2016-07

Latest Entries

早朝の西伊豆スカイラインを快走

CIMG6071_convert_20160730152456.jpg


今週は関東地方も梅雨明けしましたね。伊豆も関東寄りなのでやっと夏本番です。

週中の平日の空き時間は近所を散歩程度に走ったりしていました。

月に1度の市の広報の配布はダホンで。私の受け持ちは32軒分。

広報をサコッシュに入れて配布。坂しかない所なので配布で汗ビッショリ。。

image1_convert_20160729132551.jpg

モーニングライドでは久しぶりに天城高原に登りました。朝はガスっています。

上の方は涼しいのですが湿度が高かったので登りでは大汗かきました。

CIMG6027_convert_20160728135737.jpg

天城高原の鹿は相変わらず(笑)

CIMG6031_convert_20160728135806.jpg
CIMG6036_convert_20160728135820.jpg

下山してからKissa teramo'sさんに立ち寄り。朝の7時からやってます。

CIMG6041_convert_20160728135833.jpg

モーニングは350円。(小倉トースト・ゆで卵・ヨーグルト・ドリンク)

自家製のパンと小倉が美味しい(^^)

CIMG6043_convert_20160728135847.jpg

モーニングライドのコース。距離35.8km、獲得標高1013m。




今日は朝から夏らしい青空。前日の予報でも晴れだったので何処を走るか迷いました。

平日で休みだったら多分遠征していたと思います。毎年走ってる乗鞍とか。。

そういえば去年の乗鞍では熊に遭遇したなぁ。平日の早朝で人が少なかったのが原因かな?

場所は乗鞍観光センターから1.5km先のヘアピンを曲がった所。撮影する余裕はあった(^^;

人が少なく静かなのも考えモノですね(笑)平日にソロライドの方は気を付けて下さい。

ちなみに安房峠でも遭遇した事があります(^^;あのエリアは熊の巣みたいな所ですからね。。


平日に休みが取れる私はなるべく空いている平日に県外遠征をする様にしています。

なので週末の本日のコースは近場で。久しぶりの西伊豆スカイラインです。



毎月1回以上は必ず走っている西伊豆スカイライン。今年は今回のライドで11回目になります。

内陸部の山より凍結リスクが少なく真冬でも走れるのが良い所。

今年も新年早々走ってる暇人です(笑)強風で苦行でしたが(^^;

埼玉時代を含めると40回以上は走ってる西伊豆スカイライン。もうホームコースです(笑)

今ならオール自走で丁度良いサイクリングコースになりますしね!


自宅出発は4時。少し夜明け時間が遅くなりましたね。チャリに乗ってると変化がよく分かる。

修善寺から登って達磨山レストハウスに到着。まだ6時なので人が居ない(笑)

CIMG6051_convert_20160730152414.jpg

夏場は霞んで富士山の眺望がイマイチの事が多いけど今日はよく見えました(^^)

冬場の冠雪した姿の方が綺麗だけどやっぱり日本一の山。雄大で美しい。

CIMG6060_convert_20160730152427.jpg

このコンディションなので今日は富士山が見える所を走られた方は満足なライドだったのでは?

戸田峠から西伊豆スカイラインに入り絶景ゾーンへ。早朝なのでまだ涼しい。

CIMG6061_convert_20160730152440.jpg

いつもの絶景ポイントから。写真より実際の景色の方が絶景なんですがね。。

CIMG6071_convert_20160730152456.jpg
CIMG6072_convert_20160730152513.jpg

富士山が見える日の西伊豆スカイラインは気持ち良い!

CIMG6075_convert_20160730152526.jpg
CIMG6082_convert_20160730152539.jpg

西伊豆スカイラインは景色と共に交通量が少なく走りやすいのが魅力。

まだ早朝6時台なのでほぼ貸し切り。絶景ロードを独占、贅沢な時間です。

CIMG6084_convert_20160730152554.jpg
CIMG6087_convert_20160730152608.jpg

富士山と達磨山のコラボ。この撮影ポイントもいつものお約束ですね。

CIMG6095_convert_20160730152621.jpg

西天城高原線も西伊豆スカイライン同様に交通量が極少。

CIMG6096_convert_20160730152634.jpg

最後の急坂を登って仁科峠に到着。

CIMG6097_convert_20160730152650.jpg

振り返ると富士山!真夏に仁科峠で富士山がハッキリ見える事は少ないです。

CIMG6117_convert_20160730152815.jpg

この天気なら展望台まで登らない訳にはいかない(笑)チャリを置き遊歩道を登ります。

仁科峠の展望台。仁科峠からゆっくり歩いても5分程。

CIMG6110_convert_20160730152732.jpg

仁科峠が眼下に。反対側は西伊豆・南伊豆の山々。

CIMG6111_convert_20160730152746.jpg
CIMG6108_convert_20160730152718.jpg

西側は駿河湾と宇久須港。西伊豆の港は山に囲まれたチャリ的には悪魔の様な立地(^^;

CIMG6106_convert_20160730152703.jpg

展望台に至るクマ笹の中の遊歩道。朝露で靴下に染み込むほど足元が濡れました(^^;

ちなみに冬は融けた霜で泥だらけになります(笑)まぁそれに比べればマシ。すぐ乾く。

CIMG6113_convert_20160730152800.jpg

仁科峠から湯ヶ島方面へ下り。下界は暑かった!

伊豆月ヶ瀬梅林に立ち寄り。梅の時期ではありませんが。。当然、誰も居ない(笑)

CIMG6137_convert_20160730152930.jpg

展望台からは天城連山を一望できます。

CIMG6131_convert_20160730152830.jpg

一番高い山が伊豆最高峰の万三郎岳でその横に遠笠山。万二郎岳は裏側になるのでここからは見えません。

遠笠山の横に建物が確認出来ます。これは天城高原のホテルハーヴェスト。

ホテルの横の展望台からは晴れていると反対にこちらを見渡せます。

CIMG6136_collage_convert_20160730152915.jpg

梅林なので梅の花の咲く時期は綺麗で梅祭りが開催されています。

CIMG6133_convert_20160730152901.jpg
CIMG6132_convert_20160730152845.jpg

ここに至るには激坂の要らぬオマケ付き(^^;

CIMG6140_convert_20160730152945.jpg

あじ寿司食べようと思って修善寺駅に行ったら無念の店休。。無駄に走ってしまった。

気を取り直して帰路の方向にある冷川のバニラビーンズさんでランチ。

チキンカツカレーと食後のデザートにケーキも食べました。

CIMG6142_collage_convert_20160730153001.jpg

冷川峠を越え奥野ダムに下って湖畔の道を走っていると駐車場に見た事ある車が。。

Kissa teramo'sのママさん達でした。お互いビックリ。田舎は狭い(笑)

少し談笑した後に湖畔の道を走って最後の休憩。気温が上がって暑い!

CIMG6144_convert_20160730153015.jpg

自宅までの最後の登りで汗ビッショリになりました。

本日は距離108.9km、獲得標高2216mでした。

早朝出発でも真夏は暑さで疲れ倍増なのでこれ位の距離&獲得標高で丁度良い。。


汗ビッショリなので帰宅後に即風呂!続いて汗まみれのウエアを洗濯。

汗まみれのウエアって洗濯して乾いても何だか少し臭いが残る・・。

なので香り付きの柔軟剤を多めに投入。みなさんどうしてるのかな??

