2017-10

Latest Entries

乗鞍絶景ライド・後編 乗鞍スカイラインと上高地

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

前回からの続きです。

長野側から乗鞍エコーラインを登り県境を越え畳平に到着。

平日ですが天気が良いのでシャトルバスで登ってきた登山者、観光客もそれなりに居ました。

IMG_9052_convert_20171002111900.jpg

剣ヶ峰への登山も考えましたが今回は見送り。

今日はSPDシューズで来ていますが剣ヶ峰への登山は替えの靴があった方が良いかもしれない。

剣ヶ峰への登山は見送り昨年の乗鞍ライドと同様に魔王岳へのトレッキング。

畳平から魔王岳山頂(標高2764m)まで10分ほどで登れるのでお手軽。

私はSPDシューズですが昨年一緒に登ったロード乗りの方はSPD-SLで登っていました。

IMG_9041_convert_20171002111846.jpg

昨年同様の晴天で北アルプス、穂高連峰もクッキリ。槍ヶ岳の山頂も綺麗に見えました。

IMG_9033_convert_20171002111832.jpg

眼下にはこのあと平湯まで下る乗鞍スカイラインの道筋。

湿度も低めだったので遠くまで見渡せます。やっぱり乗鞍は最高ですね!

20179268.gif

上から見下ろした鶴ヶ池。乗鞍岳周辺に少し雲が集まってきましたが相変わらず綺麗な青空で良い天気。

20179269.gif

余談ですが歩いている時に年配の方に「靴に滑り止めの金具が付いていて歩きやすそうだね」と言われた。

SPDシューズなのでむしろ歩き辛いのですが・・(^^;


レストハウスで早めのランチ。改めて昨年の記事を読み返してみたら同じ物を食べていた(笑)

IMG_9053_convert_20171002111913.jpg

上の方が雲に包まれてしまわないうちに食べたらすぐに下山。

乗鞍スカイラインで平湯まで豪快な下り。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9054_convert_20171002111927.jpg

もちろん私は度々脚を止め写真撮ったりしてるので下りでも遅いです(笑)

201792610.gif
201792611.gif

乗鞍スカイラインの紅葉は見頃一歩手前でした。

IMG_9069_convert_20171002111946.jpg

絶景を目に焼き付けながらノンビリ下りいよいよ乗鞍スカイラインのハイライト区間へ。

201792612.gif

この区間は本当に最高!一気に下ってしまうのはもったいないので通過に時間を要します(笑)

IMG_9078_convert_20171002112000.jpg
IMG_9080_convert_20171002112015.jpg

刻々と変わる雲の位置や形。斜面に落とす影の位置も刻々と変わる。

そして見下ろす乗鞍スカイラインの曲線美が本当に美しい。

IMG_9090_convert_20171002112046.jpg

乗鞍エコーラインを登り畳平で折り返すコースプランの方でも岐阜側のこの辺りまで下る事をオススメします。

少し登り返せば畳平に戻れるし絶景なので登り返しも苦にならない・・と思う。

IMG_9087_convert_20171002112031.jpg

路肩にワンボックス車が何台かとまっていたけど撮影スタッフの車でした。

新作ウエアのカタログ用の撮影をしているとの事。ドローンも飛ばしていました。

IMG_9093_convert_20171002112101.jpg

標高が下がってくると高い樹木が復活。相変わらず穂高連峰は綺麗に見えてます。

IMG_9096_convert_20171002112116.jpg
IMG_9098_convert_20171002112131.jpg

この日は思ったほど下りは寒くなく用意していたインナーグローブを使う事は無かった。

平湯まで下ったら再び登りの始まりで安房峠越え。

この安房峠でも過去に熊と遭遇した事があるので熊除けのベルを鳴らしながら登る。

たまに通過するバイクの排気音が心強く感じます(笑)

振り返ると乗鞍岳の上の方は雲に包まれていたので丁度良い時間に登れたのかもしれません。

IMG_9100_convert_20171002112150.jpg

安房峠に到着。県境の峠でここから再び長野県。

峠に到着すると晴天なら正面に穂高連峰がお出迎え。

IMG_9101_convert_20171002112204.jpg

この後に上高地に行くかは安房峠から穂高連峰の見え具合で判断してます。

今日は天気も上々なので上高地に立ち寄る事が決定です。

IMG_9104_convert_20171002112220.jpg
IMG_9108_convert_20171002112236.jpg

釜トンネルの入口まで下って来ました。この先は乗鞍同様にマイカー規制で通行可なのは許可車両と徒歩そしてチャリだけ。

IMG_9112_convert_20171002112252.jpg

トンネル入口に監視員が居て注意事項の書かれた紙を渡されます。

内容は上高地バスターミナルの先はチャリの持ち込みが禁止という事。

私の様にリピーターならその事は承知しているので紙の無駄になるので貰う必要はありません。

「地獄の釜トン」と呼ばれた旧トンネルより広くなりましたが勾配は同じ。

1.1kmの長さでオール11%の登りなので平均勾配11%。

IMG_9113_convert_20171002112308.jpg

急勾配の釜トンネルを抜けると昨年開通した上高地トンネル。

IMG_9116_convert_20171002112326.jpg

上高地トンネルを抜けると大正池がお出迎え。背後には穂高連峰。

IMG_9121_convert_20171002112341.jpg

上高地バスターミナルに到着。一応、自転車置き場があります。

自転車の主と会う事は無かったけど数台の先客が居ました。

IMG_9137_convert_20171002112508.jpg

川沿いの道を散策。いつ来ても上高地の梓川は綺麗で美しい。

IMG_9124_convert_20171002112359.jpg
IMG_9125_convert_20171002112416.jpg

有名な上高地の河童橋は平日でも多くの観光客で賑わっています。

IMG_9128_convert_20171002112434.jpg

河童橋の上から。綺麗な梓川と背後の穂高連峰。いつ見ても美しい景色(^^)

