2017-02

Latest Entries

脚休めの散歩 天城縦走路

IMG_2486_convert_20170228143318.jpg

2月26日(日)、前日は急坂&激坂の多いルートを走り疲れが残っていたのでチャリは脚休め。

GPV気象予報を見ると午前中の早い時間帯は雲も少なく天気も良さそう。

なので散歩を兼ねて伊豆半島最高峰の万三郎岳まで山歩きをしました。


この日は南伊豆・西伊豆エリアで第3回南伊豆グランフォンドが開催されました。

ご存じの方も多いと思いますが仁科峠からの下りで重大事故が発生した為、途中で中止という結果に。。

事故の当事者はもちろん、遠方から参加された方々にとっても残念な結果ですね。。

事故に遭われた方の回復を願うと共に自分も気を付けようと思いました。

イベントやレースに参加しない私は時間制限やタイムは全く関係無いのでノンビリライドが基本。

私は車通りが少なくて路面も悪く、野生動物の飛び出しも多い所を走る事が多いのでいつも慎重に下っていますが事故のニュースを見る度に気が引き締まります。

趣味の自転車。安全に楽しく走りたいですね。



6時に家を出て車で天城高原の駐車場に向かいます。早朝だけど路面凍結も無し。

ちなみに自宅周辺が急坂だらけなので冬場はスタッドレスタイヤに換装しています。

駐車場に着いて軽くストレッチをしてから天城縦走路に入り山歩きの開始。

IMG_2458_convert_20170228143057.jpg

天城縦走路の案内図はこちらで。

前日の疲れと午後から曇り予報なので今日は万三郎岳で折り返すショートコース。

雪も残り早朝なので路面は霜で凍っています。滑りますが凍っているので靴が泥だらけになる事は無かった。

IMG_2459_convert_20170228143109.jpg

早朝ですが寒さはそれほど厳しくない。急な岩場の登りでは汗かきました。

標高1299mの万二郎岳山頂に到着。

昨年の12月7日はチャリ同伴で登ったので時間かかったけど今日は荷物が無いので早い(笑)

IMG_2461_convert_20170228143133.jpg

前日のライドで登った箒木山への登山道は崩落で通行止め。

案内標識や登山道を示す虎ロープはまだ残っていますが。。

IMG_2460_convert_20170228143120.jpg

昨年の12月7日は試しにMTBで少し進んでみましたがチャリを抱えて下れる道では無かった。。

箒木山まで距離は僅かですが標高差約280mなので急斜面です。

万二郎岳からの景色。三筋山と尾根沿いに建ち並ぶ風車。そして魔境・天城ハイランド。

IMG_2464_convert_20170228143146.jpg

これから向かう万三郎岳。万二郎岳から鞍部まで下り登り返しになります。

IMG_2468_convert_20170228143200.jpg

馬の背はその鞍部になる場所。時間の経過と共に雲が増えてきたけど眺めが良いです。

三筋山や細野高原、天城ハイランドが眼下に。その向こうは下田の海岸線。

IMG_2471_convert_20170228143225.jpg

こちらは三筋山の山頂から見た天城連山。中央辺りが現在地の馬の背になります。

IMG_1490_convert_20170228104414.jpg

反対側の景色は遠笠山や天城高原ゴルフ場。

IMG_2477_convert_20170228143237.jpg

この辺りからは富士山も見えるのですが木々が邪魔になり撮影が難しい。。

馬の背から少し進むとアセビのトンネル。

IMG_2482_convert_20170228143252.jpg

ブナやヒメシャラが群生している森の中を歩くのは気持ち良い。

万三郎岳に向け標高が上がってくると路面の雪も多くなってきました。

IMG_2485_convert_20170228143305.jpg
IMG_2486_convert_20170228143318.jpg

伊豆半島最高峰の万三郎岳に到着。標高1405.3m。

IMG_2488_convert_20170228143331.jpg

百名山の1つ、天城山。その最高峰の万三郎岳山頂には一等三角点。

IMG_2490_convert_20170228143344.jpg

山頂周辺から見た富士山。時間の経過と共に富士山も雲隠れした1日でしたが朝は綺麗に見えていました。

IMG_2497_convert_20170228143413.jpg
IMG_2491_convert_20170228143359.jpg

万三郎岳から天城縦走路を進むと八丁池や天城峠に行けますが今日はここから下山。

八丁池は山奥にある神秘的な池。紅葉の時期が綺麗ですが池が全面凍結する真冬もオススメ。

こちらは1月17日のライドで細野高原から天城三筋山遊歩道で行った時の八丁池。

全面凍結した八丁池の姿を拝む事が出来ました。

IMG_1127_convert_20170118143157.jpg

天城三筋山遊歩道の案内図はこちらで。

天城高原駐車場までの帰りは山腹で迂回するシャクナゲコース。

予報通り次第に雲に覆われてきたので寒くなってきました。

IMG_2502_convert_20170228143426.jpg

駐車場に到着して本日のお散歩が終了。午後はチャリのメンテや部屋の掃除をしてました。


月末なので今月のまとめ。

2月の合計は距離570.8km、獲得標高15549mでした。距離が相変わらず少ない。。


寒い2月ですが細野高原や河津桜見物、伊豆大島1泊旅行など絶景を満喫しました。

いずのすけさんとの合同ライドや箒木山ではHAOさんとのミラクルな出会いなど充実した2月でした!


3月以降、暖かくなってきたら遠征ライドも増えると思います。

コースはいくつか用意してあるので後は天気や路面状況を見ながら実行するだけ。

そして事故にはくれぐれも気を付けてサイクリングを楽しみたいと思います。



スポンサーサイト

東伊豆の四天王に登る

IMG_2369_convert_20170225194157.jpg

今日は東伊豆町でのライド。

東伊豆町は山側に向かう道は何処も急坂&激坂。

その中でも三筋山・天城ハイランド・箒木山・霊友会弥勒山が四天王。

本日は四天王の中で天城ハイランドを除いた3つに登ります。

魔境・天城ハイランドはキツいので・・・(^^;

そして今日は東伊豆の山奥でミラクルな出会いがありました!!



自宅を日の出前に出発。まだ空いてる早朝のR135を走って東伊豆町へ。

四天王を西側から順に攻略していきます。まずは三筋山へ。

稲取から山側に進路を変えるとすぐに急坂。アニマルキングダムまでの登りがキツい。。

細野高原に到着。今年早くも4回目。今月だけで3回も来ている(笑)

IMG_2370_convert_20170225194209.jpg

伊東の大室山と同様に先週山焼きが行われたので山全体が黒いですね。

この色の細野高原・三筋山が見られるのはこの時期だけ。

これが4月になると鮮やかな緑色の草原になります。(昨年4月に撮影)

CIMG3906_convert_20160430164825.jpg

フォレスターのCM「流星群篇」で前半の道は西伊豆スカイライン。

そして後半の草原が細野高原。ちょうどこの辺りですね。

IMG_2371_convert_20170225194222.jpg

激坂を登って三筋山山頂下の駐車場に到着。

IMG_2381_convert_20170225194235.jpg

遊歩道を登り三筋山の山頂へ。開放感抜群で相変わらずの絶景です。

IMG_2395_convert_20170225194313.jpg
IMG_2390_convert_20170225194302.jpg

時間の経過と共に天城連山に雲が集まってきました。

天城連山の手前の山腹に建つ別荘地が魔境・天城ハイランド。

IMG_2388_convert_20170225194249.jpg

伊豆半島最高峰の万三郎岳は山頂部が白くなっていますね。

IMG_2403_convert_20170225194338.jpg

山頂での景色を満喫したので下山します。激坂下りはブレーキが疲れる。。

IMG_2402_convert_20170225194325.jpg
IMG_2407_convert_20170225194352.jpg

山全体が黒っぽいので大蛇の道が強調されて良いアクセントになってますね。

IMG_2408_convert_20170225194406.jpg
IMG_2412_convert_20170225194418.jpg

お次は浅間山経由で稲取高原へ。浅間山山頂からは眼下に白田の街と稲取高原。

先週山焼きが行われ黒くなった大室山の姿も見えます。

IMG_2417_convert_20170225194433.jpg
IMG_2418_convert_20170225194446.jpg

稲取高原に到着。相変わらず人が居ない(笑)