その後夕食作り。まぁ洗濯や食事の準備は一人暮らしなので当然のルーティンワーク。

そして黙々と一人で食べる(笑)チャリ乗ってお腹が空いてるので至福の時間。


今日の西伊豆スカイラインは真夏には珍しく富士山がハッキリと見えて風も弱くて良かった!

今回で今年11回目の西伊豆スカイラインでしたが年内あと何回走れるかな?

スポンサーサイト

佐渡ゆるゆるライド2日目 後編

CIMG5989_convert_20160726110301.jpg


前回からの続きです。

佐渡ロングライドなどでも有名なZ坂(跳坂)の登り口まで来ました。

勾配はそれほど急でも無く距離も短いので景色を眺めながらあっという間に登れます。

CIMG5889_convert_20160725194317.jpg

登り出してからすぐの所にある名前不明の滝。調べても分からなかった。

結構落差のある滝なのですが。。ちなみに大ザレの滝はこことは別物です。

CIMG5891_convert_20160725194331.jpg

Z坂を登って外海府海岸が眼下に。

CIMG5900_convert_20160725194346.jpg
CIMG5901_convert_20160725194400.jpg

Z坂を越え登りのピークを過ぎ少し下った所に海府大橋があります。

車のすれ違いが困難な幅で結構な高さを感じさせる橋です。

CIMG5903_convert_20160725194415.jpg

橋の上から。海側は切り立った断崖になっています。背後は山。

CIMG5906_convert_20160725194429.jpg
CIMG5908_convert_20160725194443.jpg

高台から下って再び海岸線へ。

CIMG5911_convert_20160725194457.jpg

平日&夏休みシーズン前なので車がほとんど通りません。西伊豆スカイライン並みの交通量。

気温も高くないので快適なサイクリングです(^^)

こちらは船隠し岩と呼ばれる所。

CIMG5913_convert_20160725194510.jpg

昔、船に課税されていた時代に船主が大小の岩礁が入り組んだこの場所に船を隠し税逃れしたのが名前の由来。

岩を囲む様に遊歩道があるので歩いて散策してみます。

CIMG5919_convert_20160725194538.jpg
CIMG5920_convert_20160725194559.jpg

ここから次のチェックポイント、大野亀が見えます。

CIMG5917_convert_20160725194523.jpg

その名の通り、亀の甲羅の形をした岩山。

船隠し岩の散策を終え大野亀へ。しかし岩山が亀の甲羅に見えるのはこの辺りまで。。

CIMG5936_convert_20160725194614.jpg

大野亀が近くなり見る角度が変わってくると全く違う岩山に見えるので面白いです。

CIMG5939_convert_20160725194628.jpg

大野亀の駐車場に到着して付近を散策。ここまで来ると完全に亀の甲羅には見えません。

CIMG5944_convert_20160725194655.jpg

付近には遊歩道があります。先客が帰ると私だけの貸し切り(笑)

CIMG5956_convert_20160725194723.jpg

伊豆同様に海はすぐ近くなんですが背後には山が迫っています。

CIMG5966_convert_20160725194826.jpg

佐渡と伊豆は似ている点も多いですね。海まで迫る山々や金山がある事など。

あと昔は罪人が流された流刑の地だった事も共通しますね。


大野亀に向かって誰も居ない遊歩道をノンビリ歩き。

CIMG5960_convert_20160725194757.jpg

激坂・狭路の遊歩道で大野亀の頂上部に登れるのですが通行止めになっていました。

CIMG5948_convert_20160725194709.jpg

反対側にも遊歩道は続いています。前方には次の目的地の二ツ亀。

CIMG5958_convert_20160725194737.jpg

こちらも名前の通り二匹の亀の甲羅に見えるのがその名の由来です。

CIMG5963_convert_20160725194812.jpg

そして二ツ亀も大野亀同様に近くなり角度が変わると二匹の亀に見えなくなる。

丁度お昼だったので大野亀駐車場の向かいの大野亀ロッジでランチにします。

4年前に佐渡に来た時もここで2回食事したので懐かしい。海鮮丼を注文。魚がウマイ!

CIMG5943_convert_20160725194642.jpg

ランチ休憩を終えて佐渡の北端部を目指しペダルを回します。

願大橋から見た二ツ亀。大野亀からの遊歩道は賽の河原経由で二ツ亀まで続いています。

CIMG5972_convert_20160725194857.jpg
CIMG5971_convert_20160725194842.jpg

賽の河原は切ない気分になるので行きませんでした。。(前回訪問時は行った)

二ツ亀の駐車場に到着。再びチャリから離れ遊歩道の階段で断崖を下って行きます。

この様にチャリを降りて散策や写真撮影など距離以上に時間がかかります(笑)

CIMG5973_convert_20160725194922.jpg

少し平らになった開けた場所が二ツ亀のビュースポットです。

CIMG5976_convert_20160725194936.jpg

しかしここから見る二ツ亀は二匹の亀の甲羅には見えませんね。

大野亀と同じで角度が変わると見える形が全く違う。

CIMG5979_convert_20160725195009.jpg

ここの名物標識。スケールが大きい。。ウラジオストクまで769km(笑)

CIMG5978_convert_20160725194951.jpg

更に崖を下って浜辺まで降りて二ツ亀の近くへ。

CIMG5983_convert_20160725195025.jpg

干潮時は陸地と二ツ亀が砂州で陸続きになるのですが訪問時はここが限界でした。

CIMG5992_convert_20160725195055.jpg

ここは二ツ亀海水浴場になっています。景色も抜群で水も綺麗。

CIMG5995_convert_20160725195125.jpg
CIMG5996_convert_20160725195143.jpg

日本海越しにみた先ほどの大野亀。こちら側からだと絶対に亀の甲羅には見えない(笑)

CIMG5986_convert_20160725195040.jpg

浜辺まで降りると頭上の建物のある場所まで登らなくてはなりません(^^;

CIMG5994_convert_20160725195112.jpg

佐渡最北端部は弾崎。そこに建つ灯台が弾崎灯台です。

CIMG6000_convert_20160725195158.jpg

弾崎を過ぎると県道45号線(佐渡一周線)は佐渡の東海岸側になります。

西側北部の外海府海岸に対して東側は内海府海岸と呼ばれています。

CIMG6004_convert_20160726110319.jpg

相変わらず変わった形の岩が多い。もう佐渡の海岸線では当たり前の光景ですね(笑)

CIMG6006_convert_20160726110331.jpg
CIMG6007_convert_20160726110341.jpg

外海府海岸に比べ見所が少ないので撮影も少なく両津近辺まで一気に走りました。

両津湾のエリアに入って来て前日に走った小佐渡が対岸に見えてきます。

CIMG6008_convert_20160725195246.jpg

こちらは加茂湖。新潟県で最大の湖。大きいので海だか湖だか写真だと分からない(^^;

CIMG6011_convert_20160725195300.jpg

両津湾に近く海水と淡水が混ざる汽水湖で水の性質上カキの養殖が盛ん。

湖畔には昔ながらの舟屋形式の建物も数軒建っています。

CIMG6013_convert_20160725195313.jpg

両津港に到着。とりあえず2日間のサイクリングは無事に終了です。

CIMG6014_convert_20160725195327.jpg

2日目の本日は距離93.5km、獲得標高620mでした。


新潟から伊豆まで運転して帰るという行程が残っているので安心するのはまだ早い。

予約した船の時間は余裕も持って最終の19時30分発にしてあります。

乗船前に時間が空いたので近くで晩飯。ブリの漬け丼をいただきました。

CIMG6015_convert_20160725195339.jpg

船が到着して乗船。いよいよ佐渡ともお別れ。佐渡、また来ます!