IMG_9131_convert_20171002112451.jpg

河童橋やバスターミナル周辺は登山客、観光客がいっぱいで落ち着かないので写真撮って散策を終えたらすぐに退散(^^;)

大正池の方まで戻ると人も少なくマッタリ出来ます。そういえば昨年も同じ様にここで最後の休憩をしていたなぁ(笑)

IMG_9138_convert_20171002112524.jpg

後は起点の沢渡駐車場までオール下り。最後にもう一度見納めの大正池。

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

急勾配の釜トンネル。上の方の路面には滑り止めの縦溝があります。

(写真は縦溝区間を通過した先ですが・・)

二輪には不評の路面の縦溝。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9143_convert_20171002112555.jpg

釜トンネルを抜けるとR158に合流。下り基調でスピードが出ます。

坂巻温泉入口にあるトンネルはトンネル内に縦溝があり路面も濡れている事が多いので要注意。

釜トンネル方向から来ると下り基調なのでくれぐれも速度は控えめに!

沢渡駐車場に到着して本日のライドが無事に終了。

距離93.5km、獲得標高2703mでした。


上高地へのバス発着場でもある沢渡駐車場には足湯やトイレ、更衣室があります。

IMG_9144_convert_20171002112610.jpg

ライド後は温泉で汗を流してから帰宅しました。

トランポの場合、平日だと休日と違って帰りの高速道で渋滞にハマる事はありません。

しかし10~11月の紅葉シーズンの平日は東名や中央道の集中工事があるので要注意。

グループライドなら渋滞中も自転車談義で楽しい時間ですがソロだと苦痛です(^^;)


今年の乗鞍ライドも昨年同様の好天で素晴らしい景色を満喫出来ました!

伊豆からだとアクセスも大変で頻繁には行けないので天気は絶対に外したくない(^^;)

また来年行く時も今回の様な晴天で走れる事を祈ります。

そして今回見送った剣ヶ峰への登山もいつか機会があれば是非登ってみたい。

その時は替えの靴持参かな。HAOさんが先日のヒルクラ&登山で導入したトレランシューズなどはチャリでの携帯性と山歩きの両立を考慮すると良いなぁと思いました。

あと途中で会った自転車の方は畳平の銀嶺荘に泊まって剣ヶ峰に登ったとの事でした。

美ヶ原高原の王ヶ頭ホテルやしらびそ高原のハイランドしらびそと同様に以前から泊まってみたい宿のひとつです。

それらの宿に泊まってのコースプランを組んだり妄想するのも楽しい。

と言うかコースは何年か前に既に作ってあるのですが・・(笑)

いつか実現したいです!

スポンサーサイト

乗鞍絶景ライド・前編 乗鞍エコーラインの紅葉

IMG_8991_convert_20170928142259.jpg

3か月振りの長野遠征。毎年恒例の乗鞍ライドに行ってきました。

遠征日は仕事が休みだった9月26日(火)

天気は晴れ予報だけど山の天気は分からないので畳平で晴れている事を祈ります。

起点とした沢渡駐車場まではトランポ。ルートも昨年の乗鞍ライドと全く同じ。

昨年は台風一過の絶好のコンディションでしたが今年も快晴だと良いなぁ。



日の出時刻に合わせて出発。沢渡駐車場には足湯があります。

IMG_8918_convert_20170928141658.jpg

朝は肌寒く登りに入っても汗が全く出ませんでした。

昨年は絶好の天気でしたがスタートから三本滝駐車場までは雲に包まれていました。

しかし今日は朝から快晴。これから登る山の周辺も雲ひとつ無い綺麗な青空。

やっぱり乗鞍を走る時はこれくらいの天気でないといけません。

IMG_8920_convert_20170928141710.jpg

乗鞍観光センターを過ぎ善五郎の滝駐車場の先のカーブを抜けた辺り。

IMG_8922_convert_20170928141726.jpg

ここは2年前に道路上を徘徊する熊さんと5分ほど対峙した所。

自分の中で少しトラウマになっている場所。写真を撮る余裕はあったけど横を通過する勇気は無かった(^^;

今日は熊さんとの遭遇も無く無事に通過。良かったー(^^)

IMG_2931_convert_20170928141645.jpg

もちろん熊が苦手な私は今日も熊除けのベルを付けて走ってます(笑)

三本滝駐車場に到着。ここから先はマイカー規制の自転車天国。

これからが本番。いざ絶景の乗鞍エコーラインへ!

