2015-10

Latest Entries

桜えび満喫ライド

漁が解禁になった桜えびを食べに由比漁港まで行ってきました。

狩野川CRや海岸沿いの堤防道路を走るので行程の大半が平坦路。

山越えは最初と最後の2つのみなので獲得標高は950mと少ないです。



CRや堤防道路は風が大敵になります。峠は好きだけど向かい風は嫌だ・・・。

運が悪いと行きも帰りも向かい風の往復ビンタを食らって心が折れます(^^;

さて本日はどうかな?とりあえずスタート時はほぼ無風でした。

服装は迷いましたが夏用ウエアに冬用インナーの組み合わせにしました。

もちろん、ウインドブレーカーは持参します。今日はこの服装で丁度良かった。

朝は寒かったけどスタートから鹿路庭峠までは8kmの登りなので身体が暖まります。

峠から下って平坦路になってもしばらくウインドブレーカーは着てました。

修善寺から狩野川CRに入ります。とりあえず往路はほぼ無風。

IMG_1022_convert_20151030163247.jpg

しばらくCRを快走して徳倉橋手前からCRを外れ沼津港方面へ。

沼津港から先は海岸沿いの堤防道路。左に海、右に富士山を見ながら走ります。

ただ往路では山側に雲が多く富士山は見えませんでした。

IMG_1023_convert_20151030163304.jpg

堤防道路もCR同様に信号が無いので快走ですが体力を温存しながら走ります。

田子の浦で一旦、一般道に出ますがその先でまた堤防道路が復活します。

「田子の浦みなと公園」 トイレと自販機があります。少し曇ってきた。

IMG_1025_convert_20151030163340.jpg

この先は富士川を越え蒲原まで堤防道路が続いています。

東海道の旧道を走ると由比の街です。広重美術館。

IMG_1027_convert_20151030163358.jpg

由比漁港に到着。浜のかきあげやでランチにします。

まだ10時ですがかなりお腹空いてます(^^;

IMG_1032_convert_20151030163501.jpg

今日は由比どんぶりのセットを注文。桜えびのかきあげと味噌汁付きで1000円。

味噌汁にも桜えびが入っていて桜えび三昧(^^) 

IMG_1029_convert_20151030163428.jpg

結構量が多目なので少食の方はセットだと多いかも。

私もだけど腹ペコサイクリストは余裕で完食だと思いますが(笑)

おやつ用に桜えびドーナツも購入。この2時間後にお腹空いて食べました(^^;

ホントに燃費の悪い身体です・・・。

IMG_1030_convert_20151030163445.jpg

目的は達成したので今日はここで折り返して帰ります。

ちなみにここから興津方面に薩埵峠を越えて抜けるコースを近々予定してます。

復路ではまた晴れてきて富士山も見えました。

ここ数日の暖かさで富士山の雪もとけたのかな?無くなってる。

IMG_1033_convert_20151030163515.jpg

海も見飽きてきた(笑) 伊豆半島がだんだん近づいてきました。

IMG_1035_convert_20151030163532.jpg


沼津港で休憩。桜えびドーナツで補給。少し暑くなってきました。

IMG_1037_convert_20151030163547.jpg

狩野川CRに入ると少し風が出てきた。しかも向かい風・・・。

無理のないマイペースで狩野川CRを走り修善寺橋まで来ました。

橋の交差点で信号待ちをしてるとクラクションで合図をする車が・・・。

見たら仕事で移動中のいずのすけさんでした!

いずのすけさんが仕事している中、遊んでいて申し訳ない(^^;

修善寺からは県道を避けた地元チャリダー御用達の道で。

IMG_1038_convert_20151030163604.jpg

少しづつ向かい風が強くなってきて脚にこたえる・・・。

冷川ICの近く。先に見える山をこれから越えます。

IMG_1039_convert_20151030163622.jpg

冷川峠越え~奥野ダムのいつものルートで帰宅。

今日は桜えびと平坦路を満喫したサイクリングでした(^^)




















スポンサーサイト

ウッドデッキのメンテ

チャリとは関係ない話ですが・・・。

年1回、やっているウッドデッキの再塗装をしました。

真夏と冬は避けて毎年10月に再塗装しています。

空いた時間を利用してなので何日かに分けての作業。

まずはひび割れ部分をパテで埋めます。フェンス部分とステップにひびが多かった。

IMG_0999_convert_20151028112642.jpg
IMG_1002_convert_20151028112746.jpg

ステップ部。チャリの出し入れの際に毎回ここを通ります。

ウチのデッキはベタ基礎になっています。多少、地面からの湿気には強いのかな?

