2016-02

Latest Entries

2016年2月のまとめ

今月のまとめです。

2016年2月 距離は577.9km、獲得標高は11333mでした。

ちなみに先月は距離は684.7km、獲得標高は13080m。

距離、獲得標高共に先月より少ないですね。

でも1月は年始も含めた休日が多かったので妥当な結果かな。


今月も1月同様に快晴でのサイクリングが多く絶景を楽しめたのはラッキーでした。

箱根の芦ノ湖に行った時も快晴でチャリ日和。富士山も綺麗。

CIMG2317_collage_convert_20160229195019.jpg

2月恒例の河津桜見物ライドも良い天気で満開の河津桜を満喫。

混雑を避けて早朝出発だったので空いてる時間に見物できました。

CIMG2687_collage_convert_20160229195125.jpg

その他にも定番の西伊豆スカイラインや西海岸を走ったりしました。

でも今月のハイライトはやっぱり伊豆大島でのサイクリング。

伊東港からの便だと日帰りでは日中の時間が取れないので1泊のプランに。

結果的にのんびり走って伊豆大島を満喫出来たので泊まりにして正解。

ネット予約&復興支援の割引、株主優待とフル活用したので船の運賃、宿泊費は格安でした。

船のネット予約は72時間前までが原則なので当日の天気は「賭け」です。

3日後の天気予報なんてコロコロ変わりますからね。晴れ予報が一転して雨とか。

晴れ男の私は今回も運よく賭けに勝ち快晴でのサイクリングを楽しめました。

1日目の午前中は強風に苦しめられましたが・・。晴れ男だけど風運は悪い私(笑)


大島一周道路や海岸線のCRを走って島一周。景色も良かった。

CIMG2399_collage_convert_20160229195032.jpg

三原山も火口のお鉢巡りなど1時間半程歩いて散策。近くで見る火口は迫力がありました。

CIMG2515_collage_convert_20160229195113.jpg

今回の伊豆大島の旅で一番印象深いのはやっぱり三原山の裏砂漠!

強風、暴風で苦労させられたので余計に印象に残ります(笑)

裏砂漠は黒いスコリアで独特の雰囲気。雪化粧の三原山もこの時期ならではですね。

CIMG2448_collage_convert_20160229195044.jpg
CIMG2477_collage_convert_20160229195058.jpg

各種割引を最大限に利用して天気にも恵まれたので良い旅だったと思います。

心残りは大島名物の「べっこう丼」を食べられなかった事かな。

船の待ち時間に食べる機会があったのですが昼寝をして結局食べず・・・。

結局、伊東港に着いてから漁港近くでアジ丼食べました(^^;

復興支援の割引を利用させて頂いてるので本来なら現地でお金を使うべきなんですよね。

次回、伊豆大島に行く時はグルメ関係でお金を使うようにします。

名物のくさやは試す勇気がありませんが・・・(^^;

まだ災害の爪痕が残る伊豆大島。完全復興に向けて頑張って下さい。


寒い2月も終わりました。これから暖かくなりチャリシーズン突入ですね。

ぼちぼち車載での県外遠征も再開しようと思います。

あと今年まだ出番の無いMTBでも走りたいコースがあるので近々出動予定です。



スポンサーサイト

2016大室山山焼き

今日は大室山の山焼き。先日の降雪でどうなるかと思いましたが本日決行です。

山焼きは700年以上の伝統行事で毎年多くの見物客が訪れます。

噴火口を焼くお鉢焼きは9時半から、全山焼きは正午からです。

お鉢焼きはリフト待ちで混雑するので毎年見に行くのは正午からの全山焼き。

11時半にダホンで出動。別荘地内の急坂を登って大室山を目指します。

別荘地内はゲートがあり一般車が入って来ないのでヨロヨロと登っても安全。

さくらの里の近くで一般道に出ると大渋滞。山焼き当日は毎年渋滞します。

登坂に慣れている人ならチャリが最適の移動手段だと思います。

さくらの里から見る大室山。ローディーが1台いました。

CIMG2789_convert_20160228132458.jpg

麓の歩道ではたいまつで点火する方々が既にスタンバイしています。

たいまつの点火は先着70名でリフト営業時間前から整理券待ちの行列になります。

CIMG2790_convert_20160228132509.jpg

今年もシャボテン公園の近くで見物します。シャボテン公園への道に入ると急坂がお出迎え。

急坂の途中の植え込み内は山焼き当日は見物場所として開放されています。

CIMG2814_convert_20160228132614.jpg

点火10分前に見物場所に到着。道路は送迎バスが通るのでチャリも植え込み内に。

CIMG2797_convert_20160228132521.jpg

正午の点火の前にリフトの下の部分に火が入り焼かれます。

CIMG2801_convert_20160228132538.jpg

正午、花火の爆音を合図に点火で全山焼きの開始。

CIMG2807_convert_20160228132551.jpg

最初は焼かれるスピードが遅く感じますが炎の勢いと共にすぐに山頂まで達します。

2016-02-28+(10)_collage_convert_20160228133221.jpg

この位置からでも炎の熱が伝わってきます。まるで山火事。

動画の方が様子が伝わるかな?

