2016-03

Latest Entries

南伊豆ライドとネパールカレー

CIMG3170_convert_20160329155142.jpg


週末は仕事の関係で走れなかったけど本日オフだったので走ってきました。

昨夜は雨が降りましたが天気も良さそうなので2ヶ月ぶりに南伊豆を走りました。



起点の道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」までは車載です。

スタートは5時半。もうこの時間だと明るいです。

まずは堂ヶ島。早朝なので人がいなくて静かでした。

CIMG3132_convert_20160329154811.jpg
CIMG3128_convert_20160329154758.jpg

蛇石峠を越えると松崎町から南伊豆町に入ります。

CIMG3133_convert_20160329154823.jpg

蛇石峠から下って少し登り返して青野大師ダムを目指します。

ダムの堤頂部を目指して登っていると堤頂部手前100m程の所で後輪に違和感。

下車して確認するとパンク・・・。最近無かったのですが久しぶりのパンクです。

ダム堤頂部まで押し歩いて平らな場所でチューブを交換。

CIMG3134_convert_20160329154851.jpg

パンク修理をサクッと終えて気を取り直しダム湖を一周してから堤体直下へ。

CIMG3138_convert_20160329154905.jpg

走りながら何度か止まって後輪をチェック。問題無さそうだ。あったら困る・・・(^^;

弓ヶ浜海岸。白い砂浜と青い海と空、そしてブルーの車体がイイね(^^)

CIMG3140_convert_20160329154916.jpg

綺麗な海を眺めながら石廊崎を目指して海岸線を快走。天気が良くチャリ最高!

CIMG3152_convert_20160329154928.jpg
CIMG3153_convert_20160329154941.jpg
CIMG3155_convert_20160329154955.jpg

道は石廊崎の手前から登り基調になります。石廊崎港に到着。

駐車場脇から石廊崎まで続く遊歩道。チャリは侵入可。(駐車場のオバちゃんに確認済み)

CIMG3156_convert_20160329155006.jpg

この遊歩道、海抜0m地点から一気に標高を上げるのでなかなかの急坂です。

石廊崎灯台。ここからは少し歩いて石廊崎へ。

CIMG3157_convert_20160329155019.jpg

大海原に突き出した石廊崎が見えてきました。

CIMG3160_convert_20160329155043.jpg

石廊崎からの景色。石廊崎から東は相模灘、西は駿河湾になります。

CIMG3162_convert_20160329155113.jpg
CIMG3158_convert_20160329155031.jpg

石廊崎の先端にある縁結びの神社。

CIMG3163_convert_20160329155128.jpg

石廊崎から少し走るとあいあい岬です。ここも景色が良い。

CIMG3170_convert_20160329155142.jpg
CIMG3173_convert_20160329155155.jpg

アップダウンを繰り返しR136、マーガレットラインに合流。こちらは妻良港。

CIMG3175_convert_20160329155208.jpg

ランチはアジア雑貨とネパールカレーのお店ティハールさん。

場所はR136マーガレットライン沿い、夕日ヶ丘休憩所の向かいです。

CIMG3178_convert_20160329155220.jpg

天気も良いのでテラス席で。まだ10時半だったので客は私だけでした。

CIMG3179_convert_20160329155234.jpg

注文したのはネパールカレー・ヒマラヤ盛り。ジャスミンライスが山の様にてんこ盛り。

山盛りライスの上に2枚のパパドが乗ってます。パパドは薄い塩味でクラッカーの様な味。

CIMG3181_convert_20160329155247.jpg

スープ系のカレーでご飯も進むけどライスの量が多い(^^; 完食したけどお腹がパンパン。

お店のオーナー夫妻はバイク乗りという事でライダーズ割引で二輪車は飲み物50円割引。

もちろん、チャリも二輪車なので割引適用ですよ。

CIMG3183_convert_20160329155301.jpg

お店のママさんは私が細身なのでヒマラヤ盛りを完食できるか心配だった模様(^^;

まあそこは腹ペコ自転車乗りの食欲で(笑)しかし、かなりお腹一杯です。

ランチ後、マーガレットラインを下って雲見大橋。雲見まで来ると富士山が見えます。

CIMG3187_convert_20160329155313.jpg
CIMG3188_convert_20160329155327.jpg

雲見からはまた登りで道は高台を走ります。西伊豆は港町に下りその後登りの繰り返し。

高台から海を見下ろしますが透き通っていて綺麗なのが高台からも分かります。

CIMG3192_convert_20160329155342.jpg
CIMG3193_convert_20160329155356.jpg

東洋のコートダジュールと呼ばれている岩地温泉と海岸。

CIMG3197_convert_20160329155409.jpg

岩地から松崎の間のR136は彫刻ラインと呼ばれ道路沿いに彫刻が立っています。

しかしこの彫刻、白い事もあって夜に見ると正直言って不気味です(^^;