とりあえずこの部分は雑草が生えないので楽です。

IMG_1004_convert_20151028112802.jpg

後日、パテが乾燥してからサンドペーパーをかけました。

使用塗料はキシラデコール・タンネングリーン・1.6Lです。結構お高い・・・。

IMG_1008_convert_20151028112823.jpg

デッキ上のテーブルやイス、物干しなどを庭に退避させてからマスキングテープで養生。

後は塗るだけ。プロでは無く素人なので塗り方は結構適当(^^;

基本的に再塗装部分は一度塗りだけで済ませてます。

フェンス部分の塗りが毎回面倒・・・。腰が痛くなった(^^;

パテ処理した部分は後日、二度塗り・三度塗りを重ねてやっとパテ埋めが目立たなくなりました。

IMG_1014_convert_20151028112919.jpg

こちらはフェンスが無いので塗りは簡単。適当に塗ってソッコーで終了。

IMG_1011_convert_20151028112839.jpg

塗り終わって何日か乾燥の為に放置して終了。今年も面倒な仕事が一つ終わった(^^)

IMG_1013_convert_20151028112856.jpg


これからの季節は落ち葉の掃除が大変・・・。ウチは玄関前が吹き溜まりになります。

夏は雑草が大変で刈払機で月2回刈っています。毎回チャリで走るより疲れる(^^;

まあ緑が多い田舎の宿命ですかねー。

これからの季節、チャリには大敵の強い風ですが良い事も・・・。

溜まった落ち葉を吹き飛ばしてくれるので仕事が減ります(笑)

夜間に風で落ち葉を掃除してもらってチャリに乗る昼間は無風がベストかな。

なかなか都合良くはいきませんが・・・(^^;







タイヤのローテ

後輪がすり減ってきたのでタイヤローテをしました。

その前に最近2度の遠征などで登坂が多かったのでチェーンの伸びをチェック。

まだ0.75%のゲージは入りませんでした。0.75%伸びたら交換します。

CIMG0964_convert_20151025142923.jpg

楽なのでチャリを逆立ちさせてタイヤを外します。

私は出先でパンクした時も後輪の場合は逆立ちさせて作業しています。

前輪の場合はそのままで楽ですがパンクは後輪の方が圧倒的に多いですよね。

屋外での作業時には革サドルに傷が付くのでサドルカバーして逆立ちさせます。

CIMG0965_convert_20151025142951.jpg

作業スペースを空ける為に一旦ラックにチャリを掛けます。

チェーンフックに引っ掛けた状態。

CIMG0966_convert_20151025143006.jpg
CIMG0967_convert_20151025143022.jpg

私のチャリの場合、タイヤとホイールの脱着は割と簡単。

パナレーサー・ツアラープラス(700c×26c)とマヴィック・オープンプロのリムの組み合わせ。

リムとタイヤの組み合わせによっては脱着がキツめの物もあるかと思います。

タイヤとチューブを外した状態でホイールをお掃除。リムテープも問題無しでそのまま使用。

マヴィック・オープンプロとサンエクシード・ラージフランジハブでオーダーした手組ホイール。

CIMG0968_convert_20151025143043.jpg

タイヤとチューブの固着防止の為に毎回シッカロールを塗っています。

いずのすけさんがやっていた方法を参考に袋に入れた状態で散布しました。

今までは手で適当に塗っていた為に床や服がいつも粉まみれになってました(^^;

CIMG0969_convert_20151025143057.jpg

あとはタイヤを前後入れ替えた状態でホイールにセットするだけ。

タイヤをホイールにはめる時は手だけで楽々とはまります。

進行方向があるタイヤの場合は向きに注意。あとタイヤロゴの位置ですね。

私はタイヤロゴとバルブ位置を合わせていますがその逆の人もいるので好みの問題なのかな?

ただ前後は同じ様に合わせた方が見栄えは良いと思います。

マヴィック・オープンプロの場合、バルブの対角位置にホイールロゴになります。

CIMG0970_convert_20151025143111.jpg

装着した後に気づいたけど前後でタイヤの位置がロゴ1文字分(約8mm)ずれていた・・・。

まあ陶芸家とかじゃないので外してやり直しとかは面倒なのでしません(笑)

私のチャリなどそこまでジックリと見る人もいないでしょうしね(^^;

