2017-05

Latest Entries

北アルプス満喫ライド・後編 絶景の鷹狩山

IMG_4396_convert_20170428204116.jpg

前回からの続きです。

白馬村から北アルプスの美しい姿を右に見ながら南下。

快晴で無風。絶好のチャリ日和で気持ち良い。景色も最高!

IMG_4320_convert_20170428203501.jpg

市境を越え大町市に入ると仁科三湖がお出迎え。

まずは最も北に位置する青木湖。

IMG_4326_convert_20170428203521.jpg

真ん中の中綱湖は小さい湖。釣りをしている方が何人かいました。

IMG_4333_convert_20170428203534.jpg

小熊山(パラグライダー場)は残雪で林道完抜けが微妙だったので登りませんでした。

残雪の影響もあるけど最終目的地に早く着きたかったのが登らなかった最大の理由。

最終目的地は今回のライドのメイン。最も楽しみにしていた場所。

北アルプスが逆光にならない時間に到着したい。。

更に南下して木崎湖畔の道。木崎湖は写真だけ撮ってすぐに退散(^^;

IMG_4336_convert_20170428203546.jpg
IMG_4341_convert_20170428203558.jpg

大町から見る北アルプスの景色も良いですね。

田畑越しや橋の上から見る景色が美しい。

IMG_4345_convert_20170428203647.jpg
IMG_4350_convert_20170428203713.jpg

急いでいるけど今回もダムには寄ります(笑)

平日なのでダムに向かう道も人の気配が無く貸し切りです。

IMG_4355_convert_20170428203728.jpg

龍神湖(大町ダム湖)を見下ろせる駐車場に到着。

眼下に大町ダムと龍神湖。大町ダムに訪れたらここまで登るのがオススメ。

IMG_4358_convert_20170428203744.jpg
IMG_4360_convert_20170428203801.jpg

管理所に立ち寄ってダムカードをゲット。通算141枚目。

以前貰ったカードからバージョンアップしてました。

IMG_4367_convert_20170428203817.jpg

下流側に架かる吊橋の上から堤体正面の姿を拝めます。

ダムカードの写真はこの吊橋から撮影した物でしょうね。

IMG_4371_convert_20170428203836.jpg
IMG_4373_convert_20170428203856.jpg

少し引いたこの辺りから見る大町ダムの姿も素敵だ。

IMG_4378_convert_20170428203923.jpg

今回は行きませんでしたがこの上流に七倉ダムと高瀬ダムがあります。

どちらも東京電力が管理する巨大ロックフィルダム。

以前、訪れた時の写真。上が七倉ダム、下が高瀬ダム。

DSC_0067_collage_convert_20170428203431.jpg

どちらも周囲の景色が素晴らしいのでオススメ。

しかし高瀬ダムへ通じる林道はチャリも含め車両進入禁止。(徒歩はOK)

以前はテプコ館で見学を申し込めば無料で送迎バスに乗れましたが現在は廃止。

なので訪れるには往復で2時間以上歩く事になるのでマニア向け(^^;

セレブな方なら往復4000円のタクシーに乗るという方法もあります。

私はもちろん歩きを選択(笑)初めて行った時はテプコ館の見学ツアーの送迎バスでしたが。。

ちなみに堤体の高さ日本一は有名な黒部ダムですが二番目がこの高瀬ダムです。


ダムを満喫したので最終目的地へ向かいます。

急いでいますが北アルプスが雄大で美しく度々足を止めてしまいます。

IMG_4381_convert_20170428203946.jpg
IMG_4385_convert_20170428204004.jpg

お腹が空いたので信濃大町駅前の土産物屋でおやきを2つ買って食す。

急ぎの時は真っ先に時短の対象になるのが食事の時間だ(笑)

ソロライドだとどうしてもランチが適当になってしまいますね。。

でもおやきは美味しかったです。5分で食事が終わりましたが(^^;

食事を速攻で終え頭上には最終目的地の鷹狩山と山頂に建つ展望台。

IMG_4387_convert_20170428204020.jpg

この鷹狩山も前回記事のどんぐり村と同様にHAOさんが昨年登っていた絶景スポット。

鷹狩山の事はよく拝見しているバイクツーリング系サイトで以前から知っていました。

しかし時間が合わなかったりと今まで素通りしていたので登るのは今回が初めて。

(どんぐり村同様にHAOさんの記事で背中を押されました。ありがとうございます!)

