2018-04

Latest Entries

中伊豆ワイナリーと修善寺散策

2018041238.jpg

4月12日(木)、休みだったので当初は日の出前から走る予定でした。

しかし前日からの雨が予報よりも遅くまで残っていて3時半に起床すると外は雨。。

二度寝して6時過ぎに目を覚ますと雨が上がり晴れていました。

出発が遅くなりやる気が削がれたけどノープランの成り行きで走る事に。

まずは遠笠山道路を登って伊豆半島の車道最高地点へ。

201804121.jpg

天城高原では雲に隠れていた富士山ですが下山して立ち寄った大見の郷・季多楽では見えていました。

201804122.jpg

萬城の滝に行こうかと考えていたけど富士山が見えていたので中伊豆ワイナリーを目指す事にしました。

達磨山も考えたけど前日から続いてこの日も風が強かったので却下。

中伊豆ワイナリーへは3月18日のライドで通った裏ルートと下白岩からの正規ルートの間にもうひとつルートがあります。

3月18日で通ったゴルフ場への道の西側に位置する道。

山側に向けゆるゆると登って行くと車1台分ほどの狭路に。

201804123.jpg

道中には林道垂溜ヶ洞線の入口。入ってすぐの所に路上河川の洗い越し。

今回はスルーしますがここは未だに走った事が無いので次回は探索したい。

201804124.jpg

林道垂溜ヶ洞線入口の先からはダート。

201804125.jpg
201804127.jpg

舗装路に合流してぶどう畑が見えてくると中伊豆ワイナリーに到着です。

201804128.jpg

相変わらずのどかで良い所です。ぶどう畑の向こうに富士山。

2018041210.jpg

201804129.jpg

2018041211.jpg

乗馬場の隣にあるステーキハウスで昼食に肉を食べました。

2018041212.jpg

ランチ後は食後の運動で益山寺へ。ちなみにここに至る道は激坂。

山の反対側、小坂みかん園の激坂よりはマシだけどなかなかの斜度。

落石も多く苔が生えている所もあるので油断出来ません。。

益山寺は伊豆八十八ヶ所霊場のひとつ。携帯アプリも有り自転車で伊豆88遍路をされているサイクリストもいます。

2018041213.jpg

近くの雄飛滝へ。益山寺から近いのでこちらもセットにするのがオススメ。

2018041214.jpg

小さな滝だけど柱状節理の岩場を流れ落ちる姿が美しい。

滝は上段と下段の二段になっています。

2018041215.jpg

中伊豆まで戻って行きつけのSweet cafeさんで休憩。

雨上がりで気温が上がり暑かったのでアイスを注文。梅レモンソーダも美味しい。

2018041216.jpg

知人やマスター夫妻と楽しくお話しながら1時間ほどマッタリ(^^)

先月末にワイナリーへのダートを走破されたモトブロガーのyosseeさんも居たので色々と情報交換。

休憩後はいつもの冷川峠を越えて帰宅しました。

2018041217.jpg

本日のルート。距離92km、獲得標高1993mでした。




4月14日(土)。この日は昼過ぎから雨が降り出すとの予報。

なので早めに出発して午前中で帰って来られる修善寺界隈の散策。

修善寺に到着すると早朝は青空も見えていました。

2018041218.jpg

2018041219.jpg

竹林の小径は相変わらず良い雰囲気。早朝なので誰も居ない(^^;)