IMG_8923_convert_20170928141830.jpg

三本滝駐車場の先はゲレンデ内の道を登るので眺望が良好。

昨年はここからは眼下に雲海でしたが今日は遠くの山まで見渡せます。

20179261.gif
20179262.gif

エコーラインの下の方は色付き始め。

20179263.gif
IMG_8943_convert_20170928141846.jpg

冷泉小屋付近の紅葉。

IMG_8949_convert_20170928141911.jpg
IMG_8944_convert_20170928141858.jpg

だいぶ標高が上がってきました。相変わらず快晴で綺麗な青空(^^)

IMG_8954_convert_20170928141926.jpg

位ヶ原山荘の先からが乗鞍エコーラインの核心部。

昨年のライドより10日ほど時期が早いのでこの辺りはまだ緑の量が多い。

IMG_8955_convert_20170928141940.jpg

絶景が続くのでなかなか前に進まない(笑)眼下に登ってきた九十九折れの道。

IMG_8960_convert_20170928142009.jpg

この辺りまで来ると北アルプス・穂高連峰の姿も見え始めます。

空気が澄んでいて快晴なので北アルプスもより美しく見えます。

IMG_8959_convert_20170928141954.jpg

標高2400m超まで登り森林限界を越えました。

更なる絶景ゾーン。天空の道に突入です!

IMG_8969_convert_20170928142039.jpg
IMG_8964_convert_20170928142024.jpg

昨年は森林限界から先では紅葉が終わっていましたが今日は紅葉した景色を見る事ができました。

まだ最盛期よりは少し早いかもしれないけど天気が良いので十分満足です(^^)

IMG_8972_convert_20170928142057.jpg

紅葉の向こうに北アルプス。素晴らしい眺めです。

IMG_8974_convert_20170928142113.jpg

全く前に進まない・・と言うよりなるべくゆっくり進みたい絶景だ(笑)

やっぱり乗鞍はサイクリストの聖地のひとつ。何度走ってもここは別格ですね!

夏でも涼しいのでストイックにガンガン登るのも良し、写真を撮りながらノンビリ登るのも良し。

脚力の無い私はもちろん後者です(笑)

IMG_8978_convert_20170928142146.jpg

乗鞍岳も近くなってきました。

IMG_8986_convert_20170928142218.jpg

岩場の間を流れる雪解け水。クリアな空気で遠くの視界も良好。

IMG_8989_convert_20170928142231.jpg

反対側を見上げると乗鞍の山頂。相変わらずの快晴!

畳平到着時に雲に包まれて視界不良という残念な展開は避けられそうです。

昨年同様の好天で良かった!相変わらず悪運(?)強いなぁ・・(笑)

20179264.gif

振り返ると北アルプス・穂高連峰の姿。槍ヶ岳もクッキリと見えていました。

IMG_8990_convert_20170928142245.jpg

紅葉とその向こうに北アルプス。乗鞍エコーラインの道筋が良いアクセントになってます。

IMG_8991_convert_20170928142259.jpg

剣ケ峰を見上げる。雪渓の雪はひと夏越してだいぶ少なくなりました。

IMG_8996_convert_20170928142313.jpg

最高地点の少し手前。畳平まであと少し。

IMG_9008_convert_20170928142327.jpg

しかし見下ろす景色が素晴らしいので度々脚が止まり前に進まない(笑)

20179265.gif

昨年はこの辺りでは完全に紅葉が終わっていたけど時期をずらした今回は紅葉が見られました。

遠くの山まで見渡せて最高です!天気が良いので意外と寒さは感じなかった。

20179266.gif
20179267.gif

絶景ゾーンに入ってから時間がかかりましたが車道最高地点に到着。

IMG_9017_collage_convert_20170928142342.jpg

最高地点から見た鶴ケ池。いつもの場所で撮影。

IMG_9021_convert_20170928142356.jpg

少し下ってやっと畳平に到着。やっぱり晴れていると撮影ストップが多く登るのに時間がかかりますね(笑)

IMG_9027_convert_20170928142410.jpg

天気に恵まれ乗鞍エコーラインの絶景を満喫できました(^^)

畳平到着時にも綺麗な青空が広がっていて良かった!


続きは後編で・・。

鷹狩山と小熊山 新緑と残雪の北アルプス満喫ライド

IMG_6586_convert_20170616161834.jpg

6月15日、また長野に行ってきました。

今回の遠征地は4月24日の遠征でも走った大町エリア。

この時期なので新緑と残雪の景色を楽しめます。

4月のライドでは走らなかったアルプス展望道路や小熊山をルートに組み込みました。

そして北アルプスの超絶景スポット、鷹狩山は外せません!



