2018-02

Latest Entries

焼津泊・ゆるゆるチャリ旅

2017121349.jpg

12月13日、14日の2日間で近場の県内でプチ旅行してきました。

急きょ仕事が2日間休みになった為、旅行を決めたのは前夜。

ノンビリ走る事や日の短さも考慮して距離は短めの方が良い。

思案した結果、行き先は焼津に決定。宿の予約も直前でしたが取れました。

焼津の宿までは約140km。平坦な海沿いを走る区間が多いので登りは少なめ。

普段のライドは山道や山の中での担ぎが多いのでたまには気分転換で海沿いの平坦路を満喫しよう(笑)


いつも通りの日の出前出発。まずは1日目の最高地点でもある鹿路庭峠越え。

凍結箇所は無かったけど慎重に下る。気温はマイナスでクソ寒い!!

インナーグローブ2枚重ねでも指先が冷えて痛くなる。。

修善寺からは狩野川CRへ。寒いけど快晴で空気も澄んでいるので富士山が綺麗。

201712133.jpg

201712134.jpg

沼津からは海沿いの堤防道路。右に富士山、左に駿河湾を眺めながら西へ向かいます。

今回のルートで最も懸念していた海沿いの堤防道路での西風でしたが幸いこの日の午前中はほぼ無風で助かった。

強風で心が折れたら躊躇せずに輪行で逃げるつもりでした・・(笑)

201712135.jpg

堤防道路から見た南アルプスの山々。

201712136.jpg

田子の浦で小休止。田子の浦みなと公園から見た富士山。

201712137.jpg

富士川河口辺り。相変わらず富士山が綺麗に見えています。

201712138.jpg

前方に由比の海岸が見えてきました。手前の蒲原まで堤防道路を走ります。

201712139.jpg

蒲原からは一般道の旧東海道で由比へ。

10時に由比漁港に到着。10時開店の浜のかきあげ屋で早めのランチ。

由比と言えばもちろん桜えび。12月は桜えび漁の時期。

桜えびのかき揚げやみそ汁も美味しかった(^^)

2017121310.jpg

ランチ後は通称「由比の壁」を登り薩埵峠へ。

激坂は最初の100mほどなのでロードバイクより4~5キロ重いツーリング車でもオールシッテイングで登れます。

2017121311.jpg

薩埵峠に到着。残念ながら富士山に少し雲がかかってしまった。。

2017121312.jpg

清水港に到着。この時点で富士山の山頂も雲で隠れてしまったので予定していた三保海岸は行くのをやめました。

2017121313.jpg

海沿いの太平洋岸自転車道に入ると向かい風になる西風が少し強くなってきました。

強風というほどでは無いけど貧脚チャリダーには十分な抵抗を感じる風。

安倍川までの区間が長く感じて疲れた。結局、1日目はこの区間を走っている時が最も疲れた。。

2017121314.jpg

静岡の海岸線から見た伊豆半島。空気が澄んでいるので天城連山も見えました。

2017121315.jpg

安倍川を越えると太平洋岸自転車道は進路を北側に変え丸子川沿いの道へ。

海沿いの向かい風から解放されてホッとした。。

2017121316.jpg

オヤツ代わりに静岡おでん。いわしの粉をたっぷりかけて食す。ウマウマ(^^)

2017121344.jpg

昔にタイムスリップしたかの様な宇津ノ谷の町並み。

2017121317.jpg

宇津ノ谷峠越えは各時代のルートが現在も残されています。

今回は明治トンネルで宇津ノ谷峠越え。静かで良い雰囲気の場所です。

2017121318.jpg

この宇津ノ谷峠・明治トンネルまでの道のりは昨年7月に行った寸又峡の時と同じ。

寸又峡に行った時は猛暑の中、210kmほど走ってかなり疲れたけど今回はそれに比べたら楽なルート。

ここまで来たらゴールの焼津までは目と鼻の先です。

まだ時間が早いので絶景を求め高草山の中腹にある笛吹段公園へ。

高草山に登るのは今回が初めて。いくつかルートがあるみたいですが今回登ったルートは笛吹段公園まで2kmで200m上昇、平均勾配10%でした。

登り始めが急勾配ですが静かで良い道でした。紅葉も少し残っていた。

2017121319.jpg

景色が開けると眼下には焼津の街。

2017121322.jpg

茶畑の向こうに焼津港。

2017121323.jpg

笛吹段公園に到着。

2017121320.jpg

海まで見渡せるので標高以上の高度感。

初めて来たけど道中の道も含めて静かで雰囲気も景色も良くてとても気に入りました。

201712131.jpg

2017121321.jpg

丁度良い時間なので日が暮れる前に宿に向かいます。

宿は高台の眺めの良い場所にあるので高草山から下山した後に少し登り返しになります。

2017121324.jpg

宿に到着して1日目のライドが終了。宿から見た高草山。

2017121325.jpg

宿は高台にあるので部屋は焼津港を見下ろすオーシャンビュー。

2017121326.jpg

温泉に入って美味しい夕食を堪能。大皿に乗ったマグロのかまの煮付けがウマウマ。

甘辛い煮付けでご飯が進むけど4杯で止めておきました(笑)

