2017-05

Latest Entries

南伊豆マイナースポット巡り 前編

IMG_3819_convert_20170418124053.jpg

今月に入って初めての伊豆でのライドです。

今日はトランポで松崎の道の駅を起点に南伊豆での探索ライド。

天気の良い日曜日なので夕方近くなると道路の渋滞が予想されます。

なので早めに終了する様に距離は少なめ。その分ノンビリと探索します。

今日はダート&トレイルがあるのでグラベルキングを履いたパスハン車で出動。

パナレーサー・グラベルキング(32c)は今のところパンクは1度も無し。

ダートやトレイルをガンガン走ってますが流石に日本製の品質です。



日の出が早くなりましたね。5時前でも結構明るくなってきました。

まずは早朝の人の少ないうちに堂ヶ島へ。

IMG_3745_convert_20170416200037.jpg

堂ヶ島の天窓洞。日が高く昇って光が当たればもう少し綺麗なのですが。。

遊覧船に乗るとこの中を通過するので下から見上げる事ができます。

IMG_3739_convert_20170416200019.jpg

露天風呂がある沢田公園。縞模様の地層が自然のアートで美しい。

露天風呂はこの崖の上にあるので絶景を満喫しながら入浴できます。

IMG_3755_convert_20170416200119.jpg
IMG_3748_convert_20170416200102.jpg

何だか久しぶりにライド中に海を見たので新鮮な気分です(笑)

堂ヶ島での散策を終えて今度は蛇石峠を越えて南伊豆へ。

蛇石峠を越えてすぐに林道鈴野線へ。林道は簡易舗装。

所々で荒れていますがグラベルタイヤなので全く問題無し。

猪が前輪スレスレの所を横切りヒヤっとしましたが(^^;

まぁ鹿と猪は伊豆の山では日常茶飯事。下りは常に注意してます。

IMG_3758_convert_20170416200133.jpg
IMG_3762_convert_20170416200145.jpg

眼下に青野大師ダムの堤体が見えてくると急坂で急降下します。

IMG_3765_convert_20170416200201.jpg

青野大師ダムに到着。トイレや駐車場が整備されているけどいつも誰も居ない(笑)

IMG_3771_convert_20170416200304.jpg
IMG_3766_collage_convert_20170416200214.jpg

ここは普段は無人なのでダムカードは道の駅「下賀茂温泉 湯の花」で配布しています。

ダムを満喫して再び海へ。入間海岸に到着しました。

IMG_3802_convert_20170416200512.jpg

お次は海岸から見た右奥の三ツ石岬にある千畳敷を目指します。

直線距離では近いのですが海岸線は断崖で道が無いので山越えになります。

しばらくは簡易舗装の道。そして獣道の様なシングルトラックになります。

IMG_3778_convert_20170416200317.jpg

視界が開けると切り立った断崖が目の前に。

IMG_3780_convert_20170416200330.jpg

チャリはここまで。誰も居ないので鍵もかけずに適当に転がしておきます(笑)

急な崖を下り断崖上の遊歩道を進みます。

IMG_3784_convert_20170416200358.jpg
IMG_3800_convert_20170416200456.jpg

奥石廊・あいあい岬方向の景色。

IMG_3781_convert_20170416200343.jpg

来た道を振り返る。海まで崖が迫っているので海岸線に平坦地が無いのが分かります。

IMG_3786_convert_20170416200410.jpg

千畳敷に到着。背後は断崖、目の前は大海原で素晴らしい景色。

IMG_3795_convert_20170416200441.jpg
IMG_3790_convert_20170416200425.jpg

天気の良い日曜日ですが誰も居ません(笑)釣りには人気のスポットらしいですが。

まぁ車やバイクでのアプローチは不可能な場所ですからね。。

千畳敷の散策を終えてアップダウンを繰り返して子浦海岸に到着。

IMG_3805_convert_20170416200529.jpg

海岸から一旦高度を上げて日和山へ向かう簡易舗装の狭路へ。

IMG_3806_convert_20170416200542.jpg

すぐに舗装区間は終わり道はダートに。緩い起伏はあるけどオール乗車可能。

IMG_3808_convert_20170416200557.jpg

木に囲まれ眺望が無い道ですがしばらく進むと急に視界が開けます。

IMG_3809_convert_20170416200613.jpg

遮る物が無く開放的で絶景!気持ちの良い所です(^^)

