2016-05

Latest Entries

お気に入りの細野高原

CIMG4717_convert_20160529155653.jpg

GW明けから遠征続きでしたが今日は久しぶりに伊豆で走りました。

定番コースの中から今回はお気に入りの細野高原をチョイス。



出発時の4時でもう薄っすらと明るくなり始めています。

苦手なR135ですが早朝なので車が極少。まぁそれが狙いの早朝出発ですが。。

手前の片瀬白田から登り基調ですが稲取高校入口から山方面への道に入ると本格的に登り。

稲取高校の近くから見下ろした稲取の漁港。

CIMG4712_convert_20160529155540.jpg

細野高原への道はどこから登っても序盤から激坂が待っています。

このルートも同じで伊豆アニマルキングダムまでの間が激坂。

観覧車が近くに見えてくると勾配も緩くなりその先は10%前後の普通の急坂。

ゴルフ場からは見通しの悪い狭路を一旦下り。途中、鹿が横切り危なかった。。

メインルートに合流して再び10%前後の坂を登ると景色が開けて細野高原に到着です。

CIMG4714_convert_20160529155627.jpg

山側は雲1つ無い快晴ですが海側は霞んでいて今日は伊豆諸島は見えなかった。。

CIMG4719_convert_20160529155706.jpg

海岸線のR135を走っていた時点で伊豆大島が全く見えなかったですからね。。

まぁ今日は仕方がない。時間が経過すればどうなるか分かりませんが。

まだ5時半なので貸し切り(笑)私はお気に入りですがここは伊豆の中ではマイナーな部類。

県外から伊豆に走りに来てここを登るのは少数派だと思います。

すすきの名所でもある細野高原。同じく名所の箱根・仙石原の7倍と広大な敷地面積。

CIMG4716_convert_20160529155641.jpg

三筋山を目指して再び登ります。草原の中の道はコンクリート舗装。

お世辞にも綺麗とは言えず陥没やひび割れ箇所も多数なのでタイヤの細いロードは注意。

CIMG4725_convert_20160529155732.jpg

この桃野湿原の先から三筋山山頂口まで緩む事無く激坂が続きます。

CIMG4722_convert_20160529155719.jpg
CIMG4726_convert_20160529155745.jpg

激坂だけど景色は良いので楽しめます。雲1つ無い青空が綺麗。

CIMG4769_convert_20160529160209.jpg

草原内の道は狭路。激坂でグイグイと標高を上げていきます。

CIMG4730_convert_20160529155802.jpg
CIMG4734_convert_20160529155816.jpg

激坂を登って三筋山の山頂口に到着。

CIMG4739_convert_20160529160010.jpg

細野高原の向こうに相模灘が広がっているのですが相変わらず霞んでますね。。

CIMG4735_convert_20160529155828.jpg
CIMG4743_convert_20160529160024.jpg

山頂口にチャリを置いて階段状の遊歩道を登って三筋山の山頂を目指します。

相変わらず青空が綺麗。山頂が近づくと風車の回る音が聞こえてきます。

CIMG4745_convert_20160529160037.jpg

三筋山山頂に到着しました。標高821m。

CIMG4758_convert_20160529160121.jpg

相変わらず霞んでいるので海側の写真は無し(^^; 見える時は相模灘を見下ろし伊豆諸島も見えて絶景ですが。。

万二郎岳や万三郎岳など天城連山の山々。

CIMG4750_convert_20160529160051.jpg

尾根沿いに建ち並ぶ巨大風車。

CIMG4754_convert_20160529160105.jpg

帰りは激坂下り。スイスイ下れる道では無いので苦行です(笑)

激坂区間は下るというより落下するような感じでブレーキがシンドイ。。

CIMG4762_convert_20160529160155.jpg

激坂下りで急降下しました。ブレーキ握る指が痺れて疲れたので途中で休憩(^^;

CIMG4774_convert_20160529160224.jpg

ひと山越えて河津まで下り。河津からはR414新天城トンネル経由で天城越えです。

本日のメインイベント細野高原は終わったのでここからは淡々と(笑)

お馴染み河津七滝ループ橋。

CIMG4778_convert_20160529160237.jpg

R414は新天城トンネルが登りのピーク。標高約630m。

CIMG4779_convert_20160529160251.jpg

ちなみに観光名所の天城山隧道はダートの旧道になります。こちらは標高708m。

ダートですが路面良好でゆっくり走ればロードのタイヤでも行けると思います。

CIMG2942_convert_20160529155453.jpg

さらに山を登ってトンネルより高い標高820mの所に天城峠があります。

こちらはロードバイクは無理。MTBの方が良いと思います。私もMTBで行きました。

CIMG2954_convert_20160529155527.jpg

伊豆の踊り子像と浄蓮の滝。

CIMG4780_convert_20160529160306.jpg
CIMG4787_convert_20160529160318.jpg

この先でルート選択のミス!修善寺でランチの予定だったのにいつもの癖で国士峠に向かってしまった。

完全に条件反射ですね(笑)途中で気が付いたけどそのまま国士峠越えを続行。

修善寺まで遠回りしたうえに余計に登る事になりました(^^;

ランチは修善寺駅前の駅弁カフェたけしさんで。

今回は初めて土日限定のわさびシャモ飯。美味しかった!食後のケーキもお約束。

CIMG4791_convert_20160529160331.jpg
CIMG4792_convert_20160529160347.jpg

お店の方と来週開催されるTOJ伊豆ステージの話などしながらノンビリ休憩しました。

帰りは向かい風でしたがわさびシャモ飯とケーキのパワーで乗り切りいつものルートで帰宅。

本日は距離109.7km、獲得標高2544mでした。

細野高原は激坂や悪路ですが絶景で気持ちの良い所でお気に入りです。

すすきの時期以外は人も少なく静か。私が行く時間帯や曜日は全く人に会わない事が多い(笑)

サイクリングで伊豆稲取に来られた方、金目鯛で有名だけど細野高原も良い所ですよ!