CIMG3199_convert_20160329155422.jpg

堂ヶ島や松崎の港が見えてきました。ゴールは近い。

CIMG3200_convert_20160329155438.jpg

松崎町名物、なまこ壁の建物。

CIMG3201_convert_20160329155453.jpg

県道沿いにある農閑期の水田を利用した花畑。この時期ならではで春の訪れを感じる場所。

CIMG3204_convert_20160329155507.jpg
CIMG3210_convert_20160329155522.jpg

5月上旬まで入れ替わりで色々な花が咲くのでさまざまな色合いが楽しめます。

道の駅のある県道沿いで花畑の期間中は近くに臨時駐車場もあります。

花の事は詳しく無いですが水田一面に花が咲いていて綺麗。

花畑から起点の道の駅までは近いのですぐに到着。パンクはあったけど無事に終了。

本日は距離93.8km、獲得標高1485mでした。

距離も獲得標高もほどほどなので景色を楽しみながらノンビリ走りたい方にはオススメのコースです。

道の駅には日帰り温泉も併設されているのでライド後に温泉も良いかもしれません。

天気が良ければ南伊豆、西伊豆の絶景を満喫しながらのライドで気持ち良いですよ(^^)





































スポンサーサイト

裏庭の珍客

自宅の裏庭に珍客がやって来ました。ここ最近よく見かけます。

昨日の夕方6時頃、ウッドデッキに出たら横でガサガサと物音が・・・。

出ました!!イノシシです。

2016-03-23+(1)_convert_20160323204416.png
2016-03-23+(6)_convert_20160323204439.png

山が近いけど近くには民家もそれなりにあるし夕方でも犬の散歩をしている住民もいます。

しかしコイツは神経が図太く人間を見ても動じません。その代り人間に向かって突進してくる事も無い。

伊豆の山中でイノシシを見た事はあるけど自分の存在に気付くと逃げて行きました。

管理事務所によると最近目撃情報が多いらしく市の方にも伝えてあるとの事。

近所の方は家庭菜園の芋を収穫前に全部食べられた模様。私は家庭菜園はやって無い。

鼻づらで地面を掘って何か食べてます。私と目が合ってもガン無視(^^;

おーい、そこは自分の所有地なので不法侵入だぞー。

捕まってボタン鍋にされる前に山に帰った方がいいぞー。

2016-03-23+(9)_convert_20160323204455.png
CIMG3111_convert_20160323204508.jpg

初めて自宅の庭に現れた時は焦りましたよ。外に出たらいきなりコイツがいたので。

最近は慣れました。またかって感じで(笑)

写真撮ったり動画を撮影する余裕もあります。慣れって怖い・・・(^^;

裏庭にイノシシ動画

美味そうにムシャムシャ食べてます。こっちはこれから夕食の支度でお腹空いてるのに(笑)

トレイルや山奥の林道では何度か会ったけど住宅地に出没は反則だよ、イノシシさん。

食べて満足したのか上の道路の方にゆっくりと出て行きました。

散歩中のお年寄りが見たらショックで心臓が止まるんじゃないかと心配になります。


伊豆はイノシシと鹿が多いですからね。ダウンヒル中は野生動物の飛び出しに注意です。

伊豆に来てから野生の鹿は見慣れて今は会っても何とも思いません(^^;

特に天城高原は野生の鹿が多く走った時に見ない日はありません。

CIMG2980_convert_20160313123443.jpg

増え過ぎた鹿対策に天敵のオオカミを輸入して山に放つという案もあるみたいだけど。

それはそれで怖い・・・(^^; サイクリング中にもし追いかけられたら逃げ切れないかも。

伊豆の山にサイクリングに来られる方、野生動物との遭遇も伊豆の醍醐味(?)ですよー。

でも安心して下さい、伊豆には熊はいません。

庭に現れるのが熊だったら恐怖ですね。そんな地域もあるのでしょうが・・・。

熊は苦手・・・。サイクリング中に過去4回遭遇しましたがやっぱり焦ります。

まぁ、出そうな場所をソロライドが多いですからねぇ・・・。

昨年7月に走った乗鞍では県道を普通に歩いてましたよ(^^;

流石に近づく勇気は無く遠目から撮影。5分程道路上を徘徊してました。

IMG_0382_collage_convert_20160323224434.jpg

冬眠から覚めるこれからの時期の山は注意ですねー。













彩の国を走る・奥武蔵グリーンライン

CIMG3068_convert_20160323162309.jpg

3月22日のサイクリングの記録です。

急に入った予定ですが週末から埼玉で仕事していました。

間に1日休日を確保できたのでチャリ車載で埼玉へ。

フリーの私は経費節約の為に車中泊。寝不足が続きました(^^;

元地元の埼玉を走るのは昨年の11月以来になります。

今回は奥武蔵グリーンラインをメインにしたコース。埼玉時代は定番でしたが久しぶり。



起点は秋ヶ瀬公園。スタートからしばらくはCRを走ります。

ルートラボを見ると分かりますが羽根倉橋からCRを外れ一般道を走ってます。

これは羽根倉橋の先のシケインに現れる犬(通称シケイン犬)を回避する為。

2010年の早朝に追いかけられてトラウマに(^^; シケイン犬は結構有名で被害者多数。

休憩中に他のチャリダーとシケイン犬の話題で盛り上がった事もあります(笑)

