2017-04

Latest Entries

北アルプス満喫ライド・後編 絶景の鷹狩山

IMG_4396_convert_20170428204116.jpg

前回からの続きです。

白馬村から北アルプスの美しい姿を右に見ながら南下。

快晴で無風。絶好のチャリ日和で気持ち良い。景色も最高!

IMG_4320_convert_20170428203501.jpg

市境を越え大町市に入ると仁科三湖がお出迎え。

まずは最も北に位置する青木湖。

IMG_4326_convert_20170428203521.jpg

真ん中の中綱湖は小さい湖。釣りをしている方が何人かいました。

IMG_4333_convert_20170428203534.jpg

小熊山(パラグライダー場)は残雪で林道完抜けが微妙だったので登りませんでした。

残雪の影響もあるけど最終目的地に早く着きたかったのが登らなかった最大の理由。

最終目的地は今回のライドのメイン。最も楽しみにしていた場所。

北アルプスが逆光にならない時間に到着したい。。

更に南下して木崎湖畔の道。木崎湖は写真だけ撮ってすぐに退散(^^;

IMG_4336_convert_20170428203546.jpg
IMG_4341_convert_20170428203558.jpg

大町から見る北アルプスの景色も良いですね。

田畑越しや橋の上から見る景色が美しい。

IMG_4345_convert_20170428203647.jpg
IMG_4350_convert_20170428203713.jpg

急いでいるけど今回もダムには寄ります(笑)

平日なのでダムに向かう道も人の気配が無く貸し切りです。

IMG_4355_convert_20170428203728.jpg

龍神湖(大町ダム湖)を見下ろせる駐車場に到着。

眼下に大町ダムと龍神湖。大町ダムに訪れたらここまで登るのがオススメ。

IMG_4358_convert_20170428203744.jpg
IMG_4360_convert_20170428203801.jpg

管理所に立ち寄ってダムカードをゲット。通算141枚目。

以前貰ったカードからバージョンアップしてました。

IMG_4367_convert_20170428203817.jpg

下流側に架かる吊橋の上から堤体正面の姿を拝めます。

ダムカードの写真はこの吊橋から撮影した物でしょうね。

IMG_4371_convert_20170428203836.jpg
IMG_4373_convert_20170428203856.jpg

少し引いたこの辺りから見る大町ダムの姿も素敵だ。

IMG_4378_convert_20170428203923.jpg

今回は行きませんでしたがこの上流に七倉ダムと高瀬ダムがあります。

どちらも東京電力が管理する巨大ロックフィルダム。

以前、訪れた時の写真。上が七倉ダム、下が高瀬ダム。

DSC_0067_collage_convert_20170428203431.jpg

どちらも周囲の景色が素晴らしいのでオススメ。

しかし高瀬ダムへ通じる林道はチャリも含め車両進入禁止。(徒歩はOK)

以前はテプコ館で見学を申し込めば無料で送迎バスに乗れましたが現在は廃止。

なので訪れるには往復で2時間以上歩く事になるのでマニア向け(^^;

セレブな方なら往復4000円のタクシーに乗るという方法もあります。

私はもちろん歩きを選択(笑)初めて行った時はテプコ館の見学ツアーの送迎バスでしたが。。

ちなみに堤体の高さ日本一は有名な黒部ダムですが二番目がこの高瀬ダムです。


ダムを満喫したので最終目的地へ向かいます。

急いでいますが北アルプスが雄大で美しく度々足を止めてしまいます。

IMG_4381_convert_20170428203946.jpg
IMG_4385_convert_20170428204004.jpg

お腹が空いたので信濃大町駅前の土産物屋でおやきを2つ買って食す。

急ぎの時は真っ先に時短の対象になるのが食事の時間だ(笑)

ソロライドだとどうしてもランチが適当になってしまいますね。。

でもおやきは美味しかったです。5分で食事が終わりましたが(^^;

食事を速攻で終え頭上には最終目的地の鷹狩山と山頂に建つ展望台。

IMG_4387_convert_20170428204020.jpg

この鷹狩山も前回記事のどんぐり村と同様にHAOさんが昨年登っていた絶景スポット。

鷹狩山の事はよく拝見しているバイクツーリング系サイトで以前から知っていました。

しかし時間が合わなかったりと今まで素通りしていたので登るのは今回が初めて。

(どんぐり村同様にHAOさんの記事で背中を押されました。ありがとうございます!)

写真でも分かる様に山が近いのですぐに登りの開始。

大町の市街地がすぐに眼下に。大町公園では桜が満開で桜祭りの開催中でした。

IMG_4389_convert_20170428204034.jpg
IMG_4390_convert_20170428204047.jpg

大町公園から上はしばらく木々に囲まれ眺望の無い道。

10%前後の坂を淡々と登り最後の急坂を登り切ると前方が開け北アルプスの姿が。

IMG_4391_convert_20170428204102.jpg

標高1164mの鷹狩山山頂に到着。目の前にはこの絶景!!

雄大な北アルプスと眼下には大町の市街地。素晴らしい眺め!

IMG_4396_convert_20170428204116.jpg

初めてという事もありかなりのインパクト。逆光にならない時間に間に合って良かった!

今まで素通りしていたのが悔やまれるレベルです(^^;

天気にも恵まれて良かった。本当に素晴らしい所だ!

IMG_4409_convert_20170428204159.jpg
IMG_4399_convert_20170428204132.jpg

先ほどの大町ダムも見えます。逆に向こうからも鷹狩山は見えていました。

IMG_4402_convert_20170428204146.jpg

展望台に登って上からも景色を見渡せます。眺め最高!

IMG_4421_convert_20170428204226.jpg
IMG_4416_convert_20170428204213.jpg

この鷹狩山は山頂まで車道が通じているので車やバイクでも気軽に来られる所。

首都圏から車で来た2組、4名の方々とお話しましたが前日のAACRに参加されたとの事。

よく見ると車の中に自転車が。こんな出会いも旅先でのソロライドの魅力。

前日も天気は良かったけど途中から風が強くなったと仰っていました。

今日は1日を通して無風で快晴だったのでラッキーだったのかもしれません。


鷹狩山は本当に素晴らしい所でした!ここはまたルートに組み入れて走りたい!

白馬、大町周辺でサイクリングするなら超オススメのスポットです。

嶺方峠もそうですが北アルプスが逆光にならない時間に到着する様なコース設定が良いと思います。


本日最大の目的だった鷹狩山での絶景を満喫したのでデポ地の道の駅まで戻ります。

高台を走る県道は車が少なく登りのピークを越えると景色が開けて気持ち良い!

IMG_4435_convert_20170428204239.jpg
IMG_4439_convert_20170428204255.jpg

本日最後の鹿島槍ヶ岳。青空が綺麗な1日でした。

そして前日はAACRで賑わったこのエリア。平日の今日は静かだった(笑)

IMG_4440_convert_20170428204309.jpg

本日は距離119.2km、獲得標高2349mでした。


久しぶりの白馬周辺でのライド。北アルプスの絶景をたっぷりと満喫しました。

そして大町の鷹狩山は本当に素晴らしかった!