2017121345.jpg
2017121346.jpg

部屋から見た焼津の夜景。楽しいプチ旅行1日目でした。

2017121327.jpg


旅行2日目。5時半に起床して朝風呂でスッキリ。

手前の山の影にもなるけど焼津からだと水平線上からではなく伊豆半島の背後から日が昇るのですね。

2017121328.jpg

バイキング形式の朝食もガッツリ食べた。マグロの赤身にとろろをかけて山かけ丼。

ちなみに朝風呂の後に小腹が空いたので朝食の前に売店で購入した安倍川餅も食べている(笑)

2017121347.jpg

エネルギー補給は十分と言うか食べ過ぎだけどいきなり輪行(^^;)

宿から近い焼津駅からちょいとワープします。

2017121329.jpg

25分ほど電車に揺られて清水駅で下車。そして清水港へ。

前日は清水港に到着時は富士山に雲がかかっていたけど今日は完璧。

2017121330.jpg

清水港からは船での輪行。海上県道の223号線で伊豆半島へ戻ります。

快晴で風も弱くフェリーから富士山を拝むには絶好のコンディション。

しかし今日はまだ4kmしかペダルを回してない。。怠けすぎだ(^^;)

2017121332.jpg

清水港のフェリー乗り場にはいつの間にかサイクルラックが設置されていました。

平日なので乗船客は少ない。バイクを含め二輪は私だけでした。

2017121331.jpg

快晴なので県道223号線からの眺めは最高でした(^^)

2017121334.jpg

2017121333.jpg

やっぱり駿河湾フェリーは富士山が綺麗に見える日に乗るのが良いですね。

201712132.jpg

2017121335.jpg

駿河湾の海上から見た南アルプスの山々。

2017121336.jpg

伊豆半島が近付いてきて約1時間の船旅も終了です。

2017121348.jpg

2017121337.jpg

土肥に着いて昼時という事もありすぐに昼食(笑)

「食事処さくら」さんはサイクルラックが設置されています。(向かいの駐車場内にも有り)

工具や空気入れも有る他に、「ボトルに冷たいお茶を入れていいよ」と嬉しいお言葉。

2017121338.jpg

あじ天重は身がフワフワで美味しくてリーズナブル。

サイクルラックや空気入れなどサイクリスト歓迎のお店でオススメです(^^)

2017121339.jpg

しかし今日はろくにペダルを回してもいないのに食べてばかりだ。。

ちなみに乗船中にもオヤツを食べている(^^;)

燃費が悪いと言うかこれで太らないのが自分でも不思議だ・・(笑)

2017121360.jpg

食後は山越えルートで帰ります。船原トンネルを避け旧道の土肥峠越え。

土肥峠では前回ライドの西伊豆スカイラインに続いて知り合いの伊豆市役所のAさんにまた会いました。

Aさんは先週開催された「伊豆トレイルジャーニー」の後片付けの仕事中。

(先週会った時はその為の準備。お仕事お疲れ様です!)

半袖でやる気満々。これが若さか・・(笑)

2017121340.jpg

土肥側は暖かかったけど船原側への下りは寒かった。

路面の状況を見ると夜間早朝は凍結していたと思われる。

中伊豆まで戻ってきました。快晴で午後になっても天城連山の稜線がクッキリ。

2017121341.jpg

今回の旅では色々と美味しい物を食べましたが〆で中伊豆のSweet cafeさんに立ち寄り美味しいスイーツをいただきました。

2017121342.jpg

2017121343.jpg

2日目の清水港~土肥港~中伊豆の流れはいずのすけさんと走った4月30日のライドの時の再現VTR。

清水港発10時40分の船で土肥へ渡り、さくらさんであじ天重、土肥峠を越えて〆でSweet cafeさん。

その時と違うのは日の短さ。Sweet cafeさんで1時間ほどマッタリしてから冷川峠を越え帰宅する頃にはすっかり暗くなってました。


今回のプチ旅行。2日間の合計は距離202km、獲得標高2258mでした。

日の長い時期なら私の脚力・速度でも1日で走破できますが1泊にしたおかげで美味しい物を食べたりしながらノンビリできて楽しい旅でした(^^)

1日目の獲得標高は820mなので2日目の伊豆に戻って土肥港からの方が登ってます。

なので伊豆半島は平坦地が少なく坂が多い事を数字が物語っている(笑)


たまには近場の県内での泊まりも良いですね。天気も良く楽しい2日間でした!