2018041220.jpg

小径の途中にある円形のベンチに寝転び上を見上げるのが定番です。

2018041221.jpg

2018041222.jpg

のどかな田園風景を眺めながら修禅寺・奥の院を目指します。

2018041223.jpg

伊豆八十八ヶ所霊場とは別に修善寺温泉界隈には桂谷八十八ヶ所があります。

こちらは狭い範囲に集中してあるので巡るのが比較的容易かと思います。

奥の院までの道中では桂谷八十八ヶ所が芋づる式に現れます。それぞれの場所には弘法大師の像や石碑。

2018041224.jpg

2018041225.jpg

奥の院に到着。ここも桂谷八十八ヶ所のひとつ。

2018041227.jpg

2018041226.jpg

2018041228.jpg

奥の院の隣にある阿字苑も静かで良い雰囲気。ベストは紅葉の時期だと思います。

2018041229.jpg

奥の院の先も山側に向かい湯舟川に沿って道が続いています。

少し進むと湯舟川ふれあい公園と連続する砂防ダム。

2018041230.jpg

2018041231.jpg

公園内のダートを抜けると元の舗装路に復帰します。

2018041232.jpg

2018041233.jpg

ふれあい公園の先は少し斜度が増し登りきると達磨山林道に合流します。

2018041234.jpg

達磨山林道も交通量が少なくて静かな道。

空が雲に覆われてきました。予報通りに午後からは雨が降りそうです。

2018041235.jpg

緩やかなアップダウンを繰り返して県道18号線に合流。

こんな天気なので達磨山レストハウスには行かずに大沢林道で下山。

休憩で立ち寄った修善寺駅で露店が出ていたので早めのランチ。

田舎ちらし寿司と黒豆コロッケ、揚げ饅頭を完食。持ち帰り用で手作りジャムも購入。

2018041236.jpg
2018041237.jpg

予定通り雨が降り出す前に帰宅しました。

本日のルート。距離74.4km、獲得標高1464mでした。




伊豆半島がユネスコの世界ジオパークに認定されましたね。

細々とですが伊豆の自転車乗りとして伊豆の魅力をお伝え出来ればと思います。

スポンサーサイト

箱根ライド珍道中とニューアイテム購入

2018040813.jpg

4月8日(日)、いずのすけさんと久しぶりに箱根に行ってきました。

当日は修善寺駅で日の出直後の5時半に待ち合わせ。

ひと山越えて向かう私は3時起床の4時出発。

いつもの鹿路庭峠越えは真っ暗。鹿やアナグマの飛び出しもあるので慎重に下る。

(鹿路庭峠は日中でも薄暗いので前後のライト点灯を推奨します)

この日は寒の戻りで気温が低く下りで身体が冷えました。。

今回の箱根行きはいずのすけさんのリクエスト。

ちなみに集合時間を5時半に決めたのは私です・・(^^;)

修善寺駅でいずのすけさんと合流。いずのすけさんも冬用装備でした。

201804081.jpg

十国峠レストハウスまでの道のりは2月17日のライドと同じ。

交通量が少なく自転車で走るには気持ちの良い道。

201804082.jpg

富士見パークウェイから別荘地・南箱根ダイヤランド内の道へ。

道の向こうに見える山々は天城連山。快晴で稜線がクッキリ。

201804083.jpg

2月17日と同様に南箱根ダイヤランド内にあるセブンイレブンで休憩。

前回来た時はここでの休憩後にいずのすけさん号の後輪のパンクが発覚。

今回はパンクも無くリベンジ(?)成功。しかし、この後に・・・。

201804084.jpg

別荘地内からは富士山やこれから向かう箱根の山が綺麗に見えていました。

201804085.jpg

丹那盆地まで下った後は交通量の少ない熱海街道の登り。

伊豆スカ・熱海ICの入口。2月17日はここを右折して霊園への激坂を登って十国峠に行きましたが今回は直進。

帰路でもここを通るのでその時まで富士山が完璧に見えていたら行く予定。

201804086.jpg

十国峠レストハウスに到着。ダイヤランドでは綺麗に見えていた富士山だけど残念ながら山頂部に雲が。。

201804088.jpg

201804087.jpg

箱根峠までは沼津の街や駿河湾を眺めながら緩やかな登り。

2018040810.jpg

201804089.jpg

2018040811.jpg

箱根峠に到着。標高的には東伊豆の三筋山と同じ位です。

2018040812.jpg

箱根峠から下って芦ノ湖。天気の良い週末なので観光客で賑わっていました。

そういえば私は平日以外で箱根に来たのは初めてかもしれません(^^;)