現在履いているこのタイヤが減ったら次回は25cタイヤとラテックスチューブを導入予定。

多少、軽量化にもなって登坂も楽になるかな?楽しみ。







軽井沢周辺紅葉サイクリング

遠征2日目は紅葉が見頃の軽井沢周辺を走りました。

CIMG0948_convert_20151021201248.jpg

道の駅みょうぎを起点に二度上峠を越え軽井沢に抜け碓氷峠経由で戻るコース。



前日のコースに比べるとだいぶ緩いコース設定。

でも獲得標高2000mあるし前日の疲れもあるのでスタート前は多少不安でした。

スタートしてから少し下りですがその先から地蔵峠まで12kmの登り。

前日の疲れも多少残っていますが何とか大丈夫そうだ。

軽めのギヤでゆっくり登って地蔵峠に到着。

CIMG0928_convert_20151021200942.jpg

下った先からは二度上峠まで約25kmの登り。登りの序盤は勾配も緩く楽です。

CIMG0929_convert_20151021201006.jpg
CIMG0933_convert_20151021201028.jpg

峠の手前約8km辺りから九十九折り区間になりグイグイと標高を上げます。

コーナーごとに残りの距離とカーブ番号が表示されています。カーブ番号が1になると峠です。

CIMG0934_convert_20151021201046.jpg

標高が上がってきたら曇ってきて寒くなりました。

CIMG0937_convert_20151021201107.jpg

二度上峠に到着。この先から長野原町に入ります。

CIMG0940_convert_20151021201147.jpg
CIMG0939_convert_20151021201123.jpg

北軽井沢方面へ下ったらまた晴れてきました。紅葉が綺麗。

CIMG0944_convert_20151021201207.jpg
CIMG0945_convert_20151021201228.jpg

北軽井沢は今が紅葉の見頃で写真を撮っている方も結構いました。

CIMG0949_convert_20151021201308.jpg

近くのコンビニで補給しました。前日の消耗の為かやたらと腹が減る(^^;

おにぎり4個と肉まんと魚肉ソーセージをペロリと完食。

食後のデザートにどら焼きまで食べました(笑)

この先、白糸ハイランドウェイとの交差点まで登りですが補給して元気が出た。

登りのピークに到着。この先はゴールまで大半が下りなので楽です。

CIMG0950_convert_20151021201324.jpg

軽井沢も紅葉が見頃でママチャリのレンタサイクルで散策している人も多かった。

軽井沢の駅前を通るR18は平坦。碓氷峠の手前で少し登る程度。

碓氷峠に到着。長野・群馬の県境の峠です。

CIMG0952_convert_20151021223731.jpg

碓氷峠から群馬側はテクニカルコーナーが連続するダウンヒル。

この辺りで絶対に外せないポイント。「碓氷第三橋梁」通称めがね橋。

CIMG0956_convert_20151021201349.jpg

煉瓦造りの4連アーチが美しい。橋の上はアプトの道の一部として遊歩道になってます。

めがね橋の近くの坂本ダム(碓氷湖)。

CIMG0960_convert_20151021201410.jpg

峠の釜めしで有名な横川駅の近くの中木ダム(妙義湖)にも立ち寄り。

CIMG0963_convert_20151021201430.jpg

ちなみにこの周辺の霧積・坂本・中木ダムはダムカードを配布しています。

中木ダムから起点の道の駅までは5kmほど。残り2kmから登り。

最後なので封印していたダンシングを使って一気にゴール。

2日間、愛車はノートラブルで頑張ってくれました。

2日間で約5100mと結構登ったので充実感もあるけど疲労感もかなり(^^;

でも絶景や紅葉も満喫して楽しい遠征ライドでした。

来月以降は静岡県内でも紅葉が見頃になるかな?










絶景の志賀草津道路

秋の遠征第2弾に行ってきました。

CIMG0845_convert_20151021200216.jpg


1泊2日、車中泊での遠征プラン。

1日目は国道最高地点の渋峠への登りを含めたコース。

埼玉時代は年2回登っていた渋峠ですが2年振りの挑戦。

超級山岳の渋峠を含む獲得標高3070mのなかなかハードなコース。

何度か走った事があるコースですが久しぶり。

道の駅北信州やまのうちを起点に渋峠を越え草津に下り時計回りで起点に戻る周回コース。



スタート直後から登りで標高2172mの渋峠まで標高差約1570m、26kmの登り。

R292、通称「志賀草津道路」

CIMG0820_convert_20151021200031.jpg

高い所にこれから登る橋が・・・。嫌でも目に入ります(^^;