次回このエリアを走る時にもまたルートに組み込みたいと思います。



スポンサーサイト

北アルプス満喫ライド・前編 嶺方峠から白馬村

IMG_4219_convert_20170427094801.jpg

今回も県外遠征。白馬村や大町市周辺でのサイクリングです。

ライド日は4月24日。GW前で車も人も少なく静かな平日。

安定の平日ライド。静かな雰囲気で走れる平日最高(笑)

直前まで渋峠・雪の回廊とどちらにするか迷いました。

天気は晴れ予報。どちらを走っても「勝利」は確実な状況。

悩んだ結果、昨年は1度も走れなかった白馬方面でのライドに決定。


この前日に白馬周辺ではAACR(アルプスあづみのセンチュリーライド)が開催されたみたいですね。

23日も晴れだったので参加された方々は良かったですね!


起点とした大町の道の駅まではトランポ。

とりあえず前半のメインはツーリストの定番中の定番、嶺方峠。

AACRと比べたら短い距離。そしていつも通りの自由なソロライド(笑)

景色を楽しみながらノンビリと走ります。



いつも通りの早朝スタート。出発時の気温は0℃でクソ寒い!

スタート後、まずは白馬村とは逆方面へ。下り基調なので余計に寒い。

進路を北に変えると鬼無里に向かって登りの開始。

登りの途中で北アルプスの山々が視界に入ってきます。

天気は上々。これは嶺方峠での「完全勝利」も間違い無しかな?

朝日に照らされた北アルプスの山々が美しい。

IMG_4179_convert_20170426232935.jpg
IMG_4184_convert_20170426232946.jpg

鬼無里に抜ける県道36号線沿いにあるアルプス展望台に到着。

美しい北アルプスが目の前に広がり絶景!

IMG_4185_convert_20170426232958.jpg

後立山連峰の主峰、鹿島槍ヶ岳のアップ。こちらから見て鹿島槍ヶ岳の右側が八峰キレット。

IMG_4204_convert_20170426233008.jpg

登りのピークを越え鬼無里への下り。

IMG_4213_convert_20170426233020.jpg

下りの途中で森の中に目を向けるとカモシカがこちらを見ていました。

IMG_4140_convert_20170426232924.jpg

鬼無里からはR406に入り白馬村方面へ向け再び登り。

国道ですが交通量は少ない。平日なのでほぼ貸し切り状態(笑)

斜度はゆるゆる。5%前後の坂が登りのピークまで続きます。

白沢洞門の鬼無里側。この向こうに絶景が待っている・・。

IMG_4215_convert_20170426233032.jpg

トンネルの向こうが嶺方峠。トンネルの途中から絶景が目に飛び込んできます。

IMG_4222_convert_20170427094813.jpg

やっぱり嶺方峠は良いですね!ここでの定番のアングルで。

IMG_4219_convert_20170427094801.jpg

天気も良く北アルプスの眺めが最高!

IMG_4231_convert_20170426233102.jpg

ここでは雲が少しでもあったら勝利とは認めないというマイルールを課してます(笑)

初めて訪れた時に快晴だったので以後ハードルが高くなりました(^^;

今日は雲ひとつ無い快晴。これは「完全勝利」でしょうかね。

残雪の北アルプス。青と白のコントラストが美しい。

IMG_4238_convert_20170427094824.jpg

白馬村への下り。北アルプスの絶景が目に入るので度々足を止めてしまいます。

IMG_4241_convert_20170426233115.jpg
IMG_4245_convert_20170426233140.jpg

眼下の平坦な所が白馬村の平野部。背後には雄大な鹿島槍ヶ岳。

IMG_4244_convert_20170426233127.jpg

白馬村まで下り切ると姫川に架かる大出の吊橋があります。

IMG_4261_convert_20170426233205.jpg

河原から見た吊橋。背後の北アルプスと雪解け水が流れる姫川。

そして完璧な青空で素晴らしい景色。ここは人気の撮影スポットです。

IMG_4254_convert_20170426233152.jpg

川沿いには桜の木。これは散った後ではなくまだ開花前でつぼみの状態。

今年は例年と比べてかなり遅れている模様です。

この時期なら普通は北アルプスと吊橋、そして清流沿いに満開の桜なのですが。。

私もその光景を思い浮かべていたのであれっと思いました。

桜が満開なら完璧でしたがそれでも青空と相まって美しい景色です。

白馬村に下ってからは普通に走っているだけで北アルプスが視界に入ります。

田畑越しに見る北アルプスの景色も美しくいつまでも眺めていたくなります。

IMG_4264_convert_20170426233216.jpg
IMG_4265_convert_20170426233233.jpg

平野部を走る大糸線。車窓から絶景を堪能できるローカル線。

IMG_4269_convert_20170426233246.jpg

北アルプスを正面に見て走る川沿いの道。

AACRのコースにもなっていたのでしょうか。案内板が設置されていました。

IMG_4279_convert_20170426233259.jpg

橋からの眺め。透明度が高い川の水。雪解けで流れが早いです。

IMG_4280_convert_20170426233313.jpg

昨年HAOさんが登っていたどんぐり村パノラマ展望台に行ってみました。

どんぐり村は山腹にペンションや別荘が点在する所。

12年前にどんぐり村のペンションに宿泊した事があります。

HAOさんの記事を拝見してその事を思い出して懐かしく感じていました。

その時は登らなかったので今回が初めてのパノラマ展望台。

急坂を登ってパノラマ展望台に到着すると予想以上の絶景でした!

IMG_4290_convert_20170426233327.jpg

目の前は急斜面で下まで見渡せるので高さ以上の高度感。

個人的にこの様なタイプの場所は大好き(^^)

北アルプスの麓に広がる白馬村の平野部が眼下に。

八方尾根スキー場や白馬ジャンプ台も見えます。

IMG_4294_convert_20170426233342.jpg

絶景を堪能していると近くで獣の気配。本日2頭目のカモシカです。

私は舐められているのかな?カモシカ達はいつもカメラ目線です(笑)

IMG_4302_convert_20170426233356.jpg

長野五輪が開催された白馬ジャンプ競技場。

有料ですがリフトでジャンプ台の上まで登れます。

IMG_4308_convert_20170426233409.jpg

平日なので国道以外は車や人の気配がほとんど無いですね。

静かな雰囲気と美しい景色。やっぱり平日の絶景コースは最高だ(笑)