IMG_2425_convert_20170225194511.jpg
IMG_2426_convert_20170225194525.jpg

稲取高原から見た三筋山。

IMG_2424_convert_20170225194500.jpg

稲取高原から白田川に架かる橋までは下り。

白田川沿いの道を山側に向かって進むと魔境・天城ハイランド。

昨年12月24日にはシラヌタの池に行く為に登りましたが今日は行きません。

それにしてもクリスマスイヴに魔境にGOとは・・(^^;

魔境への道やシラヌタの池はよく拝見しているyosseeさんのモトブログで動画を見られます。

私は魔境への登りがキツくて写真を撮る余裕があまり無かった・・(^^;


さて魔境はパスして熱川方面に向かって登り。山側へ進路を変え四天王の1つ、箒木山へ。

山側へ進路を変えた地点から箒木山登山口までは6kmで平均勾配9.5%になります。

2月4日に登った時は伊豆大川から登りましたが今日は熱川側から。

ちなみに伊豆大川から登ると距離7kmで平均勾配10%になります。

どちらから登っても序盤の斜度がキツめです。そして車や人に会う事はほとんど無い(笑)

そんな場所ですが登山口の手前、林道大川小溝線との合流地点で自転車の方が!

車もほとんど通らない場所。もちろん、ここで自転車の方と会うのは初めて。

そして何と・・!よくブログを拝見して色々と参考にさせて頂いてるHAOさんでした!!!

しかしこんな山奥のマイナースポットで・・。お互い物好きですね(笑)

HAOさんは今日はMTB。東京から伊豆大川駅まで輪行してきたそうです。

ブロックタイヤで大川から7km、平均勾配10%を登って来られたので疲れたでしょう(^^;


取りあえずこの場所で一緒になったという事は目的地は同じく箒木山の山頂。

山頂まで2.3kmで280mほど標高を上げます。道中は簡易舗装とダートが半々。

天城連山周辺は雲に覆われてきて山の上の方はこんな感じ。。

IMG_2433_convert_20170225194537.jpg

前回登った時の様な天気だったら海や三筋山が見渡せて絶景なのですが残念。

私はともかく東京から来られたHAOさんにここからの絶景を堪能して頂きたかったなぁ。。

山頂からも天城連山が目の前で絶景なんですけど残念。。

IMG_2435_convert_20170225194551.jpg

今日は残念でしたがHAOさん、また機会がありましたらリベンジにお越し下さい!

この後はHAOさんはダート林道と風車沿いの道を走って三筋山に抜けるとの事。

その為のMTBでしたか。流石、HAOさん。面白いコースプランニングですね。

海側の方は雲がかかってないので三筋山からの景色は大丈夫でしょう。

私は伊豆大川へ下るのでHAOさんとは箒木山登山口でお別れ。

楽しい時間を過ごさせて頂きました!HAOさん、ありがとうございました(^^)


急坂を下ってお次は四天王で一番東側に位置する霊友会弥勒山(みろくさん)への登り。

箒木山から下ってきた林道合流のこの地点から登りの開始です。

IMG_2436_convert_20170225194606.jpg

この地点から霊友会弥勒山へは距離6.3km、平均勾配11.4%になります。

三筋山の様な超激坂は無いけどタフな登り。三筋山と箒木山に登った後なのでキツい。。

トータルで比べると四天王の中では2番目にキツい。もちろんトップは魔境(笑)

弥勒山は夏などに霊友会の会員が泊まりで修行的な事をする場所らしいです。

その為の送迎バスなどが通るので道は綺麗なアスファルト舗装で二車線道路。

霊友会の集まりが無い時は交通量は皆無で安心して登れます。疲れるけど。。

ゲートがある地点がゴール。人の気配が無いので鹿が沢山徘徊しています(^^;

IMG_2440_convert_20170225194632.jpg
IMG_2438_convert_20170225194620.jpg

ここから霊友会の施設を挟んで天城高原は距離的にすぐ近く。

ここを通り抜けられたらルートの幅が広がるのですが。。

標高は850m超なので三筋山よりも高い。熱川の街を見下ろせます。

IMG_2442_convert_20170225194645.jpg

ここで折り返して下ります。綺麗なアスファルト舗装なので下りが楽です。

三筋山や魔境は悪路なので下りも拷問レベルですからね(笑)

IMG_2448_convert_20170225194659.jpg

伊豆大川からはいつも通り車が少ない旧道で伊東へ帰ります。

IMG_2451_convert_20170225194712.jpg

R135や伊豆急行よりも高台を走るので眺めが良い。海側は青空ですねー。

IMG_2454_convert_20170225194726.jpg
IMG_2456_convert_20170225194740.jpg

最後の伊豆高原の急坂を登って無事に帰宅。

本日は距離85.7km、獲得標高3311mでした。

急坂、激坂が多いので距離は伸びないけど上昇量はガンガン増えて疲れました。。


今日は距離や獲得標高よりもHAOさんにお会い出来た事が最大の成果でした(^^)



西伊豆スカイラインと大室山山焼き

IMG_2357_convert_20170219144827.jpg

降雪の影響で順延になった大室山の山焼きが19日に行われました。

ちなみに細野高原の山焼きも1日順延されて同じ19日に開催。

細野高原は山焼き当日は入山禁止になります。

なので天城ハイランドか箒木山に登って見学しようかと考えていました。

しかし大室山と日程が重なってしまい細野高原の山焼きは断念しました。。


18日(土)は西伊豆スカイラインや中伊豆を走りました。



いつも通り日の出前に出発。前日が春先の様な気温だった為に鹿路庭峠の凍結も無し。

7時30分に達磨山レストハウスに到着。まだ早い時間なので誰も居ない。

6174587696_IMG_2311_convert_20170219144458.jpg

この日の日中は曇り予報。薄雲が多いけど富士山は見えていました。

6174587696_IMG_2312_convert_20170219144509.jpg
6174587696_IMG_2314_convert_20170219144520.jpg

戸田峠から西伊豆スカイラインに入っていつもの撮影スポットから。

西伊豆スカイラインを走るのは正月以来なので久し振りになります。

6174587696_IMG_2318_convert_20170219144536.jpg

相変わらず交通量が少ない西伊豆スカイライン。今日は風も弱めで走りやすい。

6174587696_IMG_2319_convert_20170219144549.jpg
6174587696_IMG_2321_convert_20170219144604.jpg