CIMG0821_convert_20151021200045.jpg

橋まで来ました。気軽に止まって撮影出来るのがチャリの利点。

CIMG0827_convert_20151021200112.jpg

橋からは視界が開けて良い眺め。天気も最高でチャリ日和。

CIMG0823_convert_20151021200059.jpg

紅葉や景色を楽しみながら登ります。琵琶池まで来ました。

CIMG0831_convert_20151021200125.jpg

その先の木戸池も綺麗。ここはトイレと自販機があるので小休止しました。

CIMG0839_convert_20151021200139.jpg

平床大噴泉。温泉の蒸気が噴き出ていて硫黄臭がします。

CIMG0849_convert_20151021200232.jpg

マイペースで登り横手山の展望所に到着。渋峠の1km手前。

CIMG0851_convert_20151021200248.jpg

天気が良く日差しが強いので思っていたほど寒くない。

少し登って渋峠に到着。国道最高地点の石碑。

CIMG0862_convert_20151021200304.jpg

渋峠から先、群馬側は長野側とは山の景色が一変します。

群馬側の上の方は大きな木が生えていない。

CIMG0868_convert_20151021200318.jpg
CIMG0869_convert_20151021200339.jpg
CIMG0870_convert_20151021200401.jpg

渋峠から下りですが白根山・湯釜駐車場手前で少し登り返しがあります。

湯釜は現在、火山活動監視中で封鎖されています。

周辺は駐停車も禁止で監視員が見張ってます。少し離れた所から湯釜方向を撮影。

CIMG0875_convert_20151021200426.jpg

この先は草津まで豪快な下り。景色もダイナミック!

CIMG0877_convert_20151021200445.jpg
CIMG0878_convert_20151021200504.jpg
CIMG0879_convert_20151021200519.jpg

半分位、下った辺り。山の形が荒々しい。

CIMG0880_convert_20151021200536.jpg

硫化水素の蒸気が岩場から噴き出ている「殺生河原」

その為に周りには草も生えません。長居は無用。

CIMG0882_convert_20151021200617.jpg

草津の方まで下ると大きな木も生えていて紅葉のトンネルになってます。

CIMG0884_convert_20151021200645.jpg

草津温泉・湯畑に到着。流石に人が多かった。

CIMG0888_convert_20151021200704.jpg

ここで温泉饅頭と温泉玉子とコンビニおにぎりで補給。

草津から先は「つまごいパノラマライン」

車も少なく景色も最高。しかしアップダウンでかなり脚が削られます。

CIMG0899_convert_20151021200723.jpg
CIMG0901_convert_20151021200743.jpg
CIMG0902_convert_20151021200804.jpg

キャベツ畑が多いのもこの道の特徴。

CIMG0904_convert_20151021200825.jpg

国道に合流する手前から下りになりますが下った分登り返しでウンザリします。

ヒイヒイ言いながら登って鳥居峠に到着。群馬・長野の県境の峠。

CIMG0909_convert_20151021200843.jpg

鳥居峠からは2kmほどの下り。しかしその先から菅平高原まで10kmの登り・・・。

菅平ダムに立ち寄り。この時点でかなりの疲労感。

管理所アタックしてダムカードをゲット。周辺の紅葉は綺麗でした。

CIMG0911_convert_20151021200904.jpg

ちなみに菅平ダムに寄らずに菅平高原へ抜けるルートだと登る距離を減らす事が出来ます。

菅平高原でようやく登りのピーク。疲れた・・・。ここから須坂方面へ長い下り。

下った先の須坂や小布施の辺りは平坦基調の道。

ゴールの道の駅の手前数キロから緩やかな登りになります。

元気ならアウターでも登れる坂ですが余力が無いのでインナー固定(^^;

ノートラブルで無事にゴール。かなり疲れました。

愛車は快調ですが御主人様はバテバテ(^^;  やっぱり3000m以上登るのは疲れる。

経験済みのコースだったので最後辛くなるのは分かっていてペース配分も気を付けたのですが・・・。

クロモリ・Wレバーのツーリング車で私の脚力ではこれ位の獲得標高が限界かなぁ。


去年は伊豆に移住して初の夏シーズンで伊豆のルート開拓を重点的にしていたので遠征も少なかった。

やっぱり年1回位は3000m以上登った方がいいかな。渋峠は来年も登ります。

来年も車道最高所の乗鞍、最高所の車道峠の大弛峠、国道最高地点の渋峠とハットトリックを完成させたいと思います。

でその後は日帰り温泉で2時間ゆっくりして夕食も済ませて車中泊地の某所へ移動。

寝床をセット。小型車ですが足伸ばして寝られます。

CIMG0923_convert_20151021200923.jpg

温泉には入ったけど車中泊で疲れ取れるかな?