CIMG6017_convert_20160725195352.jpg

新潟港に着いたのは22時。新潟から伊豆まで400km超の運転は疲れた。。

新潟県内は晴れていたけど関越トンネルを抜けると雨&濃霧。

その後、伊豆に着くまで雨が降り止む事は無かった。

安全第一で休憩しながら走って帰宅。これでやっと今回の旅が無事に全行程終了です。


今回の佐渡2日間の旅も4年前同様に佐渡の自然を満喫して楽しかった!

佐渡1周は距離と獲得標高を見ると走り慣れてる方なら1日で走れるコース。

私の脚力でも「走り」だけに専念すれば1日で走れると思います。

しかし写真撮影や散策などの時間を考えると1日で周るには余裕が無い。

なので余裕も持たせたい場合は私の様に2日間に分けて走るのが良いかと思います。

あとチャリを船にそのまま積む場合、ネット予約だと空きが無い場合が結構あります。

これはチャリなどの軽車両も普通の車と同等にカウントされる為。

なので電話でチャリである旨を伝えると予約が取れます。(今回の私もそうでした)

他にもチャリ多数だとスペースが無くなるのでその場合は無理かもしれませんが。。

まぁそれなら輪行袋にぶっ込んで船内に持ち込めば大丈夫です。


今回は海岸線1周だけでしたが次回はもう少し滞在してドンデン山など山岳コースを走りたい。

しかし伊豆から新潟までは遠いですよね。移動で疲れます(^^;


今年の離島ライドは第一弾の伊豆大島、第二弾の佐渡島と共に楽しいサイクリングでした。

第三弾はあるのか??一応、計画は既に練ってありますけどね(笑)

気が向いて暇だったら行ってきます!

佐渡ゆるゆるライド2日目 前編

CIMG5806_convert_20160724131103.jpg

1日目からの続きです。

前日の夜は9時前に寝て朝は5時に起床。たっぷりと寝て元気一杯。

朝風呂で露天風呂に入りましたが外は肌寒いというか寒かった!

夜も布団を掛けて寝たし日中との気温差が結構ありますね。

朝食をガッツリ食べてチャージ完了。佐渡産コシヒカリが美味しかった。


佐渡ライド2日目の本日はゴールの両津港まで大佐渡の海岸線を走ります。



前日同様に晴れ予報だけど午前中は雲が多かった。所々で青空も見えましたが。。

CIMG5750_convert_20160724130649.jpg
CIMG5753_convert_20160724130719.jpg

海側は青空も見えますが山側は厚い雲に覆われていました。

CIMG5783_convert_20160724130901.jpg

今回は日程の関係で山岳コースは走る予定は無かったけどこの天気だと正解だったかな。

海側も雲は多いけど薄雲でした。田んぼの向こうに広がる日本海の大海原。

CIMG5757_convert_20160724130730.jpg

西海岸の北部は外海府海岸と呼ばれ断崖絶壁や岩礁など海岸美を堪能出来ます。

尖閣湾(せんかくわん)が見えてきました。

CIMG5760_convert_20160724130742.jpg

坂を下って浜辺まで降りてみます。入り江になっているこの辺りは達者海水浴場。

CIMG5771_convert_20160724130753.jpg

まだ海開き前なので人が居なくて静かでした。海の水が綺麗。

CIMG5775_convert_20160724130837.jpg

お隣の小さな漁港は姫津漁港。

CIMG5780_convert_20160724130849.jpg

この先にある尖閣湾揚島遊園に立ち寄りました。入園料550円。

CIMG5792_convert_20160724130945.jpg

前回佐渡に来た時は入園料をケチってスルーして後悔したので(笑)

入園するとすぐに尖閣湾の断崖と岩礁が目に飛び込んできます!

CIMG5790_convert_20160724130913.jpg
CIMG5795_convert_20160724131006.jpg

敷地内にある佐渡大埼灯台。

CIMG5793_convert_20160724130956.jpg

橋を渡って絶景ポイントの展望台へ。

CIMG5815_convert_20160724131144.jpg

展望台から尖閣湾の海岸美を一望。

CIMG5804_convert_20160724131048.jpg

素晴らしい景色が広がってます!何で前回スルーしたのだろうか・・(^^;

CIMG5806_convert_20160724131103.jpg
CIMG5811_convert_20160724131116.jpg

園内を歩き回りながら写真を撮りまくり。平日で人が少ないのも良いですね。

CIMG5799_convert_20160724131020.jpg
CIMG5803_convert_20160724131035.jpg

複雑な形をした岩礁と青く綺麗な海と緑のコントラストが美しい。

CIMG5818_convert_20160724131209.jpg

湾内を海中透視船(グラスボート)で遊覧出来ます。

CIMG5791_convert_20160724130926.jpg
CIMG5817_convert_20160724131156.jpg

いやー絶景を堪能しました。入園料550円をケチった4年前の自分は馬鹿でした(笑)

尖閣湾揚島遊園からは小さな漁港を左に見ながらまた海岸線まで下り。

CIMG5831_convert_20160724131222.jpg

しばらく平坦ですが緩やかな登りになると平根崎海岸の波蝕甌穴群です。

CIMG5833_convert_20160724131235.jpg

海府鹿ノ浦大橋と橋からの眺め。

CIMG5838_convert_20160724131250.jpg
CIMG5841_convert_20160724131320.jpg

こちらは影の神という巨岩。

CIMG5846_convert_20160724131333.jpg

入崎海岸。ここは海水浴場とキャンプ場があります。

CIMG5852_convert_20160724131346.jpg

海岸の先端部は千本鼻と呼ばれシメ縄が掛けられた岩の間にはお堂があります。

CIMG5871_convert_20160724154248.jpg
CIMG5863_convert_20160724131459.jpg

周囲を散策。MTB用のSPDシューズですが岩場は歩き辛い。滑らない様に注意。

CIMG5854_convert_20160724131412.jpg
CIMG5857_convert_20160724131426.jpg

日本海の荒波で削られたのか岩肌が凄い形をしている。。自然の力は凄い。

CIMG5864_convert_20160724131511.jpg
CIMG5859_convert_20160724131446.jpg
CIMG5868_convert_20160724154234.jpg

佐渡ロングライドではお馴染みのZ坂(跳坂)が見えてきました。

CIMG5882_convert_20160724131523.jpg

Z坂~ゴールの両津港までは後編で。

佐渡ゆるゆるライド1日目 後編

CIMG5723_convert_20160722184805.jpg

前編からの続きです。

矢島・経島から急坂を登り県道に復帰して2km程走ると宿根木海岸です。

入り江になっていて黒褐色の岩礁が目立つ海岸。

CIMG5660_convert_20160722184153.jpg
CIMG5659_convert_20160722184140.jpg

宿根木は北前船の寄港地として発展した港町。板張りの外壁が昔の面影を残しています。

集落内の家は狭い地域に密集していて道も狭く迷路の様になっています。

CIMG5661_convert_20160722184208.jpg

深浦の入り江に架かる長者ヶ橋。なかなか大きな橋です。

CIMG5669_convert_20160722184235.jpg

下を見下ろすと結構高さを感じます。海は相変わらず綺麗ですねー。

CIMG5666_convert_20160722184221.jpg

反対側は深浦の小さな漁港と集落。すぐ背後には山が迫ってます。

海の近くまで山が迫っている地形は伊豆と共通する物がありますね。

CIMG5671_convert_20160722184250.jpg

橋を渡った先に展望場を兼ねた深浦駐車場があります。ここからの眺めは絶景です。

CIMG5673_convert_20160722184302.jpg

この辺りの海岸線は南仙峡と呼ばれ黒褐色の断崖の岩肌と緑のコントラストが美しい。

CIMG5675_convert_20160722184315.jpg

天気が良いおかげで私の下手な写真でもそれなりに綺麗に見えます(笑)