スポンサーサイト

坤六峠と奥利根ダム巡り

CIMG4700_convert_20160524152415.jpg

5月23日のサイクリングの記録です。

埼玉で仕事があったのでチャリ車載で行ってついでにサイクリングをしてきました。

自分の場合、逆かな?サイクリングのついでに仕事・・・(笑)

相変わらず仕事も遊びもマイペースの自由人です(^^;

今回は久しぶりの群馬・奥利根エリア。

埼玉時代に定番にしていたコースを久しぶりに走りました。

沼田の道の駅白沢を起点にした周回ルート。



早朝は寒かった。5月は朝昼の気温差が大きいですね。

本日1つ目のダム、薗原ダムに到着。

CIMG4561_convert_20160524151600.jpg

R120に合流して少し走ると吹割の滝です。

CIMG4581_convert_20160524151627.jpg
CIMG4585_convert_20160524151639.jpg

吹割渓谷と鱒飛の滝。まだ朝の5時半なので貸し切りです(笑)

CIMG4596_convert_20160524151711.jpg
CIMG4594_convert_20160524151650.jpg

R120からR401に入り尾瀬方面へ向けて緩やかな登り。

坤六峠(左)と鳩待峠(右)への道の分岐。鳩待峠は尾瀬の玄関口の峠。

CIMG4603_convert_20160524151724.jpg

鳩待峠への道はハイキングシーズンの今はマイカー規制中で車はこれより先には入れません。

尾瀬に向かうハイカーは手前の駐車場からシャトルバスに乗って行く事になります。

坤六峠への登りはなかなか気持ちの良い道。勾配も緩い。

CIMG4605_convert_20160524151737.jpg

この坤六峠経由でみなかみ町に至る県道63号は奥利根ゆけむり街道とも呼ばれています。

新緑が綺麗で気持ち良いですねー。そして静か。

CIMG4607_convert_20160524151752.jpg

ちなみにこの辺りの山林は尾瀬と同様に東京電力の所有地なので立ち入り禁止です。

標高1620mの坤六峠に到着。ここから先はみなかみ町です。

CIMG4609_convert_20160524151805.jpg
CIMG4611_convert_20160524151833.jpg

照葉峡のつづみの滝。ここは紅葉の名所になっています。

CIMG4619_convert_20160524151911.jpg

本日2つ目のダム、奈良俣ダムに到着。堤頂部からダム湖の景色。

CIMG4637_convert_20160524151935.jpg

非常用洪水吐の上から。大きなダムなので高さを感じます。

CIMG4635_convert_20160524151923.jpg

ダムサイトには自販機の他に食事もできる売店があります。

県道63号に下って堤体直下から。美しいロックフィルダムです。

CIMG4642_convert_20160524152010.jpg

本日3つ目のダム、須田貝ダムは東京電力が管理する発電ダム。

電力系ダムではよくある立ち入り禁止で近づけないので離れた場所から。

中央クレストゲートから放流していました。

CIMG4680_convert_20160524152219.jpg

先ほどの奈良俣ダムは利根川水系の楢俣川をせき止めていますが須田貝ダムは利根川本流をせき止めています。

利根川上流部に向かって走っていると越後山脈の山々が見えてきます。

CIMG4677_convert_20160524152158.jpg

矢木沢ダムの堤体が見えてきました。ここから堤体の高さ分を急坂で上昇します。

CIMG4648_convert_20160524152026.jpg

矢木沢ダム名物のスキージャンプ式の洪水吐。

CIMG4650_convert_20160524152041.jpg

見に行けなかったけど先日、ビックイベント点検放流が行われました。

この位置で見学したら間違いなくずぶ濡れになります(^^;

急坂を登って本日4つ目のダム、矢木沢ダムに到着。堤体本体は美しいアーチ式。

CIMG4662_convert_20160524152053.jpg

ここは利根川最上流部のダム。せき止められた坂東太郎、ダム湖の名前は奥利根湖。

CIMG4675_convert_20160524152130.jpg

ここは関東の水がめ。渇水時のニュースでここの貯水率やダム湖の映像が流れますね。

CIMG4676_convert_20160524152145.jpg

ここでランチ休憩。ダムで食べるコンビニおにぎりは最高(笑)

矢木沢ダムで車道は行き止まりなので県道63号までは来た道を戻りです。

県道63号を下流に向かって走りますがアップダウンがあり無駄に登らされます。。

本日5つ目のダム、藤原ダムに到着。日差しが強くなり暑くなってきました。

CIMG4684_convert_20160524152245.jpg

藤原ダムからR291に合流するまでは下り。

本日6つ目のダム、小森ダム。堤体には近づけないので県道から見下ろします。

CIMG4685_convert_20160524152303.jpg

水量が多い時期は写真の様に全面越流している姿が拝めます。

小さなダムですがこれは利根川の本流です。

湯檜曽駅の先でR291に合流してさらに下り。この辺りの利根川の流れは急流。

この急流を利用してラフティングも楽しめるみたいですね。やってみたい。

CIMG4689_convert_20160524152318.jpg

水上駅の近くにはSL(デゴイチ)も展示されています。

CIMG4690_convert_20160524152332.jpg

これは展示用ですが高崎ー水上間で運行しているデゴイチもあるみたいですね。

水上駅周辺から北側の景色を振り返ると谷川連峰の山々が。

CIMG4695_convert_20160524152344.jpg
CIMG4700_convert_20160524152415.jpg

暑かったので水上駅の売店でアイスを買ってクーラーの効いた待合室で休憩しました。

休憩後は利根川沿いの県道を下流方面へ向かって走ります。

諏訪峡大橋から見た諏訪峡。相変わらず急流の坂東太郎。

CIMG4699_convert_20160524152359.jpg

諏訪峡大橋の上からはバンジージャンプの体験が出来ます。

CIMG4702_convert_20160524152431.jpg

サイクリングの思い出作りにいかがでしょうか?私は遠慮しておきますが(^^;

ラフティングならやってみたいけどバンジーはちょっと・・・(笑)

県道265号で石神峠越え。全国的に猛暑日となった本日、汗ダラダラです。。

利根沼田望郷ラインに入りました。道も綺麗で交通量も少なく気持ちの良い道。

CIMG4705_convert_20160524152443.jpg
CIMG4706_convert_20160524152456.jpg

しかし夏場は暑い!!秋頃は周囲の山々を見ながら気持ち良く走れるのですが。。

しかも向かい風。。これまでの疲れと暑さでバテてきました。

結構アップダウンもあるので沼田の街を見下ろせる様な所まで登らされたりします(笑)

CIMG4708_convert_20160524152513.jpg

暑くてバテバテだったので道の駅川場田園プラザに立ち寄りソフトクリームを食べました。

この道の駅は施設が充実しているので有名で平日でも人が多かった。

人が多く落ち着かないのでソフトクリームを食べたら即退散(^^;

本日最後のダム、平出ダムに到着。やっぱりダムは落ち着く(笑)

