浦みなと公園で小休止。

201805203.jpg

旧東海道の由比宿を抜け薩埵峠へ。

雲が多いけど富士山の山頂部が少しだけ見えていました。

201805204.jpg

201805205.jpg

清水からは太平洋岸自転車道。信号が無いのは良いけど単調で長く感じて苦手。。

沼津からの堤防道路と共に今回のルートでは個人的に最難関の区間です(^^;)

201805206.jpg

安倍川を越えてそろそろ見飽きてきた海とはやっとお別れ(笑)

丸子川沿いを走り宇津ノ谷峠は明治トンネルで越えます。

201805207.jpg

県道81号・焼津森線で藤枝の山越え。特筆する景色は無いけど交通量が少なく路面も悪くないので走りやすい道。

市境を越え島田市に入ると登りのピークです。

201805208.jpg

島田市に入り大井川沿いに出ました。水路橋を渡り右岸へ。

雲も少なくなり綺麗な青空が広がっています。

201805209.jpg

2018052010.jpg

目指す寸又峡温泉までは残り55km。予想通り猛暑日に走った2年前と比べると余裕があります(笑)

千頭までは緩やかなアップダウンの繰り返し。新緑と茶畑の緑が綺麗。

眼下には蛇行する大井川の流れ。良い眺めです。

2018052011.jpg

2018052012.jpg

家山駅近くの「たいやきや」さんに立ち寄り。

イワシの粉をたっぷりと掛けて静岡おでんを食す。ウマウマ(^^)

おでんを食べている間に抹茶たい焼きが焼き上がりました。

川根産の抹茶を生地に練りこんだ皮は大きな羽根付き。

餡子も程よい甘さでとても美味しかった!

2018052013.jpg

大井川沿いを遡上。お茶の産地らしい風景が続きます。

茶畑の向こうに日本一短いトンネル。地名駅の近くにあります。

2018052014.jpg

2018052015.jpg

崎平駅の手前でSLの音が聞こえたので慌ててカメラを構えたけど一歩遅かった。。

2018052016.jpg

あと1分早く着けば橋を通過するSLの写真が撮れたのですが。。

2018052017.jpg

千頭駅に到着して寸又峡までのラストの登りの前に小休止。

2018052018.jpg

登りのピークの手前からは眼下に大井川ダムとアプトいちしろ駅。

山深くて良い眺め。ピークを越えると少し登り返しがあるけど寸又峡温泉まで下り。

2018052019.jpg

寸又峡温泉に無事に到着。やっぱり2年前とは暑さも湿度も全然違うので結構余裕があります。

2年前は宿にチャックイン後、部屋で着替えの最中に脚が攣り悶絶しましたからね(笑)

2018052020.jpg

本日のルート。距離208.3km、獲得標高2015mでした。



泊まった宿は2年前と同じで翠紅苑。(日曜日の宿泊だったので平日料金)

温泉と料理で癒されました(^^)肌がツルツルになる温泉が気持ち良い。

2018052021.jpg

2018052022.jpg


翌21日。ホテルをチェックアウトしてから夢の吊橋へ。

2018052023.jpg

最近は人気の為に訪れる観光客が多く休日には渡橋に60分待ちになるとか。。

(一度に多くの人が渡れないという重量制限があるので・・)

混雑時は橋は一方通行になりますが平日の朝だと人も居ないので往復が可能。

待っている人も居ないので写真撮影も気兼ね無く出来ます。

60分待って渡った人の事を考えると申し訳なく思えます・・(笑)

2018052024.jpg

吊橋の上から見た大間ダムの堤体。写真だと分かりづらいけど周囲の新緑が湖面に映っています。

2018052025.jpg

寸又峡温泉に別れを告げて千頭まで下って来ました。

2018052026.jpg

橋を通過する金谷行きの大井川鉄道。南海鉄道で使われていた車両が来ました。

2018052027.jpg

大井川沿いを下流に向かって走り塩郷の吊橋へ。

全長220mの吊橋で寸又峡・夢の吊橋(全長90m)の倍以上の長さ。

2018052028.jpg

吊橋は大井川、大井川鉄道の線路、県道、民家の屋根の上を通っています。

なかなか楽しい吊橋でオススメです。(高所恐怖症の方は除く・・)

2018052029.jpg

下を走る県道から見上げた塩郷の吊橋。

2018052030.jpg

家山で大井川を離れ県道63号・藤枝天竜線で平松峠越え。

新緑と茶畑の中を登って行きます。峠の手前3kmは平均勾配10%超でなかなかタフな登り。

しかし交通量も少なく(この日は皆無)路面も悪くないので好きな道。

2018052031.jpg

2018052032.jpg

2018052033.jpg

平松峠に到着。峠を越えると森町です。

2018052034.jpg

峠から下り途中のT字路を左折してしばらく下るとダム湖が見えてきます。

2018052035.jpg

太田川ダムに到着。ここは管理所でダムカードを配布しています。

2018052037.jpg

200段ほどの階段を登り展望台から堤体とダム湖を見下ろすのがオススメです。

2018052036.jpg

ダムの下流側で旧道の急坂を下るとゆるゆる遠州ガイドライドでも立ち寄った国指定文化財の友田家住宅。

2018052038.jpg

アクティ森でランチ休憩。野菜あんかけ丼を食す。

2018052039.jpg

遠州での最後の立ち寄り先は掛川城。

近くの売店で食べた抹茶ソフトは濃厚な味で美味しかったです。

掛川駅から沼津駅までは輪行。翌日は仕事だし帰りも全て自走する気はありません(^^;)

