FC2ブログ

乗鞍絶景ライド・後編 乗鞍スカイラインと上高地

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

前回からの続きです。

長野側から乗鞍エコーラインを登り県境を越え畳平に到着。

平日ですが天気が良いのでシャトルバスで登ってきた登山者、観光客もそれなりに居ました。

IMG_9052_convert_20171002111900.jpg

剣ヶ峰への登山も考えましたが今回は見送り。

今日はSPDシューズで来ていますが剣ヶ峰への登山は替えの靴があった方が良いかもしれない。

剣ヶ峰への登山は見送り昨年の乗鞍ライドと同様に魔王岳へのトレッキング。

畳平から魔王岳山頂(標高2764m)まで10分ほどで登れるのでお手軽。

私はSPDシューズですが昨年一緒に登ったロード乗りの方はSPD-SLで登っていました。

IMG_9041_convert_20171002111846.jpg

昨年同様の晴天で北アルプス、穂高連峰もクッキリ。槍ヶ岳の山頂も綺麗に見えました。

IMG_9033_convert_20171002111832.jpg

眼下にはこのあと平湯まで下る乗鞍スカイラインの道筋。

湿度も低めだったので遠くまで見渡せます。やっぱり乗鞍は最高ですね!

20179268.gif

上から見下ろした鶴ヶ池。乗鞍岳周辺に少し雲が集まってきましたが相変わらず綺麗な青空で良い天気。

20179269.gif

余談ですが歩いている時に年配の方に「靴に滑り止めの金具が付いていて歩きやすそうだね」と言われた。

SPDシューズなのでむしろ歩き辛いのですが・・(^^;


レストハウスで早めのランチ。改めて昨年の記事を読み返してみたら同じ物を食べていた(笑)

IMG_9053_convert_20171002111913.jpg

上の方が雲に包まれてしまわないうちに食べたらすぐに下山。

乗鞍スカイラインで平湯まで豪快な下り。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9054_convert_20171002111927.jpg

もちろん私は度々脚を止め写真撮ったりしてるので下りでも遅いです(笑)

201792610.gif
201792611.gif

乗鞍スカイラインの紅葉は見頃一歩手前でした。

IMG_9069_convert_20171002111946.jpg

絶景を目に焼き付けながらノンビリ下りいよいよ乗鞍スカイラインのハイライト区間へ。

201792612.gif

この区間は本当に最高!一気に下ってしまうのはもったいないので通過に時間を要します(笑)

IMG_9078_convert_20171002112000.jpg
IMG_9080_convert_20171002112015.jpg

刻々と変わる雲の位置や形。斜面に落とす影の位置も刻々と変わる。

そして見下ろす乗鞍スカイラインの曲線美が本当に美しい。

IMG_9090_convert_20171002112046.jpg

乗鞍エコーラインを登り畳平で折り返すコースプランの方でも岐阜側のこの辺りまで下る事をオススメします。

少し登り返せば畳平に戻れるし絶景なので登り返しも苦にならない・・と思う。

IMG_9087_convert_20171002112031.jpg

路肩にワンボックス車が何台かとまっていたけど撮影スタッフの車でした。

新作ウエアのカタログ用の撮影をしているとの事。ドローンも飛ばしていました。

IMG_9093_convert_20171002112101.jpg

標高が下がってくると高い樹木が復活。相変わらず穂高連峰は綺麗に見えてます。

IMG_9096_convert_20171002112116.jpg
IMG_9098_convert_20171002112131.jpg

この日は思ったほど下りは寒くなく用意していたインナーグローブを使う事は無かった。

平湯まで下ったら再び登りの始まりで安房峠越え。

この安房峠でも過去に熊と遭遇した事があるので熊除けのベルを鳴らしながら登る。

たまに通過するバイクの排気音が心強く感じます(笑)