シケインで減速した所で襲ってくるのでマジで焦る。ライトの光に反応するみたいです。

今もいるのか分かりませんがあれ以来早朝は避けています。

この区間を一般道で回避して河川敷の荒川CRに合流。

CIMG3045_convert_20160323161939.jpg

堤防の斜面は菜の花が一面に広がっています。この時期ならではですねー。

CIMG3046_convert_20160323161954.jpg
CIMG3047_convert_20160323162020.jpg

開平橋からは入間川CRに入り西方向に進路を変えます。

CIMG3048_convert_20160323162033.jpg

しかし開平橋からすぐに堤防工事の為に一般道に迂回させられました。

再びCRに合流し安比奈親水公園に到着。ここから先は一般道を走ります。

CIMG3049_convert_20160323162046.jpg

林道宿谷権現堂線の起点に到着。ここから本格的な登り。

CIMG3051_convert_20160323162103.jpg

奥武蔵グリーンラインは接続する林道や県道が多数あります。

なのでグリーンラインへのアプローチやルートは色々なパターンで設定可能。

今回は比較的楽なコースをチョイスしました(^^;

グリーンラインに合流。進行方向の反対に下ると鎌北湖です。

CIMG3052_convert_20160323162118.jpg

グリーンライン沿いにある北向地蔵。名前の通り地蔵が北向きに立ってます。

CIMG3053_convert_20160323162132.jpg

グリーンラインは急坂は無いけど下りも結構あるのでその分余計に登らされます。

顔振峠の3km程手前にある分岐。右に下ると黒山三滝や越生梅林、シロクマパンに行けます。

CIMG3054_convert_20160323162146.jpg

顔振峠に到着しました。標高500m。

CIMG3055_convert_20160323162159.jpg

顔振峠からの景色。快晴なので山々の間から富士山の頭が見えました。

CIMG3056_convert_20160323162216.jpg
CIMG3059_convert_20160323162230.jpg

グリーンラインを更に進みます。快晴ですが山の上は風が冷たかった。

CIMG3063_convert_20160323162243.jpg

こちらは武甲山。北側斜面は石灰岩の採掘で削られています。

CIMG3066_convert_20160323162256.jpg

グリーンラインを走っていると峠が芋づる式に現れます。特に見所が無い峠はスルー。

初めて走った時は全部の峠で写真を撮りましたが・・・。

標高818mの刈場坂峠に到着。関東平野を見渡せます。快晴なので気持ち良い(^^)

CIMG3068_convert_20160323162309.jpg
CIMG3069_convert_20160323162323.jpg

先客のバイク乗りのお姉さんと談笑。3週間前は路面凍結で途中で引き返したそうです。

刈場坂峠から2.4km程で標高850mの大野峠。グリーンライン上では最も標高が高い峠。

CIMG3075_convert_20160323162338.jpg

グリーンラインは大野峠で右折して下りです。直進すると県民の森。

CIMG3076_convert_20160323162352.jpg

標高760mの白石峠に到着。この峠も道が分岐しています。

CIMG3078_convert_20160323162409.jpg

直進がグリーンラインで標高差140mを下ると定峰峠です。

右手前は都幾川に下る県道。右側奥は堂平山への登り。

CIMG3080_convert_20160323162423.jpg

今回は定峰峠には下らずに白石峠から2km登って堂平山を目指します。

CIMG3081_convert_20160323162439.jpg

途中にパラグライダーのテイクオフ場所があります。

CIMG3082_convert_20160323162454.jpg

ここからパラグライダーがテイクオフ!

CIMG3083_convert_20160323162507.jpg

山頂の堂平天文台。サイクルラックが設置されています。

CIMG3089_convert_20160323162531.jpg

堂平山山頂。標高876m。良い眺め(^^)

CIMG3094_convert_20160323162600.jpg
CIMG3090_convert_20160323162546.jpg

景色も良いここでランチにしました。安定のコンビニおにぎり(笑)

ランチ後は白石峠経由で県道を下って都幾川方面へ。

森林公園で休憩。ここは荒川CRの起点になります。

CIMG3097_convert_20160323162615.jpg

森林公園から大芦橋までの間は歩道の自転車レーンがCR扱いになってます。

大芦橋から堤防上のCRに入りました。この辺りも菜の花三昧ですねー。

CIMG3098_convert_20160323162628.jpg
CIMG3100_convert_20160323162644.jpg

菜の花ロードを快走かと思われるでしょうが南からの向かい風で苦戦中(^^;

CIMG3104_convert_20160323162659.jpg

桜堤公園の桜はまだ開花前。少し期待していたけど・・・。

CIMG3105_convert_20160323162713.jpg

ランチが適当だったのでデザートを。このコースなら榎本牧場のジェラートですね。

CIMG3106_collage_convert_20160323162728.jpg

後は秋ヶ瀬公園まで帰るのみ。犬シケインも無事に通過(笑)

CIMG3110_convert_20160323162743.jpg

秋ヶ瀬公園に到着して無事にサイクリング終了です。

本日は距離148.7km、獲得標高1538mでした。

久しぶりの埼玉ライド。快晴の中を走れて楽しかった!




























