2017-10

Latest Entries

中伊豆&伊東 気ままに散歩

IMG_9205_convert_20171005191728.jpg

9月30日(土)のサイクリング。

この日は全国的に晴れた所が多かったけど伊豆は曇り時々晴れの予報。

長野とかは晴れが確実だったけど数日前に乗鞍ライドに行ったばかりなので県外遠征は自重。

なので週末2日間は伊豆半島内で走る事にしました。


曇りだったのでノープランだったけど取りあえず鹿路庭峠を越え中伊豆方面へ。

中伊豆で富士山が見えていたら西伊豆スカイラインに行こうと考えていたけど見えなかったので止めました。

田畑に囲まれた中伊豆ののどかな風景の中を気ままに走ります。

山羊が居る様なのどかな所ですがここは研究所です(笑)

IMG_9148_convert_20171005191328.jpg
IMG_9145_convert_20171005191314.jpg

交通量皆無で静かな林道矢熊筏場線で矢熊峠越え。

IMG_9152_convert_20171005191341.jpg
IMG_9153_convert_20171005191354.jpg

天城湯ヶ島から国士峠越えで再び中伊豆へ。

IMG_9155_convert_20171005191407.jpg

筏場で美しい山葵田を見学。

IMG_9163_convert_20171005191421.jpg
IMG_9164_convert_20171005191433.jpg
2017930_convert_20171005191238.jpg

中伊豆から山越えで伊東へ。その道中で先日のライド&ライド狩野川でスタッフとして一緒に参加したYさんと偶然会う。

椎茸生産者のYさん。原木椎茸の生産現場を見学させて頂いた。

こちらで作られた椎茸は超ウマウマです(^^)

IMG_9170_collage_convert_20171005191445.jpg
IMG_9171_convert_20171005191457.jpg

ライド&ライド狩野川の時の昼食はここの椎茸を炭火で焼きあげて食べました。

その時の昼食は「中伊豆めし」という事でワサビや椎茸を使ったメニュー。

今日は気ままに走った中伊豆ですが山葵田や椎茸の生産現場を見学して結果的にテーマのある中伊豆ライドになりました。

Yさんとお別れして伊東へ。今日は冷川峠ではなく伊豆スカイラインの側道で山越え。

IMG_9174_convert_20171005191510.jpg

登りのピークを越えると林道松原線で伊東の市街地まで下り。

海沿いの県道に出ると進行方向には青空が見え始めていました。

IMG_9178_convert_20171005191523.jpg

県道のアップダウンを走って城ケ崎海岸に到着。

門脇吊橋駐車場向かいのライダーズカフェGSさんで早めのランチ。

バイク好きのマスターですが自転車にも理解があり「表は危ないから店内から見える所に置いて良いですよ」とチャリダーには有難いご配慮。

IMG_9179_convert_20171005191535.jpg

しかも久しぶりに来たら開店時間を勘違いして1時間もフライング(^^;)

開店前でしたが快く店内で待たせて頂いた。ありがとうございます!

IMG_9180_convert_20171005191550.jpg

ナポリタンの「ハゲタカ盛り」と言うメガ盛りナポリを食べようと思ったけどマスターの話を聞いて怖気づき大盛にしました(^^;)

大盛でも凄いボリューム!モチモチ太麺で美味しいけどその分、腹に溜まる。

ハゲタカ盛りにしなくて良かった(笑)ちなみに大盛とハゲタカ盛りの料金は同じです。

22090019_135457840425703_8243206779912618574_n_convert_20171005191250.jpg

食後にアイスをトッピングしたワッフルも食べたので超腹いっぱい(^^;)

IMG_9183_convert_20171005191603.jpg

ナポリタンもワッフルも美味しかった。ごちそうさまでした!

食後は標高の低い城ケ崎から遠笠山まで標高差1000mのヒルクライム。

超腹いっぱいの「昼メシ食らいむ」の後のヒルクライムはきつい!