2日目も山岳コースを予定しているんだけど・・・(^^;




天城隧道と八丁池

天城隧道や八丁池など天城を散策してきました。

コースの大半がダートなので今回の相棒はアンカーのMTB

車載なので道の駅天城越えをデポ地にしました。



デポ地の道の駅から最短距離で天城隧道に向かえばそれほど遠くありません。

でも今回は未走行のダート林道を走る為にあえて一旦湯ヶ島まで下ります。

R414から県道59号に入ります。ここまではいつもの国士峠越えの道と同じ。

途中で右折して「荒原の棚田」

CIMG0751_convert_20151013190856.jpg

この先から道が簡易舗装になり激坂区間になります。

ここからしばらく人間には会いませんでした(笑)

激坂を登ってしばらくすると道がダートになります。

CIMG0755_convert_20151013190944.jpg

ダートの急坂区間はタイヤが滑って中々前に進まない・・・。

CIMG0757_convert_20151013191001.jpg

早くも今回のルート設定を軽く後悔・・・(^^;

ガードレールなどは無い。谷に落ちないように気を付けます。

CIMG0759_convert_20151013191017.jpg

誰も通らなく孤独。鹿は何頭か会いましたが(笑)

早朝や夜は鹿や猪などでサファリパーク状態かもしれません。

CIMG0761_convert_20151013191033.jpg
CIMG0762_convert_20151013191053.jpg

急坂でタイヤが滑る区間は押し歩きました。歩いた方が速い・・・。

所々で視界が開けて冠雪した富士山も見えました。

CIMG0763_convert_20151013191111.jpg

日当たりの良い場所でアンパンを食べ小休止。この段階で結構疲れてました。

CIMG0765_convert_20151013191126.jpg

R414の旧道に合流すると天城隧道はあと少し。

旧道も天城隧道以外はダート。

歩いて散策している方も数人いました。久しぶりに人間に会った(笑)

天城隧道に到着。正式名称は「天城山隧道」。

石造りで風情があるトンネル。国の重要文化財に指定されてます。

CIMG0771_convert_20151013191140.jpg

隧道、伊豆市側にはトイレと東屋があります。

CIMG0773_convert_20151013191155.jpg

隧道内はコンクリート舗装。

CIMG0776_convert_20151013191209.jpg

心霊スポットとしても有名な天城隧道。夜は一人で通りたくない。

隧道ぬけると河津町に入ります。河津側出口。

CIMG0777_convert_20151013191224.jpg

少し下ると寒天橋。石川さゆりさんの「天城越え」の歌詞にも出てきます。

CIMG0779_convert_20151013191241.jpg

この先、八丁池までは激坂続き。ダートで滑る区間は所々押し歩き。

バテバテになりながら八丁池の見晴らし台に到着。

八丁池の後ろに富士山も見えて良い眺め(^^)

CIMG0802_convert_20151013191410.jpg

湖畔に降りるには担ぎが必要。非力なので担ぎは苦手・・・(^^;

CIMG0795_convert_20151013191351.jpg

湖畔まで降りて来ました。気持ち良い。そして誰も居ない(笑)

CIMG0785_convert_20151013191256.jpg

風が冷たかったのですぐにウインドブレーカーを着ます。

湖畔の東屋でランチにしました。食後のコーヒー付き。

カップラーメンが美味しかった。

CIMG0793_convert_20151013191317.jpg
CIMG0794_convert_20151013191334.jpg

ランチ休憩も終わり下山します。大きい石でバランスを崩さない様に慎重に下ります。

昔、栃木でダートの下りで派手に落車して肋骨を骨折した苦い経験があるので。

帰りも天城隧道を通りR414に合流。アスファルト舗装路の復活です。

道の駅天城越えの手前700mの所から左折してダート林道を下ると滑沢渓谷。

CIMG0806_convert_20151013191426.jpg

さらにダート林道を登ると「太郎杉」があります。

天然記念物で天城一の立派な杉の木。写真より実物の方が迫力あります。

CIMG0814_convert_20151013191441.jpg

道の駅は近くなのですぐに到着。

ダートで荒れていた区間もあったけどパンク等のトラブルや落車も無く無事に終了。

今回、距離は短いけどダートの登りがきつく疲れました。

湯ヶ島からダート林道を登るルートは当分リピートは無いかなぁ(^^;