西伊豆スカイラインと西海岸

CIMG2997_convert_20160317161602.jpg

何処を走るか決めて無かった本日は結局定番コースを少しアレンジしたルートで走りました。

お馴染みの西伊豆スカイラインと戸田から西海岸を走るルートで山と海を満喫するコース。



明るくなるのが早くなりましたね。5時半出発ですが薄っすらと明るくなり始めてます。

鹿路庭峠に到着した時は完全に明るくなっていました。路面も完全ドライで下りも安心。

修善寺からノンビリ登って達磨山レストハウスに到着。快晴でチャリ日和ですね。

CIMG2990_convert_20160317161550.jpg
CIMG2982_convert_20160317161536.jpg

戸田峠から西伊豆スカイラインに入り絶景区間のいつもの場所から。富士山が綺麗。

CIMG2997_convert_20160317161602.jpg

今日は快晴なので海岸線や南アルプスもはっきりと見えます。

CIMG3001_convert_20160317161614.jpg
CIMG3005_convert_20160317161631.jpg

相変わらず交通量が少なく走っている時に通ったのは軽トラとバイクが共に1台(笑)

先日は降雪でチェーン規制が出てましたが路面の雪は融けています。

CIMG3008_convert_20160317161643.jpg

西伊豆スカイラインの登りのピークに到着。達磨山と富士山のコラボ。

CIMG3010_convert_20160317161655.jpg

今日はここで折り返し戸田峠まで西伊豆スカイラインを戻ります。

復路は富士山と海を正面に見ながら快適な下り。貸し切り状態なので気持ち良い!

CIMG3011_convert_20160317161707.jpg

戸田峠から戸田の街まで更にダウンヒル。海抜0m地点まで下ります。

下りの途中から。眼下の戸田の御浜岬を目指します。

CIMG3013_convert_20160317161720.jpg

戸田の御浜岬に到着。相変わらず海が透き通っていて綺麗。

CIMG3022_convert_20160317161809.jpg

戸田のお約束の撮影スポット。ここから見る富士山はお気に入り。

CIMG3015_convert_20160317161732.jpg
CIMG3016_convert_20160317161743.jpg

南アルプスも綺麗に見えました。

CIMG3017_convert_20160317161756.jpg

下山したら暖かくシューズカバーとネックウォーマーは用済みでFバッグに収納しました。

戸田港から一気に標高を上げしばらく高台を走ります。登りでは汗ダラダラ(^^;

花粉症の薬を飲んでいるので喉がやたらと渇きます・・・。

毎回お約束の出逢い岬に到着。リングの中に富士山をイン。

CIMG3024_convert_20160317161835.jpg
CIMG3023_convert_20160317161821.jpg

こちらは煌めきの丘。海からすぐに断崖の伊豆らしい景色ですね。

CIMG3028_convert_20160317161849.jpg
CIMG3030_convert_20160317161901.jpg

登りのピーク井田トンネルを越え少し下って大瀬崎。

CIMG3033_convert_20160317161947.jpg

綺麗な海を横目に海岸線をのんびりサイクリング。気持ち良い。

CIMG3036_convert_20160317162003.jpg

らららサンビーチでいつもトイレ休憩しています。今日は雲が全く無いですねー。

CIMG3037_convert_20160317162015.jpg

口野で海岸線を離れ内陸部へ。狩野川CRに合流して修善寺までCRを走ります。

CIMG3039_convert_20160317162032.jpg

暖かくなるとCRは散歩している方も多いので歩行者に対する注意や気づかいが必要ですね。

むしろ車も歩行者もいない西伊豆スカイラインの方が安全かもしれません(笑)

ラスボス冷川峠を越えて伊東に入りました。後は奥野ダムに下り自宅まで最後の登りです。

CIMG3040_convert_20160317162047.jpg

本日は距離130.7km、獲得標高2162mでした。


今日はウエアの選択を間違ったかなぁ。真冬用ウエアでは早朝以外は暑かったです。

これから春本番になるとウエアの組み合わせに悩みますねー。

あと早朝出発だと時間的にランチのお店がまだ開店前というデメリットが・・・。

今日のランチもテキトーにコンビニおにぎりでした(笑)

まぁ快晴で景色が良い中でのサイクリングを満喫できたので良かったです。






















今年初の天城高原

3月になったけど暖かくなったり急に寒くなったり気温の差が大きいですね。

年度末という事もあり仕事でお疲れの方も多いと思います。

普段はそれほどでもないけど年度末なので私も少し忙しくなりました。

年度末の忙しさや気温の変化で体調を崩さない様に自転車ライフを楽しみましょう!