IMG_3824_convert_20170416200656.jpg

日和山からの景色。正面に見える港は妻良港。

IMG_3819_convert_20170418124053.jpg

ベンチやテーブルもあるので絶景を見ながら弁当を食べるのも良さそうだ。

しかし誰も居ない。先ほどの千畳敷と同様に「過疎スポット」です(笑)

青野大師ダムから過疎スポット三連発ですね(^^;

IMG_3811_convert_20170416200628.jpg

R136(マーガレットライン)に戻って夕日ケ丘休憩所で早めのランチ。

そしてランチ休憩後は再び「過疎スポット」に向かいました(^^;

続きは後編で。


オクシズ井川から南アルプスの眺望

IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

お気に入りのオクシズでサイクリングしてきました。

ライド日は4月13日。起点の川根までは車載。

川根の道の駅を起点にしたオクシズ周回コースです。



出発してまずは大井川沿いを下流に向かって走ります。

大井川左岸沿いの県道を進むと塩郷の吊橋が前方に見えてきます。

吊橋の長さは220m。橋板は木製で細いので人が並んで歩く事は不可能。

IMG_3632_convert_20170414134545.jpg

橋板の幅が細いので下がスカスカでよく見えます。

大井川鉄道の線路の上を越えるのでタイミングが合えば下をSLが通過します。

下を走る県道から見上げた塩郷の吊橋。

IMG_3636_convert_20170414134557.jpg

チャリを連れて往復します。相変わらず楽しい吊橋だ(^^)

等間隔で人がすれ違える場所が設けてあります。

IMG_3629_convert_20170414134532.jpg

吊橋のすぐ上流側にある塩郷ダム。吊橋から正面の姿を拝む事が出来ます。

IMG_3628_convert_20170414143257.jpg

復路は動画撮影しながらの渡橋。

揺れる吊橋でチャリを押し歩きながらなので相変わらずブレブレですが(^^;

塩郷の吊橋・渡橋動画

下の県道を走る車からマヌケな姿を見られていたでしょうね(笑)

笹間川ダムに到着。何度も来てますが毎回クレストゲートから放流してます。

IMG_3639_convert_20170414134609.jpg

清笹峠を越えて南アルプス公園線(県道60号)に入りました。

藁科川に沿って満開の桜を眺めながら進みます。

IMG_3649_convert_20170414134620.jpg

しばらく平坦基調。そして登りに入っても勾配は緩め。

山道区間に入ると道を横切るカモシカの姿を結構見ました。

伊豆の山では鹿を多く見ますがオクシズではカモシカが多い。

何度も走ってるオクシズエリアですがカモシカを見なかった事は1度も無い。

標高が上がってくると見晴らしの良い区間に出ます。

IMG_3656_convert_20170414134803.jpg
IMG_3657_convert_20170414134816.jpg

富士見峠に到着。峠には展望台とトイレがあります。

IMG_3669_convert_20170414134828.jpg

展望台からの眺め。大無間山や赤石岳、荒川岳(荒川三山)など南アルプスの山々。

IMG_3672_convert_20170414134841.jpg

小休止していると近くで獣の気配・・。熊かと思い焦りましたがカモシカでひと安心(^^;

逃げる気配も無くカメラ目線です。

IMG_3674_convert_20170414134855.jpg

富士見峠からもうひと登りしてリバウェル井川スキー場に到着。

静岡市営の小さなスキー場。3月12日で冬季営業は終了してます。

IMG_3713_convert_20170414135038.jpg

ゲレンデからは正面に南アルプスの山々で絶景!

