2017-06

Latest Entries

久しぶりの潮風ライド 海岸線を時計回り

IMG_6332_convert_20170608121937.jpg

先週末から三連休でした。土曜日(3日)は大弛峠越えライド

翌日(4日)は疲れが残っていたので完全脚休め。ゆっくりしていました。

疲れが取れた翌5日。久しぶりに伊豆半島でのライドです。

今回のコースは単純。海沿いを時計回りでノンビリ走るだけ。

山岳コースが続いていたので海を眺めながらのライドは久しぶりです。



4時に出発してまだ交通量の少ないR135を走って下田方面へ。

自販機とトイレがある尾ヶ崎ウィングで最初の休憩。下田市に入りました。

今日も良い天気。山が続いていたので海が新鮮だ(笑)

IMG_6301_convert_20170608121820.jpg

この時期にしては空気が澄んでいたので伊豆大島はもちろん利島や式根島、神津島も綺麗に見えていました。

冬場だとその向こうに三宅島や御蔵島が見えるのですが流石にそこまでは見えませんでした。

IMG_6302_convert_20170608121833.jpg

綺麗な白浜海岸。夏場は海水浴客が沢山居るので来る事は絶対に無いけどまだこの時期なので誰も居ない。

IMG_6308_convert_20170608121845.jpg
IMG_6309_convert_20170608121857.jpg

下田を通過して南伊豆エリアへ。灯台が建つ伊豆半島最南端の石廊崎が見えてきました。

IMG_6316_convert_20170608121910.jpg

奥石廊のユウスゲ公園に到着。相変わらず良い景色。

IMG_6332_convert_20170608121937.jpg
IMG_6324_convert_20170608121926.jpg

この先からしばらく港から高台に向かってのプチヒルクライムの繰り返し。

海沿いを走っているだけですが結構登らされます。

R136マーガレットラインから。眼下に子浦の集落、対岸には妻良港。

IMG_6335_convert_20170608121950.jpg

マーガレットラインの登りのピークを越えると雲見海岸。天気は良いけど富士山は雲隠れ。。

IMG_6339_convert_20170608122001.jpg

アップダウンが続きます。岩地海岸の海はいつも綺麗。

IMG_6341_convert_20170608122014.jpg

雲見からR136は富士見彫刻ラインと名を変えます。その名の通り道路脇には彫刻が点在。

このモニュメント、夜に見るとハッキリ言って超不気味です(笑)

IMG_6342_convert_20170608122027.jpg

堂ヶ島に到着。気温が上がって暑くなってきました。

IMG_6345_convert_20170608122038.jpg

干潮の影響で陸続きになる三四郎島のトンボロ現象。

この日の干潮時間は9時9分。到着時間は10時だったので少し潮が満ちている。

干潮時間は干潮位潮見表を参考に。

IMG_6346_convert_20170608122050.jpg
IMG_6349_convert_20170608122103.jpg

この先から土肥までのR136は西海岸の中では比較的交通量の多いエリア。

なので海沿いに道がある所は遠回りになるけどR136を避けてそちらへ。

小さな漁港周辺には釣りエサや釣り具のお店が結構あります。

ついついシマノの看板に反応してしまうのは自転車乗りの習性でしょうか(笑)

IMG_6352_convert_20170608122115.jpg

スーパーデッキ潮騒の塔から見た田子漁港。

田子漁港

お腹が空いたので宇久須でランチ休憩。対岸に見える黄金崎は今回はスルー(^^;

IMG_6364_convert_20170608122200.jpg

ランチはR136沿いの海産亭で。気さくな名物店主が出迎えてくれます。

ここは金目鯛の姿煮定食が1080円とリーズナブルな価格。しかしまだ朝定食の時間だったので干物定食のみでした。

金目鯛の煮付けを食べたかったけど干物も大好き。

干物は5種類から好きな物を2つ選び自分で焼くスタイル。

店のおばちゃんが「もう少し焼き目を付けた方がいいよー」とかアドバイスしてくれます。

IMG_6361_convert_20170608122126.jpg
IMG_6362_convert_20170608122147.jpg

今回はえぼだいとトロあじをチョイスしました。

基本的に魚が好きで普段の夕食も肉より魚が多い私。

焼きたての美味しい干物を堪能しました(^^)

ランチ休憩を終えR136を北上して恋人岬に到着。独りでの長居は無用(^^;

この先から土肥まで下りになります。

IMG_6367_convert_20170608122212.jpg

土肥からは再び登り。そろそろ海沿いの景色とアップダウンも飽きてきた(^^;

碧の丘を過ぎると戸田までは下りになります。

IMG_6371_convert_20170608122237.jpg

戸田に来るのも久しぶりです。ここはいつも海の水が透き通っていて綺麗。

IMG_6374_convert_20170608122251.jpg
IMG_6375_convert_20170608122304.jpg

再び海抜0mからの登りで煌めきの丘に到着。富士山は相変わらず雲隠れ。。

IMG_6377_convert_20170608122316.jpg
IMG_6378_convert_20170608122329.jpg

この先の井田トンネルが登りのピーク。南伊豆からの連続プチヒルクライムもやっと終了。

少し下るとダイビングスポットの大瀬崎。

IMG_6380_convert_20170608122343.jpg

口野で長かった海沿いの景色とはお別れ。内陸部に進路を変えます。

狩野川CRを走るのも久しぶりなので新鮮でした(笑)