船原峠から先は西天城高原線。今日は風早峠の手前からショートカットで下山。

明徳観光センターで草餅休憩。こちらも正月以来で久し振り。

IMG_2323_convert_20170219144642.jpg

河津桜が見頃なのでR414は河津方面に向かう車が多かったです。

なるべくR414を避け裏道を走りました。湯ヶ島からは国士峠越え。

国士峠から下り原保からは再び登って丸野高原に到着。

以前はここに日帰り温泉の万天の湯がありました。

6174587696_IMG_2332_convert_20170219144629.jpg

雲が少なければ富士山が綺麗に見えるのですが。。

6174587696_IMG_2330_convert_20170219144616.jpg

丸野高原から別荘地・伊豆平 パールタウン経由で冷川方面に下り。

下りの途中、別荘地内におはなベーカリーがあります。

パンの他にモーニングやランチもやっているカフェ。

パンは「大見の郷 季多楽」や「農の駅伊豆」にも出品している模様。

今回は立ち寄りませんでしたが次回は行ってみようと思います。

ランチは冷川のバニラビーンズさんで。食後にケーキもいただきました。

IMG_2334_collage_convert_20170219144655.jpg

ランチ後は冷川峠を越えて早めの帰宅。

本日は距離105.3km、獲得標高2569mでした。


翌19日は大室山の山焼き。当日の周辺道路は見物客の車で大渋滞。

なのでチャリが最強の移動手段だと思います。

山焼き当日はシャボテン公園に向かう道路脇の植え込みが解放されています。

IMG_2335_convert_20170219144708.jpg

山焼き前の大室山。現在、山頂部の工事の為に資材運搬用の軌道が設置されています。

IMG_2337_convert_20170219144721.jpg

全山焼きの点火は正午。リフトに燃え移らない様にリフト脇をその前に焼きます。

IMG_2342_convert_20170219144747.jpg
IMG_2341_convert_20170219144734.jpg

正午になり花火の合図と共に点火。

IMG_2345_convert_20170219144801.jpg

炎が勢いを増しながら山の斜面を駆け上がっていきます。

IMG_2354_convert_20170219144814.jpg

中腹辺りからは勢いも強まり焼く面積も狭くなるので一気に山頂部に達します。

離れたこの位置でも炎の熱を感じられて大迫力!炎の列が山頂に迫る。

IMG_2357_convert_20170219144827.jpg

あっという間に山頂部に到達しました。

IMG_2361_convert_20170219144839.jpg

山焼きが終わった直後から帰る車で道路は大混雑します。

しかし歩道を押し歩く事も可能なチャリには渋滞も関係無し。

近くの大室高原でランチしてから人が居なくなったさくらの里へ。

黒焦げになった大室山。4月になると綺麗な緑色になります。

IMG_2363_convert_20170219144857.jpg

さくらの里は色々な種類の桜を楽しめます。寒桜が咲いていました。

IMG_2366_convert_20170219144910.jpg

まだ寒い日が多いけど山焼きが終わると春の訪れを感じます。

日も徐々に長くなってきたので自転車乗りには嬉しい限りですね。

同時にスギ花粉が始まるという要らぬオマケ付きなんですが・・(^^;


河津桜と細野高原&稲取高原

IMG_2186_convert_20170215160242.jpg

例年より早く見頃を迎えた河津桜見物を兼ねたライドに行ってきました。

河津桜まつり期間中は多くの見物客で平日でも混雑します。

人混みが大嫌いな私。なので空いてる平日の早朝に突撃です(笑)


出発は日の出時刻より1時間以上早い5時20分。当然、暗いし寒い!

まぁ人混みの中で見物するよりは寒さに耐える方がマシです。。



早朝は車も少ないので素直にR135を走って河津に向かいます。

稲取を過ぎ河津町に入るとR135沿いにも所々で見頃の河津桜。

淡々とR135を走って日の出時刻の6時30分に河津に到着。

太陽がもう少し高くなって河津川沿いに日が当たるまで小休止。

やっぱり日が当たっている方が見栄えが良いですからね。

日が当たってきたので散策開始。桜のトンネルも早朝なのでまだ人は少ない。

IMG_2200_convert_20170215160309.jpg

完全に満開状態だと同時に葉っぱも目立ってくるので今週が見頃だと思います。

河津桜のピンク色は濃いので見栄えが良いですねー。

IMG_2164_collage_convert_20170215160152.jpg

日中だと混雑してチャリを押し歩くのも無理ですが早朝は余裕で乗車移動が可能。

IMG_2199_convert_20170215160255.jpg

やっぱり河津桜見物は早朝に限りますね。人が居ないので撮影も気兼ねなく出来ます。

その代わり露店とかまだ開いてないので何か買って食べるとかは出来ませんが。。

空いてる状態で河津桜見物が出来れば良いので「食」は二の次・・(笑)

IMG_2162_convert_20170215160140.jpg

河津川沿いの遊歩道には両岸に無料の足湯があります。

IMG_2185_convert_20170215160229.jpg

橋の上から上流側の眺めは川沿いに河津桜が続いていて見事です。

IMG_2186_convert_20170215160242.jpg

川沿いには菜の花も沢山咲いてます。ピンクと黄色のコントラストが良いですね。

IMG_2180_convert_20170215160216.jpg

河原から見上げる河津桜も綺麗で見事です。今日は青空で良かった!

IMG_2169_convert_20170215160203.jpg
IMG_2178_convert_20170216092346.jpg

遊歩道から少し離れた道路沿いに河津桜の原木があります。

IMG_2217_convert_20170215160321.jpg
IMG_2218_convert_20170215160334.jpg

河津桜を満喫したので人が増える前に退散しますか。

交通量の多いR135には出ないで山越えルートでお隣の東伊豆町稲取へ。

稲取と言ったら行き先はあの場所・・今年早くも3回目の細野高原(笑)

IMG_2221_convert_20170215160346.jpg

河津は時間の経過と共に人が増えてきましたがここは通常運転で誰も居ない(^^;

IMG_2223_convert_20170215160359.jpg

激坂を登って山頂下の駐車場に到着。雲が増えてきたけど相変わらずの絶景。

IMG_2230_convert_20170215160411.jpg

遊歩道を登り三筋山山頂に到着。

IMG_2248_convert_20170215160423.jpg

この辺りも雪が降ったみたいですね。所々で雪が残っていました。

やっぱり三筋山は最高ですね。何度も来てしまいます。道中は悪路で激坂ですが(^^;

IMG_2254_convert_20170215160436.jpg

山頂から少し下った所にも眺めの良い展望スポットがあります。

IMG_2265_convert_20170215160503.jpg

稲取ゴルフ場の向こうに浅間山(せんげんさん)と3基の風車が建つ稲取高原。

そして海の向こうには伊豆大島。下山して次は浅間山の山頂を目指します。

IMG_2266_convert_20170215160515.jpg

激坂の下り。絶景ですがブレーキレバーを握る指が疲れます。。

IMG_2273_convert_20170215160529.jpg
IMG_2277_convert_20170215160542.jpg

今日も楽しませてもらいました、細野高原&三筋山。またすぐ来ると思いますが(笑)

IMG_2279_convert_20170215160556.jpg

細野高原を出てから再び登り。浅間山に向かって激坂を登りきると舗装路が終了。

IMG_2280_convert_20170215160610.jpg

道路脇の階段を上ると浅間山の山頂です。山頂から見た伊豆高原と大室山。

IMG_2283_convert_20170215160622.jpg

3基の風車が建っている所が稲取高原。お次はあそこまで下ります。

IMG_2284_convert_20170215160635.jpg

ここからダートを600m進みます。途中で2箇所、階段の担ぎ有り。

IMG_2289_convert_20170215160649.jpg

稲取高原に到着。伊豆諸島もよく見えて眺めが良い所。細野高原と同様に人は少ない。

IMG_2290_convert_20170215160702.jpg
IMG_2294_convert_20170215160715.jpg

稲取高原から見た三筋山と浅間山。

IMG_2298_convert_20170215160748.jpg

河津桜や絶景を満喫したので早めに帰ります。R135を避け裏道&旧道。

帰りの道中も見頃の河津桜が目を楽しませてくれます。

IMG_2304_convert_20170215160801.jpg

伊豆大川駅は無人駅。改札外の待合室に自販機&ゴミ箱。外には綺麗なトイレ。

駅前には無料の足湯があるのでよく休憩で立ち寄っています。

足湯に浸かりながら食べるコンビニおにぎりはウマい(笑)

IMG_2309_convert_20170215160816.jpg

足湯で少し疲れが取れました。最後の伊豆高原の急坂を登って早めの帰宅。

本日は距離83.3km、獲得標高2131mでした。


見頃だった河津桜。晴天だったので綺麗で見事でした!

昨年と比べると見頃が早いので月末などに予定されている方は早めた方が良いかも。

あと私の様に平日に休める方は平日の早朝がオススメです。


伊東八景巡り・おもてなしライド

IMG_2110_convert_20170213145217.jpg

2月12日(日)の大室山山焼きは残雪で順延になりました。

毎年降雪の影響で順延されますね。19日の開催は大丈夫かな?