CIMG5681_convert_20160722184327.jpg

この先も独特な海岸線が続きます。撮影ストップが多くかなりのペースダウン(笑)

CIMG5686_convert_20160722184353.jpg

次のチェックポイントの沢崎鼻灯台が見えてきました。

CIMG5685_convert_20160722184340.jpg

沢崎鼻灯台は佐渡で最南端にある灯台です。

CIMG5689_convert_20160722184408.jpg

ここからの眺めも素晴らしい。前方に神子岩が見えます。

CIMG5696_convert_20160722184422.jpg
CIMG5697_convert_20160722184454.jpg

灯台のある高台から坂を下って海岸線へ。日本海を挟んだ対岸から見た沢崎鼻灯台。

沢崎鼻灯台は文字通り小木半島の先端、沢崎鼻という突起部に建っています。

CIMG5700_convert_20160722184507.jpg

この灯台、個人的にはここからの眺めが一番好きです。

海岸線を北上。季節的に南からの追い風で楽出来るだろうとの思惑とは真逆の北風(^^;

CIMG5704_convert_20160722184524.jpg

晴れ男だけど相変わらず風運は悪い(笑)しかし北風なので身体に受けると涼しい風でした。

海岸線を快調に進んで真野湾のエリアまで来ました。

CIMG5707_convert_20160722184538.jpg

この辺りの海岸線はド平坦が基本形ですがたまに丘越えで激坂が出現します。

CIMG5710_convert_20160722184552.jpg

高台の道も交通量が少なく気持ち良い。夏休みシーズンだと交通量は増えるのだろうか?

CIMG5711_convert_20160722184607.jpg

海岸線も国仲平野のエリアに入ると砂浜の海岸も多くなります。

CIMG5713_convert_20160722184621.jpg
CIMG5714_convert_20160722184636.jpg

こちらは椿尾の弁天岩。

CIMG5717_convert_20160722184706.jpg

七浦海岸が見えてきました。七浦海岸は夕日が美しいスポット。

CIMG5718_convert_20160722184720.jpgCIMG5719_convert_20160722184735.jpg

七浦海岸の夫婦岩(めおといわ)。右が夫の岩で左が妻の岩。

確かに夕日をバックにこの景色だったら美しいでしょうね。

CIMG5720_convert_20160722184751.jpg
CIMG5723_convert_20160722184805.jpg

少し角度を変えて見た夫婦岩。

CIMG5727_convert_20160722184818.jpg

本日の宿泊地、相川の街が見えてきました。今日のライドも最終盤です。

CIMG5734_convert_20160722184833.jpg

本日のお宿、ホテル万長に到着して1日目のサイクリングは無事に終了です。

チャリは入口から入ったすぐの屋内に置いていいですよと言われました。

自転車乗り的には何よりも嬉しいサービスですね。

CIMG5735_convert_20160722184851.jpg

ランドリーコーナーの洗濯機に汗まみれのウエアをぶっ込み温泉へ。ライド後の温泉最高(^^)

今回は朝食のみのプランなので晩飯は適当にカップ麺とおにぎりで質素に(笑)

また明日、海鮮系の美味しい物を食べる予定なので今日はこれで我慢。

本日最後の写真はホテル前の海岸から見た夕日。

CIMG5739_convert_20160722184905.jpg

本日は距離123.2km、獲得標高857mでした。

距離も獲得標高も大した事ないけど撮影ストップが多かったので時間はかかりました。

まあ、それも天気が良かったからですね。天気に感謝。


睡眠不足の状態でのライドだったので2回目の温泉に入った後はすぐに寝てしまった。

新潟までの車での大移動もありましたしね。疲れが一気に出ました。

天気予報とかチェックする間も無く寝ましたよ(笑)まぁ島内でジタバタしても仕方が無い。

明日も安全に気を付けて佐渡でのサイクリングを満喫しよう!

2日目に続きます。



佐渡ゆるゆるライド1日目 前編

CIMG5655_convert_20160722102054.jpg

新潟県の佐渡島でサイクリングしてきました。

佐渡を走るのは2012年11月以来で今回が2回目になります。

その時は1週間滞在して海岸線を1周したり内陸部の山岳コースを走ったり。

もちろんダム巡りもしましたよ(笑) カードも3枚ゲットしました。

CIMG6025_convert_20160722102132.jpg

チャリ車載で行ったので佐渡での宿泊は全て車中泊。身体が痛くなりました(^^;


その時の佐渡旅行は充実した楽しい旅だったのでまた行きたいと思っていました。

今回は新潟港からフェリーでチャリと共に佐渡へ。車は新潟港の駐車場に。

新潟港に隣接する立体駐車場は1日800円。(渡航者割引のカードをチケット売り場で貰う)

佐渡では海の近くのホテルを予約してあるので1泊2日で走るプランです。


前日は埼玉で仕事だったので関越道・所沢ICから新潟まで大移動。疲れた。。

朝イチの出航時間は6時。乗船予約は事前に電話で済ませてあります。

チケットを購入し乗船準備完了。輪行袋に入れるのが面倒だったのでチャリはそのまま。

CIMG5523_convert_20160722101340.jpg
CIMG5522_convert_20160722101327.jpg

私以外のチャリはラレーのミニベロの方だけでした。地元の方で新潟港の近くにお住まいとの事。

CIMG5574_convert_20160722101448.jpg

新潟港を出航でいざ佐渡へ! しかし雲が多い。。佐渡では晴れる事を祈ります。。

CIMG5530_convert_20160722101402.jpg

佐渡までは2時間半の船旅。2等自由席はジュータン席とイス席。

CIMG5550_convert_20160722101414.jpg

この航路は国道に指定されてるみたいですね。

CIMG6018_convert_20160722102120.jpg

船内の案内所で「船カード」をゲット。乗っている船はカードと同じ物です。

CIMG5564_convert_20160722101425.jpg

とりあえずお腹が空いたので朝食。弁当を買って食べました。

CIMG5526_collage_convert_20160722101351.jpg

私は乗り物酔いには強い体質なので大丈夫ですが酔いやすい人は食べるのは控えた方が良いかと思います。

両津湾内に入り両津港が見えてきました。佐渡でも空は雲に覆われています。。

CIMG5573_convert_20160722101436.jpg

両津港に到着して佐渡に上陸しました。

CIMG5575_convert_20160722101500.jpg

曇り空で残念ですが雨が降らないだけマシだと気を取り直してサイクリングをスタートです。

佐渡の地形は簡単に言うと北の大佐渡、南の小佐渡、間に国仲平野。

内陸部は伊豆同様に山が多いけど海岸線のアップダウンは伊豆より緩いです。



1日目の本日は両津港スタートで南の小佐渡の海岸線を時計回りで走ります。



伊豆でもそうですが海沿いを走る時はセオリー通り海を左に見る時計回りにしています。

今回の2日間は余裕のあるルート設定。写真撮影でペースが遅くなるのが分かってるので(笑)