月イチ恒例、西伊豆スカイライン

今日は毎月走っている西伊豆スカイラインを走りました。



まだ薄暗い5時15分に出発。寒い・・・。

鹿路庭峠から修善寺までの間は寒くて身体が冷えました。

修善寺温泉、独鈷の湯。

IMG_0985_convert_20151010165741.jpg

今日は雲が多い・・・。午後からは雨予報。

とりあえず走っている間は大丈夫な感じなので達磨山レストハウス目指し登ります。

達磨山レストハウス到着。いつもの場所で。

IMG_0987_convert_20151010165801.jpg

休憩後の戸田峠までの登りが毎回地味にキツい・・・。

戸田峠から西伊豆スカイラインに入りますが相変わらず少ない交通量。

IMG_0989_convert_20151010165818.jpg
IMG_0990_convert_20151010165835.jpg

船原峠からは西天城高原線で風早峠~仁科峠のルート。

風早峠から仁科峠の間は1kmほどですが10%の坂で踏ん張りどころです。

仁科峠に到着。ここで折り返し天城湯ヶ島に下ります。

IMG_0994_convert_20151010165851.jpg
IMG_0995_convert_20151010165907.jpg

仁科峠からの下りも当然寒かった・・・。

湯ヶ島からは国士峠越えなので再び登り。

国道と県道を通って山越えを回避する事もできますが遠回りになるので国士峠越えた方が楽です。

国士峠を越えてお腹空いたのでランチを目指し一気に下り冷川まで走りました。

ランチ予定のバニラビーンズさんに到着するとまだ開店前。

開店時間を1時間勘違いしてました・・・(^^;

近くのバス停のベンチで休憩しながらいずのすけさんとメールでやり取り。

いずのすけさんは冷川峠に登った後に一度下って再び天城高原目指して登ったみたいです。

ちなみに天城高原登山口の駐車場は伊豆の車道最高地点です。

メールしたらこれから下山という事で一緒にランチする事にしました。

しばらく待つといずのすけさんが長い下りで震えながら到着(^^;

やっぱりこの時期下りは寒いです。登りでは汗かくから尚更。

ランチは2人共チキンカツカレー定食を注文。

味もボリュームも大満足(^^) 私は食後にケーキも食べました。

IMG_0997_convert_20151010165923.jpg
IMG_0998_convert_20151010165938.jpg

色々と情報交換などチャリ話をしながら楽しく食事できました(^^)

食後、私は冷川峠越えのいつものルートで帰宅。

いずのすけさんは雨雲の様子をうかがいながら狩野川CRを走るとの事。

帰宅後に予報通りの雨。いずのすけさんも何とか大丈夫だったみたいで良かった。

天気は曇りで景色はイマイチでしたが楽しいサイクリングでした。


来週から気温が下がるみたいなので服装に悩むなぁ。





病院へ行ってきました

タイトルから想像すると病気か怪我かと思われるかもしれませんがメタボ健診と大腸がん検査の結果を聞きに行っただけです。

前住所の埼玉では健診結果は郵送で来ましたが伊東では病院で結果を聞くスタイル。

診察扱いなので他の患者さんに混じって順番待ち。

特に問題無しなら健診結果を郵送してもらいたいのですが・・・。

昨年の健診は待ち時間含めて3時間位かかったので今年は空いてる病院をチョイス。

城ケ崎の老人ホームに併設された診療所で健診を受けました。

施設入居者くらいしか来ないので待ち時間含め30分で健診終了。

健診だけならここで十分かな。来年もここで受けよう。

で結果を今日聞きに行ってきました。もちろん、チャリです。

スタート直後の急坂以外は富戸海岸までは下りなので楽々。

まぁ、帰りは下った分を登る事になりますが(^^;

富戸海岸。伊豆大島をバックに。

IMG_0972_convert_20151008123430.jpg
IMG_0974_convert_20151008123505.jpg

最近、山ばかりだったので海が新鮮だ(笑)

IMG_0975_convert_20151008123530.jpg

門脇吊り橋の駐車場を過ぎアップダウンを繰り返しながら進みます。

城ケ崎オレンジ村の辺りまで来ると前方に大室山が見えます。

自宅はあの山の裏側。当然、登りが待ってます。

IMG_0976_convert_20151008123547.jpg

老人ホーム施設内の道路。職員の方に声をかけられました。

サイクリング中に間違って施設に侵入したと思われたみたいです(^^;

確かにチャリで来る人はあまりいないかもしれません。

IMG_0977_convert_20151008123614.jpg

待合室にはお年寄りが数人いました。

汗かきながら半袖、ショートパンツで受付をする完全に場違いな私(笑)

健診結果は特に変わりなく問題無し。

中性脂肪が基準値以下の43と少ないですが運動して食べているので問題ないとの事。

身長171cm体重52kgと体格だけはクライマー体型の私。

レース志向では無いので速くは走れませんが脚への負担は少ないのかも?