スポンサーサイト

ゆるゆる遠州ガイドライドに参加

IMG_0151_convert_20171101123623.jpg

10月28日(土)に掛川の「ゆるゆる遠州ガイドライド2017秋」に参加してきました。

申し込み締め切り日の20日の午前中にいずのすけさんから一緒に参加しないかとお誘いが。

急な話でしたが私なら暇なので予定は空いていると思ったのでしょう。

もちろん、その判断は正しい(笑)快諾してすぐに申し込みました。仕事中に・・(^^;)

この時点では台風が通過してしばらく晴天が続く予報でしたが次の台風が発生。。

どうやらライド当日は接近する台風の影響でレインライドは避けられない状況に。。

前日までは天気が良く2日前の北軽井沢やコマクサ峠も超快晴だったのですが。。

まぁ天気には逆らえない。みんなで走れば楽しいので割り切ってレインライドを楽しみます。

私もいずのすけさんもガイドスタッフとして狩野川ガイドライドに参加してますが今回はガイドライドの勉強も兼ねての参加です。


当日はいずのすけさんが仕事で使用しているワンボックスを出してくれました。

往復の運転も全てお任せで普段のソロでの遠征と違って楽々トランポです(^^)

スタート場所の掛川市役所に到着すると雨が降っていましたが本降りという程では無い。

22788701_142149916423162_4756600873149628592_n_convert_20171101123402.jpg

今回は革サドルを雨で濡らしたくないのでダホン号で参加。

雨の中、サポートライダーとして参加した伊豆いちではサドルにカバーをして走りましたが今回は平坦メインで距離も短いコースなのでダホンで出動です。

IMG_0108_convert_20171101123433.jpg

予想より雨が弱いので装備に悩みましたがレインウエアは上だけ着てレインパンツは履きませんでした。

ガイドライドなのでお土産や荷物をサポートカーに積めるので荷物と一緒にレインパンツは預けておきました。

スタート前に御前崎産と北海道産のお茶の飲み比べ。

お茶の産地が近いのでライド中にも何度も美味しいお茶を頂きました。

IMG_0109_convert_20171101123445.jpg

開会式、ブリーフィングの後に各コース(全7コース)ごとにガイドスタッフさんを先頭に出発。

ガイドスタッフとして走る狩野川ガイドライドの私の役目は主に先頭を走る先導役。

そして普段のライドもソロがメイン。なのでグループの中団や後方を走る景色が新鮮で楽しい。

心配された雨も上がり結局この日のライド中は降らない時間の方が長かった。


最初の立ち寄り先、袋井駅。ここは現在もJR線の駅ですがかつては静岡鉄道・駿遠線という軽便鉄道の停車駅でした。

その駿遠線の廃線跡は面影を残しながら自歩道として整備されています。

IMG_0110_collage_convert_20171101123457.jpg

廃線跡をたどりながら先に進みます。鉄道が通っていた所なので平坦路。

ガイドスタッフさんのおかげで走りやすく勉強になる事も多かった。

浅羽記念公園では軽便鉄道の機関車のレプリカが飾られています。

隣接する近藤記念館では戦国時代の要所・高天神城の模型を見ながら説明をして頂きました。

IMG_0114_collage_convert_20171101123509.jpg

名倉メロン農場でオヤツ。メロンパンが美味しくてお土産用にも2つ購入しました。(自分の朝食用ですが)

私はメロンタルト、いずのすけさんはメロンパフェを追加で注文。

IMG_0124_collage_convert_20171101123520.jpg

栽培しているハウスも外から見学させて頂いた。

ハウス内は温度が高いので1年中海パンで作業するここの名物ご主人。

海パンご主人の登場に凄い食い付きだ・・。

念のために言っておくけど、いずのすけさんは変態ではありません(笑)

私は初めて知りましたがテレビにも出たり結構有名らしい。

IMG_0130_collage_convert_20171101123531.jpg

お次は横須賀城址。急流で角が削られた岩を使った石垣が印象的。

IMG_0133_collage_convert_20171101123543.jpg

次第に海が近付いてきました。浜岡の風力発電所の風車群に到着。

この日は南東の風でしたが普段は西風が非常に強い場所。

IMG_0141_collage_convert_20171101123556.jpg

いずのすけさんを含め参加者のほとんどの方は巨大風車を間近で見る機会は少ないと思う・・私以外は(笑)

IMG_9431_collage_convert_20171101123939.jpg

普段からよく見ている巨大風車ですが激坂の山の上では無く海沿いの平坦地に建ち並ぶ姿が新鮮でした。

少し進むと目の前には遠州灘の大海原。

前方に見える自転車・歩行者専用橋の潮騒橋は残念ながら工事中で通行不可。

IMG_0148_collage_convert_20171101123609.jpg

IMG_0151_convert_20171101123623.jpg

潮騒橋は渡れませんが海の近くへ。

IMG_0153_convert_20171101123636.jpg

IMG_0162_convert_20171101123701.jpg

太平洋岸自転車道の一部ですが常時風が強い場所なので路面が砂で埋まってます。。

一時的に砂を取り除いても風が常に強いのでいたちごっこだと思われます。

個人的にこの砂で埋まった自転車道を生で見たかったので地味に感動してました(笑)

IMG_0160_convert_20171101123648.jpg

永福寺に立ち寄り。このお寺の天井画は見事でした。

IMG_0163_collage_convert_20171101123715.jpg

中央の成熟の龍は八方配りの眼。位置を変えて見てもロックオンされ必ず目が合う。

IMG_0164_convert_20171101123729.jpg

昼食は和食何処でガイドライド用の特製弁当。お茶も美味しかった。

IMG_0168_convert_20171101123743.jpg

コスモス畑の中にある巨大クワガタのモニュメント。

私もいずのすけさんも瞬時に連想したのが中伊豆・萬城の滝の巨大カブトムシ(笑)

