2018-06

Latest Entries

浜名湖一周と天竜浜名湖鉄道全駅巡り

2018051222.jpg

5月12日のサイクリング。

まだ未経験だった浜名湖一周ライド(ハマイチ)に行ってきました。

それとプラスして今回は天竜浜名湖鉄道(天浜線)の全39駅を巡ります。

先月参加したゆるゆる遠州ガイドライドでガイドスタッフさんから天浜線全駅巡りの話をお聞きして興味を持ったのが今回のライドに至った経緯。

ハマイチはいつでも行けると思いながらも今まで走る機会が無かったので今回の全駅巡りとセットにしました。

今回のライドのきっかけを提供して頂いたガイドスタッフさんには改めてお礼申し上げます。


スタートは掛川駅近郊の駐車場。掛川駅から順番に終点の新所原駅まで天浜線の全39駅を巡ります。

201805121.jpg

天浜線の駅舎やプラットホームは国の登録有形文化財に指定された物が多く存在。

趣のある造りでノスタルジックな雰囲気を味わえます。

他にも鉄道施設や橋梁など合わせて36件が国の登録有形文化財に指定されています。

201805122.jpg

いこいの広場駅から原谷駅の間、約3kmに渡って続く「田園滑走路」と呼ばれるストレート。

201805123.jpg

激坂を登り一面の茶畑を拝みます。お茶の産地、掛川らしい光景。

201805124.jpg

201805125.jpg

次の駅に向かうに近道だと思って突っ込んだら酷い道でした・・(^^;)

201805126.jpg

遠州の小京都と呼ばれ名所・旧跡が多い森町。

この遠州森駅も国の登録有形文化財で趣のある造り。

フロアポンプや工具の貸し出しも有り自転車歓迎なのも嬉しいですね。

201805127.jpg

遠江一宮駅。ゆるゆる遠州ガイドライドではこの駅から貸切列車で掛川市役所駅まで輪行しました。

201805128.jpg

掛川駅から順番に駅巡りをしてきましたが予想よりも時間がかかっています。

各駅の場所の確認、駅舎やホームなどの写真撮影などに時間を取られたのが原因。

スタートから掛川市・森町・磐田市と走り抜けて天竜二俣駅からは浜松市に入りました。

浜松市は佐久間ダムや水窪ダム、山住峠など天竜の山奥は何度も走っているけど天竜二俣駅より南側を走るのは今回が初めて。

奥浜名湖エリアの気賀駅に到着。今回の「ハマイチ」のスタート地点でもあります。

201805129.jpg

駅舎に隣接したラーメン屋の貴長さん。

名物は静岡のラーメングランプリ・あっさり系で西部地区の1位になった塩ラーメン。

ここの大将は一昨年に伊豆高原で「麺匠まゆ美」をオープンさせていて現在はそこに居ます。

この気賀駅では食べなかったけど伊豆高原の店は何度か行ってるのである意味では馴染みのお店。

2018051210.jpg

気賀駅から天浜線全駅巡りと同時進行でハマイチも開始。

最短距離で次の駅に向かえばすぐなのですが岬の様に突き出した部分も道があれば走破します。

湖畔沿いの道を律義に走り、その途中での駅巡りだと距離や時間のロスが多かった。

まだ全体の中盤だけど予定のタイムスケジュールより大幅にオーバー。。

2018051211.jpg

時間が押し気味だったけど何故か浜名湖とは逆の山側への道を登る・・(笑)

2018051212.jpg

奥浜名湖展望公園の駐車場に到着。少し歩いて展望台へ。

2018051213.jpg

展望台からは奥浜名湖を一望。ここは「遠江八景」のひとつで夜景スポットでもあります。

2018051214.jpg

2018051215.jpg

寄り道をしましたが再びハマイチ&天浜線全駅巡りへ。

海抜0mに近い所を走る浜名湖自転車道。何度か水しぶきを浴びました。

2018051216.jpg

自転車道沿い、鏡石から見た礫島。

2018051217.jpg

日陰が少ないので自転車道は暑い。真夏の猛暑日は走りたくない・・(^^;)