いずのすけさんと合流して山焼きを見物する予定だったのですが。。

山焼きは順延になりましたが伊東や伊豆高原を一緒に走る事にしました。

今回は私が案内役。7時に出発して待ち合わせ場所に向かいます。

いつもの鹿路庭峠ルートは路面凍結で危険なので今日は冷川峠越えで。

奥野ダムでは河津桜やロウバイが見頃になっていました。

IMG_2073_convert_20170213144933.jpg

奥野ダムから登って県道59号線に合流。そのまま冷川峠を越えて伊豆市側に下り。

下った先の冷川でいずのすけさんと合流。今度は2人で冷川峠を越えて伊東まで下り。

今日は普段私が散歩ライドでよく走っているルートへいずのすけさんをご案内。

海・山・川・湖の景観を楽しめる「伊東八景」のスポットを巡るコースです。

今回はその伊東八景のうち巣雲山と小室山以外の6箇所に行く予定。

まずは1つ目の松川。対岸には東海館。松川遊歩道の代表的な場所。

IMG_2077_convert_20170213144951.jpg

下流に向かって進むとすぐに海。こちらは八景の2つ目、オレンジビーチ。

IMG_2081_convert_20170213145004.jpg

松川沿いや海沿いで貴重な平坦路を堪能(笑)この先、平坦路はほとんどありません(^^;

R135から海沿いの旧道に入って八景の3つ目、汐吹海岸。

波が高い日はこの場所は濡れてしまいます。今日は波風も穏やか。

IMG_2085_convert_20170213145015.jpg

川奈のいるか浜から急坂で一気に高台へ。その後もしばらくアップダウンが続きます。

道中は所々で見頃の河津桜。立派な木で見栄えが良いですね。

IMG_2089_convert_20170213145026.jpg

アップダウンを繰り返して八景の4つ目、城ケ崎海岸に到着。

普段の散歩では早朝に来るので人がいませんが10時過ぎなので観光客が結構居ました。

IMG_2091_convert_20170213145039.jpg

近くの天然酵母パンのアンダンテさんでパンを購入して休憩タイム。

お次は伊東八景には入っていませんが私のお気に入り海岸スポットへご案内。

対島川沿いの遊歩道を下流に向かって進み対島の滝。

川の水が海に直接流れ落ちる滝です。今日は水量は少なめでした。

IMG_2092_convert_20170213145052.jpg

遊歩道から断崖を下って海岸に降りられます。岩場の下りは滑るので注意。

以前、私は滑って尻を強打して悶絶しました(^^; 頭を打たなくて良かった。。

今日はサイクルシューズなので慎重に下りました。

下ると柱状節理の岩場。背後は断崖で目の前は大海原が広がっています。

IMG_2101_convert_20170213145139.jpg

こちらは天然のプール大淀・小淀。その向こうには先週行った伊豆大島。

IMG_2100_convert_20170213145128.jpg

伊豆大島にも雪が降り三原山の山頂部にも雪が積もっていますね。

IMG_2098_convert_20170213145105.jpg

この辺りは海が青くて綺麗。切り立った断崖の上に橋立吊橋が架かっています。

IMG_2095_convert_20170213145117.jpg

橋立吊橋の長さは60mで有名な城ケ崎の門脇吊橋より12m長い。

IMG_2104_convert_20170213145152.jpg

この辺りまで城ヶ崎海岸の一部なので正確にはここも伊東八景なんですけどね。

門脇吊橋があるエリアと比べてマイナーですがオススメの穴場スポットです。

いずのすけさんは全く初めてという事だったのでご案内できて良かったかな。

さてアップダウンの海岸線はここまで。この先はしばらくアップのみ(笑)

車の少ない別荘地内の道を登ります。この辺りは急坂が基本形。

急坂を登り別荘地内にある「麺匠まゆ美」さんでランチタイム。

IMG_2107_convert_20170213145204.jpg

ランチ休憩後は再び登り。食べてすぐの登りはキツいですね(^^;

さくらの里まで登ってきました。八景の5つ目、大室山が目の前です。

IMG_2110_convert_20170213145217.jpg

写真だと乾いて山焼きができそうですが山頂部とリフトの下に雪が残っています。

さくらの里から今度は急坂を下って本日最後の八景は伊豆の瞳と呼ばれる一碧湖。

IMG_2111_convert_20170213145230.jpg

お次は奥野ダムへ。伊東八景の松川を堰き止めているので正確には八景の一部ですね。

朝から順に川・海・山・湖・ダム湖とフルコースでご案内できました(^^)

IMG_2115_convert_20170213145243.jpg

私は入手済みですがいずのすけさんは持って無いとの事で管理所アタックしてダムカードを貰いました。

バージョンアップしていました。上が以前貰ったVer.1.0下が今回貰ったVer.2.0

IMG_2121_convert_20170213145314.jpg

写真の時期が違うだけでアングルは同じ。

平成26年から管理用小水力発電を運用しているので裏面にその事が追記されてました。

とりあえず今年初、新規のカードゲットですね。通算137枚目。

奥野ダムから朝と同じルートで登り冷川峠までお見送り。

IMG_2116_convert_20170213145257.jpg

市境にもなる冷川峠で別れてお互いに帰路へ。

本日は距離79.4km、獲得標高1811mでした。


いずのすけさん、1日ありがとうございました&お疲れ様でした!

またこの辺りを走る時はルート選択と案内は任せて下さい(^^)


19日の山焼きは無事に開催されるかな?




伊豆大島への旅 2日目

IMG_1998_convert_20170211124537.jpg

前回からの続きです。

伊豆大島2日目。本日は岡田港から13時40分発の船で伊東に帰ります。

神津島でもそうでしたが当日の朝に発着港が発表されるので確認が必要。

起床して温泉へ。早朝なので露天風呂に入っている時は顔が寒かった。

泊まったホテルの部屋からの景色。三原山が目の前で良い眺めです。

IMG_1966_convert_20170211124302.jpg

今日も天気は良さそうだ。懸念していた風ですが2日間を通して穏やかでした。

朝食を食べ出発の準備完了。チェックアウトして2日目のサイクリングをスタート。

ホテルを出てからいきなりダートに向かう(笑)林の中のグラベルを進みます。

IMG_1968_convert_20170211124314.jpg

植生地帯を抜けると溶岩の区間になり景色が一気に開けます。

今日は前日とは真逆のルートで裏砂漠を縦走します。

IMG_1974_convert_20170211124325.jpg

裏砂漠に到着。良い天気で相変わらずの絶景!

IMG_1976_convert_20170211124337.jpg
IMG_1977_convert_20170211124350.jpg

人の気配も無く貸し切りでこの絶景を満喫するという贅沢。

ここが東京都内だという事を忘れてしまう異空間。

やっぱり伊豆大島では裏砂漠が1番の絶景スポットですね!

IMG_1978_convert_20170211124404.jpg
IMG_1981_convert_20170211124415.jpg

島内でのグルメなどを犠牲にしてでも最優先したいスポットです。

難所の櫛形山への登り。壁の様な激坂なので当然押し歩き。

グリップも効かなくて足元も沈み込むのでチャリを押し上げるのが大変。

IMG_1982_convert_20170211124427.jpg

山頂に到着。標高670mで本日の最高地点。

IMG_1984_convert_20170211124438.jpg

良い天気ですが雲に隠れて前日の様にここから富士山は見えませんでした。

それでもここから見る三原山の眺めは最高です。

IMG_1985_convert_20170211124449.jpg

櫛形山から下り先に進みます。正面に見えるのは白石山。

IMG_1993_convert_20170211124502.jpg

裏砂漠第一展望台に到着。展望台と言っても特に何もありませんが(^^;

IMG_1994_convert_20170211124516.jpg

しかし眺めは最高。東側は眼下に大海原が広がっていて開放感抜群!