写真でも分かる様に山が近いのですぐに登りの開始。

大町の市街地がすぐに眼下に。大町公園では桜が満開で桜祭りの開催中でした。

IMG_4389_convert_20170428204034.jpg
IMG_4390_convert_20170428204047.jpg

大町公園から上はしばらく木々に囲まれ眺望の無い道。

10%前後の坂を淡々と登り最後の急坂を登り切ると前方が開け北アルプスの姿が。

IMG_4391_convert_20170428204102.jpg

標高1164mの鷹狩山山頂に到着。目の前にはこの絶景!!

雄大な北アルプスと眼下には大町の市街地。素晴らしい眺め!

IMG_4396_convert_20170428204116.jpg

初めてという事もありかなりのインパクト。逆光にならない時間に間に合って良かった!

今まで素通りしていたのが悔やまれるレベルです(^^;

天気にも恵まれて良かった。本当に素晴らしい所だ!

IMG_4409_convert_20170428204159.jpg
IMG_4399_convert_20170428204132.jpg

先ほどの大町ダムも見えます。逆に向こうからも鷹狩山は見えていました。

IMG_4402_convert_20170428204146.jpg

展望台に登って上からも景色を見渡せます。眺め最高!

IMG_4421_convert_20170428204226.jpg
IMG_4416_convert_20170428204213.jpg

この鷹狩山は山頂まで車道が通じているので車やバイクでも気軽に来られる所。

首都圏から車で来た2組、4名の方々とお話しましたが前日のAACRに参加されたとの事。

よく見ると車の中に自転車が。こんな出会いも旅先でのソロライドの魅力。

前日も天気は良かったけど途中から風が強くなったと仰っていました。

今日は1日を通して無風で快晴だったのでラッキーだったのかもしれません。


鷹狩山は本当に素晴らしい所でした!ここはまたルートに組み入れて走りたい!

白馬、大町周辺でサイクリングするなら超オススメのスポットです。

嶺方峠もそうですが北アルプスが逆光にならない時間に到着する様なコース設定が良いと思います。


本日最大の目的だった鷹狩山での絶景を満喫したのでデポ地の道の駅まで戻ります。

高台を走る県道は車が少なく登りのピークを越えると景色が開けて気持ち良い!

IMG_4435_convert_20170428204239.jpg
IMG_4439_convert_20170428204255.jpg

本日最後の鹿島槍ヶ岳。青空が綺麗な1日でした。

そして前日はAACRで賑わったこのエリア。平日の今日は静かだった(笑)

IMG_4440_convert_20170428204309.jpg

本日は距離119.2km、獲得標高2349mでした。


久しぶりの白馬周辺でのライド。北アルプスの絶景をたっぷりと満喫しました。

そして大町の鷹狩山は本当に素晴らしかった!

次回このエリアを走る時にもまたルートに組み込みたいと思います。



スポンサーサイト

北アルプス満喫ライド・前編 嶺方峠から白馬村

IMG_4219_convert_20170427094801.jpg

今回も県外遠征。白馬村や大町市周辺でのサイクリングです。

ライド日は4月24日。GW前で車も人も少なく静かな平日。

安定の平日ライド。静かな雰囲気で走れる平日最高(笑)

直前まで渋峠・雪の回廊とどちらにするか迷いました。

天気は晴れ予報。どちらを走っても「勝利」は確実な状況。

悩んだ結果、昨年は1度も走れなかった白馬方面でのライドに決定。


この前日に白馬周辺ではAACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)が開催されたみたいですね。

23日も晴れだったので参加された方々は良かったですね!


起点とした大町の道の駅まではトランポ。

とりあえず前半のメインはツーリストの定番中の定番、嶺方峠。

AACRと比べたら短い距離。そしていつも通りの自由なソロライド(笑)

景色を楽しみながらノンビリと走ります。



いつも通りの早朝スタート。出発時の気温は0℃でクソ寒い!

スタート後、まずは白馬村とは逆方面へ。下り基調なので余計に寒い。

進路を北に変えると鬼無里に向かって登りの開始。

登りの途中で北アルプスの山々が視界に入ってきます。

天気は上々。これは嶺方峠での「完全勝利」も間違い無しかな?

朝日に照らされた北アルプスの山々が美しい。

IMG_4179_convert_20170426232935.jpg
IMG_4184_convert_20170426232946.jpg

鬼無里に抜ける県道36号線沿いにあるアルプス展望台に到着。

美しい北アルプスが目の前に広がり絶景!