2018051218.jpg

都筑駅からは再び寄り道で山側の道を登ります。

県道から逸れて尉ケ峰林道(奥浜名湖スカイライン)へ。

2018051219.jpg

林道に入り2kmほど登るとパラグライダー場に到着です。

2018051220.jpg

ここも奥浜名湖を一望の眺望。伊豆の三筋山や箒木山も同様ですが基本的にパラグライダー場からの眺望に外れ無しですね。

2018051221.jpg

2018051222.jpg

2018051223.jpg

都筑駅まで戻り休憩。駅舎内のパン屋さんでパンを購入しイートインスペースで都筑駅のホームを眺めながら食す。

2018051224.jpg

左に浜名湖、右は通過する天浜線を眺めながらの自転車道。

2018051225.jpg

猪鼻湖神社に立ち寄り。この時点で天浜線の残りの駅はあと4つ。

2018051226.jpg

2018051227.jpg

終点・新所原駅のひとつ手前の駅、アスモ前駅は駅に入る道が分かりづらかったです。

まさかとは思いながら適当にダートに進入したらそれが正解でした(笑)

新所原駅に到着。スタートの掛川駅から順番に天浜線全39駅巡りが完了です。

2018051228.jpg

掛川駅・掛川市役所駅・西掛川駅・桜木駅・いこいの広場駅・細谷駅

2018051234.jpg

原谷駅・原田駅・戸綿駅・遠州森駅・森町病院前駅・円田駅

2018051235.jpg

遠江一宮駅・敷地駅・豊岡駅・上野部駅・天竜二俣駅・二俣本町駅

2018051236.jpg

西鹿島駅・岩水寺駅・宮口駅・フルーツパーク駅・都田駅・常葉大学前駅

2018051237.jpg

金指駅・岡地駅・気賀駅・西気賀駅・寸座駅・浜名湖佐久米駅

2018051238.jpg

東都筑駅・都筑駅・三ケ日駅・奥浜名湖駅・尾奈駅・知波田駅

2018051239.jpg

大森駅・アスモ前駅・新所原駅  

2018051240.jpg

天浜線全駅巡りのミッションが終わりあとはハマイチのみ。

2018051229.jpg

全駅巡りが終了してからは少し進むペースが早くなり弁天島に到着。

しかし途中の寄り道などもあったので日が傾き始めています。

2018051230.jpg

当初は気賀駅まで湖畔沿いを走りハマイチを完了させてから同じ道で弁天島に戻る予定でした。

そして弁天島で夕日を拝んでから夕食を食べて舞阪駅から輪行で掛川駅に戻るつもりでしたが。。

しかし時間が大幅に遅れた為、予定を変更。

時間調整しながらノンビリ進み奥浜名湖の舘山寺で夕日を拝む事にします。

2018051231.jpg

舘山寺温泉のシンボル、志ぶき橋からの夕日。

2018051232.jpg

雲があるけど逆にそれがイイ感じで綺麗でした。

2018051233.jpg

気賀駅に到着してハマイチ及び本日のライドは終了。

天浜線で掛川駅まで輪行でワープしました。

2018051241.jpg

本日のルート。距離170.3km、獲得標高1113mでした。




自転車では初めて走る道が大半だったので新鮮な気分で走れました。

今回はハマイチ未経験の伊豆の自転車仲間と走る時にスムーズに案内出来る様に下見を兼ねてのライドでもありました。

間違って引き返したり無駄に走った所もあったけど一緒に走る時はロス無くご案内出来るかと。

また遠州にお邪魔するのが楽しみです(^^)


新緑の天城で森林浴 秘境・皮子平へ

2018050616.jpg

GW最終日、5月6日のサイクリング。

新緑が美しい季節になったので久しぶりに天城の秘境・皮子平に行ってきました。

湯ヶ島からR414を逸れ激坂を登ると交通量は皆無。

201805061.jpg

ダート林道の新緑も綺麗でした。ダートの登りは疲れるけど。。

201805062.jpg

この時期なので遠くは霞みますが林道から富士山は見えていました。

201805063.jpg

201805064.jpg

岩尾林道の終点から天城の瞳・八丁池まで登山道を1.6kmの担ぎ。

201805065.jpg

標高が上がりブナの原生林のエリアに。

相変わらず天城のブナの原生林は美しい。

201805066.jpg

201805067.jpg

ブナ林の急坂を登りきるとピークでこの日の最高地点。

少し下ると八丁池に到着です。久しぶりだけど相変わらず静かな所。

201805068.jpg

201805069.jpg

数日前の大雨の影響か池の水は多かったです。

2018050611.jpg

今回が今年4回目の八丁池。

1月2日(左上)・1月27日(右上)・2月4日(左下)・そして今回(右下)