IMG_6382_convert_20170608122411.jpg

後は冷川峠を越えて奥野ダムへ下り。何気に冷川峠より奥野ダムから自宅までの登りの方が勾配が急で疲れます(^^;

本日は距離212.4km、獲得標高3145mでした。

海沿いメインの潮風ライドですが起伏があるので結構登らされますね。


梅雨入り前の貴重な晴れ間に海沿いの景色を満喫したサイクリングでした。

最後の方は海の景色も飽きてきましたが・・(^^;

大弛峠越えライド 川上牧丘林道&クリスタルラインと瑞牆山

NO1_convert_20170604092952.jpg

6月3日(土)、冬季閉鎖が解除された大弛峠に今年も行ってきました。

今更言うまでも無いけど大弛峠は国内最高所の車道峠。

昨年6月も開通直後の週末に登っていますが今回は大弛峠で折り返さずに川上村へ下ります。

やっぱり峠は登るだけでは物足りなく越えて反対側に行きたいという思いがある。


道の駅まきおかを起点に大弛峠までの道のりは昨年と同じ。

大弛峠からダート林道を下り長野県の川上村に抜け信州峠を越えて再び山梨県へ。

そして瑞牆山やクリスタルラインを経由して起点に戻る周回コース。



今回の相棒はダートがあるのでグラベルキング32cを履かせたアラヤ号。

1月にサブ機として眠っていたアラヤ号をパスハン仕様にプチ改造してから舗装路とダートがミックスされたコースを何度か走りました。

元々、パスハン仕様にプチ改造するに至ったのは今回のコースを想定しての事。

ダートがあるけど舗装路が大半のルート。MTBで走るのは辛いですからね。。

三国峠を越え中津川林道とセットのルートも用意してあるけど昨年から路面や法面の崩落で未だに通行止め。

復旧に時間がかかりそうですが開通したらチャレンジしたい!


起点の道の駅を早朝4時台に出発。大弛峠までひたすら登り。

富士山五合目と同等の2360mまで標高を上げていきます。

出発直後、振り返ると朝日を浴びた富士山がクッキリで良い天気。

IMG_6134_convert_20170604092137.jpg

早朝は肌寒い位の気温。汗も出なく登るには丁度良い。

中間地点の琴川ダム。多目的ダムでは国内最高所にあるダム。

IMG_6149_convert_20170604092151.jpg

淡々と登り先に進みます。早朝ですが晴天の週末。登山目的の車が結構登って行きます。

標高が上がり景色が開けた所では南アルプスの山々!

気持ちの良い快晴。早朝なので霞みも無し。これは大弛峠での大勝利は確定か?

IMG_6155_convert_20170604092204.jpg

金峰山と朝日岳の姿も近付いてきました。

IMG_6164_convert_20170604092218.jpg

金峰山のシンボル、山頂の五丈岩。

IMG_6165_convert_20170604092229.jpg

7時半過ぎに標高2360mの大弛峠に到着。

まだ早い時間なのでチャリダーは私だけ。

IMG_6169_convert_20170604092253.jpg

開通直後の初の週末。そして晴天なので大弛峠は登山者の車でいっぱい。

峠の手前から路駐の列。登山者は朝が早いですねー。

IMG_6168_convert_20170604092241.jpg

大弛峠のお楽しみは遊歩道を登った先の「夢の庭園」からの景色。

登山者に混じり場違いなチャリの服装で登って行きます(笑)

IMG_6173_convert_20170604092305.jpg
IMG_6174_convert_20170604092318.jpg

遊歩道を登り夢の庭園に到着するとこの絶景!!、まさに夢の庭園!

NO1_convert_20170604092952.jpg

目の前に朝日岳と金峰山。その向こうには残雪の南アルプス。

南アルプスは写真よりも実際は近く感じられます。

そして眼下には登ってきた川上牧丘林道。

まだ7時台で空気が澄んでいるので眺めが最高(^^)

間ノ岳と北岳(上)と仙丈ヶ岳と甲斐駒ヶ岳(下)

IMG_6207_convert_20170604092353.jpg
IMG_6206_convert_20170604092341.jpg

長野側も素晴らしい景色!大弛峠の駐車場が眼下に。

そしてその先にはこの後下るダート林道が続いている。

NO2_convert_20170604093019.jpg

天気が良く空気も澄んでいるので北アルプス後立山連峰の姿も見えます。

やっぱり晴れた日の夢の庭園からの景色は格別ですね!

IMG_6205_convert_20170604092330.jpg

絶景を満喫したので長野の川上村へ下ります。

大弛峠を越えて長野側に下るのは今回が初めて。

長野側はガレガレのダートという事は以前から知っていました。

中津川林道のガレた所くらいだろうと思っていたけど甘かった!

予想以上のガレ具合!尖ったこぶし大の石。そして岩盤剥きだしの路面。

IMG_6226_convert_20170604092406.jpg

スタンディングポジションで走行ラインを見極めながら慎重に下る。

ブレーキ引きっぱなしで疲れるし振動が凄くて手が痛い!

そして腕や膝、足腰も非常に疲れた!