2018052040.jpg

沼津駅からは再びチャリに跨り狩野川CRで修善寺方面へ。

中伊豆の田んぼ道で夕日を拝み冷川峠を越えたのは日没後の19時でした。

2018052041.jpg

本日のルート。距離141.6km、獲得標高1779mでした。(沼津駅~自宅含む)



やっぱりオクシズは良い所ですね。

泊まりだったので寸又峡温泉ではゆっくり出来ました。

スポンサーサイト

浜名湖一周と天竜浜名湖鉄道全駅巡り

2018051222.jpg

5月12日のサイクリング。

まだ未経験だった浜名湖一周ライド(ハマイチ)に行ってきました。

それとプラスして今回は天竜浜名湖鉄道(天浜線)の全39駅を巡ります。

先月参加したゆるゆる遠州ガイドライドでガイドスタッフさんから天浜線全駅巡りの話をお聞きして興味を持ったのが今回のライドに至った経緯。

ハマイチはいつでも行けると思いながらも今まで走る機会が無かったので今回の全駅巡りとセットにしました。

今回のライドのきっかけを提供して頂いたガイドスタッフさんには改めてお礼申し上げます。


スタートは掛川駅近郊の駐車場。掛川駅から順番に終点の新所原駅まで天浜線の全39駅を巡ります。

201805121.jpg

天浜線の駅舎やプラットホームは国の登録有形文化財に指定された物が多く存在。

趣のある造りでノスタルジックな雰囲気を味わえます。

他にも鉄道施設や橋梁など合わせて36件が国の登録有形文化財に指定されています。

201805122.jpg

いこいの広場駅から原谷駅の間、約3kmに渡って続く「田園滑走路」と呼ばれるストレート。

201805123.jpg

激坂を登り一面の茶畑を拝みます。お茶の産地、掛川らしい光景。

201805124.jpg

201805125.jpg

次の駅に向かうに近道だと思って突っ込んだら酷い道でした・・(^^;)

201805126.jpg

遠州の小京都と呼ばれ名所・旧跡が多い森町。

この遠州森駅も国の登録有形文化財で趣のある造り。

フロアポンプや工具の貸し出しも有り自転車歓迎なのも嬉しいですね。

201805127.jpg

遠江一宮駅。ゆるゆる遠州ガイドライドではこの駅から貸切列車で掛川市役所駅まで輪行しました。

201805128.jpg

掛川駅から順番に駅巡りをしてきましたが予想よりも時間がかかっています。

各駅の場所の確認、駅舎やホームなどの写真撮影などに時間を取られたのが原因。

スタートから掛川市・森町・磐田市と走り抜けて天竜二俣駅からは浜松市に入りました。

浜松市は佐久間ダムや水窪ダム、山住峠など天竜の山奥は何度も走っているけど天竜二俣駅より南側を走るのは今回が初めて。

奥浜名湖エリアの気賀駅に到着。今回の「ハマイチ」のスタート地点でもあります。

201805129.jpg

駅舎に隣接したラーメン屋の貴長さん。

名物は静岡のラーメングランプリ・あっさり系で西部地区の1位になった塩ラーメン。

ここの大将は一昨年に伊豆高原で「麺匠まゆ美」をオープンさせていて現在はそこに居ます。

この気賀駅では食べなかったけど伊豆高原の店は何度か行ってるのである意味では馴染みのお店。

2018051210.jpg

気賀駅から天浜線全駅巡りと同時進行でハマイチも開始。

最短距離で次の駅に向かえばすぐなのですが岬の様に突き出した部分も道があれば走破します。

湖畔沿いの道を律義に走り、その途中での駅巡りだと距離や時間のロスが多かった。

まだ全体の中盤だけど予定のタイムスケジュールより大幅にオーバー。。

2018051211.jpg

時間が押し気味だったけど何故か浜名湖とは逆の山側への道を登る・・(笑)

2018051212.jpg

奥浜名湖展望公園の駐車場に到着。少し歩いて展望台へ。

2018051213.jpg

展望台からは奥浜名湖を一望。ここは「遠江八景」のひとつで夜景スポットでもあります。

2018051214.jpg

2018051215.jpg

寄り道をしましたが再びハマイチ&天浜線全駅巡りへ。

海抜0mに近い所を走る浜名湖自転車道。何度か水しぶきを浴びました。

2018051216.jpg

自転車道沿い、鏡石から見た礫島。

2018051217.jpg

日陰が少ないので自転車道は暑い。真夏の猛暑日は走りたくない・・(^^;)