IMG_0170_convert_20171101123759.jpg
IMG_0172_convert_20171101123814.jpg

女性下着メーカー「トリンプ」の静岡センターの正門前には女性下着を模したこんな物が。

IMG_0177_collage_convert_20171101123828.jpg

山喜製茶さんで最後の休憩。お茶の生地の粒あんたい焼きがウマウマ(^^)

いずのすけさんはこの時期限定というカスタードを食べていました。

そしてお茶が美味しい!お代わりして合計で三杯いただきました。

IMG_0181_collage_convert_20171101123841.jpg

今回の雨対策で安くてバイク乗りなどにも評判の良いワークマンのレインウエアを新たに購入したいずのすけさん。

ここまでは曇り時々小雨だったのですが「見せてもらおうか。ワークマンの防水の性能とやらを・・」とか言ってたら最後の10km程は本降りの雨になり性能を見せつけられました(笑)

IMG_0184_convert_20171101123854.jpg

最後は本降りでしたが事故もトラブルも無く無事にゴール。

IMG_0185_convert_20171101123910.jpg

最後の雨で多少ショートカットなどありましたが56km、230mアップのコースでした。

今回は参加者としてのガイドライドだったので事前資料は軽く目を通す程度にした為ほとんど予備知識が無い状態でした。

この地域の山側はダム巡りなどで走った事はあるけど海側は初めてだった事もあり新鮮な気分で走れて良かったです。

ガイドスタッフの方々のおかげで楽しかった!ありがとうございました!

色々と勉強になる事も多かったので狩野川のガイドライドに生かしたいと思います。

翌日は1日を通して雨が強かったですが関係者の皆さん、本当にお疲れ様でした!

次回以降も日程が合えば是非参加したいと思います。

そして往復の運転も含めていずのすけさん、お疲れ様&ありがとうございました!

お礼に今度は山の上の風車を見に行きましょう。いつでも案内しますよ(^^)/



今回が10月ラストのライドだったので10月のまとめ。

10月の合計は距離848.6km、獲得標高17376mでした。

走りやすい秋の気候。そして遠征での紅葉ライドが増える10月ですが今年は長雨でした。

雨続きだった割には走れた方かなと思いますが・・。

遠征での紅葉ライドが多かった昨年10月は1034kmで23000m登っているのでそれと比べるとやっぱり少ない。

まぁ天候には逆らえないですね。。


紅葉ライドの予定が長雨で狂ってしまったけど10月は色々と充実した自転車ライフだったと思います。

スタッフとして参加した伊豆いちや今回のガイドライドでは新たに知り合えた方もいたりして楽しい時間でした。

遠征は仕事が休みの平日に栗駒山や日光、そして先日の北軽井沢やコマクサ峠。

トランポでの移動距離が長かったり強行軍だったりで疲れたけど紅葉と絶景を満喫しました。

201710174_collage_convert_20171101123419.jpg

伊豆でのソロライドはダートやトレイルなどでマニアックな道を満喫(笑)

IMG_9254_collage_convert_20171101123926.jpg

10月を通して見るとグループライド・ダート&トレイル・担ぎ・プチ登山,、そして絶景紅葉ライドなど変化に富んだ内容で面白かった。

今年も残り2か月。安全に楽しくサイクリングを満喫したいと思います。




オクシズ井川から南アルプスの眺望

IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

お気に入りのオクシズでサイクリングしてきました。

ライド日は4月13日。起点の川根までは車載。

川根の道の駅を起点にしたオクシズ周回コースです。



出発してまずは大井川沿いを下流に向かって走ります。

大井川左岸沿いの県道を進むと塩郷の吊橋が前方に見えてきます。

吊橋の長さは220m。橋板は木製で細いので人が並んで歩く事は不可能。

IMG_3632_convert_20170414134545.jpg

橋板の幅が細いので下がスカスカでよく見えます。

大井川鉄道の線路の上を越えるのでタイミングが合えば下をSLが通過します。

下を走る県道から見上げた塩郷の吊橋。

IMG_3636_convert_20170414134557.jpg

チャリを連れて往復します。相変わらず楽しい吊橋だ(^^)

等間隔で人がすれ違える場所が設けてあります。

IMG_3629_convert_20170414134532.jpg

吊橋のすぐ上流側にある塩郷ダム。吊橋から正面の姿を拝む事が出来ます。

IMG_3628_convert_20170414143257.jpg

復路は動画撮影しながらの渡橋。

揺れる吊橋でチャリを押し歩きながらなので相変わらずブレブレですが(^^;

塩郷の吊橋・渡橋動画

下の県道を走る車からマヌケな姿を見られていたでしょうね(笑)