IMG_1997_convert_20170211124526.jpg

絶景を満喫できました。やっぱり裏砂漠は伊豆大島でのベストスポット。

裏砂漠を抜け植生地帯のシングルトラックを進むと裏砂漠駐車場です。

IMG_2000_convert_20170211124549.jpg

ここからは舗装路。島の南部に位置する波浮港まで長い下り。

月と砂漠ラインから大島一周道路(都道208号線)に合流。

大島一周道路は道も綺麗で交通量も極少。まさにチャリ向きの道ですね。

私がこの区間を下っている間は車は皆無で貸し切り状態でした。

海に向かってダウンヒル!ミニベロは下りの安定性に弱点があるので慎重に。

IMG_2007_convert_20170211124601.jpg
IMG_2008_convert_20170211124613.jpg

筆島はその名の通り筆の穂先の様な形をした島。

荒波に削られ長い年月を経てこの様な形に。背後の断崖ぶりも凄い。

IMG_2015_convert_20170211124636.jpg
IMG_2012_convert_20170211124625.jpg

波浮港を見下ろす。元々は火口湖のあった場所ですが江戸時代に地震による津波で海とつながり湾状になりました。

IMG_2016_convert_20170211124649.jpg

波浮港の崖の上、竜王岬に建つ竜王崎灯台。

IMG_2019_convert_20170211124716.jpg

灯台の周辺は鉄砲場と呼ばれる場所。江戸時代に異国の襲来に備えた鉄砲場跡があります。

また第二次大戦時には陸軍の監視所があり防空壕や貯水槽など戦争遺構が残されています。

ここは水平線から昇る朝日と沈む夕日が見られる場所。東屋やトイレもあり整備されています。

IMG_2018_collage_convert_20170211124702.jpg

この鉄砲場までは波浮の情緒ある道。細く入り組んでますが鉄砲場への案内板があります。

IMG_2028_collage_convert_20170211143510.jpg

近くの島京梵天さんでたい焼きを買って糖分補給しようと思いましたがまだ開店の1時間前。

帰りの船の時間もあり待っていられないのでたい焼きは断念。。

文学の散歩道と呼ばれる遊歩道の階段をチャリを抱えて波浮港へ下り。

昨年も立ち寄った鵜飼商店さんで揚げたてアツアツのコロッケを食べよう・・。

と思ったのですが無念の定休日(涙)先ほどのたい焼きに続いて波浮で2連敗。。

この波浮港を眺めながらたい焼きとコロッケを食べる予定だったのですが。。

IMG_2030_convert_20170211124728.jpg

まあ仕方が無い。気を取り直して先に進みます。

海岸に降りてトウシキの鼻を見上げる。絶壁でダイナミックな景観です。

IMG_2037_convert_20170211124741.jpg

絶壁の崖の上にはトウシキキャンプ場があります。キャンプ場から見た三原山。

IMG_2045_convert_20170211124756.jpg

バウムクーヘンとも呼ばれる千波の地層大切断面。大島一周道路沿いの代表的なスポット。

数百mに渡りこの様な地層の切断面が続いています。

IMG_2046_convert_20170211124809.jpg
IMG_2055_convert_20170211124824.jpg

元町周辺で少々お土産を物色した後は海沿いのサンセットパームラインへ。

伊豆大島の旅も終わりが近い。時間に余裕があるのでノンビリと進みます。

IMG_2057_collage_convert_20170211124837.jpg

岡田港に到着して伊豆大島でのライドは終了。

本日の伊豆大島でのルート。距離45.7km、獲得標高704mでした。



波浮港では2連敗したので待ち時間に伊豆大島で最後のグルメを堪能・・(笑)

IMG_2067_convert_20170211124849.jpg

伊東港到着は14時15分。自宅までは登りになるけど15時には帰宅して無事に今回の旅が終了。

IMG_2068_convert_20170211124902.jpg


今年初の県外遠征&泊まりでの旅行でしたが天気にも恵まれ楽しかった!

乗船料金が大幅割引中だったので宿泊費を含めお財布にも優しかった(笑)

近所からいつも見ている身近な伊豆大島。また行きたいと思います。

次回はもう少しグルメを頑張ろう(笑)



伊豆大島への旅 三原山トレッキング編

IMG_1439_convert_20170209145538.jpg

前回からの続きです。

山頂口駐車場に到着して三原山の散策を開始。

山頂部に至る散策路は自転車不可なので歩いて散策です。

お巡りさんに許可を頂き交番の柵にチャリをロック。

IMG_1850_convert_20170209131538.jpg

三原山を眺めながらカルデラ床の中の道を進みます。しばらく舗装路。

IMG_1853_convert_20170209131551.jpg

佐渡島のZ坂を思い出させる散策路の道筋。Z坂より斜度は数段キツく激坂です。

IMG_1855_convert_20170209131602.jpg

散策路の途中には所々に退避シェルターがあります。噴火は勘弁。。

IMG_1857_convert_20170209131614.jpg

チャリでの通行可ならチャリで登りますがかなりの激坂。

IMG_1869_convert_20170209131637.jpg
IMG_1867_convert_20170209131626.jpg

激坂で一気に標高が上がり来た道があっという間に眼下に。

海の向こうに伊豆半島と富士山も見えて眺めが最高です!

6241729920_IMG_1871_convert_20170209162042.jpg

三原神社で今回の旅の無事を願う。

IMG_1876_convert_20170209131701.jpg

こちらはゴジラ岩。

6241730960_IMG_1878_convert_20170209162059.jpg

火口見学路を進むと火口展望台に到着。展望台から見た火口。

IMG_1950_convert_20170209132118.jpg

火口はお鉢巡りコースを歩いた方がより眺めが良いです。

IMG_1881_convert_20170209131728.jpg

こちらはホルニトという溶岩が造り出した天然の塚の様な物。

中は大きな空洞になっていて奥にトンネルもあるので空気の流れる音が聞こえます。

IMG_1888_convert_20170209131740.jpg

前方の高い所が三原新山。標高758mで伊豆大島の最高地点。

IMG_1890_convert_20170209131753.jpg

お鉢巡りは三原新山を経由するので徐々に標高が上がっていきます。

離島で山に登ると360度、海に囲まれて開放感がありますね。

6241729920_IMG_1895_convert_20170209164923.jpg

山の西側、裏砂漠とは反対側にある表砂漠。

IMG_1896_convert_20170209131817.jpg

伊豆大島以外の伊豆諸島も近く感じられます。

IMG_1884_collage_convert_20170209145553.jpg

地中から噴き出す煙。これはガスではなく水蒸気なので無害。

IMG_1900_convert_20170209131829.jpg

最後の急坂を登り切り三原新山の頂上に到着。

火口がよく見えます。背後に富士山も見えて絶景です!

IMG_1439_convert_20170209145538.jpg

反対側の高くなっている所は白石山。裏砂漠からもよく見える山。

IMG_1915_convert_20170209131907.jpg

三原新山から少し下り前方の剣ガ峰(標高749m)に向け登り返し。

6241730960_IMG_1921_convert_20170209164946.jpg

登りの途中から見た火口。

6241730960_IMG_1918_convert_20170209164935.jpg

剣ガ峰から見た火口。その反対側は裏砂漠。

IMG_1932_convert_20170209131947.jpg
6241730960_IMG_1931_convert_20170209164958.jpg

剣ガ峰から前方に見える突起の様な所に1986年に噴火した火口があります。

6174624896_IMG_1936_convert_20170209164848.jpg

こちらがその噴火口。散策路からだと良いアングルで見えないのですが柵から出ると滑って火口に転落するので危険です。

IMG_1942_convert_20170209132049.jpg

お鉢巡りを満喫したので伊豆半島と富士山を正面に見ながら下ります。

日も傾いてきて寒い!夕方になり雲も多くなってきました。

6174624896_IMG_1947_convert_20170209164835.jpg

山頂口駐車場に戻ってきた時は16時を回っていました。

天気も良く絶景を満喫した三原山トレッキング、楽しかった!

駐車場から見た富士山。空気が澄んでいるので富士山は1日を通して綺麗に見えました。

6174624896_IMG_1948_convert_20170209164900.jpg

ここからホテルまでは3kmほど。放牧中の馬に見送られながら下ります。

IMG_1958_convert_20170209132146.jpg

大島温泉ホテルに到着。島内で唯一、山の上に建つ宿泊施設。

部屋は昨年と同じで山側。窓の外には三原山の素晴らしい眺め。

IMG_1961_collage_convert_20170209132158.jpg

温泉で汗を流してから夕食タイム。お腹空いたー。

料金が半額になる株主優待プランだと夕食はお任せになります。

今回は金目鯛のしゃぶしゃぶプランでした。その他金目鯛の煮付けや刺身など。

お腹が空いていたのでサザエの炊き込みご飯はお代わりしました。

株主優待だとワインが1本無料で付くのですがお酒が飲めない私はジンジャーエールに交換して頂きました。

IMG_1441_collage_convert_20170209131527.jpg

1人で黙々と食べるのですぐに食べ終わります(笑)

食後はまた温泉へ。食事の時間に重なっていた為か貸し切りでした。

いつの間にか雲が無くなり露天風呂からは綺麗な星空。気持ち良い!