IMG_4185_convert_20170426232958.jpg

後立山連峰の主峰、鹿島槍ヶ岳のアップ。こちらから見て鹿島槍ヶ岳の右側が八峰キレット。

IMG_4204_convert_20170426233008.jpg

登りのピークを越え鬼無里への下り。

IMG_4213_convert_20170426233020.jpg

下りの途中で森の中に目を向けるとカモシカがこちらを見ていました。

IMG_4140_convert_20170426232924.jpg

鬼無里からはR406に入り白馬村方面へ向け再び登り。

国道ですが交通量は少ない。平日なのでほぼ貸し切り状態(笑)

斜度はゆるゆる。5%前後の坂が登りのピークまで続きます。

白沢洞門の鬼無里側。この向こうに絶景が待っている・・。

IMG_4215_convert_20170426233032.jpg

トンネルの向こうが嶺方峠。トンネルの途中から絶景が目に飛び込んできます。

IMG_4222_convert_20170427094813.jpg

やっぱり嶺方峠は良いですね!ここでの定番のアングルで。

IMG_4219_convert_20170427094801.jpg

天気も良く北アルプスの眺めが最高!

IMG_4231_convert_20170426233102.jpg

ここでは雲が少しでもあったら勝利とは認めないというマイルールを課してます(笑)

初めて訪れた時に快晴だったので以後ハードルが高くなりました(^^;

今日は雲ひとつ無い快晴。これは「完全勝利」でしょうかね。

残雪の北アルプス。青と白のコントラストが美しい。

IMG_4238_convert_20170427094824.jpg

白馬村への下り。北アルプスの絶景が目に入るので度々足を止めてしまいます。

IMG_4241_convert_20170426233115.jpg
IMG_4245_convert_20170426233140.jpg

眼下の平坦な所が白馬村の平野部。背後には雄大な鹿島槍ヶ岳。

IMG_4244_convert_20170426233127.jpg

白馬村まで下り切ると姫川に架かる大出の吊橋があります。

IMG_4261_convert_20170426233205.jpg

河原から見た吊橋。背後の北アルプスと雪解け水が流れる姫川。

そして完璧な青空で素晴らしい景色。ここは人気の撮影スポットです。

IMG_4254_convert_20170426233152.jpg

川沿いには桜の木。これは散った後ではなくまだ開花前でつぼみの状態。

今年は例年と比べてかなり遅れている模様です。

この時期なら普通は北アルプスと吊橋、そして清流沿いに満開の桜なのですが。。

私もその光景を思い浮かべていたのであれっと思いました。

桜が満開なら完璧でしたがそれでも青空と相まって美しい景色です。

白馬村に下ってからは普通に走っているだけで北アルプスが視界に入ります。

田畑越しに見る北アルプスの景色も美しくいつまでも眺めていたくなります。

IMG_4264_convert_20170426233216.jpg
IMG_4265_convert_20170426233233.jpg

平野部を走る大糸線。車窓から絶景を堪能できるローカル線。

IMG_4269_convert_20170426233246.jpg

北アルプスを正面に見て走る川沿いの道。

AACRのコースにもなっていたのでしょうか。案内板が設置されていました。

IMG_4279_convert_20170426233259.jpg

橋からの眺め。透明度が高い川の水。雪解けで流れが早いです。

IMG_4280_convert_20170426233313.jpg

昨年HAOさんが登っていたどんぐり村パノラマ展望台に行ってみました。

どんぐり村は山腹にペンションや別荘が点在する所。

12年前にどんぐり村のペンションに宿泊した事があります。

HAOさんの記事を拝見してその事を思い出して懐かしく感じていました。

その時は登らなかったので今回が初めてのパノラマ展望台。

急坂を登ってパノラマ展望台に到着すると予想以上の絶景でした!

IMG_4290_convert_20170426233327.jpg

目の前は急斜面で下まで見渡せるので高さ以上の高度感。

個人的にこの様なタイプの場所は大好き(^^)

北アルプスの麓に広がる白馬村の平野部が眼下に。

八方尾根スキー場や白馬ジャンプ台も見えます。

IMG_4294_convert_20170426233342.jpg

絶景を堪能していると近くで獣の気配。本日2頭目のカモシカです。

私は舐められているのかな?カモシカ達はいつもカメラ目線です(笑)

IMG_4302_convert_20170426233356.jpg

長野五輪が開催された白馬ジャンプ競技場。

有料ですがリフトでジャンプ台の上まで登れます。

IMG_4308_convert_20170426233409.jpg

平日なので国道以外は車や人の気配がほとんど無いですね。

静かな雰囲気と美しい景色。やっぱり平日の絶景コースは最高だ(笑)