写真の見た目以上に実際に走るとガレています。

このダートに関してはMTBの領域だと思った。少なくともフルリジッドだと辛過ぎる。

IMG_6234_convert_20170604092431.jpg

上の方は北アルプスや周辺の山々が見えたりして景色を楽しめますが・・。

IMG_6231_convert_20170604092419.jpg
IMG_6235_convert_20170604092443.jpg

木々に囲まれたエリアに入ると眺望は無いので辛いだけの苦行になります(笑)

振動が凄くて手が痛いので休みを挟みながらの下り。

丈夫なクロモリだからいいけどカーボンのフレームやフォークだったら折れるのではと思ってしまう。。

下りながら考えた事は早くダートが終わってくれという事のみ(笑)

そんな考えとは裏腹にダートは11kmほど続きます。

この辺りは比較的マシだった所。安心したのも束の間、すぐにまたガレガレ。。

IMG_6238_convert_20170604092516.jpg

苦行を終えついに舗装路が復活!舗装路万歳(笑)

IMG_6242_convert_20170604092531.jpg

中津川林道の埼玉側ダートは2回ほど走った事があるけど今回の方が下りで時間かかった気がする。

ダート区間の距離は中津川林道の方が長いのですが。。

それにしても疲れた(笑)下りでこんなに疲れるのは想定外だ。

輪行袋も持って無いしこの先の事を考えると少し不安になりました。

しかし長野側に下ったら後戻りできないので予定のコースを行くしかない。

幸い日の長い時期だし私の速度でも大きなトラブルが無ければ日が暮れる事はあり得ない。

そして結果的に本日もパンク無しで乗り切ったグラベルキング32c。

流石、日本製の品質。タフなタイヤで頼もしい相棒です。

IMG_6299_convert_20170604092928.jpg

舗装路に戻りしばらくは下り&平坦基調で美しい川上村の景色を眺めながらのライド。

こちらは屋根岩。このあと行く予定の瑞牆山に似ている。

IMG_6244_convert_20170604092546.jpg

県道に入り西方向に進路を変えると正面に八ケ岳連峰!

IMG_6254_convert_20170604092600.jpg
IMG_6256_convert_20170604092617.jpg

レタス畑と雄大な八ケ岳連峰。川上村を象徴する素晴らしい景色!

IMG_6259_convert_20170604092630.jpg

進路を南に変えて緩やかな登りで県境の信州峠越え。再び山梨県へ。

信州峠から少し下るとダートの林道松平線が接続しています。

IMG_6262_convert_20170604092643.jpg

この後の目的地はみずがき山自然公園ですが行きがけの駄賃的にこのダート林道を走破します。

IMG_6265_convert_20170604092656.jpg

地図だとみずがき山自然公園への近道に見えますがダートのアップダウンで地味に疲れた。。

素直に舗装路で回り込んだ方が楽だと思う。近道としては全く使えない(^^;

IMG_6270_convert_20170604092711.jpg

みずがき山自然公園に到着。晴天の週末なので結構人がいました。

昨年の10月以来ですがいつ来ても良い所。正面に瑞牆山。

IMG_6274_convert_20170604092726.jpg

時間の経過と共に雲が増えてきました。しかし最近のライドは快晴続きだったので雲のある景色が新鮮で良い感じです。

IMG_6284_convert_20170604092806.jpg
IMG_6280_convert_20170604092738.jpg

ここの食堂でランチ休憩。冷やし山菜そばとおにぎりを食す。

IMG_6282_convert_20170604092752.jpg

休憩後はクリスタルラインを走り起点の道の駅まで戻ります。

1つ目の登り、木賊峠に到着。すぐ脇に眺望スポットがあります。

富士山が正面に見えるはずですが山頂部に雲がかかっていました。

早朝はクッキリと見えていた富士山。やっぱりこの時期は午前中勝負ですね。

IMG_6287_convert_20170604092823.jpg
IMG_6288_convert_20170604092838.jpg

稼いだ標高を無駄に吐き出すように下り次の登りのピーク、乙女高原に向け再び登り。

クリスタルラインは山深い中を走る交通量も少ない静かな林道。

IMG_6291_convert_20170604092853.jpg

乙女高原まで登り切ると起点の道の駅まではオール下り。

高所を走っていたので風が爽やかでしたが下界まで戻ると暑かった。

本日は距離118km、獲得標高3433mでした。

流石に舗装路タイヤと比べると舗装路区間での転がり抵抗が大きいので疲れますね。

ダートの登りも疲れたけど何と言っても大弛峠からの下りが疲れた(^^;


大弛峠からのガレたダートは苦労しましたが懲りずにまたチャレンジします。

やっぱり中津川林道とセットで走りたい!こちらのコースは輪行を絡める予定。

大弛峠から川上村。中津川林道で三国峠を越えて奥秩父方面へ。

そして金山志賀坂林道で八丁峠に登るというコースを作成してあるのですが。

輪行で離脱できるので今回のルートよりは精神的に余裕を持って走れそうです(笑)

福島絶景ライド・後編 レークラインと西吾妻スカイバレー

IMG_6093_convert_20170601172434.jpg

前回からの続きです。

浄土平で小休止した後は土湯峠に向かって下りです。

浄土平から1.5kmほど先が磐梯吾妻スカイラインの最高地点。

路面に大きく表示されているので分かりやすいです(笑)