CIMG4710_convert_20160524152528.jpg

ダムカードもゲットしました(^^) 通算133枚目。

CIMG4711_convert_20160524152542.jpg

本日のコースは薗原・奈良俣・矢木沢・藤原・平出の各ダムでカードを貰えるので5枚ゲット出来ます。

私は平出ダム以外のカードは8年前に入手済み。確認したけどバージョンも以前のままでした。

道の駅まで登り返して無事に到着。まだ身体が慣れてないのか暑さでバテて疲れました。

本日は距離144.6km、獲得標高2567mでした。

それほど標高が高い峠は無いけどダムを7箇所巡るとそれなりに登りは多くなります(^^;

まあ登りが多くなるのはダム巡りの宿命。もう何年もやってるので慣れました(笑)


今回は1日でかなり日に焼けました。全国的に猛暑日で熱中症になった人も多かったみたいですね。

伊豆と違って内陸部の暑さは質が違いますね。真夏はあまり走りたくないコースです(^^;

このコースは秋の紅葉が素晴らしいので次回は紅葉の時期に走ろうと思います。

高ボッチ&鉢伏高原スカイライン絶景ライド

CIMG4490_convert_20160520152409.jpg

5月19日のサイクリングの記録です。

前日5月18日は前記事の絶景のビーナスラインを走り塩尻のホテルに泊まりました。

本日は早めに帰宅したかったのでチェックアウト後に散歩程度のライドで。

景色が良くて距離、獲得標高共に少なめの条件で思案した結果、丁度良いのがありました。

以前から気になっていた高ボッチ高原へ初めて登ってみる事にしました。

高ボッチ高原へ至る高ボッチスカイラインと鉢伏山へ至る鉢伏高原スカイラインをセットで走ります。



起点は泊まったホテルからも近い道の駅小坂田公園。

スタート後は3kmほどR20を走行。車が多い所は歩行者もいないので歩道を走行。

R20から山道に入ると交通量も無く静かになり高ボッチスカイラインに合流しました。

CIMG4457_convert_20160520152011.jpg

スカイラインの名前が付いていますが塩尻市道なので林道のような道です。

しかし静かで雰囲気も良い道で登っていても気持ち良かった。

CIMG4459_convert_20160520152052.jpg

所々で木々の間から北アルプスが見えて気分が盛り上がっていきます。

CIMG4458_convert_20160520152031.jpg

高い木が無くなり景色が開けてくると高ボッチ高原に到着です。

CIMG4460_convert_20160520152104.jpg
CIMG4462_convert_20160520152116.jpg

事前調べで信州の穴場スポットという事は知っていたけどこれは良い所だ!

CIMG4465_convert_20160520152129.jpg

牧場の目の前にはアルプスの山々。今日も中央&北アルプスは綺麗に見えました。

CIMG4471_convert_20160520152142.jpg
CIMG4487_convert_20160520152358.jpg

絶景の中、牧場内の遊歩道を散策。気持ち良い!

CIMG4475_convert_20160520152332.jpg
CIMG4477_convert_20160521225647.jpg
CIMG4481_convert_20160520152344.jpg

正面に北アルプス、眼下には松本の市街地。

CIMG4490_convert_20160520152409.jpg

絶景で気持ち良いので今日も写真撮影が多くなかなか前に進みません(^^;

CIMG4491_convert_20160520152421.jpg

高ボッチ高原の第二駐車場は北アルプスが目の前にドーンの立地。

CIMG4531_convert_20160520152556.jpg

先客の車がいなくなると貸し切り。高ボッチで独りぼっち(笑)

CIMG4496_convert_20160520152432.jpg

絶景、絶景!!信州最高(^^)

CIMG4500_convert_20160520152445.jpg
CIMG4502_convert_20160520152457.jpg

前日のビーナスライン同様に今日も槍ヶ岳がハッキリと見えました。

CIMG4530_convert_20160520152544.jpg
CIMG4529_convert_20160520152532.jpg

ここから300m程歩いて登ると高ボッチ山の山頂です。標高1664.9m。

CIMG4511_convert_20160520152508.jpg

ここは諏訪湖と富士山のビュースポット。今日は薄雲が多く富士山は見えなかった。。

CIMG4515_convert_20160520152520.jpg

前日走った霧ヶ峰方向の景色。高い山は車山かな?

CIMG4522_convert_20160522202529.jpg

高ボッチ高原の絶景を十分満喫して次の目的地へ向けペダルを回します。

高ボッチスカイラインから鉢伏高原スカイラインに入り鉢伏山方面へ向かいます。

正式名称は林道鉢伏線。高所を走るので気持ちの良い道でした。

CIMG4533_convert_20160520152609.jpg

残り3km程は10%超の急坂で1800m超の標高まで急上昇します。

CIMG4555_convert_20160520152737.jpg
CIMG4552_convert_20160520152723.jpg

鉢伏山が見える所まで登ると高い木が無くなり見晴らしが良くなります。

CIMG4536_convert_20160520152622.jpg
CIMG4547_convert_20160520152712.jpg

車道の終点、鉢伏山荘に到着。少し雲が多くなってきました。

鉢伏山には登らずにここで引き返し下山します。

CIMG4545_convert_20160520152646.jpg
CIMG4543_convert_20160520152635.jpg

鉢伏高原スカイラインも最後は急坂ですが気持ちの良い道でした。

北アルプスの景色を目に焼き付けながらノンビリと下ります。

CIMG4546_convert_20160520152659.jpg
CIMG4539_convert_20160521225706.jpg

鉢伏高原スカイライン、高ボッチスカイラインと繋いで下山すると道の駅までは数km。

高ボッチスカイラインの松本側への下りは急坂で路面も悪かったです。

なのでブレーキレバーを握る指が限界で下りの途中で休憩しました(笑)

急坂に加えて路面が悪くタイヤの抵抗が大きいのでこちらからは登りたくない(^^;

無事に下山して道の駅に到着。下界は暑い!!

本日は距離37.3km、獲得標高1252mでした。

散歩程度ですが楽しめました。前日の疲れも少し残ってたので丁度良い距離と登り。

帰りの運転もあるし翌日は早朝から仕事なので。。もう若くないので無理は禁物です(笑)

今回、初めて行った高ボッチ高原でしたが再訪したくなりました。

再訪の時は今日は見られなかった諏訪湖と富士山のコラボが見たいですね。



道の駅のレストランで信州そばを食べてから帰宅。余裕を持って夕方には着きました。

遠征の2日間、天候に恵まれ信州の絶景ルートを満喫できて大満足(^^)

伊豆からだとアクセスが大変だけど長野遠征は今後も予定していて楽しみです。



最高の女神!ビーナスライン 後編

CIMG4436_convert_20170402165900.jpg

前回からの続き、クライマックスに向けての後編です。

霧の駅から進路を北向きに変えたビーナスライン。アップダウンを繰り返します。

青空が綺麗。絶景道路にはやっぱり快晴が似合いますね!