チャリがクロモリで重量面では不利なのでせめてものハンデです(^^;


中性脂肪が少なかったので近くの甘味処で補給(笑)

冷やし白玉ぜんざいをいただきました。

IMG_0980_convert_20151008123631.jpg
IMG_0981_convert_20151008123711.jpg

ここの甘味処で飼っているヤギが雑草を食べてました。

IMG_0982_convert_20151008123728.jpg

せっかく糖分補給したけどこの後は伊豆高原の急坂が待ってます。

また無駄にカロリー消費(^^; 登りで大汗かきました。

さくらの里まで登れば後は自宅までは下り基調。

秋ですね。近所の桜並木の葉も枯れて落ちています。

IMG_0984_convert_20151008123809.jpg

今年の健康診断も特に問題無くて良かった。

楽しいチャリ生活を送る為にも健康や怪我には気を付けたいと思います。

もう40過ぎの中年のオッサンなので無理は禁物(^^;






大弛峠と琴川ダム

遠征2日目は琴川ダム経由で国内最高所の車道峠、大弛峠へのヒルクライム。

大弛峠に登るのもビーナスライン同様に5年振り。

5年前はお盆休みに乗鞍、ビーナスライン、大弛峠と2泊3日の遠征でした。

あの時は3日連続の山岳コースで車中泊でした。

今回は1泊2日でしかもホテル泊なので余裕があります。

40過ぎてもう若くないので無理は禁物です(^^;

ホテルの朝食バイキングも遠慮なくガッツリ食べたので元気一杯。

デポ地は道の駅・花かげの郷まきおか。



ここから標高2360mの大弛峠まで約29㎞の登り。

ちなみに最高所の車道峠は2360mの大弛峠ですが車道最高地点は乗鞍の標高2716m。

乗鞍は毎年登っていて今年も7月に登っています。

琴川ダムまでが前半、ダムから峠までが後半といった行程。

前半の難所はスタート直後から始まります。

果樹園横のストレートの登り。この直登区間を含む約5㎞が結構キツイ。

CIMG0694_convert_20151006191623.jpg

琴川を渡る橋。この先からセンターラインが無くなり道が狭くなりますが勾配が緩くなります。

CIMG0695_convert_20151006191642.jpg

標高が上がってきて登っていても涼しく感じます。

CIMG0698_convert_20151006191702.jpg

スタートから約14Km登って琴川ダムに到着。左岸の展望台。

CIMG0702_convert_20151006191722.jpg

ダムはまた復路でゆっくり寄るので少し休憩してから峠目指して登ります。

ダムの展望台から少し下りますがすぐに急坂区間。

大弛峠への残り距離の看板が1Kmごとにあります。

CIMG0708_convert_20151006191751.jpg

林道ゲート。この道は冬季通行止め。ここから約3Km勾配が緩く脚が休められます。

CIMG0711_convert_20151006191808.jpg

標高が上がって写真撮影で止まると寒いですが登るには丁度良い。

CIMG0713_convert_20151006191827.jpg

風景の変化を楽しみながらの登り。気持ち良い。

CIMG0715_convert_20151006191845.jpg
CIMG0716_convert_20151006191916.jpg
CIMG0719_convert_20151006191936.jpg

標高2000mを越えました。峠まで残り5Kmの地点。

CIMG0720_convert_20151006191952.jpg

流石に寒い。山の景色も変わってきました。

CIMG0723_convert_20151006192009.jpg

大弛峠に到着。今日はチャリダーは私だけ。

CIMG0724_convert_20151006192030.jpg

ここから約15分登ると「夢の庭園」という展望所があります。

5年前は峠到着の時点でガスってたのでリベンジです。

チャリを置いて夢の庭園まで歩いて登ります。

CIMG0727_convert_20151006192047.jpg

ヒルクライムの後なので結構キツイ。しかもビンディングシューズで歩き辛い。

登った先からは絶景!まさに夢の庭園。

CIMG0741_convert_20151006192119.jpg

登ってきた道も見えます。

CIMG0732_convert_20151006192103.jpg

5年前のリベンジが出来ました(^^)

