FC2ブログ

オクシズの秘境・林道東俣線で紅葉狩り

IMG_0440_convert_20171104103627.jpg

11月2日。今回は静岡県内で紅葉ライドです。

県内での紅葉スポットと言えば昨年の10月にも行ったオクシズのダート・林道東俣線。

今年は長雨で紅葉ライドの予定が狂ってしまったけどここだけは絶対に外せない。

雪解け時期の4月28日にも行っているので今年2回目。

コースは同様に畑薙第一ダムから二軒小屋・田代ダムまでの往復。



ここは個人的に静岡県内で最も好きな林道。そして1番の紅葉スポットだと思っています。

オクシズエリアは寸又峡や井川など奥大井の紅葉が素晴らしいけど、その中でもここはピカイチ。

唯一にして最大の問題はアクセスが大変な事・・。

1日の行程で畑薙第一ダムまでの往復の運転が最も疲れる(^^;)

もちろん、輪行だと更に大変。日帰りプランは現実的では無いと思う。。

畑薙第一ダム手前の温泉施設・白樺荘に宿泊するなど1泊でのプランが良いかと。


7時に畑薙第一ダムを出発。天気は上々。最近、MTBはほぼ林道東俣線専用機だ(笑)

この時点でもかなり山奥。auだと畑薙第一ダムの手前から既に携帯は圏外。

こんな場所ですが政令指定都市・静岡市葵区です(笑)

IMG_0193_convert_20171104102719.jpg

上流側に1km進むと沼平ゲート。日中は有人ですが夜間早朝はゲートが閉まってます。

ゲート脇に歩行者用の通路があるのでそこからゲートを通過。

この先、侵入可能なのは関係車両の他には徒歩、そしてチャリです。

IMG_0198_convert_20171104102755.jpg

沼平ゲートの先からダートの始まり。二軒小屋まで約30km、往復で60kmのダートライド。

紅葉スポットは何処も車が普段より増えますがここは一般車両が皆無なので安心して走れます。

素晴らしい紅葉スポットでも人が多いと少々興ざめしてしまうけどその心配は無用。

当然ですが大型観光バスなども居ません(笑)

午前中の早い時間は周囲の山の影になって林道や山の斜面が日陰になります。

日陰の状態だと紅葉の見栄えもイマイチ。なのでこの先の写真は復路で撮った物も混在している事を予め伝えておきます。

道中にある吊橋も往路では同様の理由でスルー。午後の復路で立ち寄ります。

畑薙橋を渡り大井川の右岸に出ると対岸には斜面崩壊場所の赤崩。

IMG_0509_convert_20171104103757.jpg

この先からは登り。しかし全行程を通しても勾配は緩めなので登りは大変ではない。

IMG_0511_convert_20171104103813.jpg

眼下に大井川の本流。そして周囲の紅葉が素晴らしい。

IMG_0492_convert_20171104103744.jpg

周囲の紅葉を眺めながらダートを満喫して赤石ダムに到着。

ここは大井川本流ではなく支流の赤石沢を塞き止めているダム。

周囲の紅葉、背後には南アルプス・上河内岳。クレスト部の赤いラジアルゲートが素敵。

(個人的にダムのゲートはラジアル式ゲートが最も好きです)

IMG_0226_convert_20171104102825.jpg

IMG_0223_convert_20171104102811.jpg

ダムを見渡せる下流側正面にベンチがあるので小休止。

赤石ダムと周囲の紅葉を眺めながらマッタリ(^^)

何度かここで熊の糞を見た事があるので夜間早朝は徘徊しているのかも。。

IMG_0479_convert_20171104103730.jpg

IMG_0473_convert_20171104103715.jpg

ここから赤石トンネルまでは舗装路。急坂を登りトンネルを通過。

IMG_0459_convert_20171104103701.jpg

トンネルを抜けるとエメラルドグリーンのダム湖がお出迎え。

周囲の紅葉と相まって素晴らしい景色が広がってます。

IMG_0449_convert_20171104103647.jpg

201711021_convert_20171104103446.jpg

少し登った所からダム湖と赤石ダムの提体を見下ろす。

IMG_0440_convert_20171104103627.jpg

新聖沢橋まで下り。そして登り返し。前方には崩れそうな崖の上を走る林道東俣線。

IMG_0439_convert_20171104103615.jpg

法面の補修はしてあるけどカードレールは破壊されたまま。

山側からは常に落石。関係車両以外は通らないので左側通行に拘らない方が無難だ。

IMG_0255_convert_20171104102840.jpg

ダム湖の先端部が近付いてきました。

IMG_0423_convert_20171104103601.jpg

牛首峠に到着して西側に目を向けると山々の間から赤石岳。

このルート上で唯一、赤石岳の姿を拝める場所。

IMG_0414_convert_20171104103532.jpg

3121mの山頂には一等三角点があり国内最高所。(富士山は二等三角点)

IMG_0415_convert_20171104103546.jpg

残雪の上河内岳や赤石岳も良いけど紅葉とのコラボも良いですね。

今年は4月末でしたが5月、6月は残雪の南アルプスと新緑のコラボが拝めます。

下の写真は4月28日の上河内岳と赤石岳。

IMG_4509_collage_convert_20171104103347.jpg

牛首峠から滝見橋まで下り。その名の通り橋の対岸には滝。

IMG_0264_convert_20171104102855.jpg

IMG_0266_convert_20171104102909.jpg

滝見橋からは再び大井川本流と合流。そして再び緩やかな登り。

大井川上流部の本流、支流にはダムの他にいくつかの堰堤があります。

こちらは林道東俣線沿い、大井川本流にある木賊堰堤。

IMG_0271_convert_20171104102921.jpg

紅葉を満喫しながら大井川源流部を走る静かなダート林道。最高だ(^^)