CIMG4329_convert_20160519191546.jpg

頂上部に雪が残っている山はあの御嶽山。

CIMG4331_convert_20170402165632.jpg

諏訪湖を見下ろせるポイントもあります。背後に南アルプス。

CIMG4335_convert_20170402165647.jpg

三峰山の駐車場からの眺め。

CIMG4345_convert_20160519191631.jpg

正面に見える山が三峰山。

CIMG4355_convert_20160520080221.jpg

開放感がある絶景道路が続きます。

CIMG4359_convert_20160519191643.jpg

扉峠に到着。ここから少し下り美ケ原に向け最後の登り返し。

CIMG4363_convert_20160519191656.jpg

美ケ原まで残り4km程は10%超の急坂。頭上のこれから登る坂が嫌でも目に入ります(笑)

CIMG4364_convert_20160519191707.jpg

既にここまで2000m以上登ってるのでなかなかキツい!

CIMG4365_convert_20160519191719.jpg
CIMG4368_convert_20160519191744.jpg

登ってきた道があっという間に眼下に。

CIMG4366_convert_20160519191731.jpg

美ケ原の駐車場に到着。途中から行動を共にしたサイクリストと一緒に。

CIMG4370_convert_20160519191757.jpg

神奈川から来た私と同世代のトレック乗りの方。MTBもよく乗るそうです。

ここで談笑しながら補給休憩しました。私は相変わらずのコンビニおにぎり(^^;

まぁこれだけ絶景を満喫できたらメシは適当で十分(笑)

休憩後は美ケ原高原の散策。高原内の遊歩道は車両乗り入れ不可。

なのでダートの遊歩道をチャリを押し歩いて先に進みます。

CIMG4372_convert_20160519191834.jpg

景色も素晴らしいし2人なので話しながら楽しく歩けました(^^)

CIMG4373_convert_20160519191848.jpg

しかし絶景連発で相変わらずなかなか前に進みません(^^;

電波塔が建っている王ヶ頭ホテルの場所までは登り基調の道。

CIMG4375_convert_20160519191900.jpg

ここを歩くロードの方はクリートカバーか替えの靴がある方が良いです。

私はMTB用のSPDシューズなのでそのまま歩いてます。

この遊歩道での定番の撮影スポット、美しの塔。

CIMG4380_convert_20160519191917.jpg

青空と相まって日本離れした風景が広がっています。柵の中は牧場。

CIMG4383_convert_20160519191930.jpg
CIMG4389_convert_20160519191941.jpg

ここは私の稚拙な文章と下手な写真より実際に歩いて体験した方が感動します(笑)

王ヶ頭ホテルへの最後の登りはなかなかの急坂。

CIMG4388_convert_20170402165703.jpg

急坂の途中から見下ろした遊歩道。

CIMG4392_convert_20160519192004.jpg

看板の前で並んで記念撮影。

CIMG4396_convert_20160519192017.jpg

王ヶ頭ホテル。いつかここに泊まってみたいなぁ。

CIMG4402_convert_20160519192041.jpg

ここからの眺めも絶景で素晴らしかった!

CIMG4404_convert_20160519192052.jpg

美ケ原高原の最高地点、王ヶ頭。標高2034m。

CIMG4406_convert_20170402165717.jpg

今年は雪は少ないけどアルプスの山々は美しいですねー。

CIMG4407_convert_20170402165729.jpg
CIMG4417_convert_20170402165742.jpg

王ヶ鼻に到着。ここは美ケ原の先端部で崖っぷちになってます。

CIMG4420_convert_20170402165755.jpg

ここからの景色は圧巻です!2人で写真を撮りまくり(笑)

CIMG4434_convert_20170402165844.jpg
CIMG4430_convert_20170402165825.jpg
CIMG4423_convert_20170402165809.jpg

この場所での撮影は勇気が要りました。チャリの先は崖なので慎重に固定。

私が先にトライしてトレックの彼が続きました。

CIMG4436_convert_20170402165900.jpg

写真撮影しながらノンビリ歩いてダートの遊歩道を抜けました。

CIMG4442_convert_20160519192243.jpg

武石峠まで残り6kmは緩やかなアップダウンの繰り返し。

名残惜しいけど残り少ない絶景区間を堪能しながら武石峠に向かいます。

CIMG4444_convert_20160520080248.jpg

少し走り振り返ると先ほど登った王ヶ鼻が見えます。

CIMG4446_convert_20160519192255.jpg

絶景は武石峠まで続きます。本当に今回は最高の女神でした(^^)

CIMG4448_convert_20160520080302.jpg
CIMG4452_convert_20170402165915.jpg

武石峠に到着。ここからは急坂の下り。

CIMG4453_convert_20160519192319.jpg

トレックの彼は松本に下るのでここでお別れ。

彼のおかげで楽しい時間を過ごせました。ありがとうございました!

起点の道の駅まで武石峠から20km以上の長い下り。

無事に到着でサイクリング終了。下った下界は朝とは違い暑かった。

本日は距離108.8km、獲得標高2491mでした。


今回は天気に恵まれ過去最高のビーナスラインでした。

やっぱり信州の高所の景色は素晴らしいですね!

長野はまだまだ予定しているコースがあるので楽しみです(^^)

最高の女神!ビーナスライン 前編

CIMG4259_convert_20160519191039.jpg

5月18日のサイクリングの記録です。

信州長野への遠征。色々と考えていた中から今回はビーナスラインをチョイス。

車載での遠征で起点は道の駅マルメロの駅ながとにしました。

道の駅を起点にビーナスライン・美ヶ原を巡る周回ルート。



晴れて気温が上がるとの予報でしたが朝の気温は3℃と激寒!

ハーフパンツだったので朝の寒さにはビビりましたよ(^^;

スタートから白樺湖方面へ向け20km以上の登り。

登りでも寒く冬用グローブとシューズカバーが必要なレベル。

おまけに晴れ予報に反して雲が多く途中からは濃霧。余計に寒い。。

晴れる事を祈り淡々と登ると日が差して晴れてきました。良かったー。

CIMG4216_convert_20160519190842.jpg

展望台から下界を見下ろすと雲海。先ほどまでは雲海の中にいた模様。

CIMG4224_convert_20160519190854.jpg

途中の牧場から。晴れてきて気持ち良い!

