2016-11

Latest Entries

下田散策と天城越え

CIMG9563_convert_20161129182506.jpg

休みだった本日は下田方面へ行ってきました。



今日も元気に日の出前の5時30分に出発(笑)R135を交通量の少ない早朝に走ります。

流石に早朝は寒い。起伏があるR135ですがしばらくウインドブレーカーは着た状態。

稲取の辺りから仕事に向かう地元ナンバーの車が増えてきました。

平日の早朝、通勤の方々の車を横目に呑気にペダルを回す不良中年(笑)

トイレと自販機がある尾ヶ崎ウィングで最初の休憩。下田市に入りました。

CIMG9499_convert_20161129182137.jpg

白浜海岸は白い砂浜と綺麗な海。海水浴シーズンではないので静かです。

CIMG9501_convert_20161129182150.jpg

R135から逸れて県道に入り須崎の爪木崎に到着。

CIMG9504_convert_20161129182200.jpg
CIMG9540_convert_20161129182356.jpg

爪木崎は水仙の群生地として有名で1月~2月に見頃を迎えます。

水仙の時期では無いので代わりにアロエの花で(^^;

CIMG9537_convert_20161129182344.jpg

遊歩道を歩いて散策。今日は私だけの貸し切りでした(笑)

CIMG9521_convert_20161129182246.jpg
CIMG9527_convert_20161129182308.jpg

先端部に爪木崎灯台が建っています。眺めも良い(^^)

CIMG9517_convert_20161129182222.jpg
CIMG9512_convert_20161129182211.jpg

ジオ菓子にもなっている爪木崎の柱状節理。

CIMG9520_convert_20161129182234.jpg

もちろん海も透き通っていて綺麗です。

CIMG9529_convert_20161129182320.jpg
CIMG9535_convert_20161129182332.jpg

爪木崎の散策を満喫した後は近くの恵比須島 へ。

CIMG9543_convert_20161129182408.jpg

この島の見所は軽石や火山灰が作り出した縞模様の地層。

伊豆の歴史と自然の力を感じさせてくれます。

CIMG9575_convert_20161129182547.jpg
CIMG9572_convert_20161129182533.jpg

島の南部には千畳敷。先端で釣りをしている方がいました。

CIMG9567_convert_20161129182519.jpg

須崎恵比須島指向灯と恵比須神社。指向灯は灯台の一種です。

CIMG9570_convert_20161129192623.jpg

島の周囲の遊歩道は狭路で所々で滑る箇所も有りスリリング。

CIMG9559_convert_20161129182434.jpg
CIMG9556_convert_20161129182421.jpg
CIMG9563_convert_20161129182506.jpg

散策を終え下田の中心部へ。ペリー像の前で。雲が多くなってきました。。

CIMG9580_convert_20161129182603.jpg

周辺をブラブラと散策。こちらはペリーロード。

CIMG9592_convert_20161129182617.jpg

出発からここまで海沿いの景色を満喫しました。この後は進路を内陸部に変え山へ。

R414で河津のループ橋経由で天城越えです。

お腹空いたので途中でランチ休憩。わさびとろろ丼をいただきました。

CIMG9596_convert_20161129182632.jpg

ループ橋を通過して二階滝駐車場の先から旧道へ。

石川さゆりさんの「天城越え」の歌詞に登場する場所を巡りながら走ります。

まずは寒天橋。この橋の先から旧道はダートになります。

CIMG9600_convert_20161129182728.jpg

ダートですが路面は定期的に整備しているのでロードのタイヤでも全く問題無し。

寒天橋から1kmほどダート道を登ると天城山隧道(旧天城トンネル)です。

CIMG9605_convert_20161129182752.jpg

ここに来るのはMTBで八丁池などに行った3月以来で久し振り。

石造りで風情のある隧道です。心霊スポットでもあるらしいですが(^^;

CIMG9607_convert_20161129182807.jpg

この天城山隧道の脇から伊豆山稜線歩道を登ると天城峠に行けます。

3月に来た時はここからMTBを担いで天城峠まで行きました。

隧道までのダートはロードバイクでも大丈夫ですが天城峠に行くのはオススメしません。

3月に行った時の写真。担ぎが苦手なのでMTBでも頻繁には行きたくない(^^;

CIMG2949_convert_20161129182112.jpg
CIMG2953_convert_20161129182124.jpg

この先はダートの旧道をサクっと下ってR414に合流するのですが通行止め。。

11月1日~来年の1月31日まで歩行者を含め終日通行止めです。

CIMG9610_convert_20161129182821.jpg

来た道を戻って回り込むのも面白くないのでここから遊歩道で急斜面を下ります。

CIMG9611_convert_20161129182836.jpg

結局、前回来た3月に続き本日も苦手な担ぎになりました(^^;

急階段や橋は苔で滑るのでチャリを担いでサイクルシューズだと歩きづらい。。

乗車の時は気にならないけど担ぐ時は軽量カーボンのフレームが羨ましくなる(^^;

CIMG9612_convert_20161129182854.jpg
CIMG9613_convert_20161129182909.jpg

遊歩道の下りが終わるとR414新天城トンネルの出入口。天城峠のバス停があります。

CIMG9614_convert_20161129182923.jpg

天城越えの〆は浄蓮の滝。伊豆の踊子像がお出迎え。

CIMG9615_convert_20161129182938.jpg
CIMG9620_convert_20161129182955.jpg

あとは走り慣れたいつもの国士峠と冷川峠を越えて帰りました。

筏場の山葵田周辺の紅葉も色付き始めてきました。

CIMG9622_convert_20161129183012.jpg

本日は距離135.1km、獲得標高2470mでした。

今日は名所巡り的なコースで楽しいライドでした(^^)


今回が今月ラストのライドになるので今月のまとめ。

11月の合計は距離835.8km、獲得標高16713mでした。

先月より走ってませんが色々と楽しめました。流石に先月は遊び過ぎた(笑)

今年も残りは12月のみですが事故等無くチャリを楽しみたいと思います。

年末なので多少は忙しくなりますが仕事は程々に・・(^^;