あと新潟までの車の運転でも疲れますしね。全て自己完結のソロライドの辛い所(^^;



離島でのライドは2月の伊豆大島以来、今年2度目。

しかし佐渡は大きいのであまり島という感じがしない(^^;

県道45号線(佐渡一周線)で海沿いを走ります。曇りなので走るには丁度良い気温。

CIMG5607_convert_20160722101659.jpg
CIMG5579_convert_20160722101512.jpg

走り出すと前回の記憶が蘇ってきて懐かしい気分になりました。

こちらは津神島。島の中に神社があります。

CIMG5580_convert_20160722101524.jpg

洞門のある大きな岩は赤亀岩。海が綺麗。

CIMG5590_convert_20160722101543.jpg

曇り空なのでイマイチの見栄えですが佐渡の海は何処でも透き通っていて綺麗です。

すぐ近くの展望台から。赤亀岩の裏側からの姿。

CIMG5594_convert_20160722101556.jpg

こちらも赤亀からすぐ近くの巨岩で風島弁天。中に神社があります。

CIMG5604_convert_20160722101645.jpg
CIMG5603_convert_20160722101608.jpg

鴻ノ瀬鼻灯台に隣接してキャンプ場があるけど人がいなくて静かでした。

CIMG5611_convert_20160722101711.jpg

鴻ノ瀬鼻灯台で少し休憩してから走り出すと進行方向に青空が広がってきました!!

CIMG5612_convert_20160722101724.jpg

赤泊港は寺泊港までの船が出ています。

CIMG5615_convert_20160722101737.jpg
CIMG5616_convert_20160722101750.jpg

完全に晴れてきてテンションもアップ!やっぱり夏の海には青空ですね!

CIMG5619_convert_20160722101803.jpg
CIMG5624_convert_20160722101817.jpg

日が差してきても気温はそれほど高くないので快適な海岸線ライド。

CIMG5629_convert_20160722101831.jpg

本日の中間地点の小木港に到着。隣接する小木家さんでランチにします。

CIMG5638_convert_20160722101915.jpg
CIMG5637_convert_20160722101902.jpg

佐渡に来たら絶対食べたいと思ってたご当地グルメのブリカツ丼を迷わず注文。

前回来た時もブリカツ丼は3回食べました。この味、懐かしい。

CIMG5636_convert_20160722101848.jpg

小木港から少し登り、その後に急坂を下って再び海抜0m地点まで来ると矢島・経島です。

2つの島を朱色の太鼓橋が繋いでいて内側は入り江になっています。

CIMG5639_convert_20160722101928.jpg

遊歩道を歩いて入り江をぐるりと一周。青空と青い海で気落ち良い!

CIMG5643_convert_20160722102003.jpg
CIMG5648_convert_20160722102038.jpg

遊歩道から見る小木海岸。

CIMG5647_convert_20160722154823.jpg
CIMG5652_convert_20160722154902.jpg

入り江の水はかなり透き通っていて綺麗。晴れて良かったー(^^)

CIMG5649_convert_20160722154836.jpg
CIMG5651_convert_20160722154849.jpg
CIMG5655_convert_20160722102054.jpg

この小木地区では昔から伝わるたらい舟での漁が有名。この入り江でたらい舟の体験が出来ます。

小学生のグループがたらい舟体験をしていました。

CIMG5656_convert_20160722102107.jpg

入り江を一周して戻ってきました。景色を十分に堪能したので先に進みます。

CIMG5640_convert_20160722101942.jpg


この先、本日のゴール地点のホテルまでは後編で。

隠れた伊豆の名瀑・旭滝

CIMG5507_convert_20160716163411.jpg

天気も微妙だった三連休初日に散歩程度に近場を走りました。



朝方まで小雨が降っていた為にいつもより出発は遅め。

鹿路庭峠への登りでは再び小雨が。。鹿路庭峠は霧に包まれていて視界不良。

CIMG5479_convert_20160716163227.jpg

峠から下って中伊豆まで来ると路面もドライで所々で雲の間から青空も。

CIMG5481_convert_20160716163240.jpg

旭滝の駐車場に到着。場所は天城北道路・大平ICの近く。

CIMG5482_convert_20160716163253.jpg

すぐ近くにある大平神社。

CIMG5510_convert_20160716163437.jpg

こちらが旭滝。現地で実際に見ると写真より雄大です。

CIMG5484_convert_20160716163305.jpg

滝の流れは6段の断崖を屈折しながら落下。真冬は全面凍結する事もあります。

滝が流れる断崖の部分は一見して人工物の石垣の様に見えます。

しかしこれは「柱状節理」で溶岩が冷却される過程で出来た天然の物。

CIMG5489_convert_20160716163317.jpg

先日の散歩ライドの時に海岸の断崖で見たのも同じく柱状節理。

CIMG5376_convert_20160707172401.jpg

6段状の滝の中段部まで遊歩道を歩いて行けます。

CIMG5492_convert_20160716163335.jpg

柱状節理の断崖を流れ落ちる滝。本当に人工物の石垣みたいに見えますね。

CIMG5500_convert_20160716163359.jpg

滝の入口にトイレと東屋があります。駐車場は4台分と少ない。

CIMG5509_convert_20160716163423.jpg

旭滝はなかなか雄大な滝ですが有名な観光地の浄蓮の滝と比べると観光客も少ない。

三連休初日の本日も私だけの貸し切りでひっそりとしていました。

静かな所が好きな方にはオススメの場所。私も久しぶりに来たけど水の流れに癒された(^^)

いつか真冬の全面凍結した時に見て見たい!

滝を堪能して湯ヶ島方面へ。狩野川に架かる松ヶ瀬の吊り橋。

CIMG5512_convert_20160716182102.jpg

久しぶりに明徳観光センターで草餅休憩。このルートではお約束ですねー。

サイクルラック、空気入れもありサイクリスト割引で1個100円とチャリダーには嬉しいサービス。

CIMG5514_convert_20160716163453.jpg
CIMG5515_convert_20160716163505.jpg

湯ヶ島からは国士峠越え。途中の荒原の棚田。

CIMG5517_convert_20160716163517.jpg

国士峠から筏場方面への下りの路面は濡れていました。

CIMG5518_convert_20160716163529.jpg

冷川峠を越えて奥野ダム。夏期制限水位という事もあるけどダム湖の水が少ないですねー。

CIMG5519_convert_20160716163541.jpg

こちらは今年2月の同じ場所からの写真。水量の違いが明らかですね。

CIMG2361_convert_20160716163212.jpg

関東の水がめ、奥利根エリアのダム湖の貯水率もかなり低下していて心配ですね。

こちらは5月のライドで行った時の矢木沢ダム(奥利根湖)。

CIMG4675_convert_20160524152130.jpg

ニュース映像で見た矢木沢ダムの水位はこの時よりかなり低下していました。

雨続きでチャリに乗れないのも困るけど水不足も困るので程々に降って欲しいですよね。


本日は距離68.2km、獲得標高1190mでした。

今日は散歩程度だった事もあるけど終始曇り空だったので身体は楽だった。

灼熱200km・寸又峡への旅

CIMG5446_convert_20160712171637.jpg

毎日暑いですね。週末は埼玉・東京で仕事をしてましたが都心部は暑かった!