2016大室山山焼き動画

10分程で山頂まで焼き上がりました。焼け野原のように真っ黒になった大室山。

CIMG2809_convert_20160228132603.jpg

すぐにさくらの里まで下ると反対側は山頂付近がまだ燃えていました。

簡単に移動できるのがチャリの強み。この時すでに道路は帰る車で大渋滞。

CIMG2815_convert_20160228132628.jpg

さくらの里も多くの見物客で賑わってました。芝生にシートを敷いてお弁当を食べてる方も。

CIMG2817_convert_20160228132641.jpg

焼かれて黒くなった大室山ですがやがてこの様に綺麗な緑色になります。

IMG_0522_convert_20150803130913_convert_20160228151737.jpg

さくらの里の周辺は帰る車で大渋滞。ほとんど動かない状態でした。

車で見物に来られる方は時間に余裕があるならゆっくりしてから駐車場を出た方が良いです。

チャリはその心配無し。ゲートから別荘地内の道に入り急坂を下ってサクッと5分で帰宅。

山焼きが終わると春が近いのを感じます。今日も昼間は暖かかった。

長袖インナーと半袖ウエアの組み合わせでしたが登りでは普通に汗かきました(^^;

春先の早朝はまだ寒いけど昼間の事を考えるとウエアの選択にも悩みますね。


























2016河津桜満喫ライド

CIMG2718_convert_20160227141505.jpg

河津川沿いの河津桜を見に行ってきました。

河津からループ橋経由で天城を越えて帰ってくる周回コース。



河津桜の時期に限らず年に数回走る定番コースの1つです。

週末で混雑するので人混み苦手な私は日の出前の5時20分に出発(笑)

早い時間にR135の走行と河津桜の見物を済ませる作戦です。

早朝は激寒ですが人混みの中で見物するより寒さに耐える方がマシ。

ちなみに日の長い時期は3時起床、4時出発です。早起きは得意技(笑)

朝の冷え込みでウッドデッキが凍っていてチャリを出す時に滑りそうになりました。

まだ暗い中、河津に向かってR135を走行。早朝なので車は少ない。

西伊豆ほどではないけどR135も起伏があるので身体はすぐに暖まります。

しかし花粉の影響かR135を走っている時は鼻水が止まりませんでした(^^;

6時半に河津川の河口に到着。明るくなってきました。

CIMG2675_convert_20160227141331.jpg

川沿いの遊歩道に入って河津桜の見物を開始です。

CIMG2682_convert_20160227141353.jpg

チャリも通行可能な道ですが人が多い時は下車して押しの方が良いです。

今日はまだ7時前だったので人が少なく乗車で移動できました。

CIMG2683_convert_20160227141406.jpg

この辺りは桜のトンネルになっていて綺麗でした。

CIMG2687_convert_20160227141420.jpg
CIMG2692_convert_20160227141434.jpg

河津桜と菜の花のコラボ。

CIMG2708_convert_20160227141449.jpg

見物&写真撮影をしながら少しづつ上流方面へ移動。

河津川沿いに河津桜と遊歩道が続いています。

CIMG2724_convert_20160227141517.jpg
CIMG2718_convert_20160227141505.jpg

河原に下りられる所が数か所あります。河原からのアングルで撮影。

CIMG2737_convert_20160227141529.jpg
CIMG2745_convert_20160227141545.jpg

遊歩道の終点付近。この先で一般道に入りR414に合流します。

CIMG2756_convert_20160227141558.jpg

R414に入ると登りの始まりで新天城トンネルが登りのピークです。

登り始めるとR414の反対車線は車がかなり増えてきました。

これから河津桜を見物する方々の車が多いのでしょうね。

ちょいと寄り道して河津七滝の初景滝。人がいなく貸し切り(笑)

CIMG2765_convert_20160227141624.jpg
CIMG2767_convert_20160227141636.jpg

今日も快晴でチャリ日和。前方に河津七滝ループ橋。

CIMG2761_convert_20160227141611.jpg

河津七滝ループ橋は二重のループ橋になってます。

CIMG2773_convert_20160227141649.jpg

登りのピーク新天城トンネルを通過して少し下ると道の駅天城越えです。

この辺りから河津方面に向かって登っているサイクリストが結構いました。

CIMG2776_convert_20160227141707.jpg

湯ヶ島でR414を離れ国士峠へ。週末でも相変わらず静かな峠道。

CIMG2777_convert_20160227141721.jpg

国士峠から下って大見の郷・季多楽で休憩。富士山と河津桜のコラボ。

CIMG2779_convert_20160227141733.jpg

冷川峠を越えていつもの奥野ダムへ。ダム湖畔の河津桜。

CIMG2781_convert_20160227141747.jpg

こちらはダム湖畔にある梅の広場。遅咲きの梅の花が咲いていました。

CIMG2783_convert_20160227141800.jpg

12時に帰宅して無事にサイクリング終了。日中になると暖かいですね。

本日は距離92.4km、獲得標高1935mでした。


来週からは気温も上がるみたいで春も近いですねー。

暖かくなると共に花粉が・・・(^^; まあ2ヶ月程の辛抱です。

毎年の事だし花粉の辛さより外を走りたい気持ちが勝るので普通に走りますよ。

あと日の出が早くなるのは早起き得意の私には有難いです(笑)











また順延かな?