スポンサーサイト

伊東の小室山と中伊豆散策ライド

CIMG9446_convert_20161127110914.jpg

11月26日のサイクリングの記録です。

今週は雪も降って寒かったですね。伊豆でも雪が降り少し積もりました。

普段のライドで朝イチに越える事が多い鹿路庭峠も雪が積もった模様。

早朝に鹿路庭峠から下るのは危険だと判断してそれ以外のコースで。

距離も登りも少なめの近場ライドです。



まずは市内の小室山に向かいます。早朝出発なので寒い。。

水平線には雲がかかっていましたが予定通り山頂で日の出を迎えました。

CIMG9395_convert_20161127110739.jpg
CIMG9401_convert_20161127110757.jpg

日が昇ると薄暗かった周囲もすぐに明るくなってきます。

明るくなってきたので写真を撮りながら山頂の散策を開始。

CIMG9413_convert_20161127110832.jpg

山頂にある小室神社。

CIMG9452_convert_20161127110955.jpg

山頂標高は321mほどですが360度のパノラマで眺めが良い所。三角点も有り。

CIMG9404_convert_20161127155743.jpg
CIMG9408_convert_20161127110816.jpg

眼下に伊東の街と相模灘、そして先日の降雪で真っ白になった富士山。

CIMG9446_convert_20161127110914.jpg

朝日を浴びた富士山が美しい。

CIMG9443_convert_20161127110859.jpg

前日は伊東からも雪化粧した丹沢の山々が綺麗に見えたけど本日は雲で霞んでました。

雪を被った一段高くなっている所が箱根の山。

CIMG9433_convert_20161127110846.jpg

大室山と矢筈山。大室山のリフトの下は雪が残って白いラインになってます。

万二郎岳や万三郎岳、遠笠山などの天城連山は雲に隠れてしまった。。

CIMG9451_convert_20161127110939.jpg

山頂からの下り。右は眼下に川奈のゴルフ場と相模灘の大海原。

CIMG9456_convert_20161127111016.jpg

川奈のいるか浜。海抜0m地点まで下ってきました。

CIMG9458_convert_20161127111028.jpg

海沿いの県道。伊東~伊豆高原はR135より交通量の少ないこちらの県道がオススメ。

アップダウンがあるのはどちらの道を走っても同じですが(^^;

CIMG9459_convert_20161127111041.jpg

汐吹公園の遊歩道。波が高い日は要注意というか行かない方がよい。

CIMG9470_convert_20161127111121.jpg

波が来てもギリギリで海水がかかりませんでしたが遊歩道は濡れていました。

クロモリなので定期的にパイプ内部に防錆スプレーをしているけど海水で濡らしたくない。

CIMG9464_convert_20161127111056.jpg

こちらが汐吹岩。潮の干満によって洞穴から潮が吹き上げる自然現象が見られます。

CIMG9469_convert_20161127111109.jpg

海岸線沿いから伊東の市街地に入り冷川峠越えで中伊豆方面へ。

冷川峠付近は路肩に雪が残っていましたが通行は問題無し。

下白岩から登って次の目的地の中伊豆ワイナリーに到着。

CIMG9479_convert_20161127111146.jpg

周囲はぶどう畑が広がっています。背後には富士山。

CIMG9481_convert_20161127111211.jpg

時間の経過と共に雲が多くなってきましたが富士山や南アルプスが望めます。

CIMG9480_convert_20161127111158.jpg
CIMG9478_convert_20161127111133.jpg

湯ヶ島方面へ向かって途中の明徳観光センターで草餅休憩。

サイクリスト割引で100円。久し振りに食べた。

CIMG9490_convert_20161127111224.jpg

湯ヶ島のモミジは所々で色付いてますが見頃はまだ先かな。

CIMG9491_convert_20161127111237.jpg

この後、国士峠を越えましたがこちらも路肩に雪は残っていたけど通行は無問題。

中伊豆の田舎道をノンビリ走って冷川から鹿路庭峠に向かって再び登り。

登りの途中にあるCafeルソーさんに立ち寄ってランチにします。

CIMG9492_convert_20161127111250.jpg

駐車場に見慣れた車があると思ったら行きつけのKissa teramo'sのママさん達でした。

私も同席させて頂き話しながら楽しく食事。今日はカレーを注文しました(580円)

CIMG9493_convert_20161127111303.jpg

ランチタイムはプラス100円でコーヒーが付きます。デザートにあんみつも注文。

CIMG9494_convert_20161127111319.jpg

ランチ後は鹿路庭峠まで最後の登り。峠付近の路肩には結構雪が残っていました。

登りの途中は融けた雪で路面が濡れてたので早朝は凍結していたかもしれません。

CIMG9495_convert_20161127111332.jpg

鹿路庭峠から自宅まではほぼ下り。身体が冷えました。。

本日は距離87.3km、1867mでした。

寒くなってきて凍結リスクも増してきたのでしばらくは伊豆中心のライドかな。

濃霧のち晴れ 西伊豆スカイラインからの西海岸

CIMG9299_convert_20161122130726.jpg

11月20日のサイクリングの記録です。

先週末の伊豆の天気は19日土曜日が雨。翌20日は晴れて気温も上がりました。

前日の雨は夜まで降っていたので翌朝は晴れていたけど路面は完全ウエット。

晴れ予報ですが早朝は雲が多かったので特にコースは決めずに成り行きで。



とりあえず鹿路庭峠を越えて修善寺方面へ。峠から下り冷川を過ぎると霧が出てきました。

修善寺に近くなると次第に霧が濃くなり修善寺温泉では完全な濃霧状態。。

修善寺温泉の修禅寺境内のモミジも色付いてます。

今年は何処も紅葉が遅れていますが修善寺界隈は昨年よりも早い気がします。

CIMG9264_convert_20161122130440.jpg

小休止しながらこの後のルートをどうするか考えました。

この日の朝は各地で濃霧の所が多かったみたいですね。

路面は濡れてるし濃霧なので修善寺界隈の散策だけで帰ろうかと思いました。

しかし予報は晴れだし時間も早いのでとりあえず達磨山レストハウスまで登る事に。

山の上で晴れていれば雲海が見られるかもしれないという期待を込めて。。

登りの途中から少しづつ霧が晴れてきて前方に青空が見えてきました。

そして達磨山レストハウスに到着した時はこの状態。

雲海を見る事は出来ませんでしたがいつも通りに良い景色です(^^;

CIMG9268_convert_20161122130536.jpg

下界の沼津や富士の市街地には雲がかかっていますが富士山は綺麗に見えました。

CIMG9271_convert_20161122130549.jpg

このコンディションなら次に向かうのは西伊豆スカイラインの一択(笑)

下界が濃霧の為か普段以上に交通量が少ない西伊豆スカイライン。

やっぱり青空と冠雪した雄大な富士山の組み合わせは画になりますね。

CIMG9281_convert_20161122130600.jpg

戸田の街を見下ろすと西海岸の天気も大丈夫そう。ここでこの後に西海岸に下る事を決定。

CIMG9282_convert_20161122130611.jpg

路面は相変わらずウエットですが富士山を眺めながらのライドは気持ち良い!

