FC2ブログ

天城縦走 三筋山から八丁池を経由して秘境・皮子平へ

IMG_9427_convert_20171011135357.jpg

10月9日のサイクリング。

今回は今年3回目となる三筋山から八丁池までの縦走。

今年も1月17日のライド3月28日のライドの様に両方向から縦走してますが今回は1月17日と同様に細野高原・三筋山側からのアプローチ。

そして秘境・皮子平も3月5日のライド6月17日のライドに続いて今年3回目。

しかし三筋山、八丁池、皮子平をセットにする縦走は未だに経験が無かった。

なので今回は三筋山から八丁池を経由して皮子平に抜け中伊豆の筏場に下山するルートに挑戦です。



5時前に出発して稲取へ。天気の良い連休ですが流石に早朝はR135も車は少ない。

稲取から山側に進路を変え激坂、急坂を登る。稲取高校とアニマルキングダムの坂がキツい。

前日のライドの疲労が残っているのと舗装路タイヤに比べると抵抗の大きいグラベルタイヤなのでいつもよりキツい!

細野高原はすすきイベントの開催中。10時から16時の間は入山料金を徴収されます。

IMG_9381_convert_20171011135054.jpg

早朝の朝日を浴びた細野高原に到着。良い天気で綺麗な青空。

IMG_9382_convert_20171011135109.jpg
IMG_9383_convert_20171011135124.jpg

細野高原のすすき野原は有名な箱根・仙石原の7倍の面積。

すすきを眺めながら激坂を登って三筋山へ。

最盛期には少し早かったかな。まぁここは私の庭の様な所。また来よう。

IMG_9384_convert_20171011135138.jpg
IMG_9394_convert_20171011135156.jpg
IMG_9397_convert_20171011135213.jpg

三筋山山頂下の駐車場に到着。快晴で天城連山の稜線がクッキリ!

すすきイベント期間中はここを含め所々にベンチが増設されています。

IMG_9398_convert_20171011135230.jpg

前日の疲労が残っている状態で朝からの激坂はキツい。。

この時点で既に疲れていたのでもう素直に下山して帰ろうかと一瞬考えました(^^;)

しかし絶景を拝みたい気持ちが勝ってるので予定通り先に進みます。

細野高原・大蛇の道を見下ろしながら山頂までチャリを担いでのプチ登山。

IMG_9399_collage_convert_20171011135243.jpg

山頂手前にあるビュースポット。海側は薄雲があり伊豆諸島は見えなかった。。

IMG_9404_convert_20171011135256.jpg

三筋山の山頂に到着。山頂までの担ぎ上げで大汗かきました。。

IMG_9407_convert_20171011135311.jpg

山頂から見た天城連山と斜面のすすき。

201710091_convert_20171011134743.jpg

今日はこの三筋山山頂までが第1ステージ。

小休止の後はここから八丁池までの第2ステージに突入です。

尾根沿いに建ち並ぶ巨大風車に沿って縦走。赤いラインは登山道と管理道路との供用区間。

IMG_9415_collage_convert_20171011135324.jpg

相変わらず素晴らしい景色。ベンチとテーブルがあったりして弁当でも食べながらマッタリしたくなる良い所。

天気が良い連休中の伊豆とは思えない静かさで人の気配が全く無い。

居るのは鹿だけ。実際、鹿のフンが散乱しています(笑)

IMG_9426_convert_20171011135340.jpg

八丁池までの標識が所々に設置されています。舗装路ならあっという間の距離ですが。。

IMG_9432_convert_20171011135428.jpg

風車沿いの道と天城連山。快晴で絶景ですが正面に見える天城連山の向こうまで越えなければならない。。

IMG_9427_convert_20171011135357.jpg
201710092_convert_20171011134756.jpg

近くで見ると巨大な風車。

IMG_9431_convert_20171011135413.jpg

管理道路との供用区間も天城連山が目の前で絶景です。

IMG_9434_convert_20171011135443.jpg

ダートの上佐ヶ野林道との合流地点から登山道は森の中へ。

登りのピークまで1.5kmで標高差240mを担ぎ上げます。

IMG_9444_collage_convert_20171011135520.jpg

途中のビュースポット。眼下にすすき野原、その向こうには南伊豆の山々。

IMG_9443_convert_20171011135502.jpg

標高1127mの登りのピークに到着。

IMG_9445_convert_20171011135538.jpg

ここの名物標識。毎回思うけど「らしい」って何なんだ・・(笑)見ると力が抜ける(^^;)