IMG_4314_convert_20170426233422.jpg

最高の平日ライドですがその弊害も・・。飲食店が軒並みお休み。。

小休止して温かい物でも食べたかったのですが補給食で我慢。

まぁ平日ライドではよくある事。想定内なのでショックは全く無い。

白馬村の平野部を走り大町方面に向かって南下。

橋の上からの眺めはどこも景色が良くついついストップしてしまいます。

IMG_4319_convert_20170426233437.jpg

風が強いと苦行の平野部ですが本日は無風。

しかも1日を通して雲ひとつ無い快晴だったのでラッキーでした。

市境を越え大町市に入りました。大町市でも絶景スポットが控えているので楽しみ。

続きは後編で。


那須高原サイクリング 後編

IMG_4055_convert_20170421213928.jpg

前回からの続きです。

時間の経過と共に風が更に強くなってきました。

風向きが一定では無く巻いている様な感じだったので常に風の抵抗を受ける感覚。

なので当初は行く予定だった沼原ダムと箒川ダムをカットしてルートを縮小。

緩やかな起伏の県道を走っている時も横からの突風で下りが怖かった。。

那須連山の山麓を源流として水戸市などを経由して太平洋に流れる那珂川。

那須塩原市を流れる那珂川はその上流部。川の水が透き通っていて綺麗。

IMG_4028_convert_20170421213804.jpg

この那珂川の上流にある深山(みやま)ダムを目指します。強風は相変わらずですが。。

深山ダムは行くのを断念した沼原(ぬまっぱら)ダムと揚水発電を行っているダム。

沼原ダムが上池で深山ダムが下池。なので深山ダムの方が標高は低い。

色々なダムに立ち寄る事が多いけど揚水発電ダムのセットで巡るのも面白くオススメ。

例えば群馬の玉原&藤原ダムや長野・群馬の南相木&上野ダム、山梨の上日川&葛野川ダムなど。

今回も沼原&深山ダムの「揚水発電セット」で行きたかったのですが・・。

深山ダムに向かって登っていたら雨が降ってきました。。そして相変わらずの強風。

ダムサイトに到着したけど雨雲が空を覆っていたので駐車場脇のトイレで雨宿り。

10分ほどで雨が上がり青空が広がってきました。雲の流れが凄く早いです。

IMG_4061_convert_20170421214013.jpg

深山ダムは那珂川最上流部のダム。ダム湖の名前はそのままの深山湖。

IMG_4055_convert_20170421213928.jpg

上流側は正面に残雪の三倉山や大倉山で良い景色。

強風の影響で湖面は波打っていました。

IMG_4050_convert_20170421213903.jpg

下流側の景色。雨が降っている間も下流側は晴れて青空でした。

IMG_4065_convert_20170421214026.jpg

普通のロックフィルダムの様に見えますがダム湖側の堤体表面をアスファルトで遮水した「アスファルトフェイシングフィルダム」という型式。

上池の沼原ダムも同じ型式なのでアスファルトフェイシング兄弟ですね。

IMG_4039_convert_20170421213850.jpg
IMG_4058_convert_20170421213939.jpg

このダムは周囲の景色が良いのでオススメ。紅葉の時期は素晴らしい景色です。

非常用洪水吐から放流していました。このダムで放流しているのを見たのは初めて。

IMG_4060_convert_20170421214000.jpg

私が最後に来た時にはまだ配布してなかったので今回初めてダムカードをゲット。

下流にある板室ダムのカードもここの管理所で配布しています。

通算、138枚目、139枚目のダムカードをゲット。

IMG_4052_convert_20170421213917.jpg

ダムから下って塩原方面へ。山岳のイメージがある那須周辺ですが平坦な所も結構多い。

平野部には田畑が広がっていて裏道に入るとのどかな光景です。

この日は強風だったので風の吹きさらしでしたけどね(^^;

IMG_4070_convert_20170421214047.jpg
IMG_4077_convert_20170421214057.jpg
IMG_4079_convert_20170421214110.jpg

デポ地の道の駅の近くまで戻ってきたけどもう一つダムに立ち寄ります。

塩原ダムのダム湖に架かるもみじ谷大吊橋。文字通り、ここも紅葉の時期がベスト。

IMG_4081_convert_20170421214121.jpg

この吊橋は有料。(往復300円)このエリアに来るのも久しぶりなので渡りました。

IMG_4085_convert_20170421214133.jpg

吊橋から見たダム湖。塩原ダムは那珂川水系の箒川を堰き止めています。

この上流には今回はカットした箒川ダムがあります。

IMG_4086_convert_20170421214148.jpg

吊橋を渡った先が塩原ダム。天端の中央部から先は立ち入り禁止。

良いアングルで堤体を撮影出来ないのが残念だ。。

IMG_4090_convert_20170421214217.jpg
IMG_4099_convert_20170421214244.jpg

ちなみに分かりづらいけど吊橋を渡らずに下流側からダムに行く道もあります。

もみじ谷大吊橋よりも個人的には下流側に架かる管理用の吊橋が魅力的。

あの吊橋からダム正面の姿を拝みたい(笑)

IMG_4094_convert_20170421214232.jpg

管理所に寄ってダムカードをゲット。通算140枚目。

IMG_4089_convert_20170421214158.jpg

デポ地の道の駅に到着した時には更に風が強くなっていました。

撤収作業中にチャリが風で倒れたり大変だった。。

本日は距離110.4km、獲得標高2802mでした。


強風や通り雨など天気に翻弄された1日でした。。

風には苦しめられたけど久しぶりの那須でのライドは楽しかったです。


那須高原サイクリング 前編

IMG_4111_convert_20170420192332.jpg

那須高原や塩原周辺でサイクリングしてきました。

ライド日は4月19日。塩原の道の駅まではトランポです。


このエリアを走るのは久しぶり。前回走ったのはいつだったかなぁ?

埼玉在住の頃はアクセスが容易だったのでよく行ってましたが。。

伊豆に移住後は今回が初めて。圏央道も繋がりアクセスが良くなりましたからね。

埼玉時代は下道を走ってましたがもう若くないので往復高速使って体力温存です(笑)


そういえば那須で開催されるライドイベントは大人気みたいですね。

基本的にイベントライドに参加しない私は知りませんでした(^^;



日の出時刻の15分前にデポ地の道の駅を出発。

まずは那須高原に向かって平坦基調の県道30号線(那須横断道路)を走ります。

早朝なので交通量は極少。結局、15km走っている間に通った車は5台ほど。

IMG_3902_convert_20170420190410.jpg

途中、那珂川に架かる橋の上から見た山方向の景色。

山の上は風が強い為か雲の流れがかなり早かった。

IMG_3907_convert_20170420190428.jpg
IMG_3912_convert_20170420190441.jpg

那須横断道路から那須湯本方面に向かって登りの開始。

所々で10~15%の坂が出ますが全体的に勾配は緩め。

温泉地でもある那須。登り進むと志賀草津道路の様に硫黄の臭いがします。

殺生石に到着。観光名所ですが溶岩の間から有毒な火山ガスが噴出しています。

平日の早朝なので誰も居ない。安定の貸し切りです(笑)

IMG_3919_convert_20170420190454.jpg
IMG_3920_convert_20170420190508.jpg

先を目指し進みます。振り返ると那須連山の主脈のひとつ、茶臼岳。

この茶臼岳の姿を見ると那須に来たという実感がわきます。

IMG_3932_convert_20170420190523.jpg
IMG_3935_convert_20170420190537.jpg

この先から登山口のある峠の茶屋までは2009年秋に無料化されるまでは有料道路でした。

有料だった頃はチャリ(軽車両)は通行料金50円。

余談ですが私の所有しているツーリングマップルは2006年版なので有料表記になってます。

いい加減、最新版に買い替えないといけませんね(^^;

昨年、一昨年と昭文社の権利を確定して株主優待で地図が送られてきましたが。。

県別マップルやマックスマップルでした。(住んでる地域の物が送られてくる)

旅行ガイド本などと合わせて4000~4500円分の物が優待で頂けるのですが出来ればツーリングマップルが良いなぁ(笑)

まぁ権利確定後にプラスで売ってるし地図と配当金をタダで頂いてる様なモノなので文句は言えません(^^;


眺望スポットの那須高原展望台に到着。恋人の聖地らしいですがオッサンが1人です(笑)

IMG_3950_convert_20170420190742.jpg

上空の風が強い為か到着時には多かった雲も数分で流されました。

やっぱり山の景色は青空で見たいですからね。那須連山が綺麗!