IMG_1158_convert_20160225145849.jpg

今日は寒いですねー。仕事で6時に家を出たのですが雪が降っていました。

大した事が無い雪ですが早朝なので道路にも少し積もってました。

温暖なイメージの伊豆ですが標高が高い所や山の近くは普通に雪が降ります。

同じ伊東でも海に近い温泉街や城ケ崎は降っても積もりません。

一昨年の大雪の時もウチの方は膝上まで積もりましたが城ケ崎は全く積もってませんでした。

あの時は伊豆高原の急坂を登れなかった車が所々に乗り捨ててありました。

そんな場所なので降った後の凍結も怖いので冬はスタッドレスを履いています。


仕事を早めに片付けて帰りに熱海税務署で確定申告も済ませました。

帰宅して時間も早かったのでいつもの散歩コースでウォーキング。

外は寒いですが行きは登り坂なのですぐに身体が暖まります。

シャボテン公園の駐車場から。先週訪れた伊豆大島の三原山も雲で隠れていました。

IMG_1146_convert_20160225145753.jpg

大室山のリフトの下には雪が積もっていました。

IMG_1149_convert_20160225145806.jpg

キツネ色の大室山が見られるのもあと少し。山焼き後には黒くなりその後は綺麗な新緑に。

28日に予定されている山焼きですが今回の降雪で微妙ですねー。

当日に晴れていても乾いてないと順延になります。先週も前日に雨だったので順延でした。

まぁ寒い2月なので毎年のように順延します。一昨年は大雪で1ヶ月遅れでした。

山焼き開催の情報は大室山リフトのFBで確認できます。

歩道沿いの河津桜。寒いので今日は歩いている人があまりいない。

IMG_1154_convert_20160225145836.jpg

矢筈山や天城高原も雪が結構降ったでしょうね。天城高原はしばらく登れないかなぁ。

今年に入って自分の定番コースはほとんど走りましたが近くの天城高原はまだ登ってません。

IMG_1153_convert_20160225145823.jpg

さくらの里から。約40種、1500本の桜が植えられていて時期によって様々な桜が見られます。

IMG_1158_convert_20160225145849.jpg
IMG_1159_convert_20160225150603.jpg

今の時期は寒桜や河津桜ですね。山焼き当日はこの場所は見物&撮影ポイントです。

IMG_1162_convert_20160225145913.jpg
IMG_1160_convert_20160225145902.jpg

さくらの里駐車場の河津桜。この駐車場も山焼き当日は早い時間に満車になります。

なのでチャリでの見物が簡単に移動できてベストです。着くまでが登りですが・・・(^^;

IMG_1163_convert_20160225145925.jpg

今週の山焼きは微妙だけど道路には雪が無いのでチャリは問題無いかな。

早く暖かくなってほしいですねー。













伊豆大島チャリ旅2日目

CIMG2639_convert_20160219134830.jpg

旅の2日目は13時40分発の船に乗るのでそれに合わせたコース設定。

朝、確認すると本日の出航港も前日同様に岡田港でした。

ホテルから下って大島一周道路を時計回りで港まで走るルート。

パンク等のトラブルに備え時間に余裕を持たせてあります。


朝早く起きて温泉で朝風呂。朝食もガッツリ食べて出発準備も完了。

ちなみに泊まった大島温泉ホテルにはサイクルラックがありました。

私は畳んで輪行袋に入れて部屋まで持ち込みましたが。

ホテルをチェックアウトしてチャリを組み立て8時にスタート。

ホテルは標高が約500mの山の上にあるのでスタートから下りです。

大島一周道路との合流地点まで標高差300mのダウンヒル。

朝は雲が多かったけど思ったほど寒くはなかったです。

貸し切り状態のあじさいレインボーラインのダウンヒル。道は綺麗。

CIMG2596_convert_20160219134244.jpg

めがね橋はアジサイの花が咲くシーズンは撮影ポイントになります。

CIMG2598_convert_20160219134257.jpg

特別天然記念物の大島のサクラ株。大島桜の本種の株で樹齢推定800年。

全国30箇所にある植物天然記念物の中で東京都では唯一の物。

CIMG2602_convert_20160219134310.jpg
CIMG2603_convert_20160219134323.jpg

めがね橋と大島のサクラ株は共にあじさいレインボーライン沿いにあります。

大島のサクラ株からはすぐに大島一周道路に合流して登りの始まりです。

相変わらず車が少なく走りやすい大島一周道路。

CIMG2604_convert_20160219134337.jpg

途中、裏砂漠への入口から入って少しだけ走ってみました。

CIMG2608_convert_20160219134350.jpg

この辺りは路面が引き締まっていたのでスリックタイヤでも乗車できました。

車も侵入可能な所なのでタイヤ跡が残っていますね。

CIMG2609_convert_20160219134402.jpg

小さなアップダウンを繰り返しながら東海岸側の登りのピークを通過。

海に向かってのダウンヒル。晴れてきて風も弱いので気持ち良い。

CIMG2615_convert_20160219134428.jpg

下りの途中から波浮港が見えます。後ほど訪れる予定。

元は火口湖でしたが津波の影響で海と繋がった所です。

CIMG2613_convert_20160219134415.jpg

海の近くまで下るとヘアピン状のカーブの所に筆島の展望所があります。

すぐ脇にある二連の退避シェルターが目印です。

CIMG2620_convert_20160219134504.jpg

筆島は文字通り筆の穂先のような形をした岩礁。背後の断崖ぶりも凄い。

CIMG2619_convert_20160219134445.jpg
CIMG2618_convert_20160219134716.jpg

先程、上から見下ろした波浮港。もう少し下って波浮港に立ち寄ります。

CIMG2630_convert_20160219134731.jpg

チャリダーにも割と有名な鵜飼商店さんに立ち寄り。お目当てはコロッケ。

注文してから揚げてくれるので出来立てをいただけます。1個60円。

CIMG2633_convert_20160219171546.jpg

待っている間に地元のお客さんと少し談笑しました。

ロードレースのアジア選手権は大島空港の近くで観戦したとの事。

揚げたてコロッケを漁港を眺めながら美味しくいただきました。

雲も少なくなって暖かくて気持ち良い。昼寝したくなります(^^;