起点の安曇野の道の駅まではトランポ。4時に到着すると既に薄明るい。

なのですぐに準備して出発。朝日を浴びた北アルプスを眺めながらペダルを回す。

IMG_6465_convert_20170616161453.jpg

序盤は平坦基調。R403に入ると山間部に向け登りの開始。

最初のチェックポイント、小仁熊ダムに到着。

ダム湖の上を長野自動車道が通っています。

IMG_6472_convert_20170616161526.jpg
IMG_6470_convert_20170616161512.jpg

小仁熊ダムから一旦下ったら再び登り。そして県道12号線、通称アルプス展望道路に合流。

その名の通りこの道からは北アルプスの眺望。

IMG_6499_convert_20170616161550.jpg

周辺の山々の景色も素晴らしいです。

IMG_6497_convert_20170616161538.jpg

この辺りの斜面には棚田が多い。棚田越しに見る北アルプスの景色も綺麗。

IMG_6517_convert_20170616161602.jpg

交通量が少なくて快適。ほぼ貸し切りで気持ち良い(^^)

IMG_6521_convert_20170616161614.jpg
IMG_6526_convert_20170616161625.jpg

旧大岡村エリアにある 芦ノ尻の道祖神。

IMG_6532_convert_20170616161648.jpg

道祖神がある場所は北アルプスの展望所を兼ねています。

IMG_6539_convert_20170616161714.jpg

蓮華岳や爺ケ岳、鹿島槍ケ岳が正面に。

IMG_6537_convert_20170616161703.jpg

北アルプス一望の里に到着。展望台まで登り北アルプスを一望。

IMG_6557_convert_20170616161727.jpg

静かで気持ちの良い所。天然酵母のパン屋さんがあります。

IMG_6561_convert_20170616161740.jpg

この後、北アルプスの手前に立ちはだかる山々を越えて大町方面に向かいます。

北アルプス一望の里から一旦下ってからの登り返し。

12%標識が頻繁に現れてなかなか登り応えがあります。

IMG_6564_convert_20170616161758.jpg

登りのピークを越えて少し下りますが鷹狩山に向け再び登り。

前回登った大町市街地側からよりは勾配は緩いけど工事で遠回りさせられました。。

その代わり道中では美しい棚田の景色を拝めました。

IMG_6566_convert_20170616161810.jpg

最後の急坂を登り切って鷹狩山の山頂に到着。

IMG_6587_convert_20170616161845.jpg

北アルプスの大パノラマで相変わらず素晴らしい眺め!!

IMG_6586_convert_20170616161834.jpg

ここは北アルプスの眺望スポットの中でも最強クラスだと思います。

逆光だと魅力半減なので順光に間に合う様なコースプランニングが必要。

出来れば午前中に到着するのが望ましいです。

鷹狩山1

こちらは4月24日の写真。その時と比べると残雪が少なくなりましたが周辺の緑が濃くなりましたね。

IMG_4396_convert_20170428204116.jpg

平野部の街並みまで見渡せるので高さ以上の高度感があります。

鷹狩山3

陣馬形山などもそうですがこの様なタイプの場所は大好き。

そういえばホームコースの三筋山も共通する物がありますね。

蓮華岳(上)と爺ケ岳、鹿島槍ケ岳(下)

IMG_6599_convert_20170616161920.jpg
IMG_6598_convert_20170616161909.jpg

オッサンが独りですが恋人の聖地らしいです(笑)

IMG_6582_convert_20170616161821.jpg

展望台に登るとまた少し見える角度が変わりますね。良い眺めで最高!

IMG_6597_convert_20170616161857.jpg
鷹狩山2

前回は最高の天気でしたが今回も梅雨時ですが良い天気。

そして前回とは違う新緑とのコラボを楽しめました(^^)

絶景を満喫したので下山します。市街地まで急坂のダウンヒル。

道中は木々に囲まれ眺望は無いけど麓近くの大町公園まで下ると景色が開けます。

IMG_6609_convert_20170616161931.jpg

ここからでも十分に景色は良いので鷹狩山の急坂を登りたくない方はお手軽に済ませる事も可能。

IMG_6610_convert_20170616161943.jpg

ランチは信濃大町駅前のパン屋さんでパンを購入して外のベンチで食べました。

相変わらずソロライド時のランチは適当(笑)しかしパンは焼きたてで美味しかった。

ランチ後は本日の最終ミッション、木崎湖のビュースポット小熊山に向かいます。

しばらく北アルプスを眺めながら田んぼに囲まれたのどかな平坦路。

IMG_6614_convert_20170616161954.jpg

やっぱり大町は良いですね!単なる田んぼ道も絶景ロードです。

IMG_6618_convert_20170616162007.jpg

山に向かって徐々に標高を上げていき鹿島槍スキー場に到着。

スキー場の緑が綺麗。そして背後には鹿島槍ケ岳。

IMG_6622_convert_20170616162157.jpg

今回このエリアを遠征地に選んだのはこの様な残雪と新緑の組み合わせを見たかったから。

狙い通りに見る事が出来て非常に満足です(^^)

林道小熊黒沢線に入り更に標高を上げていきます。

IMG_6632_convert_20170616162038.jpg

新緑の緑が美しい。そして鹿島槍ケ岳が近い!

IMG_6631_convert_20170616162021.jpg
IMG_6637_convert_20170616162212.jpg
IMG_6634_convert_20170616162056.jpg

小熊山パラグライダー場に到着。眼下に木崎湖で絶景!

ここは今更説明するまでも無い定番中の定番ですね。

IMG_6640_convert_20170616162225.jpg

久しぶりに来ましたがやっぱりここからの眺めは素晴らしい!

鷹狩山と同様に高さ以上の高度感。そして開放感があって気持ち良い!