2018051218.jpg

都筑駅からは再び寄り道で山側の道を登ります。

県道から逸れて尉ケ峰林道(奥浜名湖スカイライン)へ。

2018051219.jpg

林道に入り2kmほど登るとパラグライダー場に到着です。

2018051220.jpg

ここも奥浜名湖を一望の眺望。伊豆の三筋山や箒木山も同様ですが基本的にパラグライダー場からの眺望に外れ無しですね。

2018051221.jpg

2018051222.jpg

2018051223.jpg

都筑駅まで戻り休憩。駅舎内のパン屋さんでパンを購入しイートインスペースで都筑駅のホームを眺めながら食す。

2018051224.jpg

左に浜名湖、右は通過する天浜線を眺めながらの自転車道。

2018051225.jpg

猪鼻湖神社に立ち寄り。この時点で天浜線の残りの駅はあと4つ。

2018051226.jpg

2018051227.jpg

終点・新所原駅のひとつ手前の駅、アスモ前駅は駅に入る道が分かりづらかったです。

まさかとは思いながら適当にダートに進入したらそれが正解でした(笑)

新所原駅に到着。スタートの掛川駅から順番に天浜線全39駅巡りが完了です。

2018051228.jpg

掛川駅・掛川市役所駅・西掛川駅・桜木駅・いこいの広場駅・細谷駅

2018051234.jpg

原谷駅・原田駅・戸綿駅・遠州森駅・森町病院前駅・円田駅

2018051235.jpg

遠江一宮駅・敷地駅・豊岡駅・上野部駅・天竜二俣駅・二俣本町駅

2018051236.jpg

西鹿島駅・岩水寺駅・宮口駅・フルーツパーク駅・都田駅・常葉大学前駅

2018051237.jpg

金指駅・岡地駅・気賀駅・西気賀駅・寸座駅・浜名湖佐久米駅

2018051238.jpg

東都筑駅・都筑駅・三ケ日駅・奥浜名湖駅・尾奈駅・知波田駅

2018051239.jpg

大森駅・アスモ前駅・新所原駅  

2018051240.jpg

天浜線全駅巡りのミッションが終わりあとはハマイチのみ。

2018051229.jpg

全駅巡りが終了してからは少し進むペースが早くなり弁天島に到着。

しかし途中の寄り道などもあったので日が傾き始めています。

2018051230.jpg

当初は気賀駅まで湖畔沿いを走りハマイチを完了させてから同じ道で弁天島に戻る予定でした。

そして弁天島で夕日を拝んでから夕食を食べて舞阪駅から輪行で掛川駅に戻るつもりでしたが。。

しかし時間が大幅に遅れた為、予定を変更。

時間調整しながらノンビリ進み奥浜名湖の舘山寺で夕日を拝む事にします。

2018051231.jpg

舘山寺温泉のシンボル、志ぶき橋からの夕日。

2018051232.jpg

雲があるけど逆にそれがイイ感じで綺麗でした。

2018051233.jpg

気賀駅に到着してハマイチ及び本日のライドは終了。

天浜線で掛川駅まで輪行でワープしました。

2018051241.jpg

本日のルート。距離170.3km、獲得標高1113mでした。




自転車では初めて走る道が大半だったので新鮮な気分で走れました。

今回はハマイチ未経験の伊豆の自転車仲間と走る時にスムーズに案内出来る様に下見を兼ねてのライドでもありました。

間違って引き返したり無駄に走った所もあったけど一緒に走る時はロス無くご案内出来るかと。

また遠州にお邪魔するのが楽しみです(^^)


大井川源流部のダートを満喫・林道東俣線 

2018042929.jpg

GW2日目、4月29日のサイクリング。

前日は長野県大鹿村で天空の池&夕立神からアルプスの絶景を満喫しました。

ライド後は温泉で汗を流してから山道を延々と運転してオクシズへ移動。疲れた。。

長島ダムで車中泊。そして日の出前に起きて畑薙第一ダムに移動。

ここ何年かは春と秋の年2回走っている「林道東俣線」が本日のコース。

昨年の11月2日以来となる林道東俣線。静岡県内で最も好きな林道です。

難点はトランポでも起点の畑薙第一ダムまで行くのが大変な事。。


スタートはいつもの様に畑薙第一ダムの駐車場。

この時点で既に山奥。携帯は畑薙第一ダムのかなり手前から圏外。

私は無問題ですが休日でも仕事関係の連絡が入る様な多忙な方は要注意です(笑)

201804291.jpg

畑薙第一ダムから約1km走ると沼平ゲート。

この先は関係車両、許可車両、自転車、徒歩のみ通行可能のダート林道。

(早朝はゲートが閉まっていますがチャリは歩行者用の通路から入れます)