ここはお気に入りの南アルプス眺望スポットです。

IMG_3691_convert_20170414134921.jpg
IMG_3692_convert_20170414134933.jpg

先ほどの富士見峠より標高が高くゲレンデなので高い木が無い為に眺めが良い。

IMG_3682_convert_20170414134908.jpg

赤石岳のアップ。

IMG_3714_convert_20170414135052.jpg

眼下には井川湖。

IMG_3694_convert_20170414135000.jpg
IMG_3696_convert_20170414135011.jpg

反対側は富士山が見えるはずなのですが残念ながら雲隠れ。。

まぁ綺麗な青空で南アルプスの景色を満喫できたので贅沢は言えないかな。

IMG_3702_convert_20170414135024.jpg

井川ダムまで下ってきました。数少ない中空重力式コンクリートダムのひとつ。

大井川本流を堰き止める中空重力式三兄弟で一番下流側に位置するダム。

この上流に同じ中空重力式の畑薙第二、第一ダムがあります。

IMG_3724_convert_20170414135119.jpg

井川湖の背後、山の中央部が先ほどまで居たリバウェル井川スキー場。

IMG_3721_convert_20170414135105.jpg

井川ダムからデポ地の道の駅までは多少の登りはあるけど概ね下り基調。

眼下に奥大井湖上駅。エメラルドグリーンの湖に赤い鉄橋が映えます。

接阻湖(長島ダム湖)に架かる鉄橋の間にある大井川鉄道井川線の駅。

IMG_3726_convert_20170414135132.jpg

長島ダムに到着。国交省が管理する大井川水系では唯一の多目的ダム。

エメラルドグリーンのダム湖が美しい。

IMG_3727_convert_20170414135144.jpg
IMG_3730_convert_20170414135157.jpg

私は既に入手済みですが先ほどの井川ダムとこの長島ダムではダムカードを配布してます。

このオクシズエリアで他にダムカードを配布しているのは畑薙第一ダムと大間ダム。

なのでこのエリアを走り1日で4枚のダムカードをゲットする事が可能です。

ダムカードの配布時間や場所などはこちらのサイトが参考になります。

千頭駅に停車中のSL。桜も満開で見頃なので平日ですが人が結構多かった。

IMG_3732_convert_20170414135209.jpg

桜の名所、駿河徳山でもSLとのコラボ写真を撮るために待ち構えている方が居ました。

IMG_3738_convert_20170414135236.jpg
IMG_3733_convert_20170414135222.jpg

道の駅に到着して本日のサイクリングは終了。距離126.5km、獲得標高2373mでした。


井川など大井川上流部は人も車も少なく静かな雰囲気で景色を楽しめるので良いですね。

静岡市街地からかなり離れていて携帯圏外の場所も多い。しかしこれでも政令指定都市・静岡市葵区(笑)

政令指定都市の行政区としては驚異の最高地点、標高3189.5m。(間ノ岳の山頂)

なかなか凄い所です。。もちろん誉め言葉ですよ(笑)

静岡県内で1番のお気に入りダート、林道東俣線もあるしチャリで走って楽しいエリア。

これからも何度もオクシズにはお世話になります。

絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 後編

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg

前回からの続きです。

白樺湖でランチ休憩。平日なので湖畔近くの飲食店は軒並み休み。。

温かい物を食べたかったけど結局近くのコンビニで買ったおにぎり(^^;

ここからの写真だと分かりづらいけど湖面は半分以上凍っていました。

IMG_3471_convert_20170407130840.jpg

本日のハイライト、霧ヶ峰に向かってビーナスラインの登り。

蓼科側と比べて高い木が生えてない為、日当たりが良く暖かい。

路面は雪も無く完全ドライのコンディション。

IMG_3478_convert_20170407130906.jpg

振り返ると白樺湖と背後には蓼科山。

IMG_3479_convert_20170407130918.jpg

平日で全線開通前。なので平日の西伊豆スカイライン並の交通量の少なさ。

静かな雰囲気で絶景ロードを満喫できます。

IMG_3480_convert_20170407130930.jpg
IMG_3482_convert_20170407130943.jpg

時間に余裕があり急ぐ事も無いので展望台がある度に脚を止めます。

まぁ全力で登っても速く登れませんけどね(笑)