伊豆高原の急坂を登っている時はきつかったけど天城高原まで来ると消化されて楽になった。

IMG_9184_convert_20171005191617.jpg

標高差1000mを登り遠笠山入口に到着。

IMG_9185_convert_20171005191633.jpg

今日の〆は遠笠山山頂までのプチ登山。遠笠山は霊友会の私有地ですが登山での入山はOK。

電波塔の建つ山頂まで管理道路が通じているのでダートを往復3.8km歩くだけのお手軽ハイキング。

数日前の大雨の影響で路面が流れた雨水で削られていた。

IMG_9186_convert_20171005191647.jpg
IMG_9192_convert_20171005191700.jpg

山頂には三等三角点。

22090053_135457857092368_8523701858198284136_n_convert_20171005191302.jpg

前回登った7月25日は快晴だったので天城連山も綺麗に見えましたが今日はこんな感じ。。

IMG_9201_convert_20171005191714.jpg

天城連山周辺は曇りでしたが下界は青空。眼下に矢筈山と大室山。そして伊豆高原の別荘地。

IMG_9205_convert_20171005191728.jpg

登山口まで戻ると後は自宅までほぼ下り。

明日のライドに差し支えるので今日はこれ位で止めておこう。。

クラフトの森フェスティバルが開催されていたさくらの里は多くの人で賑わっていました。

IMG_9208_convert_20171005191743.jpg

本日のルート。距離113.2km、獲得標高2685mでした。



そして9月のまとめ。距離827.7km、獲得標高17396mでした。

9月は泊まりでの東北遠征や乗鞍で絶景を満喫。

試走を含むライド&ライド狩野川では楽しいグループライド。

色々と充実した自転車ライフだったと思います。


そしてこれから10月、11月は紅葉ライドが楽しみ!

昨年の秋もそうでしたが色々な所に行って紅葉を満喫したい!

今年の春に行った所のリピートも考えています。

5月に行った陣馬形山と鹿嶺高原黒川牧場・天空の池と夕立神などは残雪のアルプスで超絶景でしたが紅葉の時期もかなり良さそう。

そして昨年の秋や今年の春も走った林道東俣線。ここは外せない。

個人的に静岡で1番のお気に入りダート。そしてお気に入りの紅葉スポット。

ここはリニア工事の関係で今後どう変化するのか分からないので走れるうちに走っておきたい。

その他にも行きたい所が多すぎて絞り込むのが難しい・・(^^;)


秋の紅葉ライドが楽しみです!

乗鞍絶景ライド・後編 乗鞍スカイラインと上高地

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

前回からの続きです。

長野側から乗鞍エコーラインを登り県境を越え畳平に到着。

平日ですが天気が良いのでシャトルバスで登ってきた登山者、観光客もそれなりに居ました。

IMG_9052_convert_20171002111900.jpg

剣ヶ峰への登山も考えましたが今回は見送り。

今日はSPDシューズで来ていますが剣ヶ峰への登山は替えの靴があった方が良いかもしれない。

剣ヶ峰への登山は見送り昨年の乗鞍ライドと同様に魔王岳へのトレッキング。

畳平から魔王岳山頂(標高2764m)まで10分ほどで登れるのでお手軽。

私はSPDシューズですが昨年一緒に登ったロード乗りの方はSPD-SLで登っていました。

IMG_9041_convert_20171002111846.jpg

昨年同様の晴天で北アルプス、穂高連峰もクッキリ。槍ヶ岳の山頂も綺麗に見えました。

IMG_9033_convert_20171002111832.jpg

眼下にはこのあと平湯まで下る乗鞍スカイラインの道筋。

湿度も低めだったので遠くまで見渡せます。やっぱり乗鞍は最高ですね!

20179268.gif

上から見下ろした鶴ヶ池。乗鞍岳周辺に少し雲が集まってきましたが相変わらず綺麗な青空で良い天気。

20179269.gif

余談ですが歩いている時に年配の方に「靴に滑り止めの金具が付いていて歩きやすそうだね」と言われた。

SPDシューズなのでむしろ歩き辛いのですが・・(^^;


レストハウスで早めのランチ。改めて昨年の記事を読み返してみたら同じ物を食べていた(笑)

IMG_9053_convert_20171002111913.jpg

上の方が雲に包まれてしまわないうちに食べたらすぐに下山。

乗鞍スカイラインで平湯まで豪快な下り。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9054_convert_20171002111927.jpg

もちろん私は度々脚を止め写真撮ったりしてるので下りでも遅いです(笑)

201792610.gif
201792611.gif

乗鞍スカイラインの紅葉は見頃一歩手前でした。

IMG_9069_convert_20171002111946.jpg

絶景を目に焼き付けながらノンビリ下りいよいよ乗鞍スカイラインのハイライト区間へ。

201792612.gif

この区間は本当に最高!一気に下ってしまうのはもったいないので通過に時間を要します(笑)