201804292.jpg

ゲートから大井川上流の田代ダム・二軒小屋まで約30km、往復60kmのロングダート。

この素晴らしいロングダートを「車両」で走れるのはチャリの特権。

ここをMTB以外で走るのは今回が初めての事だけど32cのグラベルキングSKで問題無し。

201804293.jpg

通行制限がある林道なのでGWでも静かな雰囲気で気持ち良く走れます。

昨年の11月は平日に走ったので工事車両が数台居ましたが休日の為か工事車両も皆無。

道中は山側のあちこちから滝の様に流れ落ちる水。南アルプスの天然水ですね。

201804294.jpg

緩やかなアップダウンで徐々に標高を上げながら進みます。

赤石ダムの数百メートル手前からは残雪の聖岳を拝めます。

林道東俣線で聖岳を拝めるのはこの僅かな区間のみ。

201804295.jpg

赤石ダムに到着。中部電力らしい赤いラジアルゲートと背後の残雪の上河内岳が素敵です。

201804296.jpg

赤石ダムはリビングに写真を飾るほど個人的にお気に入りのダム。

この赤石ダムに行きたくてMTBを購入したのが趣味で自転車を乗る事に繋がりました。

なので赤石ダムは私の自転車生活の原点とも言えます。

201804297.jpg

ダムの手前から赤石トンネルまでの区間は短いけど舗装路。

(赤石トンネルは先ほどの聖岳を見上げる写真にも写っています)

トンネルを抜けるとエメラルドグリーンの赤石ダム湖がお出迎え。

201804298.jpg

天気や光の当たり具合で見た感じの色合いが変化するダム湖の水。

良く晴れた今日の様な天気だとチンダル現象でこの様な色合いになります。

時間が経ち日の角度が変わるとまた見え具合も変化するので帰路でも同じ場所で写真を撮ります。

201804299.jpg

オクシズのチンダル現象でエメラルドグリーンのダム湖と言えば2月の吊橋カード収集ライドで行った寸又峡・夢の吊橋が架かる大間ダム(チンダル湖)が有名。

私が行った日は閑散期の平日なのでガラガラでしたがGW中の夢の吊橋は渡るのに1時間待ちだったとか。。

GWの寸又峡は人も車も多いけど更に山奥の大井川上流部は静寂に包まれています。

赤石ダム湖は大井川支流の赤石沢を塞き止めて造られたダム湖。

2018042910.jpg

2018042911.jpg

新聖沢橋から見た断崖上を走る林道東俣線の道筋。

落石、崩落が日常茶飯事の場所。ガードレールが無残な姿です。。

2018042912.jpg

201804290.jpg

牛首峠に到着。手前の山々の向こうに残雪の赤石岳。

前日はこの反対側の長野県大鹿村から赤石岳を眺めていました。

2018042913.jpg

2018042914.jpg

滝見橋まで下り。ここから再び大井川本流が合流します。

2018042915.jpg

滝見橋の先からは起伏は緩やか。大井川の源流部を眺めながら気持ち良くペダルを回します。

2018042916.jpg

2018042917.jpg

2018042918.jpg

二軒小屋の手前約3km地点。カラマツやハイマツなど針葉樹林に囲まれたフラットダートのストレート。

2018042919.jpg

今回の折り返し地点に到着。大井川起点の標識があります。

あくまでも「一級河川」としての大井川の起点であって源流(いわゆる最初の一滴)は更に山奥になります。

2018042920.jpg

雪解けの時期という事もあり田代ダム取水堰から流れ落ちる水も秋よりは多かった。

2018042921.jpg

千枚岳の登山道を登ると取水堰の上に行けて吊橋も登山道の一部になっています。

2018042922.jpg

田代ダムは大井川本流を塞き止めている訳ではなく取水堰から取水してダム湖を形成。

ここのダム湖もチンダル現象でエメラルドグリーンに輝いていました。

2018042924.jpg

田代ダムは大井川水系で唯一、東京電力が管理するダム。

この上流側にも堰があるけど河川法(堤頂高15m以上)のダムでは大井川最上流部。

2018042923.jpg

登山者向けの宿泊施設、二軒小屋で田代ダムのダムカードを配布しています。

最近配布が開始された田代ダムカード。今回の遠征の目的のひとつでもありました。

場所的に静岡県内では最も入手が大変なダムカードです。

2018042926.jpg

外のテーブルをお借りしてランチ休憩。

毎回ここでカップ麺を食べるけど今回はバーナーを持参しなかったのでコンビニおにぎり。

2018042925.jpg

帰路も畑薙第一ダムまで同じ道を戻るのですが写真撮影で度々脚を止めてしまう(^^;)

2018042927.jpg

赤石ダム湖は往路で見た時の色とは日当たりの関係でまた違った感じに見えますね。

2018042928.jpg

2018042929.jpg

往路では日陰になっていたのでスルーした中ノ宿吊橋。チャリを連れて往復。

2018042930.jpg

大井川と同じ高さまで下ると大崩落地の赤崩れが見えてきます。

2018042931.jpg

本日の〆は全長181mの畑薙大吊橋。寸又峡・夢の吊橋(90m)の倍の長さ。

もちろんこちらは渡るのに待ち時間などあり得なく貸し切りです(笑)

川の上は風の通り道になっているので結構揺れます。

2018042932.jpg

2018042933.jpg

・・・良い子はマネしない様に(笑)

2018042934.jpg

林道から見た畑薙大吊橋。

2018042935.jpg

沼平ゲートを過ぎてゴールの畑薙第一ダムの堤体が見えてきました。

2018042936.jpg

本日は距離62km、獲得標高880mでした。


オクシズは大好きですがやっぱりここが個人的にはナンバーワン。

起伏も緩やかなのでノンビリ気分で大井川の源流部を満喫出来ます。

(ダートで起伏が激しいと舗装路の倍以上は疲れます・・・)