CIMG4236_convert_20160519190918.jpg

牧場から見た下界の景色も雲海。山が海に浮かぶ島のようです。

CIMG4229_convert_20160519190906.jpg

女神湖と蓼科山。湖畔は静かでした。

CIMG4243_convert_20160519190929.jpg

女神湖からは一旦下りで白樺湖に到着。平日の朝なので人が少なかった。

CIMG4245_convert_20160519190940.jpg
CIMG4247_convert_20160519190952.jpg

白樺湖からは再び登り。平日なのでビーナスラインの交通量は極少。

西伊豆スカイライン並の交通量の少なさ。静かで走りやすい。

CIMG4252_convert_20160519191004.jpg

快晴で超気持ち良い!!チャリ最高!自然と顔がニヤけてしまいます。

対向車の人が見たらニヤニヤしながら登ってる変態でしょうね(笑)

徐々に高度が上がり白樺湖も眼下に。

CIMG4254_convert_20160519191015.jpg

正面には南アルプスの山々が。

CIMG4256_convert_20160519191026.jpg

車山高原が見えてきました。快晴で絶景連発なのでなかなか前に進みません(^^;

CIMG4259_convert_20160519191039.jpg
CIMG4261_convert_20160519191052.jpg

車山高原を通過すると富士山が見え始めます。

CIMG4280_convert_20160519191105.jpg

晴れても見えない時があるので今回はラッキーでした。

伊豆からもよく見てる富士山ですがやっぱり見えると得した気分になりますねー。

霧ヶ峰高原の駐車場に到着。

CIMG4286_convert_20160519191143.jpg

ここまで来ると中央&北アルプスも見えて絶景です!

CIMG4284_convert_20160519191130.jpg
CIMG4282_convert_20160519191117.jpg

今日は快晴で条件が良かったので特徴的な形の槍ヶ岳もハッキリと見えました。

CIMG4526_convert_20160519192330.jpg

富士山のアップ。

CIMG4289_convert_20160519191207.jpg

南アルプスと富士山のコラボ。

CIMG4288_convert_20160519191156.jpg

快晴だと日本アルプス、富士山と贅沢ですねー。

こちらから見て富士山の左側には八ヶ岳連峰。

CIMG4292_convert_20160519191221.jpg

何度か走っているビーナスラインですが今回の天気は過去最高。

写真撮影会が多くビーナスラインに入ってからペースはガタ落ち(笑)

ちょいと遊歩道を登ったりすると絶景が広がってます。

CIMG4307_convert_20160519191238.jpg
CIMG4308_convert_20160519191320.jpg

途中の下り区間。解放感があって気持ち良い!

CIMG4320_convert_20160519191349.jpg

絶景の高原ロードを駆け抜けるのは爽快!!本当にチャリ最高!

今日仕事無くて良かったー(笑)

CIMG4321_convert_20160519191403.jpg
CIMG4322_convert_20160519191419.jpg

売店などの施設がある霧の駅まで下ってきました。

ここでビーナスラインは進路を北向きに変えます。

CIMG4328_convert_20160519191433.jpg

霧の駅から美ヶ原まではアップダウンを繰り返しながら標高を上げていきます。

ここで1台のサイクリストと会いました。進行方向は私と同じ模様。

お互い、写真撮りながらなのでその度に抜きつ抜かれつ(笑)

途中で意気投合したのでしばらく行動を共にさせていただきました。

写真は美ケ原の駐車場にて。

CIMG4370_convert_20160519191757.jpg

彼とご一緒したおかげで楽しい時間を過ごせました(^^)


続きは後編で。

二軒小屋までの道・林道東俣線

CIMG4212_convert_20160514193929.jpg

お気に入りのオクシズエリア。今日は林道東俣線を走ってきました。

一般車両通行禁止(自転車可)、全線ダートの素敵な林道です。

ここを走るのは今回で6回目。昨年12月以来、5ヶ月ぶりになります。

起点は前回同様に畑薙第一ダム。登山シーズンは少し下った所の臨時駐車場に駐車します。

まだ今の時期は登山者用の駐車場はダムサイト及び沼平ゲート脇になっています。



林道東俣線は往路は登り基調ですが勾配も緩いのでそれほど大変ではありません。

疲れるのはここまで来る車の運転(笑)同乗者がいたら車酔いしそうな道を延々と。。

林道東俣線は全線ダートなので3月以来、2ヶ月ぶりにMTBの出動。

CIMG4137_convert_20160514193339.jpg
CIMG4139_convert_20160514193436.jpg

ちなみに畑薙第一ダムの手前から既に携帯は圏外。しばらく通信は出来ません。

畑薙第一ダムから上流に向かって数百メートルで沼平ゲートがあり一般車両は通行止め。

ゲートの先からダートで通行出来るのは許可車両・関係車両と徒歩、そしてチャリです。

ゲートから少し走ると畑薙大吊橋。ダムと並び好物の吊り橋。今回はチャリ同伴で。

CIMG4142_convert_20160514193500.jpg

今回も動画を撮影しましたが右手でチャリ、左手でカメラの状態なのでブレブレ(^^;

あと最後に枝がホイールに絡まってバランスを崩し危うくカメラを落としそうになりました。。

畑薙大吊橋動画

動画はお粗末でしたが吊り橋を渡るのはやっぱり楽しいですねー(^^)

道中のダートは万年水溜りみたいな所や山からの水で路上河川になっている所も多いです。

CIMG4148_convert_20160514193513.jpg

なので晴れていてもここを走るとチャリは泥だらけになり跳ね返りで服も結構汚れます。

まあオフロードを走れば汚れて当たり前なので気にしない。

こちらは中ノ宿吊橋。先程の畑薙大吊橋よりも短い橋。

CIMG4152_convert_20160514193528.jpg

橋の中央から大井川の上流方向の風景。

CIMG4155_convert_20160514193541.jpg

アップダウンを繰り返しながら標高を上げていき赤石ダムに到着。

CIMG4167_convert_20160514193607.jpg

背後の南アルプスの山々も美しい。暖冬の影響で残雪の量が少ないですね。

CIMG4162_convert_20160514193554.jpg

この赤石ダム、大好きなんですよ。プリントした写真を自宅リビングに飾ってます(笑)

再び登って赤石トンネルを抜けるとエメラルドグリーンのダム湖が現れます。

CIMG4173_convert_20160514193620.jpg

いやー、この林道も赤石ダムも最高!一般車がいなくて静かなのも良いね。

あと林道だと苦手な担ぎが無いので天国です(笑)