笹間川ダムに到着。何度も来てますが毎回クレストゲートから放流してます。

IMG_3639_convert_20170414134609.jpg

清笹峠を越えて南アルプス公園線(県道60号)に入りました。

藁科川に沿って満開の桜を眺めながら進みます。

IMG_3649_convert_20170414134620.jpg

しばらく平坦基調。そして登りに入っても勾配は緩め。

山道区間に入ると道を横切るカモシカの姿を結構見ました。

伊豆の山では鹿を多く見ますがオクシズではカモシカが多い。

何度も走ってるオクシズエリアですがカモシカを見なかった事は1度も無い。

標高が上がってくると見晴らしの良い区間に出ます。

IMG_3656_convert_20170414134803.jpg
IMG_3657_convert_20170414134816.jpg

富士見峠に到着。峠には展望台とトイレがあります。

IMG_3669_convert_20170414134828.jpg

展望台からの眺め。大無間山や赤石岳、荒川岳(荒川三山)など南アルプスの山々。

IMG_3672_convert_20170414134841.jpg

小休止していると近くで獣の気配・・。熊かと思い焦りましたがカモシカでひと安心(^^;

逃げる気配も無くカメラ目線です。

IMG_3674_convert_20170414134855.jpg

富士見峠からもうひと登りしてリバウェル井川スキー場に到着。

静岡市営の小さなスキー場。3月12日で冬季営業は終了してます。

IMG_3713_convert_20170414135038.jpg

ゲレンデからは正面に南アルプスの山々で絶景!

ここはお気に入りの南アルプス眺望スポットです。

IMG_3691_convert_20170414134921.jpg
IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

先ほどの富士見峠より標高が高くゲレンデなので高い木が無い為に眺めが良い。

IMG_3682_convert_20170414134908.jpg

赤石岳のアップ。

IMG_3714_convert_20170414135052.jpg

眼下には井川湖。

IMG_3694_convert_20170414135000.jpg
IMG_3696_convert_20170414135011.jpg

反対側は富士山が見えるはずなのですが残念ながら雲隠れ。。

まぁ綺麗な青空で南アルプスの景色を満喫できたので贅沢は言えないかな。

IMG_3702_convert_20170414135024.jpg

井川ダムまで下ってきました。数少ない中空重力式コンクリートダムのひとつ。

大井川本流を堰き止める中空重力式三兄弟で一番下流側に位置するダム。

この上流に同じ中空重力式の畑薙第二、第一ダムがあります。

IMG_3724_convert_20170414135119.jpg

井川湖の背後、山の中央部が先ほどまで居たリバウェル井川スキー場。

IMG_3721_convert_20170414135105.jpg

井川ダムからデポ地の道の駅までは多少の登りはあるけど概ね下り基調。

眼下に奥大井湖上駅。エメラルドグリーンの湖に赤い鉄橋が映えます。

接阻湖(長島ダム湖)に架かる鉄橋の間にある大井川鉄道井川線の駅。

IMG_3726_convert_20170414135132.jpg

長島ダムに到着。国交省が管理する大井川水系では唯一の多目的ダム。

エメラルドグリーンのダム湖が美しい。

IMG_3727_convert_20170414135144.jpg
IMG_3730_convert_20170414135157.jpg

私は既に入手済みですが先ほどの井川ダムとこの長島ダムではダムカードを配布してます。

このオクシズエリアで他にダムカードを配布しているのは畑薙第一ダムと大間ダム。

なのでこのエリアを走り1日で4枚のダムカードをゲットする事が可能です。

ダムカードの配布時間や場所などはこちらのサイトが参考になります。

千頭駅に停車中のSL。桜も満開で見頃なので平日ですが人が結構多かった。

IMG_3732_convert_20170414135209.jpg

桜の名所、駿河徳山でもSLとのコラボ写真を撮るために待ち構えている方が居ました。

IMG_3738_convert_20170414135236.jpg
IMG_3733_convert_20170414135222.jpg

道の駅に到着して本日のサイクリングは終了。距離126.5km、獲得標高2373mでした。


井川など大井川上流部は人も車も少なく静かな雰囲気で景色を楽しめるので良いですね。

静岡市街地からかなり離れていて携帯圏外の場所も多い。しかしこれでも政令指定都市・静岡市葵区(笑)

政令指定都市の行政区としては驚異の最高地点、標高3189.5m。(間ノ岳の山頂)

なかなか凄い所です。。もちろん誉め言葉ですよ(笑)

静岡県内で1番のお気に入りダート、林道東俣線もあるしチャリで走って楽しいエリア。

これからも何度もオクシズにはお世話になります。

天竜の風景満喫ライド

IMG_3054_convert_20170327145438.jpg

久しぶりに伊豆半島の外でサイクリングしてきました。


冬場の山道は凍結リスクや冬季閉鎖があるので県外遠征は少なめ。

必然的に凍結リスクの少ない伊豆中心のライドになります。

ここ3か月で県外遠征は昨年12月の神津島今年2月の伊豆大島の2回だけ。。

共に伊豆諸島で普段から海越しに見ているのである意味では近場(笑)