2018040813.jpg

芦ノ湖畔で小休止。時間の経過と共に風が強まってきたので寒い。。

休憩後は本日の最高地点・大観山への登り。

休憩直後の登りと寒さで脚が冷えた影響かいずのすけさんが脚攣り。

しかし先行していた私は後方のいずのすけさんのアクシデントには気が付かず。。

帰路の事も考えいずのすけさんは無理しないで芦ノ湖へ引き返した模様。

何度か私の携帯に連絡を入れた様ですが昨年からiPhoneの調子が悪くこの日も寒さの影響で電源が落ちました。。

結局、LINEに気が付いたのは登り切ってiPhoneの電源を入れ直した後。

気が付くのが遅れて申し訳ない。。帰路でも通る道の駅・箱根峠で待ち合わせる事にしました。

結局ひとりで登った大観山でも富士山山頂には雲が(^^;)次回は一緒に登ってリベンジですね。

2018040814.jpg

2018040815.jpg

道の駅・箱根峠でいずのすけさんと合流して往路と同じ道で十国峠方面へ。

その道中で今度は私にパンクのトラブル発生。。

前回一緒に走った時はいずのすけさんにパンクの神降臨だったけど今回は私に(^^;)

修理が簡単な前輪だったのは武士の情けか。。

2018040816.jpg

サクッとチューブを交換して最低限の空気を入れて再出発。

昼食を兼ねて立ち寄った十国峠レストハウスはバイシクルピット指定施設。

まだ真新しく私が使用者第1号と思われるフロアポンプをお借りして指定空気圧までタイヤの空気を入れました。

富士山山頂が雲で隠れていたので霊園の激坂を登っての十国峠は今回は見送り。

丹那盆地まで下ると盆地内はのどかな風景の平坦路。

2018040817.jpg

更に下り田方平野に出ると向かい風となる西風が強く登りより疲れました。。

狩野川CRは蛇行しているので横風になったり追い風になったり。

2018040818.jpg

修善寺駅まで戻り和楽さんでオヤツのサクサクデニッシュ。

いずのすけさんにゴチになりました(^^)

2018040819.jpg

修善寺駅の近くでいずのすけさんとお別れ。

道中はお互いアクシデントがあったけど大事には至らず楽しい1日でした。

次回、一緒に箱根に行く時はアクシデントも無く富士山も完璧な状態を目指しましょう(^^)

修善寺からの帰路は西からの追い風だったので楽を出来ました。

この時期にしては空気も澄んでいるので中伊豆から見た天城連山の稜線もクッキリ。

(まだ脚に余力があったので遠笠山に登りたくなったけどやめました・・)

2018040820.jpg


本日のルート。距離139.5km、獲得標高2688mでした。




iPhoneの不具合などもあり連絡が取れなくていずのすけさんのアクシデントに気付くのが遅れたのは反省点。

その事もあり最近いずのすけさんが購入したというBONXの購入を勧められた・・と言うか嘆願されました(笑)

一緒に走る時は楽しそうだし、スタッフとして参加する秋の狩野川ガイドライドや伊豆いちの時にも便利だと思いました。

購入を決意して翌日に早速注文。仕事中に・・(笑)

そして調子の悪かったiPhone6からiPhone8に機種変更して準備万端。

仕事以外の仕事はやる気満々で行動が早い不良中年・・(^^;)

2018040846.jpg

実際にサイクリングで使用するのが楽しみです(^^)

伊豆最古のトンネル・柏隧道

2018040117.jpg

4月1日(日)のサイクリング。

天気の良い週末という事で人や車が多そうな所は避けて近場のダートや古道の散策ライド。

まずはヒルクライム&トレッキングで遠笠山の山頂へ。

201804011.jpg

山頂からは眼前に天城連山(この遠笠山も天城連山の一部ですが)