夕食を食べ温泉に入ったら後は寝るだけ。他にやる事も無い(笑)


天気に恵まれ楽しい1日でした!明日も伊豆大島を楽しもう!


続きは2日目で。


伊豆大島への旅 1日目

IMG_1762_convert_20170422135755.jpg

今年初の県外遠征&泊まりでの旅行をしてきました。

昨年12月の神津島以来、伊豆半島内で大人しくしていましたが遠征再開です(笑)

行き先は神津島と同様に東京都内・伊豆諸島のひとつ、伊豆大島。

伊豆大島は昨年2月以来なので約1年振りですね。

位置的にウチから最も近い東京都。海越しにいつも見てますしね。

何だか最近、私が都内をチャリで走るのはいつも離島ですね(笑)

今年も色々と県外遠征の予定はあるけど手始めに近場の伊豆大島から。


伊東港からの便で日帰りだと島での滞在時間は4時間半しかありません。

島内一周以外にも色々とノンビリ散策したいので昨年と同様に1泊旅行。

縛りのある組織人とは真逆の自由人で時間は余ってるので・・(^^;


3月26日まで東海汽船の往復乗船料金が大幅割引になっています。

伊東港からはジェット船での往復料金が2000円と格安!

0000733_convert_20170206125123.jpg

他にも東京竹芝や稲取からの便も今は大幅割引になっています。

大島温泉ホテルの宿泊料金も割引。更に復興支援の宿泊費3000円割引もあります。

ジェット船なので輪行袋に入れたチャリは手荷物料金1000円かかりますが。。

しかし手荷物料金を入れても乗船料金と宿泊費の合計は諭吉1枚でお釣りがきます。

宿泊費は昨年と同じで株主優待の割引を使いました。

優待の割引の方が少し安くなり夕食の時にワンドリンク付くので。。せこい(笑)

もちろん伊東港までは自走なので乗船料金以外の交通費は無し。

天気予報を見ながら直前に決めましたが乗船と宿泊の予約もして準備完了。


出発日は2月7日(火)。バナナ1本だけ食べて早めに自宅を出発。

平日の通勤時間帯、呑気にペダルを回す不良中年(笑)

伊東港に到着してお腹空いたので近くの吉野家で朝食。

株主優待券を使い差額の80円だけ払って牛丼を食す。。せこい(^^;

IMG_1429_convert_20170206125054.jpg

伊東港で輪行袋にチャリをぶっ込み乗船準備完了。

伊東港を8時30分発で大島着は9時5分。ジェット船は早いですね。

IMG_1687_convert_20170208180223.jpg

大島ではメインの元町港とサブの岡田港がありますが岡田港に着く事が多いです。

今回の旅でも行き帰り共に岡田港でした。岡田港に到着して伊豆大島に上陸。

IMG_1689_convert_20170208180234.jpg

岡田港は周囲を崖に囲まれた立地。ウェルカム急坂を登り大島一周道路へ。

今回の伊豆大島の旅・1日目の走行ルート。



まずは宿泊割引券を貰う為に元町の観光協会を目指します。

観光協会で3000円割引券をゲット。申請時に身分証明書が必要です。

元町からは海沿いの自転車道、サンセットパームラインへ。

最高の天気で気持ち良い!やっぱり離島ライドは晴天に限りますね。

IMG_1697_convert_20170422135710.jpg

晴天なので海越しに伊豆半島や富士山、大室山が綺麗に見えます。

IMG_1699_convert_20170422135721.jpg
IMG_1729_collage_convert_20170208180419.jpg

普段の伊豆では海越しに伊豆諸島を眺めながら走っているけど今日は逆ですね。

よく登る細野高原や三筋山も見えます。こちらもいつもとは逆ですね。

IMG_1693_convert_20170422135652.jpg

サンセットパームラインは路面が良くないのでロードバイクは並走する一般道を走る方が良いです。

島内のアスファルト道路は何処も綺麗。流石はお金持ちの東京都(笑)

そして離島なので信号も交通量も少ないのが良いですね。

こちらはスコリア丘の切り通しになっている赤禿という所。

IMG_1710_convert_20170208180349.jpg

赤禿の先のストレート区間。昨年は殺人的な西風に苦しめられたけど今日は風も穏やか。

昨年は撮影中に何度もチャリがぶっ倒れましたからね(^^;

IMG_1721_convert_20170422135733.jpg

野田浜のバディベル。分かりづらいけどリングの中に大室山と富士山が入ってます。

IMG_1725_convert_20170422135744.jpg

野田浜で島の西側を走るサンセットパームラインは終了。

この先から東海岸に向け起伏が多くなります。

ミニベロ&フラットペダルで疲れますが伊豆の海岸線と比べたら楽です。

怪しげなシングルトラックに入ってみると断崖の上に出ました。

適当に入ったダートでしたが良い眺め。崖の上に建つ大島灯台も見えます。

IMG_1735_convert_20170208180430.jpg
IMG_1737_convert_20170208180443.jpg

その大島灯台にも立ち寄り。灯台まではダートの登り。

疲れるだけなので灯台マニア以外は行くのはオススメしません(^^;

IMG_1740_convert_20170208180453.jpg

大島一周道路に合流して東海岸側に入りました。

こちらは泉津の切り通し。巨木の根が露出してます。

IMG_1744_convert_20170208180505.jpg

そのすぐ先に椿トンネル。椿の花は見当たりませんが・・(^^;

IMG_1746_convert_20170208180515.jpg

都立大島公園で携帯していたコンビニおにぎりで早めのランチ。

隣接する椿園と動物園は共に入場無料。流石、東京都(笑)

椿祭りの開催中ですがお楽しみスポットが控えているので先に進みます。

伊豆大島は島内一周も気持ち良いけどやっぱりメインは三原山。

月と砂漠ラインの入口に到着。ここから三原山の裏砂漠を目指します。

IMG_1752_convert_20170208180541.jpg

入口から裏砂漠駐車場まで3km。10%前後の坂を登り標高を上げていきます。

駐車場に到着して舗装路は終了。細かい溶岩の様な砂のシングルトラックを進みます。

IMG_1754_convert_20170208180553.jpg

景色が開け海が見えてくると裏砂漠に突入。

IMG_1755_convert_20170208180604.jpg

三原山から噴出した黒く細かい溶岩が一帯を覆っていて独時な雰囲気。

IMG_1760_convert_20170208180615.jpg

国土地理院の地図で砂漠表記があるのは日本ではここだけ。

異空間ですがここは東京都。まさにリアル「東京砂漠」ですね。

裏砂漠第一展望台に到着。

IMG_1762_convert_20170422135755.jpg

天気が良く空気も澄んでいるので絶景です!富士山も見えますね。

IMG_1773_collage_convert_20170208180637.jpg

前方の櫛形山の頂上付近が第二展望台。そこを目指し進みます。

IMG_1787_convert_20170422135808.jpg

写真だと分かりづらいけど急坂です。滑るのでチャリを押し歩くのが疲れる。。

IMG_1788_convert_20170208180702.jpg

何だか最近はライドの度に歩きやプチ登山の行程があるような気が・・(^^;

昨年はここを登っている時に暴風と残雪で苦行でした。

登っている時に昨年の苦行を思い出した(笑)それに比べたら楽ですね。

裏砂漠第二展望台に到着。

IMG_1794_convert_20170208180724.jpg

ここからの眺めは最高!!登った苦労が報われます。

IMG_1795_convert_20170422135820.jpg
IMG_1797_convert_20170208180747.jpg
IMG_1793_convert_20170208180713.jpg