IMG_4314_convert_20170426233422.jpg

最高の平日ライドですがその弊害も・・。飲食店が軒並みお休み。。

小休止して温かい物でも食べたかったのですが補給食で我慢。

まぁ平日ライドではよくある事。想定内なのでショックは全く無い。

白馬村の平野部を走り大町方面に向かって南下。

橋の上からの眺めはどこも景色が良くついついストップしてしまいます。

IMG_4319_convert_20170426233437.jpg

風が強いと苦行の平野部ですが本日は無風。

しかも1日を通して雲ひとつ無い快晴だったのでラッキーでした。

市境を越え大町市に入りました。大町市でも絶景スポットが控えているので楽しみ。

続きは後編で。


絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 後編

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg

前回からの続きです。

白樺湖でランチ休憩。平日なので湖畔近くの飲食店は軒並み休み。。

温かい物を食べたかったけど結局近くのコンビニで買ったおにぎり(^^;

ここからの写真だと分かりづらいけど湖面は半分以上凍っていました。

IMG_3471_convert_20170407130840.jpg

本日のハイライト、霧ヶ峰に向かってビーナスラインの登り。

蓼科側と比べて高い木が生えてない為、日当たりが良く暖かい。

路面は雪も無く完全ドライのコンディション。

IMG_3478_convert_20170407130906.jpg

振り返ると白樺湖と背後には蓼科山。

IMG_3479_convert_20170407130918.jpg

平日で全線開通前。なので平日の西伊豆スカイライン並の交通量の少なさ。

静かな雰囲気で絶景ロードを満喫できます。

IMG_3480_convert_20170407130930.jpg
IMG_3482_convert_20170407130943.jpg

時間に余裕があり急ぐ事も無いので展望台がある度に脚を止めます。

まぁ全力で登っても速く登れませんけどね(笑)

IMG_3486_convert_20170407130959.jpg

白樺湖が眼下に。上からだと湖面が半分以上凍っているのが分かります。

全線開通する頃には解けるので今ならではの光景ですね。

IMG_3488_convert_20170407131011.jpg
IMG_3489_convert_20170407131026.jpg

八ヶ岳連峰も位置や高さによって違った表情になるので眺めていて飽きない。

IMG_3490_convert_20170407131039.jpg

八ヶ岳連峰と南アルプス。そして眼下には茅野の街並み。

IMG_3494_convert_20170407131051.jpg

前方に車山が見えてきました。

IMG_3496_convert_20170407131104.jpg

車山高原スキー場は4月2日で今季の営業終了。

その為か車山高原も人が少なくビーナスラインの交通量も極少。

IMG_3497_convert_20170407131127.jpg

来た道を振り返る。蓼科山と八ヶ岳連峰が美しい!

雪が残っている時期のビーナスラインからの眺めはまたひと味違いますね!

IMG_3501_convert_20170407131141.jpg
IMG_3503_convert_20170407131154.jpg

霧ヶ峰富士見台展望台に到着。

IMG_3510_convert_20170407131253.jpg

その名の通りにここからは八ヶ岳や南アルプスと並んで富士山が見える場所。

しかし今日は春霞の影響もあって富士山の姿は見えず。。

過去に晴れた日に何度もビーナスラインを走っていますが霧ヶ峰から富士山が見える時はかなり条件の良い日です。

昨年5月のライドでは過去最高の天気だったので富士山がばっちりと見えました。

その時の写真。また空気の澄み渡った快晴の日に走りたい!

CIMG4281_convert_20170407140245.jpg

まぁ、今日も快晴だし八ヶ岳連峰や南アルプスが綺麗に見えるので贅沢は言えませんね。

標高が上がり霧ヶ峰から見る八ヶ岳連峰の姿は圧巻で最高です!

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg
IMG_3509_convert_20170407131238.jpg

南アルプスと眼下には茅野の市街地。

IMG_3512_convert_20170407131307.jpg

春霞の影響で霞んでいますが中央アルプスも見えます。

IMG_3515_convert_20170407131319.jpg

霧ヶ峰富士見展望台から1kmほど進むと登りのピーク。

そこから登山道を約2km歩いて車山の山頂までプチ登山する予定でしたが。。

しかし登山道は残雪で歩くと足首まで完全に埋まる状態でした。

前半の雪道歩きで靴や靴下はまだ濡れた状態。これで更に雪道を4km歩くのは辛いので断念しました。

ビーナスラインの下り。この辺りの路面も除雪済みで完全ドライ。

IMG_3521_convert_20170407131334.jpg

しかし路肩には多くの雪が残っているので実質1.5車線状態。

当然、車はセンターラインを越えてくるので注意が必要ですね。

この日は交通量極少だったのでこの区間でも貸し切りでしたが(笑)