CIMG2635_convert_20160219134759.jpg

大島の南、差木地から海の景色。利島と新島が正面に見えます。

当然ですが伊豆半島から見る景色とは島の並びが逆になります。

CIMG2637_convert_20160219134812.jpg

本日のハイライト、地層大切断面。三原山と並び有名な場所。

CIMG2639_convert_20160219134830.jpg

地元ではバウムクーヘンと呼ばれているとか。確かに似てますねー。

走っていてこれが現れた時のインパクトも大きいし近くで見ると迫力があります。

CIMG2642_convert_20160219134844.jpg

この様な地層の切断面が数百メートル続いています。

CIMG2647_convert_20160219134912.jpg
CIMG2643_convert_20160219134858.jpg

元町を通過して前日同様に大島一周道路を離れ海岸線へ。

CIMG2655_convert_20160219135008.jpg

前日も撮影した赤禿。本日は風も弱いのでチャリ同伴で登りました(笑)

CIMG2664_convert_20160219135056.jpg

赤禿の上からの眺め。ここは夕陽の絶景スポットみたいです。

CIMG2658_convert_20160219135024.jpg
CIMG2659_convert_20160219135041.jpg

海越しに伊豆高原を眺める。数時間後にはあの大室山の反対側に帰る事になります。

CIMG2654_convert_20160219134954.jpg

こちらも前日に続いてCRの終点、野田浜。ゴールの岡田港はあと数キロ。

CIMG2666_convert_20160219135111.jpg

12時に岡田港に到着。出航時間まで結構余裕があります。

CIMG2667_convert_20160219135125.jpg


とりあえず輪行の準備。手荷物券を購入して輪行袋に取り付け。

CIMG2668_convert_20160219135138.jpg

ジェット船は荷物置き場が狭いので休日にグループで行く方は輪行袋の置き場に要注意です。

私みたいに平日でソロなら全く問題無いと思いますが。

本日の伊豆大島での走行ルート



途中でコロッケ2個食べたのであまりお腹が空いてない。距離も走ってないし(^^;

なので昼食はとらずに待合室の畳敷きの所で寝転んで昼寝しました。

予定通りの時間に出航して伊東港には定刻の14時15分に到着。

流石にお腹が空いてきたので伊東漁港の近くでアジ丼食べて腹を満たしました。

後は自宅まで自走で帰るだけ。標高差は250mですが起伏があるので450m登ります。

休憩時間が長かった為かペダルを回す脚が重い・・・。

川奈の辺りで桜の写真を撮ったりして脚休め(笑)

CIMG2671_convert_20160219135154.jpg
CIMG2674_convert_20160219135208.jpg

自宅までの登りをこなして無事に今回のチャリ旅は終了。

チャリもノートラブル。前日、暴風で散々倒しましたが(^^;

本日は距離64.9km獲得標高1170mでした。(伊東港~自宅含む)


2日間、天気も良く伊豆大島の絶景を堪能して楽しかった!

裏砂漠では暴風に苦しみましたがまぁ良い思い出です(笑)

伊東港から気軽に行けるし天気が安定している時にまた行きたいと思います。

さて、次回はどんなチャリ旅を計画しようかなー。





















伊豆大島チャリ旅・三原山散策編

CIMG2554_convert_20160218182929.jpg

伊豆大島チャリ旅1日目の最後は三原山の散策。

山頂口駐車場から火口方向に舗装された遊歩道が続いてますがチャリの通行は不可。

CIMG2582_convert_20160218183211.jpg

なので山頂口にチャリを置いて歩いて散策です。

山頂口には交番があるのでお巡りさんに許可を頂き交番の柵にチャリをロック。

CIMG2586_convert_20160218183239.jpg

私のチャリなど盗む人はいないと思うけど念のため安全そうな場所に。

馬に乗って火口方面へ行けるみたいです。

CIMG2584_convert_20160218183226.jpg

火口を目指して遊歩道を歩きだしました。

CIMG2516_convert_20160218182430.jpg

所々に退避シェルターが。本格的に噴火した時にこれで助かるのだろうか??