IMG_3486_convert_20170407130959.jpg

白樺湖が眼下に。上からだと湖面が半分以上凍っているのが分かります。

全線開通する頃には解けるので今ならではの光景ですね。

IMG_3488_convert_20170407131011.jpg
IMG_3489_convert_20170407131026.jpg

八ヶ岳連峰も位置や高さによって違った表情になるので眺めていて飽きない。

IMG_3490_convert_20170407131039.jpg

八ヶ岳連峰と南アルプス。そして眼下には茅野の街並み。

IMG_3494_convert_20170407131051.jpg

前方に車山が見えてきました。

IMG_3496_convert_20170407131104.jpg

車山高原スキー場は4月2日で今季の営業終了。

その為か車山高原も人が少なくビーナスラインの交通量も極少。

IMG_3497_convert_20170407131127.jpg

来た道を振り返る。蓼科山と八ヶ岳連峰が美しい!

雪が残っている時期のビーナスラインからの眺めはまたひと味違いますね!

IMG_3501_convert_20170407131141.jpg
IMG_3503_convert_20170407131154.jpg

霧ヶ峰富士見台展望台に到着。

IMG_3510_convert_20170407131253.jpg

その名の通りにここからは八ヶ岳や南アルプスと並んで富士山が見える場所。

しかし今日は春霞の影響もあって富士山の姿は見えず。。

過去に晴れた日に何度もビーナスラインを走っていますが霧ヶ峰から富士山が見える時はかなり条件の良い日です。

昨年5月のライドでは過去最高の天気だったので富士山がばっちりと見えました。

その時の写真。また空気の澄み渡った快晴の日に走りたい!

CIMG4281_convert_20170407140245.jpg

まぁ、今日も快晴だし八ヶ岳連峰や南アルプスが綺麗に見えるので贅沢は言えませんね。

標高が上がり霧ヶ峰から見る八ヶ岳連峰の姿は圧巻で最高です!

IMG_3507_convert_20170407131223.jpg
IMG_3509_convert_20170407131238.jpg

南アルプスと眼下には茅野の市街地。

IMG_3512_convert_20170407131307.jpg

春霞の影響で霞んでいますが中央アルプスも見えます。

IMG_3515_convert_20170407131319.jpg

霧ヶ峰富士見展望台から1kmほど進むと登りのピーク。

そこから登山道を約2km歩いて車山の山頂までプチ登山する予定でしたが。。

しかし登山道は残雪で歩くと足首まで完全に埋まる状態でした。

前半の雪道歩きで靴や靴下はまだ濡れた状態。これで更に雪道を4km歩くのは辛いので断念しました。

ビーナスラインの下り。この辺りの路面も除雪済みで完全ドライ。

IMG_3521_convert_20170407131334.jpg

しかし路肩には多くの雪が残っているので実質1.5車線状態。

当然、車はセンターラインを越えてくるので注意が必要ですね。

この日は交通量極少だったのでこの区間でも貸し切りでしたが(笑)

IMG_3528_convert_20170407131348.jpg

霧の駅まで下るとビーナスラインは北側に進路を変えます。

本来は美ヶ原まで抜けられるのですがまだ冬季閉鎖中。

なので閉鎖ゲートがある4.5km先の八島湿原まで行っての折り返し。

そのゲート地点に到着。この日以降、気温も上がったので雪解けも進んだでしょうね。

IMG_3529_convert_20170407131402.jpg

ゲートの先のビーナスラインの道筋。

この直線区間の先には北アルプス。そして諏訪湖を見下ろせるポイントもあります。

次回は美ヶ原高原とセットにする予定なので全線開通まで楽しみはお預けですね。

エサを前にお預け状態の犬になった気分です(笑)

IMG_3530_convert_20170407131417.jpg
IMG_3542_convert_20170407131459.jpg

八島湿原の散策は冬季でも可能。単なる雪原にしか見えませんが(笑)

冬季は訪れる人も少ない為、ここまで歩くのも膝下まで埋まったりしました(^^;

