2016-01

Latest Entries

2016年1月のまとめ

今年から月間の走行記録をまとめる事にしました。

2016年1月 距離は694.7km、獲得標高は13080mでした。

距離はほどほどですが例年の1月よりも獲得標高は多かったと思います。

1万m以上登れたのは暖冬のおかげ。中旬以降は寒波がやってきましたが・・・。

年初は西伊豆スカイラインや十国峠など獲得標高2000m超のコースも走れました。

CIMG1699_collage_convert_20160130204656.jpg

昨年は元旦早々の降雪でしばらく峠が走れなかったですからね。

暖かく天気が良かった日を逃さずに走れたのが良かった。

暇人・自由人ですからねぇ。乗る時間を確保するというハードルはかなり低い(笑)

真冬なので当然寒いですがこの時期は空気が澄んで景色は良いですね。

自称晴れ男の私(笑)今月は快晴でのサイクリングが多く絶景を楽しめました。

細野高原、南伊豆、浜石岳を走った日も快晴でチャリ日和。初日の出もバッチリでした。

CIMG1646_collage_convert_20160130204711.jpg
CIMG1914_collage_convert_20160130204724.jpg
CIMG2183_collage_convert_20160130204737.jpg

今月は県外遠征は無かったけど伊豆半島を中心に気持ち良く走れて満足。

2016年の始まりとしては幸先の良いスタートだったと思います。

レース志向やトレーニング目的では無いので数字的な目標は特にありません。

絶景を求めて山を登ったりダム巡りなどが自分のチャリのスタイル。

そもそもクロモリWレバーのツーリング車なので速さを追及する自転車では無い。

まあ軽量カーボンのロードバイクに乗っても速く走れる脚力は無いけど(^^;

来月以降もコンスタントに乗りたいですね。もちろん安全第一で。

コンスタントに乗れるという事は健康であるという事でもありますしね。

2月は毎年走る時間が一番短い月だけどどれだけ乗れるかな?

河津桜も楽しみだし今月みたいに快晴でのサイクリングを楽しみたいです。
スポンサーサイト

激坂&絶景の浜石岳

CIMG2182_convert_20160127163249.jpg

寒さも少し和らいだ本日は激坂&絶景で有名な浜石岳に登ってきました。

伊豆に移住した後に初めて知った浜石岳。今回が初トライです。

早朝出発だと鹿路庭峠が凍結してるので狩野川記念公園まで車載。

路面状況の確認の為に鹿路庭峠経由で行ってみましたが早朝はチャリだと滑るかもしれません。

でも日の出後の出発なら大丈夫かな?

由比までは狩野川CRと海岸沿いの堤防道路で。復路も同じです。



日の出前に出発。日中は気温が上がるとの予報ですが早朝は当然寒かった。

富士山を正面に見ながら狩野川CR。朝焼けの富士山が綺麗でした(^^)

CIMG2164_convert_20160127163102.jpg

沼津からは海岸沿いの堤防道路。快晴で風も弱くチャリ日和。

CIMG2166_convert_20160127163115.jpg

田子の浦で小休止。田子の浦みなと公園には自販機とトイレがあるので休憩に最適。

CIMG2170_convert_20160127163129.jpg
CIMG2172_convert_20160127163143.jpg

平坦区間で脚を温存しながら走って由比まで来ました。途中で山方向に右折して登りの始まり。

初めて走る道だけど浜石岳までの案内板が頻繁に出ているので分かりやすいですね。

浜石岳への分岐。右の道を登ります。この先から激坂連発。

CIMG2173_convert_20160127163157.jpg

噂通りの激坂だ(^^; インナー・ローでダンシングしながらヨロヨロと登ります。

CIMG2174_convert_20160127163211.jpg
CIMG2206_convert_20160127163406.jpg

写真撮影が無くても自分の脚力では足つき無しで全部登るのは厳しいかも(^^;

特に前半の2km程が強烈でした。この直登もきつかった・・・。

回すペダリングなど出来る訳も無く目一杯ペダルを踏みつけるのみ(^^;

CIMG2175_convert_20160127163225.jpg

後半もそれなりの急坂が続くのですが前半が強烈だったので少し楽に感じた(笑)

舗装路の終点に到着。いやー、疲れた。これはサイクリングでは無く修行ですね(^^;