CIMG2518_convert_20160218182447.jpg

噴火の痕跡がいたる所で見られます。

CIMG2519_convert_20160218182609.jpg

最初は緩やかな登りですが途中から細野高原や浜石岳を彷彿させる激坂になります。

CIMG2521_convert_20160218182623.jpg

一気に高度が上がってきました。

CIMG2522_convert_20160218182638.jpg

激坂の途中にはこんな休憩場所も。

CIMG2523_convert_20160218182652.jpg

三原神社で旅の安全祈願をしました。特に噴火は勘弁・・・。

CIMG2528_convert_20160218182704.jpg

結構登ってきました。左方向の火口展望台に向かいます。

CIMG2537_convert_20160218182749.jpg

火口展望台から火口を眺めます。道はここで行き止まりなので先程の分岐まで戻り。

CIMG2535_convert_20160218182717.jpg

白いガスのような物が所々で出ていますがこれは水蒸気。有毒ガスではない。

CIMG2536_convert_20160218182737.jpg

分岐まで戻って今度はお鉢巡りです。

すぐに未舗装路。岩石ゴロゴロの富士山みたいな感じかな。

CIMG2538_convert_20160218182811.jpg

眼下に見える表砂漠。背後の海に利島や新島も見えます。

CIMG2543_convert_20160218182915.jpg

風は強いけど天気は良く青空が綺麗な1日でした。

景色に見とれてしまうけど足元には十分注意ですね。

CIMG2541_convert_20160218182903.jpg

山頂からの火口の景色。先程の火口展望台から見た時よりも迫力がある。

CIMG2554_convert_20160218182929.jpg

動画の方が様子が伝わるかな。相変わらず強風で音量注意です。

三原山・山頂火口動画

まだまだお鉢巡りは続きます。裏砂漠も見えてきて絶景。

CIMG2559_convert_20160218182943.jpg
CIMG2560_convert_20160218182955.jpg

途中から遊歩道に雪が残っていて余計に歩きづらくなりました。

CIMG2561_convert_20160218183007.jpg

午前中に殺人的な暴風に苦しめられた裏砂漠が眼下に見えます。

CIMG2562_convert_20160218183045.jpg

絶景なんだけどこちらも動画の方が伝わりやすいかな?

三原山・お鉢巡り動画

前方に見える突起のような所にも火口があります。1986年B2火口という名称。

CIMG2565_convert_20160218183100.jpg
CIMG2571_convert_20160218183113.jpg

ここからは下り。海と伊豆半島の山々を正面に見ながら下ります。

CIMG2577_convert_20160218183128.jpg

お鉢巡り、楽しかったー。この時間は人に会いませんでした。

CIMG2578_convert_20160218183143.jpg

舗装の遊歩道に復帰して激坂を下って戻ります。チャリならサクッと下って終了なんですが。

CIMG2580_convert_20160218183156.jpg

山頂口まで戻ってきました。チャリも無事で安心。

お巡りさんにお礼を言ってチャリを回収。いやー楽しい散策でした。














伊豆大島チャリ旅1日目

CIMG2513_convert_20160218182347.jpg

伊豆大島にゆる~くチャリの旅をしてきました。

1泊2日の行程でのんびり走ります。相棒はダホン。

市内の伊東港からジェット船で輪行します。

事前に東海汽船の株主優待券をヤフオクで入手。

CIMG2369_convert_20160218181308.jpg

3月末までの使用期限なのでこの時期は100円で出品されてます。

乗船が35%、ホテルが50%の割引になります。

乗船料金は伊豆大島椿まつり期間中の今は1500円割引になってます。

さらにネット予約で20%割引。その金額から株主優待でさらに35%の割引。

ジェット船は輪行袋に入れたチャリは手荷物料金1000円が必要。

あと東京都の復興支援の補助で宿泊料金が3000円割引になります。

こちらは大島の観光協会で申請が必要です。

宿泊費は株主優待で半額、さらに3000円割引なのでお得でした。

ちなみにホテルの宿泊費半額の株主優待は1枚で5名まで有効です。

結果的に今回の旅で船の運賃と宿泊費の合計で約1万円で済みました。


自宅から伊東港まで17kmを自走。遠回りになるけど車の少ない道で。

伊東港までは下り基調。帰りは登りになるのですが(^^;

川奈の海岸線。天気は良いけど風が少し強いかなー。

CIMG2376_convert_20160218181351.jpg

伊東港でチャリを輪行袋に入れて乗船。いざ大島へ!

CIMG2380_convert_20160218181409.jpg

ジェット船は速い。伊東港を8時30分に出港して大島到着は9時5分。

普段、伊東から海越しに見ている伊豆大島に上陸しました。

船の発着港は元町港と岡田港があり波や気象条件で当日に発着港が決まります。

今日は岡田港。観光協会のある元町港の方が良かったけど・・・。

チャリを組み立て大島でのサイクリングスタートです。

CIMG2382_convert_20160218181422.jpg

とりあえず観光協会で割引の申請をする為に元町港まで行きます。

そういえば「東京都内」をチャリで走るのは久しぶり。

品川ナンバーの地元車やレンタカーを見ると都内に入ったのを実感します。

元町方面へは強烈な向かい風。3000円の割引の為に耐えます(^^;

大島空港の近くを通過。

CIMG2383_convert_20160218181434.jpg

海岸線に出ると風が更に強烈に!波も高い。天気は良いのですが・・・。

海越しに伊東の大室山と富士山も見えました。

CIMG2386_convert_20160218181447.jpg
CIMG2402_convert_20160218181556.jpg

元町の観光協会で補助金の申請をして割引券をゲット。

海岸線の来た道を取りあえず戻ります。

海岸線沿いのサンセットパームラインと並走するCR。路面は荒れ気味でした。

CIMG2399_convert_20160218181544.jpg
CIMG2411_convert_20160218181609.jpg

強風なのでチャリの撮影に苦労します(^^; 

こちらは赤禿という所。スコリア丘の切り通しの中にCRが通ってます。

CIMG2391_convert_20160218181459.jpg

過去に噴火を繰り返してきた火山島なので痕跡がいたる所で見られます。

噴火の時にスコリア内の鉄分が酸化して石が赤くなっています。

CIMG2394_convert_20160218181530.jpg

野田浜のシンボル、バディベル。分かりづらいけど輪の向こうに富士山も写ってます。

CIMG2414_convert_20160218181621.jpg

この撮影直後に突風でチャリが倒れ追い打ちで鐘を鳴らすロープが顔面にヒット(^^;