IMG_3528_convert_20170407131348.jpg

霧の駅まで下るとビーナスラインは北側に進路を変えます。

本来は美ヶ原まで抜けられるのですがまだ冬季閉鎖中。

なので閉鎖ゲートがある4.5km先の八島湿原まで行っての折り返し。

そのゲート地点に到着。この日以降、気温も上がったので雪解けも進んだでしょうね。

IMG_3529_convert_20170407131402.jpg

ゲートの先のビーナスラインの道筋。

この直線区間の先には北アルプス。そして諏訪湖を見下ろせるポイントもあります。

次回は美ヶ原高原とセットにする予定なので全線開通まで楽しみはお預けですね。

エサを前にお預け状態の犬になった気分です(笑)

IMG_3530_convert_20170407131417.jpg
IMG_3542_convert_20170407131459.jpg

八島湿原の散策は冬季でも可能。単なる雪原にしか見えませんが(笑)

冬季は訪れる人も少ない為、ここまで歩くのも膝下まで埋まったりしました(^^;

IMG_3535_convert_20170407131431.jpg

湿原の周囲に遊歩道が続いていて景色が良いのですが雪で歩くのは断念。

少なくともサイクルシューズで歩ける状態では無かった。

IMG_3536_convert_20170407131444.jpg

霧の駅まで来た道を引き返します。その途中からみた八島湿原。

IMG_3553_convert_20170407131513.jpg

霧の駅から今度は茅野の街に向かって長い下り。正面に南アルプス。

IMG_3558_convert_20170407131528.jpg
IMG_3569_convert_20170407131559.jpg

左側には八ヶ岳連峰。本日のコースでは八ヶ岳三昧ですねー。

IMG_3566_convert_20170407131543.jpg

霧ヶ峰湿原植物群落。雪が残っている野原にしか見えませんが(^^;

先ほどの八島湿原もそうですが湿原は夏の方が景色が良いと思う。

IMG_3572_convert_20170407131613.jpg

茅野の街まで下ってきました。単なる農道の様な道ですが景色が良いので脚を止めてしまいます。

IMG_3576_convert_20170407131629.jpg

早朝にも走った八ヶ岳エコーラインへ。その名の通り八ヶ岳が美しい絶景ロード。

早朝とは違って帰路は順光。そして気温も上がって暖かい。

IMG_3577_convert_20170407131643.jpg

早朝は残っていた畑の雪も解けた模様です。畑の向こうには南アルプス。

IMG_3583_convert_20170407131657.jpg

のどかな畑の中を通る道。両側は八ヶ岳連峰と南アルプスで絶景!

この道は何度か走っているけどやっぱり良いですね。快晴なので最高!

IMG_3585_convert_20170407131710.jpg

今日は諦めていた富士山。若干霞んでますが南アルプスの脇から姿を現しました。

IMG_3592_convert_20170407131727.jpg

今日は八ヶ岳や南アルプスを満喫したので富士山は見えなくても満足でしたがやっぱり日本一の山。見えると得した気分になりますね。

IMG_3597_convert_20170407131741.jpg

富士山は言うまでも無く標高日本一の山ですがここから見える北岳は標高では二番目。

なので標高ツートップの山を同時に見る事が出来ます。

ゴールまで絶景は続きます。見る位置によって違う表情の八ヶ岳連峰。

ライドを終えるのが名残惜しくいつまでも眺めていたい気分になります。

IMG_3598_convert_20170407131753.jpg

本日は距離118km、獲得標高2217mでした。


ライド後は余韻に浸りながらの温泉。気持ち良い(^^)

入浴でサッパリした後はほうとうを食べてから帰宅しました。


今年初の長野遠征。天気も上々で気持ちの良いサイクリングでした!

雪道歩きなど苦労も多かったけど・・(笑)

今年も長野県にはお世話になります。次回の長野遠征は何処かな。

そして暖かくなりその他各地の遠征も色々と予定しているので楽しみ!


絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 前編

IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

2017年初の長野遠征です。


先月は年度末だったので普段よりは仕事してました(笑)

(3月は距離734.7km、獲得標高16807mでした)

4月に入り普段通りに戻ったので遠征ライドを増やしたいと思います。

これから冬季通行止めが解除される絶景山岳ルートも増えますしね。


遠征日は4月4日・火曜日。

当初の遠征予定地の第一、第二候補が先週の雪で厳しくなりました。

そこで第三候補だったビーナスラインをメインとしたルートに決定。

ビーナスラインは昨年5月のライドの様に美ヶ原高原とセットにするのが王道だと思います。

しかしビーナスラインの全線通行止め解除は4月21日の予定。

なのでビーナスラインは通行可能な部分を組み込んでのコースプラン。

昨年走らなかった蓼科側を組み込んだので丁度良かったかな。

トランポで道の駅・小淵沢を起点に八ヶ岳エコーラインからのアプローチ。

この時期なので春霞がありますが晴れていれば絶景が確約されたルート。

ちなみに何度も走ってるビーナスラインですが昨年5月は過去最高の天気でした。

美ヶ原高原・王ヶ鼻からの景色は圧巻なので全線通行止め解除になったらまた行きたい。



道の駅を早朝に出発。ここをデポ地にするのは野辺山や瑞牆山に行った昨年10月以来

日帰り温泉が併設されているのでライド後に汗を流し夕食も済ませる算段です。

スタート時点で既に標高が900m超なので寒い!