本日は午後に仕事の関係で取引先に行くので当初ライドの予定は無かったです。

しかし午前中は暇だったので少しだけ走りました。朝も早く目が覚めたし(笑)

取引先の時間に遅れる訳にはいかないのでトラブルがあってもすぐに戻れる近場で。

積雪や凍結で走れなかった天城高原ですが今年初のトライです。

先日、降雪した鹿路庭峠ですが雪は無くなってました。しかし路面はウエット。

鹿路庭峠から上に登るのは今年初ですがここも路面はウエット状態でした。

夜間、早朝は凍結しているかもしれませんね。早朝に車で通る方は注意です。

天城高原ICを過ぎ高度が上がってくると周りには雪も残っていて寒かった。

CIMG2969_convert_20160313123302.jpg

路面はウエットですが日中は凍結箇所は無く自転車で走れました。

標高約1040mの天城高原駐車場に到着。駐車場のトイレは冬季閉鎖中。

CIMG2970_convert_20160313123329.jpg

ここは伊豆半島内で舗装路で登れる最も標高が高い場所。

MTBなど悪路も走れる自転車なら先日行った八丁池のようにここより高い場所に登れます。

今日はここで折り返して自宅まで戻ります。帰りは下りで楽ですが寒い!

途中のホテルハーヴェストの展望台から。曇りですが今日は富士山がはっきりと見えましたね。

CIMG2971_convert_20160313123347.jpg
CIMG2972_convert_20160313123401.jpg

身体が冷えたので自販機とベンチがある所で鹿と一緒に休憩(笑)

CIMG2977_convert_20160313123414.jpg
CIMG2980_convert_20160313123443.jpg

今日は途中でもかなりの鹿がいました。下りの時は鹿の飛び出しに注意です。


本日は距離32km、獲得標高920mでした。時間が取れないので散歩程度ですね(^^;

天城高原まで登った事により今年に入って自分の主要なコースは全て走ったかな?

時間が取れなかったけど少しだけでも走ると気持ち良いですね。

今日は少しでしたが週半ばに空きそうな日があるのでその時にサイクリング予定です。













細野高原・三筋山から八丁池・天城峠(後半)

CIMG2925_convert_20160304194350.jpg

前回からの続きです。

天城三筋山遊歩道はここを直進で森の中に入ります。右は上佐ヶ野林道。

CIMG2911_convert_20160304194232.jpg

トレイルライドが出来たのは最初の少しだけ。すぐに担ぎを余儀なくされました。

CIMG2914_convert_20160304194302.jpg

登りのピークまで1.2km程なんですが240m登らされるので疲れます。

倒木などの障害物も多かったですね。鹿も多かったけど(笑)

あと動物の骨も落ちていました。人間の骨ではない・・・と思う。

CIMG2916_convert_20160304225628.jpg

案内板が所々にあり八丁池までの残り距離も表示されています。

残り距離が大して減ってないのを見ると精神的ダメージを受けます(笑)

最後の方は階段の急登できつかった・・・。チャリが邪魔な荷物と化してます。

CIMG2917_convert_20160304225653.jpg

ハァハァ、ゼェゼェ言いながらようやく登りのピークに到着。標高1127m。

チャリを立てかけてある木に東猿山の標識。東猿山の文字の下に「らしい」の文字が。

これは私設の標識なのかな?「東猿山らしい」って(笑)

CIMG2919_convert_20160304225708.jpg

ガチな山サイをされている方は凄いですよねー。私から見たら神です。

担ぎが苦手な自分ではあり得ない・・・(^^; そんな体力も根性も無い・・・。


ここから寒天林道との合流地点まで下り。稼いだ標高を無駄に吐き出します。

下りは乗車出来る所も多かったけど担ぎや押しも多かった。私の技術の問題もある(^^;

最近の好天で乾燥しているけどぬかるんでいる所は地面を痛めない為に下車。

この辺りは軽快に走れて楽でした。轍があるので関係者の車が入る時もあるのかな?

CIMG2920_convert_20160304225723.jpg

寒天林道に合流しました。ここから八丁池まで寒天林道を登ります。

CIMG2921_convert_20160304194333.jpg

寒天林道の合流地点は簡易舗装ですがすぐにダートになります。

ダートの登りは疲れるけど担ぎに比べたら天国。この辺りの道の雰囲気はイイ感じ。

CIMG2923_convert_20160304194317.jpg

林道の終点に見晴らし台があります。薄っすらと富士山の頭が見えました。

CIMG2925_convert_20160304194350.jpg

湖畔までの下りは担ぎです。そして帰りは担いで登る事になります(笑)

八丁池に到着。雲が多くなってきました。標高1170mなので寒いです。

CIMG2932_convert_20160304194404.jpg

八丁池に来るのは昨年の10月以来になります。

前回同様に湖畔の東屋でランチ。今回は荷物軽量化の為にバーナーは持参しませんでした。

野外で食べるカップ麺が美味しいのですが今日はおにぎりと魚肉ソーセージで我慢。

CIMG2936_convert_20160304194419.jpg

ランチ休憩で少し体力も回復。寒天林道に出ればR414の旧道までは下りなので楽。

R414の旧道に合流すると石川さゆりさんの天城越えの歌詞にも出てくる寒天橋があります。

CIMG2941_convert_20160304194433.jpg

旧道はダートですが定期的に整備されていて路面状況は良好です。

旧天城トンネル(天城山隧道)の河津側。ここも八丁池同様に昨年の10月以来。

CIMG2942_convert_20160304194448.jpg

隧道内はコンクリート舗装されています。

CIMG2944_convert_20160304194500.jpg

隧道、伊豆市側。ここは駐車場もあるので車で来た観光の方が写真を撮っていました。

そういえば久しぶりに人間に会いました(笑)