CIMG2177_convert_20160127163237.jpg

ここからチャリを担いで山頂まで登ります。歩いて2分位かな。

ホリゾンタルなので担ぎやすいけどクロモリなので軽くはない(笑)

山頂は360度のパノラマで絶景!!今日は快晴で風も弱いので気持ち良い(^^)

CIMG2201_convert_20160127163340.jpg
CIMG2182_convert_20160127163249.jpg
CIMG2205_convert_20160127163354.jpg

由比の街と海岸線を見下ろせます。駿河湾越しに伊豆半島も。

CIMG2186_convert_20160127163301.jpg
CIMG2195_convert_20160127163327.jpg

海の反対方向は南アルプスの山々が。

CIMG2191_convert_20160127163314.jpg

絶景を堪能して登ってきた激坂を下って下山します。路面が悪いので慎重に・・・。

次は薩埵峠を目指します。薩埵峠は昨年11月の川根温泉へのチャリ旅の時以来。

薩埵峠への分岐、由比の壁(笑)登り始めが激坂ですが距離は短いので大変ではない。

CIMG2208_convert_20160127163419.jpg

薩埵峠に到着。ここからの景色も相変わらずの絶景ですねー。

CIMG2210_convert_20160127163433.jpg

ここで折り返して往路と同じコースで帰ります。平坦区間を快走。

CIMG2217_convert_20160127163446.jpg

狩野川CRに合流。伊豆半島に帰ってきました。

CIMG2218_convert_20160127163458.jpg

無事に本日のサンイクリング終了。距離133.1km 獲得標高1058mでした。

今日は激坂&絶景に加えて久しぶりの平坦路も満喫しました。

浜石岳は激坂が強烈でしたが絶景なので再訪したいと思います。

次回は桜えび漁の時期に合わせて行こうかな。




仕事後のウォーキング

今朝は寒かったですねー。仕事で日の出前に家を出たけどメチャ寒かった。

近くに急坂が多いので冬はスタッドレスを履いてますが早朝の運転は注意ですね。

仕事を午前中にサクッと終わらせ帰宅してから近所をウォーキング。

寒いけど天気が良いとやっぱり外に出たくなりますね。

標高差230mを登っていつもの散歩コースのシャボテン公園に到着。

寒いけど今日は風が弱いので良かった。先日の降雪で富士山も綺麗。

IMG_1132_convert_20160125150311.jpg
IMG_1131_convert_20160125150255.jpg

冬は空気が澄んでいるので湘南の海岸線や三浦半島まで見渡せます。

IMG_1130_convert_20160125150238.jpg

伊豆大島。先日までロードレースのアジア選手権が開催されていました。

IMG_1129_convert_20160125150215.jpg

今年の大室山の山焼きは2月14日です。雨天や雪が残っている場合は順延。

山全体を丸々と焼くのでなかなか迫力あります。近くだと炎の熱を感じますよ。

IMG_1135_convert_20160125150326.jpg

昨年の山焼きの様子。シャボテン公園への登りの途中から見物しました。

image1_convert_20160125154241.jpg

山焼き当日は駐車場は満車で周辺道路も渋滞するのでチャリが便利。坂はあるけど(^^;

昨年もロードバイクで来られた方を何人か見かけました。

山焼き途中で移動して別の場所から撮影とかも簡単なのがチャリのメリット。

今年はどの場所で見物しようかなー?楽しみ(^^)