こちらは同じ場所から雪が残っていた昨年の写真。

CIMG2465_convert_20170206125036.jpg

伊豆半島と富士山を正面に見ながらの下り。これも写真だと分かりづらいけど激坂。

IMG_1813_convert_20170422135832.jpg

裏砂漠は絶景ですね!伊豆大島に来たら絶対に外す事のできないスポット。

名残惜しいのでゆっくり進みます。そろそろ裏砂漠地帯も終わりに近い。。

IMG_1822_convert_20170208180810.jpg

裏砂漠で絶景を満喫して楽しかった!尚、翌日も来た模様(笑)

裏砂漠を抜けると散策路が大島温泉ホテルの裏まで続いています。

溶岩がゴロゴロとしていてワイルドな道。

IMG_1837_convert_20170208180822.jpg

反対側からクロスバイクの若い女性2人組が登ってきました。

月と砂漠ラインまで抜けられるか聞かれました。私とは逆ルートで裏砂漠を縦走する模様。

まあ私のチャリのタイヤ跡が残っているので迷う事はないでしょう(笑)

ダートを抜けると大島温泉ホテル。本日の宿ですがチェックインはしないで三原山の山頂へ。

山頂口駐車場までは綺麗な舗装路。スイスイ登って新火口展望台。

IMG_1842_convert_20170208180833.jpg

山頂口駐車場に到着。眼下に元町港と海の向こうに伊豆半島と富士山。

IMG_1846_convert_20170422135845.jpg

山頂口展望台から。山肌の黒い筋は1986年の噴火で溶岩の流れた跡。

IMG_1848_convert_20170208180856.jpg

当時、私は中学生でしたが1986年の噴火のニュースは見た記憶があります。

ここから山頂部までの散策路は途中まで綺麗な舗装路ですが自転車不可。

IMG_1852_convert_20170208180908.jpg

なのでチャリを山頂口駐車場に置き歩いて散策です。

裏砂漠と同様に山頂部のトレッキングも伊豆大島に来たら絶対に外せません。

本日の伊豆大島での走行ログはここで終了。距離42.3km、獲得標高1107m。


続きは三原山トレッキング編で。




東伊豆・箒木山からの絶景

IMG_1659_convert_20170204190334.jpg

今日は天気も良く暖かい1日。絶好のサイクリング日和でしたね。

晴天なので伊豆に走りに来られた方も多いかと思います。

そんな中、私は今日も東伊豆のマイナースポットへ(笑)

前回のライドでは東伊豆町の風車の建つ三筋山と稲取高原に登りました。

今回は同じ東伊豆町で風車の建つもう1つの山、箒木山(ほうきやま)に登ります。

山頂標高は1023.7m。先日登った三筋山より200mほど高い山。

チャリで登る人はほとんどいないマイナースポット。私自身も久し振りになります。

昨年12月7日には万二郎岳からMTBを担いで行こうと思ってましたが箒木山への登山道が崩落通行止めで無念の撤退。

万二郎岳までMTBを担いで登ったのが無駄になりました。。

なので今回は正攻法のルートで山頂を目指します。



日の出前に出発にしてまずはアップ代わりの小室山。

最後の激坂を登りきると山頂に到着です。朝イチの激坂はキツい。。

伊豆大島の横から太陽が昇り日の出です。

IMG_1588_convert_20170204161726.jpg

今日は雲に隠れて朝日に照らされた富士山の姿を拝めなかった。。

IMG_1587_convert_20170204161714.jpg

山頂から見た大室山。これから大室山の向こうの東伊豆町を目指します。

IMG_1593_convert_20170204161740.jpg

城ケ崎海岸に立ち寄り。早い時間なので誰も居ない門脇吊橋。

IMG_1598_convert_20170204161753.jpg

観光名所ですが違う意味での名所でもあります。早まらない様に。。

IMG_1600_convert_20170204161804.jpg

東伊豆へはR135を避け車の少ない旧道で。高台を走るので眺めも良い。

IMG_1605_convert_20170204161817.jpg

箒木山には伊豆大川と熱川から登るルートがあります。

今日は伊東から来ると手前に位置する伊豆大川から登ります。

正面に見えるのが箒木山。序盤の民家が点在するエリアは急坂&激坂。

IMG_1608_convert_20170204161829.jpg

林道終了地点までは7kmで標高差700m。平均勾配10%となかなかの強度。

しかし民家が無くなり林道大川小溝線に入ると所々で斜度が緩い区間があり脚休めができます。

ちなみに熱川からだと平均勾配9%ほど。こちらも同様に序盤の斜度がキツめです。

所々で脚を休められる区間があるので割とリズム良く登れます。

箒木山の南西に位置する「東伊豆の魔境」天城ハイランドと比べると良心的な坂(笑)

「魔境」は最後まで15%超の坂が畳みかけてきて休ませてくれませんからね。。

車はほとんど通りませんが路面状況は良好。細野高原への道よりよっぽど綺麗です。

今日は車は皆無。林道に入ってからは下山するまで人間に会う事は無かった。

人間が居ないので鹿が我が物顔で道路を徘徊していますが(笑)

林道大川小溝線の終点に到着。ここを左に下ると熱川です。

IMG_1613_convert_20170204161842.jpg

林道終了地点を右折するとすぐに箒木山山頂への登山口があります。

IMG_1615_convert_20170204161855.jpg

山頂までは2.3kmで標高差280mほど。道は簡易舗装とダートが半々。

標高が上がり最初の電波塔を過ぎると谷側の景色が開けて眺めが良くなります。

IMG_1634_convert_20170204161946.jpg

正面に前回ライドで登った三筋山が見えて絶景です!

IMG_1624_convert_20170204161906.jpg
IMG_1627_convert_20170204161918.jpg

三筋山と箒木山の挟まれた所に位置するのが「魔境」天城ハイランド。

IMG_1628_convert_20170204161932.jpg

帰りは眼下の風車沿いの道で熱川まで下る予定。稲取高原の風車や白田の街も見えますね。

IMG_1638_convert_20170204161958.jpg

利島と新島。少し霞んでいるので三宅島と御蔵島は見えなかった。

IMG_1639_convert_20170204162012.jpg

標高1000m地点。遮る物が無く開放感抜群で絶景です!

IMG_1643_convert_20170204162036.jpg
IMG_1642_convert_20170204162025.jpg

南斜面なので1000m超の標高でも道中は林道も含めて雪や凍結は全く無し。

そして人間との遭遇も全く無し(笑)孤独を満喫できますよ。

周囲が開けた箒木山の山頂に到着。山頂には電波塔が建っています。

IMG_1645_convert_20170204162051.jpg

北側は万三郎岳や万二郎岳など天城連山。かなり近く感じられますね。

IMG_1650_convert_20170204162118.jpg

山頂から見た細野高原や三筋山。その向こうには下田の海岸線。

IMG_1648_convert_20170204162106.jpg

その反対側は遠笠山と大室山。お椀型の大室山は目立ちますね。

IMG_1651_convert_20170204162131.jpg
IMG_1653_convert_20170204162145.jpg

今日は気温も高めで風も無かったので1000m超の標高でも寒くなかった。

山頂で補給食を食べながら小休止しました。静かで良い場所だ(^^)

絶景を堪能して満足したので下山しますか。

IMG_1660_convert_20170204162200.jpg

帰りは熱川へ下ります。所々で落石はあるけど綺麗なアスファルト舗装。

風車が建ち並ぶエリア。進行方向には相模灘と伊豆諸島。

IMG_1673_convert_20170204162215.jpg
IMG_1675_convert_20170204162230.jpg

振り返ると風車の向こうに先ほどまで居た箒木山の姿が。

IMG_1680_convert_20170204162242.jpg

基本的に風車が建っている場所は景色が開けて眺めが良いですね。

初めてここを登った時も風車があるなら眺めが良いだろうという単純な理由です(笑)

熱川まで下り行きと同じく旧道で帰りました。

最後の伊豆高原の急坂を登り大室高原でランチしてから早めの帰宅。

本日は66.1km、獲得標高2067mでした。

最近、距離は全然走って無いですね。。


前回ライドに続いての風車を巡るライド。天気も良く絶景を満喫できました!