IMG_4111_convert_20170420192332.jpg

登ってきた那須湯本の街や那須の平野部を見下ろせます。

空気が澄んだ状態だと筑波山がハッキリと見えるのですが霞んでいました。。

IMG_4113_convert_20170420191015.jpg
IMG_4107_convert_20170420190948.jpg

絶景を満喫していたら次の雲が流されてきたので先に進みます。

IMG_3952_convert_20170420190757.jpg

すぐに雲に包まれて青空が見えなくなりました。。そして風が強くなってきた!

IMG_3954_convert_20170420190819.jpg

大丸園地の手前辺りで少しですが雨が降ってきました。風も強く寒い。

雨雲をチェックすると栃木の北部、福島との県境辺りに雨雲が。。

IMG_3958_convert_20170420190834.jpg

ここから峠の茶屋までは2kmほどなのですがこの空模様なのでどうしよう・・。

しかし15分ほどスマホの気象情報と睨めっこしていたら風で雲が一掃されました!

IMG_4114_convert_20170420191029.jpg

このスキに登りの再開。風が強くウインドブレーカーを着て登っても寒い!

IMG_3963_convert_20170420190849.jpg

峠の茶屋のある登山口駐車場に到着。本日の最高地点で標高1462m。

IMG_4118_convert_20170420191111.jpg

駐車場からは那須連山の朝日岳。鋭い岩山の姿が美しい。

IMG_4115_convert_20170420191041.jpg
IMG_4116_convert_20170420191056.jpg

また次の雲が迫ってきました。風も強く寒いので長居は出来ません。。

強風なので慎重に下り那須どうぶつ王国の近くの牧場まで来ました。

到着時は雲に覆われていたので風で一掃されるのを待ってから撮影。

牧場から眺める那須連山の姿、好きなんですよね。待ってる間は激寒でしたが(^^;

IMG_4122_convert_20170420191125.jpg
IMG_4127_convert_20170420191140.jpg

このまま那須町まで下らないで来た道を登り返し。そして那須高原へ下ります。

気温も上がってきましたが風の強さもアップ。登りはともかく下りが怖い!

IMG_4017_convert_20170420190904.jpg

強風の中、恐怖のダウンヒルを何とか終えた後は緩やかな起伏の県道。

途中ではこんな光景も。巨大風車やハイランドの名が付く別荘地。

私の住んでいる近くでも似たような場所がありますが・・(笑)

IMG_4023_convert_20170420190933.jpg
IMG_4022_convert_20170420190919.jpg

別荘地の那須ハイランドは管理もしっかりしていて別荘地内の施設も充実している模様。

別荘オーナーは敷地内にある遊園地・那須ハイランドパークの入園料と駐車料金が無料。

坂も優しい斜度。東伊豆の○○ハイランドとは大違いだ(^^;


基本的に晴れですがこの先も強風・暴風や通り雨など天気に振り回されました。。

続きは後編で。

南伊豆マイナースポット巡り 後編

IMG_3851_convert_20170418104932.jpg

前回からの続きです。

R136・マーガレットライン沿いの夕日ケ丘休憩所でランチを兼ね小休止。

休憩後は再びR136から逸れ林道の様な道を登って山側へ。

目指す山頂まで車道が通じているのでオール乗車で行けます。

上の方は所々でダート。もちろんグラベルタイヤなので全く問題無し。

NTTの電波塔が見えてくると山頂に到着です。

IMG_3839_convert_20170417160541.jpg

暗沢山の山頂。標高520mほどの小さな山。

ここもあまり人が来ない「過疎スポット」です(笑)

IMG_3830_convert_20170417160500.jpg

山頂からの景色。松崎や堂ヶ島の海岸線を見下ろせます。

かなり霞んでいましたが肉眼では正面に富士山の姿が見えました。

やっぱりこの時期は春霞の影響が出ますね。真冬の方が景色は良いと思います。

IMG_3833_convert_20170417160528.jpg

気温も夏日一歩手前の高さ。富士山が霞むのはある程度分かっていました。

それでも今回この暗沢山に登ったのは一等三角点があるから。

伊豆半島内にある一等三角点は三か所。その内のひとつが暗沢山。

暗沢山の一等三角点。基準点名は岩科村。

IMG_3831_convert_20170417160513.jpg

伊豆にある一等三角点の場所は暗沢山の他に万三郎岳と達磨山の山頂。

今年に入って万三郎岳は2月26日、達磨山は3月19日に登っています。

伊豆半島ではないけど「伊豆エリア」の一等三角点では他に伊豆大島の三原山。

ちなみに三原山の一等三角点は山頂部ではなく外輪山の603m地点にあります。

その伊豆大島・三原山も2月7日~8日の旅行で登っています。

なので同一年内で伊豆エリアの一等三角点の制覇!完全に自己満足ですが(笑)

IMG_1848_collage_convert_20170417172331.jpg

山頂で折り返し登ってきた道を少し下ると大峠へ至る登山道との分岐。

IMG_3840_convert_20170417160553.jpg

大峠まではシングルトラック。ほぼ水平移動なので楽々と到達できます。

IMG_3841_convert_20170417160605.jpg
IMG_3842_convert_20170417160619.jpg

大峠から100m進むと周囲が開けた草原の様な場所、長者ヶ原に到着です。

IMG_3847_convert_20170417160633.jpg

電波塔が建ってる山が先ほどまで居た暗沢山。

IMG_3849_convert_20170417160646.jpg

長者ヶ原からの下り。見晴らしの良い場所には休憩所を兼ねた展望台。

IMG_3851_convert_20170418104932.jpg
IMG_3853_convert_20170417160713.jpg

この辺りは12000株の山ツツジが自然のままに群生しています。

5月には斜面が赤く染まります。来るのがひと月早かったですね(^^;

IMG_3855_convert_20170417160728.jpg

長者ヶ原山つつじ公園の駐車場まで下ってきました。この先からは舗装路での下り。

IMG_3829_convert_20170417160415.jpg

一旦マーガレットラインに出ますがすぐに脇道へ。

石部の棚田展望台からの眺め。富士山は霞んでいます。。

IMG_3859_convert_20170417160741.jpg

水が張られた棚田の景色は美しい。来月には田植えかな?