IMG_9078_convert_20171002112000.jpg
IMG_9080_convert_20171002112015.jpg

刻々と変わる雲の位置や形。斜面に落とす影の位置も刻々と変わる。

そして見下ろす乗鞍スカイラインの曲線美が本当に美しい。

IMG_9090_convert_20171002112046.jpg

乗鞍エコーラインを登り畳平で折り返すコースプランの方でも岐阜側のこの辺りまで下る事をオススメします。

少し登り返せば畳平に戻れるし絶景なので登り返しも苦にならない・・と思う。

IMG_9087_convert_20171002112031.jpg

路肩にワンボックス車が何台かとまっていたけど撮影スタッフの車でした。

新作ウエアのカタログ用の撮影をしているとの事。ドローンも飛ばしていました。

IMG_9093_convert_20171002112101.jpg

標高が下がってくると高い樹木が復活。相変わらず穂高連峰は綺麗に見えてます。

IMG_9096_convert_20171002112116.jpg
IMG_9098_convert_20171002112131.jpg

この日は思ったほど下りは寒くなく用意していたインナーグローブを使う事は無かった。

平湯まで下ったら再び登りの始まりで安房峠越え。

この安房峠でも過去に熊と遭遇した事があるので熊除けのベルを鳴らしながら登る。

たまに通過するバイクの排気音が心強く感じます(笑)

振り返ると乗鞍岳の上の方は雲に包まれていたので丁度良い時間に登れたのかもしれません。

IMG_9100_convert_20171002112150.jpg

安房峠に到着。県境の峠でここから再び長野県。

峠に到着すると晴天なら正面に穂高連峰がお出迎え。

IMG_9101_convert_20171002112204.jpg

この後に上高地に行くかは安房峠から穂高連峰の見え具合で判断してます。

今日は天気も上々なので上高地に立ち寄る事が決定です。

IMG_9104_convert_20171002112220.jpg
IMG_9108_convert_20171002112236.jpg

釜トンネルの入口まで下って来ました。この先は乗鞍同様にマイカー規制で通行可なのは許可車両と徒歩そしてチャリだけ。

IMG_9112_convert_20171002112252.jpg

トンネル入口に監視員が居て注意事項の書かれた紙を渡されます。

内容は上高地バスターミナルの先はチャリの持ち込みが禁止という事。

私の様にリピーターならその事は承知しているので紙の無駄になるので貰う必要はありません。

「地獄の釜トン」と呼ばれた旧トンネルより広くなりましたが勾配は同じ。

1.1kmの長さでオール11%の登りなので平均勾配11%。

IMG_9113_convert_20171002112308.jpg

急勾配の釜トンネルを抜けると昨年開通した上高地トンネル。

IMG_9116_convert_20171002112326.jpg

上高地トンネルを抜けると大正池がお出迎え。背後には穂高連峰。

IMG_9121_convert_20171002112341.jpg

上高地バスターミナルに到着。一応、自転車置き場があります。

自転車の主と会う事は無かったけど数台の先客が居ました。

IMG_9137_convert_20171002112508.jpg

川沿いの道を散策。いつ来ても上高地の梓川は綺麗で美しい。

IMG_9124_convert_20171002112359.jpg
IMG_9125_convert_20171002112416.jpg

有名な上高地の河童橋は平日でも多くの観光客で賑わっています。

IMG_9128_convert_20171002112434.jpg

河童橋の上から。綺麗な梓川と背後の穂高連峰。いつ見ても美しい景色(^^)

IMG_9131_convert_20171002112451.jpg

河童橋やバスターミナル周辺は登山客、観光客がいっぱいで落ち着かないので写真撮って散策を終えたらすぐに退散(^^;)

大正池の方まで戻ると人も少なくマッタリ出来ます。そういえば昨年も同じ様にここで最後の休憩をしていたなぁ(笑)

IMG_9138_convert_20171002112524.jpg

後は起点の沢渡駐車場までオール下り。最後にもう一度見納めの大正池。

IMG_9142_convert_20171002112540.jpg

急勾配の釜トンネル。上の方の路面には滑り止めの縦溝があります。

(写真は縦溝区間を通過した先ですが・・)

二輪には不評の路面の縦溝。くれぐれも速度の出し過ぎに注意!