近場の3峠と萬城の滝

CIMG2153_convert_20160123144111.jpg

週末は強烈な寒波到来との予報でチャリや車の運転には注意ですね。

伊豆では夕方から雨の予報。標高が高い所はこの寒さだと雪でしょうね。

昼過ぎまでは大丈夫そうなので近場を少し走りました。

近場の3つの峠越えと萬城の滝を巡る中伊豆周回コース。



寒いけどスタートから鹿路庭峠まで登りなので身体が暖まり汗もかきます。

先日、自宅周辺は雨でしたが鹿路庭峠は雪だった模様。まだ雪が残ってます。

CIMG2143_convert_20160123144008.jpg

峠からの下りは激寒・・・。とりあえず早朝以外は凍結はしてないです。

冬場に峠道を走るチャリダーの方ならご存じだと思うけど路面に撒かれた融雪剤で滑る可能性もあるので下りのコーナーは要注意です。

冷川まで下ってからはのどかな田舎道で修善寺方面へ。

CIMG2146_convert_20160123144021.jpg

狩野川沿いの県道を走って明徳観光センターで草餅休憩。今年初です。

CIMG2147_convert_20160123144033.jpg

今日は天気を警戒してか車が少ないですね。特に県外ナンバーの車があまり走ってない。

湯ヶ島から国士峠を目指して登り。途中から路肩に雪が残ってました。

早朝以外なら凍結してないのでチャリで普通に走れます。国士峠に到着しました。

CIMG2148_convert_20160123144046.jpg

国士峠から下って筏場から少し登り返して萬城の滝に到着。誰もいない(笑)

CIMG2150_convert_20160123144059.jpg
CIMG2152_convert_20160123155653.jpg

ラスボス冷川峠には雪が残ってませんでした。この辺りは雨だったのかな?

CIMG2156_convert_20160123144126.jpg

冷川峠から下っていつもの奥野ダムで最後の休憩。

CIMG2157_convert_20160123144141.jpg
CIMG2159_convert_20160123144156.jpg

帰り道沿いにあるパン時館さんでパンを数個購入。買い物にフロントバッグは便利です。

CIMG2160_convert_20160123144209.jpg

天気が崩れる前に早めの帰宅。本日は距離68.3km獲得標高1364mでした。

それにしても今月中旬から一気に寒くなりましたね。年末から正月にかけては暖かかったけど。

月初は日の出前出発で西伊豆スカイラインとか十国峠を走ったりしたけど今は無理ですねー。

寒いのは我慢するけど雪は後々も厄介なので勘弁してほしいですね。








南伊豆満喫サイクリング

CIMG2057_convert_20160121161906.jpg

急に寒くなりましたね。伊豆でも比較的温暖な南伊豆エリアを走ってきました。

今回は途中まで車載。デポ地は道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」です。



スタートしてまずは峠越え。朝は寒かったけど登りに入ると身体が暖まってきました。

蛇石峠に到着。ここから下って南伊豆町に入ります。

CIMG2048_convert_20160121161814.jpg

峠から下り南伊豆町に入って少し登り返すと青野大師ダムです。

CIMG2051_convert_20160121161830.jpg

伊豆半島内には河川法上でのダムは3つです。

他の2つはお馴染み伊東市の奥野ダムと伊豆の国市の長瀬ダム。

青野大師ダム&奥野ダムはダムカードを配布しています。管理所は普段は無人。

管理所前にあるスタンプかダムの写真を道の駅「下賀茂温泉・湯の花」か下田土木事務所で
提示すればダムカードを貰えます。

ちなみに私は4年前に既に入手済みです。

下流、堤体直下にも行けます。ここで小休止しました。

CIMG2054_convert_20160121161853.jpg

休憩後、次のチェックポイントを目指して走ります。やっぱり南伊豆はそれほど寒くない。

下田市の田牛海水浴場に到着。南伊豆はいつも海が綺麗ですねー。

CIMG2057_convert_20160121161906.jpg

田牛海水浴場の近くにある龍宮窟。波の浸食でできた海の洞窟(海食洞)です。

CIMG2063_convert_20160121161920.jpg

遊歩道の階段を登って上から見下ろすと岩の浸食部がハート型になってます。

CIMG2073_convert_20160121161934.jpg

伊豆半島の南端を目指して先に進みます。白い砂浜は弓ヶ浜。

CIMG2076_convert_20160121161947.jpg

天気も最高で気持ち良い。でもこの先からゴールまでアップダウンのオンパレードです。

CIMG2087_convert_20160121162000.jpg

石廊崎灯台に到着。ここまでチャリ乗車で行けます。

CIMG2096_convert_20160121162042.jpg

灯台から少し歩くと伊豆半島の最南端、石廊崎。

CIMG2088_convert_20160121162012.jpg

今日は風が弱くて良かった。石廊崎の先端からの眺め。

CIMG2090_convert_20160121162028.jpg
CIMG2092_convert_20160121212131.jpg


石廊崎近くのあいあい岬。景色は良いけどアップダウンで脚が削られます(^^;