CIMG4178_convert_20160514193635.jpg
CIMG4212_convert_20160514193929.jpg

林道は徐々に標高を上げて崩れそうな崖の上を走ってます。ホントに崩れそう。。

CIMG4180_convert_20160514193648.jpg

聞こえるのは水の流れる音と鳥の鳴き声、それとダートを走るタイヤの音だけ。

CIMG4184_convert_20160514193709.jpg

この直線区間が現れると二軒小屋は近い。復路は高速フラットダートの下りで気持ち良い区間。

CIMG4187_convert_20160514193732.jpg

大井川最上流部の田代ダムに到着。大井川水系で唯一の東電のダム。

CIMG4196_convert_20160514193759.jpg

田代ダム取水堰の下は滝になってます。一応、この滝の流れは大井川の本流になります。

CIMG4191_convert_20160514193745.jpg

千枚岳への登山道を登ると滝の上の田代ダム取水堰に行けます。

CIMG4198_convert_20160514193813.jpg

吊り橋の上から大井川上流と下流側の景色。

CIMG4201_convert_20160514193829.jpg
CIMG4202_convert_20160514193843.jpg

二軒小屋は田代ダムのお隣。奥に見える建物が二軒小屋ロッヂです。

屋外のテーブルを使わせていただき早めのランチ。

CIMG4207_convert_20160514193858.jpg

今回で6回目ですが毎回ここで持参したバーナーで湯を沸かしてカップ麺を食べてます(笑)

ここを走った方々の走行記を拝見すると同じ様な事をしている人が多かった。

やっぱり皆さん考える事は同じですね(笑) 丁度、折り返し地点ですしねー。

食後にコーヒーも淹れてノンビリとランチ休憩しました。ホントに静かで良い雰囲気だ。

二軒小屋で折り返し同じ道を戻りです。快調に走ってたのですが後輪がパンク。。

椹島ロッヂ入口の近くだったので舗装路の所でチューブ交換しました。

CIMG4210_convert_20160514193913.jpg

タイヤもそろそろ交換時期かな。また出費が。。(ブロックタイヤは高い)

沼平ゲートまで戻ってきました。ゴールの畑薙第一ダムはすぐです。

CIMG4214_convert_20160514193945.jpg

パンク以外のトラブルも無く無事に終了。本日は距離59.1km、獲得標高881mでした。

白樺荘の温泉で汗を流して帰宅。帰りの運転も疲れた(^^;


やっぱりこの林道は楽しいですね!次回は昨年は行けなかった紅葉の時期かな。






























































旅に備えて輪行袋を新調

宿での泊まりを前提としたチャリ旅に備えて輪行袋を新たに購入しました。

現在所有している輪行袋は縦置きタイプと小径車用が2個。

昨年9月のしまなみ海道への旅や今年2月の伊豆大島への旅などで活躍してます。

ツーリング車用に縦置き型も持っているけど今回は簡単な横置き型を購入しました。

ネットでの評判を参考に今回新たに購入したのはグランジのキャリーライト。

CIMG4135_convert_20160510183448.jpg

毎年、自転車シーズンになると輪行袋やキャリアなどが品薄傾向になるけどGW前に注文して在庫も有りすぐに届きました。

当面使用する予定はまだ無いのですが在庫も有ったので今後に備えて購入しました。



GW期間中の脚休めの日に宿泊時を想定したパッキングをしてみました。(アラヤ号を使用)

私はサイクリングの時に身体に荷物は付けません。(背面のポケットにも入れません)

日帰りのサイクリングならフロントバッグとサドルバッグで十分。

MTBの時とダホンで泊まりの旅の時はドイターのバックパックを使用しますが。

宿泊での旅ではサドルバッグの容量を増やして対応します。

以前の記事にも書きましたがモンベルのフロントバッグをサドルバッグとして使用。

そのまま付けるとペダリング時に太ももの裏が干渉するのでミノウラ・ボトルゲージホルダーの向きを変えてサドルに取り付け。

CIMG4133_convert_20160510183435.jpg

見た目は良くないけどこれで太ももは干渉しません。やっぱり太ももが干渉するのは不快です。。

CIMG4126_convert_20160510183335.jpg
CIMG4125_convert_20160510183323.jpg

このモンベル・フロントバッグは旧型モデル。個人的には旧型モデルの方が好み。

見た目以上に容量があって収納力があります。メインポケットに輪行袋も入りました。

CIMG4127_convert_20160510183346.jpg

まだ余裕があるしサイドポケットもあるので携帯ツールや宿で着る下着など収納可能。

ちなみにウェアは宿に着いたらすぐに洗濯して翌日も同じ物を着用します。

輪行袋への収納はいたって簡単。逆さにして袋にぶっ込むだけ。横置きなのでエンド金具も不要。

フレームを挟むようにタイヤをバンドで数か所固定。RDはロー側に移動させておきます。

ハンドルは90度曲げて収納。ファスナーはリヤ側から閉める方がやりやすいです。

CIMG4128_convert_20160510183357.jpg

収納時にブレーキレバーの出っ張りが気になったので握った状態でマジックテープで固定しました。

CIMG4130_convert_20160510183409.jpg

私のアラヤ号、ロイヤルノートン号は共に変速はダウンチューブのWレバー。

なので写真のこの部分は一般的なSTIレバーではなく「ブレーキレバー」です。

収納完了。フロントバッグにはショルダーベルトが付けられるので移動時はこのスタイル。

CIMG4132_convert_20160510183422.jpg

ノートン号でも試してみましたが問題無く収納できました。

実際に使用してないから分からないけど生地は伸縮性があり見た目よりも丈夫そうな感じ。

宿での泊まりを想定した旅ならこの装備で十分かな。袋の中にヘルメットは入ると思います。

英国メーカー・キャラダイスのサドルバッグと専用サポーターも持っていますが最近は全然使ってない(^^;

容量はかなり大きいので余裕があるけど少々オーバースペックなんですよねぇ。。

IMG_0627_convert_20150813121306.jpg

超円高だった2012年、ここぞとばかりにWiggleで色々と買っていた頃に勢いで買った物(^^;

今から考えるとかなり安かったんですよ。あの頃、海外通販を利用して散財したチャリダーは私だけでは無いハズ(笑)

キャラダイスのサドルバッグ、クロモリに似合って格好いいのですがねー。

ちなみにモンベル・フロントバッグをサドルバッグに流用するのは結構有名な使用方法。

私もネットでの情報を見てなるほどと思い真似をさせていただきました。


当面は車載での遠征なのですぐにこの輪行袋が活躍するわけではありません。

この輪行袋を活用した何泊かの泊りがけでのツーリングでも計画してみようかな。

フリーランスで家族もいない自由人の私はチャリに乗る時間を確保するというハードルはかなり低い(笑)

しかし春先は税金関係など出費が多いので遊び人自由人の私ですが少し頑張って仕事しよう(^^;

























































伊東&中伊豆まったりライド

CIMG4087_convert_20160508171211.jpg

GW最終日の本日も伊豆の近場を気ままにノンビリと走りました。

まぁ、気ままもノンビリも毎度の事で通常運転ですが(^^;