野田浜でCRは終了。ここからは一般道へ。

一般道も車は少なく走りやすい。同じ都内でも都心とは大違いですね。

都道208号線。通称大島一周道路を時計回りで走ります。

東海岸側に出ると強烈な西風の影響が少なくなりました。

CIMG2417_convert_20160218181635.jpg

橋から見下ろす海も透き通っていて綺麗でした。

CIMG2419_convert_20160218181648.jpg

泉津の切り通し。大木化した椿の根が露出してます。

大島一周道路沿いなのでチャリダーにも有名な場所。

CIMG2421_convert_20160218181707.jpg

椿トンネル。文字通り椿の木が覆い被さりトンネル状になっています。

CIMG2424_collage_convert_20160218181720.jpg

都立大島公園で持参したおにぎりで補給。この先から勾配が少し急になります。

CIMG2427_convert_20160218181733.jpg

大島一周道路は車も少なく道も綺麗で走りやすい。

CIMG2428_convert_20160218181744.jpg

ここは三原山の裏砂漠に通じるルートの入口。

CIMG2429_convert_20160218181757.jpg

四輪も侵入可能でタイヤの跡がありました。いつかここからMTBで登りたい。

向かいにある退避シェルターが入口の場所の目印です。

CIMG2432_convert_20160218181812.jpg

大島に来たら絶対に押さえたいポイントの裏砂漠は当然のように私も目指します。

私は今回は月と砂漠ラインを登っって裏砂漠を目指します。

CIMG2434_convert_20160218181833.jpg

3km程登ると終点に駐車場。車だとここまで来られます。

CIMG2436_convert_20160218181847.jpg

ここから未舗装。しばらくの間チャリはほとんど押し歩きでした。

噴火の時に噴出した黒く細かい岩石の上を歩くのですが沈み込んで歩きづらい。

景色が開けると裏砂漠地帯へ突入です。雪が残ってますね。

CIMG2437_convert_20160218181905.jpg

国土地理院の地図に砂漠の表記があるのは日本でここだけ。

絶景だけど殺人的な暴風が襲ってきました!!

CIMG2442_convert_20160218181922.jpg

撮影を試みて何度もチャリがぶっ倒れました。ごめんね、ダホン・・・。

裏砂漠第一展望台に到着。身の危険を感じる暴風でした。

ここでは始めからチャリを寝かせて撮影(笑)

CIMG2448_convert_20160218181937.jpg

動画も撮影してみました。音量注意です(^^;

三原山・裏砂漠第一展望台動画

平日だしこの状況下で歩いてる物好きは私だけ(笑)しかもチャリ同伴。

前方に見える高い所が第二展望台です。この坂を登るのが苦行でした。

CIMG2449_convert_20160218181958.jpg

強烈な横風で手を離すとチャリが吹き飛びそうになります。

三原山を越えてきた暴風の波状攻撃。寒い!!

そんな修行を終えて第二展望台に何とか到着。

CIMG2461_convert_20160218182051.jpg

三原山も先程より近くなり絶景です。しかし高度が上がり風の強さも増しました。

CIMG2465_convert_20160218182112.jpg

寝かせたチャリも突風で横滑りする始末・・・。

動画の方が絶景具合が伝わると思います。再び音量注意(笑)

三原山・裏砂漠第二展望台動画

ここからの下りも暴風で怖かった。雪も残っているし・・・。

風が弱い時にMTBで下ったら爽快だろうなぁ。

CIMG2471_convert_20160218182125.jpg

少し風が弱くなった時を逃さずにチャリを立てて撮影。直後に倒れるのはお約束(^^;

CIMG2472_convert_20160225215949.jpg
CIMG2488_convert_20160225220028.jpg

外国か何処かの惑星の様な景色ですがここは東京都です(笑)