木崎湖の眺めならここが最高のスポットですね。

IMG_6642_convert_20170616162237.jpg

本日のミッションは全て終了したので道の駅まで戻ります。

林道を下って木崎湖まで来ました。

IMG_6652_convert_20170616162249.jpg

木崎湖からゴールまでは平坦路。雲が増えてきましたが最後まで北アルプスを眺めながらのライド。

IMG_6655_convert_20170616162302.jpg
IMG_6665_convert_20170616162314.jpg

日中は気温が上がりましたが風は涼しかったので快適でした。

本日は距離122.5km、獲得標高2357m


今回の遠征も絶景を満喫して大満足!やっぱり信州最高(^^)

黒川牧場・天空の池と夕立神パノラマ公園 大鹿村絶景ライド

IMG_5712_convert_20170522135132.jpg

前日の御嶽山周辺ライドに続いて南信州での2日目。

前日のライド後は某所に移動して車中泊。

朝食を済ませてから本日のデポ地、大鹿村、大西公園の大駐車場へ。

この公園、桜の季節以外はほとんど人が居ない(^^;

到着後、準備運動を兼ねて周辺を40分ほど散歩。

ライドの準備を始めると後輪がパンクしていました。。

原因は貫通パンク。小さな針のような物が刺さっていました。

前日のライドの終盤で踏んだ模様。スローパンク状態だったので気が付かなかった。

チャリの横でひと晩寝たのですが(後輪が寝た時に私の頭の横)全く気が付かず・・。

まぁ山の中でのパンクでは無く出発前のタイミングで良かった。

泊まりでの遠征時は予備のチューブも余分に持ってきている。

フロアポンプも積んできているのでサクッとチューブ交換も完了。

準備も整ったので出発です。


本日は大鹿村内でのサイクリング。

絶景スポットに2つ登りますが余計な平坦路が少ないコンパクトなコース。



天気の良い週末土曜日ですが車は少ない。

長野のメジャースポットは車も人も多いでしょうが大鹿村はほぼ通常運転。

まぁこのエリアは車でのアクセスも悪いし輪行には超絶向いてないですからね。。

しかしメジャーでは無いけど一級品の絶景スポットが点在しています。

まずは絶景スポットの1つ目、黒川牧場、そしてその先の「天空の池」を目指します。

天空の池は初めてなので今年の目標として楽しみにしていた場所。

R152から山側に進路を変えると鹿塩温泉。すぐに塩の里があります。

ここは売店や食事処などがある施設。

IMG_5654_convert_20170522141037.jpg

気温が上がり暑い!お隣の飯田市は30℃の予報。

この先の登りに備えてここの自販機でドリンクを2本購入しました。

ここから黒川牧場まで林道中峰黒川線で約15kmの登り。

秋葉古道とも呼ばれている道。グイグイと標高を上げていきます。

IMG_5659_convert_20170522134746.jpg

標高1100m超の場所まで登ってきましたがこの辺りでは民家が点在している。

そして道中にはうどん屋さんがあり営業していました。

IMG_5661_convert_20170522134809.jpg

鹿や猪、熊などの獣除けの為か庭で犬を飼っているお宅が多く通過する度に全ての犬に吠えられました(笑)

大池高原まで登ってくると景色が開けます。

IMG_5667_convert_20170522134832.jpg

陣馬形山などが連なる伊那山脈に隠れていた中央アルプスの姿も見えてきました。

良い眺めです。天気も最高!気温が上がってかなり暑いですが(^^;

IMG_5665_convert_20170522141053.jpg
IMG_5666_convert_20170522134820.jpg

この場所に定食屋がありテラス席からはこの絶景を眺めながら食事できます。

大池高原を過ぎると勾配が緩くなり景色も開けるボーナスステージ。

IMG_5678_convert_20170522134844.jpg

残り2km辺りでは黒川牧場(木が生えてない所)が見えてきます。

IMG_5756_convert_20170522135304.jpg

黒川牧場に到着。眼下に小さな池が見えますがこれは目的地の天空の池とは別の池。

ここからでも中央アルプスが見渡せて十分良い景色です。

IMG_5686_convert_20170522134856.jpg

この黒川牧場のゲートから牧場内の道(牧道)を登って最終目的地、天空の池を目指します。

IMG_5687_convert_20170522134908.jpg

ゲートから100mは簡易舗装ですがその先からはオールダート。

ダートの牧道で天空の池までは2kmで300m上昇。その平均勾配は15%!

舗装路でも厳しいスペックなのにダートだと辛すぎる!!