個人的には棚田の景色はこの水の張られた状態が好きです。

IMG_3861_convert_20170417160754.jpg
IMG_3864_convert_20170417160807.jpg

冬季は石部の灯りというライトアップイベントが開催されます。

(写真は松崎町観光協会から)

ishibuakari_convert_20170417203119.jpg

そして棚田がある所に急坂あり。ここも同様で棚田の間を抜ける道は急坂。

IMG_3866_convert_20170417160836.jpg

ここの棚田は東日本では珍しいタイプの石積み仕様。

茅葺屋根の小屋や雑草を食すヤギなど田舎らしいのどかな光景です。

IMG_3865_convert_20170417160821.jpg
IMG_3867_convert_20170417160852.jpg

暗沢山から石部の棚田を経て再び海抜0m地点まで下ってきました。

岩地海岸の海は相変わらず透明度が抜群で美しい。

IMG_3872_convert_20170417160906.jpg
IMG_3875_convert_20170417160920.jpg

松崎の街や堂ヶ島が見えてきました。ゴールの道の駅は近い。

気温が上がって暑い!そして時間の経過と共に風が強くなってきました。

IMG_3876_convert_20170417160935.jpg

室岩洞に立ち寄って内部を見学。(無料&無人)

R136沿いで見学無料ですが車やバイクはみんな素通りしていきます。

IMG_3880_convert_20170417160948.jpg

ここは以前、伊豆石の石切り場だった場所。

内部は照明があるけど暗い。水溜まりのトラップもあるので要注意。

国道沿いですがここも「過疎スポット」なので貸し切りです(笑)

IMG_3889_convert_20170417161001.jpg

天井が低い場所は身を屈めながら歩きます。

奥の方で外に出られる場所があるけどここも天井が低い。(外からの写真)

IMG_3891_convert_20170417161015.jpg

外に出ると目の前には松崎や堂ヶ島の海岸線。

ここは切り出した石を運搬する為の船着き場だった場所。

IMG_3893_convert_20170417161030.jpg

那賀川沿いの桜並木は見頃も過ぎて葉っぱが目立ってきました。

その代わり川面に浮かぶ桜の花びらのラインが見られます。

今ならではの光景なのでこれも美しいですね。

IMG_3899_convert_20170417161044.jpg

松崎町はこの時期、那賀川沿いの桜並木と共に田んぼを利用した花畑が見所です。

天気の良い日曜日なので多くの方が写真を撮っていました。

IMG_3900_convert_20170417161059.jpg

道の駅に到着してサイクリング終了。チャリを車に積んで即撤収。

ライドを早めに終えたので渋滞も無くスイスイと帰れました。

本日は距離89.6km、獲得標高2093mでした。

高い山は登ってないけど海抜0mからの登りの繰り返しだったので思ったよりも登らされました。


天気が良くて気温も上がり昼前からは暑かった!

先日のビーナスラインで顔などは雪焼けして少し黒かったけどまた日焼けしました。

ちなみに地黒の私は日焼けすると赤くならず、すぐに黒くなります(^^;

春先から初夏にかけては紫外線が強いですからね。

今回はトレイルを走ったのでロングタイツ着用でしたが生足を出して何度か走ったらすぐに真っ黒になりそうです(笑)

そしてこれからの季節、山道はともかく「山の中」ではマムシやヤマビルにも要注意ですね。

南伊豆マイナースポット巡り 前編

IMG_3819_convert_20170418124053.jpg

今月に入って初めての伊豆でのライドです。

今日はトランポで松崎の道の駅を起点に南伊豆での探索ライド。

天気の良い日曜日なので夕方近くなると道路の渋滞が予想されます。

なので早めに終了する様に距離は少なめ。その分ノンビリと探索します。

今日はダート&トレイルがあるのでグラベルキングを履いたパスハン車で出動。

パナレーサー・グラベルキング(32c)は今のところパンクは1度も無し。

ダートやトレイルをガンガン走ってますが流石に日本製の品質です。



日の出が早くなりましたね。5時前でも結構明るくなってきました。

まずは早朝の人の少ないうちに堂ヶ島へ。

IMG_3745_convert_20170416200037.jpg

堂ヶ島の天窓洞。日が高く昇って光が当たればもう少し綺麗なのですが。。

遊覧船に乗るとこの中を通過するので下から見上げる事ができます。

IMG_3739_convert_20170416200019.jpg

露天風呂がある沢田公園。縞模様の地層が自然のアートで美しい。

露天風呂はこの崖の上にあるので絶景を満喫しながら入浴できます。

IMG_3755_convert_20170416200119.jpg
IMG_3748_convert_20170416200102.jpg

何だか久しぶりにライド中に海を見たので新鮮な気分です(笑)

堂ヶ島での散策を終えて今度は蛇石峠を越えて南伊豆へ。

蛇石峠を越えてすぐに林道鈴野線へ。林道は簡易舗装。

所々で荒れていますがグラベルタイヤなので全く問題無し。

猪が前輪スレスレの所を横切りヒヤっとしましたが(^^;

まぁ鹿と猪は伊豆の山では日常茶飯事。下りは常に注意してます。

IMG_3758_convert_20170416200133.jpg
IMG_3762_convert_20170416200145.jpg

眼下に青野大師ダムの堤体が見えてくると急坂で急降下します。

IMG_3765_convert_20170416200201.jpg

青野大師ダムに到着。トイレや駐車場が整備されているけどいつも誰も居ない(笑)

IMG_3771_convert_20170416200304.jpg
IMG_3766_collage_convert_20170416200214.jpg

ここは普段は無人なのでダムカードは道の駅「下賀茂温泉 湯の花」で配布しています。

ダムを満喫して再び海へ。入間海岸に到着しました。

IMG_3802_convert_20170416200512.jpg

お次は海岸から見た右奥の三ツ石岬にある千畳敷を目指します。

直線距離では近いのですが海岸線は断崖で道が無いので山越えになります。

しばらくは簡易舗装の道。そして獣道の様なシングルトラックになります。

IMG_3778_convert_20170416200317.jpg

視界が開けると切り立った断崖が目の前に。

IMG_3780_convert_20170416200330.jpg

チャリはここまで。誰も居ないので鍵もかけずに適当に転がしておきます(笑)

急な崖を下り断崖上の遊歩道を進みます。

IMG_3784_convert_20170416200358.jpg
IMG_3800_convert_20170416200456.jpg

奥石廊・あいあい岬方向の景色。

IMG_3781_convert_20170416200343.jpg

来た道を振り返る。海まで崖が迫っているので海岸線に平坦地が無いのが分かります。

IMG_3786_convert_20170416200410.jpg

千畳敷に到着。背後は断崖、目の前は大海原で素晴らしい景色。

IMG_3795_convert_20170416200441.jpg
IMG_3790_convert_20170416200425.jpg

天気の良い日曜日ですが誰も居ません(笑)釣りには人気のスポットらしいですが。

まぁ車やバイクでのアプローチは不可能な場所ですからね。。

千畳敷の散策を終えてアップダウンを繰り返して子浦海岸に到着。

IMG_3805_convert_20170416200529.jpg

海岸から一旦高度を上げて日和山へ向かう簡易舗装の狭路へ。

IMG_3806_convert_20170416200542.jpg

すぐに舗装区間は終わり道はダートに。緩い起伏はあるけどオール乗車可能。

IMG_3808_convert_20170416200557.jpg

木に囲まれ眺望が無い道ですがしばらく進むと急に視界が開けます。

IMG_3809_convert_20170416200613.jpg

遮る物が無く開放的で絶景!気持ちの良い所です(^^)