CIMG2480_collage_convert_20160218182145.jpg

この裏砂漠は辺り一面が黒い石の砂漠みたいな所なので道に迷う恐れがあります。

濃霧の時は立ち入らない方が無難です。

私のガーミンは地形図の表示が可能。この区間では地図を地形図に切り替えてました。

左が地形図で右が通常の市街地詳細地図。

CIMG2370_collage_convert_20160218181337.jpg

地形図は等高線や登山道、遊歩道も表示されるので山の中では有難いです。

裏砂漠を抜けると風も暴風から普通の強風レベルになりホッとしました。

裏砂漠の縦走で疲れたー。少し休憩。

CIMG2493_convert_20160218182217.jpg

この道は本日の宿、大島温泉ホテルの裏まで続いています。

この先はスリックタイヤでも乗車で行ける所が多くやっと押しから解放されました。

CIMG2494_convert_20160218182241.jpg

ホテルの裏まで抜けたけど時間も早いので三原山山頂口を目指して登ります。

山頂口までは綺麗な舗装路でスイスイ登れます。

山頂口の少し手前の新火口展望台に到着。

CIMG2497_convert_20160218182257.jpg

元町港方向の景色。海の向こうには伊豆半島。

CIMG2503_convert_20160218182329.jpg

海越しの伊豆高原。やっぱり大室山は目立つなぁ。

CIMG2501_convert_20160218182312.jpg

普段は海越しに大島を見てるけど今日は逆ですね。不思議な気分。

山頂口に到着して三原山をバックに撮影。

CIMG2513_convert_20160218182347.jpg

この先の山頂遊歩道はチャリの通行は不可。なのでチャリを置いて歩いて散策しました。

火口一周のお鉢巡りもしたので散策時間は1時間半かかりました。

詳しい様子は三原山散策編で。

当たり前だけどチャリだと海抜0mに近い所から全部自力なので疲れますねー。

しかも今日は暴風の裏砂漠縦走でかなり体力を奪われました。

散策を終えて戻ってきたのは午後4時。丁度良い時間。

ホテルまで3kmの下り。風もいつの間にか弱まり気持ち良かった。

CIMG2587_convert_20160218183251.jpg

ホテルに到着。大島で唯一高台にある宿泊施設です。

CIMG2588_convert_20160218183306.jpg

部屋は山側だったので窓の外には三原山。

CIMG2592_convert_20160218183320.jpg

まずは風呂。走った後の温泉は最高ですねー!

夕食は特産の椿油で揚げる椿フォンデュや刺身など。後から金目鯛の煮付けと煮物も出てきました。

image_convert_20160218183332.jpg
image1_convert_20160218183348.jpg

自分で揚げるので出来立ての天ぷらが食べられて美味しかった。

かなりお腹いっぱいになりました。満足(^^)

あと株主優待プランだとお酒が1本無料サービスでした。

私はアルコール飲めないのでジンジャーエールに交換していただきました(^^;

旅先の宿でのボッチ飯も慣れてるので全く気になりません。

そして会話が無く黙々と食べるので食べ終わるのが早い(笑)

食後にまた温泉に入ったけど露天風呂から見た星が綺麗でした。

後は翌日のライドに備えてゆっくりと寝るだけ。


本日の大島での走行ルート。



本日は距離64km、獲得標高1378mでした。(自宅~伊東港を含む)

走った距離は短かったけど内容の濃い伊豆大島の旅1日目でした。










































箱根・芦ノ湖 絶景ライド

CIMG2345_convert_20160210163602.jpg

本日は昨年の9月以来久しぶりに箱根の芦ノ湖まで走ってきました。

田方側から登るいつもの十国峠や箱根に行く時のルートと同じです。



早起き得意の私は今日も元気に日の出前の出発(笑)朝は激寒ですが・・・。

日の出が少し早くなってきましたね。鹿路庭峠の手前で日の出でした。

CIMG2309_convert_20160210163217.jpg

田方方面へのアプローチは狩野川CR。寒いけど風も弱く天気は最高。

CIMG2311_convert_20160210163231.jpg

田方から丹那方面へ再び登りで熱函道路に合流します。熱函道路から見た富士山。

富士山が綺麗に見える日のサイクリングは気分も盛り上がりますね~。

CIMG2316_convert_20160210163243.jpg

熱海梅ラインの急坂を登って十国峠レストハウスに到着。

CIMG2317_convert_20160210163256.jpg
CIMG2318_convert_20160210163309.jpg

沼津の街や駿河湾方向の景色。いやー快晴で気持ち良いなぁ。

CIMG2321_convert_20160210163323.jpg

十国峠から往路の登りのピーク箱根峠までは登り基調ですが勾配も緩く楽です。

フロント・アウターで走れる所も多いので登りでも走っていて気持ち良い(^^)

CIMG2324_convert_20160210163340.jpg
CIMG2358_convert_20160210163715.jpg

真冬のサイクリングは寒いけど富士山は冬の方が美しくて好き。

CIMG2325_convert_20160210163353.jpg
CIMG2326_convert_20160210163410.jpg

箱根峠に到着。この先は神奈川県。チャリで県外に乗り入れるのは今年初です。

CIMG2327_convert_20160210163423.jpg

箱根峠から芦ノ湖までは下り。帰りは同じ道を登り返すので少し複雑な気分(^^;

下りの途中に道の駅・箱根峠があり芦ノ湖を見下ろせます。

CIMG2328_convert_20160210163436.jpg

道路の端の方は所々で凍結してました。下りは要注意ですね。

CIMG2330_convert_20160210163450.jpg

芦ノ湖に到着。流石に箱根は寒いですねー。

CIMG2333_convert_20160210163519.jpgCIMG2339_convert_20160210163533.jpg

箱根駅伝の折り返し地点には箱根駅伝ミュージアムがあります。

CIMG2331_convert_20160210163504.jpg

恩賜箱根公園内の展望台からは芦ノ湖と富士山のコラボで絶景です。

CIMG2349_convert_20160210163617.jpg
CIMG2344_convert_20160210163547.jpg

箱根関所跡。料金取られるのでまだ入場した事が無い・・・(^^;

CIMG2353_convert_20160210163631.jpg

近くの土産物屋さんで温泉饅頭と野沢菜のおやきで補給休憩。

何度か来ているので店のおばちゃんと顔なじみ。店内でいただくと梅こぶ茶を出してくれます。

CIMG2354_convert_20160210163645.jpg

ここで折り返して取りあえず十国峠までは来た道を戻ります。

湯河原パークウェイ入口付近から。山の向こうに相模湾が見えます。

CIMG2357_convert_20160210163700.jpg


十国峠レストハウスでランチ。富士宮焼きそばと豚汁のセットを食べました。

CIMG2359_convert_20160210163729.jpg

十国峠から酪農王国オラッチェまで下り。そこから南箱根ダイヤランドの山を越えます。

相変わらず手強いダイヤランド内の坂。富士見パークウェイに合流した所で登りのピーク。

この時点で獲得標高は約2000m。まだこの後に峠越えが控えてます・・・(^^;