前日の大鹿村と同様にGWの混雑とは無縁の静かな雰囲気で絶景を満喫しました。

また秋の紅葉の時期に行くのが楽しみです。

ゆるゆる遠州ガイドライド2018春

2018042223.jpg

天気が良く気温も上がった週末。金曜日(4月20日)から三連休でした。

3日間共に晴天だったのでそれぞれ違う地域でチャリに乗りました。

時系列的に話が前後してしまいますが今回は4月22日(日)の記事です。


昨年初参加したゆるゆる遠州ガイドライド(2017秋)。

天気はイマイチでしたがスタッフの方々の素晴らしいガイドのおかげで楽しかった。

今回のガイドライドは「ライド&ライド狩野川」で共にガイドスタッフとして参加している伊豆の自転車仲間と参加。

21日、22日の2日間開催されるゆるゆる遠州ガイドライド。

私といずのすけさんは22日の森町などを走るAコースに参加します。

距離48.9km、獲得標高357mの初心者の方でも無理なく走れるコースです。


会場の掛川市役所まではトランポ。いずのすけさんの車で往復の運転も全てお任せ。

開会式の1時間前に会場に到着。泊まりで21日のガイドライドにも参加した伊豆のメンバーも会場入り。

顔が少々お疲れモード。夜の宴会で頑張り過ぎた模様です(笑)

201804224.jpg

開会式とブリーフィングの後、各コースごとにスタート。

201804225.jpg

ライド&ライド狩野川ではガイドスタッフとして走るので今回の参加者として走るガイドライドでも楽しみながら走るのと同時に色々と勉強になります。

そして今回のライドでは先日購入したBONXを装着して試してみました。

狩野川のガイドライドで私達が担当するコースでは私が先導役、ガイドリーダーのいずのすけさんが最後尾を走るのでBONXが使えたら便利かもしれません。

イヤーループはSMLの3種があり耳の小さな私はSを使用。

イヤーキャップはSとMがありMサイズが耳にフィットしました。

201804221.jpg

専用ケースと充電用のUSBケーブル。

201804222.jpg

ライド時の装備でBONXを装着するとこんな感じです。

201804223.jpg

通話は専用アプリを通じて行いますが声を感知すると作動するので通信費は抑えられます。

お互い通信環境に居れば繋がるので例えば日本と離れた海外でも通話は可能。

逆に近くても天城の山中など圏外の所では使用不可。

いずのすけさんがその様な場所でのライドに付き合ってくれるかは分かりませんが・・(笑)

今回、初使用だったのでマイクの感度や音量などベストのセッティングを探りながらの状態。

声だけを感知して作動すると思っていたけどマイク感度調節の問題かカラスの鳴き声など外部の音もかなり入ってきました(笑)

最初の方は2人で前後の位置で走っていたけど途中から前方、後方に分かれて走り試していました。

BONXはまた次のライドの機会でベストセッテイングを見つけたいと思います。


昨年参加したコースは海に向かって走るルートでしたが今回は反対の山側へ。

天竜浜名湖鉄道・いこいの広場駅、細谷駅、原谷駅の間、約3kmに渡って続く直線。

田園の中を走る線路脇のストレートで「田園滑走路」と呼ばれている道。

強風だと厳しそうだけどこの日は風も弱かったので気持ち良く走れました。

201804226.jpg

原谷駅に立ち寄り。この駅でCコースの方々の乗る車両を見送ります。

Cコースは掛川市役所駅から自転車をそのまま車内に持ち込む貸し切り車両で原谷駅を通過します。

201804227.jpg

Cコースに参加した伊豆の知人が車内から撮影した動画から。見送るAコースの私達。

楽しい演出ですね。コースプランニングの巧みさに感服しました。

201804228.jpg

次郎柿の原木がこの森町にあります。

201804229.jpg

天宮神社では自転車御守りを購入しました。

2018042210.jpg

2018042211.jpg

2018042212.jpg

周囲の緑が綺麗で走っていて気持ち良い。そして良い天気。

レースには参加しないし普段のライドはほとんどがソロ。狩野川のガイドライドでも先頭を走る先導役。

なので中団や後方を走る光景が新鮮でそれだけでも楽しい。

2018042237.jpg

太田川沿いを上流に向かって緩やかな登り。

途中で交通量皆無の旧道に入ると斜度がアップ。

坂の途中で押し歩く参加者もいましたが無理する必要は無く歩くのも全然OKだと思います。

2018042214.jpg

2018042215.jpg

登りの途中で先頭付近を走るいずのすけさんに何度か話しかけたけどBONXを通じて聞こえてくるのはハアハアという呼吸音のみでした・・(^^;)