その手前に見えるのは天城高原ゴルフ場。

201804012.jpg

山頂からのパノラマ。左から箒木山・万二郎岳・馬の背・万三郎岳

これらの山々は今年に入ってから既に登頂してますが遠笠山は今回が今年初登頂でした。

2018040130.jpg

登り返しが少しあるけどダート林道で標高1000m超から中伊豆までのダウンヒル。

201804013.jpg

201804014.jpg

支線に入ったすぐの所は絶景スポットなのですが残念ながら富士山は雲隠れ。。

遠笠山に登った時点で富士山が見えないのは分かっていましたが。。

201804016.jpg

こちらは1月4日のライドでこの場所から撮った写真。富士山や駿河湾を見渡せます。

20181415.jpg

この日のライドの目的のひとつは道中にいくつかある分岐から未踏のピストン林道の終点を確認する事。

まずは一つ目。支線に入り少し進むと唐突に林道が終わり登山道の入口(?)になっていました。

201804017.jpg

お次の支線へ。1kmほど進むと広場の様な所で林道が終わりました。

201804018.jpg

道がダートから簡易舗装に変わり菅引川沿いの支線へ。

少し進むと菅引第6砂防ダムがあります。砂防ダムだけど水が綺麗。

201804019.jpg

2018040110.jpg

砂防ダムの先で林道は終了。上流の山葵田に向かってレールが伸びています。

2018040111.jpg

山葵田がある様な川なので当然ですが水は透き通って綺麗。

この水が流れ込むので先ほどの砂防ダムの水も綺麗な訳です。

2018040112.jpg

正面に見える天城連山の北麓から中伊豆まで下ってきました。

気温が上がって下界は暑いくらいです。

2018040113.jpg

大見の郷・季多楽はバイシクルピット指定施設。早めのランチ休憩。

2018040114.jpg

休憩後は冷川峠や冷川トンネルではなく古道での峠越えで伊東へ。

2018040115.jpg

2018040116.jpg

廃トンネルの柏隧道に到着。伊豆最古のトンネルです。

昭和33年の狩野川台風で伊東側の出入口は土砂崩れで埋まりました。

以来、廃トンネルとなり現在に至ってます。こちらは伊豆市側の出入口。

2018040117.jpg

2018040118.jpg

天城山隧道の様に石造りのトンネルに見えますが石で固められているのは出入口だけ。

崩落の危険があるので内部は立入禁止。中はコウモリの巣です・・(^^;)

2018040119.jpg

柏隧道から急斜面をひと担ぎすると柏峠。ここから馬場の平方面へ。

2018040120.jpg

2018040121.jpg

鉄塔の辺りが市境で伊東市に入りました。位置的には冷川峠のほぼ真北。

鉄塔の向こうに天城連山が見えます。

2018040122.jpg

鉄塔から先は起伏も少なくほぼ平行移動。

2018040123.jpg

草木が刈り払われ開けた場所が馬場の平です。

2018040124.jpg

2018040125.jpg

馬場の平から一段下がった柏嶺から伊東の街を見下ろす。

相変わらず開放感があり気持ちの良い場所。そして誰も居ない(笑)

2018040126.jpg

2018040127.jpg

柏嶺から見た大室山。

2018040128.jpg

柏嶺の先からは舗装路ですが激坂下りなので怖いです(^^;)

2018040129.jpg

本日は距離61.6km、獲得標高1968mでした。

大して走ってないけどトレッキングや担ぎ、脇道の探索などの行程があったので結構時間がかかりました。


今年は桜の開花が早いですね。近所の桜並木が満開になるのも昨年より1週間以上早かったです。

2018040131.jpg

2018040132.jpg

日も長くなり自転車シーズン突入!あと暖かくなり野菜が安くなって嬉しい・・(笑)