IMG_3535_convert_20170407131431.jpg

湿原の周囲に遊歩道が続いていて景色が良いのですが雪で歩くのは断念。

少なくともサイクルシューズで歩ける状態では無かった。

IMG_3536_convert_20170407131444.jpg

霧の駅まで来た道を引き返します。その途中からみた八島湿原。

IMG_3553_convert_20170407131513.jpg

霧の駅から今度は茅野の街に向かって長い下り。正面に南アルプス。

IMG_3558_convert_20170407131528.jpg
IMG_3569_convert_20170407131559.jpg

左側には八ヶ岳連峰。本日のコースでは八ヶ岳三昧ですねー。

IMG_3566_convert_20170407131543.jpg

霧ヶ峰湿原植物群落。雪が残っている野原にしか見えませんが(^^;

先ほどの八島湿原もそうですが湿原は夏の方が景色が良いと思う。

IMG_3572_convert_20170407131613.jpg

茅野の街まで下ってきました。単なる農道の様な道ですが景色が良いので脚を止めてしまいます。

IMG_3576_convert_20170407131629.jpg

早朝にも走った八ヶ岳エコーラインへ。その名の通り八ヶ岳が美しい絶景ロード。

早朝とは違って帰路は順光。そして気温も上がって暖かい。

IMG_3577_convert_20170407131643.jpg

早朝は残っていた畑の雪も解けた模様です。畑の向こうには南アルプス。

IMG_3583_convert_20170407131657.jpg

のどかな畑の中を通る道。両側は八ヶ岳連峰と南アルプスで絶景!

この道は何度か走っているけどやっぱり良いですね。快晴なので最高!

IMG_3585_convert_20170407131710.jpg

今日は諦めていた富士山。若干霞んでますが南アルプスの脇から姿を現しました。

IMG_3592_convert_20170407131727.jpg

今日は八ヶ岳や南アルプスを満喫したので富士山は見えなくても満足でしたがやっぱり日本一の山。見えると得した気分になりますね。

IMG_3597_convert_20170407131741.jpg

富士山は言うまでも無く標高日本一の山ですがここから見える北岳は標高では二番目。

なので標高ツートップの山を同時に見る事が出来ます。

ゴールまで絶景は続きます。見る位置によって違う表情の八ヶ岳連峰。

ライドを終えるのが名残惜しくいつまでも眺めていたい気分になります。

IMG_3598_convert_20170407131753.jpg

本日は距離118km、獲得標高2217mでした。


ライド後は余韻に浸りながらの温泉。気持ち良い(^^)

入浴でサッパリした後はほうとうを食べてから帰宅しました。


今年初の長野遠征。天気も上々で気持ちの良いサイクリングでした!

雪道歩きなど苦労も多かったけど・・(笑)

今年も長野県にはお世話になります。次回の長野遠征は何処かな。

そして暖かくなりその他各地の遠征も色々と予定しているので楽しみ!


絶景のビーナスライン&八ヶ岳エコーライン 前編

IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

2017年初の長野遠征です。


先月は年度末だったので普段よりは仕事してました(笑)

(3月は距離734.7km、獲得標高16807mでした)

4月に入り普段通りに戻ったので遠征ライドを増やしたいと思います。

これから冬季通行止めが解除される絶景山岳ルートも増えますしね。


遠征日は4月4日・火曜日。

当初の遠征予定地の第一、第二候補が先週の雪で厳しくなりました。

そこで第三候補だったビーナスラインをメインとしたルートに決定。

ビーナスラインは昨年5月のライドの様に美ヶ原高原とセットにするのが王道だと思います。

しかしビーナスラインの全線通行止め解除は4月21日の予定。

なのでビーナスラインは通行可能な部分を組み込んでのコースプラン。

昨年走らなかった蓼科側を組み込んだので丁度良かったかな。

トランポで道の駅・小淵沢を起点に八ヶ岳エコーラインからのアプローチ。

この時期なので春霞がありますが晴れていれば絶景が確約されたルート。

ちなみに何度も走ってるビーナスラインですが昨年5月は過去最高の天気でした。

美ヶ原高原・王ヶ鼻からの景色は圧巻なので全線通行止め解除になったらまた行きたい。



道の駅を早朝に出発。ここをデポ地にするのは野辺山や瑞牆山に行った昨年10月以来

日帰り温泉が併設されているのでライド後に汗を流し夕食も済ませる算段です。

スタート時点で既に標高が900m超なので寒い!