伊豆の同じ標高地点より明らかに寒い。スタートから登りですが汗が出ません。

スタートの小淵沢は山梨県なので今年初めての山梨県でもありますね。

八ヶ岳エコーラインに入るとすぐに県境。路面は路肩寄りが所々で凍結。

早朝で交通量も無いのでセンターライン寄りを走行しました。

IMG_3333_convert_20170405151413.jpg

4月ですが森の中を見るとまだ冬の景色。

IMG_3334_convert_20170405151427.jpg

富士見高原から。朝日を浴びた南アルプスが美しい。

今年初の長野遠征ですが上々の天気です。

IMG_3341_convert_20170405151449.jpg
IMG_3336_convert_20170405151438.jpg

富士見高原から一旦下って八ヶ岳エコーラインの平坦区間。

畑の向こうに北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳など南アルプスの山々で絶景。

IMG_3360_convert_20170405151502.jpg
IMG_3365_convert_20170405151514.jpg

反対側も八ヶ岳連峰で絶景なのですが早朝だとモロに逆光。。

八ヶ岳エコーラインは帰路でも通るし今回のルート上ではほとんどの場所から八ヶ岳連峰を拝めるので早朝の写真は無し。

前方に蓼科山やこれから登る山々の姿が見えてきました。

IMG_3370_convert_20170405151541.jpg

雲ひとつ無い快晴。しかしクソ寒い!!顔と指先が冷え過ぎて痛い!

IMG_3380_convert_20170405151555.jpg

ビーナスラインに入って本格的に登りの開始。と言っても全体的に勾配は緩め。

冷えた身体に心地よく感じられる登りです。

IMG_3388_convert_20170405151609.jpg

路面に雪は無いけど蓼科高原はまだまだ冬の景色ですね。

IMG_3390_convert_20170405151620.jpg

蓼科湖に到着。平日の朝なので誰も居ない(笑)

IMG_3395_convert_20170405151632.jpg
IMG_3400_convert_20170405151646.jpg

天城高原と同様に蓼科高原も鹿の楽園状態。20頭以上は見ました。

IMG_3403_convert_20170405151711.jpg

蓼科湖を過ぎると路面の雪が目立ち始めて所々で押し歩き。

IMG_3401_convert_20170405151659.jpg

更に進むと残雪が多くなりました。轍の部分は走れる様に見えますがアイスバーンで危険。

IMG_3405_convert_20170405151726.jpg
IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

結局、この辺りから女神湖までの間では累計5kmほど押し歩きになりました。。

もうライドでは無くチャリを連れた単なる雪道歩きですね(^^;

オマケに靴下まで染み込むほど濡れたのでつま先が冷えて辛かった。

まぁ、その代償で景色は良い。これで曇り空だったら罰ゲームに等しい(笑)

歩きと乗車を繰り返して女の神展望台に到着。

IMG_3413_convert_20170405151752.jpg

八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプスが見渡せる絶景スポット。

IMG_3417_convert_20170405151817.jpg
IMG_3423_convert_20170405151831.jpg
IMG_3430_convert_20170405151845.jpg

やっぱり雪化粧した八ヶ岳連峰の姿は美しいですね。

昨年10月のライドの時は反対側から八ヶ岳連峰を眺めてました。

IMG_3416_convert_20170405151803.jpg

スズラン峠に到着。轍の部分も完全に凍っていて滑ります。。

IMG_3434_convert_20170405151900.jpg

ここまでの登りよりスズラン峠からの下りが大変で苦行でした。

相変わらずの単独ライド。怪我は避けたいので慎重に歩きます。

IMG_3438_convert_20170405151914.jpg

救いは目に入る景色が絶景という事と交通量が無い事。

この界隈のゲレンデが4月2日で今季の営業を終了した影響かな。

白樺高原から一旦ビーナスラインを離れて女神湖方面への道へ。

相変わらず路面に雪があるけど開放感があって眺めの良い道。

IMG_3441_convert_20170405151945.jpg

この後に向かう白樺湖方面の景色も見えてきます。

IMG_3440_convert_20170405151928.jpg

そして、その向こうには北アルプスの山々の姿が。

やっぱり信州の山岳風景は別格と言うか最高ですね!