過去3回は全て全面凍結した池の上に乗り「氷上散歩」を楽しみました。

久しぶりに池らしい姿の八丁池を見て何だか新鮮な気分・・(笑)

2018050610.jpg

八丁池から戸塚峠までは高低差が小さく起伏も緩やか。

2018050612.jpg

静かな天城の森。そして新緑のブナの原生林が美しい。

2018050613.jpg

2018050614.jpg

戸塚峠に到着。筏場方面への案内標識がありそちらへ下ります。

2018050615.jpg

坂を下り平坦な窪地に出ると天城の秘境・皮子平に到着です。

ここに来たのは東伊豆の三筋山から縦走した昨年の10月9日以来で久しぶり。

2018050616.jpg

この皮子平は伊豆東部火山群の中で最大の噴火口の跡。

ブナの巨木と無数の細いヒメシャラが群生する場所で天城の秘境と呼ぶに相応しい素晴らしい所。

個人的に天城の山では最も好きな場所。中でも新緑の時期が好きです。

2018050617.jpg

人の気配が全く無い静かな皮子平でしばらく新緑が美しい原生林を眺めていました。

2018050618.jpg

2018050619.jpg

溶岩の岩石に付いた苔に木漏れ日が当たる。周囲の景色と相まって美しい光景。

2018050620.jpg

一旦、登り返しになりますが薮漕ぎゾーンを抜けると林道まで下り。

2018050621.jpg

2018050622.jpg

ダート林道に出ました。ここから筏場まで長いダートのダウンヒル。

2018050623.jpg

林道から見た富士山。山頂部の雪もだいぶ少なくなりましたね。

2018050624.jpg

2018050625.jpg

道がダートから簡易舗装になり激坂を下ると筏場の山葵田です。

今日はとことん「緑色」を満喫する日ですね。

それに合わせて一応ウェアもグリーン系にしています(笑)

2018050626.jpg

橋の上から見た大見川と天城連山。先ほどまではあの山の中に居ました。

中伊豆ではお気に入りの天城山眺望スポット。

2018050627.jpg

本日は距離86.1km、獲得標高2018mでした。


半年ぶりに行ったけど皮子平は相変わらず素晴らしい所でした!

アクセスは大変だけど天城の秘境・皮子平はオススメ。

新緑の今の季節は特に素晴らしいです。

東伊豆ダートと三筋山&箒木山登頂

2018050132.jpg

5月1日のサイクリング。

平日ですがGWなので観光地の伊豆では普段よりも交通量が多い事が予想されます。

メジャーなスポットや道は避けて交通量が極少のコースをチョイス。

近場で人も車も少なく景色も良いスポットと言ったら東伊豆町の一択。


日の出時刻の1時間前に自宅を出発。この時間だと流石にR135も車は少ない。

片瀬白田でR135を逸れて先ずは細野高原を目指して登ります。

いつも気になっていた看板。専門店があるとは。。

201805011.jpg

南熱川別荘地経由でゴルフ場に抜けるルートで登ったら朝から汗ビッショリ!

20%を超える激坂区間はお隣の天城ハイランドよりも厳しいです。。

細野高原に至る道ではここが最凶ルート。登りは辛いけど下るのは絶対に嫌だ(^^;)

南熱川別荘地の激坂が強烈なのでその後の10%前後の坂が楽に感じます。

細野高原に到着。この時期は山菜狩りイベントが開催されているので8時~15時は入口で入山料を徴収されます。

今回の様に早朝なら入山料の徴収は無し。誰も居なくて静かです。

201805012.jpg

三筋山に登る前にとりあえずブランコで遊ぶ・・(笑)

201805013.jpg

前回来た時はまだ山焼き後で黒かったけど緑が濃くなってきましたね。

6月になればもっと緑が濃くなり青々とした草原の光景になります。

201805014.jpg

201805015.jpg

激坂を登り山頂下駐車場へ。そして三筋山の山頂まで担ぎ上げ。

201805016.jpg

201805017.jpg

201805018.jpg

ここまでも激坂があったりして結構疲れたけどここからが本番。

山頂から見た天城連山。お次は右端に見える箒木山の山頂を目指します。

201805019.jpg

風車の建ち並ぶ尾根沿いを天城連山の南麓に向かって北上。

2018050110.jpg

2018050111.jpg

2018050112.jpg

2018050115.jpg

GW中の伊豆とは思えない静かさで居るのは私と鹿だけ(笑)