国の重要文化財に指定されている友田家。

この古民家で昼食休憩。特製弁当と豚汁をいただきました。

2018042216.jpg

2018042217.jpg

友田家から再び登って県道に合流すると下りになります。

2018042218.jpg

反対側に登ると2016年4月の遠州ダム&桜巡りライドで訪問した太田川ダムがあります。

このエリアを走るのもその時以来で2年振り。

友田家は今回初訪問でしたが道中も静かで交通量が無く気に入りました。

太田川ダムに行く時は次回も友田家経由のルートで走りたいと思います。

アクティ森に立ち寄り。藤を眺めながら煎茶のアイスを食す。

このアクティ森にはレンタルのMTBがあります。

2018042219.jpg

2018042220.jpg

メロン農家では高級メロンのクラウンメロンをいただきました。

お土産用のメロンは市場価格よりかなり安いバーゲンプライス。

数に限りがあるので家族の居ない私は非売品のハイチュウを購入。

ガイドライドではサポートカーが付くので買ったお土産は預けられます。

2018042221.jpg

森山焼工房の見学。ジュビロ磐田にも所属していたドゥンガ氏のサイン色紙がありました。

2018042222.jpg

一面の茶畑を見渡せるスポットからの眺め。

お茶の産地なので茶畑が多いエリアですがここからの眺めは素晴らしかった!

2018042223.jpg

2018042224.jpg

茶畑の中の急坂を登っている姿をスタッフの方に撮って頂きました。

本来はコースとは無関係で全く登る必要の無い急坂です・・(笑)

2018042225.jpg

小国神社に来たのは久しぶり。前回来たのは30年以上前・・(^^;)

20分ほどの自由時間。参道を歩いて団子とたい焼きを食べました。

2018042226.jpg

2018042227.jpg

2018042228.jpg

小国神社から近い太田茶店では抹茶のロールケーキ。

冷茶、新茶共に美味しく喉も乾いていたのでお代わりしました。

2018042229.jpg

店の前にある巨大急須は撮影スポット。

後ろから羽交い絞めにされた姿の方がインスタ映えすると思います(笑)

2018042230.jpg

遠江一宮駅は国の登録有形文化財に指定された木造駅舎の無人駅。

無人駅だけど駅舎内に手打ちそばのお店があり人気があるとの事。

2018042231.jpg

この遠江一宮駅から掛川市役所駅まで貸し切り車両で輪行。

掛川市役所駅はゴール地点の近くなので実質的なライドのゴールはここかもしれません。

2018042232.jpg

2018042233.jpg

外は暑かったけど車内は冷房が効いていて快適。

車内にあったコスプレ衣装で遊んでいたのは我々だけでした(笑)

2018042234.jpg

ガイドスタッフさんに周辺の道の事などを教えて頂いたりして楽しいひと時。

天竜浜名湖鉄道を絡めたサイクリングの話を聞いて面白そうだと思いました。

翌日早速、地図を眺めながら頭の中でシュミレーション・・仕事中に(笑)

まぁ、それだけスタッフさんのガイドが素晴らしく土地が魅力的だったという事です。


30分ほど天竜浜名湖鉄道の車窓からの風景を楽しんで掛川市役所駅で下車。

数百メートルほどペダルを回して全員無事にゴール。到着後の糖分補給。

2018042235.jpg

まだ暑さに身体が慣れていない時期に気温が上がって暑かったけど皆さんお疲れ様でした。

そしてガイドスタッフの皆さん、運営に関わった皆さん、2日間本当にお疲れ様でした!

楽しかったです(^^)ありがとうございました!


ゴール後に各自簡単に感想を述べるのですがライド&ライド狩野川伊豆半島一周サイクリング(伊豆いち)の事も宣伝してきました(笑)

今回参加して学んだ事もガイドライドで活かしていきたいと思います。

2日間走った伊豆のメンバーもお疲れ様でした!

伊豆に戻ってから修善寺で反省会と称した宴・・(笑)

2018042236.jpg

皆さんのおかげで楽しい1日でした!またよろしくお願いします(^^)/


オクシズ散策・吊橋カードコンプリート

2018022739.jpg

2月27日(火)、休みになったのでオクシズへプチ遠征。

大井川沿いの道の駅までトランポで川根本町内の散策ライドです。

今回の目的は最近配布開始された「吊橋カード」のコンプリート。

川根本町内にある吊橋の内、配布されているカードは現在7種。

塩郷の吊橋(久野脇橋)・両国吊橋・市代吊橋・飛沫(しぶき)橋

南アルプス接岨大吊橋・猿並橋・夢の吊橋

対象の7つの吊橋はこれまでに全て渡った事があるので場所は把握してます。


早朝に起点の道の駅を出発して大井川沿いの県道を下流方面へ。

塩郷ダムを過ぎると頭上に塩郷の吊橋が見えてきます。

吊橋は県道、大井川鉄道の線路、大井川本流の上を通ってます。

201802271.jpg

全長は220.4m。正式名は久野脇吊橋。恋金橋とも呼ばれています。

この日は暖かかったけど早朝は吊橋の橋板が凍っていました。

滑らない様に慎重に渡りました。チャリが邪魔で歩き辛い・・(^^;)