CIMG9285_convert_20161122130623.jpg
CIMG9289_convert_20161122130635.jpg

遊歩道も濡れているので何度か滑りそうになり歩きづらかった。。

CIMG9294_convert_20161122130648.jpg

西伊豆スカイラインのピークから土肥まで濡れた路面を長い下り。

土肥まで下ると気温が上がってきて、以降本日はウインドブレーカーは用無し。

旅人岬から。これから走る県道は前方に見える崖の上を通っています。

CIMG9296_convert_20161122130700.jpg

アップダウンを繰り返し戸田が近づいてくると前方に再び富士山の姿。

日の当たる所の路面は乾いてきました。

CIMG9298_convert_20161122130712.jpg

戸田の御浜岬。綺麗な海と駿河湾越しの富士山の眺めが最高で良い所です。

CIMG9299_convert_20161122130726.jpg

戸田のお気に入り撮影ポイント。(富士山が綺麗に見える日限定)

CIMG9302_convert_20161122130738.jpg

海抜0m地点から急坂を登り出逢い岬から。眼下に御浜岬。

CIMG9308_convert_20161122130806.jpg

お約束のリングの中に富士山を入れて愛車と共に撮影(笑)

CIMG9305_convert_20161122130753.jpg

こちらもお約束の撮影ポイント、煌めきの丘。断崖の横に富士山の眺め。

CIMG9310_convert_20161122130833.jpg

井田トンネルを過ぎ少し下るとダイビングスポットの大瀬崎。

CIMG9312_convert_20161122130907.jpg

平坦基調の区間。綺麗な海を眺めながらの快適ライド。

CIMG9314_convert_20161122130920.jpg

らららサンビーチ。少し雲が増えてきましたが富士山はまだ綺麗に見えてます。

CIMG9317_convert_20161122130934.jpg

淡島マリンパークの駐車場でコンビニおにぎりでランチ休憩しました。

CIMG9318_convert_20161122130947.jpg

口野の三叉路で内陸部へ方向を変え狩野川CRに合流。修善寺まで戻ってきました。

CIMG9321_convert_20161122131001.jpg

後はいつもの冷川峠を越えて帰宅しました。立ち寄った奥野ダムのモミジは色付き始め。

CIMG9323_convert_20161122131015.jpg

本日は距離140.8km、獲得標高2362mでした。

早朝は濃霧でしたが達磨山レストハウスまで登って大正解(^^)

ランチはコンビニおにぎりで適当でしたが富士山を満喫したライドでした。

奥秩父紅葉ライド 中津峡&三峯神社編

CIMG9159_convert_20161119131859.jpg

前回からの続きです。

お次は中津峡での紅葉狩りです。中津峡は埼玉県の紅葉の名所として有名。

見頃の紅葉を眺めながら中津川沿いの県道を下流方面に向かって走ります。

CIMG9141_convert_20161119131822.jpg

今年は何処の紅葉スポットでも例年より色が淡いと聞きますがそれでも綺麗です。

CIMG9144_convert_20161119131834.jpg

この辺りは斜面一面が紅葉していて日の当たり具合でより鮮やかに見えました。

中津峡のガードレールは景観に配慮してなのか茶色に塗装されています。

CIMG9147_convert_20161119131846.jpg

流石に紅葉の名所、中津峡。平日ですが紅葉見物をしている方が結構いました。

真っ赤なモミジも綺麗だけどオレンジ色に染まったモミジも綺麗で好きです。

CIMG9159_convert_20161119131859.jpg
CIMG9161_convert_20161119131913.jpg

途中の道路脇にある東屋で携帯していたコンビニおにぎりでランチにしました。

「滝沢ダム貯水池上流端広場」にある吊り橋。

CIMG9180_convert_20161119131938.jpg
CIMG9182_convert_20161119131950.jpg

中津川に架かる橋を渡り右岸へ。下流側に滝沢ダムがあるので次第にダム湖になります。

右岸側は交通量がほとんど無い道。景色も良いです。

CIMG9193_convert_20161119132003.jpg
CIMG9194_convert_20161119132016.jpg

ススキと真っ赤なモミジ、そしてダム湖。青空と相まってよく映える。

CIMG9196_convert_20161119132029.jpg

R140の橋の下を通過。ダム湖の先に滝沢ダムの堤体が見えてきました。

CIMG9198_convert_20161119132042.jpg

上流側から見た滝沢ダムの堤体。

CIMG9200_convert_20161119132053.jpg

右岸からダムに通じる管理道路のゲートが閉まっていました。。

ダムに行くには来た道を戻って左岸に回り込むか一旦下ってループ橋・廿六木大橋を登るかの二択。

どちらも大回りになるので今回は滝沢ダムはパスしました。

初めてのダムなら大回りしてでも訪問しますが滝沢ダムは何度も行った事があるので。。

CIMG9201_convert_20161119132105.jpg

ダム右岸のこのゲートから次の目的地二瀬ダムは3kmほど。

二瀬ダムに到着。左岸の遊歩道を登ると堤体とダム湖を上から見下ろせます。

CIMG9240_convert_20161119132431.jpg

秩父エリアの4ダム(合角・浦山・滝沢・二瀬ダム)のカードを集めると二瀬ダム管理所で特別カードを貰えます。

こちらが特別カード。縦型の左が旧バージョン、横型の右が新バージョン。

CIMG9257_convert_20161119132512.jpg

二瀬ダムは以前はアーチ式の表記でしたが現在は重力式アーチに型式変更。

なので特別カードの型式表記もA(アーチ)からGA(重力式アーチ)に変更されてます。

この特別カードは右下に通し番号が記載されています。

旧バージョンの配布が始まった8年前、情報入手してすぐに貰いに行ったけど既に21番。

マニアの情報収集能力、恐るべしと思いましたよ(笑)

二瀬ダム周辺はモミジの木が多く見頃で真っ赤なモミジが綺麗でした。

CIMG9206_convert_20161119132118.jpg

二瀬ダムから三峰山を登りパワースポットとして有名な三峯神社を目指します。

登りの途中から奥秩父の山々。登ってきた道とその奥には栃本の集落が見えます。

CIMG9234_convert_20161119132400.jpg

三峯神社の駐車場に到着。車やバイクは駐車料金がかかりますがチャリは無料。

CIMG9212_convert_20161119132131.jpg

本来ならここから大血川林道で反対側に抜けるのが王道なのですが先にも書いた様に災害通行止め中。

ゲート付近に工事関係者が立っていて工事車両が出入りしていました。

なので復旧に向け作業は進行している模様です。

紅葉の大血川林道は素晴らしいのですが今回は仕方が無い、また次回。

駐車場にチャリを置き三峯神社の境内を歩いて散策。

パワースポットの三峯神社は平日でも多くの方が来ていました。

紅葉の季節でもあるし休日は登りの途中の道が渋滞する事もあるそうです。

まぁ、私は平日しか来ないので休日の状態は詳しくは分かりませんが。。

一応、参拝しました。健康、そして金運を願って(^^;

CIMG9214_convert_20161119132144.jpg
CIMG9215_convert_20161119132158.jpg

推定樹齢800年の神木は鎌倉時代の武将、畠山重忠が奉献したと言われています。

CIMG9216_convert_20161119132211.jpg

境内で唯一下界を見下ろせる遥拝殿(ようはいでん)

CIMG9222_convert_20161119132239.jpg

参拝はオマケで境内散策の1番の目的はここからの景色を眺める事だったりします(笑)