IMG_9143_convert_20171002112555.jpg

釜トンネルを抜けるとR158に合流。下り基調でスピードが出ます。

坂巻温泉入口にあるトンネルはトンネル内に縦溝があり路面も濡れている事が多いので要注意。

釜トンネル方向から来ると下り基調なのでくれぐれも速度は控えめに!

沢渡駐車場に到着して本日のライドが無事に終了。

距離93.5km、獲得標高2703mでした。


上高地へのバス発着場でもある沢渡駐車場には足湯やトイレ、更衣室があります。

IMG_9144_convert_20171002112610.jpg

ライド後は温泉で汗を流してから帰宅しました。

トランポの場合、平日だと休日と違って帰りの高速道で渋滞にハマる事はありません。

しかし10~11月の紅葉シーズンの平日は東名や中央道の集中工事があるので要注意。

グループライドなら渋滞中も自転車談義で楽しい時間ですがソロだと苦痛です(^^;)


今年の乗鞍ライドも昨年同様の好天で素晴らしい景色を満喫出来ました!

伊豆からだとアクセスも大変で頻繁には行けないので天気は絶対に外したくない(^^;)

また来年行く時も今回の様な晴天で走れる事を祈ります。

そして今回見送った剣ヶ峰への登山もいつか機会があれば是非登ってみたい。

その時は替えの靴持参かな。HAOさんが先日のヒルクラ&登山で導入したトレランシューズなどはチャリでの携帯性と山歩きの両立を考慮すると良いなぁと思いました。

あと途中で会った自転車の方は畳平の銀嶺荘に泊まって剣ヶ峰に登ったとの事でした。

美ヶ原高原の王ヶ頭ホテルやしらびそ高原のハイランドしらびそと同様に以前から泊まってみたい宿のひとつです。

それらの宿に泊まってのコースプランを組んだり妄想するのも楽しい。

と言うかコースは何年か前に既に作ってあるのですが・・(笑)

いつか実現したいです!

乗鞍絶景ライド・前編 乗鞍エコーラインの紅葉

IMG_8991_convert_20170928142259.jpg

3か月振りの長野遠征。毎年恒例の乗鞍ライドに行ってきました。

遠征日は仕事が休みだった9月26日(火)

天気は晴れ予報だけど山の天気は分からないので畳平で晴れている事を祈ります。

起点とした沢渡駐車場まではトランポ。ルートも昨年の乗鞍ライドと全く同じ。

昨年は台風一過の絶好のコンディションでしたが今年も快晴だと良いなぁ。



日の出時刻に合わせて出発。沢渡駐車場には足湯があります。

IMG_8918_convert_20170928141658.jpg

朝は肌寒く登りに入っても汗が全く出ませんでした。

昨年は絶好の天気でしたがスタートから三本滝駐車場までは雲に包まれていました。

しかし今日は朝から快晴。これから登る山の周辺も雲ひとつ無い綺麗な青空。

やっぱり乗鞍を走る時はこれくらいの天気でないといけません。

IMG_8920_convert_20170928141710.jpg

乗鞍観光センターを過ぎ善五郎の滝駐車場の先のカーブを抜けた辺り。

IMG_8922_convert_20170928141726.jpg

ここは2年前に道路上を徘徊する熊さんと5分ほど対峙した所。

自分の中で少しトラウマになっている場所。写真を撮る余裕はあったけど横を通過する勇気は無かった(^^;

今日は熊さんとの遭遇も無く無事に通過。良かったー(^^)

IMG_2931_convert_20170928141645.jpg

もちろん熊が苦手な私は今日も熊除けのベルを付けて走ってます(笑)

三本滝駐車場に到着。ここから先はマイカー規制の自転車天国。

これからが本番。いざ絶景の乗鞍エコーラインへ!

IMG_8923_convert_20170928141830.jpg

三本滝駐車場の先はゲレンデ内の道を登るので眺望が良好。

昨年はここからは眼下に雲海でしたが今日は遠くの山まで見渡せます。

20179261.gif
20179262.gif

エコーラインの下の方は色付き始め。

20179263.gif
IMG_8943_convert_20170928141846.jpg

冷泉小屋付近の紅葉。

IMG_8949_convert_20170928141911.jpg
IMG_8944_convert_20170928141858.jpg

だいぶ標高が上がってきました。相変わらず快晴で綺麗な青空(^^)

IMG_8954_convert_20170928141926.jpg

位ヶ原山荘の先からが乗鞍エコーラインの核心部。

昨年のライドより10日ほど時期が早いのでこの辺りはまだ緑の量が多い。

IMG_8955_convert_20170928141940.jpg

絶景が続くのでなかなか前に進まない(笑)眼下に登ってきた九十九折れの道。

IMG_8960_convert_20170928142009.jpg

この辺りまで来ると北アルプス・穂高連峰の姿も見え始めます。

空気が澄んでいて快晴なので北アルプスもより美しく見えます。

IMG_8959_convert_20170928141954.jpg

標高2400m超まで登り森林限界を越えました。

更なる絶景ゾーン。天空の道に突入です!