ついでに都内の自転車ショップに寄ったりしたけど歩いていても暑かったです。


週末は走れませんでしたが週明けから1泊のチャリ旅をしてきました。

行き先はお気に入りのオクシズエリア・寸又峡温泉。ホテルを予約してあります。



自宅から寸又峡までは200km超の距離なので今回は4時前に出発。

早めに出発しないと私の脚力ではチェックイン時間に間に合わなくなります(^^;

清水までは先週走ったルートと全く同じ。

薄暗い中、鹿路庭峠を越えて修善寺方面へ。狩野川CRに入ると明るくなりました。

CIMG5404_convert_20160712171055.jpg

今日は泊まりなのでモンベルフロントバッグをサドルバッグとして装着。

装着方法は以前の記事でも紹介した通り。

CIMG5403_convert_20160712171038.jpg

バッグの中身は宿で着る下着、スマホ充電器、輪行袋、工具類など。

フロントバッグの中身は普段の日帰りサイクリングと同様です。

あと補助的にソフトタイプのツール缶をボトルゲージに装着しました。

沼津から海沿いの堤防道路。朝から暑い!

CIMG5406_convert_20160712171107.jpg

脚を温存しながら走って田子の浦に到着。

CIMG5407_convert_20160712171118.jpg

由比からは今回も激坂を登って薩埵峠へ。

CIMG5411_convert_20160712171130.jpg

やっぱり夏場は富士山が霞みますね。。

CIMG5415_convert_20160712171158.jpg

清水港に到着で前半の100kmが終了。日陰のテーブル席で補給休憩。

CIMG5416_convert_20160712171210.jpg

清水からしばらくは太平洋岸自転車道。日陰が無くて暑い!

CIMG5417_convert_20160712171222.jpg
CIMG5419_convert_20160712171236.jpg

安倍川を越えました。この先で海とはお別れで内陸部へ入ります。

CIMG5420_convert_20160712171247.jpg

丸子川沿いの自転車道で北上。

CIMG5421_convert_20160712171258.jpg

本来は安倍川沿いからR362に入り千頭まで抜けるのが寸又峡までの最短距離。

しかしR362の山間部は狭路の急坂が続くなかなか厳しい道。

既に100km以上走ってきた脚にはキツいので今回は大井川沿いから北上します。

結論を言うと急坂はあるけどR362を走って最短距離で抜けた方が楽です。

大井川沿いに出ると遠回りで結局登りの量もこちらの方が多かった。。

宇津ノ谷は旧東海道の丸子宿と岡部宿の間に位置して昔ながらの雰囲気が漂う地区。

CIMG5422_convert_20160712171312.jpg
CIMG5423_convert_20160712171324.jpg

宇津ノ谷峠を越える道はいくつかありますが今回は明治トンネルを通りました。

CIMG5424_convert_20160712171336.jpg

名前の通り明治時代に造られたトンネル。並行して大正、昭和、平成のトンネルがあります。

明治トンネルは伊豆の天城山隧道と同様に心霊スポットらしい。。

暑い中走ってきたのでトンネル内は涼しくて気持ち良かったですけどね(笑)

CIMG5428_convert_20160712171348.jpg

トンネルを抜けて藤枝市に入りました。狭路の県道の山越えで島田市方面へ。

CIMG5434_convert_20160712171412.jpg

登りの途中で後輪のパンク。毎回パンクする時は山道だ。。

CIMG5433_convert_20160712171400.jpg

登坂の途中だったのでチューブ交換をしている時も汗が止まらなかった。

独りだしこんな時に熊に目を付けられたら悲惨ですね(^^;

島田市に入って大井川の水路橋を渡って右岸のR473へ。

CIMG5435_convert_20160712171424.jpg

すぐに登りで先ほどの水路橋も眼下に。

CIMG5437_convert_20160712171442.jpg

しばらく無駄にアップダウンがあって脚が削られていきます。

既に150km以上走ってるけど寸又峡まで57kmの標識を見て凹みます(^^;

この先、寸又峡までは登り基調なのが分かっているので尚更ですね。。

家山の桜のトンネル。下は4月に走った時の写真。

CIMG5438_convert_20160712171456.jpg
CIMG3375_convert_20160712170953.jpg

茶畑に囲まれた川根の道。気温が上がってクソ暑い!!

CIMG5439_convert_20160712171512.jpg

よく考えたら川根本町は県内でも最高気温を記録する様な暑い所。

灼熱の夏場に走るのが間違いだったかも・・(^^;

暑さで余計に疲れる。。あと暑さの影響かスマホとガーミンの調子が悪かった。

昨年11月に渡った塩郷の吊り橋も今回はスルー。

CIMG5441_convert_20160712171527.jpg
CIMG5442_convert_20160712171540.jpg

川根からはかなりペースダウンしました。暑さが効いてますね。。

バテバテになりながら何とか千頭に到着。千頭駅ではトーマスフェアが開催されています。

CIMG5443_convert_20160712171552.jpg

ここで少し長めの休憩。脚つりも怪しかったので最後の登坂に備えストレッチ。

休憩後は脚も回る様になってきました。先が見えてきてやる気もアップ。

登りのピークを越えて寸又峡まで下り。翌日は登りになりますが。。

前半の海沿いとは一変して山深い所まで来ました。

CIMG5467_convert_20160712171716.jpg

寸又峡温泉に到着。何とかたどり着いた。。

CIMG5446_convert_20160712171637.jpg

大間ダムのダムカードは南アルプス山岳図書館で配布しています。

CIMG5447_convert_20160712171623.jpg

本日の宿は奥大井観光ホテル翠紅苑(すいこうえん)

CIMG5465_convert_20160712171703.jpg

ちなみに山岳図書館が休館日はこの翠紅苑のフロントでダムカードを貰えます。

チャリはそのまま屋根のある場所に置かせていただきました。

とりあえずパンク以外のトラブルも無く1日目のライド終了。身体はボロボロですが(^^;

本日は距離209.4km、獲得標高1824mでした。

灼熱の中、山越えを含めた200km超のライドは苦行だった。。


温泉で汗を流し夕食を堪能して生き返りました。

CIMG5457_collage_convert_20160712171650.jpg

寸又峡温泉は別名「美女づくりの湯」と呼ばれ独特のとろりとした湯ざわりで入浴後は肌がスベスベ。

近くの接岨峡温泉も同じ様な湯ざわり。個人的にこの湯ざわりの温泉が一番好き。

結局、翌朝も含めて5回も温泉に入りましたよ(笑)



翌日は輪行を駆使して伊豆まで帰ります。

何パターンか考えてあった中から前日の疲労度を考慮して最も楽なプランをチョイス(笑)

帰りもオール自走という考えは毛頭なく、その為の輪行袋持参です(^^;