IMG_9446_convert_20171011135558.jpg

ピークからは多少の登り返しがあるけど下り基調。

次の目的地、八丁池と同等の標高なので稼いだ標高を吐き出すのは複雑な気分。

こちらは自然の庭園という場所。

IMG_9449_convert_20171011135617.jpg

自然の庭園を過ぎ荒れた簡易舗装の道を下ってダートの寒天林道に合流。

寒天林道の終点までダートを2.5kmほど登ります。

IMG_9450_convert_20171011135637.jpg

林道終点に到着。ここから100m歩いて八丁池の展望台へ。

IMG_9451_collage_convert_20171011135656.jpg

展望台からは眼下に「天城の瞳」八丁池。

時間の経過と共に天城連山周辺に雲が集まってきたので富士山は雲隠れ。。

まぁそれでも山奥の神秘的な池で良い景色です。

201710093.gif

担いで下って池の畔へ。相変わらず静かでこの日も貸し切りでした。

八丁池は紅葉の名所なので最盛期に合わせてまた来ようかな。

IMG_9459_convert_20171011135751.jpg
IMG_9469_convert_20171011135809.jpg

静かで雰囲気の良い池の畔でランチ。コンビニおにぎりと魚肉ソーセージですが(^^;)

休憩後は進路を東に変え天城の山を縦走。第2ステージが終了して最後の第3ステージに突入。

八丁池から戸塚峠までは高低差が小さいので楽です。

IMG_9470_convert_20171011135828.jpg

岩場を抜けると快適なシングルトラック。そしてブナやヒメシャラが群生する天城の森らしい景色に。

この天城の森の風景が好きなので度々脚を止めて見とれてしまう。

IMG_9476_convert_20171011135908.jpg
IMG_9479_convert_20171011135927.jpg

道中で見かけた毒キノコの一種、ツキヨタケ。主にブナの枯れ木に群生するらしい。

白いヒダは発光性があるので暗闇では光ります。

IMG_9473_collage_convert_20171011135845.jpg

白田峠を過ぎると南斜面をトラバース。起伏は緩やかだけど1.6km程、ほぼ担ぎ。

IMG_9482_convert_20171011135946.jpg

戸塚峠に到着。ここから北側の中伊豆・筏場に下山します。

IMG_9484_collage_convert_20171011140002.jpg

急斜面を担いで下ると噴火口跡の皮子平に到着。

ブナの巨木や細い無数のヒメシャラが群生する天城の秘境。

神秘的な場所で天城の森の中でも最も好きなスポットです(^^)

IMG_9492_convert_20171011140021.jpg

写真より実際にこの場所に行くと感動します。

美しいブナとヒメシャラの原生林。周囲の苔と相まってより美しい。

IMG_9495_convert_20171011140041.jpg
IMG_9496_convert_20171011140104.jpg

皮子平の先は少し登り返し。薮漕ぎ地点を過ぎると下りになります。

IMG_9502_convert_20171011140122.jpg

急坂を下ってダート林道に合流しました。

IMG_9505_convert_20171011140140.jpg

ここから筏場まで8kmほどダート林道のダウンヒル。

上の方は富士山が見えるスポットもあるのですが残念ながら雲隠れ。。

下の写真は3月5日のライド。

IMG_9506_collage_convert_20171011140156.jpg

フルリジッドなのでダートの下りで手が痛くなる。

握力の限界で何度か休憩を入れながらのダウンヒル。

ダートから簡易舗装に変わり激坂を下ると山葵田の広がる筏場に出ます。

そして数時間ぶりに人間に会いました(笑)

IMG_9508.gif

県道に合流してアスファルト舗装が復活すると後は自宅までダートも担ぎも無い普通のサイクリング。

いつもの冷川峠越えルートで帰宅しました。

距離80.3km、獲得標高2256m。

ダートやトレイル、担ぎがあるので数字以上に疲れた。。


8日、9日と2日間、天気の良い中でサイクリングを満喫しました。

しかし30代の頃と比べると疲労の回復が明らかに遅くなりました。

今回も前日の疲労が少し残っていたので午前中は特に身体が重かった。。

なるべく体力を維持したいですね。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

TAKA1618

伊豆半島東部在住の40代中年自転車乗り。
2013年に埼玉県から伊豆に移住。
速さの追求とは無縁のお気楽チャリダー。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってますが絶景を求めてたまに県外遠征をしてます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

TAKA1618さんのランキング集計結果