伊豆の同じ標高地点より明らかに寒い。スタートから登りですが汗が出ません。

スタートの小淵沢は山梨県なので今年初めての山梨県でもありますね。

八ヶ岳エコーラインに入るとすぐに県境。路面は路肩寄りが所々で凍結。

早朝で交通量も無いのでセンターライン寄りを走行しました。

IMG_3333_convert_20170405151413.jpg

4月ですが森の中を見るとまだ冬の景色。

IMG_3334_convert_20170405151427.jpg

富士見高原から。朝日を浴びた南アルプスが美しい。

今年初の長野遠征ですが上々の天気です。

IMG_3341_convert_20170405151449.jpg
IMG_3336_convert_20170405151438.jpg

富士見高原から一旦下って八ヶ岳エコーラインの平坦区間。

畑の向こうに北岳・甲斐駒ヶ岳・仙丈岳など南アルプスの山々で絶景。

IMG_3360_convert_20170405151502.jpg
IMG_3365_convert_20170405151514.jpg

反対側も八ヶ岳連峰で絶景なのですが早朝だとモロに逆光。。

八ヶ岳エコーラインは帰路でも通るし今回のルート上ではほとんどの場所から八ヶ岳連峰を拝めるので早朝の写真は無し。

前方に蓼科山やこれから登る山々の姿が見えてきました。

IMG_3370_convert_20170405151541.jpg

雲ひとつ無い快晴。しかしクソ寒い!!顔と指先が冷え過ぎて痛い!

IMG_3380_convert_20170405151555.jpg

ビーナスラインに入って本格的に登りの開始。と言っても全体的に勾配は緩め。

冷えた身体に心地よく感じられる登りです。

IMG_3388_convert_20170405151609.jpg

路面に雪は無いけど蓼科高原はまだまだ冬の景色ですね。

IMG_3390_convert_20170405151620.jpg

蓼科湖に到着。平日の朝なので誰も居ない(笑)

IMG_3395_convert_20170405151632.jpg
IMG_3400_convert_20170405151646.jpg

天城高原と同様に蓼科高原も鹿の楽園状態。20頭以上は見ました。

IMG_3403_convert_20170405151711.jpg

蓼科湖を過ぎると路面の雪が目立ち始めて所々で押し歩き。

IMG_3401_convert_20170405151659.jpg

更に進むと残雪が多くなりました。轍の部分は走れる様に見えますがアイスバーンで危険。

IMG_3405_convert_20170405151726.jpg
IMG_3409_convert_20170405151738.jpg

結局、この辺りから女神湖までの間では累計5kmほど押し歩きになりました。。

もうライドでは無くチャリを連れた単なる雪道歩きですね(^^;

オマケに靴下まで染み込むほど濡れたのでつま先が冷えて辛かった。

まぁ、その代償で景色は良い。これで曇り空だったら罰ゲームに等しい(笑)

歩きと乗車を繰り返して女の神展望台に到着。

IMG_3413_convert_20170405151752.jpg

八ヶ岳連峰、南アルプス、中央アルプスが見渡せる絶景スポット。

IMG_3417_convert_20170405151817.jpg
IMG_3423_convert_20170405151831.jpg
IMG_3430_convert_20170405151845.jpg

やっぱり雪化粧した八ヶ岳連峰の姿は美しいですね。

昨年10月のライドの時は反対側から八ヶ岳連峰を眺めてました。

IMG_3416_convert_20170405151803.jpg

スズラン峠に到着。轍の部分も完全に凍っていて滑ります。。

IMG_3434_convert_20170405151900.jpg

ここまでの登りよりスズラン峠からの下りが大変で苦行でした。

相変わらずの単独ライド。怪我は避けたいので慎重に歩きます。

IMG_3438_convert_20170405151914.jpg

救いは目に入る景色が絶景という事と交通量が無い事。

この界隈のゲレンデが4月2日で今季の営業を終了した影響かな。

白樺高原から一旦ビーナスラインを離れて女神湖方面への道へ。

相変わらず路面に雪があるけど開放感があって眺めの良い道。

IMG_3441_convert_20170405151945.jpg

この後に向かう白樺湖方面の景色も見えてきます。

IMG_3440_convert_20170405151928.jpg

そして、その向こうには北アルプスの山々の姿が。

やっぱり信州の山岳風景は別格と言うか最高ですね!