IMG_6008_convert_20170601120832.jpg

鮮やかな新緑の山々を眺めながらのダウンヒル。青空も綺麗。

そして磐梯山の姿も見えてきました。

IMG_6010_convert_20170601120849.jpg
IMG_6020_convert_20170601145738.jpg

道中には「吾妻八景」という眺望スポットが点在しています。

「双竜の辻」は磐梯と安達太良の峰を天空で互いに向き合う二頭の竜に見立てた所。

IMG_6022_convert_20170601145751.jpg

磐梯山と猪苗代湖。空気が澄んでいたので残雪の飯豊連峰も見えました。

IMG_6018_convert_20170601120901.jpg
IMG_6017_convert_20170601145725.jpg

こちらは安達太良山。

IMG_6025_convert_20170601120912.jpg

湖見峠は磐梯山をめぐる4つの湖(猪苗代湖・秋元湖・小野川湖・桧原湖)を一望に見渡せる所。

しかし木々に覆われていて小野川湖や桧原湖は見えづらい。。

IMG_6036_convert_20170601120938.jpg

新緑の中の下りが気持ち良い!交通量も少なく元有料道路なので路面も綺麗。

紅葉の時期が素晴らしいけど鮮やかな新緑も綺麗ですね。

IMG_6040_convert_20170601120950.jpg
IMG_6042_convert_20170601121008.jpg

吾妻八景のひとつ、国見台から見た磐梯山。

磐梯山とスキー場のある猫魔ケ岳に挟まれた所が磐梯山ゴールドラインの最高地点。

IMG_6049_convert_20170601121020.jpg
IMG_6050_convert_20170601121032.jpg

磐梯山の奥には残雪の飯豊連峰も見えます。

この日の福島は30℃超えの気温でしたが湿度は低めでこの時期にしては遠くまで景色を見渡す事ができました。

IMG_6052_convert_20170601145804.jpg

料金所跡まで下ると土湯峠で磐梯吾妻スカイラインは終了。

更に下り国道を経て磐梯吾妻レークラインに入り裏磐梯エリアへ。

ここも元有料道路なので道は綺麗。鮮やかな新緑の中を走り抜けます。

木々に囲まれていますが木陰は少なく日差しで暑い(^^;

IMG_6053_convert_20170601121057.jpg

裏磐梯三湖のひとつ、秋元湖。

IMG_6060_convert_20170601121109.jpg

三湖パラダイスは裏磐梯三湖を一望できる場所。

手前が小野川湖で奥が桧原湖。

IMG_6067_convert_20170601121136.jpg

道路を挟んで反対側は秋元湖と背後に磐梯山。

IMG_6064_convert_20170601121122.jpg

最後の登りのピークを越え下り切ると磐梯吾妻レークラインは終了。

お腹が空いたので裏磐梯観光協会の近くでランチ休憩しました。

5月に2回行った南信州では食べられなかったソースかつ丼をチョイス。

肉が厚くボリュームもあって美味しかったです。

IMG_6071_convert_20170601121148.jpg

ランチ休憩後は桧原湖を左に眺めながら県道を北上。

この日は午後になっても雲ひとつ無い青空。夏日の気温だけど湿度は低め。

日差しが強かったので1日でかなり日に焼けましたが(^^;

IMG_6074_convert_20170601121200.jpg

桧原湖の北端からは西吾妻スカイバレーに入り白布峠を目指します。

IMG_6076_convert_20170601121213.jpg

西吾妻スカイバレーも2003年までは有料道路だった道。

路面も綺麗で周囲の山々の緑も鮮やか。しかし午後になり気温が上がって暑い!

IMG_6079_convert_20170601121225.jpg

九十九折れ区間に入ると勾配が少し急になります。

そして九十九折れが終わりに近付くと絶景スポットの東鉢山七曲り。

IMG_6098_convert_20170601121320.jpg

この場所もヘアピンコーナーの途中にあります。

IMG_6097_convert_20170601121306.jpg

下を見下ろすと登ってきた九十九折れ。

IMG_6093_convert_20170601172434.jpg

その向こうには磐梯山と桧原湖。ここからの眺めは最高です!

IMG_6095_convert_20170601121252.jpg

会津盆地と残雪の飯豊連峰。

IMG_6101_convert_20170601161057.jpg

登りのピーク、白布峠に到着。ここは東北地方で最も標高が高い峠らしい。

IMG_6106_convert_20170601121345.jpg

白布峠は福島と山形の県境。峠を越えて山形県米沢市に入ります。

IMG_6107_convert_20170601121358.jpg

米沢側の路面も良好。西吾妻山などを眺めながらのダイナミックな下り。

IMG_6110_convert_20170601121412.jpg

路面は綺麗だけど野生動物の飛び出しもあるのでスピードの出し過ぎに注意。

伊豆の様に鹿は見ませんでしたが猿の道路横断が多かった。

IMG_6115_convert_20170601121426.jpg

米沢の街まで下ってきました。市内を流れる最上川。

IMG_6122_convert_20170601121442.jpg
IMG_6123_convert_20170601121500.jpg

米沢駅に到着して本日のライドは終了。気温が上がり下界は暑かった!