CIMG2945_convert_20160305120912.jpg

天城峠は隧道脇から登った山の上にあります。

CIMG2948_convert_20160304194526.jpg

写真を撮っていた方々の視線が痛かったけどチャリを担いで天城峠を目指します(笑)

CIMG2949_convert_20160305213438.jpg

ここから天城峠~仁科峠~達磨山~修善寺虹の郷と繋ぐ伊豆山稜線歩道となっています。

西伊豆スカイラインを走った事がある方なら尾根沿いの稜線歩道を見ていると思います。

旧天城トンネルから天城峠への担ぎはきつかった・・・。距離500mで120m上昇。

チャリ同伴でなくてもロード用のシューズで登るのはオススメ出来ません。

CIMG2950_convert_20160304194538.jpg

登りの終盤は階段状の九十九折れで急登。これまでの疲れもあるのでキツい・・・。

標高820mの天城峠に到着。R414の新天城トンネルはここより180m程下を通過してます。

CIMG2951_convert_20160306162236.jpg

天城峠からは北斜面をトラバースする稜線歩道をトレイルライド。

しかしすぐ脇は谷になっているのでスリリングなシングルトラックです。

CIMG2955_convert_20160304194607.jpg

滑りやすい場所は担ぎ&押し。谷側に傾いている所も多いので気が抜けません。

CIMG2957_convert_20160304194623.jpg

靴の幅位しか踏み場がないような危険な所もあり道を間違えたか不安になりました。

しかし伊豆山稜線歩道の標識が出ているので間違ってはいないようです。

押しと乗車を繰り返しながら進んで行くと前方に見えてきた道の形が明らかに変。

CIMG2958_convert_20160304194636.jpg

近くで見ると苔むした木製の橋が崩落していました。

CIMG2959_convert_20160304194650.jpg

チャリを連れて突破は無理。二本杉峠(旧天城峠)まで行く予定でしたが即撤退を決断。

往路で怖かった場所は復路では身体が谷側になるので更に恐怖でした。

写真で見ても斜面か道か分からない。一応これでも稜線歩道です(笑)

CIMG2960_convert_20160304194702.jpg
CIMG2961_convert_20160304194716.jpg

この木製の橋もなかなかスリリングでした。苔で滑るので注意。

CIMG2962_convert_20160304194728.jpg

途中で少し遊びました。そして転倒しました(笑)枯れ葉がクッションになりノーダメージ。

CIMG2964_convert_20160306110520.jpg

何とか天城峠まで戻ってきました。最後の休憩をしましたがドリンクの残りが僅か。

細野高原から先で補給ポイントが無いのでドリンクは1.5リットル分携帯していたのですが。

花粉症の薬を飲んでいたので余計に喉が渇いたのが影響していると思います。

二本杉峠まで行かなくて良かったのかもしれません。

CIMG2965_convert_20160304194742.jpg

当初は天城峠から稜線歩道で古峠~二本杉峠(旧天城峠)とパスハントするつもりでした。

古峠は平安時代に通行記録がある天城越えルートの歴史の中では最古の峠。

二本杉峠(旧天城峠)は旧天城トンネル開通以前の天城越えルートの峠。

古峠・二本杉峠・天城峠・新旧の天城トンネルと天城越えルートのコンプリートが狙いでした。

今回は撤退となりましたが次回以降の課題ですね。


旧天城トンネルまで下ると写真を撮っていた女性グループに驚かれ恥ずかしかった。

隧道の脇からチャリを担いだオッサンが現れたら驚かれるのも仕方がない(笑)

CIMG2948_convert_20160304194526.jpg

自転車趣味が無い人から見たら理解不能かもしれませんね。


旧天城トンネルを通り河津側に抜ければデポ地の二階滝駐車場までは下り。

林道やトレイルを走った後だと旧道のダートがアスファルト舗装の様に感じます(笑)

CIMG2966_convert_20160304194758.jpg

一気に下って二階滝駐車場に到着で無事にサイクリング終了です。

今回の走行ルート。地図に表示されない道が多いですね。



距離50.2km、獲得標高1833m。担ぎで体力を消耗したので数字以上に疲れました。

感覚的には舗装路で3000m登った時より疲労度が大きいです。

そして「MTBあるある」ですが帰宅してから洗車という峠越えが待ってます(^^;

帰宅後に疲れた身体に鞭打って泥だらけのチャリを洗いましたよ。

今回はかなりの疲労度。翌日はあちこち筋肉痛で仕事に行きました(笑)