CIMG2098_convert_20160121162055.jpg

R136(マーガレットライン)に合流しても相変わらずのアップダウン。

基本的に伊豆の海岸線は山を越えて港町に下りまた山を登るの繰り返しです。

雲見まで来ると富士山が見えます。先日の降雪で綺麗ですね。

CIMG2115_convert_20160121162111.jpg
CIMG2120_convert_20160121162139.jpg

天気が良いので南アルプスも綺麗に見えました。

CIMG2117_convert_20160121162125.jpg

港町に下った後は当然登り(笑)雲見を出てすぐに海が眼下になります。

CIMG2126_convert_20160121162152.jpg


こちらは岩地温泉の海水浴場の砂浜。南伊豆、西伊豆エリアは海が綺麗。

CIMG2132_convert_20160121162207.jpg

松崎までの最後の登りのピークを越え堂ヶ島も見えてきました。

CIMG2137_convert_20160121162221.jpg

松崎の街はなまこ壁の建物が見所。あちらこちらになまこ壁の建物があります。

CIMG2138_convert_20160121162234.jpg
CIMG2140_convert_20160121162300.jpg

川沿いの平坦路を快走して無事に道の駅に到着。距離94.1km 獲得標高1626mでした。

私がこのコースを走る時は夏以外です。夏は平日でも海水浴客など人が多いので・・・。

空気が澄んで景色が良い冬がベストかな。ただ強風暴風の時はオススメしません(^^;














定番のチャリ散歩コース

昨夜の雨で朝は路面が濡れていたので今日は昼過ぎから散歩程度のライド。

この辺りの地形の宿命で近場の散歩コースでも登りか下りしかありません(^^;



スタートから1km程登れば後は富戸海岸までは下り。行きは楽々、帰りは(笑)

元旦に初日の出を拝んだ富戸海岸。本日の1番低い場所で海抜6m。

CIMG2023_convert_20160116170104.jpg

少し走った所から見た富戸海岸方向の景色。

CIMG2025_convert_20160116170117.jpg

この先はアップダウンの繰り返し。城ケ崎海岸の吊り橋は休日で人が多いのでスルー。

伊豆高原駅近くのヤギが居る甘味処で休憩。温かい白玉ぜんざいをいただきました。

CIMG2037_convert_20160116170155.jpg
CIMG2030_convert_20160116170142.jpg

ここから大室山の駐車場まではオール登り。軽いギヤで伊豆高原の急坂を黙々と登ります。

大室山の向かいのシャボテン公園への道。なかなかの急坂が出迎えてくれます。

CIMG2038_convert_20160116170207.jpg

ちなみに昨年の大室山の山焼きはこの急坂の所で見物しました。

山焼き当日は駐車場も混雑し道路も渋滞するのでチャリがオススメ。

シャボテン公園に到着。本日の最も標高が高い場所で428m。

CIMG2045_convert_20160116170232.jpg

普段のウォーキングでもよく来る場所。駐車場から海や伊豆高原を見下ろせます。

駐車場まで来るのは歩きかチャリなら無料です。

CIMG2041_convert_20160116170219.jpg

今日は雲が多かったですが富士山も綺麗に見えます。下は先日散歩した時の写真。

image1_convert_20160116170311.jpg

シャボテン公園からは下りで無事に帰宅。距離23km、獲得標高660mでした。

起伏が多いので距離の割には結構登りますね。

帰宅後はノートン号のチェーンのローテ。先日イノテック処理したチェーンのローテーション。

オイルが乾燥して触ってもベトベトしません。イノテックの処理済みなので繋ぐだけ。

CIMG2046_convert_20160116170246.jpg

外したチェーンはトレーの中に入れてイノテック処理。初回の様に脱脂洗浄作業が無いので楽。

オイルに浸して汚れも同時に落ちます。汚れが落ちたらウエスで拭いて最後に軽くオイルを塗布。

CIMG2047_convert_20160116170258.jpg

後は吊るして部屋干しで乾燥させるだけ。当分の間は吊るしたまま放置しておきます。

乾燥時間を気にしなくてもよいのでチェーンはローテ制にして正解でした。









絶景の細野高原&三筋山

CIMG1937_convert_20160114151000.jpg

オフになった本日少し走ってきました。毎年、年初は仕事が暇です(^^;