西伊豆スカイラインと三筋山・伊豆の山岳ルート絶景コンボ

2018032510.jpg

3月25日(日)のサイクリング。

天気も晴れ予報だったので先週は雲が多く断念した西伊豆スカイラインへ。

ルートは西伊豆スカイライン&西天城高原線と東伊豆・三筋山の絶景コンボ。

東伊豆への繋ぎとして天城越えもオマケで付いてきます。

昨年5月11日のライドでも同じ組み合わせで走りましたが西伊豆スカイラインでは霧に包まれ大敗北。。

西天城高原線をカットしたりで予定ルートよりも短縮になりました。

今回は予報では天気も万全なので絶好のリベンジの機会です。


日の出前に出発して鹿路庭峠を越え修善寺から登るいつものルート。

達磨山レストハウスに到着。真冬に比べると遠くの景色は霞むけど快晴で富士山がバッチリ。

201803251.jpg

201803252.jpg

山側も海側も雲ひとつ無い快晴なので昨年5月のリベンジは出来そうです。

こちらは昨年5月11日の写真。西伊豆スカイラインに入ったら霧に包まれました。

大敗北ですね。。完膚なきまでに叩きのめされました・・(^^;)

201803253.jpg

今日は富士山も完璧に見えて大勝利です(^^)

やっぱり西伊豆スカイラインは快晴で走りたい絶景ロードですね。

201803254.jpg

201803255.jpg

201803257.jpg

春の陽気で霞んでいるけど残雪の南アルプスも見えていました。

201803256.jpg

富士山が綺麗に見えていたので達磨山か金冠山に登りたいと思ったけどこの後に天城越えや激坂の三筋山が控えているので断念しました。

西伊豆スカイラインの最高地点付近から。富士山と達磨山。

201803258.jpg

船原峠まで下り。そして西天城高原線に入り仁科峠を目指します。

西天城高原線の定番の撮影スポットから。

201803259.jpg

仁科峠に到着。気温が上がってきても相変わらず雲ひとつ無い快晴。

2018032510.jpg

チャリを仁科峠に置いて仁科峠展望台まで伊豆山稜線歩道のプチトレッキング。

仁科峠展望台からは眼下に仁科峠と西天城高原線の道筋。

西側には宇久須の街と駿河湾で良い眺め。

2018032511.jpg

2018032512.jpg

2018032513.jpg

昨年11月25日のライドではここから猫越火山連峰を縦走して天城峠や旧天城トンネルに抜けました。

仁科峠展望台に登ったのもその時以来。今回はチャリを担いで登ってないので楽です(笑)

そして今回は縦走ではなく仁科峠から下山して普通の道で旧天城トンネルを目指します。

2018032514.jpg

天城湯ヶ島まで下りR414に入って登りの再開。

R414での天城越えは伊豆市側・河津町側のどちらからでもキツい勾配の所は無いけど、どちらかと言えば伊豆市側からの方が勾配は緩め。

道中には浄蓮の滝や道の駅があるけど今回はスルーして淡々と登ります。

水生地下からダートの旧道に入り旧天城トンネル(天城山隧道)に到着。

2018032515.jpg

2018032516.jpg

チャリ的には新天城トンネルを避けダートの旧道で天城越えをするのがオススメ。

ガレ場の無いフラットダートなので舗装路用タイヤでも難なく走れます。

(実際、私も舗装路用タイヤで普通にここのダートを走ってます)

旧天城トンネルを通過して河津の街まで長い下り。

海抜10m未満の河津川沿いまで下ってきました。

気温が上がって暑いくらいです。着ていたウインドブレーカーを脱ぎこの日は再び着る事は無かった。

2018032517.jpg

河津町観光協会の2階の食堂でランチ休憩。アジフライ定食を食す。

2018032518.jpg

休憩後は海沿いのR135ではなく山越えルートでお隣の東伊豆町へ。

これまでの疲労もあるけど休憩後なので登りで脚が回らない。。

しかしひと汗かいたら調子を取り戻し次第に脚が回る様になりました。

まぁ、あくまでも自分比です。速く登れる訳では無い・・(^^;)

細野高原に到着すると西伊豆スカイラインを走ったのがもう遠い昔の様に感じました(笑)