次回のMTBのライドは担ぎが無い林道かな。お気に入りの林道東俣線もまた走りたい。

















































細野高原・三筋山から八丁池・天城峠 (前半)

CIMG2868_convert_20160304193735.jpg

3月4日のサイクリングの記録です。

今週は土日に仕事、平日の休日が飛び石になりました。

結果的に間の仕事の日が良い脚休めになったのかもしれません(笑)

今回のコースは暖かくなったら走ろうと前から考えていたコース。

ダート林道やトレイルがあるコースなので今年初のMTBの出動です。

車載で新天城トンネル近くの二階滝駐車場をデポ地としました。

コース前半は舗装路、後半はダートがメイン。今回は前半の記事です。


MTBの時はフラットペダルなんですがシューズを新調しました。

購入したのはサロモンのトレッキングシューズ。

CIMG2854_convert_20160304193509.jpg

ペダリングとトレイル歩きのバランスを考慮してローカットタイプに。

結果を言うとペダリングも問題無いしトレイルも歩きやすくて良かったです。


二階滝駐車場を6時前に出発。明るくなるのも早くなりました。

トップチューブとシートチューブにクッションになるパッドを装着してます。

CIMG2856_convert_20160304193611.jpg

担ぎ時の肩の痛み対策です。ちなみに担ぎは苦手・・・(^^;

専用品ではなく持っていた物で代用。見た目が悪いけど仕方がない。

パッドが無いと肩が痛いです。私は痩せてるから尚更。

前半はほとんど舗装路。スタートから河津の街まで下りです。

先週、反対側から登った河津七滝ループ橋を通過。

CIMG2858_convert_20160304193624.jpg
CIMG2859_convert_20160304193636.jpg

河津川沿いの河津桜もかなり葉っぱが目立ってきました。

CIMG2862_convert_20160304193648.jpg

いつも稲取から登る細野高原ですが今回初めて河津から登ります。

MTBのギヤ比でブロックタイヤでも登るのは楽。スピードは遅いですが(^^;

河津桜は見頃が終わったけど菜の花は綺麗ですね。

CIMG2864_convert_20160304193700.jpg

稲取からの細野高原へのメインルートに合流。

CIMG2865_convert_20160304193711.jpg

稲取からだとオール登りだけど河津からだとアップダウンがあり余計に登らされます。

ノンビリ登って景色が開けると細野高原に到着です。

CIMG2866_convert_20160304193723.jpg

ここも先週、大室山同様に山焼きが行われたので山が黒くなってます。

こちらは山焼き前、1月に行った時の写真。

CIMG1937_convert_20160114151000.jpg

駐車場の脇にトイレがあります。ここで少し休憩しました。

CIMG2871_convert_20160304193747.jpg

三筋山の山頂口を目指して再び登ります。この桃野湿原の先から激坂区間に突入です。

CIMG2873_convert_20160304193800.jpg

山焼きの後なので岩石がゴロゴロしているのが目立ちますね。

CIMG2874_convert_20160304193811.jpg

激坂区間に突入すると山頂口まで激坂が続きます。

CIMG2875_convert_20160304193823.jpg

激坂の連続だけど景色は良いです。

CIMG2876_convert_20160304193837.jpg
CIMG2881_convert_20160304193849.jpg

グイグイ標高を上げていくので登ってきた九十九折れもあっという間に眼下に。

CIMG2884_convert_20160304193904.jpg

ゴール直前もなかなかの激坂。

CIMG2885_convert_20160304193917.jpg

三筋山の山頂口に到着。山頂口からの眺め。私が登ったルートとは別ルートの登り。

CIMG2888_convert_20160304193945.jpg

いつもはチャリを置いて山頂まで登りますが今回はチャリを担いで階段を登ります。

CIMG2886_convert_20160304193932.jpg

山頂まで標高差80mを登るのですが今回はチャリを担いでなので疲れました。

山頂手前から。海を見下ろす感じで絶景だけど午前中は逆光なんですよね。

CIMG2890_convert_20160304194001.jpg

山頂までもう少し。激坂の登りと担ぎで汗ダラダラです・・・(^^;

CIMG2892_convert_20160304194016.jpg

標高821mの三筋山山頂に到着。風車が間近に。

CIMG2896_convert_20160304194030.jpg
CIMG2902_convert_20160304194119.jpg
CIMG2898_convert_20160305114831.jpg


山頂から天城の山々。

CIMG2900_convert_20160304194043.jpg

尾根沿いに並ぶ風車。風車設置に伴い従来の天城三筋山遊歩道が所々で途切れてます。

CIMG2901_convert_20160304194104.jpg

代わりに東電の管理道路の赤い部分が天城三筋山遊歩道になっています。

この管理道路もアップダウウンがあって疲れました。

CIMG2903_convert_20160305171954.jpg
CIMG2905_convert_20160304194147.jpg

三筋山山頂に到着してからガーミンの地図を地形図に切り替えました。

私のガーミンは8年前に購入したコロラド300というアウトドア用の地図表示のGPSです。

形が少しゴツイけどバッテリーが出先でも簡単に入手可能な単三電池というのが利点。

濡れたり下に落としたりしても今まで故障が無いなかなかタフなヤツです。


細野高原から先、人間には全く会わなかったけど鹿は沢山いました(笑)