今日のコースは細野高原経由で三筋山へ。昨年11月に走ったルートと同じです。

前回同様に相棒はダホン。自宅~伊豆高原駅は自走。伊豆高原~伊豆稲取まで輪行。

CIMG1929_convert_20160114150907.jpg

天気が良く伊豆諸島を眺めながら電車に揺られて伊豆稲取駅に到着。

伊豆稲取駅から最終目的地の三筋山登山口まで9.5km標高差約690mです。



駅を出た直後から急な登りですぐに伊豆稲取駅を見下ろす様になります。

CIMG1931_convert_20160114150921.jpg

序盤は所々に激坂区間がありギヤはほとんどインナーローのまま(^^;

CIMG1935_convert_20160114150933.jpg

細野高原へのメインルートに合流すると案内板も出ているので迷う事は無いと思います。

CIMG1936_convert_20160114150948.jpg

この先、細野高原までは激坂は無いけどなかなかの坂。直登区間もあり結構疲れる。

勾配が緩くなり景色が開けると細野高原に到着です。

CIMG1937_convert_20160114151000.jpg

私が毎回ここにダホンで来る理由は輪行が簡単な事もあるけど1番の理由は他にあります。

ダホンはスタンドが標準装備なので草原みたいな場所でも写真撮影がしやすいから。

何回来ても気持ちの良い所。逆光で分かりづらいけど伊豆諸島も綺麗に見えます。

CIMG1944_convert_20160114151013.jpg

山頂を目指し先に進みます。標高740mの三筋山登山口までチャリ乗車で行けます。

CIMG1945_convert_20160114151027.jpg

細野高原には4つの湿原があります。こちらは中山1号湿原。

CIMG1947_convert_20160114151041.jpg

こちらは桃野湿原からの景色。

CIMG1954_convert_20160114151056.jpg

ここから山頂まで激坂連発の最凶区間の始まりです。景色は良いけどキツイ(^^;

CIMG1962_convert_20160114151111.jpg
CIMG1996_convert_20160114151333.jpg


草原の中の急坂を黙々と登る。写真撮影という名の脚休めが多くなります(笑)

CIMG1965_convert_20160114151125.jpg

空に向かって走る道。ゴール直前は特にキツイ。

CIMG1968_convert_20160114151138.jpg

標高740mの登山口に到着。チャリをデポして歩いて山頂まで登ります。

CIMG1969_convert_20160114151151.jpg
CIMG1974_convert_20160114151211.jpg

山頂までは階段状の九十九折れの道。結構疲れるけど絶景で気持ち良い。

CIMG1975_convert_20160114151244.jpg

10分ほどで三筋山・山頂に到着。標高821m。

CIMG1979_convert_20160114151229.jpg

相変わらずの絶景ですね。私が来た時間は風も弱くて良かった。

CIMG1990_convert_20160114151317.jpg

天城方向の景色。こちらも尾根沿いに風車が設置されてます。

CIMG1982_convert_20160114151301.jpg

山頂を散策した時に少し動画を撮影してみました。相変わらずのブレブレですいません(^^;