とりあえず山を越えて千頭駅へ。朝風呂でスッキリしたのに早くも汗ビッショリ。

大井川鉄道の千頭駅から輪行です。チャリを輪行袋にぶっ込み乗車準備完了。

CIMG5473_convert_20160712171728.jpg
CIMG5475_convert_20160712171740.jpg

寸又峡温泉から千頭駅までのルート



結局、修善寺駅まで輪行でワープしました。修善寺駅は平面駅なので輪行しやすい。

乗車中は食事出来なかったのでチャリを組み立ててから駅前でランチです。

迷わず、あじ寿司に直行(笑)食後にケーキもいただきました。

CIMG5476_collage_convert_20160712171751.jpg

ランチ後は冷川峠を越えて無事に帰宅。今日はあまり走ってないけど前日の疲れで脚が重かった。



輪行で楽をした本日の合計は距離37.2km、獲得標高634mでした。


今回の寸又峡までの旅は灼熱で苦行でした。暑いと疲れも倍増ですね。

春先や秋の気候ならもっと余裕を持って走れると思いますが。。

とりあえず真夏に同じコースを走る事は二度と無いと思います(笑)

伊豆高原のジオサイトを散歩

CIMG5356_convert_20160707172244.jpg

今日も暑かった!関東の平野部では35℃以上の猛暑の所も多かったみたいですね。

暑さにも少し身体が慣れてきたけど体調管理には気を付けたいですね。


今日は午前中で仕事を済ませて時間が空いたので近場を散歩程度にブラブラとしました。

散歩なので相棒はダホン。とりあえず伊豆高原の急坂を下って海方面へ。

行きは下りなので楽々ですが帰りは当然・・・(笑)

伊豆高原駅の近くから対島川沿いに遊歩道が河口付近まで続いています。

木陰になっていて涼しい。流れる水の音も涼し気で気持ち良い遊歩道です。

CIMG5341_convert_20160707172205.jpg

河口付近で遊歩道はT字の交差に。この遊歩道は城ケ崎海岸まで続いています。

チャリをここにデポして歩いて付近を散策します。

CIMG5342_convert_20160707172220.jpg

「対島の滝」の展望台から。対島川の河口は滝になっていてそのまま海へと流れ落ちます。

CIMG5391_convert_20160707172545.jpg

「大淀・小淀」方面へ案内板の通りに歩くと亀甲模様の「柱状節理」が見えてきます。

CIMG5378_convert_20160707172415.jpg

この柱状節理は大室山から流れ出た溶岩が海水で冷やされてできた物。

柱状節理は下田市の爪木崎が有名でジオ菓子にもなってます。

岩を削った急階段で下まで降りられます。足場がかなり悪いので滑らない様に注意。

CIMG5376_convert_20160707172401.jpg

この横に大淀と小淀があります。奥が大淀、手前が小淀。自然が造りだした天然のプール。

CIMG5361_convert_20160707172310.jpg

夏場は子供連れで水遊びしている方々もいます。綺麗な海の水。

CIMG5371_convert_20160707172336.jpg

この時点でかなりの暑さで汗ビッショリ!日陰が全く無いので暑い!!

このプールの中に飛び込みたくなりますよ(笑)

CIMG5373_convert_20160707172349.jpg

天気が良いので透き通った海が余計に綺麗に見えますね!まぁその反面、暑いですが(^^;

ここでシュノーケリングをしている方がいました。気持ち良さそう。。

CIMG5354_convert_20160707172232.jpg

CIMG5363_convert_20160707172322.jpg

断崖の向こうは八幡野港や赤沢の海岸線。

CIMG5357_convert_20160707172256.jpg

写真だと分かりづらいけど茶色の吊り橋が架かっているのが見えます。これが「橋立吊橋」

CIMG5356_convert_20160707172244.jpg

遊歩道に戻って吊り橋へ行けます。

CIMG5379_convert_20160707172452.jpg
CIMG5385_convert_20160707172518.jpg

橋の上からの眺め。断崖と先ほどの大淀。

CIMG5387_convert_20160707172532.jpg
CIMG5384_convert_20160707172506.jpg

城ヶ崎海岸の門脇吊橋は有名な観光スポットですが橋立吊橋はマイナーで穴場的スポット。

その為に人も少なくて静かなので個人的にはこちらの方が好きです。

城ケ崎海岸同様に大室山の溶岩が造りだしたダイナミックな地形を堪能できてオススメ。

自然の造りだした奇勝を満喫して伊豆高原の急坂を登って戻ります。

この伊豆高原の坂も大室山の溶岩が造りだした物。登りで汗ビッショリ!

CIMG5333_convert_20160707172148.jpg

ちなみにウチの辺りもそうですが伊豆高原地区の地質は溶岩の強固な岩盤質。

なので震度3程だとほとんど揺れなくて気が付かない事も多い・・(^^;

お腹が空いたので大室高原の別荘地内にあるKissa teramo'sさんへ。

アメリカ製キャンピングトレーラー「エアストリーム」を改装した小さな隠れ家的なカフェ。

CIMG5395_collage_convert_20160707172610.jpg

お店のママさんは気さくで元名古屋の方。なのでメニューも名古屋メシが中心です。

朝7時からやっているモーニングは定番の小倉トーストもあります。パンもあんこも自家製で美味しい。

ランチでは鉄板ナポリタンや味噌カツなど。本日はあんかけパスタをいただきました。

ピリッとした辛みの効いたあんが病みつきになります。ウマい!

CIMG5392_convert_20160707172557.jpg

ここに来ると気さくなママさんとお話しながら長居する事が多いです。

今日も食後にアイスコーヒーを飲みながら2時間程くつろいでしまいました(^^;

ノンビリ休憩したので自宅方面へ帰ります。暑かったのでさくらの里には誰も居なかった(笑)

今日の散歩で見たり走ったりした地形を造りだした大室山。

CIMG5396_convert_20160707172623.jpg

本日は距離17km、獲得標高510mでした。

散歩程度しか走ってないけど登りで汗ビッショリ。暑かったー!

駿河湾の海上県道223号線

CIMG5312_convert_20160704180713.jpg

ここ数日、暑いですねー。本日は静岡県も猛暑日で暑かった!

なので暑さを覚悟してのライドです。今日は登りが少なめのコース。

出発は4時で約100km先の清水を目指します。最初の鹿路庭峠を越えるとしばらく平坦路。

早朝の狩野川CR。天気が良く既に結構暑い!前方に富士山も見えますね。

CIMG5245_convert_20160704180305.jpg

沼津港に到着して少し休憩。朝から暑くて喉が渇く。。コーラを注入しました。

CIMG5246_convert_20160704180319.jpg

沼津港からはしばらく海岸線沿いの堤防道路。

CIMG5247_convert_20160704180331.jpg

田子の浦港。富士山の山頂部が白くなってる様に見えるけど雪ではなく雲です。

CIMG5250_convert_20160704180344.jpg

田子の浦みなと公園。トイレや自販機があるのでここで少し休憩。

CIMG5251_convert_20160704180358.jpg

富士川を越え蒲原からは東海道の旧道。由比駅から少し走ると「由比の壁」が現れます。

CIMG5256_convert_20160704180411.jpg

この激坂を登って薩埵峠に到着。激坂だけど距離は短いのですぐに着きます。

CIMG5257_convert_20160704180424.jpg

展望台からの景色。

CIMG5260_convert_20160704180436.jpg

ここは冬場の方が絶景です。下の写真は今年の1月に行った時の物。

CIMG2210_convert_20160704185048.jpg

清水港に到着。今日はここから駿河湾フェリーで伊豆半島の土肥まで戻ります。

CIMG5270_convert_20160704180450.jpg

駿河湾フェリーに乗るのは今回が初めて。チャリは別途500円でそのまま積めます。

出航時間まで待合室でコンビニおにぎりを食べながら休憩しました。船はこんな感じです。

CIMG5271_convert_20160704180503.jpg

チャリの置き場所。係員の方が倒れない様に固定してくれます。

CIMG5319_convert_20160704180738.jpg

2013年に清水港~土肥港までの航路が海上の静岡県道として指定されたみたいですね。

県道223(フジサン)号。正式名称は県道223号清水港土肥線。船内にも標識がありました。

CIMG5316_convert_20160704180726.jpg

船内は冷房が効いていて快適。平日なので座席もガラガラでした。

CIMG5272_convert_20160704180516.jpg

出航してからデッキに上がってみました。富士山には少し雲が。。

CIMG5276_convert_20160704180530.jpg

反対側は三保海岸。

CIMG5277_convert_20160704180542.jpg

今日は海上の風も熱風でデッキにいると暑かった!