見晴らしの非常に良い場所にはベンチとテーブルがあります。

2018050113.jpg

2018050114.jpg

2018050116.jpg

最後の風車を過ぎるとダート林道に合流。

進行方向を東に変えて天城連山の南麓を横断します。

2018050117.jpg

2018050118.jpg

2018050121.jpg

新緑の中のダートが気持ち良い。しかし路面は以前よりもガレていました。

2018050119.jpg

越えてきた尾根筋と建ち並ぶ風車、そして三筋山が見えます。

2018050120.jpg

標高1000m超まで登るとダート林道の登りのピーク。この先は一旦下り。

2018050122.jpg

予報では昼前から曇りでしたがまだ空は綺麗な青空でした。

雲が多くなってきたら登るのはやめようと考えていた箒木山でしたが予定通り登ります。

標高1000mを超え熱川や白田の街、天城ハイランドを見下ろす。

気温が高いので海側は霞んでしまうけど相変わらず良い眺め。

2018050123.jpg

2018050125.jpg

三筋山と山頂に至る道筋。数時間前に登っていた激坂。

2018050124.jpg

電波塔が建つ箒木山の山頂に到着。

2018050126.jpg

開けた山頂部は三筋山と双璧の東伊豆町でお気に入りの絶景スポット。

万三郎岳、万二郎岳が目の前。そして誰も居ない・・(笑)

2018050127.jpg

箒木山から大室山を見下ろす。大室山も綺麗な緑色になってきましたね。

2018050129.jpg

パラグライダーのテイクオフ場から。三筋山と河津や下田の海岸線。

ここから細野高原を目指して飛んだら爽快でしょうね。

2018050128.jpg

伊豆大川駅まで標高差約1000mのダウンヒル。

駅まで下ると数時間ぶりに人間に会いました(笑)見上げると先ほどまで居た箒木山。

久しぶりにサザエ最中を食べたけど相変わらず餡子がギッシリでボリュームがあります。

2018050131.jpg

2018050130.jpg

後は旧道と伊豆高原の別荘地内の急坂を登って早めに帰宅。

本日は距離74.1km、2334mでした。

最近はダートが多いので距離は短めのライドが多いですね・・(^^;)

(4月は距離786.8km、獲得標高17682m)


三筋山と箒木山はよく登っていますが両方登ったのは久しぶり。

そして東伊豆の山はGWの混雑とは無縁でいつも通り静かでした(笑)

大井川源流部のダートを満喫・林道東俣線 

2018042929.jpg

GW2日目、4月29日のサイクリング。

前日は長野県大鹿村で天空の池&夕立神からアルプスの絶景を満喫しました。

ライド後は温泉で汗を流してから山道を延々と運転してオクシズへ移動。疲れた。。

長島ダムで車中泊。そして日の出前に起きて畑薙第一ダムに移動。

ここ何年かは春と秋の年2回走っている「林道東俣線」が本日のコース。

昨年の11月2日以来となる林道東俣線。静岡県内で最も好きな林道です。

難点はトランポでも起点の畑薙第一ダムまで行くのが大変な事。。


スタートはいつもの様に畑薙第一ダムの駐車場。

この時点で既に山奥。携帯は畑薙第一ダムのかなり手前から圏外。

私は無問題ですが休日でも仕事関係の連絡が入る様な多忙な方は要注意です(笑)

201804291.jpg

畑薙第一ダムから約1km走ると沼平ゲート。

この先は関係車両、許可車両、自転車、徒歩のみ通行可能のダート林道。

(早朝はゲートが閉まっていますがチャリは歩行者用の通路から入れます)