どちらも絶景で良い所ですけどね。離島ライドも楽しいのでオススメです。

もちろん伊豆半島内だけでも景色は良いし各エリアで違った魅力があり飽きる事は無い。

しかし今回は気分転換にトランポして遠征ライドです。


遠征日は3月22日。前日は雨で寒い1日。場所によっては雪が降った模様。

当初予定していた遠征地も積雪や凍結の可能性がありました。

なので静岡県内になりますが浜松の天竜方面でのライドに予定変更。

川根の道の駅を起点に山住峠や佐久間ダムを巡るお得意のコース。

車も人も少なく静かでのどかな私好みの場所です。



早朝に道の駅を出発。R362の山越えルートで天竜方面へ。

R362の山間部は狭路の酷道。交通量も少ないです。

林の中の道を緩やかに登り景色が開けた所に出ると天空の茶畑。

斜面に茶畑が広がっています。お茶の産地、川根を象徴する景色。

IMG_3029_convert_20170323170027.jpg
IMG_3031_convert_20170323170040.jpg

快晴でチャリ日和。前日の雨で路面が濡れている所もあったけど凍結は無し。

しかし早朝なので寒い!!同じ標高で比べると明らかに伊豆より寒い。

そしてこの辺りは夏場は気温が上がり明らかに伊豆より暑いです(^^;

R362の登りのピークを越えると浜松市・天竜区に入ります。

春野までの長い下りは激寒でした。。しかもシューズカバーを忘れてしまって。。

忘れ物・・・。「トランポあるある」ですね(笑)度々、ボトルを忘れます。

春野から北側に進路を変え山住峠を目指します。

天竜スーパー林道は冬季閉鎖中なので平行する県道で。

しばらくは気田川沿いを緩やかに標高を上げながら走ります。

紅葉の名所・明神峡。同じく紅葉の名所である奥秩父の中津峡に雰囲気が似ている。

IMG_3041_convert_20170323170051.jpg
IMG_3044_convert_20170323170102.jpg

気田川沿いの県道は狭路で落石も多い。途中に集落があるけど携帯は圏外。

しかしこれでも政令指定都市・浜松市内です(笑)

最後の集落を通過すると気田川から逸れて林に囲まれた山道になります。

勾配は緩め。下の方は特に眺望も無いので淡々と登って行きます。

標高が1000mを超えると東方向に見える山々と同じ様な目線の高さになります。

IMG_3047_convert_20170327145415.jpg
IMG_3051_convert_20170327145427.jpg

山住峠の手前1km地点は木が伐採されて開放感のある眺望スポット。

IMG_3052_convert_20170323170137.jpg
IMG_3054_convert_20170327145438.jpg
IMG_3061_convert_20170327151141.jpg

お気に入りの絶景スポットです。今日は快晴なので最高(^^)

IMG_3057_convert_20170327145450.jpg
IMG_3064_convert_20170327151153.jpg

神社の鳥居と鹿のモニュメントが見えてくると山住峠に到着です。

IMG_3069_collage_convert_20170323170248.jpg

山住峠からの景色。写真中央から左下に向かってこの後に下る道筋が見えます。

IMG_3071_convert_20170323170259.jpg

西側の景色。山々のすぐ向こうは愛知県になります。

IMG_3079_convert_20170327151205.jpg

山住峠から水窪方面へは豪快な下り。途中にある一筋の糸を垂らした様な布滝。

IMG_3087_convert_20170323170331.jpg

水窪から再び登り。峠越えで佐久間方面へ。北条峠(ほうじとうげ)に到着。

IMG_3089_convert_20170323170345.jpg

北条峠からの眺め。相変わらず快晴だけど風が出てきて寒い。

IMG_3098_convert_20170327145526.jpg
IMG_3094_convert_20170327145515.jpg

2km先の二本杉峠までは平坦&下り基調。二本杉峠を越えると本格的な下り。

すぐに景色が開けて山々に囲まれた佐久間の街を見下ろす場所に出ます。

真夏は県内でも最高気温を記録する場所。改めて上からこの地形を見ると納得。

IMG_3100_convert_20170327151217.jpg

佐久間の街まで下り大学堂さんで食料を購入しました。

この辺りで食料調達できる数少ないお店の一つ。

IMG_3104_convert_20170323170438.jpg

このお店の前は何度も通過していますが買い物をするのは久しぶり。

前回この大学堂さんに立ち寄ったのは・・・何と20年以上前の事(笑)

その時は初めて買った車(中古車)でドライブ中にここで買い物して佐久間ダムで堤体を眺めながら食べました。

何だか20年以上経った今でも同じ様な事をしていますね(^^;

焼きそばと五平餅を購入して風を凌げる佐久間駅(無人駅)の待合室でランチ休憩。

お腹いっぱい!ちなみにこの1時間前にどら焼きと魚肉ソーセージを食べています(^^;

IMG_3107_convert_20170323170449.jpg

毎年、12月~2月にかけて体重が少し増えるけど花粉が始まるとあっという間に元に戻りそれ以上に痩せます。

なのでスタミナ切れを起こさない為にも食べないといけません(笑)