CIMG9226_convert_20161119132307.jpg

紅葉した山々の先に秩父の市街地。良い眺めです。

CIMG9220_convert_20161119132224.jpg
CIMG9225_convert_20161119132253.jpg

境内の散策を終え本日のミッションは全て終了。起点の道の駅まで戻ります。

大血川林道が通行止めなので二瀬ダムまで来た道を下り。

見頃で色鮮やかなモミジを眺めながら下ります。

CIMG9231_convert_20161119132345.jpg

二瀬ダムまで下ってきました。天端は道幅が狭いので信号による交互通行。

信号の待ち時間が長めなのでこの写真も信号待ちの間に撮影。

CIMG9236_convert_20161119132417.jpg

道の駅の近くの紅葉も見頃で綺麗です。紅葉と荒川。

下流部の荒川CRを走る方は多いと思いますが上流部もオススメです(^^)

CIMG9249_convert_20161119132446.jpg

本日は距離111.5km、獲得標高2277mでした。


小腹が空いたので道の駅の売店でご当地グルメ、味噌ポテトを購入。

久し振りに食べたけど懐かしかった。(写真は撮り忘れました)

翌日は埼玉で仕事なのでこの日は泊まり。車中泊地の某所に向け移動。

途中で浦山ダムに立ち寄り先月オープンしたダム博物館を見学しました。

ダム博物館でダムマンガのキャラが描かれた記念カードをゲット。

CIMG9256_convert_20161119132458.jpg


最高の天気で奥秩父の紅葉ライドを満喫できました(^^)

広葉樹の多い奥秩父の紅葉は見事ですね。

奥秩父紅葉ライド 林道西秩父線&金山志賀坂線編

CIMG9103_convert_20161119003301.jpg

11月16日のサイクリングの記録です。

今週は埼玉での仕事があったのでついでにサイクリング。

今回は紅葉が見頃を迎えた奥秩父エリアを走りました。

元埼玉県民の私は奥秩父は何度も走った馴染み深いお気に入りのエリア。

色々とネタにされる事も多い埼玉県ですが元県民として埼玉の良さをPRしておきます(笑)


道の駅大滝温泉を起点に八丁峠や中津峡、三峯神社を巡るコース。

見頃の紅葉を眺めながらノンビリライド。もちろんダムにも寄ります(笑)



埼玉でのサイクリングは奥武蔵グリーンラインを走った今年の3月以来。

今日は前半に道路工事の関係でタイムリミットがあります。

八丁峠経由で中津峡に向かう途中の雁掛トンネル~大黒橋が時間帯通行止め。

通行可能な10時~10時30分までに雁掛トンネルに到着しなければいけません。

その時間帯を逃すと次の通行可能な時間は12時~13時。

このエリアの林道は災害による通行止めが頻繁にあります。

ちなみにこの日の時点では中津川林道や大血川林道が通行止めでした。

奥秩父の林道を含めたコースを走る時は事前の道路状況の確認は必須です。

奥秩父エリアの林道、広域農道の情報はこちらで


工事区間を10時頃に通過する様に時間を逆算して出発は日の出前の5時50分。

天気は快晴で文句無し。朝日を浴び赤く照らされた山とその上には満月。

CIMG9031_convert_20161119002910.jpg

最初のチェックポイント、合角ダムに到着して付近を散策。

CIMG9036_collage_convert_20161119002922.jpg

合角ダムから県道を登りそのまま林道西秩父線に入ります。

交通量の少ない林道西秩父線。この日は貸し切り(笑)

熊が出そうな静かな林道を群馬との県境に沿うように走ります。

CIMG9052_convert_20161119002933.jpg

景色が開けた林道西秩父線のハイライト区間に突入。

CIMG9063_convert_20161119002946.jpg
CIMG9070_convert_20161119003000.jpg

周囲の山々も紅葉していて良い眺めです。快晴で気持ち良い!

CIMG9071_convert_20161119003012.jpg
CIMG9072_convert_20161119003025.jpg
CIMG9074_convert_20161119003037.jpg

二子山トンネルから嶺方峠風のアングルで撮影(笑)

CIMG9078_convert_20161119003050.jpg

トンネルを抜けると正面に奥秩父の山々。素晴らしい眺めです。

CIMG9081_convert_20161119003102.jpg
CIMG9083_convert_20161119003116.jpg

一旦下りでR299に合流。6、7月に紫陽花が沢山咲いている辺りで合流します。

R299に合流してから再び登り。二子山を見上げながら登ります。

CIMG9087_convert_20161119003129.jpg

志賀坂トンネルに到着。トンネルを抜けた先は群馬県です。

ここから左の林道金山志賀坂線に入って八丁峠まで登ります。

CIMG9089_convert_20161119003139.jpg

2kmほど登ったこの辺りから林道金山志賀坂線の絶景区間に突入。

CIMG9092_convert_20161119003154.jpg

以前は木に覆われていましたが今は伐採されて遮る物が無く眺望抜群!

先に見える道をこれから登るかと思うとワクワクします。

CIMG9097_convert_20161119003221.jpg
CIMG9098_convert_20161119003234.jpg

奥秩父で手軽に「天空の道」気分を味わえる素晴らしい林道です(^^)

所々で生えているモミジも見頃で色鮮やかでした。

CIMG9096_convert_20161119003208.jpg
CIMG9102_convert_20161119003249.jpg

標高が上がってきていつの間にか二子山と同じ目線の高さに。

CIMG9103_convert_20161119003301.jpg

八丁峠の少し手前辺りから。快晴なので本当に眺めが最高!

CIMG9110_convert_20161119003316.jpg

八丁峠(八丁隧道)に到着。ここから谷側の景色は正面に二子山で絶景です。

CIMG9113_convert_20161119003329.jpg
CIMG9115_convert_20161119003343.jpg

真っ暗で緩やかな登り基調の八丁隧道を抜けると金山志賀坂線の登りのピーク。

CIMG9117_convert_20161119003413.jpg

路面が荒れている所も多いので慎重に下ります。

しばらく下り両神山への登山口を過ぎると秩父鉱山のエリアに出ます。

ここを管理しているニッチツのかつての社宅跡などが残っています。

ここの廃墟群は廃墟マニアにも有名な場所みたいですね。

CIMG9119_convert_20161119003428.jpg
CIMG9120_convert_20161119003441.jpg

一部施設は今でも現役でその為に時々ここを往来するダンプカーがあります。

CIMG9121_convert_20161119003455.jpg

ニッチツ資源開発本部のお隣にある秩父鉱山簡易郵便局。

木造の平屋でレトロな雰囲気が漂ってます。この日は平日なのでもちろん営業中。

CIMG9122_convert_20161119003509.jpg

秩父鉱山周辺の散策を終えた頃に10時になりました。

時間帯通行止め区間はすぐ近く。丁度、通行可能な時間でナイスタイミング。

我ながら時間管理が上手くいったと自画自賛で気分が良い(笑)