下流側は長雨と台風の影響や堆砂でかなり濁っているけどこの辺りまで来ると水も綺麗になってくる。

IMG_0393_convert_20171104103519.jpg

IMG_0276_convert_20171104102936.jpg

山から水が流れ落ちて滝の様になっている場所が沢山あります。

文字通り南アルプスの天然水。滝の先は路上河川になっていて水量が多い所は足首まで浸かる深さがある。

IMG_0287_convert_20171104102950.jpg

景色が素晴らし過ぎて度々脚を止めてしまいなかなか前に進みません(笑)

IMG_0310_convert_20171104103002.jpg

針葉樹林に囲まれたストレート区間に入ると二軒小屋まであと3kmほど。

復路では下りになるので気持ちの良い高速フラットダート。

IMG_0369_convert_20171104103505.jpg

田代ダム取水堰から流れ落ちる滝が見えてきました。今回の折り返し地点。

IMG_0323_convert_20171104103017.jpg

田代ダムは大井川最上流部のダム。この上流にも小さな堰堤があるけど河川法(提頂高15m以上)のダムではここが最上流部。

そしてこの水系では唯一の東京電力が管理するダム。

IMG_0332_collage_convert_20171104103030.jpg

千枚岳の登山道を少し登ると田代ダム取水堰に行けます。

吊橋の上からは滝となって流れ落ちる大井川を見下ろせます。

IMG_0335_collage_convert_20171104103044.jpg

吊橋から見た上流側の景色。大井川の流れが急です。

IMG_0340_convert_20171104103058.jpg

田代ダムのすぐ近くに二軒小屋があります。相変わらず静かでよい雰囲気。

IMG_0349_convert_20171104103110.jpg

毎回のお約束ですが外のテーブルをお借りしてランチ休憩。

屋外で食べるカップ麺は何故かウマウマ(笑)

IMG_0354_convert_20171104103125.jpg

この二軒小屋で折り返し同じ道で畑薙第一ダムまで戻ります。

ここから担いで伝付峠を越え山梨の早川に抜ける方もいるみたいですが自分の体力では到底無理です(^^;)

(まだリニアの本格的工事が行われている様子は無いけどこのすぐ上流側ではボーリング調査が既に行われているらしい)


復路は牛首峠など登りもあるけど概ね下り基調。

紅葉を眺めながら下り基調の区間は気持ち良いけど速度が出る分、泥はねが激しい(^^;)

IMG_0376_convert_20171104103138.jpg

登山者用の宿泊小屋がある椹島に立ち寄り。

こちらも二軒小屋同様に静かで気持ちの良い場所。

IMG_0403_convert_20171104103225.jpg

休憩しながら改めてチャリを見ると泥だらけ(^^;)

今回は泥はね対策でリヤフェンダーを装着。背中への泥はねは防御できたけど前面は泥だらけ。

ライド後に泥だらけのチャリを車に積むのかと考えると憂鬱になる(笑)

IMG_0401_collage_convert_20171104103205.jpg

万年水溜まりや路上河川も多いので毎回こうなる。

フロントフェンダーも必要かな。学習能力が足りないですね・・(^^;)


往路ではスルーした中の宿吊橋に立ち寄り。

このタイプの吊橋は大井川水系でよく見かける標準形の造り。

ダムと並び大好物の吊橋。もちろんチャリを連れて往復。

IMG_0497_collage_convert_20171104103239.jpg

本日の〆は更に下流側にある畑薙大吊橋。

先ほどの中の宿吊橋より長く全長は181mあります。

ここもチャリを連れて往復。相変わらず楽しい吊橋だ(^^)

IMG_0534_collage_convert_20171104103308.jpg

IMG_0528_convert_20171104103254.jpg

復路はお約束の動画を撮りながらの渡橋。

チャリを押しながらなので相変わらずのブレブレですが・・(^^;)

2017年秋・畑薙大吊橋


沼平ゲートまで戻ってきてダートは終了。

IMG_0538_convert_20171104103322.jpg

ゴールまで舗装路を1kmほど。畑薙第一ダムの提体が見えてきました。

IMG_0545_convert_20171104103335.jpg

畑薙第一ダムに到着して本日のライドは終了。距離62.8km、獲得標高896m。


ライド後は白樺荘の日帰り温泉でサッパリ。

入浴後にまた狭路の山道を延々と運転するのが疲れますが・・(^^;)

ちなみに畑薙第一ダムのダムカードはこの白樺荘で配布しています。

IMG_3573.jpg


アクセスは大変だけど相変わらず素晴らしい林道でした!

昨年の秋と同様に天気も良く紅葉と絶景を満喫しました。

次回は来春、残雪の南アルプスと新緑のコラボですね。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

TAKA1618

伊豆半島東部在住の40代中年自転車乗り。
2013年に埼玉県から伊豆に移住。
速さの追求とは無縁のお気楽チャリダー。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってますが絶景を求めてたまに県外遠征をしてます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

TAKA1618さんのランキング集計結果