下りでは脚が冷えない程度にペダルを回しながら脚を温存。伊豆市内に入ってからは登り基調の道。

大見の郷・季多楽で小休止。ここからも富士山が綺麗に見えます。

CIMG2360_convert_20160210163743.jpg

休憩後にラスボス冷川峠を一気に越えて奥野ダム。伊東に帰って来ました。

CIMG2361_convert_20160210163759.jpg

自宅までの登りをこなし無事に帰宅。快晴で風も弱く気持ちの良いサイクリングでした。

本日は距離132.6km 獲得標高2437m。何気に2月のライドは毎回2000m以上登ってる。

しかし昨年9月に走った時よりも疲労度が大きいです。冬なので身体がナマったかな?

最近、チャリ以外での散歩が少なかったからなぁ。少し運動不足か?反省・・・(^^;


















テレビドラマを見て・・・。

先週末に土曜ワイド劇場 で西村京太郎トラベルミステリーが放送されてました。

高橋英樹さん演じる十津川警部が活躍する定番のシリーズですね。

題名が「伊豆海岸殺人ルート 」という事で伊豆が舞台だったので録画して見ました。

先日行った達磨山レストハウスや戸田の御浜岬など普段よく走っている場所も登場しました。

伊豆半島内は色々と走り回っているので画面に映る景色を見てすぐに場所が分かります。

そういえば伊東の城ケ崎海岸も過去にはサスペンスドラマで登場してましたね。

今回のドラマの最後の舞台もかなり見覚えある場所で一発で何処か分かった(笑)

(写真はテレビ画面を撮影した物なので画質が悪いです)

CIMG2305_collage_convert_20160208212753.jpg

小屋みたいな所に犯人の手により東幹久さんが監禁されてます(^^;

この場所、私のお気に入りの三筋山の山頂です。

CIMG1161_collage_convert_20160208212715.jpg

撮影の為に展望台を利用してセットを造ったんですねー。

これはあくまでもドラマですが実際にこの場所に監禁したらすぐに見つかると思います。

絶景を求めてハイカーや自分みたいなチャリダーがひょっこりと現れますよ(笑)

細野高原~三筋山は激坂も多いですが絶景なので何度も行きたくなります。

CIMG1953_collage_convert_20160208212741.jpg
CIMG1939_collage_convert_20160208212729.jpg

ちなみに先月も行ってます。天気が良くて楽しかった(^^)

あー、テレビ見ていたらまた細野高原&三筋山に行きたくなった(笑)




戸田峠経由で西海岸・お気に入りコース

CIMG2271_convert_20160207154930.jpg

今日は戸田峠~西海岸のお気に入りのコースを走りました。



相変わらずの日の出前の出発(笑)寒いです・・・。

朝は雲が多く鹿路庭峠の手前からは小雪が舞っていました。

路面は濡れてますが凍結は無し。修善寺の手前からは完全ドライ。

しかし山方向は相変わらず雲が多くイマイチ気分が乗らない・・・。

達磨山レストハウスに到着。富士山も雲に隠れています。

CIMG2253_convert_20160207154605.jpg

戸田峠を境に西海岸側は晴れていました。良かったー(^^)

眼下に見える戸田の街まで豪快なダウンヒル。寒いー!

CIMG2259_convert_20160207154633.jpg
CIMG2260_convert_20160207154844.jpg

戸田の御浜岬に立ち寄り。駿河湾越しの南アルプスも綺麗。

CIMG2270_convert_20160207154916.jpg
CIMG2267_convert_20160207154901.jpg

雲は多いですが富士山も顔を出してくれました。定番の撮影スポットから。

CIMG2271_convert_20160207154930.jpg

戸田から再び登りで出逢い岬に到着。あっという間に御浜岬が眼下に。

CIMG2282_collage_convert_20160207154959.jpg

お約束の輪の中に富士山を入れてチャリと共に撮影。

CIMG2280_convert_20160207154945.jpg
CIMG2284_convert_20160207155018.jpg

少し走って煌めきの丘。天気が良いのでこの辺りから結構チャリダーに会いました。

CIMG2285_convert_20160207155047.jpg
CIMG2288_convert_20160207155101.jpg

大瀬崎。この先からしばらく海を左に見ながら平坦基調の道になります。

CIMG2291_convert_20160207155115.jpg

らららサンビーチでトイレ休憩をしました。

CIMG2296_convert_20160207155130.jpg

西海岸の海は相変わらず透き通っていて綺麗ですね。

CIMG2299_convert_20160207155148.jpg

口野で海岸線とはお別れ。交通量が極少の裏道で狩野川CRに合流します。

山道、海岸線に続いて川沿いのCRを満喫。気持ち良い(^^)

CIMG2301_convert_20160207155211.jpg

ランチは冷川のバニラビーンズさんで。食後にケーキも食べました。

CIMG2302_collage_convert_20160207155226.jpg

満腹になってラスボス冷川峠を一気に越えて奥野ダム。曇ってきました。

CIMG2304_convert_20160207155240.jpg

本日は距離122.8km、獲得標高2025mでした。

よく走るこのコース。やっぱり何度走っても気持ち良いなぁ。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果