独特の雰囲気がある雁掛トンネルを抜けて無事に工事区間を通過しました。

CIMG9125_convert_20161119003523.jpg

工事区間を抜け県道210号(中津川三峰口停車場線)で川沿いを走ります。

途中で彩の国ふれあいの森方面へ行くと有名な中津川林道で三国峠、その先の長野県川上村に抜けられます。

県境の三国峠まで埼玉側からはロングダートの登り。

以前、今回と同じ道の駅大滝温泉を起点に三国峠までMTBで往復した事があります。

三国峠までの中津川林道は私が今まで登った峠の中でも上位クラスの厳しさでした。

やっぱり舗装路の登りとは訳が違う。峠近くの急坂区間が辛かった。。

タイヤが滑りペダルを回しても回してもなかなか前に進みませんでした。

その時の写真。紅葉の時期に行ったけど中津峡では見頃でしたが林道は落葉(^^;

CIMG5933_convert_20161119002843.jpg
CIMG5938_convert_20161119002856.jpg

長野県川上村から登ると標高差も少なく三国峠まで舗装路なので楽みたいです。

尚、この日の時点で中津川林道は先にも書いた様に災害通行止め。

結構、大規模な崩落らしいので復旧に時間がかかるかもしれませんね。


さて、工事区間も無事に通過してこの後は時間を気にしないで走れます。

中津川沿いの県道を快走。この後も紅葉、紅葉のライドでした!

CIMG9127_convert_20161119003535.jpg

続きは中津峡&三峯神社編で。

南伊豆と伊豆横断ライド

CIMG8969_convert_20161112204909.jpg

11月12日のサイクリングの記録です。

秋晴れで自転車日和の週末2日間でしたね。

週末なので県外遠征は避け近場をブラブラとします。

久し振りに南伊豆と西伊豆エリアを走ってきました。

まだ暗い5時15分に出発。相変わらず早い起床、出発です(笑)

スタート後の登りはともかく、さくらの里からの下りは暗くて怖かった。。

今日は伊豆高原~伊豆急下田駅までは輪行で楽をします(^^;

CIMG8931_convert_20161112204528.jpg

伊豆高原を6時9分発、伊豆急下田には6時49分着です。

明るくなってきた海方向の景色を見ながら40分電車に揺られて伊豆急下田駅に到着。

チャリを組み立て駅前のコンビニで補給食とドリンクを購入してからスタートです。



数km走ると海岸沿いに。南伊豆エリアの海は相変わらず綺麗ですね。

伊豆は何処も海が綺麗ですが南伊豆は特に綺麗で美しい。

CIMG8933_convert_20161112204515.jpg

ソリ遊びなどが出来る田牛サンドスキー場。

人工的な物ではなく海からの強風で砂が積み上がった天然の物です。

CIMG8936_convert_20161112204540.jpg

そのお隣にある龍宮窟は波の浸食によって作られた海食洞。

CIMG8940_convert_20161112204553.jpg

上から見るとハートの形になっていて愛のパワースポットらしい。

独身の中年が1人で行く場所では無いかも(笑)でも神秘的な場所ですよ。

CIMG2073_convert_20161112213650.jpg

すぐ近くの田牛海水浴場。白い砂浜と青い海が綺麗。

CIMG8943_convert_20161112204605.jpg

南伊豆町に入るとマラソンのイベントが開催されていて多くの方が走っていました。

写真撮影で道路脇に止まると邪魔になりそうなのでしばらく撮影は無し。

並走している方々も多く追い抜く時は車も来るので気をつかいました。。

少しランナーの隊列が途切れた所でやっと撮影。

CIMG8944_convert_20161112204618.jpg

それで驚いたのがマラソンのコースが石廊崎の先端まで行く様になっていた事。

なので石廊崎も人が途切れる事無く写真も辛うじて人が写らない先端部だけ(^^;

CIMG8945_convert_20161112204630.jpg

こちらは今年1月に行った時の石廊崎の写真。この遊歩道にランナーが沢山いました。

当日はこの位置から人が写らない様に撮影するのは不可能でした。。

CIMG3160_convert_20161113160132.jpg

人が多くて全く落ち着かないけどとりあえず石廊崎からみた景色。

CIMG8946_convert_20161112204642.jpg
CIMG8947_convert_20161112204655.jpg

ユウスゲ公園もランナーの貸し切り状態だったので控え目に下の駐車場で(^^;

CIMG8948_convert_20161112204708.jpg

すぐ近くのあいあい岬からの景色。

CIMG8950_convert_20161112204721.jpg

あいあい岬の先でやっとマラソンの先頭グループの前に出ました。

前に出たら流石に私の巡航速度でも追いつかれる事はあり得ないのでひと安心。

基本的に集団や群れが苦手なのでボッチになって落ち着きました(笑)

しばらく高台を走っていましたが妻良港まで一旦下り。

そしてすぐに登り返しが始まります。妻良港もあっという間に眼下。

CIMG8953_convert_20161112204734.jpg

南伊豆、西伊豆はしばらくこのパターンが続きます。港まで下りまた登りの繰り返し。

走った事がある方はご存知だと思いますが基本的に坂しかない所です(^^;

温暖な南伊豆ですが所々で少し色付いてきました。

CIMG8954_convert_20161112204749.jpg

漁港や海水浴場がある子浦海岸。

CIMG8956_convert_20161112204806.jpg

夕日ケ丘休憩所で簡単に昼食を済ませました。展望台から見た波勝崎。

CIMG8957_convert_20161112204824.jpg

南伊豆町と松崎町の町境がR136マーガレットラインの登りのピーク。

少し下ると前方に富士山の姿が見えてきます。石部の棚田展望台からの眺め。

CIMG8963_convert_20161112204841.jpg
CIMG8964_convert_20161112204855.jpg

雲見まで下ってきました。雲見海岸から牛着岩の背後に富士山。

CIMG8969_convert_20161112204909.jpg

ここからは真冬は南アルプスも綺麗に見えます。今日は少し霞んでいました。

CIMG8975_convert_20161112204925.jpg

雲見からR136は彫刻ラインと名前を変えます。道路脇に夜見ると不気味な白い彫刻(笑)

道は断崖の上で景色は良いです。美しい海岸線や駿河湾越しの富士山を眺めながら走ります。

CIMG8987_convert_20161112204940.jpg
CIMG8990_convert_20161112204955.jpg

走ってきた道を振り返る。断崖の上なので眺望は抜群。

CIMG8993_convert_20161112205008.jpg

海の青さが印象的な岩地温泉の海岸。

CIMG8998_convert_20161112205037.jpg

松崎の街まで彫刻ラインの下り。堂ヶ島が見えてきました。

CIMG9003_convert_20161112205121.jpg
CIMG9000_convert_20161112205053.jpg

松崎のなまこ壁の建物。

CIMG9005_convert_20161112205136.jpg

松崎からは連続峠越えで伊豆半島を横断して伊東まで戻ります。

まずは仁科川沿いの県道を登って仁科峠を目指します。

景色が開けてくると宇久須方面と仁科峠方面との三叉路。

CIMG9009_convert_20161112205149.jpg

仁科峠の手前から。西天城高原牧場の家とその向こうには宇久須の街。

CIMG9010_convert_20161112205204.jpg

仁科峠に到着。残念ながら富士山は雲に隠れてしまった。。

なので展望台へのプチ登山は無し。疲れていたのでホッとした様な複雑な気分(笑)

CIMG9015_convert_20161112205217.jpg

湯ヶ島方面へ下ります。青空で気持ち良い(^^)

CIMG9020_convert_20161112205230.jpg

湯ヶ島はモミジの木が多いのですがまだ色付きが始まったばかり。イチョウは綺麗でした。

CIMG9024_convert_20161112205257.jpg
CIMG9021_convert_20161112205243.jpg

湯ヶ島からはいつもの国士峠&冷川峠を越えて伊東まで戻ってきました。

本日は距離132km、獲得標高2961mでした。(自宅~伊豆高原駅を含む)


南伊豆の海はいつ見ても美しいですね!