本日は距離122.7km、獲得標高2746mでした。(プチ登山含む)

そして5月のまとめ。合計は距離784.6km、獲得標高20240m。

今年はダートや担ぎがあるコースも多いので未だに月間で1000kmを超える月は無しです。。

IMG_6128_convert_20170601121514.jpg

米沢駅から福島駅までは在来線の本数が少ないので新幹線での輪行(料金1510円)

輪行袋にチャリをぶっ込み駅に入ると次の電車は4分後というタイミング!

待ち時間に米沢の名物駅弁「牛肉どまん中」をオヤツ代わりに食べる予定でしたが。。

1本電車を遅らせても良かったのですが牛肉どまん中は諦めました。。

牛肉どまん中は福島駅でも売っていましたけどね。しかし本場の米沢で買って食べたかった。

悔しかったのでホームにあった米沢牛のモニュメントと記念撮影(笑)

IMG_6129_convert_20170601121526.jpg

平日の日中ですが山形新幹線の自由席は乗車客が多く自由席は満席。

福島までひと駅、36分なので元々デッキで過ごすつもりでしたけどね。

エアコンの効いた中で立っているだけで福島駅まで連れて行ってくれるので快適です。


久しぶりの福島・磐梯エリアでのサイクリング。

天気も最高で浄土平の絶景や新緑の中を気持ち良く走れました。

牛肉どまん中を食べられていたら最高の〆だったのですが(^^;

伊豆からだと遠くアクセスに時間がかかるので次は泊まりで何日間か走りたい。

次回はやっぱり紅葉の時期が狙い目かな。混まない平日に・・(笑)

福島絶景ライド・前編 磐梯吾妻スカイラインと吾妻小富士

IMG_5896_convert_20170530203300.jpg

5月ラストのライドは再び県外遠征。

先週末は晴天でしたが用事があったりしてライドは無し。

27日に開催されたTOJ伊豆ステージも観戦に行けず。。

代わりに週明けの平日29日にコッソリと県外遠征してきました(笑)

遠征地は南東北・福島県。トランポですが伊豆から遠い!5時間かかった。。

ちなみに翌日の午前中は埼玉で仕事なのでライド後は車中泊の予定。

仕事なので埼玉までの往復分の交通費を経費に計上したり宿代を浮かせたりとメリットはあるけど疲れます(^^;


コースは福島駅近郊の有料駐車場を起点に磐梯吾妻スカイライン&レークライン、西吾妻スカイバレーの3点セット。

翌日の仕事や帰りの運転もあるので早めにライドを終え米沢駅からは輪行で福島駅まで戻る予定。

前回、磐梯吾妻スカイラインを走ったのは有料道路時代なので超久しぶりです。



日の出と共に出発。スタートから数キロは平坦路。アップ代わりに丁度良い。

福島駅から最初の目的地、浄土平までの道は1本道なのでいたって簡単。

前方に見える朝日に照らされた吾妻小富士に向かって登るだけ。

IMG_5813_convert_20170530181418.jpg

少し勾配が急になる無散水消雪の区間を抜けると高湯温泉。

高湯温泉から磐梯吾妻スカイラインに入り勾配も緩くなります。

IMG_5817_convert_20170530181432.jpg

まだ5時半なのでほぼ貸し切り状態の磐梯吾妻スカイライン。

不動沢橋が架かるつばくろ谷。早朝だとモロに逆光ですが。。

ここは紅葉の名所で見頃の時期は素晴らしい景色です。

IMG_5824_convert_20170530181445.jpg
IMG_5834_convert_20170530181458.jpg

橋からの眺め。眼下に広がる福島盆地の中に浮島の様に見える小さな山は信夫山。

IMG_5845_convert_20170530181510.jpg

不動沢橋を渡ると絶景区間に突入。前方の吾妻小富士の姿も近くなってきました。

IMG_5852_convert_20170530181523.jpg

振り返ると登ってきた道筋。天気が良いので眺めが最高!

今日は雲ひとつ無い快晴で湿度も低め。

この時期にしては空気も澄んでいてほぼ完璧なコンディション。

IMG_5859_convert_20170530181535.jpg

磐梯吾妻スカイラインのハイライト区間に突入すると荒々しい岩肌の光景。

久しぶりに来ましたがやっぱりこの区間は絶景ですね!

IMG_5865_convert_20170530181547.jpg
IMG_5870_convert_20170530181559.jpg

絶景を目に焼き付けながら進みいよいよ核心部へ・・。

IMG_5871_convert_20170530181611.jpg
IMG_5872_convert_20170530181622.jpg
IMG_5877_convert_20170530181634.jpg

素晴らしい景色!初めて訪れた時も感動しましたが何度来ても良いですね!