IMG_3444_convert_20170405151957.jpg
IMG_3447_convert_20170405152010.jpg

夕陽の丘展望台に到着。石碑の所まで行くのに膝まで埋まり大変でした(笑)

IMG_3459_convert_20170405152037.jpg
IMG_3456_convert_20170405152023.jpg

見上げると蓼科山の姿が近付いてきました。

IMG_3461_convert_20170405152048.jpg

女神湖に到着。背後の山が蓼科山。

単なる雪原の様に見えますが全面凍結した湖面に積雪した湖の姿。

IMG_3463_convert_20170405181819.jpg

湖畔のボートが湖である事を物語っています。

IMG_3468_convert_20170405152112.jpg

こちらの写真は昨年5月に立ち寄った時の女神湖。

CIMG4243_convert_20170405151402.jpg

凍った女神湖を見るというのが今回の目的のひとつだったので見られて良かった!

ここから白樺湖までは除雪もしてあり安心して乗車できました。

雪解け水で濡れているのでチャリも服もかなり汚れましたが。。

白樺湖に到着。綺麗な青空で良い景色。

IMG_3469_convert_20170405152123.jpg

そして、この先からビーナスラインのハイライト区間。

天気も上々。これから登る道筋を眺めワクワクします!


続きは後編で。


南信州・しらびそ高原ライド

CIMG8729_convert_20161105112839.jpg

11月4日のサイクリングの記録です。

今月最初のライドは再び長野への遠征。

本当は長野北部か安曇野辺りに行きたかったけど今回は自重。。

10月に長野を含めあちこち遠征したので遠征費を抑えました(^^;

同じ長野でも遠征費が比較的安く済む南信州エリアをチョイス。

寒くなってきて高所に登れるのは今年もあと少しですね。

なので標高1900m超のしらびそ高原を含む南信州周回コース。

細かい所は多少違いますが基本的には6月のライドの時と同じルート。




起点の道の駅遠山郷までは車載。安曇野や松本に行くより交通費は安く済むけど
兵越峠を越えて来るのでアクセスは悪い。。

今回はウェアを2組用意してました。ライド前に準備運動を兼ね近くを散歩。

メリノウールの長袖ジャージだと暑いと判断して半袖に長袖インナーの組み合わせにしました。

起点から約5kmのR152は緩やかな登り。しらびそ高原に向け進路を変えるとすぐに急坂。

8~15%ほどの坂を登りあっという間に標高が上がります。

天気の方は完璧で文句無し!ウェアの選択も正解でした。

CIMG8647_convert_20161105112105.jpg

高原ロッジ下栗に到着。ここも眺めが良い所です。

CIMG8654_convert_20161105112118.jpg

下栗の里のビュースポットへ向かう遊歩道。チャリの持ち込みは禁止です。

遊歩道入口周辺は駐車禁止でチャリの駐輪も禁止になっています。

なので手前の駐車場にチャリを置いて歩きます。遊歩道を含め片道1kmほど。

CIMG8655_convert_20161105112133.jpg

ビュースポットから見下ろす下栗の里は絶景。

急斜面に民家や畑が点在し日本のチロルと呼ばれています。

CIMG8666_convert_20161105112534.jpg

凄い所で生活しているなといつも思う。郵便配達や運送屋の方は大変だ。。

急坂、激坂のオンパレードなので凍結したら運転が怖いですね。。

CIMG8664_convert_20161105112520.jpg

散策を終え再び登り。しばらく林の中の急坂ですが勾配が緩くなると景色が開けてきます。

CIMG8672_convert_20161105112546.jpg

伊那山脈の向こうに中央アルプス。薄っすらと冠雪してますね。

CIMG8673_convert_20161105112558.jpg

落葉が始まってますが紅葉を楽しみながらの高原ライドは最高。

CIMG8680_convert_20161105112624.jpg
CIMG8679_convert_20161105112612.jpg
CIMG8681_convert_20161105112637.jpg

東側に見える南アルプスの山々が近くに感じられて気持ちの良い道です。

CIMG8683_convert_20161105112650.jpg
CIMG8687_convert_20161105112701.jpg

御池山隕石クレーターの駐車場は正面に南アルプスの山々。

隕石が落ちた場所なので遮る物が無くて絶景です。逆光で残念ですが(^^;