私が南伊豆を走るのは冬場なので来春までに何度か走る機会があると思います。

夏場は海水浴客の車も増えるし何よりも海からの照り返しで暑いので避けてます。

まぁ今年は暑い真夏の8月に能登半島を走って灼熱地獄を体験しましたが(^^;


南伊豆エリアは比較的温暖なので真冬のライドにオススメ。空気が澄んで景色も良いし。

しかし強風だと苦行になるので風予報のチェックは怠りなく(笑)

西伊豆スカイラインと葛城山

CIMG8867_convert_20161106211313.jpg

11月6日のサイクリングの記録です。

高気圧に覆われて自転車日和だった週末、近場を走りました。



日の出前の5時20分に出発。相変わらず早い起床、出発です。

暗い中、鹿路庭峠越え。森の中から鹿の駆ける音が聞こえるのも毎度の事。

1年を通して日の出時間から逆算して峠の下りで明るくなる様に出発時間を決めてます。

なので日の長い6月頃などは3時台に出発する時も多いです(^^;

その時は2時台に起床して朝食。早起きも得意だけど起きてすぐ食べられます(笑)

快晴なのでまずは西伊豆スカイラインを目指し達磨山レストハウスに到着。

CIMG8842_convert_20161106211212.jpg

この日は気温が高めだったので快晴だけど若干霞んでました。

それでも美しい富士山が見えたので良かったかな。

CIMG8843_convert_20161106211224.jpg

冬になると空気が澄んで西伊豆スカイラインから富士山を見るにはベストの季節になります。

冬は強風の時が多いけど強風が雲を飛ばし冠雪した富士山が綺麗に見えます。

強風なので苦行になるのは言うまでもありませんが(^^; そして私は風運が悪い(笑)

戸田峠から西伊豆スカイラインに入り絶景区間に突入。早朝で車も少なく快適。

CIMG8850_convert_20161106211236.jpg

いつもの撮影スポットからお約束の写真。

CIMG8852_convert_20161106211247.jpg

肉眼では駿河湾越しに南アルプスが薄っすらと見えましたが写真だと分かりづらい。。

CIMG8872_convert_20161106211324.jpg

快晴の日の西伊豆スカイラインは何度走っても気持ち良い道ですねー。

交通量も少なく日本一の山、富士山を見ながらの極上ライドを満喫(^^)

CIMG8867_convert_20161106211313.jpg
CIMG8873_convert_20161106211337.jpg

今日は仁科峠方面へは行かずに西伊豆スカイラインの最高地点で折り返し。

来た道を一旦戻ります。駿河湾に向かってダウンヒル!

CIMG8859_convert_20161106211300.jpg

達磨山レストハウスの1km先で左折して下ると狩野川記念公園の所に出ます。

ほとんど地元民の車しか通らない道なので交通量は極少。

CIMG8878_convert_20161106211348.jpg

沼津や函南から狩野川CR経由で達磨山に登る場合は修善寺まで行くよりこの道を登った方がショートカット出来ます。

狩野川CRに入りました。ここを走るのは久し振り。貴重な平坦路(笑)

CIMG8879_convert_20161106211400.jpg

平坦路もすぐにお別れ。写真の葛城山山頂を目指します。

CIMG8926_convert_20161106211720.jpg

小坂みかん園の所から激坂の始まり。みかん園はみかん狩りの客が結構来てました。

距離は1kmほどですが200m上昇で平均勾配は20%。

中間辺りで10%位の所があるのでキツい所は25%超だと思います。

ここから激坂の始まり。簡易舗装で横溝が入っている悪路の激坂。

CIMG8882_convert_20161106211412.jpg

みかん狩りを楽しむ家族連れの方々を横目に孤独な苦行(笑)

狩野川やみかん畑もあっという間に眼下に。

CIMG8885_convert_20161106211435.jpg

登りの激坂は乗車でクリアしたけど下りは危険で何か所か押し歩きました(^^;

CIMG8884_convert_20161106211424.jpg

葛城山への登山口に到着。チャリを置きここから山頂まで20分ほど登ります。

CIMG8891_convert_20161106211448.jpg
CIMG8892_convert_20161106211502.jpg

山腹を巻くように登山道を登っていきます。ロープウェイの下を通過。

この伊豆の国パノラマパークのロープウェイに乗れば楽に山頂まで行けますが(^^;

CIMG8895_convert_20161106211515.jpg
CIMG8890_convert_20161107091427.jpg

登山道からは伊豆長岡や大仁の街、狩野川が見下ろせて眺めが良い。

CIMG8897_convert_20161106211530.jpg
CIMG8922_convert_20161106211706.jpg

登山道の途中にある竜神岩。

CIMG8900_convert_20161106211545.jpg

山頂にはアスレチックがあります。遊ぶ子供の声が聞こえてきたら山頂は近い。

CIMG8919_convert_20161106211652.jpg

葛城山山頂に到着。快晴の週末なので結構人がいました。

美しい景色ですがここも真冬はもっと綺麗に見えますよ。

CIMG8904_convert_20161106211559.jpg
CIMG8908_convert_20161106211614.jpg

今回は入りませんでしたが富士山を目の前に「富士見の足湯」があります。

CIMG8910_convert_20161106211627.jpg

「かつらぎ茶寮」のオープンテラス席も目の前に富士山で絶景。

無料の水を2杯ほど飲んで小休止(笑)

CIMG8917_convert_20161106211639.jpg

ロープウェイで来られる場所なので皆さん軽装で山頂からの景色を楽しんでいます。

ちなみにロープウェイの料金は往復1600円。激坂&プチ登山だと無料です(笑)

私もサポートとして参加した狩野川ガイドライドではこの葛城山が含まれたコースもあります。

そのコースではロープウェイに乗りますので安心してご参加下さい(笑)