IMG_8969_convert_20170928142039.jpg
IMG_8964_convert_20170928142024.jpg

昨年は森林限界から先では紅葉が終わっていましたが今日は紅葉した景色を見る事ができました。

まだ最盛期よりは少し早いかもしれないけど天気が良いので十分満足です(^^)

IMG_8972_convert_20170928142057.jpg

紅葉の向こうに北アルプス。素晴らしい眺めです。

IMG_8974_convert_20170928142113.jpg

全く前に進まない・・と言うよりなるべくゆっくり進みたい絶景だ(笑)

やっぱり乗鞍はサイクリストの聖地のひとつ。何度走ってもここは別格ですね!

夏でも涼しいのでストイックにガンガン登るのも良し、写真を撮りながらノンビリ登るのも良し。

脚力の無い私はもちろん後者です(笑)

IMG_8978_convert_20170928142146.jpg

乗鞍岳も近くなってきました。

IMG_8986_convert_20170928142218.jpg

岩場の間を流れる雪解け水。クリアな空気で遠くの視界も良好。

IMG_8989_convert_20170928142231.jpg

反対側を見上げると乗鞍の山頂。相変わらずの快晴!

畳平到着時に雲に包まれて視界不良という残念な展開は避けられそうです。

昨年同様の好天で良かった!相変わらず悪運(?)強いなぁ・・(笑)

20179264.gif

振り返ると北アルプス・穂高連峰の姿。槍ヶ岳もクッキリと見えていました。

IMG_8990_convert_20170928142245.jpg

紅葉とその向こうに北アルプス。乗鞍エコーラインの道筋が良いアクセントになってます。

IMG_8991_convert_20170928142259.jpg

剣ケ峰を見上げる。雪渓の雪はひと夏越してだいぶ少なくなりました。

IMG_8996_convert_20170928142313.jpg

最高地点の少し手前。畳平まであと少し。

IMG_9008_convert_20170928142327.jpg

しかし見下ろす景色が素晴らしいので度々脚が止まり前に進まない(笑)

20179265.gif

昨年はこの辺りでは完全に紅葉が終わっていたけど時期をずらした今回は紅葉が見られました。

遠くの山まで見渡せて最高です!天気が良いので意外と寒さは感じなかった。

20179266.gif
20179267.gif

絶景ゾーンに入ってから時間がかかりましたが車道最高地点に到着。

IMG_9017_collage_convert_20170928142342.jpg

最高地点から見た鶴ケ池。いつもの場所で撮影。

IMG_9021_convert_20170928142356.jpg

少し下ってやっと畳平に到着。やっぱり晴れていると撮影ストップが多く登るのに時間がかかりますね(笑)

IMG_9027_convert_20170928142410.jpg

天気に恵まれ乗鞍エコーラインの絶景を満喫できました(^^)

畳平到着時にも綺麗な青空が広がっていて良かった!


続きは後編で・・。

2017・ライド&ライド狩野川

昨年に続き今年もライド&ライド狩野川にスタッフとして参加してきました。

開催日は9月23日(土)24日(日)。

今年からは形態が変わり従来のロングライドが無くなりガイドライドが2日間になります。

コースはAからFまで6コース用意されています。

コースの中には従来のロングライドと同等の距離を走るルートもあります。

私が担当するコースは初心者向けのDコース。

大仁の中島運動公園をスタートして狩野川支流の上流部を目指すルート。

昨年同様いずのすけさんをリーダーとしてスタッフは各日5名づつ。

あと伊豆市役所職員の方が運転するサポートカーが付きます。

(荷物や途中で買ったお土産などはサポートカーに積めます)


