FC2ブログ

蔵王の絶景を満喫!エコーラインと山頂の御釜

IMG_8355_convert_20170907114905.jpg

9月4日(月)、先月の新潟以来、1か月ぶりの県外遠征。

泊まりで2日間走ります。月初は仕事が暇なので・・(笑)

今回の遠征先は東北。1日目は蔵王エコーラインを含めたコース。

最後にエコーラインを走ったのは埼玉時代なので久しぶりです。


起点とした道の駅七ヶ宿まではトランポ。伊豆から遠く運転だけで疲れる。。

日の出時刻と共に出発。東北地方は伊豆より日の出時間が早い。



まずはアップ代わりにひと山越えて白石市方面へ。

不忘山の麓にある長老湖に立ち寄り。今日も晴天で絶景が期待出来そうだ(^^)

IMG_8207_convert_20170906214457.jpg

早朝で交通量の全く無い県道。不忘山を正面に見ながらの走行。

IMG_8208_convert_20170906214508.jpg

反対の福島方面の景色。手前の山々の向こうには吾妻小富士。

IMG_8214_convert_20170906214523.jpg
IMG_8217_convert_20170906214534.jpg

七ヶ宿から県道でひと山越えて白石市経由で蔵王町に入りました。

遠刈田温泉から少し進むと蔵王エコーラインの入口。

お馴染みの赤い鳥居がお出迎え。

IMG_8223_convert_20170906214547.jpg

序盤の登りは木々に囲まれ眺望は無いので淡々とペダルを回します。

途中の滝見台から見た三階の滝。

IMG_8228_convert_20170906214600.jpg

滝見台からは少しづつ景色が開けてきます。

平日でまだ早朝なので西伊豆スカイライン並の交通量の少なさで快適(^^)

動いていないと肌寒い位の気温なので登りには丁度良い。

IMG_8233_convert_20170906214614.jpg
IMG_8249_convert_20170906214627.jpg

九十九折れ区間を抜けて蔵王の山頂部に近くなってきました。

上の方まで来ると雲が少し出てきましたが相変わらず良い天気。

IMG_8267_convert_20170906214638.jpg
IMG_8273_convert_20170906214651.jpg

下界で晴れていても山頂付近では濃霧で撃沈した事も過去にあったけど今日は大丈夫そうだ。

IMG_8276_convert_20170906214704.jpg

こまくさ平展望台に到着。サイクルラックがあります。

ここの売店はまだ時間が早かったので開いていませんでした。

IMG_8280_convert_20170906214717.jpg

チャリを置き遊歩道を歩いて展望台へ。

IMG_8282_convert_20170906214732.jpg

展望台からの眺め。谷を挟んで正面に蔵王連峰の迫力ある景色!

こまくさ平

こまくさ平2

断崖から流れ落ちる不帰の滝(かえらずのたき)

IMG_8287_convert_20170906214745.jpg

スタートから絶景を満喫してきたけどここまではプロローグみたいな物。

メインは山頂部から見下ろす蔵王の御釜。

山頂部までの有料道路・蔵王ハイラインは残念ながら自転車の通行不可。

なので山頂部まで行くには蔵王刈田リフトに乗るか登山道を歩いて登るかの二択。

もちろん私は無料の歩きを選択(笑)大黒天駐車場にチャリを置いて登ります。

IMG_8301_convert_20170906214759.jpg

まずは刈田岳の山頂を目指す。1.5kmで320mの標高差を登ります。

平日ですが天気が良いので何人かの登山者が登っていました。

そんな中、ヘルメットにサイクルジャージ、ビンディングシューズの場違いなスタイルで登る中年が1人(笑)

大黒天からの登山道は景気が素晴らしいので登るならここからがオススメ。

絶景なので写真撮影で度々足を止めてしまう。歩きでの登りも苦にならない。

IMG_8307_convert_20170906214828.jpg
IMG_8303_convert_20170906214813.jpg

標高が一気に上がり眼下には蔵王エコーラインの道筋。

崩れた崖の淵の様な所が先ほど立ち寄ったこまくさ平展望台。

上から見下ろすと凄い所に展望台があるのがよく分かる。

IMG_8314_convert_20170906214842.jpg

この辺りは遮る物が無く眺望抜群。歩くのが楽しい(^^)

IMG_8325_convert_20170906214856.jpg
IMG_8329_convert_20170906214910.jpg
IMG_8385_convert_20170906215138.jpg

最後の急坂で標高を上げるとその登山道も眼下に。刈田岳山頂まであと少し。

IMG_8333_convert_20170906214929.jpg

避難小屋が見えてくると刈田岳の山頂に到着です。

IMG_8341_collage_convert_20170906214957.jpg

そして山頂からは今回のメイン、蔵王の御釜で絶景!!