三筋山・山頂動画

帰りは海抜0mに近い稲取漁港まで標高差740mをダウンヒル。

激坂に加えて簡易舗装なのでブレーキレバーを握る指が疲れます。

CIMG2005_convert_20160114151348.jpg

稲取漁港まで下って来ました。風が強くなってきたけど下山後で良かったー。

CIMG2021_convert_20160114151419.jpg

ランチは前回も立ち寄ったマナスカフェさんでチーズハンバーグプレートをいただきました。

CIMG2012_convert_20160114151404.jpg

相変わらず明るく面白い店のママさん。昨年11月にもチャリで来たので覚えていてくれました。

ママさんは沖縄出身なので沖縄風のメニューや手作りのサーターアンダギーも売ってます。

おやつ用に持ち帰りでサーターアンダギーを買い伊豆稲取駅で電車待ちの間に食べました。

帰りも伊豆稲取~伊豆高原は輪行。やっぱり輪行を使うと楽ですねー。

伊豆高原の急坂を登って無事に帰宅。自宅~伊豆高原の往復は距離15km獲得標高489m。

本日の合計は距離34km、獲得標高1275mでした。距離は短いけどミニベロで1200m登ると疲れますねー。

細野高原&三筋山は伊豆の中でもかなりお気に入りの場所。

細野高原はススキの名所ですがススキの季節以外でも楽しいですよ。人が少ないし。

伊豆に来られる激坂と絶景が好物のチャリダーの方にはかなりオススメです。















































東伊豆・天城路周回

CIMG1914_convert_20160111135723.jpg

今日は河津側からループ橋経由で天城路を走る周回コースです。



日の出前に出発。さくらの里まで登りでそこから伊豆高原の急坂を下ってR135に入ります。

今日のコースはいつもの鹿路庭峠を越えない数少ないルートの1つ。

まだ早朝なのでR135も車は少ない。河津までのR135を早朝に抜けてしまうのがこのコースのポイントです。

西伊豆ほどキツくはありませんが東伊豆の海岸線もそれなりに起伏があります。

左に海を眺めながら走って片瀬白田の辺りで日の出を迎えました。

CIMG1906_convert_20160111135604.jpg
CIMG1907_convert_20160111135619.jpg

稲取の街が眼下に見えてくると取りあえず登りのピーク。ここから河津まで下り基調です。

CIMG1908_convert_20160111135633.jpg

河津の海岸線が本日の標高が最も低い地点。海抜8m。

河津からR414の新天城トンネルまで登り。途中まで河津川沿いの遊歩道を走ります。

来月には遊歩道沿いに河津桜が咲いて見物客が多く訪れます。

CIMG1910_convert_20160111135650.jpg

R414を登って河津七滝ループ橋が見えてきました。二重のループ橋です。

CIMG1912_convert_20160111135706.jpg

ループ橋を越える前にちょいと滝見物。七滝見物の遊歩道。

CIMG1919_convert_20160111135753.jpg

河津七滝の1つ、初景滝。早い時間なので誰もいなく貸し切り。

CIMG1916_convert_20160111135737.jpg

再びR414に合流してループ橋を越えしばらく登ると新天城トンネルに到着です。

CIMG1923_convert_20160111135809.jpg

有名な天城隧道は旧道になります。下の写真は昨年10月に行った時の物。

CIMG0771_convert_20151013191140.jpg

旧道はダートなのでMTBやシクロクロス、太いタイヤを履いたランドナーなどが無難。

私も天城隧道に行く時はいつもMTBで走ってます。

新天城トンネルから湯ヶ島まで下り。湯ヶ島からはいつもと同じで国士峠、冷川峠を越えて帰ります。

国士峠は相変わらず静か。日中は凍結してません。

CIMG1925_convert_20160111135824.jpg

冷川峠を越える前にバニラビーンズさんでランチ休憩。今年初。

CIMG1926_convert_20160111135838.jpg

ランチで満腹になって冷川峠を一気に越えていつもの奥野ダム。

CIMG1928_convert_20160111135852.jpg

13時前に無事に早めの帰宅。距離92km、獲得標高1870mでした。

来月、河津桜の時期に合わせてまた同じコースで走る予定です。

行くならやっぱり人の少ない早朝かな。人混み苦手なので出来れば平日で(笑)

2月下旬ならもう少し出発を早く出来るかもしれませんね。












チェーンのローテーション

私の使用しているチェーンオイルはイノテック105です。

初回の完全脱脂がかなり面倒ですがあまり汚れが付着しなく潤滑性能もなかなか良い。

塗布したイノテック105が乾燥する過程で皮膜が形成されてチェーンがコーティングされます。

しかし乾燥に時間がかかるのが難点。乾燥が不十分だと余分な油分が滲み出て汚れてしまいます。

私も最初の導入時は脱脂と乾燥が不十分だった為にチェーンがかなり汚れました。

ネットで情報を見ると同じ様な方もいますね。私も最初は完全に失敗(苦笑)

なので年末に新品チェーンに交換した時は脱脂と乾燥を念入りに行いました。

交換してから4回乗ってますがチェーンはあまり汚れていなく潤滑性能も保ってます。

イノテック処理した新品チェーンで4回乗って距離400km獲得標高7800m。

まだ音鳴りも無く潤滑性能も保っていますが、そろそろオイル再塗布の時期。

オイル再塗布の時は初回の様に完全脱脂が必要なくオイルを再塗布し乾燥させるだけ。

しかしオイルの乾燥に時間がかかるのは同じ。今の季節なら尚更時間がかかる・・・。

なのでネットで見たユーザー情報を参考にチェーンは2組でローテーションする事にしました。

製造終了したデュラエースの10速用チェーンのストックが無くなったので今回からアルテグラ。

CIMG1899_convert_20160110153542.jpg

デュラと違ってピンが中空タイプでは無いので若干重いですが私のレベルでは走行時に違いは分からない(笑)