CIMG8692_convert_20161105112715.jpg

走ってきた道を振り返る。快晴での高原ライドは気持ち良いですねー。

CIMG8697_convert_20161105112728.jpg

ハイランドしらびそが建つ標高1918mのしらびそ高原に到着。

CIMG8733_convert_20161105112857.jpg

輪行を絡めたチャリ旅でハイランドしらびそに宿泊するプランでのルートを組んでから数年。

未だに実現には至ってませんがいつかここに泊まってみたいなぁ。

ホテル東側にある展望台からは南アルプスの大パノラマで絶景です。

CIMG8713_convert_20161105112758.jpg
CIMG8706_convert_20161105112744.jpg

先週MTBで走った林道は南アルプスを挟んで反対側になりますね。

西側は伊那山脈と背後に中央アルプス。そしてこの後に下る道筋が見えます。

CIMG8720_convert_20161105112811.jpg
CIMG8723_convert_20161105112825.jpg

しらびそ高原から少し下ると標高1833mのしらびそ峠。

こちらも南アルプスのパノラマが楽しめる絶景スポットです。

CIMG8742_convert_20161105112910.jpg

冠雪している山は荒川岳と小赤石岳。

CIMG8750_convert_20161105112925.jpg

高い2つの山は兎岳と聖岳。その前に立俣山。

CIMG8751_convert_20161105112940.jpg

絶景で名残惜しいですが前回ライドの6月と違い日が短いのでゆっくりは出来ません。

しらびそ高原への林道は冬季通行止め。次回は残雪の南アルプスが見られる来春ですね。

大鹿村方面への下り。上の方は景色が開けていて紅葉した山々が綺麗です。

CIMG8763_convert_20161105113009.jpg
CIMG8761_convert_20161105112955.jpg
CIMG8769_convert_20161105113025.jpg

下りは激寒!!指先が冷えるのでしらびそ峠からの下りではインナーグローブを着用。

地蔵峠から先は大鹿村に入りR152になります。国道ですが山間部は狭路の酷道区間。

R152の山間部も紅葉は綺麗でした。しかし交通量は皆無で私だけの貸し切り状態(笑)

CIMG8773_convert_20161105113039.jpg
CIMG8777_convert_20161105113054.jpg

小渋川に架かる石橋と山の間から南アルプス。お気に入りの撮影スポット。

CIMG8780_convert_20161105113107.jpg

大鹿村観光協会の売店で休憩を兼ねた昼食を簡単に済ませました。

R152から左折して小渋川沿いの県道へ。数km走ると小渋ダムに到着です。

日没が早くあまり寄り道は出来ませんがダムの散策は外せません(笑)

CIMG8788_collage_convert_20161105113133.jpg

天竜川に架かる橋の上から。天竜川と中央アルプス・木曽駒ヶ岳。

CIMG8802_convert_20161105113145.jpg

天竜川沿いの堤防道路を走ったりしばらく飯田の平坦基調の道を快走して南下。

前回走った6月はTOJの南信州ステージ開催当日だったので途中で観戦のオマケ付きでした。

県道1号線に入るとアップダウンの連続。登りで結構汗をかきました。

後半でこれがあるのでメリノウールのウェアをやめたのですが大正解でした。

8%前後の坂で標高700m超まで登らされ普通に山岳道路の景色です(笑)

途中でガーミン先生推奨の近道で走ったら自分の知ってる道より余計に登らされた。。

CIMG8811_convert_20161105113201.jpg

飯田線・湯田駅の先から県道1号線は天竜川沿いの断崖の上を走ります。

この辺りの紅葉はまだ色付き始めでした。

CIMG8817_convert_20161105113216.jpg

天竜川本流を堰き止める平岡ダム。16門のラジアルゲートと水流で削られて白くなったコンクリートが特徴。天端は通行可でウォーキングコースの一部になってます。

CIMG8834_collage_convert_20161105113239.jpg

遠山川沿いのR418に入って再び南アルプスが見えてくると起点の道の駅まであと少し。

CIMG8836_convert_20161105113258.jpg

本日は距離131.8km、獲得標高2641mでした。

天気も最高で素晴らしい景色を満喫した高原ライドでした!


11月に入り寒くなってきたのでこれからの高所は凍結リスクもありますね。

自転車乗りに人気の山岳ルートは既に早朝は凍結している所もある模様。

2000m超の場所などは11月中旬~下旬に順次冬季閉鎖になりますしね。

私も10月からの遠征で乗鞍(2716m)、渋峠(2172m)、コマクサ峠(2040m)と次第に目的地の標高が低くなってきています。

そして今回のしらびそ高原が標高1918mでした。

伊豆の山はまだ凍結は大丈夫ですが遠征時の道路情報のチェックは必須ですね。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果