IMG_5689_convert_20170522134921.jpg

ここはチャリ的にはマイナーですがオフ車や写真愛好家にはそれなりに知られた所。

流石にメジャースポットの様な交通量は無いけど合計で10台ほどバイクや車が居ました。

急勾配の狭路のダートなのでバイクは全てオフロードバイク。

車はジムニーやパジェロミニなどの軽四駆。チャリは私だけ(笑)

急勾配に加えて浮石のダートなので滑るし沈み込む。

オフロードバイクも急勾配のコーナーではタイヤを滑らせながら最徐行で登っていく。

IMG_5691_convert_20170522141107.jpg

後でオフ車のライダーさんとお話したらやっぱりタイヤが滑ると仰っていました。

そんな道なのでチャリでは太刀打ちできなく押し歩き。しかも舗装路用タイヤ(^^;

MTBでも乗車で登れたか怪しい。滑るので下りは怖そうだ。。

しかし車では登りたくない道。というか非力な私のFF車では登れないと思う。。

沈み込む浮石のダートなので押し歩きも大変!ハッキリ言って苦行です(^^;

「なるべく楽して絶景」が信条なのですが流石に長野の山、楽させてくれません。。

しかしこのダートの牧道区間は遮る物が無く絶景。

IMG_5697_convert_20170522135016.jpg
IMG_5751_convert_20170522135252.jpg

伊那山脈と中央アルプス。そしてその奥には残雪の乗鞍岳も見えます。

IMG_5695_convert_20170522134939.jpg
IMG_5696_convert_20170522135004.jpg

路上河川の瀬越が2か所あります。浅い所を見定めチャリを抱えて通過。

IMG_5699_collage_convert_20170522135027.jpg

現在の黒川牧場は牧場自体は閉鎖されているので柵なども撤去されています。

牧場内の道を歩く美ヶ原と同様に遮る物が無く絶景ですが登りがキツい!

チャリを連れて登る意味があるのかと自問自答しながら登ります(笑)

IMG_5701_convert_20170522135038.jpg

遮る物が無いので進行方向の急勾配の道筋がモロに見える。

脚と共に精神的にもダメージを受けます(笑)

IMG_5702_convert_20170522135052.jpg

視覚効果で急勾配に見えるのでは無く本当に急勾配なので辛い(^^;

IMG_5706_convert_20170522135108.jpg

ダート激坂の苦行を終えやっと天空の池に到着。標高2016m。

何はともあれ今年初の標高2000m超地点に到達です。

IMG_5710_convert_20170522135120.jpg

ネットで見た写真よりもこの日の池の水は少なかった。

ここは夏の方が写真の見栄えが良いみたいです。

夏独特の雲が水面に写し出される写真を見た事があるけど綺麗でした。

そして青々とした草原と池の組み合わせが美しかった。

今日は水も少なく幸か不幸か雲ひとつ無い快晴。

その代わり今の時期は残雪の中央アルプスなど周囲の景色は最高です!

IMG_5734_convert_20170522135157.jpg
IMG_5737_convert_20170522135224.jpg

伊那山脈の向こうには飯田の街。5月25日にはTOJ南信州ステージが開催されます。

IMG_5736_convert_20170522135210.jpg

昨年はしらびそ高原に登った当日がTOJ南信州ステージの開催日でした。

全くの偶然でしたが途中で飯田を通ったので観戦のオマケ付きライド。

伊豆ステージは行けなかったけどラッキーな事に飯田で観戦できました。

しかし伊豆の自転車乗りなのに伊豆ではなく南信州で観戦とは・・(^^;

ちなみに新城選手が勝った伊豆ステージ当日は大弛峠に登っていた模様(笑)

あれから1年。時が経つのが早いです・・。


中央アルプスをバックに池と愛車を撮影。(この位置で撮影するのが定番みたいです)

IMG_5712_convert_20170522135132.jpg

オフロードバイクや軽四駆の方々も皆さん同じ様な事をしていました。

池の周りは鹿の糞だらけ。そして熊の糞も・・。

ここは夜間や早朝などは獣の水飲み場になっていると思われます。

チャリで登ってここで野営する方は気を付けて下さい。

池の先にもダートが続いているので散策したりしてマッタリしました。

快晴で眺めも最高!登ってきた苦労が報われます。

夏の景色も魅力的だけど暑くて登るのが更に苦行になりそうだ(^^;

IMG_5728_convert_20170522135144.jpg

絶景を満喫したので下ります。下りも95%は押し歩き。。

ブレーキレバーを握りっぱなしの押し歩きで脚より手と腕が非常に疲れた。。

IMG_5748_convert_20170522135238.jpg

下山してR152沿いの観光協会に隣接した土産物屋でランチ休憩。

ジビエカレーと食後にアイスも食べました。

ここからデポ地の大西公園は目と鼻の先。

天空の池で燃え尽きた感があったので食事前はこのまま帰ろうかと思っていました(笑)

しかしまだ時間も早いし食事で腹が満たされたら元気が出たので予定通り次の絶景スポットに登ります。

大鹿村でのお気に入り撮影スポット。石橋の向こうには赤石岳。

IMG_5763_convert_20170522135319.jpg

次の目的地、夕立神パノラマ公園に至る林道鳥倉線 は工事による通行止め。

なので迂回路を通って標高1600mの夕立神を目指します。

案内板が随所に建っているので道は分かりやすい。

IMG_5764_convert_20170522135333.jpg

石橋の所から川沿いを山側に向け登り始めるとすぐに急坂がお出迎え。

急坂を登り切り「香坂高宗の墓」まで来ると前方の山の高い位置にガードレールの道筋が見えます。

一目見て明らかに最終目的地付近の道だと分かるので精神的ダメージを受けます(笑)

午後になり気温も上昇して暑かったけど道中は木々に囲まれ日差しは避けられた。

IMG_5765_convert_20170522135346.jpg

残り約1.5kmからは景色が開けます。この辺りが下から見上げていた地点。

IMG_5770_convert_20170522135401.jpg
IMG_5771_convert_20170522135415.jpg

綺麗なトイレがある駐車場を過ぎると目の前に南アルプスの絶景!!