せめてチェーン位はデュラエースをという自己満足ですね(^^;

ちなみに私はその他にデュラパーツを採用しているのはプーリーとWレバーです。

初回の完全脱脂作業の流れは前回と同じ。新品チェーンを灯油漬け→パーツクリーナー。

CIMG1901_convert_20160110153555.jpg

その後、中性洗剤で念入りに洗浄。そしてダメ押しで煮る(笑)

CIMG1902_convert_20160110153608.jpg

10分ほど煮込み余分な油分を浮かせ最後にもう1回中性洗剤で軽く洗浄。

チェーンが乾いてからトレーの中でイノテック105を多めに塗布して各部に浸透させます。

CIMG1903_convert_20160110153622.jpg

後はチェーンを吊るして乾燥させるだけ。とりあえずしばらく放置です。

チェーンのローテ制はオイルの乾燥に時間をかけられるのが良いですね。


さて明日も天気が良さそうだし何処を走ろうかな?










久し振りの十国峠

CIMG1886_convert_20160109150005.jpg

天気も良く自転車日和の今日は十国峠まで行ってきました。

十国峠は昨年9月に箱根芦ノ湖に行った時以来4ヶ月ぶり。

田方側から登り復路で伊豆CSCの近くを通り中伊豆ワイナリーに立ち寄るコース。



いつも通り鹿路庭峠を越えて修善寺方面へ。日の出前の出発ですが路面の凍結は無し。

修善寺からは狩野川CR。早朝なので寒いけど風が弱くて良かった。

CIMG1882_convert_20160109145921.jpg
CIMG1883_convert_20160109145936.jpg

途中からCRを外れ丹那方面への登り口まで田方平野を走ります。登り備えて平坦区間は脚を温存。

別荘地に隣接する車通りの少ない道を登って熱函道路に合流します。

熱函道路から丹那盆地の景色。背後に富士山。

CIMG1885_convert_20160109145950.jpg

難所の鷹ノ巣山トンネルを注意しながら通過。トンネルの先から左折で熱海梅ラインへ。

熱海梅ラインは所々で急坂区間有り。伊豆スカイライン熱海峠ICを過ぎると十国峠レストハウスです。

CIMG1890_convert_20160109150047.jpg
CIMG1887_convert_20160109150020.jpg

ここから8km先がR1との交差点の箱根峠で少し下ると芦ノ湖です。

ここから登りのピーク箱根峠までは勾配も緩いので十国峠まで登ればほぼ着いた様なモノ。

CIMG1889_convert_20160109150035.jpg

箱根は人が少ない平日に行くと決めているので今日はここで折り返し。

丹那盆地方面へ下って酪農王国オラッチェ。

CIMG1891_convert_20160109150101.jpg

ここから別荘地内の坂道、「ダイヤランド峠」を越えて中伊豆ワイナリーを目指します。

相変わらず手強い「ダイヤランド峠」 残り1kmのゴルフ場脇の坂はいつもヘロヘロ(^^;

富士見パークウェイに合流で登りのピーク。しばらく下りで脚休めが出来る。

CIMG1895_convert_20160109150115.jpg

東京五輪・自転車競技の会場、伊豆CSCの近くを通りワイナリー方面へ。

ワイナリーへの道に合流すると再び登りでなかなかの坂が出迎えてくれます(^^;

中伊豆ワイナリーに到着。ここでコンビニおにぎりでランチ休憩しました。

CIMG1896_convert_20160109150130.jpg

山を下ってからはいつもの冷川峠越えのルートで奥野ダム。

CIMG1898_convert_20160109150144.jpg

距離112.9km 獲得標高2176mでした。真冬の今の時期でも月間で1万m以上登れるかな?

昨年は元旦の雪でしばらく峠道が走れなかったけど今年は暖冬で普通に走れますね。

暖冬でも突然大雪が降る事もあるので走れる時はなるべく走ろうと思います。





























«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果