201802272.jpg

吊橋の上からは塩郷ダムの正面からの姿を拝む事が出来ます。

201802273.jpg

全国の各地で走っていた鉄道車両が大井川鉄道で第二の人生を送ってます。

橋を渡っている最中に近鉄の車両が吊橋の下を通過しました。

他にも南海電鉄や東急電鉄の車両が大井川鉄道本線を走ってます。

201802274.jpg

吊橋を渡り切り右岸に出たら塩郷ダムの上を通り再び左岸側へ。

堤頂道路から下流側を見渡すと先ほど渡った塩郷の吊橋。

201802275.jpg

201802276.jpg

大井川沿いを今度は上流方面へ。

千頭駅を過ぎ大井川鉄道・井川線の川根両国駅の近くに「両国吊橋」があります。

全長は145m。橋の幅は1mで揺れも無いので乗車で渡れる吊橋。

201802277.jpg

201802278.jpg

大井川上流方面に向け徐々に標高を上げ次の目的地へ。

アプトいちしろ駅の向こうに「市代吊橋」が見えます。

吊橋でダム湖を渡ると大井川ダムがあります。

201802279.jpg

全長106.76m。サスペンショントラス構造で産業考古学会推薦産業遺産に指定されてます。

車の通行も可能で大井川ダムを管理する中部電力の職員がここを通ります。

2018022710.jpg

アプトいちしろ駅から次の長島ダム駅は日本で唯一のアプト式鉄道が走る区間。

大井川鉄道井川線は南アルプスあぷとラインとも呼ばれています。

歯車の付いた機関車でラックレールの歯にかみ合わせて長島ダムへの急勾配を登ります。

その為の機関車。これをアプトいちしろ駅で列車の最後尾に連結します。

2018022711.jpg

上流側に移動して長島ダムへ。大井川水系では唯一の多目的ダム。

国交省が管理するダムらしくダム周辺は公園や広場など綺麗に整備されてます。

2018022712.jpg

堤体直下、減勢工の上に「しぶき橋」が架かっています。全長114m。

その名の通り勢いよく放流されている時は水しぶきがかかる橋。

2018022713.jpg

ダムの堤体直下、右岸側に大井川鉄道井川線の廃線跡があります。

かつては井川線が通っていたトンネル。長島ダムの建設により線路は高台に付け替えられました。

2018022714.jpg

長島ダムで遊んでいたら井川線のトロッコ列車がアプト式区間の急勾配をゆっくりと登って来ました。

2018022715.jpg

長島ダム駅からトロッコ列車と競走です。

アプト式機関車の切り離し作業が終わり列車が動き出すのを確認してからこちらも出発。

井川線は観光列車なので速度がゆっくり。こちらも登りになるけど先回りして列車を待ち構えます。

長島ダム駅から3km先のレインボーブリッジ展望所に到着。

眼下にエメラルドグリーンのダム湖とレインボーブリッジ。そして中央部に奥大井湖上駅。

2018022716.jpg

写真を撮っているとトロッコ列車の近付く音が。先回り成功です。

私の脚でも楽々と先着出来るので速い方なら楽勝です(笑)

このレインボーブリッジも長島ダムの建設によって付け替えられた区間。

湖岸に以前の線路跡が見えます。

2018022717.jpg

奥大井湖上駅に停車中の井川線。観光客が数名下車していました。

2018022718.jpg

遊歩道を歩いて奥大井湖上駅まで行けますがそれは後ほど。。

この後の千頭行きの上り列車の到着時間に合わせて行く予定。

一旦、急坂の下りで標高を下げると接岨峡温泉。

本日5つ目の吊橋、「南アルプス接岨大吊橋」

エメラルドグリーンの接岨湖に架かる全長240mの吊橋。

2018022719.jpg

2018022720.jpg

この先の大井川上流部も見所が多いけど本日は接岨峡で折り返し。

レインボーブリッジの湖上遊歩道で奥大井湖上駅へ。

2018022721.jpg

遊歩道を下るとレインボーブリッジとダム湖が近付いてきました。

2018022722.jpg

橋の上は線路脇が遊歩道になっていて奥大井湖上駅に至ります。

2018022723.jpg

2018022724.jpg

対岸に井川線の線路跡。その上の山腹に走って来た県道の道筋が見えます。

2018022725.jpg

奥大井湖上駅に到着。恋人のスポットらしいです・・(^^;)

2018022726.jpg

周辺を散策していたら千頭行きの上り列車がやって来ました。

2018022727.jpg

2018022728.jpg

散策を終え再びチャリに跨り次の目的地へ。

ここまでの5つの吊橋はいずれも大井川本流に架かる橋でした。

残りの2つは大井川水系の寸又川に架かる吊橋になります。

ひと山越えて寸又峡へ。登りのピークからは眼下に大井川ダムと発電所。

その向こうに市代吊橋とアプトいちしろ駅。高度感があり良い眺め。

2018022729.jpg

寸又峡に到着。ここに来るのは2016年7月のライド以来なので久しぶり。

その時は伊東から自走で来たけど猛暑の中、200km超のライドはきつかった!