昨年のガイドライドは午後から雨に降られましたが今年も直前までは雨予報。。

しかし雨のピークが前倒しになった為に早朝まで降っていた雨もスタート2時間前には止みました。

IMG_8831_convert_20170927115255.jpg

参加者の皆様が集まってきました。

ロードバイクの他にミニベロやクロスバイク、MTBなど車種は様々。

IMG_8838_convert_20170927115309.jpg

ご夫婦や親子で参加された方もいらっしゃいました。

また、1日目、2日目で違うコースで2日間参加される方もいらっしゃいました。

今回のガイドライドで私の役割は昨年同様に先頭を走る先導役。

後続確認の為に今回は初めてミラーを装着しました。

IMG_8828_convert_20170927115243.jpg

開会式の後、コースごとに簡単に自己紹介、コースの説明をして出発。

(2日間同じコースなので以後は1日目、2日目の写真が混在してます)

Dコースは狩野川やその支流の上流部を巡るなど水をテーマにしたコース。

普段のサイクリングでは素通りしてしまう水路などをガイドスタッフの説明付きで見学。

IMG_8894_convert_20170927115523.jpg

このコースは萬城の滝までは登り基調。

初心者向けコースなので坂に慣れてない方もいますが急ぐ必要は全くありません。

間や最後尾にスタッフが入るし脚を付いたり歩いたりしても無理のないペースで楽しく走る事が一番です。

IMG_8845_collage_convert_20170927115323.jpg

萬城の滝では八岳地域づくり協議会のおもてなし。

IMG_8897_collage_convert_20170927115730.jpg
IMG_8851_collage_convert_20170927115337.jpg

萬城の滝を見学。狩野川の支流・地蔵堂川の途中にある滝。

IMG_8856_convert_20170927115351.jpg

天城山を水源とした狩野川支流の豊富な水のおかげで中伊豆はわさびの名産地になっています。

萬城の滝の見学を終え昼食は少し下った所にある「中伊豆の時間」さん。

IMG_8862_convert_20170927115403.jpg

わさびの葉の天ぷらや椎茸コロッケなど中伊豆特産の食材を使った中伊豆めし。

わさびソースを絡めて食べるナポリタンも想像以上に合っていて美味しい。

ガイドスタッフの中に原木椎茸の生産者が居て囲炉裏で焼いた椎茸も出ます。

肉厚でウマウマです!参加者の方々もお土産用の椎茸を買っていました。

IMG_2913_collage_convert_20170927115149.jpg
IMG_8891_convert_20170927115509.jpg

わさび丼は各自わさびを1本摩り下ろして食べるスタイル。

本わさびは美味しいですね!家にあるチューブ入りのわさびとは別物です(^^;

焼き立ての椎茸にわさびを乗せ醤油を少しかけて食べるのも美味しいです(^^)

IMG_8906_convert_20170927115537.jpg
IMG_8907_convert_20170927115551.jpg

昼食後は貴僧坊水神社へ。社の裏には湧水とわさび田。

わさび田がある様な所の湧水なので当然綺麗で飲水も可能です。

IMG_8875_convert_20170927115416.jpg

こちらは最勝院。境内は結構大きく曹洞宗五宝五派一千二百ヶ寺の本山です。

IMG_8876_collage_convert_20170927115428.jpg

天城山を水源とした水をテーマとしたコース。こちらは梅木の水路橋。

明治時代に造られ地震にも耐えた煉瓦造りの水路橋。

現在も現役で豊富な水が下流側の発電所に向かって流れています。

IMG_8880_convert_20170927115442.jpg

水をテーマに狩野川支流を巡る中伊豆コースでしたが〆は狩野川本流でとれた鮎の塩焼き。

昨年同様に一二三荘さんの鮎。鮎の塩焼きを食べるのも昨年のガイドライド以来です。

焼き加減、塩加減も丁度良くウマウマです(^^)

IMG_8886_convert_20170927115455.jpg

鮎の塩焼きを食べた大仁ポケットパークの裏にある水晶山。

普段は素通りする事が多いので登るのは3月19日のライド以来。

小さな山ですが山頂からは眼下に狩野川と大仁橋。対岸には大仁金山跡地。

大仁の街の向こうには城山。ゴールの中島運動公園はすぐ近くです。

IMG_8889_collage_convert_20170927115743.jpg

ゴール後はお茶と温泉饅頭、東京ラスク提供のラスク。

IMG_8917_convert_20170927115604.jpg

2日間の合計は距離79.4km、獲得標高970mでした。

(今回は現地までトランポ)


2日間共に事故やトラブルも無くゴール出来て何よりでした。

雨にも降られなかったので良かった。

参加者の皆様、本当にありがとうございました!