渋峠(志賀草津道路)に負けず劣らずの絶景山岳ルートです。

平日早朝で交通量も極少。そしてこの快晴で絶景を満喫するという贅沢な時間。

IMG_5881_convert_20170530181648.jpg

流石に5月下旬なので雪も少なくなりましたね。

開通直後に来たかったけど天気と休日のタイミングが合いませんでした。

IMG_5883_convert_20170530181702.jpg

完璧な天気でこの絶景。何度も足を止めてしまい通過に時間を要します(笑)

IMG_5889_convert_20170530181726.jpg
IMG_5891_convert_20170530181742.jpg

吾妻小富士と愛車。今回はボトルゲージに輪行袋を装着してます。

IMG_5887_convert_20170530181714.jpg

浄土平に向かってラストスパート。

IMG_5893_convert_20170530181756.jpg

・・・と言いたいところですが絶景が目に入りすぎてなかなか前に進まない(笑)

まぁこの天気なのでこの区間で時間がかかるのは想定内ですけどね。

IMG_5894_convert_20170530181809.jpg
IMG_5896_convert_20170530203300.jpg
IMG_5917_convert_20170530181827.jpg

登ってきた磐梯吾妻スカイラインを見下ろす。最高の眺め(^^)

磐梯吾妻スカイライン 1

やっとレストハウスのある浄土平駐車場に到着。

IMG_5923_convert_20170530181841.jpg

浄土平の向かいが吾妻小富士。遊歩道が山頂部まで続いています。

この場所、以前来た時よりも綺麗に整備されていました。

IMG_5929_convert_20170530181854.jpg

この天気なのでもちろん登ります。チャリを置いてトレッキングの開始。

階段状の遊歩道を登って山頂部を目指します。

IMG_5930_convert_20170530181907.jpg

遊歩道を登り切ると山頂部。振り返ると眼下に浄土平駐車場。

IMG_5935_convert_20170530181934.jpg

そして目の前にはすり鉢状の火口。この火口の周囲は約1.5km。

火口を時計回りで1周します。誰もいなくて独占(笑)

IMG_5933_convert_20170530181922.jpg

眺めが良いので歩くのが楽しい!天気が良い日はここまで登るのがオススメです。

IMG_5946_convert_20170530181948.jpg

それにしても最高の天気だ。埼玉在住の頃より遠くなった東北エリア。

アクセスは大変になったけど最高のコンディションの日に来られて良かった!

寝不足や運転の疲れも絶景とこの青空で癒されますね。

磐梯吾妻スカイライン 2

最高地点に向かっての登りは激坂。

IMG_5952_convert_20170530182005.jpg

この辺りまで登って来ると走ってきた磐梯吾妻スカイラインの道筋が遠くまで見渡せます。

IMG_5955_convert_20170530182018.jpg

南側の眼下には福島盆地が広がっています。

IMG_5961_convert_20170530182032.jpg

そして反対側はすり鉢状の火口。どこを見渡しても絶景しかない。。

吾妻小富士

この後走る土湯峠方面への磐梯吾妻スカイラインの道筋。

IMG_5990_convert_20170530182046.jpg

1周して戻ってきました。貸し切りで絶景を満喫して楽しかった!

IMG_5999_convert_20170530182101.jpg

2月の伊豆大島でも三原山の火口部を1周しましたがここは歩く距離も短いのでお手軽ですね。

浄土平の駐車場まで下って少し休憩。まだ時間が早いので売店は開店前でしたが。。


続きは後編で。

黒川牧場・天空の池と夕立神パノラマ公園 大鹿村絶景ライド

IMG_5712_convert_20170522135132.jpg

前日の御嶽山周辺ライドに続いて南信州での2日目。

前日のライド後は某所に移動して車中泊。

朝食を済ませてから本日のデポ地、大鹿村、大西公園の大駐車場へ。

この公園、桜の季節以外はほとんど人が居ない(^^;

到着後、準備運動を兼ねて周辺を40分ほど散歩。

ライドの準備を始めると後輪がパンクしていました。。

原因は貫通パンク。小さな針のような物が刺さっていました。

前日のライドの終盤で踏んだ模様。スローパンク状態だったので気が付かなかった。

チャリの横でひと晩寝たのですが(後輪が寝た時に私の頭の横)全く気が付かず・・。

まぁ山の中でのパンクでは無く出発前のタイミングで良かった。

泊まりでの遠征時は予備のチューブも余分に持ってきている。

フロアポンプも積んできているのでサクッとチューブ交換も完了。

準備も整ったので出発です。


本日は大鹿村内でのサイクリング。

絶景スポットに2つ登りますが余計な平坦路が少ないコンパクトなコース。



天気の良い週末土曜日ですが車は少ない。

長野のメジャースポットは車も人も多いでしょうが大鹿村はほぼ通常運転。

まぁこのエリアは車でのアクセスも悪いし輪行には超絶向いてないですからね。。

しかしメジャーでは無いけど一級品の絶景スポットが点在しています。

まずは絶景スポットの1つ目、黒川牧場、そしてその先の「天空の池」を目指します。

天空の池は初めてなので今年の目標として楽しみにしていた場所。

R152から山側に進路を変えると鹿塩温泉。すぐに塩の里があります。

ここは売店や食事処などがある施設。

IMG_5654_convert_20170522141037.jpg

気温が上がり暑い!お隣の飯田市は30℃の予報。

この先の登りに備えてここの自販機でドリンクを2本購入しました。

ここから黒川牧場まで林道中峰黒川線で約15kmの登り。

秋葉古道とも呼ばれている道。グイグイと標高を上げていきます。

IMG_5659_convert_20170522134746.jpg

標高1100m超の場所まで登ってきましたがこの辺りでは民家が点在している。

そして道中にはうどん屋さんがあり営業していました。

IMG_5661_convert_20170522134809.jpg

鹿や猪、熊などの獣除けの為か庭で犬を飼っているお宅が多く通過する度に全ての犬に吠えられました(笑)