IMG_3444_convert_20170405151957.jpg
IMG_3447_convert_20170405152010.jpg

夕陽の丘展望台に到着。石碑の所まで行くのに膝まで埋まり大変でした(笑)

IMG_3459_convert_20170405152037.jpg
IMG_3456_convert_20170405152023.jpg

見上げると蓼科山の姿が近付いてきました。

IMG_3461_convert_20170405152048.jpg

女神湖に到着。背後の山が蓼科山。

単なる雪原の様に見えますが全面凍結した湖面に積雪した湖の姿。

IMG_3463_convert_20170405181819.jpg

湖畔のボートが湖である事を物語っています。

IMG_3468_convert_20170405152112.jpg

こちらの写真は昨年5月に立ち寄った時の女神湖。

CIMG4243_convert_20170405151402.jpg

凍った女神湖を見るというのが今回の目的のひとつだったので見られて良かった!

ここから白樺湖までは除雪もしてあり安心して乗車できました。

雪解け水で濡れているのでチャリも服もかなり汚れましたが。。

白樺湖に到着。綺麗な青空で良い景色。

IMG_3469_convert_20170405152123.jpg

そして、この先からビーナスラインのハイライト区間。

天気も上々。これから登る道筋を眺めワクワクします!


続きは後編で。


天城三筋山縦走・後編 風車の道から三筋山

IMG_3282_convert_20170330172740.jpg

前回からの続きです。

担ぎで東猿山を越えて森の中を抜けると「風車の道」への入口。

上佐ケ野林道との合流地点に東屋があるので早めのランチ休憩。

担ぎで少しでも軽くしたいのでチャリは「裸状態」で荷物は全てバックパックの中。

食事を済ませペットボトルも1本空になったので荷物が軽くなりました。

あと靴ですが普段からMTB用のSPDシューズを愛用してますが今日はそれよりも歩きに適したSPDシューズ。

トレッキングシューズ選びのセオリー通りにワンサイズ大きめ。

下山時につま先が痛くなるのを防ぐために余裕を持たせてあります。

乗車時のペダリングも私レベルの速度なら特に違和感無し。

本当は写真の様な(シマノSH-XM900G )足首まで保護された山チャリに適したSPDシューズがベストなのでしょうが。。

shi-k-sh-xm900g_convert_20170330120631.jpg

まぁ、これが必要なほどの所は私の守備範囲を越えているので今の靴で十分(笑)

どんな感じなのか試してみたいので興味はありますけどね。


休憩を終えて風車の道に入ると尾根筋にかかっていた雲が少しづつ取れてきました。

IMG_3249_convert_20170329152855.jpg

絶景ロードですが写真でも分かる様に結構急なアップダウンです。

赤いラインが天城三筋山遊歩道と風車の管理道路との供用区間。

IMG_3252_convert_20170329152909.jpg

風車のある所イコール遮る物が無いので眺望抜群の道。

谷を挟んで天城連山や東伊豆の魔境・天城ハイランド。

IMG_3253_convert_20170329152921.jpg

舗装路から再び登山道へ。未舗装の区間は更に絶景です。

IMG_3273_convert_20170329152959.jpg
IMG_3271_convert_20170329152947.jpg

少し雲がかかっていますが巨大風車の向こうに天城連山。

IMG_3262_convert_20170329152934.jpg

白田や熱川の街が眼下に。その向こうには伊豆大島。

IMG_3278_convert_20170329153010.jpg

反対側は下田方面の海岸線。

IMG_3285_convert_20170329153100.jpg

途中に休憩用のテーブルとベンチ。景色が良いのでここでランチも良いかも。

IMG_3279_convert_20170329153022.jpg

しかしこの風車の道、舗装の管理道路も含めて鹿の楽園状態(笑)