201804292.jpg

ゲートから大井川上流の田代ダム・二軒小屋まで約30km、往復60kmのロングダート。

この素晴らしいロングダートを「車両」で走れるのはチャリの特権。

ここをMTB以外で走るのは今回が初めての事だけど32cのグラベルキングSKで問題無し。

201804293.jpg

通行制限がある林道なのでGWでも静かな雰囲気で気持ち良く走れます。

昨年の11月は平日に走ったので工事車両が数台居ましたが休日の為か工事車両も皆無。

道中は山側のあちこちから滝の様に流れ落ちる水。南アルプスの天然水ですね。

201804294.jpg

緩やかなアップダウンで徐々に標高を上げながら進みます。

赤石ダムの数百メートル手前からは残雪の聖岳を拝めます。

林道東俣線で聖岳を拝めるのはこの僅かな区間のみ。

201804295.jpg

赤石ダムに到着。中部電力らしい赤いラジアルゲートと背後の残雪の上河内岳が素敵です。

201804296.jpg

赤石ダムはリビングに写真を飾るほど個人的にお気に入りのダム。

この赤石ダムに行きたくてMTBを購入したのが趣味で自転車を乗る事に繋がりました。

なので赤石ダムは私の自転車生活の原点とも言えます。

201804297.jpg

ダムの手前から赤石トンネルまでの区間は短いけど舗装路。

(赤石トンネルは先ほどの聖岳を見上げる写真にも写っています)

トンネルを抜けるとエメラルドグリーンの赤石ダム湖がお出迎え。

201804298.jpg

天気や光の当たり具合で見た感じの色合いが変化するダム湖の水。

良く晴れた今日の様な天気だとチンダル現象でこの様な色合いになります。

時間が経ち日の角度が変わるとまた見え具合も変化するので帰路でも同じ場所で写真を撮ります。

201804299.jpg

オクシズのチンダル現象でエメラルドグリーンのダム湖と言えば2月の吊橋カード収集ライドで行った寸又峡・夢の吊橋が架かる大間ダム(チンダル湖)が有名。

私が行った日は閑散期の平日なのでガラガラでしたがGW中の夢の吊橋は渡るのに1時間待ちだったとか。。

GWの寸又峡は人も車も多いけど更に山奥の大井川上流部は静寂に包まれています。

赤石ダム湖は大井川支流の赤石沢を塞き止めて造られたダム湖。

2018042910.jpg

2018042911.jpg

新聖沢橋から見た断崖上を走る林道東俣線の道筋。

落石、崩落が日常茶飯事の場所。ガードレールが無残な姿です。。

2018042912.jpg

201804290.jpg

牛首峠に到着。手前の山々の向こうに残雪の赤石岳。

前日はこの反対側の長野県大鹿村から赤石岳を眺めていました。

2018042913.jpg

2018042914.jpg

滝見橋まで下り。ここから再び大井川本流が合流します。

2018042915.jpg

滝見橋の先からは起伏は緩やか。大井川の源流部を眺めながら気持ち良くペダルを回します。

2018042916.jpg

2018042917.jpg

2018042918.jpg

二軒小屋の手前約3km地点。カラマツやハイマツなど針葉樹林に囲まれたフラットダートのストレート。

2018042919.jpg

今回の折り返し地点に到着。大井川起点の標識があります。

あくまでも「一級河川」としての大井川の起点であって源流(いわゆる最初の一滴)は更に山奥になります。

2018042920.jpg

雪解けの時期という事もあり田代ダム取水堰から流れ落ちる水も秋よりは多かった。

2018042921.jpg

千枚岳の登山道を登ると取水堰の上に行けて吊橋も登山道の一部になっています。

2018042922.jpg

田代ダムは大井川本流を塞き止めている訳ではなく取水堰から取水してダム湖を形成。

ここのダム湖もチンダル現象でエメラルドグリーンに輝いていました。

2018042924.jpg

田代ダムは大井川水系で唯一、東京電力が管理するダム。

この上流側にも堰があるけど河川法(堤頂高15m以上)のダムでは大井川最上流部。

2018042923.jpg

登山者向けの宿泊施設、二軒小屋で田代ダムのダムカードを配布しています。

最近配布が開始された田代ダムカード。今回の遠征の目的のひとつでもありました。

場所的に静岡県内では最も入手が大変なダムカードです。

2018042926.jpg

外のテーブルをお借りしてランチ休憩。

毎回ここでカップ麺を食べるけど今回はバーナーを持参しなかったのでコンビニおにぎり。

2018042925.jpg

帰路も畑薙第一ダムまで同じ道を戻るのですが写真撮影で度々脚を止めてしまう(^^;)