今年の正月に妹と姪っ子姉妹を連れて来た時は私もロープウェイに乗りました。

CIMG1770_convert_20161106233546.jpg

小休止してから下山。トレッキングシューズなら楽に歩けるのですが。。

修善寺駅前でランチしてから早めの帰宅。久し振りのあじ寿司。

CIMG8927_collage_convert_20161106211732.jpg

本日は距離97.3km、獲得標高2135mでした。

最近天気が安定して晴れる日が多くなってきました。

自転車乗りには嬉しい限りですね。あとは野菜が安くなって欲しい。。

南信州・しらびそ高原ライド

CIMG8729_convert_20161105112839.jpg

11月4日のサイクリングの記録です。

今月最初のライドは再び長野への遠征。

本当は長野北部か安曇野辺りに行きたかったけど今回は自重。。

10月に長野を含めあちこち遠征したので遠征費を抑えました(^^;

同じ長野でも遠征費が比較的安く済む南信州エリアをチョイス。

寒くなってきて高所に登れるのは今年もあと少しですね。

なので標高1900m超のしらびそ高原を含む南信州周回コース。

細かい所は多少違いますが基本的には6月のライドの時と同じルート。




起点の道の駅遠山郷までは車載。安曇野や松本に行くより交通費は安く済むけど
兵越峠を越えて来るのでアクセスは悪い。。

今回はウェアを2組用意してました。ライド前に準備運動を兼ね近くを散歩。

メリノウールの長袖ジャージだと暑いと判断して半袖に長袖インナーの組み合わせにしました。

起点から約5kmのR152は緩やかな登り。しらびそ高原に向け進路を変えるとすぐに急坂。

8~15%ほどの坂を登りあっという間に標高が上がります。

天気の方は完璧で文句無し!ウェアの選択も正解でした。

CIMG8647_convert_20161105112105.jpg

高原ロッジ下栗に到着。ここも眺めが良い所です。

CIMG8654_convert_20161105112118.jpg

下栗の里のビュースポットへ向かう遊歩道。チャリの持ち込みは禁止です。

遊歩道入口周辺は駐車禁止でチャリの駐輪も禁止になっています。

なので手前の駐車場にチャリを置いて歩きます。遊歩道を含め片道1kmほど。

CIMG8655_convert_20161105112133.jpg

ビュースポットから見下ろす下栗の里は絶景。

急斜面に民家や畑が点在し日本のチロルと呼ばれています。

CIMG8666_convert_20161105112534.jpg

凄い所で生活しているなといつも思う。郵便配達や運送屋の方は大変だ。。

急坂、激坂のオンパレードなので凍結したら運転が怖いですね。。

CIMG8664_convert_20161105112520.jpg

散策を終え再び登り。しばらく林の中の急坂ですが勾配が緩くなると景色が開けてきます。

CIMG8672_convert_20161105112546.jpg

伊那山脈の向こうに中央アルプス。薄っすらと冠雪してますね。

CIMG8673_convert_20161105112558.jpg

落葉が始まってますが紅葉を楽しみながらの高原ライドは最高。

CIMG8680_convert_20161105112624.jpg
CIMG8679_convert_20161105112612.jpg
CIMG8681_convert_20161105112637.jpg

東側に見える南アルプスの山々が近くに感じられて気持ちの良い道です。

CIMG8683_convert_20161105112650.jpg
CIMG8687_convert_20161105112701.jpg

御池山隕石クレーターの駐車場は正面に南アルプスの山々。

隕石が落ちた場所なので遮る物が無くて絶景です。逆光で残念ですが(^^;

CIMG8692_convert_20161105112715.jpg

走ってきた道を振り返る。快晴での高原ライドは気持ち良いですねー。

CIMG8697_convert_20161105112728.jpg

ハイランドしらびそが建つ標高1918mのしらびそ高原に到着。

CIMG8733_convert_20161105112857.jpg

輪行を絡めたチャリ旅でハイランドしらびそに宿泊するプランでのルートを組んでから数年。

未だに実現には至ってませんがいつかここに泊まってみたいなぁ。

ホテル東側にある展望台からは南アルプスの大パノラマで絶景です。

CIMG8713_convert_20161105112758.jpg
CIMG8706_convert_20161105112744.jpg

先週MTBで走った林道は南アルプスを挟んで反対側になりますね。

西側は伊那山脈と背後に中央アルプス。そしてこの後に下る道筋が見えます。

CIMG8720_convert_20161105112811.jpg
CIMG8723_convert_20161105112825.jpg

しらびそ高原から少し下ると標高1833mのしらびそ峠。

こちらも南アルプスのパノラマが楽しめる絶景スポットです。

CIMG8742_convert_20161105112910.jpg

冠雪している山は荒川岳と小赤石岳。

CIMG8750_convert_20161105112925.jpg

高い2つの山は兎岳と聖岳。その前に立俣山。

CIMG8751_convert_20161105112940.jpg

絶景で名残惜しいですが前回ライドの6月と違い日が短いのでゆっくりは出来ません。

しらびそ高原への林道は冬季通行止め。次回は残雪の南アルプスが見られる来春ですね。

大鹿村方面への下り。上の方は景色が開けていて紅葉した山々が綺麗です。

CIMG8763_convert_20161105113009.jpg
CIMG8761_convert_20161105112955.jpg
CIMG8769_convert_20161105113025.jpg

下りは激寒!!指先が冷えるのでしらびそ峠からの下りではインナーグローブを着用。

地蔵峠から先は大鹿村に入りR152になります。国道ですが山間部は狭路の酷道区間。

R152の山間部も紅葉は綺麗でした。しかし交通量は皆無で私だけの貸し切り状態(笑)

CIMG8773_convert_20161105113039.jpg
CIMG8777_convert_20161105113054.jpg

小渋川に架かる石橋と山の間から南アルプス。お気に入りの撮影スポット。

CIMG8780_convert_20161105113107.jpg

大鹿村観光協会の売店で休憩を兼ねた昼食を簡単に済ませました。

R152から左折して小渋川沿いの県道へ。数km走ると小渋ダムに到着です。

日没が早くあまり寄り道は出来ませんがダムの散策は外せません(笑)

CIMG8788_collage_convert_20161105113133.jpg

天竜川に架かる橋の上から。天竜川と中央アルプス・木曽駒ヶ岳。

CIMG8802_convert_20161105113145.jpg

天竜川沿いの堤防道路を走ったりしばらく飯田の平坦基調の道を快走して南下。

前回走った6月はTOJの南信州ステージ開催当日だったので途中で観戦のオマケ付きでした。

県道1号線に入るとアップダウンの連続。登りで結構汗をかきました。

後半でこれがあるのでメリノウールのウェアをやめたのですが大正解でした。

8%前後の坂で標高700m超まで登らされ普通に山岳道路の景色です(笑)

途中でガーミン先生推奨の近道で走ったら自分の知ってる道より余計に登らされた。。

CIMG8811_convert_20161105113201.jpg

飯田線・湯田駅の先から県道1号線は天竜川沿いの断崖の上を走ります。

この辺りの紅葉はまだ色付き始めでした。

CIMG8817_convert_20161105113216.jpg

天竜川本流を堰き止める平岡ダム。16門のラジアルゲートと水流で削られて白くなったコンクリートが特徴。天端は通行可でウォーキングコースの一部になってます。

CIMG8834_collage_convert_20161105113239.jpg

遠山川沿いのR418に入って再び南アルプスが見えてくると起点の道の駅まであと少し。

CIMG8836_convert_20161105113258.jpg

本日は距離131.8km、獲得標高2641mでした。

天気も最高で素晴らしい景色を満喫した高原ライドでした!