IMG_3824_convert_20170416200656.jpg

日和山からの景色。正面に見える港は妻良港。

IMG_3819_convert_20170418124053.jpg

ベンチやテーブルもあるので絶景を見ながら弁当を食べるのも良さそうだ。

しかし誰も居ない。先ほどの千畳敷と同様に「過疎スポット」です(笑)

青野大師ダムから過疎スポット三連発ですね(^^;

IMG_3811_convert_20170416200628.jpg

R136(マーガレットライン)に戻って夕日ケ丘休憩所で早めのランチ。

そしてランチ休憩後は再び「過疎スポット」に向かいました(^^;

続きは後編で。


オクシズ井川から南アルプスの眺望

IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

お気に入りのオクシズでサイクリングしてきました。

ライド日は4月13日。起点の川根までは車載。

川根の道の駅を起点にしたオクシズ周回コースです。



出発してまずは大井川沿いを下流に向かって走ります。

大井川左岸沿いの県道を進むと塩郷の吊橋が前方に見えてきます。

吊橋の長さは220m。橋板は木製で細いので人が並んで歩く事は不可能。

IMG_3632_convert_20170414134545.jpg

橋板の幅が細いので下がスカスカでよく見えます。

大井川鉄道の線路の上を越えるのでタイミングが合えば下をSLが通過します。

下を走る県道から見上げた塩郷の吊橋。

IMG_3636_convert_20170414134557.jpg

チャリを連れて往復します。相変わらず楽しい吊橋だ(^^)

等間隔で人がすれ違える場所が設けてあります。

IMG_3629_convert_20170414134532.jpg

吊橋のすぐ上流側にある塩郷ダム。吊橋から正面の姿を拝む事が出来ます。

IMG_3628_convert_20170414143257.jpg

復路は動画撮影しながらの渡橋。

揺れる吊橋でチャリを押し歩きながらなので相変わらずブレブレですが(^^;

塩郷の吊橋・渡橋動画

下の県道を走る車からマヌケな姿を見られていたでしょうね(笑)

笹間川ダムに到着。何度も来てますが毎回クレストゲートから放流してます。

IMG_3639_convert_20170414134609.jpg

清笹峠を越えて南アルプス公園線(県道60号)に入りました。

藁科川に沿って満開の桜を眺めながら進みます。

IMG_3649_convert_20170414134620.jpg

しばらく平坦基調。そして登りに入っても勾配は緩め。

山道区間に入ると道を横切るカモシカの姿を結構見ました。

伊豆の山では鹿を多く見ますがオクシズではカモシカが多い。

何度も走ってるオクシズエリアですがカモシカを見なかった事は1度も無い。

標高が上がってくると見晴らしの良い区間に出ます。

IMG_3656_convert_20170414134803.jpg
IMG_3657_convert_20170414134816.jpg

富士見峠に到着。峠には展望台とトイレがあります。

IMG_3669_convert_20170414134828.jpg

展望台からの眺め。大無間山や赤石岳、荒川岳(荒川三山)など南アルプスの山々。

IMG_3672_convert_20170414134841.jpg

小休止していると近くで獣の気配・・。熊かと思い焦りましたがカモシカでひと安心(^^;

逃げる気配も無くカメラ目線です。

IMG_3674_convert_20170414134855.jpg

富士見峠からもうひと登りしてリバウェル井川スキー場に到着。

静岡市営の小さなスキー場。3月12日で冬季営業は終了してます。

IMG_3713_convert_20170414135038.jpg

ゲレンデからは正面に南アルプスの山々で絶景!

ここはお気に入りの南アルプス眺望スポットです。

IMG_3691_convert_20170414134921.jpg
IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

先ほどの富士見峠より標高が高くゲレンデなので高い木が無い為に眺めが良い。

IMG_3682_convert_20170414134908.jpg

赤石岳のアップ。

IMG_3714_convert_20170414135052.jpg

眼下には井川湖。

IMG_3694_convert_20170414135000.jpg
IMG_3696_convert_20170414135011.jpg

反対側は富士山が見えるはずなのですが残念ながら雲隠れ。。

まぁ綺麗な青空で南アルプスの景色を満喫できたので贅沢は言えないかな。

IMG_3702_convert_20170414135024.jpg

井川ダムまで下ってきました。数少ない中空重力式コンクリートダムのひとつ。

大井川本流を堰き止める中空重力式三兄弟で一番下流側に位置するダム。

この上流に同じ中空重力式の畑薙第二、第一ダムがあります。

IMG_3724_convert_20170414135119.jpg

井川湖の背後、山の中央部が先ほどまで居たリバウェル井川スキー場。

IMG_3721_convert_20170414135105.jpg

井川ダムからデポ地の道の駅までは多少の登りはあるけど概ね下り基調。

眼下に奥大井湖上駅。エメラルドグリーンの湖に赤い鉄橋が映えます。

接阻湖(長島ダム湖)に架かる鉄橋の間にある大井川鉄道井川線の駅。

IMG_3726_convert_20170414135132.jpg

長島ダムに到着。国交省が管理する大井川水系では唯一の多目的ダム。

エメラルドグリーンのダム湖が美しい。

IMG_3727_convert_20170414135144.jpg
IMG_3730_convert_20170414135157.jpg

私は既に入手済みですが先ほどの井川ダムとこの長島ダムではダムカードを配布してます。

このオクシズエリアで他にダムカードを配布しているのは畑薙第一ダムと大間ダム。

なのでこのエリアを走り1日で4枚のダムカードをゲットする事が可能です。

ダムカードの配布時間や場所などはこちらのサイトが参考になります。

千頭駅に停車中のSL。桜も満開で見頃なので平日ですが人が結構多かった。

IMG_3732_convert_20170414135209.jpg

桜の名所、駿河徳山でもSLとのコラボ写真を撮るために待ち構えている方が居ました。

IMG_3738_convert_20170414135236.jpg
IMG_3733_convert_20170414135222.jpg

道の駅に到着して本日のサイクリングは終了。距離126.5km、獲得標高2373mでした。


井川など大井川上流部は人も車も少なく静かな雰囲気で景色を楽しめるので良いですね。

静岡市街地からかなり離れていて携帯圏外の場所も多い。しかしこれでも政令指定都市・静岡市葵区(笑)

政令指定都市の行政区としては驚異の最高地点、標高3189.5m。(間ノ岳の山頂)

なかなか凄い所です。。もちろん誉め言葉ですよ(笑)

静岡県内で1番のお気に入りダート、林道東俣線もあるしチャリで走って楽しいエリア。

これからも何度もオクシズにはお世話になります。

絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 後編

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg

前回からの続きです。

白樺湖でランチ休憩。平日なので湖畔近くの飲食店は軒並み休み。。

温かい物を食べたかったけど結局近くのコンビニで買ったおにぎり(^^;