2018042927.jpg

赤石ダム湖は往路で見た時の色とは日当たりの関係でまた違った感じに見えますね。

2018042928.jpg

2018042929.jpg

往路では日陰になっていたのでスルーした中ノ宿吊橋。チャリを連れて往復。

2018042930.jpg

大井川と同じ高さまで下ると大崩落地の赤崩れが見えてきます。

2018042931.jpg

本日の〆は全長181mの畑薙大吊橋。寸又峡・夢の吊橋(90m)の倍の長さ。

もちろんこちらは渡るのに待ち時間などあり得なく貸し切りです(笑)

川の上は風の通り道になっているので結構揺れます。

2018042932.jpg

2018042933.jpg

・・・良い子はマネしない様に(笑)

2018042934.jpg

林道から見た畑薙大吊橋。

2018042935.jpg

沼平ゲートを過ぎてゴールの畑薙第一ダムの堤体が見えてきました。

2018042936.jpg

本日は距離62km、獲得標高880mでした。


オクシズは大好きですがやっぱりここが個人的にはナンバーワン。

起伏も緩やかなのでノンビリ気分で大井川の源流部を満喫出来ます。

(ダートで起伏が激しいと舗装路の倍以上は疲れます・・・)


前日の大鹿村と同様にGWの混雑とは無縁の静かな雰囲気で絶景を満喫しました。

また秋の紅葉の時期に行くのが楽しみです。

天空の池と夕立神 残雪のアルプス絶景ライド

2018042816.jpg

GW初日・4月28日のサイクリング。

天気も良く絶好のライド日和だったので今年3回目の長野遠征。

行き先は大鹿村の絶景コンボ、黒川牧場・天空の池と夕立神パノラマ公園。

どちらも一級品の絶景スポットだけどマイナーな部類なので人や車が少なく私好みの場所。

天空の池は標高2030mにあって国内では数少ない「車道が通じている標高2000m超スポット」のひとつ。

チャリ的にはマイナーなので乗鞍や渋峠などの2000m超スポットと比べてチャリで登る人は少ない・・と言うかほとんどいない(笑)

昨年は5月20日のライドで天空の池に行ったのが「標高2000m始め」でしたが今年も2000m始めは天空の池から。

そして昨年の「2000m納め」も11月5日のライドで行った天空の池でした。

昨年2回のライドと起点は同じでルートもほぼ同じ。

大鹿村内でのライドなので余計な平坦路の移動が無く距離が短めのコンパクトなコースです。


鹿塩温泉からR152を逸れ本格的に登りの開始。

15%前後の坂が所々で出てきて一気に標高が上がります。

201804281.jpg

序盤から中盤にかけては秋の方が良い景色です。

201804282.jpg

こちらは昨年11月のライドで同じ場所から撮った写真。

周囲の紅葉や色付いたイチョウが綺麗でした。

201711051_convert_20171107134734.jpg

大池高原まで登ると西側の景色が開けて中央アルプスの眺望。

秋は紅葉が見事ですがこの時期は残雪の山々を拝めるのが良いところ。

201804283.jpg

201804284.jpg

大池高原の先でカラマツなどに囲まれた道になりますがそこを抜けると再び景色が開けます。

201804285.jpg

そして天空の池に至る激坂も目に入ります(笑)

201804286.jpg

黒川牧場に到着。ここから天空の池までは2kmほど。

201804287.jpg

ここからでも中央アルプスが見渡せて十分に眺めが良いです。

眼下の小さな池は天空の池とは別の物。

201804288.jpg

牧場内の道に入ると最初は舗装路の激坂。昨年法面が崩落した50mほどの区間も新たに舗装されています。

201804289.jpg

2018042810.jpg

ダートになると斜度はアップ。チャリで登るのは苦行です(^^;)

しかし遮る物が無く景色は最高。

2018042811.jpg

2018042812.jpg

2018042813.jpg

ゴールが近付き空が近くて気持ち良い!斜度は凶悪ですが(笑)

2018042814.jpg

天空の池に到着して駐車場から木曽駒ヶ岳をバックに。

2018042815.jpg

池の畔にチャリをセットして撮影する毎度のお約束。

残雪の中央アルプスと完璧な青空。そして水面に映る逆さチャリ。

2018042816.jpg

陣馬形山などが連なる伊那山脈の向こうに中央アルプス。

ここで中央アルプスの絶景を順光で拝むなら午前中到着が絶対条件です。

2018042817.jpg

写真だと分かり辛いけど山々の向こうに飯田の市街地が見えます。

2018042819.jpg

少し登った所にも駐車場がありそこから天空の池を見下ろす。

時期にもよるけど池の水は少なめ。池の向こうには二児山。

2018042818.jpg

GWの混雑とは無縁で人の気配が無く静かな雰囲気で絶景を満喫。

私にとっての天敵、観光バスの団体も居る事は物理的にあり得ない場所(笑)