CIMG5288_convert_20160704180555.jpg

土肥港までは65分の船旅。船内に戻ると揺れで心地良くなり眠くなりました(笑)

伊豆半島が近づいてきて再びデッキへ。

CIMG5298_convert_20160704180622.jpg
CIMG5293_convert_20160704180607.jpg

普段走り慣れている伊豆半島ですが海上から見る景色はまた違いますねー。

CIMG5310_convert_20160704180701.jpg
CIMG5312_convert_20160704180713.jpg

土肥港に到着して下船。暑い!先ほどまで冷房の効いた船内にいたから尚更暑く感じる。

CIMG5320_convert_20160704180752.jpg
CIMG5324_convert_20160704180805.jpg

西伊豆の港は何処も断崖や山に囲まれたチャリ的には悪魔の様な立地(^^;

なのでこの土肥港も同様。今回はR136での山越えで伊豆半島を横断します。

登りに入ると滝の様な大汗が。クソ暑い!13時頃なのでかなり暑い時間帯です。

勾配も標高差も小さいのですが暑さで疲れます。。アスファルトの照り返しで余計にですね。

今日は暑いので旧道ではなくずっとR136を走りました。旧道だと余計に登らされるので。。

登りのピークのトンネルが長めなのでここだけ通行に注意。

CIMG5325_convert_20160704180819.jpg

修善寺からは熱風の向かい風で辛かった。冷川峠を越えて伊東まで戻ってきました。

CIMG5327_convert_20160704180832.jpg

本日の前半、後半の走行ルート。合計は距離149.7km、獲得標高1370mでした。







登りが少なかったので脚の疲労はそれほどでも無いけど暑さで身体の疲れが大きいです。

かなり小まめに水分補給していたのでドリンクの消費量も多かった。

同じ距離を車で走った場合のガソリン代より今回のドリンク代の方が間違いなく高い(笑)

まぁお金の問題では無い。夏場の水分補給は大事ですよね。

干物と足湯カフェ・伊東&中伊豆グルメライド

CIMG5218_convert_20160701171542.jpg

今日から7月で下半期に投入ですね。早いなー。

とりあえず先月のまとめ&上半期のまとめ。

6月は距離560.5km、獲得標高11352mでした。まぁ梅雨時なのでこんなモノかな。。

2016年の上半期の合計は距離4337.5km、獲得標高85923mでした。

距離がイマイチ。。年間で1万km越えるか怪しい。。

暖冬の影響で冬場も普通に山を走れたので獲得標高は例年よりも多めかな。

まぁ事故や怪我もなくチャリ生活を満喫出来たのが何より。下半期も安全第一ですね!


本日は休みだったので近場をライド。毎月、月初は仕事が暇です(^^;

仮に天気が安定していたら間違いなく泊まりで県外遠征してると思います(笑)



朝、外に出ると蒸し暑かった。気温はともかく湿度が高い。

その影響か一碧湖も朝はかなりガスっていました。

CIMG5173_convert_20160701171225.jpg

小室山に到着。

CIMG5176_convert_20160701171306.jpg

汐吹公園の遊歩道。逆光で写真がイマイチ。。

CIMG5191_convert_20160701171335.jpg

汐吹き岩は潮の干満によって断崖絶壁の洞穴から潮が吹き上げます。

CIMG5189_convert_20160701171324.jpg

松川遊歩道から見た東海館。伊東市の指定文化財。

CIMG5201_convert_20160701171359.jpg

昭和初期に建築された趣のある温泉旅館。現在は廃館となっていて建物は伊東市に寄贈されてます。

CIMG5197_convert_20160701171347.jpg

館内の見学も可能で土日祝日は日帰り入浴も出来ます。

今日は出発前にヨーグルトしか食べてないので伊東漁港の近くで朝食タイム。

朝7時30分からやっている杉国商店さんで朝飯です。お腹空いたー。

CIMG5204_convert_20160701171412.jpg

屋外のテーブルで焼き立ての干物をいただけます。目の前はオレンジビーチ。

CIMG5207_convert_20160701171424.jpg

干物はサバの味醂干しをチョイス。サバは私の大好物(^^)基本的に肉より魚が好きです。

珍味のイカくち串も付けました。コリコリした食感がクセになります。

CIMG5210_convert_20160701171437.jpg

ご飯セットはご飯、あおさの味噌汁、漬物、磯海苔です。あおさの味噌汁が美味しい(^^)

食べている間、背後で猫にロックオンされていました(笑)

CIMG5211_convert_20160701171448.jpg

ちなみにすぐ近くの山国ひもの店でも同様の形式。こちらは8時30分開店。

食後は海岸線沿いを走って伊豆高原方面へ。R135より車が少ない県道がチャリにはオススメ。

CIMG5213_convert_20160701171501.jpg

川奈いるか浜公園と川奈の漁港。

CIMG5216_convert_20160701171528.jpg
CIMG5215_convert_20160701171514.jpg

いるか浜公園から先、高台まで登らされその先は細かいアップダウンの繰り返し。

城ケ崎海岸に到着。この時間は貸し切り状態でした(笑)

CIMG5218_convert_20160701171542.jpg
CIMG5220_convert_20160701171555.jpg
CIMG5230_convert_20160701171609.jpg

伊豆高原の急坂を登って汗ビッショリ。。蒸し暑くてこのまま真っ直ぐ帰宅したくなりました(^^;

しかしまだ時間も早いので鹿路庭峠を越えて中伊豆へ。冷川からは田舎道をノンビリと。

CIMG5234_convert_20160701171635.jpg

古奈温泉のベーカリー&カフェ東府やに到着。

CIMG5239_convert_20160701171716.jpg

米粉のカレーパンはゆで卵が入っていて食べごたえがあります。クロワッサンも美味しかった。

CIMG5236_convert_20160701171649.jpg

平日なので足湯席も余裕でゲット。気持ち良い!少し脚の疲労も回復しました。

CIMG5238_convert_20160701171702.jpg

スマホや食べかすを湯に落とさない様に注意です。

以前、姪っ子姉妹を連れてきた時は食べかすをボロボロとこぼすので目が離せなかった(笑)

休憩後は湯ヶ島から国士峠越え。筏場の山葵田の水の流れが涼し気でした。

CIMG5243_convert_20160701171729.jpg

いつもの冷川峠を越えて無事に帰宅。今日も汗ビッショリ。

本日は距離108km、獲得標高1905mでした。

大汗かくと疲労度も大きくなりますね。距離も登りも程々にして良かった。。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果