春や秋の気候ならともかく真夏は二度と同じ事はやらないと誓いました(笑)

2018022730.jpg

休憩で立ち寄った土産物屋のおばちゃんに聞いたのですが最近は観光客が増えた様です。

トリップアドバイザーの企画で「夢の吊橋」が世界の吊橋ベスト10にランクインされてから訪れる人が急増した模様。

寸又峡までの道は狭いので紅葉の時期などは渋滞も発生したそうです。

この日は車も人も少なかったけど平日でも多くの人出の事も珍しくないとの事。

先ずは「猿並橋」へ。寸又三山・朝日岳登山口に向かって進むと猿並橋があります。

寸又峡では学生風の若い方の姿を結構見たけど猿並橋に行く人は誰も居なかった(笑)

2018022733.jpg

2018022731.jpg

大井川支流の寸又川に架かる橋で全長96m。夢の吊橋より少し長い。

吊橋の脇から河原に降りて下から吊橋を見上げる事も出来ます。

2018022732.jpg

猿並橋の上流側に大間ダムがありダム湖の上に架かる吊橋が夢の吊橋です。

河原を上流に向かって数百m歩くと大間ダムの堤体直下に行けて正面からの姿を拝む事が出来ます。

こちらは10年前にそのルートで行った時の大間ダムの写真。猿並橋に来たのもそれ以来です。

2018022734.jpg

2018022735.jpg

川の流れが蛇行しているので右岸、左岸のどちらを歩いても途中で川を渡る必要があります。

川の水深は10cm前後なので歩いて渡れるけどチャリだと長靴を携帯するのは非現実的。

なので素足で川を渡る事になります。私も素足になって渡りました。

2か所ほど川を渡ったのですが3月上旬のまだ寒い時期だったので水が冷たくて足が痛くなりました(^^;)

行くなら夏の方が良いかも。。まぁダムマニア向けですね(笑)

全く推奨出来ませんが行かれる方は自己責任で。。


さて、本日ラストの夢の吊橋へ。その道中では眼下に寸又川と先ほどの猿並橋。

2018022736.jpg

トンネルを抜けるとエメラルドグリーンのダム湖と夢の吊橋が眼下に見えてきます。

2018022737.jpg

全長90mの夢の吊橋。他の吊橋では誰も居なかったけどここは流石にグループやカップルの若い方が何人か居ました。

2018022738.jpg

吊橋の定員は10人。なので混雑時は吊橋を渡る為の待ち時間が1~2時間になる事もあるらしい。

今日は空いてるので往復するけど混雑時は一方通行になります。

2018022739.jpg

晴れて光が当たっていると「チンダル現象」によって幻想的なエメラルドグリーンの湖面になります。

その為、この大間ダムのダム湖はチンダル湖と呼ばれています。

2018022740.jpg

吊橋の上から見た大間ダムの堤体。多くの方が目にする大間ダムの姿はこれか遊歩道の上から見下ろした姿だと思います。

でもダム好きなら正面からの姿を拝みたくなりますよね・・(笑)

2018022741.jpg

夢の吊橋を渡り指定の7つの吊橋巡りは終了。

本日の総仕上げで千頭駅前にある川根本町の観光協会へ。

チャリで来る方も最近多いみたいでサイクルラックが設置されています。

2018022742.jpg

観光協会で本日巡った7つの吊橋の写真を見せて吊橋カードをゲット。

カードの裏面にはダムカードと同様にスペックや情報が記載されてます。

2018022743.jpg

カードの右上に50Pとか100Pの記載があるけどこれは秘境度や到達難易度みたいです。

7つの吊橋の中で最もポイントが高いのは猿並橋で200Pでした。

吊橋カードをゲットして本日のミッションは全て完了。

道の駅に戻ってライド終了。本日のルート。距離95.2km、獲得標高1803mでした。



静岡県内でもオクシズや天竜の辺りは杉の木が多いエリア。

いつもより強めの薬を飲んでいたのでクシャミ、鼻詰まりは抑えられたけど途中から目が超痒かった。。

ライド後は日帰り温泉に立ち寄り付いた花粉を入念に洗い落としました。


2月のまとめ。合計は距離528.3km、獲得標高12225mでした。

走った距離などは少ないけど伊豆大島旅行など澄んだ空気で絶景を拝めたので上々の成果だったかな。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

天城連山縦走ライド 天城高原から八丁池 Jun 16, 2018
定例の東伊豆パトロール Jun 10, 2018
大弛峠越えと週末グループライド Jun 05, 2018
長野・岐阜旅行 九蔵峠と御嶽パノラマライン May 31, 2018
オクシズ再び・寸又峡温泉プチ旅行 May 23, 2018
浜名湖一周と天竜浜名湖鉄道全駅巡り May 18, 2018
新緑の天城で森林浴 秘境・皮子平へ May 14, 2018
東伊豆ダートと三筋山&箒木山登頂 May 11, 2018
大井川源流部のダートを満喫・林道東俣線  May 08, 2018
天空の池と夕立神 残雪のアルプス絶景ライド May 05, 2018
天城山北麓ダートと林道垂溜ヶ洞線 Apr 30, 2018
鷹狩山と中山高原・北アルプス絶景ライド Apr 26, 2018
ゆるゆる遠州ガイドライド2018春 Apr 24, 2018
中伊豆ワイナリーと修善寺散策 Apr 19, 2018

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果