休憩後は佐久間ダムを目指します。天竜川に架かる飯田線の鉄橋。

鉄橋脇に細い歩行者通路があります。そして川沿いには佐久間発電所。

IMG_3115_convert_20170323170501.jpg

ダムに向かって登ると独特の雰囲気のトンネルがお出迎え。

IMG_3120_convert_20170323170512.jpg

トンネルを抜けると佐久間ダムに到着です。

IMG_3124_collage_convert_20170323170525.jpg

ダム左岸にある佐久間電力館の屋上からが絶景スポット。

電力館では佐久間ダムと下流側の秋葉ダムのダムカードを配布しています。

IMG_3130_convert_20170323170537.jpg

お次は天竜川沿いを南下してその秋葉ダムへ。

下流側に架かる吊橋の上から堤体正面の姿を拝めます。

IMG_3135_convert_20170323170549.jpg

帰りは春野から熊切川沿いの県道経由で。川根に帰る時のいつもの道。

川根本町に入って登りのピークを越えるとR362に合流。

帰りも天空の茶畑で脚を止めました。だいぶ日が傾いてきましたね。

IMG_3141_convert_20170323170602.jpg
IMG_3144_convert_20170323170614.jpg

大井川沿いまで下りデポ地の道の駅に到着して無事にサイクリング終了。

本日は距離172.9km、獲得標高2709mでした。


その後はもちろん温泉。遠征ライドでのお約束。ライド後の温泉は最高!

温泉地に住んでいるので普段から温泉には親しんでいますが遠征地だと違った泉質を楽しめるのが良いですね。


いつもの伊豆も楽しいけど遠征は普段と違う景色なので新鮮な気分で走れますね。

これから暖かくなると遠征も増えると思います。

時期によっては昨年10月の様にほとんどが遠征という事もあり得ます(笑)

次回の遠征が楽しみ。


山住峠と水窪ダム

CIMG7321_convert_20161005102323.jpg

相変わらずの天候不順で秋晴れも長続きしないですね。

なので休日の晴れを祈る運任せではなく天候に休日(仕事)を合わせます。

個人的に雨対策としてはこれが一番簡単で確実な方法。

上半期決算月の9月も過ぎ10月、11月は暇なので・・(^^;

フリーランスで家族もいない自由人だから可能な技を駆使します(笑)


早速、10月4日に天竜の方でサイクリングしてきました。

静岡県道389号(水窪森線)が半年以上通行止めでしたが解除された模様。

この県道は通常でも夜間通行止めになる落石が多い山間部の狭路。

また土砂崩れで通行止めになる事もあり得るのでその前に走ってきました。

起点の川根の道の駅までは車載。ここから山を越えて天竜を目指します。



前日の雨の影響で朝方は路面が濡れている所が多かった。

予報では気温が上がって30°を越えるとの事で朝から気温は高め。

早朝の大井川の景色。

CIMG7262_convert_20161005101835.jpg

R362の酷道区間に入り山を越えて春野方面へ向かいます。

山間部に入るとすぐに霧に包まれましたが標高が上がってきたら少しづつ晴れてきました。

CIMG7263_convert_20161005101849.jpg
CIMG7266_convert_20161005101906.jpg

浜松市との市境が登りのピーク。春野までは長い下り。

CIMG7268_convert_20161005101920.jpg

春野から県道389号線に入り気田川に沿って登って行きます。

登りのピーク山住峠まで20km以上ありますが序盤の勾配は緩いです。

この道を走るのは昨年の12月以来。前回と違って暑くて汗ビッショリ。

明神峡は紅葉の名所。車の通行も全く無く貸し切りで気持ち良い。

CIMG7279_convert_20161005101946.jpg

明神峡にある山からの水を道路を越えて気田川に流す水路。

有名な群馬県の矢木沢ダムのジャンプ式洪水吐に似ていますね。

CIMG7275_convert_20161005101933.jpg

途中にはいくつかの小さな堰があります。こちらは豊岡ダム。

CIMG7283_convert_20161005102003.jpg

山住峠まで残り7km辺りから本格的な山道になり標高を上げていきます。

残り2km辺りで東側斜面の景色が開けて周りの山々と同じ目線の高さに。

CIMG7289_convert_20161005102030.jpg
CIMG7286_convert_20161005102017.jpg

鹿のモニュメントが見えると山住峠に到着です。標高1107m。

CIMG7291_convert_20161005102057.jpg
CIMG7290_convert_20161005102043.jpg

山住峠からの眺め。雲がかかっていますが西側は茶臼山なども見えます。

CIMG7293_convert_20161005102109.jpg
CIMG7297_convert_20161005102123.jpg

山住峠で天竜スーパー林道が接続していて水窪ダムまで続いています。

しかし現在は通行止め箇所が有り水窪ダムまで抜ける事は不可能。

なので一旦、山を下って水窪の街まで出ます。

山住峠から長い下り。途中の道沿いにある布滝。

CIMG7299_convert_20161005102144.jpg

水窪の街まで下ると久し振りの自販機。このルート、県道389号に入ると自販機は無し。

以前は1箇所だけあったのですが現在は販売停止になっています。

なので夏場は水枯れを起こさない為に水分は多めに携帯した方が良いです。

R152に合流する交差点でこちらも久し振りの信号機。

スタートから国道&県道で71km走ってますがこれが2個目の信号機(笑)