振り返ると乗鞍岳の上の方は雲に包まれていたので丁度良い時間に登れたのかもしれません。

IMG_9100_convert_20171002112150.jpg

安房峠に到着。県境の峠でここから再び長野県。

峠に到着すると晴天なら正面に穂高連峰がお出迎え。

IMG_9101_convert_20171002112204.jpg

この後に上高地に行くかは安房峠から穂高連峰の見え具合で判断してます。

今日は天気も上々なので上高地に立ち寄る事が決定です。

IMG_9104_convert_20171002112220.jpg
IMG_9108_convert_20171002112236.jpg

釜トンネルの入口まで下って来ました。この先は乗鞍同様にマイカー規制で通行可なのは許可車両と徒歩そしてチャリだけ。

IMG_9112_convert_20171002112252.jpg

トンネル入口に監視員が居て注意事項の書かれた紙を渡されます。

内容は上高地バスターミナルの先はチャリの持ち込みが禁止という事。

私の様にリピーターならその事は承知しているので紙の無駄になるので貰う必要はありません。

「地獄の釜トン」と呼ばれた旧トンネルより広くなりましたが勾配は同じ。

1.1kmの長さでオール11%の登りなので平均勾配11%。

IMG_9113_convert_20171002112308.jpg

急勾配の釜トンネルを抜けると昨年開通した上高地トンネル。

IMG_9116_convert_20171002112326.jpg

上高地トンネルを抜けると大正池がお出迎え。背後には穂高連峰。

IMG_9121_convert_20171002112341.jpg

上高地バスターミナルに到着。一応、自転車置き場があります。

自転車の主と会う事は無かったけど数台の先客が居ました。

IMG_9137_convert_20171002112508.jpg

川沿いの道を散策。いつ来ても上高地の梓川は綺麗で美しい。

IMG_9124_convert_20171002112359.jpg
IMG_9125_convert_20171002112416.jpg

有名な上高地の河童橋は平日でも多くの観光客で賑わっています。

IMG_9128_convert_20171002112434.jpg

河童橋の上から。綺麗な梓川と背後の穂高連峰。いつ見ても美しい景色(^^)

IMG_9131_convert_20171002112451.jpg

河童橋やバスターミナル周辺は登山客、観光客がいっぱいで落ち着かないので写真撮って散策を終えたらすぐに退散(^^;)

大正池の方まで戻ると人も少なくマッタリ出来ます。そういえば昨年も同じ様にここで最後の休憩をしていたなぁ(笑)

IMG_9138_convert_20171002112524.jpg

後は起点の沢渡駐車場までオール下り。最後にもう一度見納めの大正池。

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

急勾配の釜トンネル。上の方の路面には滑り止めの縦溝があります。

(写真は縦溝区間を通過した先ですが・・)

二輪には不評の路面の縦溝。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9143_convert_20171002112555.jpg

釜トンネルを抜けるとR158に合流。下り基調でスピードが出ます。

坂巻温泉入口にあるトンネルはトンネル内に縦溝があり路面も濡れている事が多いので要注意。

釜トンネル方向から来ると下り基調なのでくれぐれも速度は控えめに!

沢渡駐車場に到着して本日のライドが無事に終了。

距離93.5km、獲得標高2703mでした。


上高地へのバス発着場でもある沢渡駐車場には足湯やトイレ、更衣室があります。

IMG_9144_convert_20171002112610.jpg

ライド後は温泉で汗を流してから帰宅しました。

トランポの場合、平日だと休日と違って帰りの高速道で渋滞にハマる事はありません。

しかし10~11月の紅葉シーズンの平日は東名や中央道の集中工事があるので要注意。

グループライドなら渋滞中も自転車談義で楽しい時間ですがソロだと苦痛です(^^;)


今年の乗鞍ライドも昨年同様の好天で素晴らしい景色を満喫出来ました!

伊豆からだとアクセスも大変で頻繁には行けないので天気は絶対に外したくない(^^;)

また来年行く時も今回の様な晴天で走れる事を祈ります。

そして今回見送った剣ヶ峰への登山もいつか機会があれば是非登ってみたい。

その時は替えの靴持参かな。HAOさんが先日のヒルクラ&登山で導入したトレランシューズなどはチャリでの携帯性と山歩きの両立を考慮すると良いなぁと思いました。

あと途中で会った自転車の方は畳平の銀嶺荘に泊まって剣ヶ峰に登ったとの事でした。

美ヶ原高原の王ヶ頭ホテルやしらびそ高原のハイランドしらびそと同様に以前から泊まってみたい宿のひとつです。

それらの宿に泊まってのコースプランを組んだり妄想するのも楽しい。

と言うかコースは何年か前に既に作ってあるのですが・・(笑)

いつか実現したいです!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

silver

絶景ですねー!!
標高の高い所では、もう紅葉が始まってるんですね。
これからますますサイクリングが楽しい時期ですね^^
絶景と同じくらい気になった、カタログ撮影の撮影画像(笑)
半袖ということは、来春夏用?どこのブランドですかねー
気になる~(笑)

TAKA

◇silverさん
天気も最高で絶景を拝めました(^^)
カタログ撮影のブランドは詳しい事は不明でしたが何度か繰り返し登って撮影していました。
流石にカタログ映えする様なスタイルの良い方々でしたよ。
半袖なので春夏用でしょうね。撮影場所の辺りで標高2600mほどあるので寒そうだなぁと思いながら見ていました(^^;)
非公開コメント

TAKA1618

伊豆半島東部在住の40代中年自転車乗り。
2013年に埼玉県から伊豆に移住。
速さの追求とは無縁のお気楽チャリダー。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってますが絶景を求めてたまに県外遠征をしてます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

TAKA1618さんのランキング集計結果