復路はご褒美の下りですがメチャクチャ寒かった・・・。

琴川ダムに立ち寄り。ダムカードも貰いました。

既に入手済みですがバージョンアップしている場合があるので念のため。

結局、以前貰った物と一緒でした。

ちなみに山梨県のダムカード6枚をコンプリートすると山梨のダム総合カードが貰えます。

ダム好きの私はもちろん既に入手済み。

琴川ダムは堤頂標高が1464mで国内4位の高さ。多目的ダムでは1位の標高。

上位3つの南相木、野反、上日川ダムは東電の発電ダム。

ダム右岸側から。

CIMG0744_convert_20151006192145.jpg

展望台まで371段の階段を登りました。疲れた・・・(^^;

CIMG0747_convert_20151006192203.jpg

ダムからデポ地の道の駅まで一気に下って無事終了。

2日間、楽しいサイクリングでした。ノートラブルで頑張ってくれた愛車にも感謝です。

秋の遠征第二弾はどこに行こうかなー。考えるのも楽しみ(^^)









秋のビーナスライン

週明けからの平日休みを利用して秋の遠征第一弾に行ってきました。

今回の遠征地は長野と山梨。1泊2日の予定で2日間サイクリングを楽しみます。

当初、車中泊の予定でしたが空室があったので急きょ石和のビジネスホテルを当日予約。

ホテル泊なのでゆっくりと寝られました。

遠征1日目はビーナスラインを走って蓼科湖、白樺湖、霧ヶ峰高原を巡るコース。

車載での遠征なのでデポ地は道の駅・小淵沢。



ビーナスラインを走るのは2010年8月以来5年振り。

秋にビーナスラインを走るのは初めての事。

小淵沢で出発時の気温は10℃。スタートから登りでしたが寒い。

朝は曇っていたので余計に寒く感じました。

CIMG0622_convert_20151006191121.jpg

起点の小淵沢は山梨県ですがすぐに長野県に入ります。

途中から八ヶ岳エコーラインに入りそのままビーナスラインに合流します。

八ヶ岳エコーラインの快走区間はスピードも出るので激寒でした。

ビーナスラインに合流し登りになると寒さから解放されてホッとした(笑)

ビーナスラインを登り蓼科高原を抜け蓼科湖に到着。

CIMG0626_convert_20151006191208.jpg

蓼科湖から先、すぐに急坂区間がありグイグイと高度が上がります。

前半の登りのピークはすずらん峠。そこまで登りが続きます。

すずらん峠手前の展望所。登ってきた道も見えます。

CIMG0637_convert_20151006191221.jpg

すずらん峠に到着。ここから白樺湖までは一旦下りです。

CIMG0638_convert_20151006191235.jpg
CIMG0639_convert_20151006191249.jpg

白樺湖に向け下っていると日が差してきました。

白樺湖に到着。晴れて良かった(^^)

CIMG0642_convert_20151006191304.jpg

少し湖畔をブラブラ。これから登る山が見えます。

CIMG0647_convert_20151006191334.jpg

白樺湖で休憩後、霧ヶ峰高原に向かって再び登り。

景色が良いので登りも苦にならない。

CIMG0649_convert_20151006191319.jpg
CIMG0650_convert_20151006191349.jpg

途中の展望台から。下に白樺湖が見えます。

CIMG0652_convert_20151006191403.jpg

霧ヶ峰高原の辺り。

CIMG0667_convert_20151006191422.jpg

登りのピークに到着。

CIMG0672_convert_20151006191452.jpg
CIMG0671_convert_20151006191436.jpg

ここから茅野まで長い下りです。高原道路の雰囲気は良いですね。

CIMG0678_convert_20151006191508.jpg

途中からビーナスラインとはお別れ。

湿原の中の道を茅野に向かって下りますがこの道も景色が良い。

CIMG0690_convert_20151006191527.jpg

茅野まで下った後は八ヶ岳エコーライン。日が差して少し暑くなった。

CIMG0693_convert_20151006191543.jpg

デポ地の道の駅の手前1㎞にある八ヶ岳リゾートアウトレットに立ち寄り。

ここまで来たらもう着いたようなモノ。

5年前にも立ち寄ったけどお盆期間中だったので人が多くてすぐに退散しました。

今回は平日なので空いてました。

とうふドーナツとコーヒーでおやつタイムにしました(^^)

IMG_0969_convert_20151006191605.jpg

秋にビーナスラインを走るのは初めてだったので新鮮な感じがしました。

でも早朝や下りがメチャ寒いのでやっぱり走るのは夏の方が良いかなぁ。


その後はチャリを車に積み込み宿泊地の石和まで移動。

チェックイン前に早めの夕食。山梨に来るとお約束のほうとう。

色々と楽しい遠征1日目でした。





«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果