20頭位は見ました。鹿に見つめられながらノンビリ走ります。

CIMG2904_convert_20160304194133.jpg

天城三筋山遊歩道は案内標識も多いので迷う事は無いと思います。

CIMG2906_convert_20160304194203.jpg

舗装の管理道路の終点でダートの上佐ヶ野林道に合流。

CIMG2908_convert_20160305172608.jpg
CIMG2909_convert_20160304194217.jpg

ここに案内板や東屋があります。少し休憩しました。

CIMG2913_convert_20160304194248.jpg

ここからすぐに分岐。右は上佐ヶ野林道。ここを直進で森の中に入って行きます。

CIMG2911_convert_20160304194232.jpg

乗車出来たのは最初の少しだけ。すぐに担ぎ&押しとなりました・・・。

CIMG2914_convert_20160304194302.jpg

チャリを担いでひと山越えるのですが担ぎが苦手な私は苦戦しました(^^;



続きは(後半)で。































結局は定番コースで

前日、3月2日のサイクリングの記録です。

今日は早朝の電車で埼玉へ。向こうで仕事でした。

当初は前日にチャリ車載で埼玉入りしてサイクリングを考えていました。

久しぶりに奥武蔵グリーンラインでも走ろうかなと思って・・・。

しかし今週は土日が仕事だったり休みが飛び石なので今回は自重しました。

なので前日は伊豆でサイクリング、今日は早朝の電車で埼玉行きにしました。

結局、毎月走っている定番コースの西伊豆スカイライン。



最近、日が長くなりましたね。5時半頃から明るくなり始め6時は普通に明るいです。

いつもの鹿路庭峠越えルートで修善寺方面へ。鹿路庭峠の雪も無くなりました。

修善寺から再び登りでいつもの達磨山レストハウスで小休止。

CIMG2824_convert_20160302153712.jpg

先月は雪が残っていた戸田峠ですがすっかり無くなってました。

CIMG2826_convert_20160302153727.jpg

戸田峠から左折して西伊豆スカイラインの始まり。いつもの場所から。

CIMG2827_convert_20160302153743.jpg
CIMG2829_convert_20160302153757.jpg

相変わらず交通量が極少の西伊豆スカイライン。ほとんど車が通らない・・・。

CIMG2830_convert_20160302153810.jpg
CIMG2836_convert_20160302153843.jpg

いつも風運の悪い私ですが今回は珍しく無風。風が無いと登るのも楽だ(笑)

CIMG2833_convert_20160302153826.jpg
CIMG2838_convert_20160302153858.jpg

西伊豆スカイラインの最高地点を通過すると船原峠まで一旦下り。

下ってこの西天城大橋から南方面へは西天城高原線になります。

CIMG2839_convert_20160302153912.jpg

西天城大橋の下はR136の旧道が通ってます。R136(西伊豆BP)はトンネルで峠を通過。

土肥港方面へ向かうR136の旧道はしばらく通行止めでしたが解除された模様。

これでチャリダーはR136のトンネルを通らなくて済みますね。

西天城高原線を登って(下りもありその分登り返し)風早峠に到着。

CIMG2840_convert_20160302153931.jpg

風早峠から1km程登ると仁科峠です。

CIMG2841_convert_20160302153946.jpg
CIMG2846_convert_20160302154029.jpg

仁科峠からの眺め。下に見える赤い屋根の所は西天城高原牧場の家。

CIMG2843_convert_20160302154000.jpg
CIMG2845_convert_20160302154014.jpg

仁科峠で折り返し風早峠から湯ヶ島方面へ下ります。

下山してこちらも定番の足湯カフェ東府やさんに到着。

CIMG2847_convert_20160302154047.jpg

当然、足湯席でいただきました。この後に控える2つの山越えに備えます。

でも冬はシューズカバーを履いてるので足湯は少々面倒ですね(^^;

CIMG2849_convert_20160302154101.jpg

休憩後、いつもの国士峠を越えて山葵田が広がるのどかな中伊豆。

CIMG2852_convert_20160302154117.jpg

最後の峠、冷川峠を越えていつもの奥野ダム。

CIMG2853_convert_20160302154131.jpg

自宅までの最後の登りをクリアして無事にサイクリング終了。

距離は102.5km、獲得標高は2498mでした。


暖かくなると共に花粉の症状が辛くなってきました・・・(^^;

この時期、花粉症で苦労しているサイクリストも多いと思います。

対策としては市販の薬で症状を抑える程度です。走ってる時のマスクは苦手・・・。

あと走って帰宅した後は即風呂で汗と花粉を洗い流します。

まぁ毎年何とか乗り切ってるし4月までの辛抱ですね。


今週末は珍しく土日共に仕事。でもオフの日はなるべく乗ります。

休日はチャリ以外にやる事が無い・・・(笑)



«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果