2018032519.jpg

いつもの様に激坂を登って三筋山の山頂下へ。

2018032520.jpg

2018032521.jpg

チャリを置いて三筋山の山頂までプチ登山。

相変わらず開放的で気持ちの良い場所です。

2018032522.jpg

三筋山から見た天城連山。その手前には別荘地の天城ハイランド。

2018032523.jpg

山頂からの絶景を満喫したので下山します。

この後は写真の中央部の浅間山と稲取高原(東伊豆町風力発電所)を目指します。

2018032524.jpg

余談ですが資生堂・TSUBAKIのCM(スペシャルムービー)いい髪は背中をおす編が最近気になってます。

確かに女性も綺麗な方ですが自転車(ミニベロ)がストーリー風のムービーに出てきます。

そのムービーの中で女性が輪行袋に自転車を入れて向かった先が私を惹きつけました(笑)

女性が向かった場所は三筋山。涼しい顔して軽やかに登ってますね。

「いい髪は背中をおす」のタイトル通りTSUBAKIを使うと背中を押される様に激坂を軽やかに登れるのでしょうか(笑)

ちなみにフォレスターのCM流星群編で登場する前半の道は西伊豆スカイラインで最後の草原は細野高原です。


「大蛇の道」のダウンヒル。激坂の登りは疲れるけど下りは怖いです・・(^^;)

2018032525.jpg

2018032526.jpg

これから新緑の季節になると青々とした風景になります。

遠くの景色は霞むけど初夏の鮮やかな緑の細野高原・三筋山も良いです。

2018032527.jpg

三筋山から一旦は下りますがすぐに登り返しで浅間山へ。

パラグライダーのテイクオフ場なので眺めが良い所。

天城連山や箒木山、眼下には白田の街。

この後の目的地、3基の風車が建つ稲取高原も見えますね。

2018032528.jpg

2018032529.jpg

浅間山から稲取高原までは遊歩道を担いで下り。

私のツーリング車はFキャリアやFバッグなどを合わせると13kg以上あります。

ハッキリ言って重いです(笑)登坂に向いてないチャリとも言えますが乗車中よりも持ち上げたり担いだりすると重さを痛感しますね。

山サイの時と違いフレームにパッドを付けてないので担ぐと肩が痛いです(^^;)

稲取高原に到着。気温が上がり海側は霞んでいるけど開放感があって良い所。

細野高原・三筋山に来たらこちらもセットにするのがオススメです。

2018032530.jpg

2018032531.jpg

最近の陽気で各地で桜の開花が進みましたね。

今日は絶景を満喫するコースで桜の事をすっかり忘れてました(^^;)

白田で撮った桜の写真。本日、桜の写真を撮ったのはこれだけです・・(笑)

2018032532.jpg

帰りはいつもの様に交通量の多いR135を避け高台を走る旧道で。

最後の伊豆高原の別荘地内の急坂・激坂を登っている時は疲れて脚が回らなかった。。


本日のルート。距離138.9km、獲得標高3764m。



快晴で絶景三昧でしたが今年に入ってから最も疲れたライドでした。。

でも西伊豆スカイラインは大勝利で昨年のリベンジが出来たので大満足です!