大池高原まで登ってくると景色が開けます。

IMG_5667_convert_20170522134832.jpg

陣馬形山などが連なる伊那山脈に隠れていた中央アルプスの姿も見えてきました。

良い眺めです。天気も最高!気温が上がってかなり暑いですが(^^;

IMG_5665_convert_20170522141053.jpg
IMG_5666_convert_20170522134820.jpg

この場所に定食屋がありテラス席からはこの絶景を眺めながら食事できます。

大池高原を過ぎると勾配が緩くなり景色も開けるボーナスステージ。

IMG_5678_convert_20170522134844.jpg

残り2km辺りでは黒川牧場(木が生えてない所)が見えてきます。

IMG_5756_convert_20170522135304.jpg

黒川牧場に到着。眼下に小さな池が見えますがこれは目的地の天空の池とは別の池。

ここからでも中央アルプスが見渡せて十分良い景色です。

IMG_5686_convert_20170522134856.jpg

この黒川牧場のゲートから牧場内の道(牧道)を登って最終目的地、天空の池を目指します。

IMG_5687_convert_20170522134908.jpg

ゲートから100mは簡易舗装ですがその先からはオールダート。

ダートの牧道で天空の池までは2kmで300m上昇。その平均勾配は15%!

舗装路でも厳しいスペックなのにダートだと辛すぎる!!

IMG_5689_convert_20170522134921.jpg

ここはチャリ的にはマイナーですがオフ車や写真愛好家にはそれなりに知られた所。

流石にメジャースポットの様な交通量は無いけど合計で10台ほどバイクや車が居ました。

急勾配の狭路のダートなのでバイクは全てオフロードバイク。

車はジムニーやパジェロミニなどの軽四駆。チャリは私だけ(笑)

急勾配に加えて浮石のダートなので滑るし沈み込む。

オフロードバイクも急勾配のコーナーではタイヤを滑らせながら最徐行で登っていく。

IMG_5691_convert_20170522141107.jpg

後でオフ車のライダーさんとお話したらやっぱりタイヤが滑ると仰っていました。

そんな道なのでチャリでは太刀打ちできなく押し歩き。しかも舗装路用タイヤ(^^;

MTBでも乗車で登れたか怪しい。滑るので下りは怖そうだ。。

しかし車では登りたくない道。というか非力な私のFF車では登れないと思う。。

沈み込む浮石のダートなので押し歩きも大変!ハッキリ言って苦行です(^^;

「なるべく楽して絶景」が信条なのですが流石に長野の山、楽させてくれません。。

しかしこのダートの牧道区間は遮る物が無く絶景。

IMG_5697_convert_20170522135016.jpg
IMG_5751_convert_20170522135252.jpg

伊那山脈と中央アルプス。そしてその奥には残雪の乗鞍岳も見えます。

IMG_5695_convert_20170522134939.jpg
IMG_5696_convert_20170522135004.jpg

路上河川の瀬越が2か所あります。浅い所を見定めチャリを抱えて通過。

IMG_5699_collage_convert_20170522135027.jpg

現在の黒川牧場は牧場自体は閉鎖されているので柵なども撤去されています。

牧場内の道を歩く美ヶ原と同様に遮る物が無く絶景ですが登りがキツい!

チャリを連れて登る意味があるのかと自問自答しながら登ります(笑)

IMG_5701_convert_20170522135038.jpg

遮る物が無いので進行方向の急勾配の道筋がモロに見える。

脚と共に精神的にもダメージを受けます(笑)

IMG_5702_convert_20170522135052.jpg

視覚効果で急勾配に見えるのでは無く本当に急勾配なので辛い(^^;

IMG_5706_convert_20170522135108.jpg

ダート激坂の苦行を終えやっと天空の池に到着。標高2016m。

何はともあれ今年初の標高2000m超地点に到達です。

IMG_5710_convert_20170522135120.jpg

ネットで見た写真よりもこの日の池の水は少なかった。

ここは夏の方が写真の見栄えが良いみたいです。

夏独特の雲が水面に写し出される写真を見た事があるけど綺麗でした。

そして青々とした草原と池の組み合わせが美しかった。

今日は水も少なく幸か不幸か雲ひとつ無い快晴。

その代わり今の時期は残雪の中央アルプスなど周囲の景色は最高です!