ここからの写真だと分かりづらいけど湖面は半分以上凍っていました。

IMG_3471_convert_20170407130840.jpg

本日のハイライト、霧ヶ峰に向かってビーナスラインの登り。

蓼科側と比べて高い木が生えてない為、日当たりが良く暖かい。

路面は雪も無く完全ドライのコンディション。

IMG_3478_convert_20170407130906.jpg

振り返ると白樺湖と背後には蓼科山。

IMG_3479_convert_20170407130918.jpg

平日で全線開通前。なので平日の西伊豆スカイライン並の交通量の少なさ。

静かな雰囲気で絶景ロードを満喫できます。

IMG_3480_convert_20170407130930.jpg
IMG_3482_convert_20170407130943.jpg

時間に余裕があり急ぐ事も無いので展望台がある度に脚を止めます。

まぁ全力で登っても速く登れませんけどね(笑)

IMG_3486_convert_20170407130959.jpg

白樺湖が眼下に。上からだと湖面が半分以上凍っているのが分かります。

全線開通する頃には解けるので今ならではの光景ですね。

IMG_3488_convert_20170407131011.jpg
IMG_3489_convert_20170407131026.jpg

八ヶ岳連峰も位置や高さによって違った表情になるので眺めていて飽きない。

IMG_3490_convert_20170407131039.jpg

八ヶ岳連峰と南アルプス。そして眼下には茅野の街並み。

IMG_3494_convert_20170407131051.jpg

前方に車山が見えてきました。

IMG_3496_convert_20170407131104.jpg

車山高原スキー場は4月2日で今季の営業終了。

その為か車山高原も人が少なくビーナスラインの交通量も極少。

IMG_3497_convert_20170407131127.jpg

来た道を振り返る。蓼科山と八ヶ岳連峰が美しい!

雪が残っている時期のビーナスラインからの眺めはまたひと味違いますね!

IMG_3501_convert_20170407131141.jpg
IMG_3503_convert_20170407131154.jpg

霧ヶ峰富士見台展望台に到着。

IMG_3510_convert_20170407131253.jpg

その名の通りにここからは八ヶ岳や南アルプスと並んで富士山が見える場所。

しかし今日は春霞の影響もあって富士山の姿は見えず。。

過去に晴れた日に何度もビーナスラインを走っていますが霧ヶ峰から富士山が見える時はかなり条件の良い日です。

昨年5月のライドでは過去最高の天気だったので富士山がばっちりと見えました。

その時の写真。また空気の澄み渡った快晴の日に走りたい!

CIMG4281_convert_20170407140245.jpg

まぁ、今日も快晴だし八ヶ岳連峰や南アルプスが綺麗に見えるので贅沢は言えませんね。

標高が上がり霧ヶ峰から見る八ヶ岳連峰の姿は圧巻で最高です!

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg
IMG_3509_convert_20170407131238.jpg

南アルプスと眼下には茅野の市街地。

IMG_3512_convert_20170407131307.jpg

春霞の影響で霞んでいますが中央アルプスも見えます。

IMG_3515_convert_20170407131319.jpg

霧ヶ峰富士見展望台から1kmほど進むと登りのピーク。

そこから登山道を約2km歩いて車山の山頂までプチ登山する予定でしたが。。

しかし登山道は残雪で歩くと足首まで完全に埋まる状態でした。

前半の雪道歩きで靴や靴下はまだ濡れた状態。これで更に雪道を4km歩くのは辛いので断念しました。

ビーナスラインの下り。この辺りの路面も除雪済みで完全ドライ。

IMG_3521_convert_20170407131334.jpg

しかし路肩には多くの雪が残っているので実質1.5車線状態。

当然、車はセンターラインを越えてくるので注意が必要ですね。

この日は交通量極少だったのでこの区間でも貸し切りでしたが(笑)

IMG_3528_convert_20170407131348.jpg

霧の駅まで下るとビーナスラインは北側に進路を変えます。

本来は美ヶ原まで抜けられるのですがまだ冬季閉鎖中。

なので閉鎖ゲートがある4.5km先の八島湿原まで行っての折り返し。

そのゲート地点に到着。この日以降、気温も上がったので雪解けも進んだでしょうね。

IMG_3529_convert_20170407131402.jpg

ゲートの先のビーナスラインの道筋。

この直線区間の先には北アルプス。そして諏訪湖を見下ろせるポイントもあります。

次回は美ヶ原高原とセットにする予定なので全線開通まで楽しみはお預けですね。

エサを前にお預け状態の犬になった気分です(笑)

IMG_3530_convert_20170407131417.jpg
IMG_3542_convert_20170407131459.jpg

八島湿原の散策は冬季でも可能。単なる雪原にしか見えませんが(笑)

冬季は訪れる人も少ない為、ここまで歩くのも膝下まで埋まったりしました(^^;

IMG_3535_convert_20170407131431.jpg

湿原の周囲に遊歩道が続いていて景色が良いのですが雪で歩くのは断念。

少なくともサイクルシューズで歩ける状態では無かった。

IMG_3536_convert_20170407131444.jpg

霧の駅まで来た道を引き返します。その途中からみた八島湿原。

IMG_3553_convert_20170407131513.jpg

霧の駅から今度は茅野の街に向かって長い下り。正面に南アルプス。

IMG_3558_convert_20170407131528.jpg
IMG_3569_convert_20170407131559.jpg

左側には八ヶ岳連峰。本日のコースでは八ヶ岳三昧ですねー。

IMG_3566_convert_20170407131543.jpg

霧ヶ峰湿原植物群落。雪が残っている野原にしか見えませんが(^^;

先ほどの八島湿原もそうですが湿原は夏の方が景色が良いと思う。

IMG_3572_convert_20170407131613.jpg

茅野の街まで下ってきました。単なる農道の様な道ですが景色が良いので脚を止めてしまいます。

IMG_3576_convert_20170407131629.jpg

早朝にも走った八ヶ岳エコーラインへ。その名の通り八ヶ岳が美しい絶景ロード。

早朝とは違って帰路は順光。そして気温も上がって暖かい。

IMG_3577_convert_20170407131643.jpg

早朝は残っていた畑の雪も解けた模様です。畑の向こうには南アルプス。

IMG_3583_convert_20170407131657.jpg

のどかな畑の中を通る道。両側は八ヶ岳連峰と南アルプスで絶景!

この道は何度か走っているけどやっぱり良いですね。快晴なので最高!

IMG_3585_convert_20170407131710.jpg

今日は諦めていた富士山。若干霞んでますが南アルプスの脇から姿を現しました。

IMG_3592_convert_20170407131727.jpg

今日は八ヶ岳や南アルプスを満喫したので富士山は見えなくても満足でしたがやっぱり日本一の山。見えると得した気分になりますね。

IMG_3597_convert_20170407131741.jpg

富士山は言うまでも無く標高日本一の山ですがここから見える北岳は標高では二番目。

なので標高ツートップの山を同時に見る事が出来ます。

ゴールまで絶景は続きます。見る位置によって違う表情の八ヶ岳連峰。

ライドを終えるのが名残惜しくいつまでも眺めていたい気分になります。

IMG_3598_convert_20170407131753.jpg

本日は距離118km、獲得標高2217mでした。


ライド後は余韻に浸りながらの温泉。気持ち良い(^^)

入浴でサッパリした後はほうとうを食べてから帰宅しました。


今年初の長野遠征。天気も上々で気持ちの良いサイクリングでした!