川根の信号の後は水窪までの67km信号機が無し。まぁ車も人も少ないですしね。

ちなみに本日のルート全体での信号機の数は7個だけです(笑)

まぁ自分も普段チャリで修善寺方面に向かうと最初の信号機が13km先ですが(^^;

水窪の街から再び登って水窪ダムを目指します。

真っ暗なトンネルを抜けると水窪ダムの堤体が目の前に現れます。

CIMG7304_convert_20161005102159.jpg
CIMG7321_convert_20161005102323.jpg

佐久間、秋葉ダムと同じ電源開発が管理。天竜川水系で唯一のロックフィルダムです。

天端は車両も通行可能。安全上の柵など無いので車で落ちたら大変。

CIMG7308_convert_20161005102227.jpg
CIMG7314_convert_20161005102241.jpg

ダム湖は釣りの名所。しかし当日は釣り人はいなくて人の気配は全く無し。

釣り人の為なのかダムサイトには自販機が有り稼働しています。

トイレやベンチ&テーブル、ゴミ箱もあるのでノンビリしたくなります。

ダム湖の水はかなり少ない。水が少ないので非常用洪水吐のゲートが丸見え。

CIMG7316_convert_20161005102309.jpg
CIMG7315_convert_20161005102255.jpg

ダム左岸からの天竜スーパー林道は先ほど書いた様に通行止め。

通行止めになってから結構経っているけど復旧する気はあるのだろうか??

何だかこのまま開かずの道になりそうで残念です。。

以前、天竜スーパー林道を水窪ダム側から完抜けした事があり今度は逆から抜けたいと考えているうちに通行止めになってしまいました。

こちらはその時の写真。2010年4月撮影。眼下に水窪ダムが見えます。

CIMG7305_convert_20161005102214.jpg

ちなみに山形県にも同じ水窪ダムがあります。しかも形式も同じロックフィル。

しかし読み方は静岡は「みさくぼ」で山形は「みずくぼ」になります。

尚、山形の水窪ダムも行った事がある暇人です(笑)2009年7月撮影。

DSC_0411_collage_convert_20161005103711.jpg

水窪の街まで下り「塩の道 国盗り」でランチ休憩。サイクルラックも設置されています。

CIMG7323_convert_20161005102339.jpg

休憩後は下り基調のR152を天竜川に沿って快走。吊り橋を渡り左岸へ。

CIMG7324_convert_20161005102352.jpg

秋葉ダムに到着。1門だけクレストゲートから放流していました。

CIMG7327_convert_20161005102406.jpg

春野からは熊切川沿いの県道。交通量も極少で快適。

CIMG7328_convert_20161005102422.jpg

山道区間も静か。道幅は広くないけどR362も酷道なので同じ様なモノです(笑)

CIMG7330_convert_20161005102435.jpg

登りのピークを過ぎ川根本町に入って茶畑と民家のある地点でR362に合流。

CIMG7332_convert_20161005102449.jpg

このR362の合流地点にあるお宅が犬を飼っているのですが人が通過すると必ず吠えます。

何年も前から何回もここを通っていますが毎回吠えられています(^^;

もうお約束なので吠えられなかったり居なくなったりしたら逆に心配になると思います(笑)

山を下り大井川沿いを走って起点の道の駅に到着してサイクリング終了。


本日は距離177.3km、獲得標高2350mでした。

気温が上がり汗一杯かいたので疲れました。先週の3100m登った時より疲労度が大きいです。


車載での遠征時のお楽しみの1つはライド後の温泉!これは外せない。

昨年11月に泊まった川根温泉ホテルの日帰り入浴。

隣にも道の駅に併設された温泉がありますがこちらの方が空いています。料金は同じ。

ライド後の温泉は最高ですね(^^)


住んでる伊豆も温泉地なので日帰り温泉へよく行きます。市民割引で安く入れるし。

伊豆にサイクリングでお越しの方、ライド後の温泉もお楽しみ下さい(^^)

これから寒くなると余計に温泉が気持ち良いですよね!

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

今年初の西伊豆スカイラインと十国峠 Feb 25, 2018
東伊豆・箒木山と今年初の万三郎岳 Feb 22, 2018
伊豆大島プチ旅行・2日目 Feb 19, 2018
伊豆大島・三原山 山頂散策と裏砂漠&表砂漠 Feb 14, 2018
伊豆大島プチ旅行・サンセットパームラインと御神火スカイライン Feb 10, 2018
八丁池再び Feb 08, 2018
雪山ハイキング・銀世界の八丁池 Feb 03, 2018
細野高原の奥の林道 Jan 30, 2018
伊豆諸島の旅最終日・新島の白ママ断層 Jan 28, 2018
神津島から新島へ!東京都内途中下船の旅 Jan 23, 2018
神戸山と神津島でのお楽しみ金目鯛 Jan 21, 2018
神津島・天上山からの絶景 Jan 19, 2018

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果