スタート前に細かいプランは決めて無くて気ままに成り行きで走りました。



いつもはスタート直後から10%超の坂を登らされますが今日は逆方向で下り。

急坂を下ってまずは一碧湖。朝はまだ雲が多かった。

CIMG4080_convert_20160508170446.jpg

お次は小室山。小室山公園のツツジの見頃は終わってました。

CIMG4083_convert_20160508170500.jpg

富戸海岸。本日の最も標高が低い場所でした。(標高9m)

CIMG4084_convert_20160508170512.jpg

城ケ崎海岸に到着。早朝で人がいないので写真撮影会も気兼ねなくできます(笑)

CIMG4092_convert_20160508170536.jpg
CIMG4098_convert_20160508170549.jpg

吊り橋の下は断崖と海。転落の危険は無いけどカメラやスマホを落とさない様に注意。

CIMG4090_convert_20160508170524.jpg

伊豆高原の急坂を登ってKissa teramo's(喫茶テラモズ)さんに到着。

CIMG4100_convert_20160508170607.jpg

自宅敷地内にアメリカ製トレーラーハウスを設置して喫茶店にした小さなお店。

場所は地元の人以外には少々分かりづらい隠れ家的な喫茶店です。

7時~11時はモーニングでドリンク・ホットドック・ヨーグルトで350円と財布に優しい(^^)

CIMG4103_convert_20160508170620.jpg

出発前に自宅で朝食をガッツリ食べましたが少し走ったら小腹が空いたので(^^;

お店のママさんは気さくな方。1時間ほど談笑しながら休憩しました。

お店は大室山の麓で遠笠山道路から少し下った所。さくらの里も近いです。

大室山も綺麗な緑色になってきましたね。

CIMG4105_convert_20160508170656.jpg

食後の運動代わりに今日も天城高原まで登りました。

伊豆高原の坂は急だけど遠笠山道路まで登れば勾配も緩くなります。

連休最終日の為か天城高原駐車場の車は少なかった。

CIMG4106_convert_20160508170710.jpg

ホテルハーヴェストの展望台から。写真だと分かりませんが富士山も薄っすらと見えました。

CIMG4110_convert_20160508170724.jpg
CIMG4111_convert_20160508170737.jpg

冷川・修善寺方面へ下って途中から少し登り返して早霧湖に到着。

CIMG4114_convert_20160508170754.jpg

ここまでの登りは距離は短いけどなかなかの坂。下りはコンクリ舗装の激坂で急降下。

ブレーキを握る指が辛くなった頃にアスファルトが復活。天城北道路の工事現場が見えます。

CIMG4116_convert_20160508170810.jpg

ここまで来たら明徳観光の草餅は外せない(笑)サイクリスト割引で100円。

天城高原や早霧湖に登って小腹が空いたので糖分補給(^^;

CIMG4117_convert_20160508170824.jpg

休憩後は国士峠を越えて中伊豆の田舎道を気持ち良く走って冷川方面へ。

今度は本格的にお腹が空いたので冷川のバニラビーンズさんでランチ(笑)

チキンカツカレー定食とデザートに木苺のムースケーキもいただきました。

CIMG4118_collage_convert_20160508170837.jpg

今日は食べてばかりですが痩せで太らない体質なので本能のままに食べます(笑)

逆に食べないとスタミナ切れの不安が。。過去のハンガーノックがトラウマになってます(^^;

そして消費するのが早いのか食べてもすぐに腹が減る非常に燃費の悪い身体です。

ちなみに帰宅後、夕食を作りながら干し芋を1袋食べました。夕食も普通に完食(笑)

ランチで補給した後は冷川峠を越えて奥野ダムへ。

CIMG4121_convert_20160508170857.jpg

ロックフィルダムなんですが岩の間から草が生えてきてアースダムみたいだ。。

CIMG4124_convert_20160508170910.jpg

ちなみに自宅の標高はこのダムより100m高いので最後は登りになります(^^;

無事に帰宅してサイクリング終了。補給も多くまったりノンビリ走ったので疲れも少なかった。

本日は距離113.4km、獲得標高2559mでした。


GW期間中は結局伊豆半島から出ないで車もほとんど乗らずに節約しました。

その分、来週以降に県外遠征を再開予定で楽しみです。

最近は地図を眺めながらコースを考えたりの毎日ですよ(笑)

































今日も西伊豆スカイライン

CIMG4014_convert_20160505184622.jpg

GWも後半ですね。GW中は宣言通り(?)伊豆半島から出ていません。

今後の県外遠征に備えて今は節約(笑) 車も近所の買い物で2回乗ったのみ。

そんな訳で今日も近場をライド。前回に続きホームコースの西伊豆スカイライン(^^;



いつものルートで修善寺へ。修善寺の温泉街は前日に火災があり現場近くの道路は封鎖されていました。

いつも通っている所なので前日に火災の映像を見た時は切ない気持ちになりました。。

風が強かったので消火が大変だった模様。消火活動に関わった方々、お疲れ様でした。


出発時はそれほどでも無かったけど修善寺から登ってる最中に風が強くなってきました。

達磨山レストハウスに到着。快晴だけど冬ほど空気が澄んでないので富士山が霞みますね。

CIMG4008_convert_20160505184559.jpg
CIMG4013_convert_20160505184611.jpg

この時点で結構な強風。ヤバい、またやっちまったか・・(^^;

西伊豆スカイラインの絶景区間に入ると遮る物も無くなり風もパワーアップ。

この写真を撮影している時は暴風でカメラがブレるので座って撮影しました(^^;

CIMG4014_convert_20160505184622.jpg

後ほど通る予定の戸田の街を見下ろす。

CIMG4021_convert_20160505184634.jpg

強風時にここを走った事がある方なら分かると思いますがチャリの撮影に苦労します(笑)

CIMG4028_convert_20160505184646.jpg

快晴で景色は良いのですが風が。。追い風の時はペダルを回さなくても登るほど。

CIMG4029_convert_20160505184657.jpg
CIMG4035_convert_20160505184707.jpg

この時点でまだ7時なので車も極少。もちろん、こんな時間に走ってるチャリは私だけ(笑)

CIMG4045_convert_20160505184719.jpg

強風時のここは登りは辛いだけですが下りは突風で身体が煽られてデンジャラス。

なので速度を落として慎重に下ります。強風区間ではバイクもかなりゆっくり走ってました。

今回は船原峠からR136(西伊豆バイパス)の旧道で土肥温泉まで下ります。

土肥からは海岸沿いの県道で沼津方面へ北上。海を左に見ながらの走行です。

土肥の旅人岬。県道は前方に見える山の中に入っていきます。

CIMG4048_convert_20160505184757.jpg
CIMG4050_convert_20160505184809.jpg

南伊豆、西伊豆は港町周辺以外は海岸沿いの道でもハッキリ言って山道です(笑)