伊豆は風光明媚な場所が多くサイクリングが楽しいのでまた是非走りにお越し下さい(^^)/


そしてリーダーのいずのすけさん、その他スタッフの皆さん、お疲れ様でした!

今年から参加されたスタッフの方々とも新たに交流出来たりして楽しかったです。

また来年もよろしくお願いします(^^)/


南伊豆と雲見の千貫門 絶景&強風ライド

IMG_8779_convert_20170920145404.jpg

台風一過の9月18日。久しぶりに南伊豆や西伊豆を走ってきました。

当日の天気予報では伊豆は朝5時頃まで雨が残るとの事。

しかし4時に起床した時点で雨は上がっていました。(風は強いですが・・)

今日は伊豆高原から伊豆急下田までは輪行します。

伊豆高原駅までの道中、風が強く近所の桜並木の道は木の枝が散乱していました。

下田行きの1番早い電車は6時9分。日曜日なのでこの時間の下り線は空いていて1両貸し切り状態。

車窓から相模灘を眺めながら40分ほどの乗車。白波が立っていて風が強そうだ。。

終点の伊豆急下田駅に到着して本日のサイクリング開始。

IMG_2842_convert_20170920145020.jpg

本日のルート。



駅に降り立った時から感じたけど伊豆高原より明らかに風が強い!

まぁ台風一過なのである程度の風は覚悟していました。

西風なので南伊豆のあいあい岬までは向かい風になります。

R136を逸れ海沿いの道に出ると風の強さもパワーアップ!

波の浸食作用によってできた海食洞、田牛の龍宮窟に立ち寄り。

IMG_8722_convert_20170920145043.jpg

田牛海岸はかなりの強風。波も高く荒れ模様!

IMG_8725_convert_20170920145059.jpg

台風一過で空気が浄化されこの快晴。しかしその代償で風が強すぎる!!

IMG_8730_convert_20170920145117.jpg

海沿いの平坦路を走っている時は風に乗った潮を浴びて顔がベトベトになった。

そしてこの強風で向かい風の苦行。。平坦路ですが度々フロントインナーに入る(^^;

IMG_8732_convert_20170920145131.jpg

あいあい岬に到着すると身の危険を感じる程の暴風!ヤシの木が凄い事になってる。。

IMG_8733_convert_20170920145143.jpg

いつもはここからユウスゲ公園まで階段を担ぎ上げて登るけど暴風なので断念。

この手前にある石廊崎をスルーしたのも同じ理由なのは言うまでも無い。。

風が強過ぎてカメラを構えるのもひと苦労。。

IMG_8739_convert_20170920145156.jpg

あいあい岬からは北向きに進路を変えるので今度は横風。

度々、突風が襲ってくるので下り区間は慎重に走りました。

妻良港まで下ったら再び登り。眼下に子浦の集落と対岸に妻良港。

IMG_8743_convert_20170920145208.jpg

マーガレットライン沿いにあるネパールカレーの店・ティハールで早めのランチ。

多少弱まったけどまだ風が強いのでテラス席ではなく店内でいただきました。

IMG_8749_convert_20170920145232.jpg
IMG_8748_collage_convert_20170920145220.jpg

ティハールの先で松崎町に入るとマーガレットラインの登りのピーク。

すぐに脇道に入って石部の棚田展望台へ。

IMG_8751_convert_20170920145258.jpg

眼下に石部の棚田。そして駿河湾越しに富士山。空気が澄んでいるので南アルプスも見えます。

IMG_8752_convert_20170920145309.jpg

絶景を満喫するには台風一過のコンディションは外れ無しですね。

強風・暴風プラス暑くなるという要らぬオマケ付きですが・・(笑)