晴天時のここからの眺めは最高です!晴れて良かった(^^)

IMG_8337_convert_20170906214943.jpg

エメラルドグリーンの御釜の右側には五色岳。

刈田岳から正面の熊野岳までの稜線上が馬の背。

刈田岳・お釜

刈田岳山頂から稜線上の馬の背まであと1.5kmほど歩きます。

途中に御釜展望台があります。遊歩道の先に山頂レストハウスがあり車やバイクだと蔵王ハイラインを登ってここまで来る事が可能です。

なのでこの辺りは軽装の方が多い。まぁ私もチャリ装備なので軽装ですが(^^;

IMG_8347_convert_20170906215011.jpg

展望台から見た御釜。先ほどの刈田岳からとは少し違う角度。

IMG_8352_convert_20170906215025.jpg

馬の背の登り。標高差はあまり無いので緩やかな斜面。

IMG_8354_convert_20170906215040.jpg

馬の背から見下ろした御釜。ここから見る御釜が1番好きです(^^)

IMG_8355_convert_20170907114905.jpg

刻々と変わる雲の位置。御釜の水面も当たる光の加減で色が変化します。

IMG_8364_convert_20170907115323.jpg
IMG_2592_convert_20170907114300.jpg

色々な角度からの御釜を堪能したので来た道を戻り下山します。

山頂レストハウスに立ち寄り余韻に浸りながらカツカレーを食す。

IMG_8372_convert_20170906215123.jpg

下りでも度々足を止めて写真撮影していたのでそれなりに時間がかかった。

大黒天駐車場から山頂までの往復。写真撮影などの時間を考慮すると2時間半から3時間位は見ておいた方が良いと思います。

登山道からの景色も絶景ですが時間が無い方や歩くのが嫌な方はリフトに乗れば楽できます。

大黒天駐車場まで戻って来ました。チャリも無事にあってひと安心。

IMG_8394_convert_20170906215153.jpg

チャリに跨りサイクリング再開。エコーラインのピークまであと少し登ります。

IMG_8396_convert_20170906215209.jpg

蔵王刈田リフトの乗り場が登りのピーク。

IMG_8399_convert_20170906215222.jpg

下りになると上山市に入ります。上山の田園地帯まで一気に下ります。

IMG_8410_convert_20170906215237.jpg

田園風景が広がる下界まで下って来ると残暑で暑い!

IMG_8418_convert_20170906215309.jpg

見上げると先ほどまで居た蔵王の山。

IMG_8417_convert_20170906215253.jpg

再び登りでひと山越えてデポ地の七ヶ宿町まで戻って来ました。

IMG_8421_convert_20170906215322.jpg

絶景を満喫した1日でしたが〆は私らしくこれ(笑)

以前貰った物からバージョンアップしていました。(その時も同じコースを走った)

通算149枚目のダムカードゲット。絶景&ダムカードで大満足の1日でした(^^)

IMG_2616_convert_20170906214445.jpg

本日は距離120.5km、獲得標高2771mでした。・・プチ登山含む(笑)


久しぶりの蔵王ライド。天気に恵まれ絶景を満喫できて最高でした!

ライド後は温泉で汗を流し夕食を食べてから車中泊。

翌日はこの七ヶ宿からも比較的近い今年2度目となる「あの場所」へ。。

IMG_8499_collage_convert_20170907122926.jpg

今回の東北遠征のテーマはライド&プチ登山。

翌日はペダルを回している時間より歩きの時間の方が長かった(笑)



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

TAKA1618

伊豆半島東部在住の40代中年自転車乗り。
2013年に埼玉県から伊豆に移住。
速さの追求とは無縁のお気楽チャリダー。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってますが絶景を求めてたまに県外遠征をしてます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

TAKA1618さんのランキング集計結果