池は獣の水場になっていて周辺は鹿の糞だらけで中には熊の糞も。。

静かなので日中でも冬眠明けの熊が出没するのではと警戒するレベルです(^^;)

2018042820.jpg

絶景を満喫したので下山。標高2000m超からダートのダウンヒル。

2018042821.jpg

標高2000mの車道ダートというのも国内では数少ないので貴重ですね。

昨年は6月の大弛峠(長野側)10月の湯の丸高峰林道(コマクサ峠)、そして2回の天空の池と計4回、標高2000mのダートを走りました。

ダートの激坂は登りも苦行だけど下りも恐怖で苦行(^^;)

例えるなら三筋山の激坂をダートにした様な感じです。。

2018042822.jpg

2018042823.jpg

2018042824.jpg

民家がある辺りでは花桃が綺麗に咲いていました。

2018042825.jpg

鹿塩温泉の塩の里まで下りランチでソースかつ丼を食べました。

R152を少し走り南下。GWの国道と言っても交通量は極小。

大鹿村のお気に入り撮影スポットから残雪の赤石岳を眺める。

2018042826.jpg

2018042827.jpg

ここから林道鳥倉線を登り大鹿村のもうひとつの絶景スポット、夕立神を目指します。

序盤から急坂で一気に標高を上げその後は斜度が落ち着きます。

2018042828.jpg

標高が上がり中央アルプスも見えてきました。

2018042829.jpg

夕立神の数百メートル手前からは眼下に先ほど赤石岳を眺めた橋。

2018042830.jpg

コーナーの先に南アルプスのパノラマが広がると夕立神に到着です。

2018042831.jpg

2018042837.jpg


この夕立神を含む鳥倉山一帯は海底火山の噴出物、みかぶ緑色岩でできていて夕立神にも緑がかった色あいの巨岩があります。

2018042832.jpg

遊歩道を進み南アルプスのパノラマが広がる展望台へ。

写真よりも現地に行くと南アルプスが近く感じられます。

2018042834.jpg

2018042835.jpg

2018042833.jpg

反対側は中央アルプス。午後になったけど夕立神でも何とか逆光にならずに済みました。

南アルプスは順光で丁度良い時間です。

2018042836.jpg

先日の白馬・大町ライドでは北アルプス、今日の午前中は天空の池から中央アルプス、そして夕立神からは南アルプスの絶景を満喫しました。

日も長くなったけど目的は果たしたので早めにライドを終えて翌日に備えます。

2018042838.jpg

起点の大西公園から。眼下に大鹿村の集落、その向こうに赤石岳。

今夜は車中泊で翌日は某ダート林道を走り大鹿村とは反対側からの赤石岳を拝む予定。

2018042839.jpg


本日のルート。距離70km、獲得標高2391mでした。



やっぱり大鹿村絶景コンボは最高ですね!

GWでも人や車が少なく通常運転でした。

«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

天城連山縦走ライド 天城高原から八丁池 Jun 16, 2018
定例の東伊豆パトロール Jun 10, 2018
大弛峠越えと週末グループライド Jun 05, 2018
長野・岐阜旅行 九蔵峠と御嶽パノラマライン May 31, 2018
オクシズ再び・寸又峡温泉プチ旅行 May 23, 2018
浜名湖一周と天竜浜名湖鉄道全駅巡り May 18, 2018
新緑の天城で森林浴 秘境・皮子平へ May 14, 2018
東伊豆ダートと三筋山&箒木山登頂 May 11, 2018
大井川源流部のダートを満喫・林道東俣線  May 08, 2018
天空の池と夕立神 残雪のアルプス絶景ライド May 05, 2018
天城山北麓ダートと林道垂溜ヶ洞線 Apr 30, 2018
鷹狩山と中山高原・北アルプス絶景ライド Apr 26, 2018
ゆるゆる遠州ガイドライド2018春 Apr 24, 2018
中伊豆ワイナリーと修善寺散策 Apr 19, 2018

 

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果