IMG_5772_convert_20170522135428.jpg

遊歩道を100mほど進むと夕立神パノラマ公園の展望台があります。

IMG_5781_convert_20170522135442.jpg

南アルプスが一望!!写真より実際は山々が近く感じられて迫力があります!

IMG_5789_convert_20170522135507.jpg
IMG_5787_convert_20170522135455.jpg

残雪の赤石岳と聖岳。夕立神はしらびそ高原と双璧の南アルプス絶景スポットですね!

IMG_5790_convert_20170522135519.jpg

パノラマ公園なのでパノラマ写真を撮ってみた。

夕立神convert_20170522191038

反対側は中央アルプスですが午後は完全な逆光。。

IMG_5797_convert_20170522135531.jpg

まぁ夕立神は南アルプスの眺望スポットなので中央アルプスは仕方が無い。

その為に中央アルプスの眺望スポットでもある黒川牧場には午前中に行っています。

逆に夕立神からの南アルプスはご覧の通り順光になる午後が良いです。

本日のミッションは全て完了したのでデポ地の大西公園まで戻ります。

大西公園は高台にあり眺めが良い。大鹿村の集落の向こうに赤石岳。

IMG_5805_convert_20170522135546.jpg

本日は距離66km、獲得標高2339mでした。

距離は少ないけど結構疲れました。まだ暑さに慣れない時期ですからね。

あと車中泊で前日の疲れが抜け無かったのとダートの登りが効いた。。

全体の平均勾配も7.5%だったので急坂が多かった模様です。


ライド後は日帰り入浴が出来る小渋温泉赤石荘で汗を流しました。

帰りは狭路の山道を延々と走って浜松まで抜けたのですが疲れました。。


2日間、快晴で残雪のアルプスや御嶽山の絶景を満喫して楽しかった!

御嶽スカイラインの通行止めは予習不足でしたが。。

春からの長野遠征は昨年行かなかった所を中心に残雪のアルプスを満喫する事をテーマにしていました。

どのライドも天気に恵まれ個人的には上々の成果だったと満足しています。



九蔵峠と御嶽スカイライン 御嶽山満喫ライド

IMG_5505_convert_20170521122344.jpg

今年4回目の長野遠征です。

今回は5月19日から泊まりで2日間走る予定。車中泊ですが。。

遠征先は5月2日の陣馬形山に続いて再び南信州エリア。

1日目は木曽町の道の駅を起点に開田高原や王滝村を巡りながら御嶽山の景色を満喫するコース。

富士山と同じく3000m超の独立峰である御嶽山。

美しい山ですが全貌を見渡せる場所は長野県でも少ないです。

富士山と違って高い山に囲まれている為に山頂部など一部しか見えない場所が多い。

なのでチャリで行けて御嶽山が見渡せる場所といったらやっぱり定番の開田高原。

ついでに陣馬形山とは反対側からの中央アルプスの景色も楽しめます。

結果を先に言うと天気は最高でしたが詰めが甘かった・・。

あと前回遠征の陣馬形山ではガーミンを忘れたのですが今回はドリンクボトルを忘れました。

学習能力が無いですね・・(^^;


この辺りは数年前に走って以来なので久しぶり。

前半の九蔵峠はその時とは反対に開田高原側から登るルートにしました。



道の駅を5時に出発。すぐに登りですが朝は寒くてしばらくウインドブレーカーは着たまま。

少し進むと御嶽山の山頂部が顔を出します。天気は最高。空気も澄んでいます。

IMG_5485_convert_20170521122255.jpg

畑の向こうに残雪の御嶽山の山頂部。早く全貌を拝みたい!

綺麗な青空なので青と白のコントラストが美しい。

IMG_5496_convert_20170521122318.jpg
IMG_5494_convert_20170521122308.jpg

開田高原に向かって緩めの坂を淡々と登ってR361に合流。

登りのピーク地点では景色が開けて雄大な御嶽山の姿が!

IMG_5511_convert_20170521122356.jpg

遊歩道を進むと展望台があり正面に御嶽山!

IMG_5504_convert_20170521122330.jpg

富士山もそうですが独立峰は独特の美しさがありますね。

IMG_5505_convert_20170521122344.jpg

ここから少し下った所が九蔵峠。

IMG_5523_convert_20170521122432.jpg

すぐ近くには九蔵峠展望台があります。

IMG_5517_convert_20170521122408.jpg

先ほどとは僅かに違う角度からの御嶽山。

IMG_5521_convert_20170521122419.jpg

最高地点・剣が峰(3067m)とサイノ河原のアップ。

IMG_5526_convert_20170521122444.jpg

九蔵峠は今回で3回目ですが今日は過去最高のコンディション!