天城越えと中伊豆ワイナリーへの裏ルート

2018031834.jpg

天気が良かった週末のサイクリング。

3月17日(土)の伊豆は晴れ予報だったけど雲が多く肌寒い1日でした。

早朝に出発して鹿路庭峠を越え中伊豆まで来たら富士山がほとんど雲に隠れた状態。

富士山が綺麗に見えていたら西伊豆スカイラインに行く予定でしたがやめました。

全くのノープランでしたが中伊豆をメインに気の向くまま走る事にしました。

まずは久しぶりに早霧湖へ。人造湖の溜池で釣り場にもなってます。

201803181.jpg

早霧湖から急坂を下ると伊豆縦貫道・天城北道路の工事区間に出ます。

天城北道路の延伸工事に伴いこの辺りの道も綺麗になって来る度に景色が様変わりしてます。

201803182.jpg

県道に合流して湯ヶ島方面へ。チャリで修善寺側から天城越えをする場合は湯ヶ島まではR414ではなく狩野川を挟んだ対岸の県道を走るのがオススメです。

県道沿いにある明徳観光センターの草餅は美味しいので休憩場所としてもオススメ。

サイクルラックやフロアポンプ、サイクリスト割引もあります。

まだ時間が早く開店前だったので観光センターの上の道に入って明徳寺へ。

201803183.jpg

ここはトイレの神様。そして「下半身の神様」という事で脚を使うサイクリストにも御利益があるとか。。

この様な形をした物が堂の裏にも何個かあります。何を意味する物かはノーコメント(^^;)

201803184.jpg

国士峠に向かう途中で長野川沿いの道へ。荒原の棚田の横を通過すると簡易舗装になり少し勾配が急になります。

この先の林道は走破済みだけど行き止まりの支線は未走破。

なのでピストン林道の終点地点の確認に行きました。

2か所行ったピストン林道は地図通り終点で道は途切れ山葵田がありました。

201803185.jpg

県道に戻り国士峠を越えると筏場の山葵田。

201803186.jpg

別荘地・伊豆平パールタウンへの登りの途中から中伊豆ののどかな風景を見下ろす。

この日は雲がありましたが富士山も見えて中伊豆では結構お気に入りの場所。

201803187.jpg

脇道の以前から気になっていた激坂を登ったら道の終点に神社がありました。

201803188.jpg

冷川のバニラビーンズさんでランチ休憩。

201803189.jpg

伊豆スカの側道で山を越えて伊東へ。そして南伊東でハトヤの裏から馬場の平(丸善ランド別荘地)の激坂を登り柏嶺へ。

柏嶺からは眼下に伊東の街。日の出見物で来た元旦の初乗り以来の柏嶺。

午後になり完全に曇ってきたので寒かったです。

2018031810.jpg

上の方は壁の様な激坂なので下るのも怖いです・・(^^;)

2018031811.jpg

2018031812.jpg

本日の〆は奥野ダム。湖畔の梅が見頃です。

2018031813.jpg

2018031814.jpg

本日のルート。距離98.4km、獲得標高2724mでした。



肌寒い1日でウインドブレーカーを脱ぐ事は無かったです。。



翌3月18日(日)。この日は前日とは逆で曇り予報でしたが朝から綺麗な青空。

日の出前に出発して河津に到着。自歩道の河津桜もすっかり葉桜です。

2018031815.jpg

今日は河津側から天城越え。1月2日のライドでは裏天城越えをしたけどまともな道での天城越えは久しぶり。

2018031816.jpg

2018031817.jpg

旧天城トンネルを抜けると伊豆市に入ります。

2月3日の雪山ハイキング以来の旧天城トンネルですが旧道の雪やトンネルの氷柱もすっかり無くなってます。

2018031818.jpg

浄蓮の滝に到着。有名な観光スポットですが何故か誰も居ませんでした。

2018031819.jpg

国士峠を越えて萬城の滝に立ち寄り。

1月4日のライドでは天城連山の北麓からダート林道を下り萬城の滝に至る裏ルートでしたが今回は正規のルート。

2018031820.jpg

萬城の滝から下ると道中でコースの下見を兼ねて来ていたSさんに偶然遭遇。

冷川付近の交通量が少ない裏道を案内しながら少し一緒に走りました(^^)

2018031821.jpg

Sさんと別れた後は中伊豆に戻りSweet cafeさんに開店時間の11時に突撃。

気温も上がり暖かかったので食後にアイスもいただきました(^^)