東伊豆を散策 細野高原と稲取高原

IMG_1516_convert_20170201150515.jpg

先日、調整と試走を終えたノートンミニベロで走ってきました。

本題の前に1月のまとめ。1月は距離481.5km、獲得標高11352mでした。

1月は山サイ的な事がメインだったので距離が少ないですね。。

寒波で寒い日が多かったけど空気が澄んで絶景を満喫できました。


新しく相棒に加わったミニベロですが先日の試走時から次の行き先は決めてました。

既に所有している「先輩」4台がみんな行っている場所があります。(家の近所は除く)

それは細野高原。お気に入りの場所で東伊豆で1番の絶景スポットだと思ってます。

CIMG2866_collage_convert_20170201150235.jpg

「先輩」4台に新しい相棒と認めてもらう為にも細野高原には行かなければなりません(笑)

ノートンミニベロはミニベロ的には軽めのギア比(53-38T)-(11-28T)の組み合わせ。

周囲に平坦路が少ない土地なので平坦の速度は捨て登坂が楽になる設定にしてます。

試走時に20%の激坂も登ってみたので細野高原も大丈夫でしょう。

細野高原に行くのは12月1月に続いて3か月連続になりますね。




いつも通り車の少ない早朝にR135を走り抜けます。稲取に入りR135から山側へ。

伊東や熱川方面から細野高原に行くには稲取高校の所から登るのが近道です。

いきなり15~20%の坂がお出迎え。アニマルキングダムまでの間がキツいです。

ミニベロでも軽いギア比のおかげで登れますがやっぱり疲れます(^^;

メインルートに合流して林の中を抜け景色が開けると細野高原に到着です。

IMG_1473_convert_20170201150248.jpg

早朝は雲が多かったけど時間の経過と共に青空が広がってきました。

相変わらずの絶景。そして平日の早朝なので人が居ないのも毎度の事(笑)

余談ですが1月から放映されているフォレスターのCM、流星群篇。

前半の道は走った事ある方なら西伊豆スカイラインだと分かったと思います。

そして後半の草原の様な所が細野高原です。

三筋山への分かりやすい道ですが細野高原の駐車場から道なりに登ってこの写真の4番の標識がある所を斜め左に入るだけ。曲がる所はこの1箇所だけになります。

IMG_1475_convert_20170201150300.jpg

そしてこの分岐から山頂下駐車場までが激坂区間です。

軽いギア比のおかげでツーリング車ではダンシングしていた区間もシッティングで登れました。

しかしタイヤ径が小さいので亀の様な速度。そして普通にキツいし疲れます(^^;

山頂下の駐車場に到着。チャリをここに置き歩いて三筋山の山頂へ。

IMG_1482_convert_20170201150312.jpg

登るのは疲れるけど眺望抜群。天気は良いけど前回の方が条件は良かったかな。

前回は新島の背後に三宅島と御蔵島が見えていましたが今日は霞んで見えませんでした。

IMG_1483_convert_20170201150323.jpg

山頂手前の展望スポット。早朝に登ると時間的に逆光になるんですよね。。

IMG_1484_convert_20170201150335.jpg
IMG_1487_convert_20170201150346.jpg

標高821mの三筋山山頂に到着。流石に寒い!

IMG_1491_convert_20170201150358.jpg

尾根沿いの巨大風車と東電の管理道路。

先月は山頂までチャリを担いで登りそのまま尾根沿いを縦走して八丁池に行きました。

IMG_1499_convert_20170201150410.jpg

天城連山の稜線もクッキリ。山腹の別荘地は「東伊豆の魔境」天城ハイランド(笑)

IMG_1500_convert_20170201150424.jpg

昨年12月はシラヌタの池に行く為に登りましたがかなりタフなヒルクライムコースです。

西海岸から登る戸田峠や仁科峠もキツいけど魔境への登りはそれ以上だと思います。

山道区間の距離は5kmほどですが斜度が厳しい!交通量が無いのが唯一の救い。

私が登った時も車は皆無。爺さんが運転するカブが白煙上げながら登ってましたが(笑)

細野高原は何度も登りますが「魔境」は自分は年1、2回で十分です(^^;


絶景を堪能したので草原の中の「大蛇の道」を下りますか。

IMG_1505_convert_20170201150437.jpg
IMG_1507_convert_20170201150450.jpg

ゆるーく乗る用として付けたスイス製・エスゲのセンタースタンド。

しっかりした造りで激坂でもチャリが安定して立ちます。その分、重量増になりますが。。

IMG_1514_convert_20170201150503.jpg
IMG_1516_convert_20170201150515.jpg

今月山焼きが行われるのでこの色の草原も見納めかな。

今日も人の気配が無く貸し切り状態で細野高原&三筋山を満喫できました(^^)

IMG_1517_convert_20170201150527.jpg
IMG_1519_convert_20170201150540.jpg

途中まで来た時と同じルートで戻り。ゴルフ場の所から往路とは逆方面へ。

左がゴルフ場。その向こうには先ほどまで居た三筋山。

IMG_1523_convert_20170201150556.jpg

すぐに右に入ると浅間山(せんげんさん)への入口があります。

右の激坂を登って浅間山を目指します。直進すると激坂下りで白田の街へ。

東伊豆の山の中は急坂・激坂のオンパレードです(笑)

IMG_1524_convert_20170201150608.jpg

舗装路が終わると山頂直下に到着。ここからでも眺めは良いけど階段を登り山頂へ。

IMG_1545_convert_20170201150700.jpg

山頂からの眺め。眼下に白田や熱川の街と相模灘。

IMG_1539_convert_20170201150633.jpg

三筋山からだと天城連山の影になって見えない大室山もここからは見えますね。

IMG_1541_convert_20170201150646.jpg

風車が3基建っている所が稲取高原。お次はあそこを目指します。

IMG_1531_convert_20170201150620.jpg

稲取高原まで遊歩道で下ります。(途中の階段は担ぎ)

距離は600mで大した事ないのでサイクルシューズでも無問題。

IMG_1546_convert_20170201150720.jpg

遊歩道が終わり綺麗なアスファルト道路に出ると稲取高原に到着です。

IMG_1549_convert_20170201150733.jpg

人があまり来ない所ですがトイレや展望台があったり無駄に綺麗に整備されてます(笑)

基本的に風車のある場所は遮る物が無くて景色が良い。風が強い時が多いけど(^^;

IMG_1558_convert_20170201150802.jpg

アニマルキングダムの観覧車が見えますね。その向こうに下田の須崎半島。

IMG_1556_convert_20170201150747.jpg

三筋山とその右側の山が先ほど登った浅間山。

IMG_1570_convert_20170201150815.jpg

ここから伊東方面へはR135を避け裏道&旧道で帰ります。

R135より距離も登りも増えますが自転車的にはこちらがオススメ。

白田までの下りは綺麗なアスファルトで道幅も広く交通量も極少で快適。

白田川に架かる橋までスイスイ下って来ました。

IMG_1572_convert_20170201150829.jpg

白田川の右岸沿いの道を登ると林道振越線経由で細野高原に行けます。

しかし完全舗装路とは言え落ち葉、落石多数でオススメしません。

昨年12月は逆から下って来たのですが悪路の激坂下りで疲れました。。

ちなみに浄水場と発電所がある所の橋で左岸に渡ると「魔境」への入口です。

素敵な坂が出迎えてくれますよ。もちろん今日は行きません(笑)

R135の旧道は車も少なくて走りやすい。高台を走るので眺めも良いです。

IMG_1580_convert_20170201150844.jpg

「廃モノ」系趣味の方には有名な赤沢の廃ループ橋を過ぎるとR135に合流です。

IMG_1584_convert_20170201150859.jpg

すぐにR135から逸れて山側へ。伊豆高原の急坂を登って帰ります。

さくらの里からの大室山。今年の山焼きは今月12日。

この色の大室山が見られるのもあと少しですね。

IMG_1586_convert_20170201150913.jpg

早めに帰宅したので午後はゆっくり出来ました。

本日は距離63km、獲得標高1849mでした。


天気の良い1日でした。細野高原は何度行っても飽きないですね!




«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果