空気も澄んで雲ひとつ無い完璧な青空!そして残雪の御嶽山。

九蔵峠は御嶽山を順光で拝める午前中に訪れるのが鉄則。

アルプスの絶景スポットも同様ですがその事を考慮したルート設定が必要です。

九蔵峠から下って木曽馬の里に立ち寄りました。

早朝なのでまだ木曽馬は放牧されていませんが。。

IMG_5536_convert_20170521122510.jpg

しかし静かでのどかな良い雰囲気。そして牧場の向こうには御嶽山。

早朝なので安定の貸し切り(笑)

IMG_5529_convert_20170521122458.jpg
IMG_5538_convert_20170521122523.jpg

木曽街道に入って再び登り。交通量は皆無でここも貸し切り。

IMG_5554_convert_20170521123402.jpg

地蔵峠展望台に到着。ここも御嶽山のビュースポット。

IMG_5547_convert_20170521122535.jpg
IMG_5549_convert_20170521122550.jpg

実際の地蔵峠はここから1kmほど登った先。

特に眺望は無し。峠の碑とその名の通りお地蔵さんがあります。

この地蔵峠が開田高原と木曽福島エリアの境目になります。

IMG_5558_convert_20170521122720.jpg

木曽福島への下り。木々の間からは中央アルプスの姿。

IMG_5563_convert_20170521122733.jpg

木曽福島まで下ってきました。気温が上がってきて本日初めてウインドブレーカーを脱ぎました。

木曽川水系の一級河川、黒川を塞き止める黒川ダム。

堤高が15m以下なので河川法上では堰に分類されます。

IMG_5574_convert_20170521122757.jpg
IMG_5568_convert_20170521122745.jpg

宿場町の面影が残っている木曽の街。流れている川は木曽川。

IMG_5577_convert_20170521122809.jpg

木曽ダムは木曽川水系の一級河川、王滝川を塞き止めています。

王滝川には他にもいくつかダムがありますが最下流部のダム。

IMG_5583_convert_20170521122825.jpg

王滝川沿いを遡上して牧尾ダムに到着。

先ほどの木曽ダムを下池として揚水発電を行っています。

IMG_5585_convert_20170521122839.jpg
IMG_5590_convert_20170521122904.jpg

ダム湖が鏡面の様に輝いて綺麗。ダム湖の名前は御岳湖。

IMG_5588_convert_20170521122852.jpg

ダムカードは以前貰った物からバージョンアップは無しでした。

ここでランチ休憩。誰も居ないダムで食べるコンビニおにぎりは最高(笑)

休憩後は御嶽スカイラインへ。登りに入るとすぐに御岳湖が眼下に。

IMG_5645_convert_20170521123100.jpg

渋峠と同等の標高2180m地点、七合目の田ノ原まで約21kmの登り。

斜度はそれほどでもないけど長いので頑張り過ぎない様に淡々と登ります。

IMG_5640_convert_20170521123047.jpg

山頂部が近くに見えてきました。相変わらずの晴天でやる気もアップ!

IMG_5626_convert_20170521123013.jpg

クライマックスに向け気分も最高でしたが悲報・・。

七合目まで残り7kmで積雪の為、通行止め。しかも期間は今日までだった。。

IMG_5607_convert_20170521122918.jpg

やってしまった!!完全に予習不足で初歩的なミス。。

七合目まで登りその後には遊歩道を時間の許す限り散策するつもりでしたが。。

まぁ仕方が無い。。今回はここで折り返して帰ります。

この地点はおんたけ2240スキー場のリフト乗り場。

IMG_5608_convert_20170521144940.jpg

ここは個人的に思い入れがあるゲレンデ。

20代前半の若かった頃にスノボで10回位ここで滑りました。

まだその当時はおんたけスキー場という名前でした。

当時はスノボ全面滑走可のゲレンデが少なかったけどここはその頃も全面滑走可。

板とウエアはまだ持っているけど今は冬場もチャリ1本なのでスノボはやってません。

そして2014年の噴火。心の中で手を合わせこの場所を後にしました。


今回は残念でしたがこの先の絶景ゾーンは昨年走られたHAOさんのレポで素晴らしさが分かると思います(笑)


御嶽スカイラインの下り。上の方は開放感があり見晴らしが最高です!

IMG_5611_convert_20170521122933.jpg
IMG_5625_convert_20170521122959.jpg

御嶽山からは東に位置する中央アルプス。

なので午後は順光で残雪の中央アルプスを拝む事ができます。

IMG_5616_convert_20170521122945.jpg

御岳湖まで下ってきました。後はデポ地の道の駅まで戻るだけ。

帰路はエメラルドグリーンの御岳湖を眺めながら右岸の道を走りました。

IMG_5647_convert_20170521123112.jpg

本日は距離115.5km、獲得標高2052mでした。

通行止めで予定より早くライドが終了したので2時間ほどゆっくり温泉に入りました。

そして夕食を済ませてから車中泊地の某所へ移動。

翌日も長野地方の天気は晴れ予報なので絶景が期待できそうだ。


今日は最高の天気で九蔵峠から美しい御嶽山の姿を拝む事ができました!

御嶽スカイラインで七合目まで行けていれば完璧でしたが。。

今年は未だに標高2000m超の場所に足を踏み入れて無く本来なら今日の御嶽山七合目で達成するはずでした。

今回は達成ならずでしたが翌日に大鹿村の某所で2000m超の場所に到達。。


«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果