IMG_5734_convert_20170522135157.jpg
IMG_5737_convert_20170522135224.jpg

伊那山脈の向こうには飯田の街。5月25日にはTOJ南信州ステージが開催されます。

IMG_5736_convert_20170522135210.jpg

昨年はしらびそ高原に登った当日がTOJ南信州ステージの開催日でした。

全くの偶然でしたが途中で飯田を通ったので観戦のオマケ付きライド。

伊豆ステージは行けなかったけどラッキーな事に飯田で観戦できました。

しかし伊豆の自転車乗りなのに伊豆ではなく南信州で観戦とは・・(^^;

ちなみに新城選手が勝った伊豆ステージ当日は大弛峠に登っていた模様(笑)

あれから1年。時が経つのが早いです・・。


中央アルプスをバックに池と愛車を撮影。(この位置で撮影するのが定番みたいです)

IMG_5712_convert_20170522135132.jpg

オフロードバイクや軽四駆の方々も皆さん同じ様な事をしていました。

池の周りは鹿の糞だらけ。そして熊の糞も・・。

ここは夜間や早朝などは獣の水飲み場になっていると思われます。

チャリで登ってここで野営する方は気を付けて下さい。

池の先にもダートが続いているので散策したりしてマッタリしました。

快晴で眺めも最高!登ってきた苦労が報われます。

夏の景色も魅力的だけど暑くて登るのが更に苦行になりそうだ(^^;

IMG_5728_convert_20170522135144.jpg

絶景を満喫したので下ります。下りも95%は押し歩き。。

ブレーキレバーを握りっぱなしの押し歩きで脚より手と腕が非常に疲れた。。

IMG_5748_convert_20170522135238.jpg

下山してR152沿いの観光協会に隣接した土産物屋でランチ休憩。

ジビエカレーと食後にアイスも食べました。

ここからデポ地の大西公園は目と鼻の先。

天空の池で燃え尽きた感があったので食事前はこのまま帰ろうかと思っていました(笑)

しかしまだ時間も早いし食事で腹が満たされたら元気が出たので予定通り次の絶景スポットに登ります。

大鹿村でのお気に入り撮影スポット。石橋の向こうには赤石岳。

IMG_5763_convert_20170522135319.jpg

次の目的地、夕立神パノラマ公園に至る林道鳥倉線 は工事による通行止め。

なので迂回路を通って標高1600mの夕立神を目指します。

案内板が随所に建っているので道は分かりやすい。

IMG_5764_convert_20170522135333.jpg

石橋の所から川沿いを山側に向け登り始めるとすぐに急坂がお出迎え。

急坂を登り切り「香坂高宗の墓」まで来ると前方の山の高い位置にガードレールの道筋が見えます。

一目見て明らかに最終目的地付近の道だと分かるので精神的ダメージを受けます(笑)

午後になり気温も上昇して暑かったけど道中は木々に囲まれ日差しは避けられた。

IMG_5765_convert_20170522135346.jpg

残り約1.5kmからは景色が開けます。この辺りが下から見上げていた地点。

IMG_5770_convert_20170522135401.jpg
IMG_5771_convert_20170522135415.jpg

綺麗なトイレがある駐車場を過ぎると目の前に南アルプスの絶景!!

IMG_5772_convert_20170522135428.jpg

遊歩道を100mほど進むと夕立神パノラマ公園の展望台があります。

IMG_5781_convert_20170522135442.jpg

南アルプスが一望!!写真より実際は山々が近く感じられて迫力があります!

IMG_5789_convert_20170522135507.jpg
IMG_5787_convert_20170522135455.jpg

残雪の赤石岳と聖岳。夕立神はしらびそ高原と双璧の南アルプス絶景スポットですね!

IMG_5790_convert_20170522135519.jpg

パノラマ公園なのでパノラマ写真を撮ってみた。

夕立神convert_20170522191038

反対側は中央アルプスですが午後は完全な逆光。。

IMG_5797_convert_20170522135531.jpg

まぁ夕立神は南アルプスの眺望スポットなので中央アルプスは仕方が無い。

その為に中央アルプスの眺望スポットでもある黒川牧場には午前中に行っています。

逆に夕立神からの南アルプスはご覧の通り順光になる午後が良いです。

本日のミッションは全て完了したのでデポ地の大西公園まで戻ります。

大西公園は高台にあり眺めが良い。大鹿村の集落の向こうに赤石岳。

IMG_5805_convert_20170522135546.jpg

本日は距離66km、獲得標高2339mでした。

距離は少ないけど結構疲れました。まだ暑さに慣れない時期ですからね。

あと車中泊で前日の疲れが抜け無かったのとダートの登りが効いた。。

全体の平均勾配も7.5%だったので急坂が多かった模様です。


ライド後は日帰り入浴が出来る小渋温泉赤石荘で汗を流しました。

帰りは狭路の山道を延々と走って浜松まで抜けたのですが疲れました。。


2日間、快晴で残雪のアルプスや御嶽山の絶景を満喫して楽しかった!

御嶽スカイラインの通行止めは予習不足でしたが。。

春からの長野遠征は昨年行かなかった所を中心に残雪のアルプスを満喫する事をテーマにしていました。

どのライドも天気に恵まれ個人的には上々の成果だったと満足しています。



«  | ホーム |  »

プロフィール

TAKA1618

Author:TAKA1618
伊豆半島東部在住の40代中年チャリダーです。
2013年に埼玉県から伊豆に移住してきました。
主に自宅から自走で伊豆半島周辺を走ってます。
伊豆の地形は起伏が激しいですが景色も良く走っていて楽しいです。
ダム好きなのでたまに車載で県外遠征してダム巡り&ダムカード収集もしてます。

 

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

リンク

RSSリンクの表示

検索フォーム

 

 

カレンダー

 

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

QRコード

 

QR

 

メールフォーム

 

名前:
メール:
件名:
本文:

 

アクセスカウンター

 

 

TAKA1618さんのランキング集計結果