碧の丘まで登ると戸田まで一旦下り。海からすぐ断崖で県道は高台を走ってます。

CIMG4051_convert_20160505184820.jpg
CIMG4052_convert_20160505184834.jpg

戸田まで下ってきました。この後、県道はまた正面に見える山を登って行きます(^^;

CIMG4055_convert_20160505184846.jpg

戸田のお気に入りの撮影スポット。

CIMG4056_convert_20160505184858.jpg

戸田の漁港から再び登って出逢い岬。ここもお約束ですねー。

CIMG4059_convert_20160505184909.jpg

こちらもお約束の煌めきの丘。ここから見える断崖と富士山のコラボは好き。

CIMG4060_convert_20160505184921.jpg
CIMG4064_convert_20160505184931.jpg

登りのピーク井田トンネルを越えてダイビングスポットの大瀬崎。

CIMG4066_convert_20160505184943.jpg

大瀬崎を過ぎるとしばらく平坦基調。追い風で楽できたけどこの後の事を考えると・・・。

CIMG4070_convert_20160505184955.jpg

口野で海岸線を離れ裏道を走って狩野川CRに合流。修善寺まで向かい風でした。。

平坦だけど向かい風で結構消耗しました。ハッキリ言って山を登る方が楽だ(笑)

CIMG4071_convert_20160505185007.jpg

ランチは前回ライド時と同じく修善寺駅前の駅弁カフェたけしさんで。

今日は昼頃の来店ですがここは9時開店なので早朝出発の私にはありがたいです。

あじ寿司と食後のデザートにケーキも食べてしっかりと補給。

CIMG4074_collage_convert_20160505185020.jpg

ランチ休憩で元気が出たので冷川峠をサクッと越えて奥野ダムへ。

CIMG4075_convert_20160505201117.jpg

そこそこ脚に余裕があったので奥野ダムから天城高原まで標高差約900mを登ります。

気温が上がって登りで汗ダラダラ。伊豆スカイライン・天城高原ICに到着して少し休憩。

CIMG4076_convert_20160505185032.jpg

天城高原駐車場まで約7kmのラストヒルクライム。これまでの疲労で終盤はバテました。。

汗ダラダラになりながら何とか天城高原駐車場に到着。後は自宅まで下り。疲れた。。

CIMG4077_convert_20160505185044.jpg


本日は距離167km、獲得標高3267mでした。

今日は暑かったですねー。登りで大汗かいたのでドリンクの消費量が多かった。

そして日に焼けました(^^; 顔と生足の部分がかなり黒くなりましたよ。
































完敗後にグルメで雪辱

5月に入って初めてのライドはホームコースの西伊豆スカイライン。

伊豆地方の天気は晴れ予報でしたが・・・。



いつものルートで修善寺から登って達磨山レストハウスに到着。

空は薄雲に覆われていて日の光が弱く景色もご覧の通り。。

CIMG3964_convert_20160502163156.jpg

まぁ登り始める前の修善寺の時点で薄雲に覆われているのは分かってましたが。

いつもの絶景ポイントから。肉眼では常に富士山が薄っすらと見える状態でした。

今日は景観に関しては「完敗」ですねぇ。。以下、敗者の画(笑)

CIMG3968_convert_20160502163213.jpg

こちらは超快晴だった3月17日のライドの同じ場所。 勝者の画(笑)

CIMG2997_convert_20160317161602.jpg

以後、西伊豆スカイライン、西天城高原線を走っている時の空模様はこんな感じでした。

CIMG3971_convert_20160502163227.jpg

今日は景色に関しては諦めました。まぁ、ここはいつでも走れるし。。

なので以後は流れ作業的に(^^; 車が少なく走りやすいのはいつもと同じ。

CIMG3975_convert_20160502163239.jpg
CIMG3979_convert_20160502163252.jpg

こんな空模様ですが富士山は肉眼では常に見えていました。富士山の雪も少なくなりましたね。

淡々と進んで仁科峠に到着しました。

CIMG3982_convert_20160502163306.jpg
CIMG3984_convert_20160502163318.jpg

仁科峠から湯ヶ島まで下り国士峠に向け再び登り。途中の荒原の棚田は水が張ってました。

CIMG3988_convert_20160502163331.jpg

今日は補給食を忘れるという痛恨のミス!国士峠に登ってる時にかなりの空腹感。

湯ヶ島で登り始める前にコンビニに寄ればよかった。。空腹感と共に脚が重くなってきた。。

痩せの宿命(?)で食べないとすぐにスタミナ切れします(^^;

何とか国士峠を越え下った筏場から少し登り返して萬城の滝に到着。

身体が糖分を欲していたので名物のわさびソフトで補給して少し復活。

CIMG3992_convert_20160502163343.jpg
CIMG3998_convert_20160502163359.jpg

景色は完敗だったのでせめて美味しい物を食べたいと思い再び修善寺に向かいます。

ランチは修善寺駅南口のロータリーの目の前、駅弁カフェたけしさん。

修善寺駅の名物駅弁、武士(たけし)のあじ寿司をカフェ形式の店内で頂けます。

CIMG4000_convert_20160502163412.jpg

この界隈で顔の広いいずのすけさんと昨年一緒に来た事があるので店の方も私の事を覚えていてくれました(^^)

カフェなのでケーキやドリンク類も有ります。あじ寿司を美味しく頂いた後のデザートに即注文(笑)

CIMG4002_convert_20160502163428.jpg

お店の方と談笑しながらランチ休憩出来て体力も回復しました(^^)

GW中なので連日、輪行の方が駅前で自転車を組み立てている光景を目にするとの事。

修善寺駅は始発・終着駅だしホームと改札が平面なので輪行の駅としては使いやすいと思います。


ランチ休憩を終え自宅方面へ走り出すとモロに向かい風でした。。

あじ寿司パワーで向かい風を耐え冷川峠もサクッと越えて伊東へ。

今日は疲れたので冷川峠を越えた後の天城高原へのヒルクライムは止めておきました(笑)

本日最後の写真は先日も立ち寄った林泉寺の藤棚。

CIMG4004_convert_20160502163442.jpg

本日は距離115.3km、獲得標高2583mでした。

景色は残念でしたが久しぶりの武士のあじ寿司、美味しかった!

補給食を忘れたのは反省ですね(^^;

































«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果