2018031822.jpg

Sweet cafeさんに来たのも1月4日以来で久しぶり。

ランチ後はその1月4日のライドでやり残した宿題へ。

お店のすぐ裏から伊豆スカイラインゴルフ場に向け登り。

勾配はゆるゆる。交通量も極少で路面の状態も良く気持ちの良い道。

2018031823.jpg

ゴルフ場まで登り道なりに進むと伊豆スカイラインに出ます。

もちろん伊豆スカは自転車不可。伊豆スカに出る手前から左のダート林道に入ります。

2018031824.jpg

ダートの入口付近は景色が開けてなかなか眺めが良いです。

2018031825.jpg

ダート林道に入りました。今回はこの道で中伊豆ワイナリーを目指します。

2018031826.jpg

中伊豆ワイナリーへは下白岩から登るルートが一般的。

なのでこのルートは裏ルート。廃道や通行止めではなく「オープンな林道」。

序盤は道幅も広く四輪のタイヤ跡もありました。

2018031827.jpg

途中に分岐がありますが最終的には先の方で合流します。今回は左へ。

道幅は徐々に狭くなり倒木なども目立ち始めます。

2018031828.jpg

中盤あたりはガレ場が多く酷い道。オープンな林道ですが四輪での走破は不可と思われる。

2018031829.jpg

2018031830.jpg

人の気配が全く無い所ですが物好きなバイクが1台居ました。人の事は言えませんが(^^;)

2018031831.jpg

手前の分岐からの道が合流する地点に小さな社がありました。

2018031832.jpg

山の神橋を渡り少し進むと分岐。ワイナリーへは右の激坂を登って行きます。

2018031833.jpg

ちなみに分岐を直進すると大見西川沿いを下り中伊豆に抜けられます。

私は日中は修善寺~冷川は交通量の多い県道を避け裏道を走ります。

こちらは帰路で撮った写真。冷川方面へはこのT字路を右折しますが直進すると先ほどの分岐地点に出ます。

2018031838.jpg

県道を避けた道は交通量が極少なのでグループライドやノンビリ走りたい方にオススメ。

修善寺から冷川まで県道を通らずに抜けられます。(県道を横断する所が1か所有り)

3月12日のライドでも帰路で走っているのでその時のルートラボを参照に。。


ダートも終盤。ゴルフ場側からだと概ね下り基調ですがこの激坂を含めて最後は登り返し。

2018031834.jpg

ダートを抜け舗装路になるとワイナリーの建物が見えてきます。

2018031835.jpg

中伊豆ワイナリーに到着。周囲のブドウ畑と相まって景色が良く気持ちの良い所。

ワインの試飲はチャリなので駄目ですがブドウ酢のジュースも試飲出来ます。

9の付く日はソフトクリームが割引なのですが1日違いで残念・・(^^;)

2018031836.jpg

富士山は雲がかかっているけど天城連山の稜線はクッキリでした。

2018031837.jpg

今日はこれで終了。後は冷川峠を越えて帰るだけ。


本日のルート。距離120km、獲得標高2623mでした。



ワイナリーへ裏ルートのダート林道で抜けられるのを確認出来たのが収穫でした。

しかし全くオススメ出来ないですね(^^;)オール舗装路で登った方が断然楽です。

中伊豆ワイナリーへは正規ルートで登りましょう・・(笑)

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

中伊豆ワイナリーと修善寺散策 Apr 19, 2018
雲見・千貫門の夕日 Apr 15, 2018
箱根ライド珍道中とニューアイテム購入 Apr 13, 2018
伊東でイチバンのヒルクラコース Apr 09, 2018
伊豆最古のトンネル・柏隧道 Apr 06, 2018
ライド&プチ登山で車山登頂・車山トレッキングと八ケ岳エコーライン編 Apr 02, 2018
ライド&プチ登山で車山登頂・ビーナスライン編 Mar 29, 2018
西伊豆スカイラインと三筋山・伊豆の山岳ルート絶景コンボ Mar 26, 2018
天城越えと中伊豆ワイナリーへの裏ルート Mar 21, 2018
伊東発・伊豆半島の海沿いを時計回り Mar 14, 2018
河津桜見物と三筋山&遠笠山 Mar 06, 2018
オクシズ散策・吊橋カードコンプリート Mar 02, 2018

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果