先ほどまで居た山の中でも鹿や猪を見ましたがここはそれ以上の鹿の多さ。

適正頭数の10倍近く生息しているみたいなので明らかに増え過ぎですね。

別荘地の天城ハイランドや天城高原の鹿と比べて人慣れしていない為か私の姿を見つけるとすぐに逃げ出します。

三筋山に近づくにしたがって雲が少なくなり青空が広がってきました。

IMG_3282_convert_20170330172740.jpg

絶景の芝生の道。しかし鹿のフンだらけで踏まないでクリアするのは至難の業(^^;

IMG_3284_convert_20170330144606.jpg

三筋山の山頂に到着。相変わらず天城連山の周辺は雲が多いですね。

IMG_3287_convert_20170329153113.jpg

海側は晴れて青空ですがちょうど雨雲との境だったらしく小雨が降っていました。

IMG_3288_convert_20170329153125.jpg

こんな条件でしたが伊豆大島や利島、新島は見えていました。

空気の澄んだ完璧な状態だと利島と新島の背後に三宅島と御蔵島が見えます。

IMG_3292_convert_20170329153138.jpg

いつもは登る登山道を今日はチャリを担いで下山。

山頂下の駐車場まで下ってひと息ついていると下から登ってくる自転車が1台。

普段は朝イチで登る三筋山。ここで自転車乗りと会うのは初めてです。

偶然にも当ブログを読んで頂いてるという、つきおさん。ありがとうございます!

ここで少し談笑。伊東駅までは輪行で来られた様です。

写真は青空ですが小雨が降ってました。変な天気です(^^;

IMG_3297_convert_20170329153149.jpg

今回つきおさんは何度か当ブログにコメント頂いたしげさんが作ったルートを参考に走ってるとの事。

しげさんは1月に続いて今月もこの東伊豆遠征で他のメンバーをナビゲートしていました。

その時のライドの様子は私も輪たろうさんのブログで楽しく拝見しました。

つきおさんは時間の許す限り東伊豆町の山道を順に攻略する予定との事。

輪行袋などを収納した大型サドルバッグを装着しているので登りでは大変だと思いますが流石です。

そして談笑後は自転車を担いで山頂を目指して登って行かれました(^^;


つきおさんと談笑している間に雨も止み雲も少なくなって青空が広がってきました。

普段は疲れるここの下りですが今日はグラベルタイヤなので少しは楽でした。

IMG_3300_convert_20170329153202.jpg
IMG_3303_convert_20170329153214.jpg

三筋山から下山した後は浅間山まで登り返し。

浅間山からダートと2か所ある階段を担いで下ると稲取高原(東伊豆町風力発電所)です。

ここまで来ると天城の山の中とは大違いで完全に晴れです。

IMG_3306_convert_20170329153227.jpgIMG_3307_convert_20170329153239.jpg

伊東方向の景色。もう一つの東伊豆町の風車群、箒木山に至る道沿いの風車も見えます。

IMG_3313_convert_20170329153254.jpg

後はいつもの裏道&旧道を通って伊東方面へ帰ります。

とりあえずこの先はダートやトレイルそして登山が無い普通のサイクリング(笑)

毎度の様に無人駅の伊豆大川駅で休憩。無料の足湯もあります。

駅前などで売っているサザエ最中。粒あんがギッシリで糖分補給にオススメ。

IMG_3314_convert_20170329153306.jpg

R135より高台を走る旧道から見た伊豆大島。海側は完全な晴れですね。

IMG_3319_convert_20170329153319.jpg

本日は距離91.5km、獲得標高2557mでした。


帰宅後にチャリの泥を落として片付け(山サイやダートの後はこれが面倒・・)

そして入浴後にひと息ついて外を見るといつの間にか雨。

干してあった靴を慌てて中に仕舞いました。本当に変な天気だ!

どうやらこの時間帯、部分的に雨雲がかかっていた模様です。

三筋山でお会いしたつきおさんはあの後、雨は大丈夫だったのだろうか??


ダート林道とかはともかく山の中にチャリで入るのは今季の冬ではあと僅かかな。

暖かくなると雑草や虫、そしてマムシも増えるから嫌だという軟弱な理由です(^^;

鹿や猪はいつもの事なので全く気にならないのですが(笑)

まぁ暖かくなれば長野を筆頭に絶景の山岳ルートを走れる様になりますしね。

来月以降の遠征が楽しみ!



«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果