11月に入り寒くなってきたのでこれからの高所は凍結リスクもありますね。

自転車乗りに人気の山岳ルートは既に早朝は凍結している所もある模様。

2000m超の場所などは11月中旬~下旬に順次冬季閉鎖になりますしね。

私も10月からの遠征で乗鞍(2716m)、渋峠(2172m)、コマクサ峠(2040m)と次第に目的地の標高が低くなってきています。

そして今回のしらびそ高原が標高1918mでした。

伊豆の山はまだ凍結は大丈夫ですが遠征時の道路情報のチェックは必須ですね。

稲取細野高原のススキ

CIMG8556_convert_20161101211010.jpg

10月31日のサイクリングの記録です。

10月最後のライドはススキの名所、稲取の細野高原に行ってきました。

細野高原はお気に入りの場所。今回で今年6回目になります。



日の出前に出発して交通量が少ない時間にR135を走り抜けます。

片瀬白田の辺りで伊豆大島の背後から太陽が昇って日の出です。

CIMG8545_convert_20161101210908.jpg

今月はとにかく山岳コースばっかりだったので海沿いを走るのが新鮮(笑)

まぁ、海沿いを走るのは最初の少しだけで後はほとんど山ですが・・(^^;

CIMG8538_convert_20161101210856.jpg

こちらのお店の先でR135から逸れて山方面へ進路を変えます。

稲取は金目鯛で有名ですよね。しかし私の場合は稲取=細野高原です(笑)

CIMG8546_convert_20161101210919.jpg

山方面へ進路を変えるとすぐに激坂がお出迎え。その後も急坂が続きます。

後半で連続峠越えが控えているので無理しないでノンビリと登り脚を温存。

激坂、急坂を登って景色が開けた場所に出ると細野高原に到着です。

CIMG8550_convert_20161101210933.jpg
CIMG8551_convert_20161101210945.jpg

ここはススキの名所。同じく名所の箱根仙石原の7倍の面積のススキ野原。

9月に来た時はまだ青々とした景色でした。秋を実感しますねー。

CIMG8554_convert_20161101210958.jpg
CIMG8556_convert_20161101211010.jpg

ススキのイベント期間中は入山料(600円)がかかります。

私は毎回、早朝に来るので入山料を払った事はありません(^^;

ススキ野原の中を走る狭路の激坂を登って三筋山を目指します。

CIMG8564_convert_20161101220735.jpg
CIMG8567_convert_20161101211022.jpg

20%前後の激坂ですが遮る物が無く景色は抜群。

CIMG8573_convert_20161101211034.jpg
CIMG8571_convert_20161102163509.jpg
CIMG8576_convert_20161101220749.jpg

三筋山山頂下の駐車場からはチャリを置き登山道の階段を登り山頂を目指します。

景色が良く登りの途中にも展望ポイントがあったりして歩くのも苦にならない。

CIMG8582_convert_20161101211058.jpgCIMG8586_convert_20161101211109.jpg

三筋山山頂に到着。相変わらず良い所だ(^^)

CIMG8588_convert_20161101211120.jpg

早朝に来ると人がいなくて静かなのは良いのですが海側の写真が逆光になるのが難点。。

CIMG8591_convert_20161101211132.jpg

逆光&少し雲がかかっていますが伊豆大島の三原山が見えます。

CIMG8595_convert_20161101211157.jpg

草原の先に稲取の漁港。逆光だと私の腕とカメラの性能ではこれが限界(^^;

CIMG8604_convert_20161101211222.jpg

東方向は万二郎岳や万三郎岳など天城連山。

CIMG8599_convert_20161102163531.jpg

北側は尾根沿いに建ち並ぶ巨大風車。

CIMG8592_convert_20161101211143.jpg

写真だと伝わりづらいですね。1月に行った時に撮った動画で雰囲気が伝われば。。

三筋山山頂動画

チャリで登るのは少数派だけどバイクの方々の走行動画はネットにアップされてますね。

草原の中の狭路はバイクの走行動画だと雰囲気がよく伝わると思います。

登りは激坂で大変だけど下りもブレーキがキツい。。開放感は抜群ですが。

CIMG8608_convert_20161101211235.jpg
CIMG8609_convert_20161101211248.jpg

細野高原はそれぞれの季節で来た事あるけどススキの季節はやっぱり綺麗ですね。

少しピークを過ぎた感じもしましたがススキ野原の細野高原を満喫できました(^^)

CIMG8611_convert_20161101211303.jpg
CIMG8614_convert_20161101211316.jpg

細野高原を満喫したので本日の目的はほとんど終了(笑)

後は淡々とペダルを回し帰るだけ。まずはループ橋経由で天城越え。

CIMG8627_convert_20161101211329.jpg

登りのピーク新天城トンネルを越えて道の駅天城越えでボトルに給水。

CIMG8628_convert_20161101211343.jpg

お次は連続峠越え。国士峠と鹿路庭峠を越えて伊東市に入りました。

CIMG8633_convert_20161101211356.jpg

大室山の斜面もススキが一面に広がって秋らしい景色になりました。

CIMG8637_convert_20161101211408.jpg
CIMG8640_convert_20161101211421.jpg

Kissa teramo'sさんに立ち寄ってランチ。まかない定食の味噌カツ丼。

ママさんや顔馴染みのお客さんと話したりして2時間ほど滞在しました。

CIMG8642_collage_convert_20161101211433.jpg

本日は距離99.1km、獲得標高2683mでした。

細野高原はススキの名所ですが絶景なので1年を通していつでもオススメです(^^)


10月のまとめ。

10月の合計は距離1034.9km、獲得標高23057mでした。

1000km以上走って20000m以上登ったのも4月以来かな。

距離はともかく10月は山岳コースが多く坂道しか走ってない印象(笑)

でも県外遠征で絶景ライドを満喫して大満足&内容の濃い10月でした。

特に台風一過の抜群のコンディションで走った乗鞍は最高でした(^^)

CIMG7465_convert_20161009085419.jpg

その他にも渋峠、毛無峠、鹿沢高原、コマクサ峠、清里、瑞牆山、大井川上流部などなど。

絶景や紅葉を満喫できました。ほとんどが晴天でのライドで良かった!

9月の長雨の影響で10月の遠征が過密になったのですが本当にあちこち行きました。

まぁ、同世代の方々と比べて家庭も肩書きも無く自由な身というのもありますね。。

チャリに乗る時間を確保するというハードルは低い・・というか無いに等しい(笑)


今年もあっという間に残り2か月。寒い季節に突入ですがチャリを楽しみます!


«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果