雪道歩きなど苦労も多かったけど・・(笑)

今年も長野県にはお世話になります。次回の長野遠征は何処かな。

そして暖かくなりその他各地の遠征も色々と予定しているので楽しみ!


絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 前編

IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

2017年初の長野遠征です。


先月は年度末だったので普段よりは仕事してました(笑)

(3月は距離734.7km、獲得標高16807mでした)

4月に入り普段通りに戻ったので遠征ライドを増やしたいと思います。

これから冬季通行止めが解除される絶景山岳ルートも増えますしね。


遠征日は4月4日・火曜日。

当初の遠征予定地の第一、第二候補が先週の雪で厳しくなりました。

そこで第三候補だったビーナスラインをメインとしたルートに決定。

ビーナスラインは昨年5月のライドの様に美ヶ原高原とセットにするのが王道だと思います。

しかしビーナスラインの全線通行止め解除は4月21日の予定。

なのでビーナスラインは通行可能な部分を組み込んでのコースプラン。

昨年走らなかった蓼科側を組み込んだので丁度良かったかな。

トランポで道の駅・小淵沢を起点に八ヶ岳エコーラインからのアプローチ。

この時期なので春霞がありますが晴れていれば絶景が確約されたルート。

ちなみに何度も走ってるビーナスラインですが昨年5月は過去最高の天気でした。

美ヶ原高原・王ヶ鼻からの景色は圧巻なので全線通行止め解除になったらまた行きたい。



道の駅を早朝に出発。ここをデポ地にするのは野辺山や瑞牆山に行った昨年10月以来

日帰り温泉が併設されているのでライド後に汗を流し夕食も済ませる算段です。

スタート時点で既に標高が900m超なので寒い!

伊豆の同じ標高地点より明らかに寒い。スタートから登りですが汗が出ません。

スタートの小淵沢は山梨県なので今年初めての山梨県でもありますね。

八ヶ岳エコーラインに入るとすぐに県境。路面は路肩寄りが所々で凍結。

早朝で交通量も無いのでセンターライン寄りを走行しました。

IMG_3333_convert_20170405151413.jpg

4月ですが森の中を見るとまだ冬の景色。

IMG_3334_convert_20170405151427.jpg

富士見高原から。朝日を浴びた南アルプスが美しい。

今年初の長野遠征ですが上々の天気です。

IMG_3341_convert_20170405151449.jpg
IMG_3336_convert_20170405151438.jpg

富士見高原から一旦下って八ヶ岳エコーラインの平坦区間。

畑の向こうに北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳など南アルプスの山々で絶景。

IMG_3360_convert_20170405151502.jpg
IMG_3365_convert_20170405151514.jpg

反対側も八ヶ岳連峰で絶景なのですが早朝だとモロに逆光。。

八ヶ岳エコーラインは帰路でも通るし今回のルート上ではほとんどの場所から八ヶ岳連峰を拝めるので早朝の写真は無し。

前方に蓼科山やこれから登る山々の姿が見えてきました。

IMG_3370_convert_20170405151541.jpg

雲ひとつ無い快晴。しかしクソ寒い!!顔と指先が冷え過ぎて痛い!

IMG_3380_convert_20170405151555.jpg

ビーナスラインに入って本格的に登りの開始。と言っても全体的に勾配は緩め。

冷えた身体に心地よく感じられる登りです。

IMG_3388_convert_20170405151609.jpg

路面に雪は無いけど蓼科高原はまだまだ冬の景色ですね。

IMG_3390_convert_20170405151620.jpg

蓼科湖に到着。平日の朝なので誰も居ない(笑)

IMG_3395_convert_20170405151632.jpg
IMG_3400_convert_20170405151646.jpg

天城高原と同様に蓼科高原も鹿の楽園状態。20頭以上は見ました。

IMG_3403_convert_20170405151711.jpg

蓼科湖を過ぎると路面の雪が目立ち始めて所々で押し歩き。

IMG_3401_convert_20170405151659.jpg

更に進むと残雪が多くなりました。轍の部分は走れる様に見えますがアイスバーンで危険。

IMG_3405_convert_20170405151726.jpg
IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

結局、この辺りから女神湖までの間では累計5kmほど押し歩きになりました。。

もうライドでは無くチャリを連れた単なる雪道歩きですね(^^;

オマケに靴下まで染み込むほど濡れたのでつま先が冷えて辛かった。

まぁ、その代償で景色は良い。これで曇り空だったら罰ゲームに等しい(笑)

歩きと乗車を繰り返して女の神展望台に到着。

IMG_3413_convert_20170405151752.jpg

八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプスが見渡せる絶景スポット。

IMG_3417_convert_20170405151817.jpg
IMG_3423_convert_20170405151831.jpg
IMG_3430_convert_20170405151845.jpg

やっぱり残雪の八ヶ岳連峰の姿は美しいですね。

昨年10月のライドの時は反対側から八ヶ岳連峰を眺めてました。

IMG_3416_convert_20170405151803.jpg

スズラン峠に到着。轍の部分も完全に凍っていて滑ります。。

IMG_3434_convert_20170405151900.jpg

ここまでの登りよりスズラン峠からの下りが大変で苦行でした。

相変わらずの単独ライド。怪我は避けたいので慎重に歩きます。

IMG_3438_convert_20170405151914.jpg

救いは目に入る景色が絶景という事と交通量が無い事。

この界隈のゲレンデが4月2日で今季の営業を終了した影響かな。

白樺高原から一旦ビーナスラインを離れて女神湖方面への道へ。

相変わらず路面に雪があるけど開放感があって眺めの良い道。

IMG_3441_convert_20170405151945.jpg

この後に向かう白樺湖方面の景色も見えてきます。

IMG_3440_convert_20170405151928.jpg

そして、その向こうには北アルプスの山々の姿が。

やっぱり信州の山岳風景は別格と言うか最高ですね!

IMG_3444_convert_20170405151957.jpg
IMG_3447_convert_20170405152010.jpg

夕陽の丘展望台に到着。石碑の所まで行くのに膝まで埋まり大変でした(笑)

IMG_3459_convert_20170405152037.jpg
IMG_3456_convert_20170405152023.jpg

見上げると蓼科山の姿が近付いてきました。

IMG_3461_convert_20170405152048.jpg

女神湖に到着。背後の山が蓼科山。

単なる雪原の様に見えますが全面凍結した湖面に積雪した湖の姿。

IMG_3463_convert_20170405181819.jpg

湖畔のボートが湖である事を物語っています。

IMG_3468_convert_20170405152112.jpg

こちらの写真は昨年5月に立ち寄った時の女神湖。

CIMG4243_convert_20170405151402.jpg

凍った女神湖を見るというのが今回の目的のひとつだったので見られて良かった!

ここから白樺湖までは除雪もしてあり安心して乗車できました。

雪解け水で濡れているのでチャリも服もかなり汚れましたが。。

白樺湖に到着。綺麗な青空で良い景色。

IMG_3469_convert_20170405152123.jpg

そして、この先からビーナスラインのハイライト区間。

天気も上々。これから登る道筋を眺めワクワクします!


続きは後編で。


«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果