fc2ブログ

新茶を求めて安倍川流域の茶畑巡り

2022050623.jpg

GW後半の5月6日。

本年の「八十八夜」は5月2日。茶摘みを終えた茶畑もあるだろうが、まだ新芽も多く残っているでしょう。

という事で今回は安倍川流域の茶畑を巡るサイクリング。

現地まではトランポで「オクシズの駅・安倍ごころ」を起点とした。


出発してすぐ近くの曙橋を渡って安倍川右岸へ。

県道から逸れて急坂を登ると高台に茶畑が広がっている。

202205061.jpg

道の行き止まりまで行くと松野城址があり一面の茶畑を見渡せた。

奥の方は新芽が結構残っていて鮮やかなグリーンだった。

202205062.jpg

202205063.jpg

竜西橋を渡って安倍川の左岸に戻りお次は野平集落の茶畑へ。

202205064.jpg

202205065.jpg

半分以上は茶摘みが終わっていたが、ここの茶畑は好き。

隅々まで手入れされた茶畑、そして斜面の茶畑のウネリ感がイイ。

202205066.jpg

202205067.jpg

因みに、この野平集落に至るには激坂で一気に標高を上げる。

202205068.jpg

お次は茶畑の九十九折れを登って俵峰へ。

民家があるエリアまで登ると斜面に茶畑。

202205069.jpg

「俵沢のつづら折れ茶園」は茶畑も良いが、この線形が素敵。

九十九折れを上から見下ろすと重なり合う曲線美に萌える。

2022050610.jpg

2022050611.jpg

今度は逆に茶畑越しに九十九折れを見上げる。

2022050612.jpg

蕨野の吊橋は農作業専用吊橋。

以前は一般人は渡橋が禁止だったが、開放された・・?

少なくとも文面通りなら普通に渡る事に関しては問題無さそうだ。

「わた」らないで・・にテープが張ってあり「ゆす」らないで・・に書き換えられていた。

2022050613.jpg

という訳でここを渡るのは今回が初めて。渡った先の斜面に茶畑が広がっている。

ゆすらないで・・と注意看板があるが、普通に歩いてもかなり揺れる。恐らく、安倍川本流に架かる吊橋の中で最も揺れる吊橋。

三連吊橋になっていて全体では結構な長さがある。

2022050614.jpg

2022050615.jpg

蕨野の吊橋から上流側に約6km進むと中平の吊橋が現れる。

県道29号・梅ヶ島街道と安倍川本流を跨ぐ様に架かる吊橋。

対岸には道は存在しないので渡ったら往復する事になる。

チャリを連れて行くのも無駄だし、乗車など危ないから良い子はマネしない様に(笑)

2022050616.jpg

2022050617.jpg

県道の大河内橋を渡らず林道飯渡井線に入って「渡りの吊橋」で安倍川を渡る。

2022050618.jpg

県道に合流するとすぐに有東木入口があり急坂ヒルクライムの開始。

平均勾配が10%を超える道が3kmほど続く。

2022050619.jpg

集落がある最上部まで登り切ると茶畑の中に民家が点在している。

派手な絶景ではないが何故か心落ち着く風景。

2022050620.jpg

新芽が鮮やかで、今はまさに茶摘みの時期。

あちこちでお茶の手摘み作業をしていた。

2022050621.jpg

2022050622.jpg

2022050623.jpg

有東木は「手摘み高級茶の里」であると共に「山葵栽培発祥の地」でもある。

オクシズの駅・有東木は「茶期休業中」でお休み。

茶摘みで忙しいからだろうか・・?茶産地ならではの休業理由で面白い。

2022050624.jpg

2022050625.jpg

下山して安倍川下流側へと県道を戻る。

真富士の里に立ち寄ってランチ休憩。そばを注文。

売店で購入した天ぷら、よもぎきんつば、梅ゼリーも一緒に食べた。

因みに「俵沢のつづら折れ茶園」の棚田カードはここで配布している。(私は昨年入手済み)

2022050627.jpg

真富士の里も「茶期休業」がある模様。

2022050628.jpg

相渕橋を渡って安倍川右岸へ。全長262mと安倍川本流に架かる吊橋では最長。

2022050629.jpg

県道189号線から林道有渡沢線に入り打越峠越え。

やたらと熊出没注意の看板がある林道(^^;)

2022050630.jpg

足久保川沿いを上流方面に走って「奥長島のだんだん茶畑」へ。

ここは静岡茶発祥の地としても知らている。

2022050631.jpg

2022050632.jpg

足久保ティーワークスに立ち寄り併設されたカフェでティータイム。

気温が上がって汗をかいたので煎茶フローズンを茶畑テラスで頂いた。

せっかくなので静岡茶発祥の地のここで新茶を購入。

色々と種類があったが縁起の良い「八十八夜」という浅蒸し茶をチョイス。

同行者も母の日プレゼント用に高級茶葉を購入していた。

2022050633.jpg

2022050634.jpg

安倍川沿線に戻って池ヶ谷の農道へ。ここはみかん畑の農道。

みかん畑系農道のお約束で激坂で一気に標高を上げる。

薄雲が広がって霞んでいるが富士山も見えていた。

2022050635.jpg

2022050636.jpg

本日のラストヒルクライムは門屋の農道。

急坂で一気に標高を上げると山の上に一面の茶畑が広がっている。

茶畑の上に見えるガードレールは林道俵峰門屋線。後ほど登る予定。

2022050637.jpg

2022050638.jpg

新芽も結構残っていたが、茶摘みの終わった所と残っている所の境が色の違いでハッキリとしていた。

2022050641.jpg

林道俵峰門屋線を登って門屋の茶畑を見下ろす。

写真でも分かる様に急坂を登ると突如として現れる山の上の茶畑。

2022050639.jpg

上から見下ろすと「茶摘み前エリア」との色の違いがよりハッキリしていて面白い。

2022050640.jpg

今回は何だか茶畑の写真ばかりになってしまったがライドの趣旨的に仕方が無い(^^;)

茶畑と新緑のグリーンに癒され、美味しい新茶も購入出来たので良い1日だった。


関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

TAKA1618

伊豆半島東部在住の40代中年自転車乗り。
2013年に埼玉県から伊豆に移住。
速さの追求とは無縁のお気楽チャリダー。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってますが絶景を求めてたまに県外遠征をしてます。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター

TAKA1618さんのランキング集計結果