棚田は展望台から見下ろすより近くで見た方が見ごたえがあります。

棚田には付き物の急坂&激坂。ここも同様で三筋山を彷彿させるコンクリ舗装の激坂。

IMG_8754_convert_20170920145323.jpg

棚田の向こうには駿河湾。素晴らしい景色が広がっています。

2017918石部の棚田

棚田の風景を満喫しながら激坂を下り松崎町の雲見へ。

チャリを置き遊歩道を歩いて本日のメイン、千貫門を目指します。

IMG_8762_convert_20170920145337.jpg

登りのピークを越えると景色が開けて目の前には駿河湾の大海原。

前方に千貫門の姿も見えてきました。

IMG_8767_convert_20170920145350.jpg

振り返ると烏帽子山。今日は風が強く白波が立っていますがこの辺りの海は南伊豆のヒリゾ浜 に匹敵するほど青く透き通っています。

シーズン中は混むヒリゾ浜とは違い人も少ない穴場スポット。

2017918烏帽子山

海岸に降り岩場を歩いて千貫門の正面へ向かいます。

2017918千貫門1

海岸から見た千貫門の全貌。マグマの通り道が地上に姿を現した火山の根の一部と言われています。

2017918千貫門2

近くで見ると迫力がある。この穴の向こうに沈む夕日の姿を見てみたい。

そして相変わらず風が強く潮で顔がベトベトに・・(^^;

IMG_8779_convert_20170920145404.jpg

海岸から見た烏帽子山。断崖の山頂まで遊歩道で登れます。

当初はこの烏帽子山にも登る予定でしたが強風で予定より時間が押していた為に今回は断念。。次回来た時は登りたい。

IMG_8785_convert_20170920145521.jpg

絶景を満喫しながら写真を撮って歩いていてふと足元を見ると・・・。

これにはマジで驚いた!波で打ち上げられたゴミに混じってこんな物が(笑)

IMG_8784_convert_20170920145506.jpg

千貫門のすぐ先が富士山ビュースポットの雲見大橋。牛着岩の向こうに富士山。

IMG_8786_convert_20170920145538.jpg

雲見からR136は富士見彫刻ラインと名を変えます。

その名の通り富士山を眺めながら断崖上を走る絶景ロード。

IMG_8793_convert_20170920145556.jpg

岩地海岸の海はいつ見ても綺麗だ。

IMG_8795_convert_20170920205431.jpg

アップダウンを繰り返して松崎の街や堂ヶ島が近くなってきました。

IMG_8796_convert_20170920145616.jpg
IMG_8797_convert_20170920145634.jpg

松崎の街まで下りこの後の登りに備え足湯で休憩。

通りから少し入った所にあるので人が居なくて静かで良いです。

IMG_8799_convert_20170920145650.jpg

松崎で海沿いの景色とはお別れで山側へと進路を変え仁科峠を目指します。

松崎からの仁科峠への登りは宇久須からと比べて距離が長いけど勾配は緩め。

県道59号・伊東西伊豆線で仁科峠、国士峠、冷川峠を越えて自宅まで帰ります。

道中にある、あさひ滝。西伊豆の大沢里七滝のひとつ。

半分以上の滝は未だに行った事が無いのでいつか全て巡ってみたい。

IMG_8801_convert_20170920145724.jpg

宇久須からの県道410号線と合流すると景色が開けた高原ロードに。

IMG_8809_convert_20170920145802.jpg

眼下に西天城高原牧場の家と宇久須の街。駿河湾の向こうには静岡の海岸線と南アルプスの姿も。

IMG_8807_convert_20170920145745.jpg

仁科峠に到着。本日の最高地点です。

IMG_8816_convert_20170920145818.jpg
IMG_8818_convert_20170920145838.jpg

流石、台風一過のコンディション。午後になっても仁科峠から富士山が見えています。

IMG_8820_convert_20170920145854.jpg
IMG_8821_convert_20170920145913.jpg

湯ヶ島までの下り。午前中よりは弱まったけどまだまだ風が強くパンパスグラスが揺れていた。

IMG_8824_convert_20170920145939.jpg

湯ヶ島からは再び登りで国士峠越え。台風の後で道は荒れ模様でした。

国士峠から下って中伊豆まで来ました。大見川の橋の上から見た天城連山。

IMG_8826_convert_20170920145954.jpg

快晴で稜線がクッキリですね!東伊豆の三筋山や箒木山の山頂から眺める天城連山の姿が大好きですが中伊豆からの眺めも良いです。

東伊豆からとは反対側からの眺めなので山々の並びが真逆になります。

後はいつもの冷川峠を越えて帰宅。

本日は距離125.3km、獲得標高2875mでした。


それなりに登りが多かったり強風にも苦しめられたけど湿度が低めでカラッとしていたので身体的には余裕がありました。

もちろん、余裕があっても速く走れる訳では無い(^^;)絶景を拝めれば良いのです(笑)


«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果